音楽やゲーム、レコーディングなどを迫力のあるサウンドで楽しめる「ヘッドホン」。小さなサウンドも聞き取りやすく、音の広がりを感じられます。ヘッドホンは接続方法やハウジング形状、機能などさまざまな違いがあるため、どれを選ぶか迷ってしまいがちです。

今回は、おすすめのヘッドホンをワイヤレスと有線に分けてランキング形式でご紹介。選び方についても解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

ヘッドホンの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

ワイヤレスヘッドホンは、オーディオ機器とヘッドホンをBluetoothで接続するタイプ。ケーブルがないため、服などに引っかかって外れる心配がありません。さらに、オーディオ機器からある程度離れても使用できるのが特徴です。

ワイヤレスヘッドホンはバッテリー駆動のため、定期的に充電する必要があります。また、ワイヤレスで音声データを転送しているので、遅延や音質の劣化が発生しやすいのもデメリット。高音質・低遅延で楽しみたい方は、AACやaptXなどの対応コーデックもチェックしましょう。

有線

By: amazon.co.jp

有線ヘッドホンは、オーディオ機器とヘッドホンをケーブルで接続するタイプです。音質の劣化や音と映像のズレなどが発生しにくいのが特徴。基本的にバッテリーを搭載していないため、充電の手間がかからないのも魅力です。

ただし、有線ヘッドホンはケーブルが絡まってしまったり、断線したりなどの可能性があります。有線ヘッドホンを選ぶ際は、ケーブルの長さやリケーブル対応の有無などを確認しましょう。

ハウジングの形状をチェック

密閉型

By: amazon.co.jp

密閉型のヘッドホンは、ハウジングが密閉されており、音を閉じ込められる仕様です。低音が出しやすい構造で、迫力あるサウンドが特徴。重低音サウンドを楽しみたい方におすすめのタイプです。

また、音漏れしにくいため、電車や公共の場など人混みで重宝します。遮音性が高く、小さい音が聞き取りやすいのも魅力です。ただし、音がこもりやすく、高音が出にくいのが難点。周囲の音も聞こえにくくなるため、利用シーンを考慮して使用する必要があります。

密閉型ヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

開放型

開放型のヘッドホンは、ハウジングがメッシュなどで覆われており、音がこもりにくい仕様。音の抜けがよく、広がりのある音場を感じられるのが特徴です。特に伸びのある高音をリスニングしたい方に適しています。

音の抜けがよい反面、音漏れしやすい点に注意が必要です。また、外部のノイズも拾いやすいので、騒がしい環境での使用にも不向き。ユニットが大きいモデルが多いため、持ち運びに適していない点も留意しておきましょう。

開放型ヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

装着方法をチェック

オーバーイヤー型

By: amazon.co.jp

オーバーイヤー型のヘッドホンは、耳を覆うように装着するタイプです。一般的な装着方法で、ラインナップが豊富。密閉性と遮音性が高く、音漏れしにくい仕様です。屋外で使用したい場合にも適しています。

ヘッドホンを装着する際に耳を覆うため、長時間着用すると耳が痛くなりやすいのが難点。オンイヤー型に比べてサイズが大きいモデルが多いので、折りたたみに対応しているかも考慮しましょう。

オーバーイヤーヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

オンイヤー型

By: amazon.co.jp

オンイヤー型のヘッドホンは、耳に乗せるように装着するタイプ。オーバーイヤー型に比べてコンパクトなモデルが多く、携帯性に優れているのが特徴です。リーズナブルなモデルが多いため、初めてヘッドホンを購入する方にもおすすめ。ファッション性の高い製品のラインナップも魅力です。

オンイヤー型は耳を密閉しにくいので、音漏れしやすい点は注意が必要。利用シーンにあわせて音量を調節しましょう。コスパや携帯性を重視したい方はチェックしてみてください。

オンイヤーヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

用途にあわせたモデルや機能をチェック

通勤・通学時には「ノイズキャンセリング」搭載モデルが人気

By: amazon.co.jp

通勤・通学時などに音楽を楽しみたい方は、ノイズキャンセリングを搭載したヘッドホンがおすすめです。ノイズキャンセリングとは、マイクが周囲の音を拾い、逆位相の音を出力してノイズを聞こえにくくする機能のこと。主に密閉型ヘッドホンに採用されている機能です。

ノイズキャンセリングを使用すると周囲の音が聞こえにくくなるため、車の音や駅のアナウンスなどを聞き逃してしまうことも。周囲の音にも気を配りたい方は、ノイズキャンセリングと一緒に搭載されていることが多い「外音取り込み機能」を備えているかもチェックしましょう。

外音取り込み機能は、周囲の音を聞き取りやすくする機能で、音楽を聴きながら周囲の音を確認可能。利用シーンに応じてノイズキャンセリングと外音取り込み機能を切り替えることで、快適に音楽を楽しめます。

ノイズキャンセリングヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

高音質で音楽を楽しみたいなら「ハイレゾ対応モデル」

By: amazon.co.jp

高音質で音楽を楽しみたい方は、ハイレゾ対応モデルがおすすめです。ハイレゾとは、CDより情報量が約6.5倍多い音源のこと。レコーディングで録音された状態をほとんど再現できるため、目の前でアーティストが歌っているかのようなリスニングを実現します。

オーディオ協会が定めるハイレゾ対応機器の定義として、高域再生性能が40kHz以上必要。基準を満たしたハイレゾ対応モデルには、ハイレゾ推奨ロゴマークが付与されています。

ハイレゾ対応モデルは、有線ヘッドホンが主流。ただし、ソニー独自の「LDAC」対応モデルは、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を楽しめるので、気になる方はチェックしてみてください。

ハイレゾ対応ヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

作曲やDTMには「モニターヘッドホン」がおすすめ

作曲やDTMには、モニターヘッドホンがおすすめ。モニターヘッドホンとは、録音された音源を原音に忠実にリスニングできるヘッドホンのことです。音楽鑑賞用とは用途が異なるため、音域が広くフラットなサウンド特性を採用。音源のアラやサウンドの乱れなどをチェックできます。

作曲やDTMなどの作業で使用する場合、長時間着用する機会が多いので、装着感に優れているかも重要なポイント。アコースティックやクラシックなどの音源をモニターする場合は、開放型や半開放型のモデルをチェックしてみてください。

また、モニターヘッドホンはバージョンアップが少なく、ロングセラーモデルが多いのが特徴です。

モニターヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

ゲーム用なら「ゲーミングヘッドセット」を選ぼう

ゲーム用のヘッドホンを検討している方には、ゲーミングヘッドセットがおすすめ。ゲーミングヘッドセットは、一般的なヘッドホンと異なり、ヘッドホンにマイクを搭載しているのが特徴です。ボイスチャットでコミュニケーションを取りながらゲームを楽しめます。

ゲームにぴったりな音質特性を備えているのも魅力。敵の足音や銃声などのゲーム音を聞き取りやすかったり、音の方向を把握しやすかったりします。特にFPSなど音の方向性が重要なゲームでは、勝敗を左右するアイテムです。メーカーによって、音質特性や機能が異なるので、気になる方はチェックしてみてください。

ゲーミングヘッドセットについて詳しく知りたい方はこちら

ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、東京都に本社を置く大手電機メーカーです。ウォークマンを発売していることでも有名。テレビ・カメラ・スマホなど多岐にわたり手掛けているのも特徴です。

ヘッドホンは、有線からワイヤレスまで幅広い製品をラインナップ。高音質なハイレゾ対応モデルやノイズキャンセリングを搭載したモデル、モニターヘッドホンなど用途に適したモノを選べます。音質に優れた製品が多いので、音質を重視したい方にもおすすめのメーカーです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

ゼンハイザーは、1945年に設立したドイツの音響機器メーカーです。ヘッドホンやマイクロフォンなどを手掛けており、音楽・映画制作現場などプロ向けの製品を多数ラインナップ。1968年に世界で初めてオープンエアー型ヘッドホンを発売したことでも有名です。

