お気に入りのサウンドを高音質で楽しみたい方にとって必須アイテムとなる「ヘッドホン」。再生できる音域が広がるため、普段聞いている曲の印象を向上できるのが特長です。

とはいえ、さまざまな製品がリリースされているため、どれが最適なアイテムなのかは判断が難しいところ。そこで今回は、ヘッドホンのおすすめ人気モデルをご紹介します。関連する基礎知識も解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ヘッドホンは密閉型と開放型の2種類が主流

By: amazon.co.jp

ヘッドホンは、ヘッドバンドの両端に左右で独立したドライバーユニットを耳に当てるタイプがほとんどです。これを「オーバーヘッド型ヘッドホン」と呼びます。

ヘッドバンドを首の後ろに回す「ネックバンド型」や、スティックのような持ち手で耳に当てる「片耳型」のヘッドホンもありますが、数としてはあまり多くありません。なぜなら、本格的に音楽を聴くときの快適さと音質を追求した場合にオーバーヘッド型が有利だからです。

このオーバーヘッド型ヘッドホンの中でも、さらに「密閉型」と「開放型」に分類されます。それぞれ聴こえ方が異なるのはもちろん、使い勝手も異なるので、音の好みや使い方に合った形状を選ぶのが大切です。

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

発音部を囲むイヤーカップ部分(ハウジング)が外部と遮断されているタイプを「密閉型ヘッドホン」といいます。昔からあるもっともスタンダードな形状のヘッドホンです。

外部の音を遮断するため、細かい音も聴き取りやすく音楽に没入できるのがメリット。低音を逃がしにくい構造なので、ベースの効いた曲を楽しみたい方に適しています。周囲への音漏れが少なく、公共の場所で使いやすいのも魅力です。

小さな音も聴き逃したくないという方や曲を集中して聴きたい方、迫力のある重低音サウンドを楽しみたい方は密閉型ヘッドホンを選ぶとよいでしょう。

一方、ハウジング内で音の反射やこもりが起こりやすいため、閉塞感を覚えることもあるのがデメリット。また、密閉されることで外部の音が聴こえにくいので、屋外で歩きながら使うときは注意が必要です。

密閉型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

開放型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは、ハウジングに穴が空いているタイプ。オープンエア型と呼ばれることもあります。ハウジング内で反響することによるこもりが少ないため、自然に近い状態のサウンドを楽しめるのが特長です。

軽量モデルが多いので、大型のモノでも気軽に装着できます。長時間着けていても疲れにくいため、家でゆったりと音楽を聴きたい方におすすめです。

一方、音漏れは大きくなる傾向にあるので、屋外で使用する場合は注意が必要。低音が外に逃げてしまうのもデメリットといえます。

開放型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

装着タイプもいくつか種類がある

オーバーイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

ヘッドホンは、装着タイプによってさらにオーバーイヤー型とオンイヤー型に分けられます。イヤーパッドが耳全体を覆うオーバーイヤー型(アラウンドイヤー型)は、本体が大きめになりますが、そのぶん再生レンジ拡大に有効となる発音ユニットの大型化が可能です。

また、低音再生能力を高めるのに有効なハウジングの容積も大きくできます。高音質を追求しやすいというメリットを有しているのが特長です。

一方、前述した通り本体が大きくなる傾向にあるので、折りたたみタイプのヘッドホンを探している方や、ポーターブル使用をメインに考えている方にはあまり適していません。長時間使用していると疲労感を覚えてしまうこともあります。

ミュージシャンなど音楽に関わる職業の現場では、オーバーイヤー型のヘッドホンを用いていることがほとんど。音にこだわりたい方であれば、オーバーイヤー型を選ぶのがおすすめです。

オーバーイヤー型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

オンイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

イヤーパッドを耳に乗せるタイプのオンイヤー型は、軽量かつコンパクトなモデルを豊富に揃えているのがメリットです。折りたためるモノも多く、ポータブル使用に向いています。

