ボーズは1964年にアメリカで設立されたオーディオブランドです。スピーカーやヘッドホンをはじめとするさまざまなオーディオ製品を取り扱っており、日本でも高い知名度を有しています。

そこで今回は、ボーズのおすすめのヘッドホンをご紹介。ボーズならではの特徴や選び方などについても解説しているので、併せてチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

BOSEのヘッドホンの特徴

By: amazon.co.jp

ボーズのヘッドホンは、低音の再生能力に優れているのが特徴。迫力のあるサウンドを楽しみたい方に適しています。また、ノイズキャンセリング機能と音声アシスタント機能が充実しているのもポイント。周囲の環境音を抑えるノイズキャンセリングにより、快適に音楽を楽しめるのが魅力です。

なかには、音声アシスタント機能が搭載されており、音声入力による操作が可能なモノも展開。内蔵されたGoogleアシスタントやAmazon Alexaを使用することで、効率よくスケジューリングができる点がメリットです。ボイスピックアップに優れているため、周囲の会話や雑音にとらわれず的確に音声を拾います。

ボーズのヘッドホンはバッテリー持続時間が長いことでも定評があります。多機能で快適な設計がされているヘッドホンを求める方におすすめです。

BOSEのヘッドホンの選び方

有線かワイヤレスか

By: amazon.co.jp

ボーズは現在、ワイヤレスモデルのヘッドホンをメインに取り扱っています。ワイヤレスヘッドホンは充電が必要なものの、ケーブルの取り回しを気にすることなく使用できるのがメリットです。通勤や通学などの移動中の使用にも適しています。

一方、有線接続は、バッテリー残量を気にすることなく使用できるのがメリットです。ワイヤレス接続と比べて遅延や音質の劣化が少ないのも魅力。映像の視聴やゲームプレイ時に使用する際は、有線接続がおすすめです。

ボーズのヘッドホンの多くは、ワイヤレス接続と有線接続の両方に対応しています。シーンや用途に合わせて使い分けが可能です。

装着方法で選ぶ

オーバーイヤー

By: amazon.co.jp

オーバーイヤー型のヘッドホンはアラウンドイヤー型などとも呼ばれ、耳全体を覆うようにして装着するのが特徴です。耳を押さえつけないので、圧迫感が少なく、耳への負担も抑えられます。

また、耳が完全に覆われるため、音に包み込まれるような自然でダイナミックなサウンドを楽しむことが可能。じっくりと音楽に没頭したい方などにおすすめです。そのほか、小さめのピアスなどのアクセサリー類を身に着けたままでも装着しやすいというメリットもあります。

オンイヤー

オンイヤー型は、耳の上に乗せるようにして装着するタイプのヘッドホンのこと。オーバーイヤー型よりも軽量かつコンパクトなモデルが多いのが特徴です。

携帯性に優れているのがメリット。収納ケースが付属したり、折りたたんだりできるモノも多く、より気軽に持ち運べます。散歩や通勤・通学などの移動中の使用にもぴったりです。

ただし、軽量ではあるものの、耳を押さえつけるようにして装着するので、長時間使用していると耳が痛くなってしまう場合があります。また、ボーズではラインナップが少ない点にも留意しておきましょう。

ノイズキャンセリング機能をチェック

By: bose.co.jp

集音した騒音と逆位相の信号を発生させて、聴こえてくる騒音を軽減できる「アクティブノイズキャンセリング機能」。ボーズのヘッドホンには、独自のアクティブノイズキャンセリングテクノロジーが搭載されており、その性能の高さにも定評があります。

同機能を活用すれば、電車や飛行機などでも、周囲の騒音を気にすることなく音楽に没頭可能。また、ボーズのヘッドホンに搭載されているノイズキャンセリング機能は、周囲の騒音に合わせてレベル調節できるモノもあります。

例えば、ヘッドホンを装着したまま人と会話したいときや電車のアナウンスを聞きたいときは、ノイズキャンセリング効果を弱くして周囲の音を取り込むことが可能。便利な機能なので、チェックしておきましょう。

その他の機能や性能にも注目

マイクの有無

By: amazon.co.jp

ボーズのヘッドホンにはイヤーカップ部分にマイクが搭載されているモデルがあります。内蔵マイクがあるモデルは、使用者の音声と周囲の環境音を認識し分けられるので、高性能なノイズキャンセリングと高音質な話し声の伝送が可能です。

使用者の話し声を的確に拾うため、ヘッドホンをしながらの通話やビデオ会議をする際に活躍します。仕事で使いたい方は、内蔵マイクが搭載されているモデルか確認することがポイントです。

マルチペアリング

By: bose.co.jp

マルチペアリングは、Bluetooth接続できる1つの子機を複数の親機とペアリングできる機能のこと。使用したい複数のデバイスと事前にペアリング登録することで、Bluetooth接続をスムーズにおこなえるメリットがあります。ボーズの多くのワイヤレスヘッドホンに搭載されている機能です。

一方で、一度に接続できる親機は1つのみであるため、同時に複数デバイスに接続して使用することができません。ヘッドホンなど、デバイスの接続先を頻繁に使い分ける場合は、マルチポイント機能が搭載されているヘッドホンがおすすめです。

