自宅や外出先など、周囲を気にせず音楽を楽しめる「ヘッドホン」。小さな音でも聞き取りやすく、リスニングに集中したいシーンで活躍します。ただし、多くのメーカーやブランドからさまざまなモデルが販売されており、どれを選んだらよいのか迷ってしまいがちです。

そこで今回は、おすすめのヘッドホンメーカーをランキング形式でご紹介。購入を検討している方は、参考にしてみてください。

ヘッドホンはメーカーごとに音の傾向や特性が違う

By: amazon.co.jp

ヘッドホンは多くのメーカーから多種多様なモデルが販売されています。ワイヤレスや有線、密閉型や開放型などタイプ別に特徴が異なるほか、メーカーならではの違いも要チェック。低域から高域までバランスに優れていたり、重低音にこだわって開発されていたりとさまざまです。

特に好みのジャンルに適したモデルを探している方や音質にこだわりたい方は、各メーカーによる音の傾向や特性をチェックしてみてください。

ヘッドホンのおすすめメーカーランキング

第1位 ソニー(SONY)

ソニーは、東京都港区に本社を置く総合電機メーカーです。ヘッドホンやウォークマンなどのオーディオ機器をはじめ、テレビやカメラ、ゲーム機など幅広い製品を展開。いずれの製品も高い技術力を活かした高性能モデルが豊富です。

ヘッドホンに関しては、高音質・高機能を実現したモデルが多いのが特徴。ワイヤレスヘッドホンに関しては、ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめるLDACコーデックに対応した製品も存在します。とにかく音質にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-1AM2

広帯域再生を実現する「40mmHDドライバーユニット」を搭載した有線タイプのヘッドホンです。迫力がある低音、クリアで繊細な高音域、可聴帯域を超える100kHzの超高音域を再生可能。ハイレゾ音源も忠実に再現できます。

小型軽量化とイヤーパッドの改良により、優れた装着感を実現。長時間でも快適にリスニングできます。低反発ウレタンフォームを採用した「立体成形イヤーパッド」を備えているため、快適な着け心地で蒸れにくいのも魅力です。

ハウジング部分をフラットに折りたためる「スイーベル機構」を採用している点もメリット。キャリングポーチも付属しているので、持ち運びしやすいのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM5

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現したワイヤレスヘッドホンです。8つのマイク信号を制御してさまざまなノイズを低減。装着状態や環境に合わせて自動で最適化できる「オートNCオプティマイザー」を搭載しているのも特徴です。

専用設計の30mmドライバーユニットを搭載しており、低音域から高音域まで自然で伸びのある音質を実現。音の広がりや定位感を向上して、優れた高音質をリスニングできます。ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめるLDACコーデックに対応しているのも魅力。さまざまな音源をハイレゾ級の臨場感で再生できる「DSEE Extreme」も備えています。

高精度ボイスピックアップテクノロジーを搭載しており、幅広いシーンでクリアな通話品質を実現。高音質かつ多機能なモデルを探している方におすすめです。

第2位 ゼンハイザー(SENNHEISER)

ゼンハイザーとは、ドイツに本社を置く音響機器メーカーです。ヘッドホンやイヤホンをはじめ、マイクなどを販売していることでも有名。一般ユーザー向けのモデルはもちろん、音楽制作現場や映画制作現場などプロフェッショナル用途に適したモデルも販売しています。

ヘッドホンに関しては、有線タイプとワイヤレスタイプの両方をラインナップ。有線ヘッドホンは、自然で広がりのあるサウンドを楽しめる開放型が人気です。ワイヤレスヘッドホンは、高性能なノイズキャンセリングを搭載したモデルが人気で、さまざまなシーンで高音質サウンドに没入できます。本格的なサウンドを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) オープン型ヘッドホン HD599

自然で空間的な広がりを感じられるオープン型を採用した有線ヘッドホンです。独自のトランスデューサー技術を搭載しており、オーディオ信号をダイレクトに感じられるのが特徴。自然なサウンドで空気感を得たい方におすすめです。

大型イヤーカップとソフトイヤーパッドを採用しており、耳に圧迫感を得にくいのも魅力のひとつ。長時間でも快適にリスニングできます。3.5mmステレオミニプラグを採用した1.2mケーブルに加えて、6.3mmステレオ標準プラグを採用した3mケーブルも同梱。ケーブルを付け替えることで、さまざまな機器で使用できます。

高級感のある開放型ヘッドホンを探している方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM 4 Wireless

最大60時間再生できるロングバッテリーを内蔵したワイヤレスヘッドホンです。42mmトランスデューサーを搭載し、歪みを低減できるのが特徴。低音から繊細な高音まで、細部まで忠実に再現できます。

バッフルの角度を調節することでダイレクトに音を感じられるのも魅力。特に高域が耳にしっかり届くため、自然なサウンドステージを実現できます。周囲のノイズを低減できるアクティブノイズキャンセリングと周囲の音を取り込める外音取り込み機能を搭載しているのもおすすめポイントです。

軽量でクッション性の高いヘッドバンドとイヤーパッドを備えており、快適な装着感を実現。ヘッドバンド本体と頭の接地面を増やすことで、圧迫感を軽減できる点もメリットです。

第3位 オーディオテクニカ(audio-technica)

オーディオテクニカは、東京都町田市に本社を置く日本の音響機器・映像機器メーカーです。個人向け製品は、ヘッドホン・イヤホンをはじめ、マイクやカーオーディオなど幅広いオーディオ機器を展開。日本メーカーならではの品質の高さも特徴です。

