自宅や外出先など、周囲を気にせず音楽を楽しめる「ヘッドホン」。小さな音でも聞き取りやすく、リスニングに集中したいシーンで活躍します。ただし、多くのメーカーやブランドからさまざまなモデルが販売されており、どれを選んだらよいのか迷ってしまいがちです。

そこで今回は、おすすめのヘッドホンメーカーをランキング形式でご紹介。購入を検討している方は、参考にしてみてください。

ヘッドホンはメーカーごとに音の傾向や特性が違う

By: amazon.co.jp

ヘッドホンは多くのメーカーから多種多様なモデルが販売されています。ワイヤレスや有線、密閉型や開放型などタイプ別に特徴が異なるほか、メーカーならではの違いも要チェック。低域から高域までバランスに優れていたり、重低音にこだわって開発されていたりとさまざまです。

特に好みのジャンルに適したモデルを探している方や音質にこだわりたい方は、各メーカーによる音の傾向や特性をチェックしてみてください。

ヘッドホンのおすすめメーカーランキング

第1位 ソニー(SONY)

ソニーは、東京都港区に本社を置く総合電機メーカー。イヤホン・ヘッドホンなどのオーディオ機器をはじめ、テレビやカメラ、ゲーム機など幅広い分野の製品をラインナップしています。

ヘッドホンに関しては、お手頃に購入できるモデルから、プロ用途の高性能モデルまで種類が豊富。周囲の騒音を低減して音楽に集中できる「ノイズキャンセリング機能」を搭載した製品や、ハイレゾ再生に対応した製品も人気です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4

多機能と高音質を両立したワイヤレスヘッドホンです。独自の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載し、周囲に人がいる環境でも快適に音楽をリスニング可能。ノイズキャンセリング機能をユーザーの装着状態や環境に合わせて最適化する「NCオプティマイザー」を備えているのも特徴です。

ワイヤレスながら、ハイレゾ相当の高音質をリスニングできる「LDAC」に対応しているのも魅力。また、さまざまな圧縮音源をハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングできる「DSEE Extreme」を備えているのもポイントです。

有線接続することで、ハイレゾ再生に対応しているのもメリット。さらに、音楽を聞きながら周囲の音を取り込める「アンビエントサウンドモード」も搭載しています。高度な音声信号処理を施せる「高精度ボイスピックアップテクノロジー」により、クリアな音でハンズフリー通話も可能です。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

100kHzの超高音域を再生できる「HDドライバーユニット」を搭載した有線ヘッドホン。大口径70mmの振動板を採用し、生演奏のような自然なサウンドを楽しめるのが特徴です。

また、「フィボナッチパターングリル」を採用することで、ハイレゾ音源を忠実に再生できるのも魅力。なめらかな超高音を楽しめます。また、大きいサイズの大型ネオジウムマグネットを搭載しているため、高解像度のサウンドを実現。ハウジングに通気孔を設け、正確なリズムの重低音を再現するのもポイントです。

頭の凹凸にしっかりとフィットする「エルゴノミック立体縫製イヤーパッド」を採用。快適な着け心地を実現するので、長時間でも快適に音楽を楽しめます。

第2位 ゼンハイザー(SENNHEISER)

ゼンハイザーは、ドイツに本社を置く音響機器メーカー。ヘッドホンやイヤホンをはじめ、マイクなどをメインで展開しています。音楽制作現場や映画制作現場など、プロフェッショナル用途で使われる高性能モデルが多いのが特徴です。

ヘッドホンに関しても、音質にこだわったモデルをラインナップ。ピュアなサウンドを楽しめる「アクティブノイズキャンセリング」を搭載したモデルや、透き通るようなサウンドを楽しめるオープン型モデルなどが人気です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM Wireless M3AEBTXL

高性能かつスタイリッシュなデザインのワイヤレスヘッドホンです。優れた「アクティブノイズキャンセリング」を搭載しているのが特徴。外音を軽減する「最大モード」、歩行時などに便利な「風切り音低減モード」、ノイキャンによる圧迫感を減らせる「圧迫感低減モード」の3モードを状況に合わせて切り替えられます。

また、音楽を聞きながら周囲の音を取り込める「トランスペアレントヒアリング」も搭載。ヘッドバンドとイヤパッドには、シープスキンの本革を採用し、長時間でも心地よい装着感を実現しています。

折りたたむことで、ON・OFFを自動的に切り替え可能。専用アプリと連携することで、イコライズなどを設定して音質などをカスタマイズできます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) オープン型ダイナミックヘッドホン HD660S

臨場感のあるサウンドを楽しめる、オープン型の有線ヘッドホン。改良されたトランスデューサー設計により、歪みを大幅に低減しているのが特徴です。また、インピーダンスを150Ωに抑えることで、優れた汎用性を実現しています。

