豊かな低音に定評のあるボーズ。スピーカーやアンプ、イヤホンなどさまざまなオーディオ機器をリリースしており、創業から50年以上経った今も熱狂的なファンを獲得し続けています。

この記事では、ボーズ製品のなかでもおすすめのヘッドホンをご紹介。特徴やヘッドホンの選び方についても解説しているので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

ボーズ(Bose)とは?

By: amazon.co.jp

ボーズはアメリカのオーディオ機器メーカーです。マサチューセッツ工科大学のアマー・G・ボーズ教授が1964年に創業。音響機器の研究と開発を目的として創設しており、心理音響学の考え方まで取り入れています。

ヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどを中心としてさまざまな音響機器をリリースしているのもポイント。ブランドに対する信頼が高く、日本国内にも多くのファンがいます。

ボーズ(Bose)ヘッドホンの特徴

By: amazon.co.jp

ボーズのヘッドホンは深みのある豊かな低音が特徴。中音域や高音域とのバランスもよく、幅広いジャンルの音楽を楽しめます。低音重視の方や、音質重視の方におすすめです。

ボーズのヘッドホンはノイズキャンセリング機能も優秀。飛行機や電車など騒音の大きな環境でも快適に使用できます。また、ノイズキャンセリング中も高音質で聴けるのが魅力。便利な機能を備えたモデルをラインナップしています。

ボーズ(Bose)ヘッドホンの選び方

接続方法で選ぶ

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ワイヤレス接続のヘッドホンは、コードの絡まりや断線に悩まされないのが魅力です。ケーブルの長さも気にせず手軽に使用できます。

ただ、ワイヤレスタイプは遅延しやすい点に注意しましょう。遅延・劣化を防ぐためにはコーデックに注目です。Androidで多く採用されているaptXやiPhoneで採用しているAACなど、高音質なコーデック採用のモノを選びましょう。

また、連続再生時間や充電時間も重要なポイントです。短い充電時間で長く使用できるモノがおすすめ。クイック充電できるモノなら、外出前に電池切れに気が付いてもすぐ使用できます。

さらに、USB充電できるモノならモバイルバッテリーへの接続も可能。スマホなどでバッテリー残量の確認ができるモノならより便利です。

有線

By: amazon.co.jp

有線のヘッドホンは音が遅延・劣化しにくいのが魅力です。音質のよさを重視する方は有線タイプを選びましょう。ゲームや映画で使用する方にも遅延の少ない有線タイプがおすすめです。

また、有線タイプの場合は接続ケーブルにも注目。耐久性の高いケーブルを使用しているモノなら長期間大切に使用できます。加えて絡まりを防ぐケーブルを採用しているモノは持ち運びにも適しています。

ノイズキャンセリング機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能とは、騒音と逆位相の音波を発することで周囲の環境音をカットする機能です。飛行機や電車など騒音の多い環境でも音楽へ集中したいときに適しています。

ただ、屋外でノイズキャンセリングヘッドホンを使用する場合は安全性にも注目しましょう。ヘッドホンを取り外さずに周囲の音を取り込める機能などを搭載したモノがおすすめです。

ボーズ(Bose)ヘッドホンのおすすめモデル

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

最大20時間の連続再生が可能なワイヤレスタイプのヘッドホンです。クイックチャージ機能も搭載しており、充電が切れても約15分の充電で約2.5時間使用できます。充電しながらの使用もでき、1日中使用できるモデルです。

また、ノイズキャンセリング機能を搭載しているのも魅力。常に周囲の音を測定してカットするためさまざまなシーンで活躍します。さらに、ノイズキャンセリングレベルは3段階調節可能なので、街中など周囲の音を聞き取りたいときも便利です。

マイクも搭載しており、ハンズフリー通話にも便利。イコライザーは音量に合わせて最適化するため、どのような環境でもボーズらしい豊かな低音再生が可能です。

本体には耐久性の高いステンレススチールを採用しており、衝撃に強くアクティブなシーンにもおすすめ。イヤークッションには高級車でも使われる素材と同じ素材を使用しており、軽く自然な着け心地で長時間快適に使用できます。