ヘッドホンに関しては、比較的リーズナブルに購入できるモデルから、音質・材質にこだわった高級モデルまでさまざまなモデルをラインナップ。DJプレイやミキシングなどに適したモデルも存在します。

迫力ある重低音を楽しめる「SOLID BASS」シリーズや、高精細なサウンドを楽しめる「Sound Reality」シリーズなど音質傾向ごとにシリーズを展開しているのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M50X

スタジオレコーディングやミキシングなどに適した有線ヘッドホンです。広帯域でフラットな特性と、高解像度なモニタリング性能を備えているのが特徴。DJやトラックメイカーにもおすすめのモデルです。

大口径かつ強磁力の直径45mmCCAWボイスコイルドライバーを搭載し、高解像度なサウンドを実現。高耐久なイヤーパッド・ヘッドパッド素材、遮音性の高いイヤーカップを採用しているため、長時間でも快適にモニタリングできます。

片耳モニタリングが可能な前後90°の反転モニター機構を採用している点もメリット。1.2mカールコード・3mストレートコード・1.2mストレートコードを同梱しているので、シーンに応じて付け替えられます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-HL7BT

開放的なサウンドをリスニングできる開放型のワイヤレスヘッドホンです。目の前で広がる音の臨場感を味わえるのが特徴。空気の流れをスムーズにすることで、自然なサウンドや余韻まで感じられます。

ワイドレンジ再生を実現する大口径直径53mmドライバーを搭載しているのも魅力のひとつ。迫力ある低域と中高域をクリアに再現できるのもおすすめポイントです。ワイヤレスながらハイレゾ相当の高音質が聴けるLDACコーデックに対応。AACコーデックにも対応しているので、iPhoneなどのiOS端末でも高音質・低遅延を実現できます。

有線接続すればハイレゾ音源の再生も可能。最大約20時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているため、時間を気にせず音楽や動画などを楽しめます。

第4位 アーカーゲー(AKG)

AKGは、1947年にオーストラリアのウォーンで設立された音響機器メーカーです。設立当初は映画関連の音響機器を製造。現在はヘッドホンとイヤホンをメインで製造・販売しています。

ヘッドホンに関しては、洗練されたサウンドと豊かな音場表現が魅力。臨場感あふれる広いサウンドも楽しめます。開放的なサウンドを楽しめる「オープンテクノロジー」を搭載したモデルも人気。迫力ある低音と軽快な高音を両立できる「セミオープンエアー技術」を備えたモデルも存在します。開放的なサウンドを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

アーカーゲー(AKG) K701-Y3

高級感のあるスタイリッシュなデザインが魅力の有線ヘッドホンです。独自のオープンエアー構造を採用しており、優れた中高域を再生できるのが特徴。ひとつひとつの音を丁寧に描き出せるため、残響音もリスニングできます。

2種類の素材を組み合わせた「TWO-LAYERダイヤフラム」構造と、中心部と外縁部で厚みを変える「バリモーション・テクノロジー」を採用しているのも魅力。高域特性をキープしつつ、分割振動を低減できます。

人間工学に基づいた立体的なデザインが魅力の「3Dフォーム・イヤーパッド」を採用。肌触りのよいベロア素材を使用しているので、長時間でも快適にリスニングできます。イヤーパッドは簡単に交換できるため、長く愛用できるのもおすすめのポイントです。

アーカーゲー(AKG) K240 STUDIO-Y3

プロフェッショナル用途向けに設計された有線ヘッドホンです。立体的で自然な音の広がり、音抜けのよさが魅力の「セミオープン型」を採用。全帯域を自然に再生できるため、レコーディングやミキシング、普段使いなど幅広いシーンにおすすめです。

30mm XXLトランスデューサーを搭載しており、広いダイナミックレンジ・高い感度・高いサウンドレベルを実現しているのも魅力。ピアノや金管楽器などの緻密な音まで余すことなく正確に再現できます。

スタジオでのハードな使用に耐えうる優れた耐久性を備えている点もメリット。オーバーイヤータイプの大型イヤーパッドを採用しているので、耳をしっかり包み込み長時間でも快適にリスニングできます。プロ向けの高音質モデルながら比較的安く購入できるため、コスパを重視している方にもおすすめです。

第5位 シュア(SHURE)

シュアは、アメリカ合衆国に本社を置くオーディオ機器メーカーです。1925年にシドニー・N・シュアが設立。イヤホン・ヘッドホンをはじめ、マイクやイヤモニなど一般ユーザー向けの製品からプロ向けの製品まで幅広く手掛けています。

ヘッドホンに関しては、有線タイプとワイヤレスタイプの両方をラインナップ。有線ヘッドホンは、種類が多いだけでなく、いずれも音質に優れているのが特徴です。ワイヤレスヘッドホンは、ノイズキャンセリングを搭載しており、どこでも臨場感あふれるサウンドを楽しめます。本格的なサウンドを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

シュア(SHURE) プレミアム・スタジオ・ヘッドホン SRH1540

プロのオーディオエンジニアやミュージシャンなど音質にこだわるユーザーにおすすめの有線ヘッドホン。40mmネオジム磁石ダイナミックドライバーを搭載しており、あたたかみのある低域から伸びのある高域まで再生できるのが特徴です。

「密閉型サーカムオーラルデザイン」により、耳全体を包み込めるのも魅力のひとつ。周囲のノイズを低減できるため、さまざまな環境で音楽に集中できます。通気孔のあるセンター・ポールピースを備えた「スチール・ドライバーフレーム」を搭載しており、さまざまな音量でも一定の性能で楽しめます。