ゼンハイザーのヘッドホンは、スタイリッシュで音質に優れているのが特徴。ワイヤレスヘッドホンも多数展開しており、用途や好みにあわせて選べます。高性能な製品が多く、価格は高め。本格的なサウンドを楽しみたい方にもおすすめのメーカーです。

アーカーゲー(AKG)

By: amazon.co.jp

アーカーゲーは、オーストリアのウィーンで1947年に設立された音響機器メーカーです。設立当初は、映画関連の音響機器を製作。現在は、イヤホンやヘッドホンなどをメインで手掛けています。

モニターヘッドホンやノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドホンなど、幅広い製品をラインナップ。開放型ヘッドホンやオンイヤー型ヘッドホンなど種類が豊富なため、用途や好みに適したモノを選べます。スタイリッシュなデザインで、見た目にこだわりたい方にもおすすめのメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

オーディオテクニカは、東京都に本社を置く音響機器・映像機器メーカーです。ヘッドホン・イヤホン・マイクロフォンなどをメインで製造。グッドデザイン賞を受賞した製品を多く生み出しており、スタイリッシュなデザインに定評があります。

一般向けからプロ向けのヘッドホンまで幅広くラインナップ。有線タイプやワイヤレスタイプ、モニターヘッドホンなど用途にあわせて選べます。音質にこだわって設計されており、本格的な高音質サウンドをリスニングできるのも魅力。リーズナブルな製品を多数発売しているため、コスパを重視したい方にもおすすめです。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめランキング

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4

高性能なおすすめのワイヤレスヘッドホン。LDACコーデックに対応しており、ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめます。圧縮音源をハイレゾレベルにアップスケーリングできる「DSEE Extreme」に対応している点も魅力です。

強力なノイズキャンセリング機能を搭載しているのも特徴のひとつ。独自プロセッサーや2つのマイクの搭載により、高精度なノイズキャンセリングを利用可能です。街中やカフェはもちろん、新幹線や飛行機などの騒音環境下でも快適に音楽を楽しめます。

ハウジング部分にはタッチセンサーを搭載。曲送りや一時停止、音量調節などの操作を直感的に行えます。また、GoogleアシスタントとAmazon Alexaが搭載されているので、音声だけでスケジュール管理やニュースのチェックが可能です。

第2位 ボーズ(BOSE) QuietComfort 45 headphones

豊かな低音を楽しめる、おすすめのワイヤレスヘッドホンです。ヘッドバンドやイヤーカップのクッションには、高級感のあるシンセティックレザーを採用。ヘッドバンドにはガラス繊維入りのナイロン樹脂も使用されており、高い耐衝撃性を実現しています。

独自の「TriPortテクノロジー」による、深みのあるサウンドが特徴。ボリュームを問わず適した音質を維持できるように「アクティブEQ」も搭載されており、ボリュームを下げてもしっかりと安定した低音を体験できます。

周囲のノイズを低減する「Quietモード」と、周囲の音を聞きとりながら音楽を再生できる「Awareモード」を搭載。騒音が気になるシーンや周囲に注意を配りたいシーンなど、状況に合わせた臨機応変な使い方ができます。

第3位 アップル(Apple) AirPodsMax MGYJ3J/A

スタイリッシュなデザインが魅力的な、おすすめのワイヤレスヘッドホンです。iPhoneやiPadに本体を近づけると画面にポップアップが表示されるので、タップするだけで簡単に接続可能。iPhoneやiPadユーザーの方におすすめです。

また、独自設計のダイナミックドライバを搭載。迫力のある低音からクリアな高音まで、バランスのよいサウンドを再生可能です。強力なノイズキャンセリング機能も搭載されているため、騒がしい場所でも快適に音楽を楽しめます。

おしゃれかつフィット感に優れたデザインも魅力です。ヘッドバンドには、通気性に優れたニットメッシュ素材を採用。左右のカップには酸化皮膜処理が施されたアルミニウムが使われており、シンプルながら高級感があります。

