お気に入りのサウンドを高音質で楽しみたい方にとって必須アイテムである「ヘッドホン」。従来からある有線タイプはもちろん、最近はワイヤレスタイプも増えており、音質も向上しています。

しかし、さまざまな製品がラインナップされているため、各アイテムがどのようなユーザーに最適なのかは判断が難しいところ。そこで今回は、ヘッドホンのおすすめモデルをご紹介します。あわせて選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ヘッドホンの種類

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

発音部を囲むイヤーカップ部分(ハウジング)が外部と遮断されているタイプを「密閉型ヘッドホン」と言います。

昔からあるスタンダードな形状のヘッドホンで、外部の音を遮断するため、細かい音も聴き取りやすく音楽に没入できるのがメリット。低音を逃がしにくい構造なので、低音の効いた曲を楽しみたい方に適しています。

周囲への音漏れが少なく、公共の場所でも使いやすいのが魅力。小さな音も聴き逃したくないという方や曲を集中して聴きたい方、迫力のある重低音サウンドを楽しみたい方は密閉型ヘッドホンがおすすめです。ただし、密閉されることで外部の音が聴こえにくいため、その点は注意しておきましょう。

密閉型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

開放型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは、ハウジングに穴が空いているタイプで、オープンエアー型と呼ばれることもあります。ハウジング内で反響することによるこもりが少ないため、自然に近い状態のサウンドを楽しめるのが特徴です。

軽量モデルが多いので、大型のモノでも比較的気軽に装着することが可能。長時間着けていても疲れにくいため、家でゆったりと音楽を聴きたい方におすすめです。一方、低音が外に逃げやすく、音漏れしやすいのが懸念点。屋外で使用する場合は注意が必要です。

開放型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ヘッドホンの選び方

装着方法で選ぶ

オーバーイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

イヤーパッドが耳全体を覆うオーバーイヤー型(アラウンドイヤー型)は、本体が大きい分音質に大きく関わるパーツを大型化できるため、高音質なモデルが多くラインナップされているのが特徴です。

ミュージシャンなど音楽に関わる職業の現場では、オーバーイヤー型のヘッドホンが多用されています。音にこだわりたい方であれば、オーバーイヤー型がおすすめです。

オーバーイヤー型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

オンイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

イヤーパッドを耳に乗せるタイプのオンイヤー型は、軽量かつコンパクトなモデルを豊富に揃えているのがメリットです。折りたためるモノも多く、ポータブル使用に向いています。

一方、オーバーイヤー型と比べて低音の再生能力に劣るのがデメリット。手軽に装着できるヘッドホンを探している方におすすめです。

オンイヤー型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

接続方法と機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンといえばかつては有線タイプが主流でしたが、最近はBluetoothで接続できるヘッドホンも増えています。屋内使用がメインであれば、バッテリー切れの心配がなく、音質も安定している有線タイプが最適。屋外で使う機会が多い場合や、ケーブルが煩わしいと感じる方にはBluetoothタイプがおすすめです。

また、ヘッドホンに搭載されている機能に関しても多様化しているのが特徴。「屋外で使うときは周りの騒音が気になる」という方は、ノイズキャンセリング対応のヘッドホンを選べばストレスなく楽しめます。また、「より音質を重視したい」という方は、立体感のあるサウンドが楽しめるバランス接続に対応しているヘッドホンがおすすめです。

音質傾向で選ぶ

モニター型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

ヘッドホンの音質はメーカーおよび機種ごとに大きく異なります。価格が高ければよいというものではなく、ヘッドホンが得意とする音の傾向と自分好みの音が一致していることが重要です。

モニター型は、主に音楽制作を目的としたシーンに適しており、生音に近いリアルな再現性をもつのが特徴。幅広い音域を再生するのに適しています。

リスニング向けヘッドホン

By: amazon.co.jp

リスニング向けのヘッドホンは、ベース音を強調している重低音ヘッドホンや、低音・高音ともに強調されたドンシャリ傾向のあるヘッドホンなどがあり、バリエーションが多いのが特徴です。