人間工学に基づいて設計されたデュアルフレームヘッドバンドを採用。軽量かつ調節ができる仕様なので、長時間でも快適に装着できます。高耐久設計のため、長期的に愛用できるのもポイントです。

シュア(SHURE) ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン AONIC 50

アジャスタブル・ノイズキャンセリングを搭載し、臨場感あふれるサウンドを楽しめるワイヤレスヘッドホンです。スイッチ切り替えで簡単に周囲の音を聞ける外音取り込みモードも搭載。2つの機能を切り替えることで、幅広いシーンに対応できます。

aptX・aptX HD・aptX LL・LDAC・AACなど豊富な高音質コーデックに対応しているため、さまざまな機器で高音質サウンドをリスニング可能。最長20時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているので、外出先でも時間を気にせず音楽を楽しめます。

有線接続に対応している点もメリット。フラットに折りたためる仕様のため、持ち運びしやすいのもポイントです。保護用携帯ケースも同梱しているので、安心して持ち運びや保管ができます。

第6位 ボーズ(Bose)

ボーズは、アメリカ合衆国に本社を置く、音響機器メーカー。1964年にマサチューセッツ工科大学の教授アマー・G・ボーズが設立しました。スピーカーをはじめ、イヤホン・ヘッドホンなど幅広いオーディオ機器を展開。最近ではウェアラブル機器である「オーディオサングラス」を販売していることでも注目を集めています。

ヘッドホンに関しては、ワイヤレスヘッドホンをラインナップ。高性能なノイズキャンセリングを搭載したモデルも存在します。優れた音質を実現しているだけでなく、見た目に高級感がありスタイリッシュなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめのメーカーです。

ボーズ(Bose) Bose QuietComfort 45 headphones

独自の「Acoustic Noise Cancellingテクノロジー」を搭載し、どんな環境でも音楽に没入できるワイヤレスヘッドホンです。ノイズキャンセリングが最大の「Quietモード」と、周囲の音を聞ける「Awareモード」を選択可能。幅広いシーンで快適に音楽を楽しめます。

「TriPort音響構造」などの独自のテクノロジーを搭載しており、優れた高音質を実現。低音・中音・高音を調節して好みのサウンドを楽しめる「アジャスタブルEQ」を備えているのも魅力です。

高性能なマイクを内蔵し、屋内でも屋外でもクリアなハンズフリー通話が可能。軽量かつなめらかなクッションを採用しているので、快適な装着感を実現しています。

ボーズ(Bose) Bose Noise Cancelling Headphones 700

高級感がありつつスタイリッシュなデザインが魅力のワイヤレスヘッドホンです。独自のアクティブノイズキャンセリングテクノロジーを搭載し、静寂の中で音楽に没入できるのが特徴。調節することで、周囲の音を聞きながらBGM感覚で音楽を楽しむこともできます。

独自のテクノロジーにより、コンパクトながら迫力あるサウンドを楽しめるのも魅力のひとつ。どんな音量でも一貫したサウンドをリスニングできます。高性能なマイクシステムを搭載し、相手の声をクリアに聞けるだけでなく、自分の声を相手にクリアに届けられるのもポイントです。

快適で安定した装着感を得られるので、長時間でも快適にリスニングできます。

第7位 タゴスタジオタカサキ(TAGO STUDIO TAKASAKI)

タゴスタジオタカサキは、群馬県高崎市にあるレコーディングスタジオ。”人間の情熱を閉じ込める生演奏のレコーディング文化を残したい”をコンセプトに、作曲家・音楽プロデューサー多胡邦夫と高崎市が立ち上げました。群馬県高崎市にあるヘッドホン・イヤホンメーカーである「TOKUMI」と提携して、イヤホン・ヘッドホンを展開しています。

ヘッドホンに関しては、プロフェッショナル向けに制作されたモニターヘッドホンと、マイクを搭載しボイスチャットができるゲーミングヘッドホンをラインナップ。音質にこだわりたい方にも、見た目にこだわりたい方にもおすすめのメーカーです。

タゴスタジオタカサキ(TAGO STUDIO TAKASAKI) T3-01

プロフェッショナルな現場やスタジオでの使用を想定して作られたヘッドホンです。高性能な直径40mmドライバーユニットを搭載しており、自然で伸びのある音質を楽しめるのが特徴。レコーディングエンジニアやアーティストが作った音を忠実に再現できます。

ハウジングには国産の楓材を採用しており、自然のぬくもりを活かしたデザインを実現。楽器でもよく使われる木材で、原音に忠実かつ自然なサウンドを楽しめます。

軽い装着感を実現しているため、長時間でも快適にリスニングできるのもおすすめのポイント。美しいデザインと美しい音響を兼ね備えたヘッドホンを探している方はチェックしてみてください。

タゴスタジオタカサキ(TAGO STUDIO TAKASAKI) T3-03

同社が販売している「T3-01」のナチュラルサウンドをベースに作られたモニターヘッドホンです。T3-01をベースに音を近くに配置することで、ひとつひとつの音の密度を向上しているのが特徴。躍動感のあるサウンドを楽しめます。

軽量かつコンパクトなデザインのため、装着時に負担がかかりにくく、快適にリスニングできるのも魅力のひとつ。折りたたみできる仕様なので、スタジオなどに持ち運びしやすいのもおすすめポイントです。