一方、オーバーイヤー型と比べて低音の再生能力に劣るのがデメリット。屋外で使用する手軽なヘッドホンを探している方におすすめです。

オンイヤー型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ヘッドホンが高音質かどうか見極めるポイント

「ハイレゾ対応」がひとつの目安

By: amazon.co.jp

ヘッドホンのスペックは、再生できる音の範囲の広さを示す「再生周波数帯域」、大きな音をどこまで出せるかを示す「音圧感度」、電気抵抗値を示す「インピーダンス」が主なモノです。このうち、高音質を見分けるのに繋がるのは「再生周波数帯域」となります。

ほとんどのヘッドホンは、人が聴き取れる周波数と言われている20Hz〜20kHzをカバーしていますが、最近は従来のCDを超える音域が再生できる「ハイレゾ音源」も登場。高音質のヘッドホンを探している方は、再生周波数帯域が40kHz以上のハイレゾに対応したモデルを選びましょう。

ヘッドホンの選び方

接続方法と機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンといえば有線タイプが主流でしたが、最近はBluetoothで接続できるモノも増えています。屋内使用がメインであれば、バッテリー切れの心配がなく音質も安定している有線タイプが最適。屋外で使う機会が多い場合や、ケーブルがわずらわしいと感じる方にはBluetoothタイプがベストです。

また、ヘッドホンに搭載されている機能に関しても多様化しているのが特徴。屋外で使うときは周りの騒音が気になるという方も多いと思いますが、ノイズキャンセリング採用のヘッドホンを選べばクリアな音楽を楽しめます。より音質を重視したい方は、立体感のあるサウンドが楽しめるバランス接続に対応しているモノを選ぶのがおすすめです。

音質傾向で選ぶ① モニター型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

ヘッドホンの音質はメーカーおよび機種ごとにかなり異なります。高ければよいというモノではなく、音の傾向と個性から自分好みの聴きたい音を明確にして選ぶのが大切です。

大まかにいってヘッドホンの音の傾向はふたつあります。まずひとつはモニター型。主に音楽制作を目的とした現場に適しており、生音に近いリアルな再現性を持つのが特長です。幅広い音域を再生するフラット傾向にあります。

音質傾向で選ぶ② リスニング向けヘッドホン

By: amazon.co.jp

もうひとつはリスニング向けのヘッドホン。バリエーションが非常に多いため自分好みの1台を見つけられるのが魅力です。ベース音を強調している「重低音ヘッドホン」と呼ばれるモノや、高音・低音ともに強調された“ドンシャリ傾向”のあるヘッドホンが多いとされています。

さらに、個別のメーカーが持つ音質の傾向を把握して選ぶのも大切。特に歴史の長い老舗メーカーは音の個性があることも多く、自分の好みに合うモデルを見つけてゆく楽しさがあります。

ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー

By: amazon.co.jp

ソニーは誰もが知る世界的なメーカー。常に先進的な技術の開発と新しいオーディオの楽しみ方を提示してきた存在です。ウォークマンの発売により、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させました。

ヘッドホンにおいてはプロ用・一般用の両方において国内トップのメーカーといっても過言ではありません。特にプロ用の「MDR-CD900ST」は、発売25年以上経つ現在でも業務用のヘッドホンとして圧倒的な影響力を持ちます。

一般用のヘッドホンに関しては、ハイレゾ音源が聴ける広帯域に対応していたり、Bluetoothで伝送する際の高音質コーデックLDACに対応していたりと優れたスペックを誇るのが魅力。

騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能も採用しています。また、バランス接続にも積極的。音質に関しては、クリアで音の隅々までしっかり聴き取れるのがポイントです。

オーディオテクニカ

By: amazon.co.jp

日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつ。幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えているのが特徴です。国内メーカーとしては珍しく開放型を多く展開しているのがポイント。やや高音を強めた爽やかなサウンドが持ち味といえます。

