お気に入りのサウンドを高音質で楽しみたい方にとって必須アイテムである「ヘッドホン」。再生できる音域が広がるため、普段聞いている曲の印象を向上できるのが特徴です。

しかし、さまざまな製品がリリースされているため、どれが最適なアイテムなのかは判断が難しいところ。そこで今回は、ヘッドホンのおすすめモデルをご紹介します。関連する基礎知識も解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ヘッドホンは密閉型と開放型の2種類が主流

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

発音部を囲むイヤーカップ部分(ハウジング)が外部と遮断されているタイプを「密閉型ヘッドホン」と言います。昔からある最もスタンダードな形状のヘッドホンです。

外部の音を遮断するため、細かい音も聴き取りやすく音楽に没入できるのがメリット。低音を逃がしにくい構造なので、低音の効いた曲を楽しみたい方に適しています。周囲への音漏れが少なく、公共の場所でも使いやすいのが魅力です。

小さな音も聴き逃したくないという方や曲を集中して聴きたい方、迫力のある重低音サウンドを楽しみたい方は密閉型ヘッドホンがおすすめ。ただし、密閉されることで外部の音が聴こえにくいので、屋外で使うときは注意しましょう。

密閉型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

開放型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは、ハウジングに穴が空いているタイプで、オープンエアー型と呼ばれることもあります。ハウジング内で反響することによるこもりが少ないため、自然に近い状態のサウンドを楽しめるのが特徴です。

軽量モデルが多いので、大型のモノでも気軽に装着できます。長時間着けていても疲れにくいため、家でゆったりと音楽を聴きたい方におすすめ。一方、音漏れしやすく、低音が外に逃げてしまいやすいため、屋外で使用する場合は注意が必要です。

開放型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

装着タイプもいくつか種類がある

オーバーイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

ヘッドホンは、装着タイプによってオーバーイヤー型とオンイヤー型に分けられます。イヤーパッドが耳全体を覆うオーバーイヤー型(アラウンドイヤー型)は、本体が大きい分音質に大きく関わるパーツを大型化できるため、高音質なモデルが多くラインナップされているのが特徴です。

ミュージシャンなど音楽に関わる職業の現場では、オーバーイヤー型のヘッドホンを用いていることがほとんど。音にこだわりたい方であれば、オーバーイヤー型がおすすめです。

オーバーイヤー型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

オンイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

イヤーパッドを耳に乗せるタイプのオンイヤー型は、軽量かつコンパクトなモデルを豊富に揃えているのがメリットです。折りたためるモノも多く、ポータブル使用に向いています。

一方、オーバーイヤー型と比べて低音の再生能力に劣るのがデメリット。屋外で使用する手軽なヘッドホンを探している方におすすめです。

オンイヤー型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ヘッドホンが高音質かどうか見極めるポイント

「ハイレゾ対応」がひとつの目安

By: amazon.co.jp

ヘッドホンのスペックは、再生できる範囲の広さを示す「再生周波数帯域」、大きな音をどこまで出せるかを示す「音圧感度」、電気抵抗値を示す「インピーダンス」が重要です。このうち、高音質を見分けるのに繋がるのは「再生周波数帯域」。

ほとんどのヘッドホンは、人が聴き取れる周波数と言われている20Hz〜20kHzをカバーしていますが、最近は従来のCDを超える音域が再生できる「ハイレゾ音源」も登場。高音質のヘッドホンを探している方は、再生周波数帯域が40kHz以上のハイレゾに対応したモデルを選びましょう。

ヘッドホンの選び方

接続方法と機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンといえば有線タイプが主流でしたが、最近はBluetoothで接続できるモノも増えています。屋内使用がメインであれば、バッテリー切れの心配がなく音質も安定している有線タイプが最適。屋外で使う機会が多い場合や、ケーブルが煩わしいと感じる方にはBluetoothタイプがおすすめです。

また、ヘッドホンに搭載されている機能に関しても多様化しているのが特徴。屋外で使うときは周りの騒音が気になるという方も多いと思いますが、ノイズキャンセリング採用のヘッドホンを選べばクリアな音質で楽しめます。より音質を重視したい方は、立体感のあるサウンドが楽しめるバランス接続に対応しているモノがおすすめです。