シンプルかつスタイリッシュなデザインなので、男女問わず使いやすいモデル。幅広いシーンで使いやすいおしゃれなモニターヘッドホンを探している方におすすめです。

第8位 デノン(DENON)

デノンは、日本のAV機器企業である「株式会社ディーアンドエムホールディングス」が展開している音響機器メーカー。スピーカーやヘッドホン、サウンドバーなど幅広いオーディオ機器を手掛けているのが特徴です。

ヘッドホンに関しては、ハイレゾ音源の再生に対応した高性能なモデルを多数ラインナップ。いずれも高品質かつおしゃれなモデルが多いのが魅力です。有線タイプとワイヤレスタイプの両方を展開している点もメリット。竹などをハウジングに採用したモデルも販売されています。

デノン(DENON) ワイヤレス・ノイズキャンセリング・オーバーイヤー・ヘッドホン AH-GC30

3モードから選択できるデジタル・ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホンです。フラグシップモデルにも採用されている「40mmカーボンファイバー・フリーエッジ・ドライバー」を搭載。歪みが少ないサウンドを実現し、量感豊かな低域も再生できます。

周囲の音を取り込んで音楽にミックスして再生できる「周囲音ミックス機能」を備えているのも魅力のひとつ。ヘッドホンを外さずに駅のアナウンスなど重要な音を聞けます。aptX HD・aptX・AACといった高音質コーデックに対応しているため、ワイヤレスながら高音質再生が可能。有線でハイレゾ再生もできます。

ノイズキャンセリングを使用した状態で約20時間再生できるロングバッテリーを内蔵。充電が切れても有線接続することで、時間を気にせず音楽を楽しめます。

デノン(DENON) オーバーイヤーヘッドホン AH-D9200

高知県の竹を使用した「孟宗竹ハウジング」を採用した有線ヘッドホンです。職人によってひとつひとつ丁寧に仕上げられているため、品質面も良好。軽量性・適度な剛性・優れた振動吸収性を兼ね備えた竹材を使用しているので、デザイン性が高いだけでなく、自然かつ高い表現力で再生できます。

50mm径のナノファイバー振動板を備えており、歪みの少ないサウンドを実現。フリーエッジ構造により、振動板全域にわたる均一なピストンモーションを可能にしており、低歪かつ量感豊かな低域を再生できます。

軽量かつ堅牢なアルミダイキャストハンガーを採用しているのも魅力のひとつ。アジャスターも備えているので、自分の頭に合ったサイズに調節できます。耳にやさしいイヤーパッドを採用しているため、長時間でも快適にリスニング可能です。

第9位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic)

ベイヤーダイナミックは、ドイツに本社を置くオーディオ機器製造メーカーです。1924年にオイゲン・バイヤーによって設立。世界初のステレオヘッドホンを発売したことでも有名なメーカーです。90年以上高品質なヘッドホンやマイクなどを作り続けています。

ヘッドホンに関しては、密閉型ヘッドホンやセミオープン型ヘッドホンなどさまざまな種類を展開。高解像度・広いダイナミックレンジ・歪みの低減などを実現できる独自開発の「テスラドライバー」を搭載したモデルが人気です。ひとつひとつ手作業で作られたモデルもあり、品質面も優れています。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) ハイエンドテスラヘッドホン T1 3rd Generation

高解像度・広いダイナミックレンジ・歪みの低減を実現する独自の「テスラドライバー」を搭載した有線ヘッドホンです。1音1音きめ細やかに再現できるチューニングが施されているのも特徴。あたたかみのある低域を再生できます。

音場表現の優れた開放型を採用しているのも魅力のひとつ。さらに、ドライバーを傾けて配置しており、広々として臨場感あふれるサウンド、生演奏を聴いているかのような立体的なリスニング体験を楽しめます。

インピーダンス(抵抗値)が32Ωと低いため、スマホなどのポータブルデバイスでも十分な音量でリスニング可能。形状記憶フォームを使用しているだけでなく、通気性のよいソフトベロアをイヤーパッドに採用しているので、長時間のリスニングでも快適な装着感を実現します。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) 密閉型Bluetoothヘッドホン Amiron Wireless JP

明瞭かつ豊かなサウンドを楽しめる独自の「テスラテクノロジー」を搭載したワイヤレスヘッドホンです。ワイヤレスながら高音質・低遅延を実現できるaptX HDやaptX LLコーデックに対応しているのも魅力。動画なども快適に楽しめます。

音源全体をダイナミックに調節できる「MOSAYC sound personalization by Mimi Defined」を搭載している点もメリット。スマホアプリと連携することで、詳細設定や1日の再生時間などを手軽にチェックできます。

イヤーカップにはタッチパッドが搭載されており、さまざまな操作を耳元で手軽にこなせるのも特徴。マイクも内蔵しているので、快適なハンズフリー通話も可能です。

第10位 ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハは、静岡県浜松市に本社を置く楽器や音響機器などを手掛ける日本のメーカーです。明治時代に創業して以来さまざまな楽器を手掛けているのが特徴。1969年にはピアノの生産台数で世界一位となっているほど楽器の製造で知られているメーカーです。

ヘッドホンに関しても、電子楽器のモニタリングに適したモデルをラインナップ。基本的に楽器の低音から歌声などの高音まで再生できるバランスの優れたモデルが多いのが魅力です。長時間リスニングしても疲れにくく開放的なサウンドを楽しめる開放型が人気。楽器演奏用のヘッドホンを探している方におすすめのメーカーです。