製品ラインナップが豊富に揃っているため、各メーカーの音質の傾向を把握して選ぶのが重要なポイント。特に老舗メーカーのヘッドホンはこれまで培ってきた技術とノウハウが活かされており、自分の好みに合うモデルを見つけやすいので、その点は留意しておきましょう。

音質を追求するなら「ハイレゾ」対応モデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンのスペックは、再生できる範囲の広さを示す「再生周波数帯域」、大きな音をどこまで出せるかを示す「音圧感度」、電気抵抗値を示す「インピーダンス」が重要です。

このうち、高音質を見分けるのに繋がるのは「再生周波数帯域」。ほとんどのヘッドホンは、人が聴き取れる周波数と言われている20Hz〜20kHzをカバーしていますが、最近は従来のCDを超える音域が再生できる「ハイレゾ音源」も注目されています。高音質のヘッドホンを探している方は、再生周波数帯域が40kHz以上のハイレゾ音源に対応したモデルを選びましょう。

ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは常に先進的な技術の開発と新しいオーディオの楽しみ方を提示してきた世界的なメーカー。ウォークマンの発売により、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させました。

ヘッドホンにおいてはプロ用・一般用の両方において国内トップクラス。特にプロ用の「MDR-CD900ST」は、発売から25年以上経つ現在でも業務用のヘッドホンとして圧倒的な影響力をもちます。

一般用のヘッドホンに関しては、ハイレゾ音源が聴ける広帯域に対応していたり、Bluetoothで伝送する際の高音質コーデックLDACに対応していたりと、優れたスペックを備えているのが魅力です。

製品によっては騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能も搭載。音質がクリアで音の隅々までしっかり聴き取れるのがポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつ。幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えているのが特徴です。

国内メーカーとしては珍しく開放型を多く展開しているのがポイント。やや高音を強めた爽やかなサウンドが特徴です。なかでも、業務用のヘッドホンはフラットな傾向にあります。原音を忠実に聴きたい方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンを1967年に開発したドイツの老舗音響機器メーカー。業務用を中心に世界的な人気を集めています。精密でありながら滑らかなサウンドを鳴らすことができ、空間表現力の高さも特徴。クラシックを中心としたアコースティックな音楽との相性が良好です。

ボーズ(Bose)

By: rakuten.co.jp

世界で初めてノイズキャンセリング機能を開発したアメリカのオーディオ機器メーカー。独自の音楽理論と多数の特許技術を持っており、全体的に華やかで聴き応えのある心地よいサウンド作りをしているのが特徴です。

重低音のほか、声の帯域である中音域をクリアに聴かせてくれるモデルをラインナップしているのもポイント。高性能な製品を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ビーツ(Beats)

By: amazon.co.jp

スタイリッシュかつクールなデザインとおしゃれなカラーリングが特徴のビーツ。音質も良好で、特に重低音重視の方は要チェックのブランドです。

音楽業界だけでなく、アスリートやモデルなど多くのセレブに愛用されているのもポイント。2014年からはAppleの傘下となり、同メーカー製品との互換性も考慮したい方はチェックしておきましょう。

ヘッドホンのメーカーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ヘッドホンのおすすめモデル|ワイヤレスタイプ

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WH-CH510

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WH-CH510

軽量・コンパクトで安い価格が魅力のワイヤレスヘッドホンです。重量はわずか約132gで、ハウジング部をフラットにしまえるスイーベル機構を採用。バッグの中に簡単に収納できるので持ち運びが快適にできます。

バッテリー駆動時間は最長35時間で、1日5時間聴いても1週間充電いらず。加えて、10分の充電で90分の再生が可能な急速充電機能も搭載されています。

音質劣化の少ないAACコーデックに対応しているため小型でも高音質。最大8台までの機器とのBluetooth接続が可能で、iPhone・Androidスマホで曲送り・一時停止・ハンズフリー通話などが遠隔操作できます。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3