一方、業務用のヘッドホンはフラットな傾向にあるので原音を忠実に聴きたい方にもおすすめ。幅広いジャンルの音楽をきれいに鳴らしてくれるメーカーです。

ゼンハイザー

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンを1967年に開発したドイツの老舗音響機器メーカー。業務用を中心に世界的な人気を集めています。精密でありながら滑らかにサウンドを鳴らすことができ、空間表現力の高さも特長。クラシックを中心としたアコースティックな音楽との相性がよいです。

ボーズ

By: amazon.co.jp

世界で初めてノイズキャンセリングを開発したとされる技術志向のメーカー。独自の音楽理論と多数の特許技術を持っており、全体的に華やかで聴きごたえのある心地よいサウンド作りをしているのが特長です。

声の帯域である中音域をクリアに聴かせてくれるので、ボーカルが入っている音楽を楽しみたいときにおすすめ。ノイズキャンセリング性能も優れています。

ビーツ

By: amazon.co.jp

著名ミュージシャンのドクター・ドレーと、U2などのプロデューサーであるジミー・アイオヴィンが2006年に設立したアメリカのブランド。スタイリッシュかつクールなデザインと、おしゃれなカラーリングが特徴です。2014年にはApple社の傘下になりました。低音中心の音楽を聴きたい方に適しています。

ヘッドホンのメーカーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

コスパ良好。安いけど高音質なヘッドホンのおすすめモデル

オーディオテクニカ(audio-technica) 密閉型オンイヤーヘッドホンATH-S100

ポータブル使用にも使えるオンイヤー型ヘッドホンの定番機。110gと軽量で折りたたむこともできるため、ラクに持ち運べます。コンパクトながら大口径の36mm径ダイナミック型ユニットを採用しており、パワフルかつクリアーなサウンドを楽しめるのが魅力です。絶妙なバランスで幅広いジャンルの音楽を聴かせてくれます。初めてのヘッドホンにもおすすめです。

ソニー(SONY) 密閉型ヘッドホン MDR-ZX110

ソニーのヘッドホンとしてはリーズナブルなモデル。1000円台という非常に安い価格で手に入ります。ヘッドホン初心者に配慮した設計も特長です。オンイヤー型の密閉型ながら、長時間装着でも窮屈さや閉塞感を感じにくい作りに仕上がっています。簡単に折りたためるので、持ち運んで使用したいという方にもおすすめです。

伝統のノウハウにより、ソニーらしいクリアなサウンドを存分に楽しませてくれます。カラーバリエーションはブラック・ホワイト・ピンクの3種類。バランスが取れていて総合的に使いやすいヘッドホンを探している方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) 密閉型ヘッドホン SE-M531

リーズナブルな価格ながら、ハイレゾ相当の高音質を聴かせてくれるヘッドホン。強磁力マグネットを採用した40mm径のダイナミック型ドライバーと、CCAWボイスコイルを使うことにより広音域をクリアに再生できるのが特長です。

触り心地のよいベロア調イヤーパッドが採用されており、快適に装着できるのも魅力。3.5mのロングコードを搭載しているので、テレビ・ゲーム用のヘッドホンを探している方に適しています。

パイオニア(Pioneer) 密閉型ヘッドホン SE-M521

本格的なオーバーイヤー密閉型設計により、臨場感のあるサウンドを再生できるヘッドホン。癖が比較的少ないので聴きやすい音になるのが特長です。広音域に対応しているのも魅力。フリーアジャストヘッドバンドを採用しており、調整しなくても快適に装着できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x

リーズナブルな密閉型モニターヘッドホンの定番機。新開発の強磁力40mmCCAWボイスコイルドライバーを搭載しており、情報量の多い充実したサウンドを再生できます。音本来のよさを楽しみたい方におすすめ。重量が190gと軽いので、快適に装着できるのが特長です。

ソニー(SONY) 薄型耳かけスタイルヘッドホン MDR-Q68LW

耳に掛けるタイプのヘッドホン。イヤホンのように装着できるため、髪型の崩れを気にしなくてもよいのが特長です。本体がコンパクトなので、ヘッドホンの装着感が苦手だと感じている方にも適しています。

