お気に入りのサウンドを高音質で楽しみたい方にとって必須アイテムである「ヘッドホン」。従来からある有線タイプはもちろん、最近はワイヤレスタイプも増えており、音質も向上しています。

しかし、さまざまな製品がラインナップされているため、各アイテムがどのようなユーザーに最適なのかは判断が難しいところ。そこで今回はヘッドホンのおすすめモデルをご紹介します。あわせて選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ヘッドホンの種類

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

発音部を囲むイヤーカップ部分(ハウジング)が外部と遮断されているタイプを「密閉型ヘッドホン」と言います。

昔からあるスタンダードな形状のヘッドホンで、外部の音を遮断するため、細かい音も聴き取りやすく音楽に没入できるのがメリット。低音を逃がしにくい構造なので、低音の効いた曲を楽しみたい方に適しています。

周囲への音漏れが少なく、公共の場所でも使いやすいのが魅力。小さな音も聴き逃したくないという方や曲を集中して聴きたい方、迫力のある重低音サウンドを楽しみたい方は密閉型ヘッドホンがおすすめです。ただし、密閉されることで外部の音が聴こえにくいので、その点は注意しておきましょう。

密閉型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

開放型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは、ハウジングに穴が空いているタイプで、オープンエアー型と呼ばれることもあります。ハウジング内で反響することによるこもりが少ないため、自然に近い状態のサウンドを楽しめるのが特徴です。

軽量モデルが多いので、大型のモノでも比較的気軽に装着することが可能。長時間着けていても疲れにくいため、家でゆったりと音楽を聴きたい方におすすめです。一方、低音が外に逃げやすく、音漏れしやすいのが懸念点。屋外で使用する場合は注意が必要です。

開放型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ヘッドホンの選び方

装着方法で選ぶ

オーバーイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

イヤーパッドが耳全体を覆うオーバーイヤー型(アラウンドイヤー型)は、本体が大きい分音質に大きく関わるパーツを大型化できるため、高音質なモデルが多くラインナップされているのが特徴です。

ミュージシャンなど音楽に関わる職業の現場では、オーバーイヤー型のヘッドホンが多用されています。音にこだわりたい方であれば、オーバーイヤー型がおすすめです。

オーバーイヤー型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

オンイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

イヤーパッドを耳に乗せるタイプのオンイヤー型は、軽量かつコンパクトなモデルを豊富に揃えているのがメリットです。折りたためるモノも多く、ポータブル使用に向いています。

一方、オーバーイヤー型と比べて低音の再生能力に劣るのがデメリット。手軽に装着できるヘッドホンを探している方におすすめです。

オンイヤー型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

接続方法と機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンといえばかつては有線タイプが主流でしたが、最近はBluetoothで接続できるヘッドホンも増えています。屋内使用がメインであれば、バッテリー切れの心配がなく、音質も安定している有線タイプが最適。屋外で使う機会が多い場合や、ケーブルが煩わしいと感じる方にはBluetoothタイプがおすすめです。

また、ヘッドホンに搭載されている機能に関しても多様化しているのが特徴。「屋外で使うときは周りの騒音が気になる」という方は、ノイズキャンセリング対応のヘッドホンを選べばストレスなく楽しめます。また、「より音質を重視したい」という方は、立体感のあるサウンドが楽しめるバランス接続に対応しているヘッドホンがおすすめです。

音質傾向で選ぶ

モニター型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

ヘッドホンの音質はメーカーおよび機種ごとに大きく異なります。価格が高ければよいというものではなく、ヘッドホンが得意とする音の傾向と自分好みの音が一致していることが重要です。

モニター型は、主に音楽制作を目的としたシーンに適しており、生音に近いリアルな再現性をもつのが特徴。幅広い音域を再生するのに適しています。

リスニング向けヘッドホン

By: amazon.co.jp

リスニング向けのヘッドホンは、ベース音を強調している重低音ヘッドホンや、低音・高音ともに強調されたドンシャリ傾向のあるヘッドホンなどがあり、バリエーションが多いのが特徴です。

製品ラインナップが豊富に揃っているため、各メーカーの音質の傾向を把握して選ぶのが重要なポイント。特に老舗メーカーのヘッドホンはこれまで培ってきた技術とノウハウが活かされており、自分の好みに合うモデルを見つけやすいので、その点は留意しておきましょう。