第4位 ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM 3 Wireless 508234

音質にも見た目にもこだわりたい方におすすめのワイヤレスヘッドホンです。ヘッドバンドやイヤーパッドには本革が採用されており、心地よい装着感とおしゃれなデザインを両立。オーバーイヤー型で、長時間着用しても疲れにくく快適に使用できます。

原音に忠実なバランスのよいサウンドが特徴。ノイズキャンセリングには最大モード・風切り音低減モード・圧迫感低減モードの3種類が用意されているので、シーンに応じて使い分けが可能です。また、周囲の音を取り込む機能も使用できます。

SiriやGoogleアシスタント、Amazon Alexaなどを呼び出せるボタンも搭載。また、本体を頭から取り外すと音楽が停止し、装着すると再開される機能にも対応しています。

第5位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-WS660BT

低音を重視する方におすすめのワイヤレスヘッドホン。折りたたみ機構を搭載しており、ポータブル性に優れています。カバンに入れて無理なく持ち運べるので、自宅だけではなく外出先でもヘッドホンを使用したい方におすすめです。

コンパクトなボディに53mmの「ディープ・モーションドライバー」を内蔵しており、ワイヤレスながら迫力のある低音を再生可能。不要な共振を防ぐアルミニウム製エンクロージャーの採用により、音の歪みやノイズも低減できます。

バッテリー持ちのよさも魅力のひとつ。フル充電すると、最大で約40時間連続で音楽を再生できます。また、万が一バッテリーが切れてしまっても有線接続が可能です。

第6位 アーカーゲー(AKG) ヘッドホン N60NC Wireless

コンパクトながら高性能な、おすすめのオンイヤー型ワイヤレスヘッドホン。フラットな状態に折りたためるため、使用しないときはスマートに収納可能です。もちろん、カバンにも無理なく入れられるので、気軽に持ち運んで使用できます。

バランスに優れた深みのあるサウンドが魅力。低音だけではなく、中音域や高音域も美しく再生可能です。コーデックはaptXをサポートしているため、多くのAndroidスマートフォンやWindows 10搭載マシンで高音質なサウンドを楽しめます。

高性能なノイズキャンセリング機能も搭載。人混みや飛行機など騒がしい環境下でも、必要以上に音量を上げず快適に音楽を楽しめます。ノイズキャンセリングを有効にしても、最大で約15時間連続で使用できます。

第7位 デノン(DENON) ワイヤレスノイズキャンセリング・ヘッドホン AH-GC30

シーンに合わせた使い方ができる、おすすめのワイヤレスヘッドホン。2時間の充電で約20時間使用できるバッテリーが搭載されています。万が一バッテリーが切れてしまっても、ハイレゾに対応した有線接続で高音質なサウンドを体験可能です。

aptXとaptX HDのほか、AACに対応しているのもポイント。Androidスマートフォンだけではなく、iPhoneと接続した場合でも高音質な音楽を楽しめます。40mmのドライバーが搭載されており、量感のある低音を再生可能です。

柔軟なノイズキャンセリング機能の搭載も特徴。飛行機・シティ・オフィスの3つのモードから、環境や好みに合わせたノイズキャンセリングを適用できます。また、駅や空港などのアナウンスを聞きたいときには、周囲の音を取り込む機能も利用可能です。

第8位 シュア(SHURE) AONIC 40 SBH1DY

本格的なサウンドを体験できる、おすすめのワイヤレスヘッドホン。本体がコンパクトなうえ折りたたみにも対応しているので、収納や持ち運びに適しています。キャリングケースも付属しているため、外出で使うヘッドホンを探している方にもおすすめです。

イコライザーの設定に対応しているのも魅力。プリセットされたイコライザーを選べるほか、スマートフォンアプリを使用して好みに合わせたカスタマイズも可能です。作成したイコライザーは、ヘッドホン本体に保存できます。

もちろん、ノイズキャンセリング機能も搭載。強さを3段階から選択できるので、周囲の騒音の程度に合わせて使用できます。また「ビームフォーミングマイクロホン」も搭載されているため、クリアな音声でハンズフリー通話が可能です。

