お気に入りのサウンドを高音質で楽しみたい方にとって必須アイテムである「ヘッドホン」。従来の有線タイプはもちろん、最近はワイヤレスタイプも増えており、音質も向上しています。

しかし、さまざまな製品がラインナップされているため、各モデルがどのようなユーザーに最適なのかは判断が難しいところ。そこで今回は、ヘッドホンのおすすめモデルをご紹介します。あわせて選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ヘッドホンの種類

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

発音部を囲むイヤーカップ部分(ハウジング)が外部と遮断されているタイプを「密閉型ヘッドホン」といいます。

昔からあるスタンダードな形状のヘッドホンで、外部の音を遮断するため、細かい音も聴き取りやすく音楽に没入できるのがメリット。低音を逃がしにくい構造なので、低音の効いた曲を楽しみたい方に適しています。

周囲への音漏れが少なく、公共の場所でも使いやすいのが魅力。小さな音も聴き逃したくないという方や曲を集中して聴きたい方、迫力のある重低音サウンドを楽しみたい方は密閉型ヘッドホンがおすすめです。ただし、密閉されることで外部の音が聴こえにくいため、その点は注意しておきましょう。

開放型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

「開放型ヘッドホン」は、ハウジングに穴が空いているタイプで、オープンエアー型と呼ばれることもあります。ハウジング内で反響することによるこもりが少ないため、自然に近い状態のサウンドを楽しめるのが特徴です。

軽量モデルが多いので、大型のモノでも比較的気軽に装着することが可能。長時間着けていても疲れにくいため、家でゆったりと音楽を聴きたい方におすすめです。一方、低音が外に逃げやすく、音漏れしやすいのが懸念点。屋外で使用する場合は注意が必要です。

ヘッドホンの選び方

装着方法で選ぶ

オーバーイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

イヤーパッドが耳全体を覆うオーバーイヤー型(アラウンドイヤー型)は、本体が大きい分音質に大きく関わるパーツを大型化できるため、高音質なモデルが多くラインナップされているのが特徴です。

ミュージシャンなど音楽に関わる職業の現場では、オーバーイヤー型のヘッドホンが多用されています。音にこだわりたい方であれば、オーバーイヤー型がおすすめです。

オンイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

イヤーパッドを耳に乗せるタイプのオンイヤー型は、軽量かつコンパクトなモデルを豊富に揃えているのがメリットです。折りたためるモノも多く、ポータブル使用に向いています。

一方、オーバーイヤー型と比べて低音の再生能力に劣るのがデメリット。手軽に装着できるヘッドホンを探している方におすすめです。

接続方法と機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンといえばかつては有線タイプが主流でしたが、最近はBluetoothで接続できるヘッドホンも増えています。屋内使用がメインであれば、バッテリー切れの心配がなく、音質も安定している有線タイプが最適。屋外で使う機会が多い場合や、ケーブルが煩わしいと感じる方にはBluetoothタイプがおすすめです。

また、ヘッドホンに搭載されている機能も多様化しているのが特徴。屋外で使うときは周りの騒音が気になるという方は、ノイズキャンセリング対応のヘッドホンを選べばストレスなく楽しめます。また、より音質を重視したい方は、立体感のあるサウンドが楽しめるバランス接続に対応しているヘッドホンがおすすめです。

音質傾向で選ぶ

モニター型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

ヘッドホンの音質はメーカーおよび機種ごとに大きく異なります。価格が高ければよいというものではなく、ヘッドホンが得意とする音の傾向と自分好みの音が一致していることが重要です。

モニター型は、主に音楽制作を目的としたシーンに適しており、全体の音がバランスよく聞こえるのが特徴。ミックスやマスタリングなど全体の音量バランスを整えたいときなどに重宝します。

リスニング向けヘッドホン

By: amazon.co.jp

リスニング向けのヘッドホンは、ベース音を強調している重低音ヘッドホンや、低音・高音ともに強調されたドンシャリ傾向のあるヘッドホンなどがあり、バリエーションが多いのが特徴です。

製品ラインナップが豊富に揃っているため、各メーカーの音質の傾向を把握して選ぶのが重要なポイント。特に老舗メーカーのヘッドホンはこれまで培ってきた技術とノウハウが活かされており、自分の好みに合うモデルを見つけやすい傾向にあります。

音質を追求するなら「ハイレゾ」対応モデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンのスペックは、再生できる範囲の広さを示す「再生周波数帯域」、大きな音をどこまで出せるかを示す「音圧感度」、電気抵抗値を示す「インピーダンス」が重要です。