音質を追求するなら「ハイレゾ」対応モデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンのスペックは、再生できる範囲の広さを示す「再生周波数帯域」、大きな音をどこまで出せるかを示す「音圧感度」、電気抵抗値を示す「インピーダンス」が重要です。

このうち、高音質を見分けるのに繋がるのは「再生周波数帯域」。ほとんどのヘッドホンは、人が聴き取れる周波数と言われている20Hz〜20kHzをカバーしていますが、最近は従来のCDを超える音域が再生できる「ハイレゾ音源」も注目されています。高音質のヘッドホンを探している方は、再生周波数帯域が40kHz以上のハイレゾ音源に対応したモデルを選びましょう。

ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは常に先進的な技術の開発と新しいオーディオの楽しみ方を提示してきた世界的なメーカー。ウォークマンの発売により、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させました。

ヘッドホンにおいてはプロ用・一般用の両方において国内トップクラス。特にプロ用の「MDR-CD900ST」は、発売から25年以上経つ現在でも業務用のヘッドホンとして圧倒的な影響力をもちます。

一般用のヘッドホンに関しては、ハイレゾ音源が聴ける広帯域に対応していたり、Bluetoothで伝送する際の高音質コーデックLDACに対応していたりと、優れたスペックを備えているのが魅力です。

製品によっては騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能も搭載。音質がクリアで音の隅々までしっかり聴き取れるのがポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつ。幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えているのが特徴です。

国内メーカーとしては珍しく開放型を多く展開しているのがポイント。やや高音を強めた爽やかなサウンドが特徴です。なかでも、業務用のヘッドホンはフラットな傾向にあります。原音を忠実に聴きたい方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンを1967年に開発したドイツの老舗音響機器メーカー。業務用を中心に世界的な人気を集めています。精密でありながら滑らかなサウンドを鳴らすことができ、空間表現力の高さも特徴。クラシックを中心としたアコースティックな音楽との相性が良好です。

ボーズ(Bose)

By: rakuten.co.jp

世界で初めてノイズキャンセリング機能を開発したアメリカのオーディオ機器メーカー。独自の音楽理論と多数の特許技術を持っており、全体的に華やかで聴き応えのある心地よいサウンド作りをしているのが特徴です。

重低音のほか、声の帯域である中音域をクリアに聴かせてくれるモデルをラインナップしているのもポイント。高性能な製品を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ビーツ(Beats)

By: amazon.co.jp

スタイリッシュかつクールなデザインとおしゃれなカラーリングが特徴のビーツ。音質も良好で、特に重低音重視の方は要チェックのブランドです。

音楽業界だけでなく、アスリートやモデルなど多くのセレブに愛用されているのもポイント。2014年からはAppleの傘下となり、同メーカー製品との互換性も考慮したい方はチェックしておきましょう。

ヘッドホンのメーカーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ヘッドホンのおすすめモデル|ワイヤレスタイプ

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3

優れたノイズキャンセリング性能を備えたソニーの人気モデルです。前モデルより、処理能力が4倍向上した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を採用。環境に応じた適切な騒音低減を行うことで、幅広いシーンで静かに音楽を楽しめます。また、ヘッドホンを外すことなく周囲の音を聴ける「外音取り込み機能」により、呼びかけやアナウンスの確認も容易です。

有線接続時には40kHz再生が可能な「ハイレゾ対応」のほか、Bluetooth接続でハイレゾ相当の伝送が可能なLDACコーデックにも対応しているのも魅力。さらに、DACとヘッドホンアンプを1チップに集積化することで、省電力化と高音質化を両立しています。

そのほか、最大30時間のロングバッテリーと約10分の充電で約5時間の使用ができる急速充電に対応しているなどスタミナも十分。持ち運びに便利な折りたたみ構造を採用しているので、外出時の使用にもおすすめです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

「Amazon Alexa」や「Googleアシスタント機能」に対応したワイヤレスヘッドホン。音楽再生や調べもの、スケジュール管理など、話しかけるだけでいろいろな操作が行えます。3段階のノイズキャンセリング機能を搭載しているのがポイント。周囲の環境に合わせてノイズ低減レベルを調節すれば、音楽鑑賞だけでなく、仕事や勉強に集中できる環境を作り出せます。