音質傾向で選ぶ

モニター型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

ヘッドホンの音質はメーカーおよび機種ごとに大きく異なります。高ければよいというモノではなく、音の傾向と個性から自分好みの音を明確にして選ぶのが大切です。

モニター型は、主に音楽制作を目的としたシーンに適しており、生音に近いリアルな再現性をもつのが特徴。幅広い音域を再生するのに適しています。

リスニング向けヘッドホン

By: amazon.co.jp

リスニング向けのヘッドホンは、バリエーションが多いため自分好みの1台を見つけられるのが魅力です。ベース音を強調している「重低音ヘッドホン」と呼ばれるモノや、高音・低音ともに強調されたドンシャリ傾向のあるヘッドホンが多いとされています。

さらに、各メーカーがもつ音質の傾向を把握して選ぶのも大切。特に歴史の長い老舗メーカーは音の個性が強く、自分の好みに合うモデルを見つける楽しさがあります。

ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは常に先進的な技術の開発と新しいオーディオの楽しみ方を提示してきた世界的なメーカー。ウォークマンの発売により、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させました。

ヘッドホンにおいてはプロ用・一般用の両方において国内トップクラス。特にプロ用の「MDR-CD900ST」は、発売から25年以上経つ現在でも業務用のヘッドホンとして圧倒的な影響力をもちます。

一般用のヘッドホンに関しては、ハイレゾ音源が聴ける広帯域に対応していたり、Bluetoothで伝送する際の高音質コーデックLDACに対応していたりと優れたスペックを備えているのが魅力。

騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能も採用しています。また、音質がクリアで音の隅々までしっかり聴き取れるのがポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつ。幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えているのが特徴です。国内メーカーとしては珍しく開放型を多く展開しているのがポイント。やや高音を強めた爽やかなサウンドが特徴です。

一方、業務用のヘッドホンはフラットな傾向にあるので原音を忠実に聴きたい方にもおすすめ。幅広いジャンルの音楽をフラットに鳴らしてくれるメーカーです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンを1967年に開発したドイツの老舗音響機器メーカー。業務用を中心に世界的な人気を集めています。精密でありながら滑らかなサウンドを鳴らすことができ、空間表現力の高さも特徴。クラシックを中心としたアコースティックな音楽との相性が良好です。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

世界で初めてノイズキャンセリングを開発した技術志向のメーカー。独自の音楽理論と多数の特許技術を持っており、全体的に華やかで聴きごたえのある心地よいサウンド作りをしているのが特徴です。

声の帯域である中音域をクリアに聴かせてくれるので、ボーカルが入っている音楽を楽しみたいときにおすすめ。ノイズキャンセリング性能も優れています。

ビーツ(Beats)

By: amazon.co.jp

著名ミュージシャンのドクター・ドレーと、U2などのプロデューサーであるジミー・アイオヴィンが2006年に設立したアメリカのブランド。スタイリッシュかつクールなデザインと、おしゃれなカラーリングが特徴です。2014年にはApple社の傘下になりました。低音中心の音楽を聴きたい方に適しています。

ヘッドホンのメーカーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ヘッドホンのおすすめモデル|ワイヤレスタイプ

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3

ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンです。ソニー独自の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載。優秀なノイズ低減技術で、自動車の走行音や周囲の会話もカットします。

また、街中で使用する際に便利な外音取り込み機能を搭載。ヘッドホンを外さなくても、ハウジング部へ手のひらを当てるだけで音量を絞れます。電車のアナウンスを聞きたい時や会話したい時も便利です。

また、音作りにこだわりのある方にもおすすめ。標準設定なら低音から高音までバランスよく聴けますが、専用アプリを使えばサウンドエフェクトも付けられます。イコライザ設定もでき、曲に合わせて自由に音づくりできる製品です。

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

本製品は、バランスのよいサウンドが特徴のヘッドホンです。中低域に少し厚みがあり、高音域もクリア。NFCにも対応しており、ワンタッチでペアリングできます。

さらに3段階のノイズキャンセリング機能も搭載。騒々しい街中で集中したい時も便利です。「Bose Connect」を使えば、イコライザの設定もでき、さまざまな環境で活躍します。

バッテリーもちもよく、最大20時間の連続再生が可能。本体には柔らかく耐久性に優れた素材を使用しているため、アクティブな環境でも長時間快適に使用できます。15分の急速充電で2.5時間の使用も可能。付属のケーブルを使用すれば、有線でも使用できるため、バッテリーが切れても安心です。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット h.ear on 2 Mini Wireless WH-H800