このうち、高音質を見分けるのに繋がるのは「再生周波数帯域」。ほとんどのヘッドホンは、人が聴き取れる周波数といわれている20Hz〜20kHzをカバーしていますが、最近は従来のCDを超える音域が再生できる「ハイレゾ音源」も注目されています。高音質のヘッドホンを探している方は、再生周波数帯域が40kHz以上のハイレゾ音源に対応したモデルを選びましょう。

ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは常に先進的な技術の開発と新しいオーディオの楽しみ方を提示してきた世界的なメーカー。ウォークマンの発売により、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させました。

ヘッドホンにおいてはプロ用・一般用の両方において国内トップクラス。特にプロ用の「MDR-CD900ST」は、発売から30年以上経つ現在でも業務用のヘッドホンとして圧倒的な影響力を持ちます。

一般用のヘッドホンは、ハイレゾ音源が聴ける広帯域に対応していたり、Bluetoothで伝送する際の高音質コーデックLDACに対応していたりと、優れたスペックを備えているのが魅力です。

製品によっては騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能も搭載。音質がクリアで音の隅々までしっかり聴き取れるのがポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつ。幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えているのが特徴です。

国内メーカーとしては珍しく開放型を多く展開しているのがポイント。やや高音を強めた爽やかなサウンドが特徴です。なかでも、業務用のヘッドホンはフラットな傾向にあります。原音を忠実に聴きたい方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンを1967年に開発したドイツの老舗音響機器メーカー。業務用を中心に世界的な人気を集めています。精密ながら滑らかなサウンドを鳴らすことができ、空間表現力の高さも特徴。クラシックを中心としたアコースティックな音楽との相性が良好です。

ボーズ(Bose)

世界で初めてノイズキャンセリング機能を開発したアメリカのオーディオ機器メーカー。独自の音楽理論と多数の特許技術を持っており、全体的に華やかで聴き応えのある心地よいサウンド作りをしているのが特徴です。

重低音のほか、声の帯域である中音域をクリアに聴かせてくれるモデルをラインナップしているのもポイント。高性能な製品を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ビーツ(Beats)

By: amazon.co.jp

スタイリッシュかつクールなデザインとおしゃれなカラーリングが特徴のビーツ。音質も良好で、特に重低音重視の方は要チェックのブランドです。

音楽業界だけでなく、アスリートやモデルなど多くのセレブに愛用されているのもポイント。2014年からはAppleの傘下となり、同メーカー製品との互換性も考慮したい方はチェックしておきましょう。

ヘッドホンのおすすめモデル|ワイヤレスタイプ

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WH-CH510

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WH-CH510

重さ約132gの軽量コンパクトなワイヤレスタイプのヘッドホンです。スイーベル機能でフラットに収納できるため、持ち運び簡単。最大35時間の連続再生で、外出先でも長時間の使用が可能です。

30mmドライバーの搭載で高精細な音質を実現。ワイヤレスで高音質を楽しめるAACコーデックに対応しており、リーズナブルな高音質モデルを探している方におすすめです。耳元のボタンでスマホを操作できるほか、ハンズフリー通話もできるなど使い勝手にも優れています。

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドホン WH-H810

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドホン WH-H810

折りたたみ式で持ち運びに便利なワイヤレスタイプのヘッドホン。10分の充電で3.5時間再生できる「クイック充電」に対応しており、最大連続再生30時間で移動時もバッテリーの残量を気にせずに音楽を楽しめます。

ハイレゾ音源をBluetooth経由で伝送するソニーが開発した音声圧縮技術「LDAC」に対応。ワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめます。イヤーパッド部には低反発ウレタンを採用。快適な装着感を実現しており、長時間快適に音楽を楽しめるモデルを購入したい方におすすめです。

JVCケンウッド ワイヤレスヘッドホン XXシリーズ HA-XP50BT

JVCケンウッド ワイヤレスヘッドホン XXシリーズ HA-XP50BT

大容量バッテリーを搭載したワイヤレスタイプのヘッドホン。約40時間の連続再生を可能にしているほか、10分間の充電で約3時間再生できるなど、充電の手間を省けるモデルを探している方におすすめです。

口径40mmドライバーユニットと独自のエクストリームディープバスポートの採用により、パワフルな重低音サウンドを実現。イヤーカップ部にボリューム調節できるリモコンとマイクを搭載しており、ハンズフリー通話もできる便利なモデルです。

ジェイビーエル(JBL) ワイヤレスオンイヤーヘッドホン UA Sport Wireless Train

ジェイビーエル(JBL) ワイヤレスオンイヤーヘッドホン UA Sport Wireless Train

アスリートの意見を開発に反映させたワイヤレスタイプのヘッドホンです。イヤーパッドには取り外し可能なウォッシャブルイヤーパッドを採用。トレーニング後には取り外して丸洗いできるため、常に清潔な状態で使用できます。