高性能なノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスタイプの高級ヘッドホンです。「NCオプティマイザー」がユーザーごとに髪型・メガネの有無・装着ずれなど装着状態の違いを検出し、内蔵の気圧センサーが飛行機内など使用環境を認識。状況に応じてノイズキャンセリングの効果を最適化してくれます。

コントロールパネル全面を手で覆えば一時的に音量を抑えて周囲の音を取り込める「クイックアテンションモード」も搭載。緊急の機内アナウンスなどをヘッドホンを外さず聞けます。

ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質が楽しめるのも魅力。LDACコーデックに対応するのでCDの約3倍となる情報量の最大96kHz/24bitまでのハイレゾ再生ができるほか、非ハイレゾのMP3音源もハイレゾ相当の音質にアップスケーリングできます。

ビーツ(Beats) ワイヤレスヘッドホン Beats Solo3 Wireless

ビーツ(Beats) ワイヤレスヘッドホン Beats Solo3 Wireless

低音とおしゃれなデザインが特徴のヘッドホンです。ビーツは伝説的なヒップホッパー兼音楽プロデューサーのドクター・ドレが立ち上げたブランド。細かなチューニングで幅広い音域とクリアなサウンドがバランスよく楽しめます。

バッテリー駆動時間は最長40時間。さらに、5分の充電で最長3時間の再生が可能な急速充電機能の「Fast Fuel」も搭載しています。

Apple製品との親和性が高いのもポイント。Apple W1チップを組み込んだことで、iPhoneなどとのペアリングの設定や切り替えがスムーズにできます。全部で6種類のカラーバリエーションが用意されているのも魅力です。

ビーツ(Beats) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Beats Studio3 Wireless

ビーツ(Beats) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Beats Studio3 Wireless

ノイズキャンセリングによって音楽に没頭できるビーツでハイエンドモデルの高級ワイヤレスヘッドホンです。独自のノイズキャンセリング機能「Pure ANC」が、周囲の環境を継続的にモニタリングしてノイズを遮断。さらに、再生中の音楽を毎秒最大5万回解析し、ユーザーの使用状態も加味した上で最適なリスニング環境を実現してくれます。

「Pure ANC」機能をオンにした場合、バッテリーの駆動時間は最長22時間ですが、オフにすると最長40時間まで持続。10分間の充電で最長3時間の再生が可能な急速充電機能「Fast Fuel」にも対応します。Apple W1チップの搭載により、Apple製品との連携が快適にできるのもポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン SOLID BASS ATH-WS660BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン SOLID BASS ATH-WS660BT

重低音の再生に特化したコンパクトなワイヤレスタイプのヘッドホンです。重量がわずか約220gの軽量ボディでありながら、53mmの大口径ドライバーを搭載。さらに、硬度の異なる2層のクッション材を採用したイヤーパッドが、耳にかかる圧力を軽減しつつ、体に響く迫力のある重低音を実現しています。

バッテリーの駆動時間は最長40時間。ヘッドホンコードが付属するので、バッテリー残量が少なくなった場合でも有線接続で引き続き音楽が楽しめます。ハウジング部はフラットに動かせるほか、内側に折りたたんでコンパクトに収納も可能。耳元で音楽や通話の遠隔操作もできます。

ボーズ(Bose) ノイズキャンセリングヘッドホン QuietComfort 35 wireless headphones II

ボーズ(Bose) ノイズキャンセリングヘッドホン QuietComfort 35 wireless headphones II

ボーズ最高峰となるワイヤレスタイプの高級ヘッドホンです。周囲のノイズを継続的に監視・測定しつつ逆位相の信号でノイズを除去。ノイズキャンセリング効果の度合いは3段階で切り替えられるので、常に最適なリスニング環境が手に入ります。