ファッションアイテムとしてもおすすめのデザイン性が高いヘッドホンです。馴染みやすいミディアムトーンのカラーを採用。コンパクトで軽いため持ち歩きやすく、スタイリッシュに楽しめます。

NFCワンタッチペアリング対応で接続も簡単。ワイヤレスでも高品質なLDACやDSEE HXコーデックを採用しているため、高音質で音楽を楽しめます。専用アプリを使用すれば、VPTサラウンドやイコライザのカスタマイズも可能。音作りにこだわりのある方にもおすすめです。

また、イヤーパッドは人間工学に基づいて設計されているため、柔らかなウレタンフォームが頭部にフィットし長時間快適に使用できます。

ビーツ(Beats) Beats Solo3 Wireless

本製品は、密閉型のワイヤレスヘッドホンです。ノイズキャンセリングは付いていませんが、フィット感に優れているため適度に外音を切り離せます。低音・高音がバランスよく安定しており、やや低音を強調したサウンドが特徴。ダンスミュージックなど重低音にフォーカスした曲を聴くのにおすすめです。

バッテリーもちがよく、最大40時間の連続再生が可能。急速充電にも対応しており、5分の充電で3時間再生できます。イヤーカップには柔らかなクッションを採用しているため、長時間の使用も快適です。3.5mmジャック採用のケーブルも付属し、バッテリー切れを気にせず使えます。

折りたたんでコンパクトに収納できるため持ち運びにも便利。付属のキャリングケースを使用すれば本体を傷つけずに持ち運べます。光沢のあるハウジングは耐久性が高く、アクティブな環境での使用にもおすすめ。カラーバリエーションも豊富で、ファッションアイテムとしても活躍します。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-M50xBT

大口径の45mmCCAWボイスコイルドライバーを採用しているヘッドホン。15~28,000Hzの広い音域を鮮明に再生できるため、ロックやポップスなどにおすすめです。

また、高音質なaptXやAACコーデックに対応しているため、遅延が少なく、ワイヤレスでも快適に音楽を楽しめます。さらにハウジング部にタッチコントロール機能を搭載。長めにタッチすると音声認識機能を使用でき、手が離せない時も便利です。

バッテリーは7時間の充電で最大40時間の使用可能。クリアな音質で機能性の高いワイヤレスヘッドホンを探している方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM Wireless 506250

「ノイズガード」と呼ばれるノイズキャンセリング機能を搭載しているヘッドホンです。特に中低域のノイズ低減に優れており、周囲の環境音を抑えて音楽に集中できます。

また、豊かな低音の響きに加えて中高音も厚みがあり、バランスよくクリアなサウンドです。音場が広いためライブ音源も楽しめます。

専用のキャリングケースも付属しているほか、ハウジング部を折りたためるためコンパクトに収納できるのが魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン SOLID BASS ATH-WS660BT

重低音再生に特化したSOLID BASSシリーズのヘッドホンです。53mmの大型ドライバーを搭載しており、どっしりとした低音が楽しめます。8~29000Hzの再生周波数帯域に対応しており、中高音もクリア。aptXコーデックを搭載しているため、ワイヤレスでも高音質です。

バッテリーもちがよく、5時間の充電で40時間の連続再生が可能。付属のケーブルを使用すれば有線接続できるため、バッテリーが切れても安心です。また、ハウジング部にコントローラーがあるため、本体が近くにない場合も音楽の再生や通話応答などができます。220gと軽量で折りたたみできるため、持ち運びにも便利です。

パイオニア(Pioneer) SCENE STYLE SE-MS7BT

リーズナブルな価格が魅力のワイヤレスヘッドホンです。40mmの大型ドライバーを採用しており、ハイレゾ再生にも対応。aptXやAACコーデックに対応しており高音質で楽しめます。

4時間の充電で12時間連続して使用可能。ケーブルが付属するためバッテリーが切れても継続して使用できます。ハウジング部には操作ボタンとマイクを搭載しており、ハンズフリー通話にも便利です。

ハウジング部にアルミ素材を採用したレトロモダンなデザインで、ファッションアイテムとしても優秀。幅が広く分厚いヘッドバンドクッションで装着感も安定しており外出用としてもおすすめです。