頑丈ながら軽量の構造なので、快適にリスニング可能。楕円形のイヤーカップにより、耳にしっかりフィットするのも魅力です。

リケーブルに対応しており、ケーブルを自由に交換できるのもポイント。6.35mmステレオプラグと4.4mmPentaconnバランスステレオプラグを付属しており、好みに合わせてケーブルを選択できます。開放感のあるナチュラルなサウンドを楽しみたい方におすすめです。

第3位 オーディオテクニカ(audio-technica)

オーディオテクニカは、日本の音響機器・映像機器メーカー。ヘッドホン・イヤホン・マイク・スピーカーに加え、車載機器なども展開しています。

ヘッドホンに関しては、お手頃に購入できるリーズナブルなモデルから、プロ用途のハイエンドモデルまで幅広くラインナップ。音質傾向や用途に応じて複数のシリーズを展開しているので、自分に合ったヘッドホンを見つけられます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-HL7BT

解放感や音の広がりを楽しめる、開放型のワイヤレスヘッドホン。ワイドレンジの再生を実現する大口径直径53mmドライバーを搭載しており、迫力ある低音からクリアな中高音までを再現できます。

2mコードの長さがある3.5mmステレオミニプラグのケーブルが付属。有線接続することで、ハイレゾ音源の再生にも対応します。約220gの軽量設計なので、長時間音楽を楽しむときも快適です。

最大約20時間の連続再生ができるロングバッテリーを内蔵しているのも魅力。また、わずか約10分の充電で約150分の連続再生ができる「急速充電」に対応しています。音と映像のズレが少ない「低遅延モード」を搭載しているので、動画やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン SOLID BASS ATH-WS330BT

迫力ある重低音を楽しめる「SOLID BASS」シリーズのワイヤレスヘッドホンです。耳に乗せるように装着する、コンパクトなオンイヤータイプ。重量わずか167gと軽量設計で、持ち運びしやすいのが魅力です。

1回のフル充電で最大70時間の連続再生ができるロングバッテリーを内蔵。10分の充電で約4時間の連続駆動が可能な急速充電にも対応しています。

フラットに折りたためる「スイーベル機構」を採用しており、収納性に優れているのもポイント。また、40mm SOLID BASS ドライバーの搭載により、重低音だけでなくメリハリのある中高音も楽しめます。

第4位 アーカーゲー(AKG)

AKGは、1947年にオーストラリアのウィーンで生まれた音響機器メーカー。ヘッドホンやイヤホンをメインで手掛けています。プロフェッショナル用途のハイエンドモデルを展開しているのが特徴です。

ヘッドホンに関しては、ノイズキャンセリングを搭載した機能性に優れた製品から、クリアなサウンドを楽しめる製品などをラインナップ。原音を忠実に再現できるので、音楽本来の美しさを感じられます。

アーカーゲー(AKG) リファレンススタジオヘッドホン K712 PRO-Y3

原音を忠実に再現できる、オープンエアー型の有線ヘッドホン。独自のハウジング構造を採用することで、広い音場を実現し、まるで目の前で演奏を聞いているかのようなリスニング体験を実現できます。

オーバーイヤータイプを採用し、優れた着け心地をキープできるのも魅力。イヤーパッドには変形する低反発素材を採用し、音をしっかりと捉えられます。

ケーブルは着脱可能。また、シーンに応じて使い分けられるストレートとカールコードの2種類を同梱しています。そのほか、装着するだけでヘッドバンドの長さを自動で調節できる「セルフアジャスト機能」を備えているのもポイントです。

アーカーゲー(AKG) ワイヤレスオンイヤーヘッドホン N60NC

コンパクトなオンイヤータイプながら、高度なノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホン。aptX・AACなどの高音質・低遅延コーデックに対応しているため、ワイヤレスながら優れた音質で音楽を楽しめます。

付属のケーブルを使用することで、有線ヘッドホンとして使えるのも魅力。ロングバッテリーを内蔵しているのも特徴です。Bluetoothとノイズキャンセリング使用時で最大15時間、ノイズキャンセリングのみ使用時で最大30時間の連続再生ができるので、時間を気にせず音楽に没頭できます。

折りたたみ可能なため、持ち運びしやすいのもうれしいポイント。旅行や外出に適した高性能なヘッドホンを探している方におすすめです。

第5位 ボーズ(Bose)

ボーズは、アメリカ合衆国に本社を置く、スピーカーをメインで展開している音響機器メーカーです。スピーカー以外にもイヤホンやヘッドホン、最近ではウェアラブル機器である「オーディオサングラス」もラインナップしています。