掛け心地が優しくなるエラストマー樹脂を採用しているので、違和感なく着けられるのもポイント。また、自動巻取り機能が搭載されているため、サッと収納ができます。

高磁力ネオジウムマグネットを用いており、高解像度かつクリアな中高音とパワフルな重低音を再生可能。軽快な装着感のヘッドホンを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) オンイヤーヘッドホン ATH-P100L

リーズナブルな価格で手に入る開放型ヘッドホン。開放感のある爽やかなサウンドを楽しめます。オンイヤー型ながら、圧迫感の少ない設計により長時間装着していても疲れにくいです。手軽に聴ける普段使い用のヘッドホンを探している方におすすめ。本体の重量が60gと軽量なので、重さを感じたくない方にも適しています。

ソニー(SONY) 密閉型ヘッドホン MDR-XD150

オーバーイヤーの密閉型でありながら、160gと比較的軽量なヘッドホン。イヤーコンシャスデザインを採用しており、快適に装着できるため長時間使用していても疲れにくいのが魅力です。

ネオジウム磁石とCCAWボイスコイルを採用した40mm径のダイナミック型ユニットが使われていて、中音域を中心にクリアなサウンドを楽しめます。コードの長さが2mあるため、テレビ用に使いたい方にも最適です。

ソニー(SONY) 折りたたみ式密閉型ヘッドホン MDR-ZX310

本体を簡単に折りたためるクイック折りたたみ機構が魅力のオンイヤー密閉型ヘッドホン。持ち運びやすいので、屋外で使う機会が多い方におすすめです。

表面に細かい溝が設けられたセレーションコードを採用しており、摩擦が低減されるため絡んでしまうのを防いでくれます。肌に馴染みのよいソフトなイヤーパッドが使われているので、装着感がよいのも特長です。125gの軽量設計でありながら、30mm径の大型ユニットを用いており豊かなサウンドを聴かせてくれます。

ジェイブイシー(JVC) 耳掛け式オンイヤーヘッドホン HP-AL102

リーズナブルな耳掛け型ヘッドホン。アクセサリー感覚のおしゃれなデザインが特徴で、カラーバリエーションもホワイト・エメラルドグリーン・オニキスブラックなど豊富に揃っています。光を受けるときらめいて豪華な雰囲気になるのもポイントです。

新形状のイヤーフックを採用していて、耳にしっかり装着できるため落下が防げます。高磁力ネオジウムドライバーユニットが搭載されていることで、キレのよい高音を楽しめるのが魅力。大げさなヘッドホンが苦手という方にもおすすめです。

スーパーラックス(Superlux) プロフェッショナルモニターヘッドホン HD681F

半開放型のオーバーイヤーヘッドホン。比較的リーズナブルな価格でありながら、ナチュラルなサウンドを聴かせてくれます。 50mm径大型ユニットとネオジウムマグネットを組み合わせたドライバーにより、広音域を楽しめるのもポイント。DTM用のモニターから屋内での観賞用まで幅広い用途で活躍してくれます。レトロなデザインが好みの方にもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) オンイヤー密閉型Bluetoothヘッドホン T450BT

5000円前後で入手できるジェイビーエルのBluetoothヘッドホン。同ブランドらしいパワフルなサウンドを聴かせてくれます。ロゴが大きく描かれているハウジングのデザインもおしゃれ。マイクとリモコンも本体に搭載されているため、スマホを使ったハンズフリー通話が可能です。

フォステクス(FOSTEX) 密閉型 モニターヘッドホン TH7BK

スタジオでの使用を前提として開発されたフォステクスのモニターヘッドホン。高音質を要求されるモニター用の性能を維持しながらも、実勢価格1万円以内に抑えられています。