バッテリーは最長20時間の連続再生が可能で、急速充電機能によってわずか15分の充電で約2.5時間の再生にも対応。バッテリーが切れても付属の専用ケーブルを使用すれば有線で引き続き音楽が楽しめます。

Amazon AlexaとGoogleアシスタントを内蔵。話しかけるだけでスマホの各種操作・検索・商品注文などが利用できます。また、専用アプリでは設定の細かなカスタマイズも可能です。

ジェイビーエル(JBL) ワイヤレスオンイヤーヘッドホン UA Sport Wireless Train

ジェイビーエル(JBL) ワイヤレスオンイヤーヘッドホン UA Sport Wireless Train

ジムでのワークアウトにおすすめな防水性能を備えた、ワイヤレスタイプのヘッドホンです。人気スポーツウェアブランド「Under Armour」の独自開発による軽量性・耐久性・速乾性に優れた特殊素材を採用。ムレやベタつきを防ぐのでワークアウトに集中でき、さらにイヤークッションは取り外して手洗いもできます。

バッテリーの駆動時間は最長16時間で、わずか5分の充電で連続1時間のワークアウトでの使用が可能です。「TalkThru」機能の搭載もポイント。ハウジングのUnder Armourロゴをタッチするだけでノイズキャンセリング機能を一時的に抑えられるので、ワークアウト中にヘッドホンを外さずにトレーニング仲間などと会話ができます。

ジェイブイシー(JVC) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-SD70BT

ジェイブイシー(JVC) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-SD70BT

ロック音楽のリスニングにおすすめなハイレゾ対応のワイヤレスヘッドホンです。Bluetooth接続に最適化した独自の高音質化技術「K2テクノロジー」によって、CDが持つ情報量の約6.5倍となる最大192kHz/24bitのハイレゾ音源が有線ヘッドホンに迫る高音質で楽しめます。

40mmドライバーユニットの搭載によってキレのある低音とソリッドなサウンドを実現。ベースやドラムの音も迫力たっぷりに楽しめます。さらに、チタンコート振動板によってギターやボーカルなどの中高音を鮮やかに表現できるのも魅力です。

バッテリーの駆動時間は最長20時間。NFCを内蔵しているので、対応するスマホとはワンタッチで簡単にペアリング・接続ができます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ワイヤレスヘッドホン HD 4.40 BT

ゼンハイザー(SENNHEISER) ワイヤレスヘッドホン HD 4.40 BT

Androidスマホのユーザーにおすすめなワイヤレスタイプのヘッドホンです。Android機器で主に採用されているaptXコーデックに対応するので、Androidスマホとの組み合わせで高音質な音楽鑑賞が楽しめます。NFCを内蔵しているため対応機器とのペアリングがスムーズなのもポイントです。

独自設計のドライバーによって豊かでダイナミックな低音と高解像でバランスの取れた音質を提供。ソフトレザーを採用したイヤーパッドは柔らかく快適な装着感で、長時間の使用でも耳が疲れにくいのが特徴です。また、イヤーカップは回転でき、ヘッドバンドも折りたたみできるので、コンパクトに収納できます。

スカルキャンディ(Skullcandy) ワイヤレスヘッドホン Crusher Wireless

スカルキャンディ(Skullcandy) ワイヤレスヘッドホン Crusher Wireless

振動する究極の重低音が体感できるワイヤレスタイプのヘッドホンです。超低音域の再生に対応したステレオサブウーファー「Stereo Haptic Bass」を搭載。重低音がさまざまな方向から飛んでくるので音楽の世界に入り込んだような一体感が味わえます。

振動機能に対応するのもポイント。重低音に反応してヘッドホンから振動が伝わってくるため、ライブを最前列で聴いているような大迫力の音響効果が味わえます。振動効果の強さはイヤーカップで無段階に調整でき、オフにすれば通常のヘッドホンとしても使用が可能です。