ヘッドホンに関しては、高性能かつスタイリッシュなワイヤレスモデルをメインで展開。ノイズの低減レベルを調節できるノイズキャンセリング機能や、快適な着け心地も人気の理由のひとつです。

ボーズ(Bose) NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

高級感のあるデザインが魅力的なワイヤレスヘッドホン。独自の「アクティブノイズキャンセリングテクノロジー」により、シーンに応じて騒音の低減レベルを調節できるのが特徴です。

また、ノイズキャンセリングを調節してコンテンツを一時停止することで、瞬時に人と会話できる「会話モード」も搭載。コンパクトながら迫力あるオーディオ、音量に関係なく一貫したサウンドを実現しています。

さらに、優れたマイクシステムにより、使用時の不要なノイズを低減可能。相手へクリアな音声を届けられるため、音声通話でも活躍します。そのほか、快適かつ安定した装着感を実現できるので、長時間音楽に没頭したい方にもおすすめです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 45 headphones

1回の充電で最大24時間の連続再生ができるロングバッテリーを備えたワイヤレスヘッドホン。ノイズの低減レベルを調節できるノイズキャンセリング機能と、周りの音を確認できる「Awareモード」をシーンに応じて切り替えられるのが特徴です。

ボイスピックアップ性能が優れているので、不要な雑音を低減しつつクリアな音声通話が可能。なめらかな質感のクッションや高級感のあるシンセティックレザーなどにより、快適な装着感を実現しているのも魅力です。

高い耐衝撃性を備えているため、落下などで変形しにくいのもポイント。専用アプリと連携することで、イコライザーなどをカスタマイズできます。

第6位 ビーツ(Beats)

ビーツは、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置くオーディオ機器メーカー。iPhoneなどを手掛けるAppleが買収したことで傘下に入りました。世界の有名アーティストやアスリートからも高い人気を集めています。

ヘッドホンに関しては、ワイヤレスで快適に使用できるモデルをラインナップ。クリアで幅広い音域を楽しめるのも特徴です。デザイン性を重視したい方もチェックしてみてください。

ビーツ(Beats) Studio3 Wireless MX3X2PA/A

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、音楽に集中しやすいワイヤレスヘッドホン。リアルタイムで環境音に合わせた調節を自動で行うため、シーンに適したサウンドで音楽を楽しめます。

また、「リアルタイムオーディオキャリブレーション」を搭載しており、幅広い音域を実現。複数ジャンルの音楽をリスニングしたい方にもおすすめです。最大22時間連続で再生できるのもポイント。10分の充電で3時間再生できる「Fast Fuel機能」も採用しています。そのほか、カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

ビーツ(Beats) Solo3 Wireless MX432PA/A

耳の上に乗せるように装着する、オンイヤータイプのワイヤレスヘッドホン。折りたたみも可能なデザインのため、持ち運んで使いたい方にもおすすめです。

コンパクトながら、最大40時間の連続再生ができるロングバッテリーも魅力のひとつ。快適な装着感を得られる「オンイヤークッション」を備えているので、長時間のリスニングにも適しています。

細かいチューニングとノイズの低減機能により、深みのある高音質サウンドを楽しめるのもポイント。そのほか、「Apple W1チップ」を搭載しているため、Appleデバイス間の設定や切り替えもシームレスに行えます。Appleユーザーの方はぜひチェックしてみてください。

第7位 シュア(SHURE)

シュアは、アメリカ合衆国に本社を置くオーディオ製品メーカー。高級イヤホンやヘッドホン、マイクなどをメインにラインナップしています。

ヘッドホンに関しては、ノイズキャンセリングや外音取り込み機能などを搭載した高性能ワイヤレスモデルや、モニタリング性能の優れたハイエンドモデルまで種類が豊富。プロも使うような本格的なサウンドを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

シュア(SHURE) ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン AONIC 50 SBH2350

優れた快適性と耐久性を実現した、機能性に優れたワイヤレスヘッドホン。ノイズを低減して臨場感あふれるサウンドを楽しめる「アジャスタブル・ノイズキャンセリング」と、周囲の音を取り込める「外音取り込みモード」をシーンに応じて切り替えられるのが特徴です。

最長20時間の連続再生ができるロングバッテリーを内蔵しているのも魅力。折りたたみに対応しているので、手軽に持ち運べるのもうれしいポイントです。

ボタンを押すだけで、電話の応答やボリューム調節、音楽の一時停止などが行えるのもメリット。aptX・aptX HD・aptX LL・LDAC・AACなど多くのコーデックに対応しているので、さまざまな機器と接続して使用できます。