ヤマハ(YAMAHA) オープンエア型ヘッドホン HPH-200

楽器の音色を忠実に再現できる開放型ヘッドホンです。低重心かつ開放的なサウンドを実現する独自の大口径40mmドライバーを搭載。パワフルで抜けのよい低域、つややかな中域、伸びやかな高域などを実現しています。

回転するハウジング、肌触りのよいベロア生地のイヤーパッド、長さ調節が可能なヘッドバンドなどにより、快適な装着感を実現。長時間でも快適にリスニングできます。

ハウジング部分がフラットに折りたためるため、持ち運びしやすいのもおすすめポイント。普段使いしやすい3.5mm端子の1.2mケーブルに加えて、2mの延長ケーブルと6.3mm変換プラグを同梱しているので、幅広い機器で使用できます。

ヤマハ(YAMAHA) クローズド型ヘッドホン HPH-100

比較的リーズナブルに購入できるコスパの優れた密閉型ヘッドホンです。密閉型ならではの迫力あるサウンド・リッチな音色を実現できるのが特徴。バランスよく調節された低音と高音を再生できるので、電子楽器の演奏や歌声などをしっかり再現できます。

90°回転できるハウジングと、長さ調節できるヘッドバンドを備えているため、快適な装着感を実現。長時間の演奏でもストレスなく使用できます。

片出しケーブルを採用しているので、演奏中にケーブルが邪魔になりにくいのも魅力。2mケーブルに加えて、着脱できる6.3mmプラグを同梱しているため、さまざまな楽器で使用できます。楽器演奏用の高コスパヘッドホンを探している方におすすめです。

第11位 ファイナル(final)

ファイナルは、神奈川県川崎市に本社を置く日本のメーカーです。イヤホン・ヘッドホンを販売しており、手頃に購入できるリーズナブルなモデルから、高級なヘッドホンまで幅広い種類を展開。価格に関わらず音楽を楽しめる音質設計を行っているのが特徴です。

ヘッドホンに関しては、ワイヤレスヘッドホンと高級な有線ヘッドホンをラインナップ。ワイヤレスヘッドホンはハイブリッドノイズキャンセリングを搭載しているのが魅力です。有線ヘッドホンは、繊細な高域と開放感、量感のある低域を兼ね備えた「平面磁界型」を採用しています。

ファイナル(final) UX3000

広がりのある音場感とクリアなボーカルを両立した高音質設計のワイヤレスヘッドホン。AAC・aptX・aptX LLなどの高音質・低遅延コーデックに対応しているため、ワイヤレスながら高音質サウンドをリスニングできます。

電車や飛行機などの騒音を低減できる「ハイブリッドノイズキャンセリング」を搭載しているのも魅力。さまざまな環境で音楽に集中できます。

高性能マイクを内蔵しており、スマホやPCと接続してハンズフリー通話やWeb会議などを快適にこなせるのもおすすめポイント。頭にフィットする「マルチフィットハウジング機構」を採用しているので、低音を迫力あるサウンドで楽しめるだけでなく、音漏れも予防できます。

ファイナル(final) D8000

量感と開放感のある低音・繊細な高域を両立する平面磁界型を採用したヘッドホンです。振動板がマグネットに接触しない「AFDS:エアフィルムダンピングシステム」により、低域の周波数を下げられるのが特徴。通気性の優れたイヤーパッドと組み合わせることで、量感を備えつつ、開放感のある低音を再生できます。

部品の源流から組み立てまでを国内工場で行うことで、日本製ならではの高品質を実現。高級カメラにも使われるレザー塗装仕上げにより、高級感も演出しています。

通気性が高く密閉度が低い新開発の開放型イヤーパッドを採用し、自然な広がりのあるサウンドを楽しめるのもポイント。高級感のあるデザインで開放的な音を楽しみたい方におすすめです。

第12位 グラド(GRADO)

グラドは、アメリカに本社を置くオーディオメーカーです。1953年にジョセフ・グラド氏によって設立。多くのオーディオファンから支持されており、数々のヘッドホンやカートリッジをラインナップしているのが特徴です。

ヘッドホンに関しては、木材をハウジングに採用したユニークなデザインのモデルが人気。いずれの製品も音質に優れているのが魅力です。有線ヘッドホンがメインですが、ワイヤレスヘッドホンもラインナップされています。デザインにこだわりたい方にもおすすめのメーカーです。

グラド(GRADO) セミオープン型Bluetoothヘッドホン GW100

広大なサウンドステージと繊細なサウンドを楽しめるセミオープン型を採用したワイヤレスヘッドホン。独自の内部構造を採用しており、開放型のヘッドホンより音漏れを約60%軽減していると謳っているのも特徴です。

Androidスマホなどと相性のよいaptXと、iPhoneなどのiOS端末と相性のよいAACのコーデックに対応。さまざまな端末で高音質・低遅延を実現できます。

約40時間連続再生できるロングバッテリーを内蔵しているのもおすすめポイント。付属の3.5mmミニステレオケーブルを使用すれば有線ヘッドホンとしても使用できます。

グラド(GRADO) トライウッド・ハウジングヘッドホン RS1x

メープル・ヘンプ・ココボロの3つの木材を使用した「トライウッド・ハウジング」を採用したヘッドホンです。メープル材がメインの働きを担い、ヘンプ材がトップエンドとローエンドをなめらかにし、ココボロ材がパンチを追加。それぞれの木材が異なる役割を持ち、優れたサウンドを実現しています。