ボーズ(Bose) QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphones — Apple devices

有線接続タイプのヘッドホンです。単四電池を内蔵しており、最大35時間ノイズキャンセリング機能を利用できます。騒音の大きな電車、飛行機内での使用や勉強に集中したいときにもおすすめです。

イヤーカップは折り畳みでき、付属のケースに収納できるため持ち運びも簡単。ケースには予備の単四電池用の収納スペースがあり、電池が切れても引き続き使用できます。

有線ケーブルにはインラインリモコンも搭載。マイクも搭載しており、電話応答や音量操作が可能です。本体を取り出しにくい移動中なども手軽に操作できます。

サウンドは、ボーズならではの深みのある低音に加え、クリアな中高音域が魅力。ボーズのヘッドホンのなかではやや華やかなサウンドです。ロックやクラシックなど、幅広いジャンルの音楽を高音質で再生できます。

大型のハウジングを採用しているため、耳への締め付けも軽減。耳を包み込むような自然な着け心地で長時間快適に使用できます。

ボーズ(Bose) SoundLink around-ear wireless headphones II

3時間の充電で約15時間の連続再生が可能なワイヤレスタイプのヘッドホンです。クイック充電にも対応しており、約15分で約2時間再生できます。有線接続にも対応しているため、充電が切れても問題ありません。

また、低反発素材のイヤークッションが耳を優しく包み込み、長時間快適に使用可能です。サウンドは、深みのある低音が特徴で、特にビートを感じ取りやすいためロックなどにおすすめです。ボーズ独自のTriPortテクノロジーにより、音量の大小に関わらずパワフルなサウンドを再生できます。

右のイヤーカップには、マルチファンクションボタンを搭載。移動中でもボリュームや曲のスキップなどが手軽にできます。

マイクを内蔵しているためハンズフリー通話にもおすすめ。風音をカットするHD Voiceを搭載しており、風の強い屋外でもクリアな音声を届けられます。音楽再生だけでなく通話にも適した製品です。

ボーズ(Bose) SoundTrue on-ear headphones

軽量、コンパクトなボーズのヘッドホン。オンイヤー型にすることで耳に当たる部分のヘッドホンユニットを小型化し、ケーブルを除く重さはわずか99gと軽量。折り畳み機構と専用ケースによる携帯性も良好です。

専用設計のイヤーパッドにより、圧迫感が少なく、使い心地も上々。コンパクトになるほど不利になりがちなサウンド面もTriPortテクノロジーを進化させたポート構造によって、より深みのある低音を再生できるようになっています。移動中など、屋外で音楽鑑賞することが多い方におすすめです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 15 Acoustic Noise Cancelling headphones

イヤーカップ内外の2つのマイクによって騒音を識別して、電気的な処理を行うノイズキャンセリング機能を搭載したモデル。

騒音低減効果が期待できるのはもちろん、「TriPortテクノロジー」による豊かな低音、独自のアクティブ・イコライジングによる自然で聴き取りやすい高音質も魅力。シルバーを基調にしたデザインもスタイリッシュです。

電源は単四乾電池を使用。コンパクトに折り畳めるのでポータビリティも良好なので、初めてボーズのヘッドホンを体験したい方におすすめです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 3 Acoustic Noise Cancelling headphones

150gと軽量で比較的コンパクトなのが特徴の有線タイプヘッドホンです。ボーズ独自のTriPortテクノロジーにより、小型ながらも幅広い音域を高音質で再生できます。

ノイズキャンセリング機能を搭載しているのも魅力。内蔵した小型集音マイクで外部の騒音をキャッチし、逆位相の信号を発生させることで常にクリアな音を再生します。ノイズの大きな街中で音のディテールを楽しみたい方にもおすすめ。ノイズキャンセリングは電池駆動式で、約20時間連続して利用できます。

本製品は、人間工学に基づいて設計されており、装着感も優秀です。イヤーパッドには超低反発ウレタンを採用しており、軽量で柔らかく長時間快適に使用できます。