各種操作ボタンは操作しやすさを重視して大きめに設計。ワンタッチで簡単に操作でき、耐久性にも優れています。IPX4の防水機能で大量の汗をかいても故障の心配をせずに使用できるなど、トレーニングでの使用に最適なモデルを求めている方におすすめです。

スカルキャンディ(Skullcandy) ワイヤレスヘッドホン Crusher Wireless

スカルキャンディ(Skullcandy) ワイヤレスヘッドホン Crusher Wireless

重低音に反応して振動するヘッドホン「Crusher」のワイヤレスタイプ。超低音域の重低音サウンドで臨場感のある再生を実現しており、映画やゲーム、VRなどをより楽しみたい方におすすめのモデルです。振動の強さは無段階で調節でき、イヤーカップに搭載されたスライド式コントロールレバーで簡単に操作できます。

振動するサブウーファーやワイヤレス機能を搭載しながら、最大40時間の再生を可能にしているのもポイント。外出先でもスマホやタブレットで迫力のある重低音サウンドを楽しめます。

ビーツ(Beats) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Beats Studio3 Wireless

ビーツ(Beats) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Beats Studio3 Wireless

外部のノイズを低減させる「ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能」を搭載した、ワイヤレスタイプのヘッドホン。電車移動中の騒音や人混みなど、ノイズが気になる場所で快適にリスニングを楽しみたい方におすすめのモデルです。

多機能なオンイヤーコントロール機能によって、通話や再生のほかSiriの起動も可能。高い通気性と人間工学に基づいた独自の回転機能の採用で、さまざまな頭の形状にフィットしやすいのもおすすめポイントです。

ボーズ(Bose) ノイズキャンセリングヘッドホン NC HDPHS 700

ボーズ(Bose) ノイズキャンセリングヘッドホン NC HDPHS 700

11種類のノイズキャンセリングレベルを搭載しているワイヤレスヘッドホンです。キャンセリングレベルは、周りの環境にあわせて自由にコントロール可能。ヘッドホンを装着していないときと同様の、周囲の音が聞こえるレベルまで下げることも可能です。一時的にオフにしたいときはボタン操作ひとつで会話モードに切り替えできます。

「Bose Musicアプリ」を使用すれば、サウンド調節から曲の管理までコントロール可能。Amazon AlexaやGoogleアシスタントに対応しており、呼びかけるだけで音声サービスが起動するなど、使い勝手に優れたモデルを探している方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ノイズキャンセリングヘッドホン PXC 550-II

ゼンハイザー(SENNHEISER) ノイズキャンセリングヘッドホン PXC 550-II

高性能なアダプティブノイズキャンセル機能を搭載したワイヤレスヘッドホン。3つの高性能マイクの搭載で周囲のノイズレベルを自動で認識してキャンセル量を調節し、移動時の快適なリスニングを実現します。

高音質にこだわって開発されているのもおすすめポイントです。幅広い周波数特性を実現した32mmドライバーを搭載しているほか、SBC・aptX・aptXLL・AACなどさまざまなコーデックに対応しています。ワイヤレスでも高音質で音楽を楽しみたい方におすすめのモデルです。

アーカーゲー(AKG) ワイヤレス ノイズキャンセリング ヘッドホン N700NCM2

アーカーゲー(AKG) ワイヤレス ノイズキャンセリング ヘッドホン N700NCM2

メタル調ヘッドバンドスライダーやアルミニウムボタンなど、細部にまでデザイン性にこだわって開発されたワイヤレスヘッドホン。折りたたみ式で持ち運びが簡単で、低反発クッションや調節可能なパッド付きバンドを搭載しているなど快適な装着感も実現しています。

周囲のノイズを低減させるハイブリッド式ノイズキャンセリング機能を搭載しているほか、ダイナミック型40mmドライバーによる高音質サウンドも魅力。さらに、対応アプリで各種設定もできるなど操作性や音質、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

OneOdio ヘッドホン FuSion A7

OneOdio ヘッドホン FuSion A7

Bluetooth4.0によるワイヤレス接続のほか、ケーブルを接続して有線でも使用できるオーバーイヤー密閉型ヘッドホン。ステレオ端子は3.5mmと6.3mmの2カ所備えています。再生周波数帯域20~20kHzと、低音から高音まで全帯域をバランスよく再生するのがポイント。楽器の位置関係も忠実に再現する、高解像なサウンドを楽しめます。