40mm径の大型ユニットを装備して再生周波数帯域が10~35,000Hzと幅広いのがメリットです。遮音性に優れる密閉・ダイナミック型で重量は約265g。イヤーパッドは長時間使用しても快適な高級合成皮革を採用しています。音楽のモニタリングに集中したい方におすすめのヘッドホンです。

プロも納得。こだわり派におすすめの高音質ヘッドホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2

Bluetooth接続時に、MP3などの圧縮音源をハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」が搭載されたワイヤレスヘッドホン。ハイレゾ相当の高音質伝送が可能なLDACコーデックにも対応しています。

環境に応じてノイズキャンセリング動作を自動調整してくれるため、屋外の騒々しい場所でも音楽をしっかり聴けるのが魅力です。

ソニー(SONY) 9.1ch デジタルサラウンドヘッドホン MDR-HW700DS

高音質が楽しめるワイヤレスタイプのサラウンドヘッドホン。9.1ch3Dデジタルサラウンドに対応しており、従来の5.1chや7.1chを超える音の立体感が楽しめます。非圧縮デジタル方式で伝送するため、音のクオリティをキープできるのも特長です。

レシーバー部に4K対応のHDMI入出力が搭載されていて、ブルーレイ音声の高品位サラウンド規格にも対応しているので、ホームシアターシステムに組み込むこともできます。光デジタル入力により、ゲーム機をはじめとする幅広い機器と接続できるのが魅力です。

ビーツ(Beats) ワイヤレスヘッドホン Beats Solo3 MNER2PA/A

Apple社製のW1チップが搭載されている密閉型Bluetoothヘッドホン。バッテリー駆動時間が40時間と長いので、長時間音楽を聴きたいときに適しています。

また、ビーツといえばデザインがおしゃれな点も特徴。ブラック・ホワイト・ウルトラバイオレット・グロスブラック・ゴールドなど豊富なカラーバリエーションを揃えており、好みや普段のファッションに合わせてチョイスできます。

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

Googleアシスタントに対応しているBlutoothヘッドホン。専用アプリでスマホと常時接続させておくことができ、左のイヤーカップ側面にある「アクションボタン」をクリックすれば、現在の時刻に加えてメール・メッセージ・カレンダー・SNSなど指定したアプリの通知を音声で読み上げてくれます。

高性能なノイズキャンセリング機能を搭載しているのも特長。専用アプリ経由でノイズキャンセリングの効果を3段階から選べるため、状況に応じて使い分けることが可能です。スマホユーザーの方におすすめのヘッドホンとなっています。

オーディオテクニカ(audio-technica) 開放型ヘッドホン ATH-AD500X

ハイコスパな高音質ヘッドホンの定番といえるオーディオテクニカ「500」ラインの1台。上位機に劣らない53mmの大口径ダイナミック型ユニットを搭載しており、中高域を美しく再生できるのが特長です。アルミニウム製ハニカムパンチングケース採用のハウジングを用いているので、軽くてラクに装着できます。

ソニー(SONY) 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

音楽制作現場で愛されている定番のモニターヘッドホン。多くの楽器が同時に鳴る曲でも細部まで聴き取れるのが魅力です。解像度が高いため、クリアなサウンドを聴かせてくれます。

音質がよいのはもちろん、耐久性に優れていて長く使えるのもポイント。プロの方のみならず趣味で音楽制作をしている方にもおすすめのスタンダードなモデルです。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) T 5 p 2nd Generation

高音質サウンドが気軽に聴ける密閉型ヘッドホン。高級機種の多くは音質を優先した設計のため、アンプ出力の小さいDAPやスマホで使用したときに満足な音量を得られない場合がありますが、このモデルはポータブル機でも十分に音量の取れる設計となっています。スマホに直挿しをしても高い音質のまま聴くことが可能です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 開放型ヘッドホン HD 598 SR

伝説的ともいえるゼンハイザーの人気開放型ヘッドホン「HD 598」の仕様をほとんどそのままに低価格化したスペシャルモデル。シンプルなブラックカラーを採用しているので、飽きが来ずにさまざまなファッションと合わせられます。