バッテリーの駆動時間は最長40時間。音楽はもちろん、ゲーム・VR・映画での使用にもおすすめです。

ヘッドホンのおすすめモデル|有線タイプ

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-1AM2

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-1AM2

ハイレゾ音源もクリアな音で楽しめる有線タイプのヘッドホン。新開発の40mmHDドライバーユニットを搭載しています。迫力のある低音域や繊細な高音域、そして可聴帯域をはるかに超える100kHzの超高音域の再生も実現。あらゆるジャンルの音楽をありのままの音で楽しめます。

低反発ウレタンフォームを採用した立体成型イヤーパッドも特徴。頭の形に柔軟にフィットするので遮音性が高いことに加えて、高い吸放湿性を持つため長時間のリスニングでも蒸れにくく快適に使えます。

AndroidスマホやiPhoneのハンズフリー通話に対応したマイク/リモコン付きケーブルも同梱。ケーブルはヘッドホン本体から着脱できるので、断線時に交換が可能なのもポイントです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

ソニー最高峰の心揺さぶる高音質が体感できる有線タイプの高級ヘッドホンです。一般的な人の耳のサイズを上回る大口径70mmの振動板を搭載。平面に近い波面を再現できるので、生演奏を聴いているような自然な響きで音楽を再生できます。

また、フィボナッチ数列を参考にした曲線のパターンを採用したグリルも特徴。ハイレゾ音源を色付けのない忠実な音響で楽しめます。また、ハウジング側面に設けられた通気孔は空気の流れで振動板の動作を最適化する働きがあるため、重低音のリズムを正確に再現できるのも魅力です。

人間工学に基づいたデザインの立体縫製イヤーパッドを採用。装着時の快適性を高めつつ、音漏れを防いで重低音の迫力をあますところなく満喫できます。

ソニー(SONY) スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

ソニー(SONY) スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

プロのミュージシャンからも絶大な信頼を得ているモニターヘッドホンです。元々は信濃町のソニー・ミュージックスタジオで使用することを目的として開発されましたが、1989年の発売以来、数多くのレコーディングスタジオで愛用されています。

独自開発のドライバーユニットを採用したことで、モニタリングに必要な分解能が大幅に向上。音の歪みを極限まで抑え、音の輪郭・定位・エコーの広がり感などの微妙な違いを忠実に再現することで、原音イメージそのままのクリアな音質を実現しています。また、レコーディングスタジオや放送局などプロの世界での使用に耐えうる高い耐久性と安定性を持っているのも特徴です。

ビーツ(Beats) オンイヤーヘッドホン Beats EP

ビーツ(Beats) オンイヤーヘッドホン Beats EP

iPhoneで高音質な音楽を楽しみたい方におすすめな有線タイプのヘッドホンです。細かいチューニングによって幅広い音域とクリアなサウンドをバランスよく実現。あらゆるジャンルの音楽にそつなく対応できるので、初めてビーツのヘッドホンを使用する方にも適しています。

フレームは耐久性に優れたステンレススチール製で、ヘッドバンドは上下に調節することで頭の形に合わせてぴったりフィットが可能。ヘッドホンと一体化したケーブルには「RemoteTalk」機能が搭載されており、遠隔でiPhone上の音楽操作やハンズフリー通話が利用できます。

パナソニック(Panasonic) ステレオヘッドホン RP-HD300

パナソニック(Panasonic) ステレオヘッドホン RP-HD300

ハイレゾ音源の再生に対応しつつ高いコストパフォーマンスを実現した有線・無線両用タイプのヘッドホンです。直径40mmのHDドライバーを内蔵。包み込まれるような低音から伸びやかな高音までバランスの取れた高解像な音楽再生が堪能できます。

Bluetoothによる無線接続で使用した場合のバッテリー駆動時間は最長24時間で、15分の充電で約2時間の再生が可能な急速充電機能も搭載。付属する着脱式のロングケーブル(2m)を使用すれば、Bluetooth非対応テレビなどでもハイレゾサウンドが楽しめます。スイーベル・折りたたみ機構も搭載するので持ち運びが快適にできるのも特徴です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) モニターヘッドホン HD 25 PLUS

