iPhoneでの使用に適したワイヤレスタイプをはじめ、さまざまな製品がラインナップされている「ヘッドホン」。iPhone 7以降のモデルはイヤホン端子が廃止されましたが、変換アダプタを使用することで3.5mmステレオミニプラグのヘッドホンも接続が可能です。

そこで今回は、iPhoneでの使用にぴったりのヘッドホンをピックアップ。Bluetoothと有線接続に分けてご紹介します。選び方についても解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

iPhone 7以降でヘッドホンを使うには?

Bluetooth(ワイヤレス)接続

By: rakuten.co.jp

Bluetoothに対応したヘッドホンは、ケーブルを使用せずにiPhoneとワイヤレス接続が可能です。Bluetoothは、国際標準規格にもなっている無線通信規格のため、対応デバイスであれば国やメーカーに関わらず接続し、通信できます。

ケーブルがないので、断線したり絡まったりといったトラブルやタッチノイズが発生しないことが特徴。収納や持ち運びにも便利で、取り回しやすいのが魅力です。遅延の程度や圧縮による音質への影響は、バージョンやコーデックに左右されます。

使用前に充電が必要なことには留意しておきましょう。バッテリーが切れても有線接続に切り替えられるモデルを選んでおくと、急なバッテリー切れにも対処できます。

Lightning端子での有線接続

By: amazon.co.jp

iPhoneに搭載されているLightning端子は、音声データの転送にも対応しています。Lightning端子による接続に対応したヘッドホンであれば、イヤホン端子が廃止されたiPhone 7以降のiPhoneでも有線接続が可能です。

有線接続は、遅延や接続切れの心配がない安定した通信がメリット。充電の必要もなく高音質なヘッドホンも多いため、音質を重視する方におすすめですが、製品ラインナップがあまり充実していない点には注意が必要です。

iPhone用ヘッドホンの選び方

ワイヤレスヘッドホンの選び方

Bluetoothのバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothにはバージョンがあり、数字が大きくなるほど新しくなっていきます。バージョンが新しくなるごとに通信速度や通信範囲、消費電力などが改善されているのが特徴です。

1999年にBluetooth1.0が発表されてから現在に至るまで更新が続けられており、Bluetooth5.0は2009年に登場したBluetooth4.0の2倍のデータ通信速度を誇ります。現在最も普及しているのはBluetooth4.2で、バージョンによって音質に差がでることはほぼありません。

また、Bluetooth4.0以降は互換性があり、対応しているバージョンが違っても接続できるため安心です。ただし、バージョンが違う場合は低い方のバージョンに合わせた性能しか発揮できないので留意しておきましょう。

対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続で音声データを送受信する際、そのままではデータ量が大きすぎるため圧縮して伝送する必要があります。この圧縮方式をコーデックといい、いくつか種類があるのがポイントです。

標準コーデックとされているのが「SBC」と呼ばれるコーデック。すべてのBluetoothオーディオ機器がSBCに対応しています。主にiPhoneで使用されるコーデックは「AAC」と呼ばれ、SBCよりも高音質で遅延が少ないのが特徴です。iPhoneと接続する際、AACに対応していないヘッドホンだとSBCによる接続になってしまうので注意が必要。

ほかにも、主にAndroid端末や音楽プレーヤーで使用される「aptX」や、ソニーが開発した「LDAC」などがあります。

有線ヘッドホンの選び方

ケーブルの長さをチェック

By: amazon.co.jp

有線ヘッドホンのケーブルの長さは、1.0~1.5mが一般的。ケーブルが長すぎると持ち運びの際に不便なので注意が必要です。逆に長いケーブルの製品を探している方は、延長ケーブルを使用するのもおすすめ。

また、ケーブル交換が可能な製品であれば、用途に合わせて付け替えることもできるため便利です。断線した際もケーブルを交換すれば、ヘッドホン自体はそのまま使えます。

リモコンの有無をチェック

By: biccamera.com

リモコンがあれば混雑した電車の中やランニング中など、とっさにiPhoneを取り出せないときでも操作ができるので便利です。また、ボタンひとつで電話に応答し、ハンズフリーでの通話ができるモデルも存在するためぜひチェックしてみてください。

変換アダプタがあれば3.5mmステレオも使用可能

By: amazon.co.jp

3.5mmイヤホン端子がないiPhoneでも、3.5mm-Lightning変換アダプタを利用することで有線のヘッドホンを利用可能です。変換アダプタにはマイクやリモコンもそのまま利用できるモデルが多く、ヘッドホンの機能を落とさずに使えます。

また、3.5mmイヤホン端子に加え、Lightningポートを搭載した変換アダプタもラインナップ。充電しながらヘッドホンが接続できるので、動画視聴やゲームを楽しむ場合におすすめです。

iPhone用におすすめのヘッドホン|Bluetooth

アップル(Apple) AirPodsMax MGYJ3J/A

アクティブノイズキャンセリング用に計8個のマイクを搭載しているヘッドホン。現在聞いている音楽と周囲の雑音を測定し相殺する音を発生させることで、不必要なノイズを打ち消します。まるで映画館にいるような感覚でサウンドに集中することが可能です。