また、50mm口径の「xドライバー」を搭載しているのも魅力のひとつ。高級ヘッドホンならではの高音質サウンドをリスニングできます。

優れた装着感と耐久性を実現する「ホワイトスティッチ本皮ヘッドバンド」を採用しているのもポイント。長時間でも快適にリスニングできます。木のあたたかみを感じられるおしゃれなヘッドホンを探している方におすすめです。

第13位 フォステクス(FOSTEX)

フォステクスは、日本の音響機器メーカーである「フォスター電機株式会社」が展開している市販向けのブランド。イヤホン・ヘッドホンをはじめ、スピーカーシステムやスピーカーユニット、マイクロホンなど幅広いオーディオ機器を販売しています。

ヘッドホンに関しては、高解像度で忠実な再生力を備えたハイエンドヘッドホンを揃えた「TH Premium Series」と、プロ仕様のモニター・リスニングヘッドホンを揃えた「RP Series」をラインナップ。低中音域から中高音域まで忠実に再現できる独自の「バイオダイナ振動板」を採用したモデルが人気です。

フォステクス(FOSTEX) オープン型プレミアム・ヘッドホン TH909

広帯域かつ繊細で解像度の高い音質を楽しめる独自の「バイオダイナ振動板」を採用したヘッドホンです。振幅の大きい低中音域と繊細な中高域を忠実に再現できるのが特徴。歪みの少ないサウンドを実現する1.5テスラの超強力ドライバーユニットを搭載し、広大なダイナミックレンジを楽しめます。

高級木材である「水目桜」を使用しているだけでなく、木材の表面に日本の伝統工芸「漆工芸」を施しているのも魅力のひとつ。上質な音質だけでなく、高級感のあるスタイリッシュなデザインも実現しています。

低反発性クッションのイヤーパッドを採用しており、音漏れを低減できるだけでなく、長時間快適に装着できるのもおすすめポイント。おしゃれかつ高音質なヘッドホンを探している方は検討してみてください。

フォステクス(FOSTEX) ステレオヘッドホン T60RP

アフリカンマホガニーを素材に使ったウッドハウジングを採用したヘッドホンです。木本来のあたたかみを感じられるだけでなく、深みが加わった豊かな音質を楽しめるのが特徴。ドライバーユニットにはネオジムマグネットを採用しているので、広い再生周波数を持ちつつ、優れたトランジェント特性と3000mWまでの高耐入力を実現しています。

耳全体を覆う低反発アラウンドイヤー型イヤーパッドを採用しているのも魅力のひとつ。快適な装着感を実現しているので、長時間でも快適にリスニングできます。

解像度が高くキレのよいサウンドを楽しめる高音質OFC導体を採用したケーブルを同梱。リケーブルに対応しているので、別売りケーブルに付け替えればさまざまな機器で使用できるだけでなく、音質も好みにカスタマイズできます。

第14位 パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、東京都港区に本社を置く日本の電機メーカーです。エアコンや洗濯機、オーディオ機器、テレビ、美容家電など幅広いジャンルの製品を展開。イヤホン・ヘッドホンの製造にも力を入れており、ラインナップが豊富です。

ヘッドホンに関しては、有線ヘッドホンとワイヤレスヘッドホンの両方を販売しています。高音質なハイレゾ再生に対応しているモデルもラインナップ。ワイヤレスヘッドホンのなかには、ノイズキャンセリングを搭載した高性能モデルも存在します。

パナソニック(Panasonic) ステレオヘッドホン RP-HD10

ハイレゾ音源に対応した高音質なヘッドホンです。大口径の直径50mmHDドライバーを搭載。超多層フィルム振動板を採用し、高い応答性・広帯域・高解像度再生を実現しています。また、磁気回路により、重なり合う楽器それぞれの音を鳴らし分けられるので、聴きたい音をしっかり聴けるのも特徴です。

水平方向にスライドできる「HSアジャスト機構」を搭載したヘッドバンドを採用しており、頭にしっかりフィットするのも魅力のひとつ。人間工学に基づいて設計された「エルゴノミック3Dイヤーパッド」を採用しているので、優れた密閉性・遮音性を実現でき、長時間でも快適に音楽を楽しめます。

平たく折りたためる「スイーベル折りたたみ機構」を備えている点もメリット。手軽に持ち運んで外出先でも使えます。

パナソニック(Panasonic) ワイヤレスステレオヘッドホン RP-HD610N

広帯域かつ高解像度を実現するハイレゾ音質の再生ができるワイヤレスヘッドホンです。高音質・低遅延コーデックであるAACコーデックに対応しており、iOS端末で高音質リスニングが可能。ワイヤレスながらハイレゾ再生を実現できるLDAC・aptX HDコーデックに対応しているのも特徴です。

ハイレゾ音源を忠実に再生できる高性能なドライバーを搭載しているのも魅力のひとつ。周囲のノイズを低減できるノイズキャンセリング機能を備えているので、幅広いシーンで音楽に集中できます。ヘッドホンを装着しながら重要な外の音を聞いたり、会話したりできる「ボイススルー機能」を搭載しているのもポイントです。

人間工学に基づいた形状と低反発ウレタンフォームを採用した「エルゴノミック3Dイヤーパッド」により、優れた密閉性と遮音性を実現。コンパクトに折りたためるので、携帯性も良好です。

第15位 JVCケンウッド(KENWOOD)

JVCケンウッドは、神奈川県横浜市に本社を置く電機メーカーです。2008年に「日本ビクター株式会社」と「株式会社ケンウッド」が経営統合したことにより、「JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社」として設立。イヤホンやヘッドホンなどのオーディオ機器をはじめ、ビデオカメラやドライブレコーダーなどさまざまな製品を展開しています。