ゼンハイザー(SENNHEISER) モニターヘッドホン HD 25 PLUS

初代モデルの誕生から25年以上の長きにわたって音楽のプロに愛用されてきたモニターヘッドホンのリニューアル版です。低音域から高音域までしっかりとコントロールできる高性能と高い解像感が特徴。再生能力に余裕があり、歪みや音割れのないクリアな音像が得られるため、モニタリングにおすすめです。

2分割ヘッドバンドによってアームを前後に180°までオープンが可能。さらに、ハウジングは上下に加えて前後にも180°回転できる構造なので、耳の位置の微調整はもちろん、DJには嬉しい片耳だけでのモニタリングも快適に行えます。着脱可能な2種類のケーブルやキャリングポーチ、ベロアイアーパッドが付属するのもポイントです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)ダイナミックオープン型ヘッドホン HD 660 S

ゼンハイザー(SENNHEISER)ダイナミックオープン型ヘッドホン HD 660 S

音質に強くこだわる方におすすめな開放型の高級有線ヘッドホンです。名器の呼び声高いHD 650の後継モデルで、全面改良された新しいトランスデューサー設計によって高調波歪みを大幅に低減しているのが特徴。開放型のヘッドホンならではの自然で抜けの良い高音質が堪能できます。

着脱可能なカスタム変調ケーブルには伝導性の高いOFC銅線を採用。ハンドリングノイズを抑えつつ、パラアラミドによって強度が高められています。インピーダンスが150オームに抑えられており、携帯音楽プレーヤーでも忠実度の高いハイレゾ再生が可能なのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-AVA50

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-AVA50

コストパフォーマンスの優れた開放型の有線ヘッドホンです。専用設計された大口径53mmのCCAWボビン巻きドライバーを搭載。さらに、音抜けを向上させるハニカムパンチングケースや、不要振動を抑制する制振アルミニウムリングの採用により、自然で臨場感あふれる高音質なクリアサウンドが堪能できます。

フリーアジャストサポート機構の採用により、頭に装着するだけで最適なフィット感が得られるのも特徴。通気性の優れた立体形状イヤーパッドにより長時間でも快適なリスニングができます。販売価格が安いのもポイントで、開放型ヘッドホンの魅力を気軽に味わいたい方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-MSR7b

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-MSR7b

原音に忠実な再生音質でハイレゾ音源が楽しめる有線タイプのヘッドホンです。大口径45mmの「トゥルー・モーション」ハイレゾドライバーを搭載。加えて、ドライバーの振動に合わせて内部の空気を移動させることで振動板の動きを最適化する「デュアルレイヤ・エアーコントロールテクノロジー」によって、より鮮明な音像を実現しています。

重量は約237gと軽く、改良されたイヤーパッドとヘッドバンドによって長時間のリスニングが快適に楽しめるのも特徴。ハウジングをフラットに収納できるスイーベル機構に対応するので、持ち運びも簡単にできます。

アーカーゲー(AKG) プロフェッショナルモニターヘッドホン K702

アーカーゲー(AKG) プロフェッショナルモニターヘッドホン K702

繊細な音声信号も丁寧に描き出す開放型のモニターヘッドホンです。AKGは70年以上の歴史を持つオーストリアの音響機器メーカーですが、長年の研究開発で生み出された独自の開放型構造を採用することで、極めて優れた中高域の再現性を実現しているのが本製品の魅力。残響音も含めて1つ1つの音を忠実に再現するので、モニター用としてもおすすめです。

人間工学に基づいて設計された「3Dフォーム・イヤーパッド」も特徴。滑らかな肌触りのベロア素材が優しく確実にフィットするため、長時間のリスニングでも快適に使用できます。ヘッドバンドはセルフアジャスト機能によって装着するだけで長さの調節が可能。また、ケーブルは着脱式なので簡単に交換ができます。