「外部音取り込みモード」を搭載しているのもポイント。近くの人と話したり周りの音を聞いたりする際に、ヘッドホンを取り外さなくてもよいので重宝します。

また、Siriを起動したり着信メッセージを読み上げさせたりすることが可能。ヘッドホンを装着したままでさまざまなシーンに対応できるおすすめのモデルです。

ビーツ(Beats) Solo Pro

スタイリッシュなデザインが美しいワイヤレスヘッドホン。人間工学に基づいて設計されているので、長時間の使用でも快適な着け心地を実現しています。ヘッドホンを開くだけで電源がオンになり、閉じるとオフになるのも便利な仕様です。

ノイズキャンセリング機能を搭載しているため、不要な音を遮断し音楽に集中しやすいのもポイント。外部音取り込みモードにも対応しているので、レジでの会計や電車のアナウンスなど、周囲の環境に気を配りたいシーンでも安心して使えます。

最長40時間持続するバッテリー持ちのよさも魅力のひとつ。「Fast Fuel機能」に対応しているため、バッテリー残量が少なくなっても、10分間の充電で約3時間再生できます。見た目にもこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ビーツ(Beats) Studio3 Wireless

「W1チップ」を搭載したワイヤレスヘッドホン。1回タップするだけでiPhoneと簡単にペアリングできます。iPhone以外のAppleデバイスに簡単に接続を切り替えられるため、MacBookやiPadなどを使い分けている方におすすめです。

ピュアアクティブノイズキャンセリングとリアルタイムオーディオキャリブレーションにより、周囲の雑音を打ち消しつつクリアで幅広い音域のサウンドを楽しめます。ノイズキャンセリング有効時でも最大22時間再生できるので、1日中利用可能です。

ボタンに、電話の発信や応答、音楽のコントロール、Siriの起動など多彩な機能が割り当てられていることも特徴のひとつ。ヘッドホンを外すことなくさまざまな操作が可能です。

ボーズ(Bose) Noise Cancelling Headphones 700

11段階の可変ノイズキャンセリングに対応したワイヤレスヘッドホン。周囲の雑音を最小限に抑え音楽に集中できるのはもちろん、カフェでの注文や空港での搭乗案内を聞きたいときには、1回のタップで音を取り込めます。

優れた音質も特徴のひとつ。イヤーカップに開孔を設けた独自の「TriPortアコースティックヘッドホン構造」により、内側の音響空間が最大化され、深みのある繊細な音楽を楽しめます。また、6つのマイクが同時に機能しノイズを抑えることで、クリアな音声で通話も可能です。

高級感あるデザインと快適な着け心地もポイント。最大20時間の連続再生が可能なバッテリーを搭載しているため、1日中利用できます。充電ケースも付属しており、外出先で長時間利用する方におすすめのヘッドホンです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

音声アシスタントに対応した密閉型のワイヤレスヘッドホン。音楽の再生や調べ物、スケジュールの管理などを話しかけるだけで操作できます。音声アシスタントを起動させるアクションボタンには、ほかの機能も割り当て可能です。

ノイズキャンセリング機能にも対応。独自のテクノロジーで周囲のノイズを継続的に測定し、周りの環境に合わせてノイズキャンセリングレベルを3段階で切り替え可能です。音楽を流さずにノイズキャンセリングを有効にできるので、耳栓のようにも使えます。

最大20時間の連続再生が可能なほか、15分間の充電で約2.5時間使用できる「クイックチャージ機能」にも対応。3.5mmのイヤホン端子も搭載されているため、有線接続もできます。臨機応変に使える、おすすめのワイヤレスヘッドホンです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

強力なノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホン。独自プロセッサー「QN1」により、さまざまな環境のノイズに対応可能です。髪型やメガネの有無、装着ズレなどを数秒で検出し、ユーザーに合わせてノイズキャンセリング機能を最適化します。

対応しているBluetoothバージョンは4.2で、高音質なコーデックのLDACが利用できる点もポイント。「DSEE HX」機能によりCD音源やMP3などの圧縮音源の高音域を補完できるので、ワイヤレスながらハイレゾ相当の繊細な音楽を楽しめます。

音楽を聴きつつ周囲の音にも注意を向けられる「アンビエントサウンドモード」も搭載。専用アプリから音場やイコライザーをカスタマイズできるため、ワイヤレスでも音質にこだわりたい方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WH-H810

25mmの高精細なドライバーを採用したことで、小型ながら広音域を再生可能なヘッドホン。高音質コーデックのLDACに加え、圧縮音源の高音域を補完できるDSEE HXにも対応しているので、いつもの音楽をより高音質に楽しめます。

専用アプリによる、イコライザーのカスタマイズにも対応。好みに合わせた音質を設定できます。最大30時間利用できるバッテリー持ちも魅力のひとつ。10分間の充電で3.5時間の再生が可能なクイック充電にも対応するため、急な外出時にも持ち出せます。