第9位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-HL7BT

開放的な装着感が特徴的な、おすすめのワイヤレスヘッドホン。通気性に優れたオープンエアー構造の採用により、快適な装着感を実現しています。本体の重量も約220gと非常に軽量。長時間使用する場合でも、ストレスを最小限に抑えられます。

広帯域再生が可能な、53mmのドライバーを搭載。高品質なHi-Fi DACやヘッドホンアンプも内蔵されているので、豊かな低域と美しい中高域を両立したバランスのよいサウンドを楽しめます。

最大約20時間の再生に対応。約10分の充電で約150分間の連続再生が可能な急速充電もサポートしているため、充電を忘れた場合でもスムーズに準備ができます。また、有線接続にも対応しており、有線接続の場合はハイレゾ音源の再生も可能です。

第10位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-XB910N

迫力のある重低音を楽しみたい方に適した、おすすめのワイヤレスヘッドホン。低音をブーストするアンプが内蔵されているほか、気密性を高めた構造やダクトの搭載、耐振幅特性や耐気圧特性に優れた振動板の採用により、臨場感のある低音を体験可能です。

低音に負けず中高音をクリアに再生できるのもポイント。LDACやAACといった高音質コーデックに対応しているほか、音源の圧縮で失われた高音域を補完できる「DSEE」も搭載されているので、ワイヤレスながら高音質を楽しめます。

専用アプリ「Headphones Connect」にも対応。プリセットされたイコライザーを選択したり、自由にカスタマイズしたりできるため、好みの音質で音楽を楽しめます。

有線ヘッドホンのおすすめランキング

第1位 ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-1AM2

音質にこだわりたい方におすすめの有線ヘッドホン。40mmのドライバーユニットを搭載しており、クリアな高音と引き締まった低音を再生可能です。ハイレゾ音源の再生にも対応。左右の音を完全に分離できる、バランス接続も可能です。

対応の音楽配信サービスを利用している場合に、音に包まれるような体験ができる「360 Reality Audio」もサポート。専用アプリを導入すれば、耳の形に合わせて最適された状態で音楽を楽しめます。

バランス接続用ケーブルのほか、マイクとリモコンが搭載されたケーブルも付属。iPhoneやAndroidスマートフォンに接続した場合に、ハンズフリー通話が可能です。

第2位 オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M60x

プロの現場でも活用できる、オンイヤータイプのおすすめ有線ヘッドホン。イヤーパッドやヘッドバンドには柔らかい合皮を採用しており、快適な装着感を実現。また、薄型ながら強度に優れたスライダーの採用により、首に掛ける際のストレスも軽減されています。

45mmのCCAWボイスコイルドライバーを搭載。広い帯域でフラットな音質を実現しているほか、左右の音のバラつきも抑えられているので、モニタリングにも適しています。

3種類の着脱式ケーブルが付属するのもポイント。スタジオ機器で使いたい場合やスマートフォンと接続したい場合など、シーンに合わせて使い分けられます。

第3位 デノン(DENON) ヘッドホン AH-D1200

高音質なうえ見た目もおしゃれな、おすすめの有線ヘッドホン。軽量かつ耐久性にも優れたアルミダイキャストを、ハンガー部分に採用しています。適度な光沢により高級感があるので、デザインを重視する方にもおすすめです。

50mmの大型ドライバーを搭載しているのも特徴。開放的な中高域と量感のある低域をバランスよく楽しめます。また、ハイレゾ音源の再生にも対応しているため、原音に忠実なサウンドを再生可能です。

シンプルなストレートケーブルのほか、リモコン付きのケーブルも付属。リモコンケーブルは、iPhoneに接続すると再生や一時停止、ボリューム調節などの操作が可能です。

第4位 ソニー(SONY) ステレオヘッドホン h.ear on 2 MDR-H600A

ファッションアイテムとしても楽しめる、おすすめの有線ヘッドホン。豊富なカラーバリエーションが用意されているため、好みに合わせて選択可能です。折りたたみ機構も採用されており、持ち運びにも適しています。