ヘッドホンに関しては、有線タイプとワイヤレスタイプの2種類が存在。迫力ある重低音を楽しめるモデルや、ノイズキャンセリングを搭載した高性能モデルまで幅広くラインナップされています。コスパの優れた製品を探している方にもおすすめのメーカーです。

JVCケンウッド(KENWOOD) オンイヤーヘッドホン HA-XS10X

迫力ある重低音を再生できるヘッドホンです。専用の大口径ネオジウムドライバーユニットを搭載。ハウジングの背圧を調節するポートを備えた「エクストリームディープバスポート」を採用しているので、パワフルかつキレのある重低音を楽しめます。

エラストマー素材を採用した「タフラバープロテクター」を採用。衝撃から本体を守り、アウトドアシーンでも安心して使用できます。

耳への負担が少ないソフトイヤーパッドを備えている点もメリット。外音を遮断できる優れた遮音性を実現しているだけでなく、長時間でも快適にリスニングできます。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドホン HA-S78BN

約165gの軽量設計を実現したワイヤレスヘッドホン。本体が軽い分、長時間装着しても負担になりにくく、持ち運びしやすいのが特徴です。

高磁力ネオジウムマグネットを採用した高音質ドライバーを搭載し、パワフルなサウンドを楽しめるのも魅力のひとつ。一般的なサウンドを楽しめる「ノーマルモード」、迫力ある低音を楽しめる「バスブーストモード」、ボーカルが際立つ「クリアモード」の3つのモードを切り替えられる点もメリットです。

周囲のノイズを低減できるノイズキャンセリング機能を搭載しており、さまざまな環境で音楽に没入可能。約16時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているので、時間を気にせず使えます。

第16位 ビーツ(Beats)

ビーツは、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置くオーディオ機器メーカーです。音楽プロデューサーでラッパーのドクター・ドレによって設立。2014年に「Apple」が買収して傘下に入ったことでも有名です。現在は、ヘッドホンとイヤホンをメインで販売しています。

ヘッドホンに関しては、「Beats Solo3 Wireless」と「Beats Studio3 Wireless」の2種類のワイヤレスヘッドホンをラインナップ。Appleのチップを内蔵しているため、Apple製品と相性がよいのも特徴です。カラーバリエーションも豊富なので、デザイン面でも優れています。Appleユーザーにおすすめのメーカーです。

ビーツ(Beats) Beats Solo3 Wireless MX472PA/A

洗練されたデザインが魅力のオンイヤー型のワイヤレスヘッドホンです。細かいチューニングとノイズアイソレーションにより、クリアで深みのあるサウンドを楽しめるのが特徴。音に包まれる感覚を味わえる「空間オーディオ」にも対応しています。

最大40時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。5分の充電で約3時間再生できる「Fast Fuel機能」を備えているので、急なバッテリー切れにも対応できます。

耐久性に優れているだけでなく、折りたたみができるため、幅広いシーンで持ち運んで使用可能です。

ビーツ(Beats) Beats Studio3 Wireless MX3X2PA/A

さまざまな環境で高音質サウンドに集中できるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホン。臨場感あふれるサウンドで、音楽や映画、ゲームなどを楽しめる「空間オーディオ」に対応しているのも特徴です。

Appleデバイス間の設定や切り替えをシームレスに行える「Apple W1ヘッドフォンチップ」を搭載しているのも魅力。ノイキャンON時で最大40時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているので、時間を気にせず音楽に没頭できます。

豊富なカラーバリエーションがあり、スタイリッシュなデザインのため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

第17位 マッキー(MACKIE)

マッキーは、アメリカ合衆国ワシントン州で設立されたプロのオーディオ機器メーカーです。ミキサーやスピーカー、イヤホン・ヘッドホン、マイクロホンなど幅広いオーディオ機器をラインナップ。比較的リーズナブルながら高品質なモデルが多いので、コスパを重視している方にもおすすめのメーカーです。

ヘッドホンに関しては、ワイヤレスヘッドホンと有線ヘッドホンの両方を展開。エンジニアやミュージシャンなどプロが楽しめる高品位なサウンドを楽しめるのが特徴です。原音を忠実に再現できるモニターヘッドホンが多くラインナップされています。

マッキー(MACKIE) プロフェッショナル密閉型ヘッドホン MC-100

同価格帯のヘッドホンに比べて優れたサウンドを楽しめると謳っている高コスパなヘッドホン。高精度40mmトランスデューサーを採用しており、バランスの優れたサウンドを楽しめるのが特徴です。

ソフトイヤーパッドとサイズ調節可能なヘッドバンドを採用。人間工学に基づいた設計なので、長時間でも快適にリスニングできます。耐久性も優れているため、ハードな環境でも気兼ねなく使用可能。レコーディングなどプロ用途はもちろん、普段使いにもおすすめの汎用性の高いモデルです。

マッキー(MACKIE) ワイヤレスヘッドホン MC-40BT

最大30時間再生できるロングバッテリーを内蔵したワイヤレスヘッドホン。iPhoneなどのiOS端末で高音質・低遅延を実現できるAACコーデックに対応しているのが特徴です。

コントロール機能を搭載しており、耳元で音量調節や楽曲操作などを簡単にこなせるのも魅力。人間工学に基づいたイヤーパッドを採用しているので、長時間でも快適に使用できます。高品位マイクを内蔵しているため、快適なハンズフリー通話も可能です。