本体素材には、ガラス繊維を練りこんだナイロン樹脂やステンレススチールを採用。耐衝撃・耐腐食性能に優れており、劣化を気にせずに使用できます。

内蔵バッテリーでの最大駆動は約20時間のスタミナ。約15分の充電で約2.5時間再生が可能な急速充電にも対応しています。また、専用アプリ「Bose Connect」の使用により、各種設定や操作をスマホでできるので、自分好みの音質にカスタマイズをしたい方にもおすすめです。

ビーツ(Beats) studio3 wireless

ビーツ(Beats) studio3 wireless

Appleデバイスとの相性が抜群のワイヤレスヘッドホン。Apple純正イヤホンのAirPodsと同じ「W1チップ」を搭載しているため、iPhone・iPad・MacBookなどとの接続・連携がスムーズに行えます。重低音を強調した音質も特徴。ヒップホップやロックといった音楽を鑑賞する際におすすめです。

また、高性能なノイズキャンセリング機能を搭載しているのも魅力のひとつ。独自の「Pure ANC機能」により、ブロックする音や出力する音を自動的に調整してくれるので、常に快適なリスニングを楽しめます。W1チップの優れた省電力性によって最大40時間という高スタミナを有しているのもポイント。約10分の充電で約3時間再生ができる急速充電にも対応しているので、外出用ヘッドホンとしても最適です。

ジェイビーエル(JBL) ワイヤレス・オンイヤー・ヘッドホン T450BT

ジェイビーエル(JBL) ワイヤレス・オンイヤー・ヘッドホン T450BT

比較的安価に購入できる高音質ワイヤレスヘッドホンです。サウンドはJBL伝統の深みと迫力のある低音が特徴で、ロックやポップスなどの楽曲に適しています。

バッテリー駆動時間は最大で約11時間なので、一日外出しても充電切れを起こしにくいのがポイント。また、接続デバイスでのハンズフリー通話と音楽操作が可能な利便性も備えています。イヤーパッド部分を折りたたんでコンパクトなサイズにできるので、気軽に持ち運ぶヘッドホンとしておすすめです。

コス(KOSS) オープン型Bluetoothヘッドホン Porta Pro Wireless

コス(KOSS) オープン型Bluetoothヘッドホン Porta Pro Wireless

ロングセラーの「Porta Pro」をワイヤレス化したモデル。30年以上前に発売されて以来、開放型ヘッドホン特有の音の広がりと質の高い中音域再生で人気を維持し続けている「Porta Pro」のサウンド傾向をそのままに、ワイヤレス化させることで使い勝手を向上させています。

コーデックはSBCとaptXに対応。同じくaptX送信に対応したAndroidデバイスと組み合わせての高音質リスニングが可能です。接続デバイスのボリューム操作が可能なリモコンのほか、内蔵マイクと合わせて使用することでハンズフリー通話にも対応できます。

本体重量は約70gの超軽量設計。優れた通気性を持つイヤークッションや軽い付け心地で長時間のリスニングでも快適です。連続再生時間は約12時間と、バッテリー性能も優秀。珍しいオンイヤー開放型のワイヤレスヘッドホンとしてもおすすめです。

COWIN ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン E7 PRO

COWIN ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン E7 PRO

ノイズキャンセリング対応ながらリーズナブルなワイヤレスヘッドホンです。イヤーカップの内外にマイクを配置しているため、高い騒音低減能力を有しています。 また、大口径40mmドライバーによる豊かな低域再生も魅力です。加えて、大きく耳を覆うイヤーパッドで快適さと遮音性を確保しています。

そのほか、NFC対応で簡単にペアリングできるのも便利です。バッテリーは、30時間使用可能な高スタミナであるほか、10分の充電で60分の再生が可能な急速充電機能も備えています。本体サイズはやや大きめなので、室内でゆっくり音楽を楽しむのにおすすめです。

デノン(DENON) Bluetoothワイヤレスヘッドホン AH-GC20

デノン(DENON) Bluetoothワイヤレスヘッドホン AH-GC20

低遅延性が魅力のaptX LLコーデックに対応したワイヤレスヘッドホン。対応する送信機を併用することで、ワイヤレス環境でもゲームや動画の音ズレを軽減して楽しめます。

また、通話品質を高める「cVc(Clear Voice Capture)テクノロジー」と「デュアルマイク」を採用しているので、クリアな通話が可能。ノイズキャンセリング機能も搭載するので、周囲が騒々しい環境でも音楽を静かに楽しめます。