軽やかで歪みのないナチュラルなサウンドを再生できるのが魅力。クラシック音楽との相性もよいです。アンプに負担を掛けにくい設計なので、スマホに直差しをして楽しめます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 開放型ヘッドホン HD 660 S

ゼンハイザーが展開している開放型ヘッドホンの「HD 650」の後継機にあたるモデル。HD 650は開放型ヘッドホンの名機として人気を集めていましたが、音質を優先した設計のため、スマホなどのポータブル機では鳴らしにくいのが欠点でした。

この「HD 660 S」では、幅広いデバイスで高音質が楽しめるように配慮されているのがポイント。空間をしっかり再現して、楽器の音ひとつひとつを存分に聴かせてくれます。豊かなハーモニーと艶のある音色も特長です。

フォステクス(FOSTEX) 密閉型ヘッドホン T60RP

一般的なダイナミック型と比べて、音の表現力と豊かさに優れた「平面振動板」を採用しているヘッドホン。ハウジング部分にアフリカンマホガニー材を採用しており、美しく音が響きます。個性的な見た目も特徴。一味違うヘッドホンを探している方におすすめです。

スタックス(STAX) SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]

バランスに優れた聴き取りやすいサウンドを楽しめるコンデンサー型のヘッドホン。高純度なOFC素材を芯線に採用しており、フラットかつクリアな音質を実現しているのも特長です。無段階スライド構造を用いたヘッドパッドが使われていて、装着感を自分好みに調整できます。

また、イヤーパッドの素材にこだわっているのもポイント。高級人工皮革が使用されており、肌触りがよいので長時間着けていても疲れにくいのがポイント。まるでスピーカーから聴いているかのように感じる自然なサウンドも魅力です。

アーカーゲー(AKG) セミオープン型ヘッドホン プロフェッショナルモニター K702

開放型ヘッドホンの名機である「K701」をケーブル着脱対応にした後継機。音の歪みを抑える「Two-layerダイアフラム」構造を採用している他、独自の音響技術「バリモーション・テクノロジー」によって繊細なサウンドを描いてくれます。

ただし、このモデルは本格的なヘッドホンアンプを用意して聴くのがベストで、PC直結やポータブル機での使用はあまりおすすめできません。しかし、適切な環境を用意できるのであればぜひ入手したい逸品です。

フォステクス(FOSTEX) 密閉型 プレミアム・リファレンス・ヘッドホン TH900mk2

最高の音質とデザインを目指してリリースされたフォステクスのハイエンドヘッドホンです。ハウジング素材には、緻密で堅い高級木材”水目桜”を採用。漆ボルドーで仕上げた質感の高さが魅力です。

ドライバーユニットには大口径50mmを採用しています。再生周波数帯域は5〜45,000Hzと最高レベル。豊かでクリアな低音域、ストレートに響く中音域、そして密度がある高音域とハイエンドモデルにふさわしい再現力です。イヤーパッドには卵由来のプロテインを配合しているため肌触りが良好。レザー素材と比べて約60%軽くなっています。音質はもちろん、素材にもこだわったヘッドホンを探している方におすすめです。

ゲーム用に最適なヘッドホンのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) ゲーミングヘッドセット G433BK

Nintendo Switchをはじめ、PS4やXbox Oneといった人気ゲーム機に対応した有線サラウンドゲーミングヘッドセット。付属のUSB DACをパソコンに接続して専用ソフトをダウンロードすれば、各種PCゲームに最適なプロファイルを作成可能。臨場感のある7.1chサラウンドでゲームをプレイできます。

イヤーパッドはスポーツ用メッシュ素材を使用。長時間ゲームプレイしても蒸れないのがメリットです。マイクはノイズキャンセリング機能付きなので、クリアな音質でチャットも楽しめます。マイクを取り外せば通常のヘッドホンとして利用可能。マイクロファイバー製イヤーパッドやキャリーバッグなど、付属のアクセサリーも充実したおすすめのヘッドホンです。