低反発ウレタン素材を採用したことで、長時間使用しても快適な装着性を実現。重量が約180gと軽量で折りたたんで収納できるので、気軽に持ち運びたい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) ワイヤレスステレオヘッドホン RP-HD610N

ワイヤレスながらハイレゾ相当の音質が楽しめるヘッドホン。Bluetooth 4.2に対応し、コーデックは標準SBCに加え、高音質なLDACやaptX HD、iPhoneに適したAACも利用可能です。遅延が少ないうえに、高音質が楽しめます。

広帯域に対応したノイズキャンセリング機能も搭載。ハウジングの内外に4つのマイクを搭載しており、幅広いシーンでノイズを低減できます。周囲の環境に合わせて、強・中・弱の3段階からノイズキャンセル強度を設定可能です。

電車内のアナウンスや空港の搭乗案内など一時的に外の音を聞きたいときは、ハウジングを右手で触るだけで「ボイススルー機能」が便利に使えます。専用アプリをインストールすると簡単にペアリングできるので、初心者にもおすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life Q20

低価格なワイヤレスヘッドホン。40mmのダイナミックドライバーを搭載し、クリアで繊細なサウンドを実現しています。独自の「BassUpテクノロジー」による、パワフルかつ深みのある低音が特徴。有線接続の場合にはハイレゾにも対応します。

マイクも搭載されているので、着信時はハンズフリー通話が可能。ボタン操作によって通話への応答ができるため、スマートフォンを取り出す手間がかかりません。また、持ち運びに便利なトラベルポーチが付属するので、コンパクトに持ち出せます。

アクティブノイズキャンセリングモード時は最大40時間、通常時は最大60時間の音楽再生が可能なバッテリーを備えているのも魅力。低価格で、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) Bluetoothヘッドホン HD 350BT

1945年にドイツで創業したマイクやヘッドホンの老舗ブランド「ゼンハイザー」が販売するヘッドホンです。手頃な価格で高音質を楽しみたい方におすすめのモデル。コーデックはSBC・aptX・aptXLL・AACに対応。音楽はもちろん、遅延が少ないので映画やゲームといった用途にも適しています。

急速充電に対応しているのも本モデルの特徴。1.5時間ほどでフル充電が完了し、約30時間の連続使用が可能です。また、折りたたみ構造を採用しているので、カバンやリュックに収納しやすく旅行などでも重宝します。

無料アプリ「Smart Control」が使えるのもポイント。好みに合わせて各種設定のカスタマイズができます。

OneOdio Bluetoothヘッドホン A10

約40時間も連続再生ができるヘッドホンです。旅行など外出先で利用する機会が多い方におすすめのモデル。イヤーパッドには低反発フォームと肌触りのよいレザー素材を採用しており、フィット感は良好です。

Bluetooth 5.0のほか、有線接続に対応しているのも本モデルの特徴。使い勝手に優れたモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

iPhone用におすすめのヘッドホン|有線接続

フィリップス(Philips) Fidelio M2L/00

フィリップスのLightning端子を採用したヘッドホン。Appleが定める基準を満たしたMFi認証を取得している製品です。本製品にはデジタルアナログコンバーター(DAC)を搭載。Lightning端子を介してハイレゾオーディオが楽しめます。また、右側のハウジング全体がリモコンとなっており、リング型のレバーで音量の調節が可能です。

イヤーパッドには低反発フォームを採用しているので、肌触りがよく装着感は快適。スピーカーには40mmネオジウムドライバーを採用し、バランスのとれた自然なサウンドを再現しています。iPhoneと直接接続でき、高音質なサウンドを楽しみたい方におすすめの製品です。

番外編:3.5mm-Lightning変換アダプタ

アンカー(ANKER) ライトニングUSB & 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ A8193021

シンプルな3.5mm-Lightning変換アダプタ。MFi認証を取得し、すべてのLightning端子搭載機器で最適に動作するよう設計されています。アプリのインストール不要で利用でき、音楽を高音質のまま再生可能です。

イヤホンに搭載されたマイクやリモコンもそのまま利用できます。シンプルで使いやすい、おすすめの変換アダプタです。

エレコム(ELECOM) Lightning-φ3.5mmステレオミニジャック変換ケーブル 高耐久 MPA-L35S01BK

高耐久タイプの3.5mm-Lightning変換アダプタ。内部配線の密度を高めた「高密度配線構造」を採用し、屈曲に対する耐久力を強化していることが特徴です。断線が起こりやすいコネクタ根本も強化され、表面はナイロンメッシュによって守られています。

マイク付きイヤホンを接続した場合は、ハンズフリー通話も可能。MFi認証を取得しており、アップデートにも対応しています。頑丈で長く使い続けられる、おすすめの変換アダプタです。

ベルキン(belkin) 3.5 mm Audio + Charge Rockstar F8J212btWHT

Lightningポートを搭載した3.5mm-Lightning変換アダプタ。イヤホンとLightningケーブルを同時に接続できるので、iPhoneを充電しながら音楽を聴けます。

MFi認証を取得しているため、安心して使い続けられるのも魅力。音楽鑑賞以外にも、動画やゲームを充電しながら楽しみたい方におすすめです。