マルチポイント

By: amazon.co.jp

マルチポイントは、1つの子機を複数のデバイスに同時接続できる機能のこと。マルチペアリングと異なり、Bluetooth接続がオンになっているデバイスに自動的に接続されます。ボーズではハイエンドなヘッドホンに搭載されており、プライベートのみならず、仕事で使用できる点が便利です。

ノイズキャンセリング機能と併せることで、高音質な音楽体験と快適な通話の切り替えができます。1つのヘッドホンでPCやスマホなどに同時接続したい方におすすめの機能です。

BOSEヘッドホンのおすすめモデル

ボーズ(Bose) QuietComfort headphones

ボーズ(Bose) QuietComfort headphones

快適な着け心地と安定したフィット感を得られるヘッドホンです。密閉型のハウジングには柔らかいイヤーカップクッションを採用しており、耳を優しく包み込みます。音楽視聴だけでなく、映画鑑賞や通話などの用途でも活用できます。

周囲の雑音を低減する「フルノイズキャンセリング機能」を搭載。「クワイエットモード」では音楽以外のノイズをブロックするため、音楽に没頭できます。「アウェアモード」は、周囲の環境音などの外音取り込みを行いながら音楽視聴が可能です。ヘッドホンを外さずに周囲の音を聞いたり会話したりできます。

バッテリーの持続時間は、最大約24時間。あらかじめ充電しておけば、電源を確保しにくいアウトドアシーンでもアクティブに活用できます。15分間の急速充電で、最大約2.5時間の再生が可能です。サウンド性能だけでなく、バッテリー性能にも優れています。

ボーズ(Bose) QuietComfort Ultra headphones

ボーズ(Bose) QuietComfort Ultra headphones

臨場感のあるサウンド空間を生み出す「Bose Immersive Audio」を採用したヘッドホンです。目の前でサウンドが鳴り響いているようなオーディオ体験を楽しめます。フルノイズキャンセリング機能と「Bose Immersive Audio」を組み合わせることで、よりリアルなサウンドを届けられるのが魅力です。

耳の形状に合わせてサウンドパフォーマンスを調節できる「CustomTuneテクノロジー」を内蔵しています。簡単な3ステップだけでセッティングは完了。クオリティの高いサウンドを響かせられるのがポイントです。

専用の「Bose Music」アプリをインストールすると、スマートフォンとヘッドホンの連携が可能。カスタムモードやアジャスタブルEQなどの各種設定をおこなえます。サウンド性能だけでなく、使いやすさにこだわっているのも特徴です。

ボーズ(Bose) Noise Cancelling Headphones 700

ボーズ(Bose) Noise Cancelling Headphones 700

コンパクトサイズながら迫力のあるサウンドを届ける人気のヘッドホンです。独自のテクノロジーを採用しており、どのような音量でも一貫したサウンドを再現します。音楽だけでなく、通話の音質も優れているのが特徴です。

右のイヤーカップにはタッチセンサーを搭載。スマートフォンを取り出さずに、音量調節や通話、楽曲選択などの操作をおこなえます。内蔵ボタンを使用することで、電源やノイズキャンセリングのプリセット、音声アシスタントにアクセス可能です。

「Spotify Tap」を配置。右イヤーカップを長押しすると、前回聞いていたSpotifyのコンテンツを再生できます。「Bose Music」アプリからショートカットに設定するだけで使用可能です。

ボーズ(Bose) QuietComfort 45 headphones

ボーズ(Bose) QuietComfort 45 headphones
ノイズキャンセリングで集中して作業できる

クリアな音質と快適な装着感を実現したボーズのヘッドホンです。優れたノイズキャンセリングを採用しているのがポイント。環境音を最大限抑える「QUIETモード」は、集中して作業するときや音楽に没頭したいときに活躍します。

また、音楽を聴きつつ、周囲の音も取り入れたいときは「AWAREモード」がおすすめです。移動中や対面の会話など、周囲の状況を把握したいときに便利。イコライザーの調節が可能なため、低音から高音まで聞き取りやすい音にできるのもメリットです。

長時間のヘッドホン着用を快適にするため、ヘッドバンド部分にシンセティックレザーを採用。上質なイヤーカップクッションと併せることで、クランプ圧を抑制します。

さらに、Bluetooth 5.1に対応しており、2台同時のペアリングができるのもポイント。9m以内で安定した接続ができるほか、デバイスの切り替え操作が簡単なのも魅力です。

ボーズ(Bose) Noise Cancelling Headphones 700 UC

ボーズ(Bose) Noise Cancelling Headphones 700 UC
調節できるノイズキャンセリング機能を搭載

連携機能が充実している、仕事で使いやすいボーズのヘッドホンです。合計11段階の調節ができる可変ノイズキャンセリング機能を搭載しており、状況に応じた多様なサウンドコントロールが可能。オフィス以外でも仕事ができる環境が作れるのがポイントです。

会議で使用されるアプリとの連携ができるのも魅力。Microsoft Teamsをはじめ、Google MeetやZoomでヘッドホンを使用できます。内蔵された4種類のマイクが、ヘッドホンを着用した人の音声を認識し、周囲の雑音をカットするので、スムーズなビデオ会議や通話が可能です。

付属の「Bose USB Link Bluetoothモジュール」を接続することで、PCと素早くペアリングができるのもメリット。効率的に仕事ができるヘッドホンを探している方におすすめです。