さらに、有線接続にも対応しており、ハイレゾ音源を聴くことが可能です。音質チューニングを伝統オーディオメーカーであるデノンのサウンドマネージャーが手がけているのも魅力のひとつ。繊細さとダイナミックさを併せ持った高音質が楽しめる、おすすめのワイヤレスヘッドホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレス ヘッドホン ATH-M50xBT

オーディオテクニカ(audio-technica)  ワイヤレス ヘッドホン ATH-M50xBT

密閉型モニターヘッドホンの定番機「ATH-M50x」をワイヤレス化したモデル。「ATH-M50x」の特徴である情報量豊かな高解像度再生、快適な装着感はそのままに、スマホでのハンズフリー通話や音楽再生のリモコン操作などが加わり、使い勝手が向上しています。

ハウジングをロングタッチすると、「Siri」「Google アシスタント」といった音声アシスタント機能が起動できるのも便利です。また、最大40時間のロングバッテリーも魅力。折りたたみできるので屋外使用にも最適です。原音の再現度が高いモニターヘッドホンとしても活用できるおすすめのモデルです。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) Bluetooth搭載ヘッドホン Aventho Wireless JP

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) Bluetooth搭載ヘッドホン Aventho Wireless JP

コンパクトなオンイヤー型の高音質なヘッドホンです。独自の強磁力技術「テスラテクノロジー」を搭載し、振動板を強力にコントロール。サイズを超えた迫力と音の密度感を実現しています。

また、BluetoothコーデックはSBC・AAC・aptX・aptX HDと幅広く対応し、ハイレゾ相当の音源も伝送可能です。 イヤーカップ部のタッチパッドによって音量や再生などの操作が可能なのも便利。マイクも備えているので、ハンズフリー通話も可能です。

加えて、スマホ用の専用アプリ「MIY」の使用により、個人の聴力に合わせたサウンドに自動で調整してくれるほか、音量や再生時間に応じて耳に負荷がかかっていることをアナウンスしてくれます。やや高価ですが、モバイル環境でも高音質で音楽を聴きたい方におすすめのワイヤレスヘッドホンです。

ヘッドホンのおすすめモデル|有線タイプ

ソニー(SONY) ハイレゾ・バランス接続対応密閉型ヘッドホン MDR-1AM2

ソニー(SONY) ハイレゾ・バランス接続対応密閉型ヘッドホン MDR-1AM2

高音質な有線ヘッドホンの人気モデルです。100kHzまでの広帯域再生が可能な「HDドライバーユニット」を採用し、クリアな高音と低音の充実したサウンドを聴かせます。高性能な「アルミニウムコートLCP振動板」による豊富な音の情報量も魅力です。

本格的なオーバーイヤー密閉型設計ながら、形状や素材の工夫によりコンパクトサイズで187gの軽量に抑えているのもポイント。また、遮音性と快適な着け心地を両立する低反発ウレタンフォームイヤーパッドにより、長時間使用時も快適です。

通常の3.5mmステレオミニプラグに加え、4.4mm径バランスプラグを採用したヘッドホンケーブルを同梱しているのも魅力のひとつ。バランス接続対応のウォークマンや据え置き機器などとの組み合わせで、左右の音の混ざり合いを防いだ高品位な再生が楽しめます。ハイレゾとバランス接続への対応をリーズナブルに実現しているヘッドホンとしてもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) 密閉型オーバーイヤーヘッドホン SE-M531

パイオニア(Pioneer) 密閉型オーバーイヤーヘッドホン SE-M531

本格的なオーバーイヤーヘッドホンのサウンドをリーズナブルに楽しめるモデルです。強磁力マグネットを採用した大口径40mmのドライバーユニットを搭載しており、40kHz再生のハイレゾ対応相当のワイドレンジを実現しています。また、音の解像度を高められるCCAWボイスコイルを採用したことによる、歯切れのよいクリアなサウンドや、「POWERFUL BASSダクト」による厚みのある重低音も魅力です。

ソフトな装着感のベロアタイプのイヤーパッドなので長時間使用も快適。片出し3.5mのロングコードなので、離れた場所からのテレビ鑑賞用といった室内使用にも向いています。ドンシャリ気味のサウンド傾向で聴き応えがあるため、リスニング用ヘッドホンの入門機としておすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-7506