立体裁断された高弾性パッドや、手縫いで成型したイヤーパッドは通気性に優れているのが特徴。長時間の使用でも快適に音楽を楽しめるモデルを探している方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) Bluetoothヘッドホン SE-MS7BT

パイオニア(Pioneer)  Bluetoothヘッドホン SE-MS7BT

ハイレゾ再生に対応した、大口径40mmドライバーを搭載したワイヤレスタイプのヘッドホン。強磁力季土類マグネットを採用しており、低域から中高音域までハイレゾ音源のクリアな高音質を楽しめます。

ハウジング部に搭載された操作ボタンやマイクは、音量調節や着信などの操作も簡単。高音質コーデックにも対応しており、快適なワイヤレス再生を実現しています。レトロモダンな高級感のあるスタイリッシュなデザインも魅力。好みやファッションにあわせて3種類のカラーから選択できるなど、デザイン性にもこだわりたい方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ワイヤレスステレオヘッドホン RP-HTX80B

パナソニック(Panasonic) ワイヤレスステレオヘッドホン RP-HTX80B

ピアノ線材を使用したイヤーパッドが特徴のワイヤレスヘッドホン。ファッションに馴染むワントーンデザインで、おしゃれ感を重視したい方におすすめです。

プロ用スタジオモニターにも採用されている「ドーム型ハウジング」による高音質も特徴。さらに、40mm大口径ドライバーやアコースティックベースコントロールの採用により、歪みの少ない豊かな低音を再生します。

連続使用時間約24時間と、充電が長持ちするのもポイント。毎日の通勤や通学で使用しても充電が減りにくい、おすすめのモデルです。

ヘッドホンのおすすめモデル|有線タイプ

ソニー(SONY) ヘッドホン MDR-1AM2

ソニー(SONY) ヘッドホン MDR-1AM2

ハイレゾ音源をクリアに再生する40mmHDドライバーを搭載した、有線タイプのヘッドホンです。アルミニウムコートLCP振動板の形状を最適化することにより、幅広い周波数帯域の音を再生。高音域にいたっては、100kHzの超高音域の再生を実現しています。

イヤーパッド表面には伸びのある合成皮革を使用しているほか、内側の素材には低反発ウレタンフォームを採用。周りのノイズを遮音するとともに、快適な着け心地を発揮します。長時間のリスニングでも疲れない、快適な装着感を維持できるモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

大口径70mm振動板を採用したヘッドホン。ドームを大型して形状を最適化することで中高域の解像度が向上しており、生演奏を聴いているような自然な響きを再生するモデルです。グリルにはフィボナッチ数列を参考にした曲線パターンを採用し、開口部を均等化することで滑らかな超高音域の再生を実現。ハイレゾ音源の高音質サウンドを楽しみたい方におすすめです。

ケーブルは着脱式を採用しており、通常のヘッドホンケーブルに加えて、より忠実な信号伝送を可能にするバランス接続対応ケーブルも付属。対応機器と接続すれば、ステレオ感の豊かなハイレゾ音源をさらに高音質で楽しめます。

ソニー(SONY) 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

ソニー(SONY) 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

多くのレコーディングスタジオで愛用されている密閉型のスタジオモニターヘッドホン。歪みのない原音をそのまま再生する性能は、あらゆるスタジオユースに対応できるとして高く評価されています。音の輪郭や定位、エコーの広がり具材など微妙な違いを再現できるモデルで、自宅で音楽制作がメインの方におすすめです。

独自開発のスピーカーユニットを採用しているほか、フレームカバーの強化や折りたたみ機能の排除など、優れた耐久性と安定性を実現しています。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応スタジオ用モニターヘッドホン MDR-M1ST

ソニー(SONY) ハイレゾ対応スタジオ用モニターヘッドホン MDR-M1ST

スタジオモニター仕様の密閉型ヘッドホン。プロフェッショナル向け音響製品を製造している「ソニー・太陽株式会社」にて、熟練作業員の手作業でひとつひとつ丁寧に作られています。ジョイント部にシリコンリングを採用し、体を動かしたときに発生するノイズを低減。人間工学に基づいたデザインは快適な装着感を実現しています。

独自開発のドライバーユニットはハイレゾ音源の原音を忠実に再現。楽器の配置までわかる定位感も実現しています。最高音質で音楽を楽しみたい方におすすめのモデルです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-MSR7b

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-MSR7b

45mmトゥルーモーションハイレゾドライバーを搭載した、有線タイプのヘッドホン。DLCコーティング振動板の搭載で高域特性が向上しており、原音を忠実に再現するハイレゾ音源を楽しみたい方におすすめのモデルです。