シュア(SHURE) プロフェッショナル・スタジオ・ヘッドホン SRH840A

バランスの取れたサウンドを実現する、有線タイプのヘッドホン。40mmネオジムダイナミック型ドライバーにより、豊かな低音から伸びのある高音まで、幅広い帯域を再現できるのが特徴です。

人間工学に基づいて設計された、プレミアムパッド入りヘッドバンドを採用。優れたフィット感を実現し、長時間でも快適に音楽をリスニングできます。

折りたたみ式のデザインにより、手軽に持ち運べるのもうれしいポイント。モニターライクなサウンドが好みの方にもおすすめのアイテムです。

第8位 デノン(DENON)

デノンは、日本のAV機器企業である「ディーアンドエムホールディングス」が展開している音響機器ブランド。ヘッドホン・イヤホン・ワイヤレススピーカー・スピーカーシステムなど、幅広いオーディオ製品を展開しています。

ヘッドホンに関しては、ハイレゾ音源に対応したハイエンドモデルや、Bluetoothに対応したモデルなどをラインナップ。高級感があるデザインのモノも多く、見た目にこだわりたい方にもおすすめのメーカーです。

デノン(DENON) ポータブル・オーバーイヤー・ヘッドホン AH-D1200

大口径50mmドライバーを搭載し、迫力ある低音を楽しめるオーバーイヤータイプのヘッドホン。低域の厚みと中高域の抜け感を両立しています。ハイレゾ音源の再生に対応しているため、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

ハンガー部には、軽さと丈夫さに優れたアルミダイキャストを採用。アジャスター部分はしっかりとしたクリック感があるので、手軽に適したサイズに調節できます。

折りたたみに対応しているため、持ち運びしやすいのもメリット。そのほか、ケーブルにはiPhoneやiPadなどのiOSデバイスに対応したリモコンケーブルを付属しています。iPhoneユーザーにもぴったりのヘッドホンです。

デノン(DENON) ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン AH-GC30

ワイヤレスモデルながら有線ヘッドホンとしても使える、汎用性の高いヘッドホン。40mmのカーボンファイバー・フリーエッジ・ドライバーを搭載し、歪みの少ない量感豊かな低域サウンドを実現しているのが特徴です。

飛行機・シティ・オフィスの3モードからシーンに応じて切り替えられる、「デジタル・ノイズキャンセリング機能」を搭載しているのもポイント。使用する環境に合わせてノイズを低減できます。

aptX・aptX HD・AACなどの高音質コーデックに対応しているのもメリット。そのほか、約2時間の充電で約20時間の連続再生が可能なバッテリーを内蔵しています。付属のケーブルにより、充電が切れても有線ヘッドホンとして使い続けられるのも魅力です。

第9位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic)

ベイヤーダイナミックは、ドイツに本社を置くオーディオ機器の開発をメインとする人気メーカー。1937年に世界初のステレオヘッドホン「DT48」を発売したことでも有名です。

ヘッドホンに関しては、密閉型・オープン型・セミオープン型など幅広いモデルをラインナップ。高音質設計のハイエンドモデルが多いので、サウンドにこだわりたい方にも適しています。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) ハイエンド テスラ ヘッドホン T1 3rd Generation

高解像度と広いダイナミックレンジに加え、歪みの低減を実現した独自開発の「テスラドライバー」を搭載したヘッドホン。1音ずつを忠実に再現するチューニングが施されているのが特徴です。

開放型を採用しており、優れた音場表現が可能なのも魅力。また、ドライバーを傾けて配置することで臨場感あふれるサウンドを再現し、まるで生演奏を聞いているかのようなリスニング体験を楽しめます。

ドイツの工場で丁寧にハンドメイドされているため、品質面も良好。イヤーパッドやクッションにこだわることで快適な装着感を実現しており、長時間のリスニングにも適しています。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) オーバーイヤーワイヤレスヘッドホン LAGOON ANC JP

周囲のノイズを低減できる「アクティブノイズキャンセリング」を搭載したワイヤレスヘッドホン。騒音が気になる状況でも音楽に集中しやすいのが特徴です。

ワイヤレスながら、低遅延で動画視聴やゲームプレイ時に適しているaptX LLコーデックに対応しているのも魅力。使用時の雑音を抑える「Qualcomm cVc」を備えているので、クリアなハンズフリー通話が可能です。

最大約45時間の連続再生ができるロングバッテリーを内蔵しているのもポイント。外出先でも長時間音楽や通話などを楽しめます。コンパクトに折りたたんで収納可能。持ち運びに便利なセミハードケースも付属しています。

第10位 ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハは、静岡県浜松市に本社を置く、日本のメーカー。ピアノやギターなどの楽器をはじめ、音響機器・スポーツ用品・自動車部品など、幅広い分野の製品を手掛けています。