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-7506

モニターヘッドホンの定番モデルです。ワイドレンジで情報量の多い音が特徴で、特に空間表現力を重視しています。ステレオミニプラグ入力のため、接続機器を選ばないのも利点です。

加えて、オーバーイヤー型ながら折りたためるので、持ち運んで使用できるのもポイント。モニターサウンドを外出先に持ち出して音楽鑑賞したい方に向いています。

ボーズ(Bose) QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphones

ボーズ(Bose) QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphones

ボーズの有線接続ノイズキャンセリングヘッドホンです。長年培ったノイズリダクションテクノロジーと電子回路技術によってノイズを強力にカット。電車や飛行機の中でも、周囲の騒音を気にせず、音楽を楽しむことが可能です。大型のオーバーイヤー設計と入念な音質チューニングによって、ロックからクラシックまで幅広いジャンルの音楽に適しています。

ケーブル部にはマイク付きリモコンを搭載しているため、スマホでの通話や音量操作が可能です。大型ながら195gの軽量と折りたたみ機構を採用しており、持ち運びが簡単なのもポイント。装着性を重視したイヤーパッドによって長時間でも快適に使用できます。なお、iPhoneとAndroidによって対応モデルが異なるので注意してください。

ビーツ(Beats) オンイヤーヘッドホン Beats EP

ビーツ(Beats) オンイヤーヘッドホン Beats EP

ビーツらしいおしゃれなデザインとリーズナブルな価格が魅力の有線ヘッドホン。従来のビーツのような重低音重視ではなく、幅広い音域とクリアなサウンドをバランスのバランスが取れた音質を備えています。

フレームに軽さと耐久性に優れたステンレススチールを採用。上下に調整可能なヘッドバンドと柔らかなイヤーパッドによる装着感もポイントです。カラーバリエーションは、ブルー・ホワイト・レッド・ブラックの4色でスタイルや好みに合わせて選べるのも魅力。比較的安価にもかかわらず音質も良好なので、コスパのよいエントリーモデルを探している方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 開放型ヘッドホン HD 660 S

ゼンハイザー(SENNHEISER) 開放型ヘッドホン HD 660 S

ゼンハイザーによる開放型ヘッドホンの名機「HD 650」の後継機です。本モデルでは300Ωから150Ωへと大幅にインピーダンスを下げ、音質も聴きやすさを重視した傾向に変更しているのがポイント。幅広い機器で簡単に高音質が楽しめるように配慮しています。

HD 650同様の広い空間再現力を背景に、リアルな楽器が生々しく浮かび上がるサウンドが特徴です。豊かなハーモニーと、艶のある音色も魅力。音楽鑑賞向けの実力派ヘッドホンとしておすすめのモデルです。

フォステクス(FOSTEX) 密閉型ヘッドホン T60RP

フォステクス(FOSTEX) 密閉型ヘッドホン T60RP

平面振動板を使用しているのが特徴のオーバーイヤー型ヘッドホン。一般的なダイナミック型に比べ、繊細な表現力と音の豊かさに優れています。フォステクスは平面振動板ヘッドホンを得意にしており、原音に忠実な音質を備えているため、業務用モニターヘッドホンとしても定番です。

本機はハウジング部にアフリカンマホガニーを使い、響きの美しさを特に追求しています。モニターにもリスニングにも使える表現力の幅が魅力です。立体感に優れたサウンドが楽しめる4.4mmバランス接続に対応可能なケーブル着脱機構を採用しているもポイント。個性的な見た目なので、一味違うヘッドホンを探している方にもおすすめです。

スーパーラックス(Superlux) プロフェッショナルモニターヘッドホン HD681F

スーパーラックス(Superlux) プロフェッショナルモニターヘッドホン HD681F

半開放型のオーバーイヤーヘッドホン。リーズナブルながら正確な音の再現性が必要なモニター用途にも適しています。音質の傾向としては、空間再現性に優れたナチュラルサウンドが魅力です。

また、50mm径大型ユニットにネオジウムマグネットを組み合わせたドライバーによる、10Hzから30kHzもの広い音域を再生できるワイドレンジ性を有しているため、低音から高音までバランスがよいのもポイント。DTM用のモニターから室内での音楽鑑賞まで幅広い用途におすすめできるモデルです。