ケーブルを接続すれば有線ヘッドホンとしても使用できます。

第18位 ローランド(Roland)

ローランドは、静岡県浜松市に本社を置く日本の電子楽器メーカーです。ピアノやギター、キーボード、シンセサイザーなどの楽器をはじめ、DJ機材やイヤホン・ヘッドホンなどさまざまな製品をラインナップ。家庭用からプロ用まで幅広く揃えています。

ヘッドホンに関しては、電子楽器のモニタリングからリスニングまで使える汎用性の高いモデルを多数展開。ワイヤレスヘッドホンのなかには、ノイズキャンセリングを搭載した高性能モデルまで存在します。ファッション性が高くおしゃれなモデルを探している方にもおすすめのメーカーです。

ローランド(Roland) オープンエアーヘッドホン RH-A7

電子楽器のモニタリングに適したモニターヘッドホンです。豊かなサウンドに包まれつつ、静かに楽器演奏に集中できる開放型を採用。低域から高域までしっかりリスニングできます。

軽量設計と通気性のある構造により、長時間でも快適に演奏できるのも魅力のひとつ。開放型で外の音も聞こえやすいため、ヘッドホンを外さずに会話などもこなせます。

楽器演奏にはもちろん、リスニング用途にも適しているので、幅広いシーンで使用可能です。

ローランド(Roland) Bluetoothワイヤレスヘッドホン Crossfade2 Wireless Codex Edition

独自開発の大口径50mmデュアル・ダイヤフラム・ドライバーを搭載したワイヤレスヘッドホンです。40kHzまで再生できるため、有線接続すればハイレゾ音源も再生可能。aptX・AACコーデックに対応しているため、iPhoneでもAndroidでも高音質・低遅延を実現できます。

優れた遮音性を備えた「高性能ノイズ・アイソレーションパッド」を採用しているのも魅力。さまざまな環境で快適に音楽を楽しめます。

マイクを内蔵しているので、ハンズフリー通話も可能。ユニークかつスタイリッシュなデザインのため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

第19位 パイオニア(Pioneer)

パイオニアは、東京都文京区に本社を置く、カーナビやカーオーディオなど車載機器に特化した電機メーカー。車載機器のほかに、DJ機器やヘッドホン、モニタースピーカーなどのオーディオ機器も手掛けています。

ヘッドホンに関しては、DJ向けのモデルを多数ラインナップ。ワイヤレスヘッドホンも販売されています。ハイレゾ再生に対応した高音質モデルや、原音を忠実に再現できるモニターヘッドホンなども存在。プロ向けに設計されたモデルが多いので、耐久性が高いのも魅力です。

パイオニア(Pioneer) オンイヤー型プロフェッショナルDJヘッドホン HDJ-S7

コンパクトなオンイヤー型を採用したDJ用のヘッドホンです。口径40mmHDドライバーを搭載し、パワフルな低音からクリアで抜けのよい中高音まで再生可能。DJミックスに必要な音を聞き分けられるのも特徴です。

高解像度サウンドを楽しめるため、大音量の現場でも正確にモニタリングできるのも魅力。プロの現場にも耐えうる優れた耐久性を実現しているので、長く愛用できます。

パイオニア(Pioneer) Bluetooth機能搭載DJヘッドフォン HDJ-CUE1BT

手頃な価格ながら高性能を実現した高コスパなワイヤレスヘッドホン。特別にチューニングされた40mmダイナミックドライバーを搭載し、量感のある低音からクリアな中高域までワイドレンジ再生できるのが特徴です。

Bluetooth接続できるため、スマホやタブレット、PCなどさまざまな機器に接続して使えるのも魅力。耐久性も優れているため、頻繁に使用する方にもおすすめです。

ハウジング部分を90°回転できる仕様なので、片耳モニタリングもできます。

第20位 スカルキャンディ(Skullcandy)

スカルキャンディは、アメリカ合衆国ユタ州に本社を置くメーカーです。ヘッドホン・イヤホンをメインにさまざまな製品を展開。ファッション性の高いおしゃれな製品が多いのが特徴のメーカーです。

ヘッドホンに関しては、気軽に使えるワイヤレスヘッドホンをメインでラインナップ。響くような重低音を楽しめるのも魅力です。比較的リーズナブルに購入できるエントリーモデルから高性能なハイエンドモデルまで幅広く揃っているので、自分に合ったヘッドホンを見つけられます。

スカルキャンディ(Skullcandy) Cassette Junior

比較的リーズナブルに購入できる有線タイプのヘッドホン。音量上限85dBと大音量で耳に負担をかけにくい設計のため、子供でも安心して使用できるのが特徴です。

ケーブルをデバイスに接続するだけのシンプル設計のため、扱いやすいのも魅力のひとつ。マイクを搭載しているので、オンラインゲームやビデオ通話などもこなせます。

コンパクトに折りたためるため、持ち運びしやすい点もメリットです。

スカルキャンディ(Skullcandy) Crusher Evo

迫力ある重低音を再生できるワイヤレスヘッドホンです。耳元のスライダーを下げることで低音が軽減され、上げることで響くような重低音を楽しめるのが特徴。アプリと連携して聴力テストを行い、最適なサウンドでリスニングできます。

最長40時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているのも魅力。わずか10分の充電で4時間再生できる急速充電にも対応しています。

折りたたみに対応しているため、手軽に持ち運べる点もメリット。シンプルかつスタイリッシュなデザインなので、幅広いシーンで使いやすいのもポイントです。