ヘッドホンに関しては、楽器メーカーならではの電子楽器のモニタリングに適したモデルから、迫力あるサウンドを楽しめる汎用性の高いモデルまでを展開。全体的に低価格で購入できる製品が多いので、コスパを重視したい方にもおすすめのメーカーです。

ヤマハ(YAMAHA) スタジオモニターヘッドホン HPH-MT8

原音のニュアンスをしっかりと再現できる、高解像度・高分解能のモニターヘッドホン。CCAWボイスコイルを採用した45mmカスタムドライバーを搭載し、幅広い帯域で正確性の高いレスポンスを得られるのが特徴です。

また、オーバーイヤータイプと密閉型デザインにより、優れた遮音性を実現しているのも魅力のひとつ。イヤーカップは可動するため、片耳のみでも使用できます。装着感にこだわっているので、長時間でも疲れにくく快適にリスニング可能です。

汎用性の高いストレートケーブルと、取り回しやすいカールコードの2種類を同梱しているため、シーンや用途に応じて付け替えられます。

ヤマハ(YAMAHA) スタジオモニターヘッドホン HPH-MT5

原音に忠実なサウンドを再生できるモニターヘッドホン。CCAWボイスコイルを採用した40mmカスタムドライバーを搭載しているのが特徴です。幅広い帯域で正確性の高いレスポンスを得られます。

大型イヤーパッドには、肌触りのよい合成レザーと、振動を吸収するクッションを採用。快適な装着感と優れた遮音性を両立しています。

付属品が充実しているのもポイント。幅広い用途で使用できる汎用性の高い3mのストレートケーブルと、直径6.3mmステレオ標準プラグ変換アダプターが付いています。さまざまな機器で使用可能です。

第11位 タゴスタジオ(TAGO STUDIO)

タゴスタジオは、群馬県高崎市と作曲家・音楽プロデューサーである多胡邦夫が共同で立ち上げたプロ専用のスタジオ。同じ高崎市で長年ヘッドホン作りを手掛ける製造メーカー「TOKUMI」と協力して製品を開発しています。

2017年に発売した「TAGO STUDIO T3-01」は、有名ミュージシャンや多くの音楽ファンから愛用されている人気モデル。また、木材の廃材を再利用した「Historic Phone」シリーズも注目を集めています。

タゴスタジオ(TAGO STUDIO) ヘッドホン T3-01

美しい木目が高級感を醸し出すヘッドホン。スタジオでの使用を想定して作られており、レコーディングエンジニアや、アーティストが制作した音を忠実に再現できるのが特徴です。

長時間の使用に耐えうる、優れた耐久性も魅力。負担を軽減する装着感を実現しています。高性能40mmドライバーユニットとシルクプロテインコーティングを施した振動板を採用。自然で伸びやかなサウンドを再生できます。

消耗パーツは交換可能なため、長く使用できるのもメリット。デザインにこだわりたい方はもちろん、原音に忠実なサウンドを楽しみたい方にもおすすめです。

タゴスタジオ(TAGO STUDIO) Historic Phone Cask of Ichiro’s Malt

By: tagostudio.thebase.in

世界最高峰を謳うウイスキー「Ichiro’sMalt」を製造する、ベンチャーウイスキーとのコラボで生まれたヘッドホン。ウイスキーの仕込みで使われていたオーク樽の廃材をハウジングとして再利用しているのが特徴です。1つずつ木目や色味が異なり、味のある見た目を楽しめます。

ハウジングに木材を採用した、同社の「T3-01」をベースとして作られているため、モニターライクなサウンドを再生できるのも魅力。デザインだけでなく、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

第12位 ファイナル(final)

ファイナルは、神奈川県川崎市に本社を置くイヤホン・ヘッドホンの日本メーカー。学生でも手が出しやすいリーズナブルなモデルから、世界でもトップクラスと評価の高いハイエンドモデルまで、幅広い価格帯の製品を展開しています。

ヘッドホンに関しては、ハイエンドの平面磁界型ヘッドホンが人気。価格は高めですが、本格的なサウンドを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

ファイナル(final) 平面磁界型ヘッドホン D8000 Pro Edition

ダイナミックレンジの狭いポップスやロックなどを高解像度のサウンドで楽しめるヘッドホン。振動板に制動技術「AFDS:エアフィルムダンピングシステム」を採用することで、平面磁界型のデメリットである低音の再現性の低さを解消しています。

ほとんどの部品をビスで分解できる仕様のため、修理がしやすく長く使用できるのもうれしいポイントです。

長さ1.5mの3.5mm OFCケーブルと、長さ/3mの6.3mm OFCシルバーコートケーブルの2種類を同梱。着脱が可能なため、シーンや接続機器に応じて付け替えられます。