最適化されたイヤーパッドとヘッドバンドにより、長時間でも快適なリスニングを実現。着脱できるケーブルは両出し式の採用で音質が向上しているほか、3.5mmステレオミニケーブルと4.4mmバランスケーブルが付属しています。

ゼンハイザー(SENNHEISER) モニターヘッドホン密閉型 HD25

ゼンハイザー(SENNHEISER) モニターヘッドホン密閉型 HD25

長きにわたりロングセラーモデルとして支持されているヘッドホン。頑丈な構造と回転式イヤーピースなどにより、あらゆるモニタリングに最適なモデルとして高く評価されています。歪みや音割れのない再生能力で、低音域から高音域までクリアに再生。色付けがなく解像度なサウンドを楽しめます。

2分割式ヘッドバンドの採用により、アームを前後180°まで開くことが可能。さらに、ハウジングも上下のほか前後にも回転できるなど、使い勝手に優れています。左右の耳の位置を微調整できるほか片耳でのモニターも可能にしており、DJ用のヘッドホンとして使いやすいおすすめモデルです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ヘッドホン HD 660 S

ゼンハイザー(SENNHEISER)  ヘッドホン HD 660 S

ハウジングに穴が空いている開放型のヘッドホン。音のこもりがないクリアなサウンドを楽しめます。トランスデューサーは超軽量アルミニウムボイスコイルとステンレス製ダイヤグラムを組み合わせて開発。低音域から高音域までクリアで自然なサウンドを再生します。

楕円形のイヤーカップは耳にフィットしやすい形状を採用。頑丈で軽量な構造により、快適な着け心地を実現しています。さらに、厚みのあるヘッドバンドと交換できるイヤークッションを採用しているなど、リラックスして音楽を楽しめるモデルを探している方におすすめです。

ビーツ(Beats) オンイヤーヘッドホン Beats EP

ビーツ(Beats) オンイヤーヘッドホン Beats EP

綿密なチューニングによって、幅広い音域をクリアなサウンドで楽しめる有線タイプのヘッドホンです。フレームには頑丈で軽量なステンレススチール製を採用。上下に調節できるヘッドバンドの採用と相まって、快適なフィット感を実現しています。

ヘッドホンと一体化しているケーブルにはiOSデバイスに対応した「Remote Talk」機能を搭載。iPhoneでの音楽操作や通話できるモデルを探している方におすすめのモデルです。

アーカーゲー(AKG) スタジオヘッドホン K701-Y3

アーカーゲー(AKG)  スタジオヘッドホン K701-Y3

オーストリア生まれのブランド「アーカーゲー」の開放型ヘッドホン。ヘッドバンドに線材を採用した高級感のある外観が印象的なモデルです。開放型ならではの、こもりのない中高域特性の再現性が特徴。残響音さえ余すことなく再生する再現性は、スタジオモニターとして最適です。

人間工学にもとづいた「3Dイヤーパッド」を採用しているのもポイント。優しく耳にフィットし、長時間の使用でも快適な装着感を維持します。さらに、イヤーパッドは取り外して交換できるなど、高音質で使い勝手にも優れた音楽制作におすすめのモデルです。

コス(KOSS) オープン型オーバーヘッドヘッドホン PORTAPRO

コス(KOSS) オープン型オーバーヘッドヘッドホン PORTAPRO

イヤーパッドを耳に乗せるタイプのオンイヤー型ヘッドホンです。収納に便利な折りたたみ式で、専用キャリングケースも付属しています。バッグに入れて携帯しながら使用したい方におすすめのモデル。ヘッドバンド側圧を左右3段階で調節できる「Comfort Zone機能」により、長時間のリスニングも快適です。

ケーブルにはiPhoneの操作を可能にする「KOSS Youch Control」を搭載しており、音楽の再生・停止・スキップの操作が可能。マイクも内蔵しており、通話の開始・終了を手元で操作できるため便利です。

シュア(SHURE) プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン SRH1840

シュア(SHURE) プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン SRH1840

スタジオ用マイクロンホンの世界的ブランド「シュア」の開放型ヘッドホンです。40mmダイナミック型ネオジウム磁石を採用したドライバーの搭載により、伸びやかな高域と正確な低域を実現したフラッグシップモデル。原音に忠実なサウンドの再生を必要とする、プロフェッショナルモデルとしておすすめです。

頭を挟み込む側圧はやや強めながら、クッション性と肌触りのよいベロア素材イヤーパッドの採用で良好な装着を実現しています。交換用イヤーパッドも付属しており、長く愛用できる最上級モデルです。