ヘッドホンのおすすめモデル|有線タイプ

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

大口径70mmの振動板を採用した、広い音場と豊かな重低音が特徴のヘッドホンです。中低音域がクリアでハイレゾに対応しており、ライブの空気感まではっきりと感じ取れます。

イヤーパッドは頭の凹凸にフィットする立体縫製を採用。遮音性が高く、迫力のある低音再生をサポートします。また、ヘッドバンド部分の分厚い低反発ウレタンフォームもポイント。圧力を分散させて使用できるため、長時間快適に使用できます。

ソニー(SONY) MDR-CD900ST

スタジオモニターヘッドホンとして高い評価を受けている製品です。1989年に業務用として開発されましたが、多くの支持を受けて1995年から一般向けにも販売。数多くのレコーディングで使用されています。

原音に忠実なピュアなサウンドが特徴。プロの耳も納得させられるほど歪みが少なく、高い解像度で音の輪郭を感じ取れます。再生周波数帯域は5~30,000Hzと広く、それぞれの音をフラットに聴きとれる製品です。

耐久性が高く200gと軽量のため長時間の使用も快適。ただし、持ち運びは想定されていないため、家でじっくり楽しみたい方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ヘッドホン HD 660 S

ノイズを低減し、タイトな低音と柔らかく響く中高音が楽しめるヘッドホンです。手作業で組立てているため、±1の低許容差を維持。原音に近いピュアなサウンドが楽しめます。

ケーブルには伝導性の高いOFC銅線を採用しており、微細な電気信号も伝達できほか、ハンドリングノイズが抑えられており、コードに触れても安心です。

また、耐久性に優れたイヤーカップが耳を包み込むため、長時間のリスニングも快適。イヤークッションの交換ができるため、長く愛用したい方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ヘッドホン HD 800 S

56mmの大型トランスデュ―サーを採用しているヘッドホンです。適度な質量感のある音が魅力。アブソーバーテクノロジーで共鳴を吸収するため、どの音域も輪郭がはっきりと感じ取れます。

ケーブルは左右対称のOFCケーブルを採用。両端のコネクターにはテフロン絶縁を施し、ジャック部分にも伝達抵抗の低いモノを採用しています。また、ケーブルを高品位のケブラーでカバー。接続時の干渉が抑えられているだけでなく、ハンドリングノイズも気にせず使用できるモデルです。

イヤーパッドには、肌触りが滑らかな日本製のアルカンタラ材を採用。ヘッドバンドのマウント部を少し後ろへずらしているため、つむじに当たりにくく頭部への負担が軽減されているのもポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン

45mmの「トゥルー・モーション」ハイレゾドライバーを採用しているヘッドホンです。不要な共振を抑える強靭アルミニウムハウジングを採用しており、それぞれの音がはっきりとしているのが魅力。

237gと軽量で側圧も比較的緩いため長時間快適に使用できます。また専用のポーチが付属しているため、持ち運びにも優れたヘッドホンです。

アーカーゲー(AKG) リファレンスシリーズヘッドホン K702

それぞれの音を丁寧に再生できるオープンエアー型のヘッドホンです。特に中高音域の再生に優れており、伸びやかでクリアな音が楽しめます。ただ、残響音も再生されるのが難点。音場が広くライブ感の強いヘッドホンを探している方におすすめです。

また、本製品には不要な振動を抑えて再生できる「Two-layerダイアフラム」構造や「フラットワイヤー・ボイスコイル」などの独自技術が採用されているのもポイント。さらに装着するだけでヘッドバンドの長さを調整できるセルフアジャスト機能も搭載しています。室内でじっくり音楽に浸りたい時におすすめです。

パイオニア(Pioneer) SCENE STYLE SE-MS5T

リーズナブルな価格が魅力のハイレゾ対応ヘッドホンです。大口径の40mmドライバーを搭載しており低域から中高音域までスムーズに再生します。

また、耳をすっぽりと覆う大きめサイズのイヤーパッドを採用。低反発ウレタンクッションとレザータイプ素材を使用しているため密閉性が高く、装着感も安定しています。ヘッドバンドにも厚みがあるため、長時間快適に使用できる製品です。

ケーブルは片出し式で扱いやすく、絡みにくいセレーションコードを採用。断線しにくく、持ち運びにもおすすめです。安いためヘッドホン入門機としてもおすすめ。デザイン性が高くカラーバリエーションも豊富でファッションアイテムとしても優秀です。