ファイナル(final) 平面磁界型ヘッドホン D8000

さまざまなジャンルの音楽を優れたサウンドでリスニングできる高音質ヘッドホン。「AFDS:エアフィルムダンピングシステム」により、平面磁界型が得意とする高域と、ダイナミック型の量感のある低域を両立しているのが特徴です。

あえて密閉度の低い開放型イヤーパッドを採用することで、不足しがちな低域を聞き取りやすくしているのも魅力。ダイナミックレンジの広いクラシック音楽などをリスニングするのに適した製品です。

第13位 グラド(GRADO)

グラドは、ニューヨークのブルックリンで、60年以上ヘッドホン・イヤホン ・カートリッジを製造する人気メーカー。美しい余韻とパワフルな低音を楽しめる「グラドサウンド」と称される音質が特徴です。

ヘッドホンに関しては、有線モデルからワイヤレスモデルまで幅広くラインナップ。手作りのユニークかつ高級感のあるデザインも魅力のメーカーです。

グラド(GRADO) Precision Takes Patience ヘッドホン GW100

広い音場と繊細なサウンドを両立した、セミオープン型のワイヤレスヘッドホン。独自の内部構造を採用しており、オープン型に比べて音漏れしにくいのが特徴です。

aptX・AACなどの高音質・低遅延コーデックに対応しているのも魅力。付属のケーブルを使用することで、有線ヘッドホンとしても使用できます。約40時間連続で再生できるロングバッテリーを内蔵しており、時間を気にせず音楽を楽しめるのもメリットです。

グラド(GRADO) Tri-Wood Oasis ヘッドホン RS1x

3種類の木材を組み合わせたハウジングが魅力のヘッドホン。メープル・ヘンプ・ココボロ材を採用した「トライウッド・ハウジング」により、あたたかみのある「グラドサウンド」を楽しめます。

50mm口径の「xドライバー」を備えているのも魅力。また、ヘッドバンドにホワイトスティッチ本皮を採用することで、優れた装着感と耐久性を両立しているのもポイントです。音質はもちろん、見た目にこだわりたい方もチェックしてみてください。

第14位 フォステックス(FOSTEX)

フォステックスとは、東京都昭和島市に本社を置く音響機器メーカー「ファスター電機」が展開しているブランド。イヤホン・ヘッドホンをはじめ、マイクやスピーカーシステム、ヘッドホンアンプなど幅広い音響機器を展開しています。

ヘッドホンに関しては、圧倒的な高解像度を実現する「TH Premium」シリーズ、プロ仕様のモニター・リスニングヘッドホン「RP」シリーズをラインナップ。低反発のイヤーパッドを採用しているので、長時間でも快適にリスニングできるのも魅力です。

フォステックス(FOSTEX) RPステレオ・ヘッドホン T60RP

ウッドハウジングを採用し、繊細な表現力と深みのある音を楽しめるヘッドホン。ドライバーユニットには、ネオジムマグネットを搭載しています。ワイドレンジな再生と、3000mWの高い耐入力を実現しているのが特徴です。

低反発なアラウンドイヤー型イヤーパッドを採用しており、長時間でも快適にリスニングできるのが魅力。また、全帯域において高解像度を実現する高音質OFC導体採用のケーブルを同梱しているのもポイントです。

フォステックス(FOSTEX) プレミアム・ヘッドホン TH909

独自の「バイオダイナ振動板」を採用したヘッドホン。振幅の大きい低中音域から繊細な中高域まで、忠実に再現できます。また、歪みが少なく広大なダイナミックレンジを可能にする「超強力ドライバーユニット」を搭載しているのも特徴です。

木材部の表面には漆で仕上げが施されており、高級感を演出。さらに、ハウジングの開口部に二重構造の「アルミニウム製エッチングパーツ」を採用することで、聞き疲れしにくい自然な音場を実現しています。

第15位 パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、日本が誇る大手電機メーカー。生活家電・空調家電・キッチン家電・AV機器・美容家電など、幅広い分野の製品を手掛けているのが特徴です。

ヘッドホンに関しては、有線モデルからワイヤレスモデルまで多くの種類をラインナップ。比較的手頃に購入できる製品や、ハイレゾに対応した高音質の製品などが揃っているので、自分に合ったタイプを選びやすいメーカーです。

パナソニック(Panasonic) ステレオヘッドホン RP-HX350

パワフルな高音質サウンドを楽しめる、36mmドライバーを搭載したヘッドホン。耳の形状に合わせてフィットする「オーバル型イヤーパッド」を採用しています。ハウジングの密閉性を高めることで、音漏れしにくく低音も聞き取りやすいのが特徴です。