専用に設計された40mmのドライバーユニットを搭載しており、ハイレゾ音源にも対応。音に包まれているような臨場感を体験できる「360 Reality Audio」もサポートしているので、迫力のあるサウンドを楽しめます。

第5位 ゼンハイザー(SENNHEISER) ヘッドホン HD 560S

リアルなサウンドを楽しめる、おすすめの有線ヘッドホン。イヤーパッドやヘッドバンドに軽量なベロア素材が採用されており、長時間装着する際の負担が軽減されています。オープンタイプなので圧迫感も少なく、快適に使用可能です。

高性能な38mmのダイナミックドライバーを内蔵しているのもポイント。低音を豊かに再生しながら細部の音までしっかりと描写できるため、解像度の高いサウンドを楽しめます。癖の少ないフラットな音質なので、趣味にも仕事にもおすすめです。

第6位 ソニー(SONY) ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-ZX110NC

有線タイプながらノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンです。豊かな低音と透明感のある中高音を再生可能。低音から高音までバランスよく再生できるため、さまざまなジャンルの音楽を幅広く楽しめます。

ノイズキャンセリング機能の搭載も特徴。飛行機や電車などの騒がしい環境でも、最小限の音量で快適に音楽を再生できます。また、仕事や勉強など、静かな環境で集中したい場合にも活用可能です。

第7位 ヤマハ(YAMAHA) スタジオモニターヘッドホン HPH-MT5

原音に忠実な音を再現しやすい、おすすめの有線ヘッドホン。柔軟なアームピボット構造を採用しており、頭の形状に合わせてピッタリとフィットします。スライダーによる長さ調節にも対応。イヤーカップを可動させれば、片耳だけの使用も可能です。

原音の細かいニュアンスまでしっかりと感じられる、高音質も魅力のひとつ。高解像度かつ高分解能なうえ音質もフラットなので、バランスの取れたサウンドを再生可能です。音楽を楽しむのはもちろん、レコーディングやミキシングにも適しています。

また、耐久性の高さもポイント。堅牢に設計されているため、過酷な現場でも安心して使用可能です。また、持ち運んで使用したい場合に便利なナイロン製のキャリングバッグも付属します。

第8位 ゼンハイザー(SENNHEISER) ハイエンド・アラウンドイヤーヘッドホン HD 599

デザイン性に優れたおすすめの有線ヘッドホン。人間工学に基づいた設計が採用されています。イヤークッションにはベロア素材、ヘッドバンドには柔らかい革素材が使用されており、長時間でも快適に装着可能です。

高音から低音まで、バランスよくナチュラルに再生できるのも特徴。音場が広くクリアな音質なので、幅広いジャンルの音楽を美しく再生できます。

また、6.3mmステレオ標準プラグを採用したケーブルと、3.5mmステレオミニプラグを採用したケーブルが付属。機器に合わせて使い分けられます。

第9位 オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-AVC200

低価格ながら高音質な、おすすめの有線ヘッドホン。大型のヘッドバンドの採用と「アジャスタブルヘッドサポート」により、自然なフィット感を実現しています。密閉型なので、周囲の雑音を遮りながら音楽を再生可能です。

また、40mmのドライバーを内蔵。クリアかつ高音質なサウンドを楽しめるため、音楽はもちろん動画コンテンツにも適しています。

高音質ながら価格が安いのもポイント。コストパフォーマンスに優れた有線ヘッドホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第10位 JVCケンウッド(KENWOOD) ステレオヘッドホン HA-RZ710

テレビを視聴する際にも活用できる、おすすめの有線ヘッドホン。2.3mの延長用コードが付属しているため、大画面のテレビともしっかりと距離をとれます。イヤーパッドには心地よい肌触りのソフトレザーが採用されており、快適に装着可能です。

50mmのドライバーユニットのほか、サウンドスタビライザーが搭載されているのも特徴。振動板の振幅が安定しやすく、映画や音楽などのデジタル音源をバランスよく高解像度に再生できます。

ヘッドホンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヘッドホンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。