平たく折りたためる「スイーベル折りたたみ機構」を採用しているのも魅力。持ち運んで使いたい方にもおすすめです。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方はもちろん、初めてヘッドホンを購入する方にも適しています。

パナソニック(Panasonic) ステレオヘッドホン RP-HTX80B

プロ用のスタジオモニターとして使われる「ドーム型ハウジング」を備えたワイヤレスヘッドホン。加えて、40mmドライバーと「アコースティック・ベース・コントロール」を採用することで、歪みの少ない低音を実現しているのが特徴です。

ワントーンのスタイリッシュなデザインで、さまざまなファッションと合わせやすいのもポイント。また、連続で約24時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているのも魅力です。接続はSBC以外に、高音質・低遅延コーデックであるAACにも対応しています。

第16位 JVCケンウッド(KENWOOD)

JVCケンウッドは、神奈川県横浜市に本社を置く日本の電機メーカー。日本ビクター株式会社と株式会社ケンウッドが経営統合し、設立しました。イヤホン・ヘッドホン以外にもビデオカメラやポータブル電源、プロジェクターなどさまざまな製品を展開しています。

ヘッドホンに関しては、迫力ある重低音を楽しめるモデルから、自然な音の広がりを実現できるモデルまで幅広くラインナップ。ワイヤレス接続可能な製品も取り扱っており、自分に合ったヘッドホンを選びやすいメーカーです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-S48BT

さまざまな服装に合わせやすい、シンプルかつ上質なデザインのワイヤレスヘッドホン。約17時間連続で再生できる大容量バッテリーを内蔵しているのが特徴です。

本体にはリモコンボタンとマイクを搭載しており、ボリュームの調節や曲の操作ができるだけでなく、ハンズフリー通話が可能なのも魅力。さらに、迫力ある低音を楽しめる「バスブーストモード」も備えています。ワイヤレスモデルながら安く購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) オンイヤーヘッドホン HA-XS10X

大口径ドライバーユニットと「エクストリームディープバスポート」により、迫力ある重低音を楽しめるヘッドホン。ハウジングに、耐衝撃性に優れたエラストマー素材の「タフラバープロテクター」を採用しているのが特徴です。

遮音性と装着感を両立するソフトイヤーパッドを備えているのも魅力。長時間でも快適に音楽を楽しめます。低音がポイントの楽曲を好んで聞く方におすすめのヘッドホンです。

第17位 マッキー(MACKIE)

マッキーは、世界各国で品質や信頼性が高く評価されている、総合音響機器メーカー。クオリティはそのままに、手頃な価格で購入できる名機「CR-1604」を発表したことで有名です。

ヘッドホンに関しては、楽器やボーカルの録音などのレコーディングに適したモニターヘッドホンをメインでラインナップ。コスパに優れており、安価で原音に忠実なサウンドを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

マッキー(MACKIE) モニターヘッドホン MC-250

低域から高域まで、原音に忠実なサウンドを楽しめるモニターヘッドホン。大口径50mmドライバーユニットを搭載しており、音の定位感やバランスに優れているのが特徴です。

また、人間工学に基づいたイヤーパッドと、調節可能なパッド付きヘッドバンドを採用することで、長時間でも快適にモニタリング可能。レコーディングやミックスなど、プロフェッショナル用途におすすめのモニターヘッドホンです。

マッキー(MACKIE) 密閉型モニターヘッドホン MC-100

バランスの取れたサウンドを楽しめるモニターヘッドホン。カスタム・ハイパフォーマンス40mmドライバーを搭載しているのが特徴です。また、長年培った経験や技術を採用しており、原音に忠実な中高域とキレのある低音を再生できます。

人間工学に基づいたヘッドバンドとイヤーパッドを備えており、長時間のリスニングに適しているのも魅力。手頃に購入しやすい価格なので、モニターヘッドホンの入門機としておすすめのモデルです。

第18位 ローランド(Roland)

ローランドは、静岡県浜松市に本社を置く日本の大手電子楽器メーカー。ピアノやシンセサイザー、ギターなどの電子楽器をはじめ、イヤホンやヘッドホンなど幅広い製品を展開しています。

ヘッドホンに関しては、モニターヘッドホンをメインでラインナップ。電子楽器メーカーならではの楽器演奏の練習やミキシングのチェック、普段使いまで幅広く使えるモデルが揃っています。比較的リーズナブルに購入できる製品が多いので、コスパを重視したい方にもおすすめのメーカーです。

ローランド(Roland) モニターヘッドホン RH-5

電子楽器の練習からリスニングまで、幅広い用途で使える汎用性の高いモニターヘッドホン。パワフルかつバランスの取れたサウンドを楽しめる40mmドライバーを搭載しています。

190gと軽量なのが魅力。また、密閉型デザインなので外部音の影響を受けにくく、楽器音などに集中できるのもポイントです。比較的手頃に購入できる価格のため、コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

ローランド(Roland) ヘッドホン RH-300

電子楽器の演奏に適した、フラッグシップモデルのモニターヘッドホン。専用に設計された45mmネオジムマグネット・ドライバーとCCAWボイスコイルを搭載しています。豊かな低音と伸びのよい高音を、優れた解像度で再生できるのが特徴です。

正確性の高いサウンドを聞けるため、さまざまな電子楽器のモニタリングに適しているのも魅力。また、ソフトなイヤーパッドを採用することで、装着感を高めているのもポイントです。耐久性にも優れているため、長期的に使いたい方に適しています。

第19位 パイオニア(Pioneer)

パイオニアは、東京都文京区に本社を置く電機メーカー。カーナビやカーオーディオなど車載機器をメインで扱っています。そのほか、DVDプレーヤー・ホームシアターシステム・ヘッドホン・デジタル・オーディオプレーヤーなど、幅広い製品を展開しているのが特徴です。

ヘッドホンに関しては、ハイレゾに対応した高音質モデルや空間表現力が豊かなモデルをラインナップ。加えて、お手頃に購入できる製品も展開しています。予算や自分の好みに合ったヘッドホンを選びやすいメーカーです。

パイオニア(Pioneer) 密閉型ダイナミックステレオヘッドホン SE-MONITOR5

ハイレゾ音源の再生に対応したヘッドホン。密閉型デザインながら、開放型のような空間表現力を備えているのが特徴です。

マグネシウム合金を採用したベースとハウジングにより、不要な共振を軽減。原音に忠実なサウンドを楽しめます。また、ハウジング部の剛性を高めることで、自然な響きを実現しているのもポイントです。

ケーブルが脱着式なのも魅力。接続方法と長さが異なる3本の着脱ケーブルを付属しており、シーンに合わせて使い分けられます。

パイオニア(Pioneer) STYLE SE-MS7BT

大口径40mmドライバーを搭載し、ハイレゾ音源の再生に対応するワイヤレスヘッドホン。高音質・低遅延を実現するaptXとAACコーデックに対応しているのが特徴です。

最大12時間の連続再生ができるロングバッテリーを内蔵。付属のケーブルを使用することで、有線ヘッドホンとしても使用できます。また、オーバータイプのイヤーパッドと厚みのあるヘッドバンドクッションを採用。快適な装着感を実現しているのもポイントです。

ハウジング部には、光沢感のあるアルミ素材を使用。安価ながら高級感があるのも魅力です。

第20位 スカルキャンディ(Skullcandy)

スカルキャンディは、ユタ州パークシティに拠点を置くアメリカの人気メーカー。ヘッドホンやイヤホン、MP3プレーヤーなど、幅広いオーディオ機器を展開しています。

ヘッドホンに関しては、骨の奥底に響きわたるような重低音サウンドを楽しめるのが特徴。また、ワイヤレスヘッドホンをメインでラインナップしており、お手頃に購入できるモデルも存在します。製品にブランドロゴである「スカルマーク」がプリントされているのも、魅力のひとつです。

スカルキャンディ(Skullcandy) ワイヤレスヘッドホン Crusher Evo

迫力ある重低音サウンドを楽しめるワイヤレスヘッドホン。本体に搭載しているスライダーにより、低音のレベルを調節できます。

最長40時間の連続再生ができるロングバッテリーを内蔵しているのも魅力。わずか10分の充電で4時間の使用が可能な急速充電にも対応しているので、急なバッテリー切れにも対応できます。

マイクを搭載しているため、ハンズフリー通話ができるのもポイント。また、折りたたみにも対応しているので、持ち運んで屋外や旅行先などで使いたい方にもおすすめです。

スカルキャンディ(Skullcandy) ワイヤレスヘッドホン Riff Wireless

比較的リーズナブルに購入できる、コスパに優れたワイヤレスヘッドホン。機能が非常にシンプルで使いやすいため、初めてワイヤレスヘッドホンを購入する方におすすめです。

丈夫なヘッドバンドと折りたたみ機構により、持ち運びしやすいのも魅力のひとつ。連続で12時間再生できるバッテリーを備えています。加えて、10分の充電で2時間の連続使用が可能な急速充電に対応しているのもポイントです。

シンプルなデザインからユニークなデザインまで、カラーバリエーションが豊富なのもメリット。コスパを重視したい方や、複雑な機能が不要な方もチェックしてみてください。