お気に入りのサウンドを高音質で楽しみたい方にとって必須アイテムである「ヘッドホン」。従来からある有線タイプはもちろん、最近はワイヤレスタイプも豊富にラインナップしており、音質も向上しています。

しかし、さまざまな製品がリリースされているため、どんなアイテムがユーザーに最適なのかは判断が難しいところ。そこで今回はヘッドホンのおすすめモデルをご紹介します。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ヘッドホンは密閉型と開放型の2種類が主流

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

発音部を囲むイヤーカップ部分(ハウジング)が外部と遮断されているタイプを「密閉型ヘッドホン」と言います。

昔からあるスタンダードな形状のヘッドホンで、外部の音を遮断するため、細かい音も聴き取りやすく音楽に没入できるのがメリット。低音を逃がしにくい構造なので、低音の効いた曲を楽しみたい方に適しています。

周囲への音漏れが少なく、公共の場所でも使いやすいのが魅力。小さな音も聴き逃したくないという方や曲を集中して聴きたい方、迫力のある重低音サウンドを楽しみたい方は密閉型ヘッドホンがおすすめです。ただし、密閉されることで外部の音が聴こえにくいので、その点は注意しておきましょう。

密閉型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

開放型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは、ハウジングに穴が空いているタイプで、オープンエアー型と呼ばれることもあります。ハウジング内で反響することによるこもりが少ないため、自然に近い状態のサウンドを楽しめるのが特徴です。

軽量モデルが多いので、大型のモノでも比較的気軽に装着することが可能。長時間着けていても疲れにくいため、家でゆったりと音楽を聴きたい方におすすめです。一方、低音が外に逃げやすく、音漏れしやすいのが懸念点。屋外で使用する場合は注意が必要です。

開放型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

装着タイプもいくつか種類がある

オーバーイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

イヤーパッドが耳全体を覆うオーバーイヤー型(アラウンドイヤー型)は、本体が大きい分音質に大きく関わるパーツを大型化できるため、高音質なモデルが多くラインナップされているのが特徴です。

ミュージシャンなど音楽に関わる職業の現場では、オーバーイヤー型のヘッドホンが多用されています。音にこだわりたい方であれば、オーバーイヤー型がおすすめです。

オーバーイヤー型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

オンイヤー型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

イヤーパッドを耳に乗せるタイプのオンイヤー型は、軽量かつコンパクトなモデルを豊富に揃えているのがメリットです。折りたためるモノも多く、ポータブル使用に向いています。

一方、オーバーイヤー型と比べて低音の再生能力に劣るのがデメリット。手軽に装着できるヘッドホンを探している方におすすめです。

オンイヤー型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ヘッドホンが高音質かどうか見極めるポイント

「ハイレゾ対応」がひとつの目安

By: amazon.co.jp

ヘッドホンのスペックは、再生できる範囲の広さを示す「再生周波数帯域」、大きな音をどこまで出せるかを示す「音圧感度」、電気抵抗値を示す「インピーダンス」が重要です。

このうち、高音質を見分けるのに繋がるのは「再生周波数帯域」。ほとんどのヘッドホンは、人が聴き取れる周波数と言われている20Hz〜20kHzをカバーしていますが、最近は従来のCDを超える音域が再生できる「ハイレゾ音源」も注目されています。高音質のヘッドホンを探している方は、再生周波数帯域が40kHz以上のハイレゾ音源に対応したモデルを選びましょう。

ヘッドホンの選び方

接続方法と機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンといえばかつては有線タイプが主流でしたが、最近はBluetoothで接続できるヘッドホンも増えています。屋内使用がメインであれば、バッテリー切れの心配がなく、音質も安定している有線タイプが最適。屋外で使う機会が多い場合や、ケーブルが煩わしいと感じる方にはBluetoothタイプがおすすめです。

また、ヘッドホンに搭載されている機能に関しても多様化しているのが特徴。「屋外で使うときは周りの騒音が気になる」という方は、ノイズキャンセリング対応のヘッドホンを選べば。ストレスなくサウンドを楽しめます。また、「より音質を重視したい」という方は、立体感のあるサウンドが楽しめるバランス接続に対応しているヘッドホンがおすすめです。

音質傾向で選ぶ

モニター型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

ヘッドホンの音質はメーカーおよび機種ごとに大きく異なります。価格が高ければよいというものではなく、ヘッドホンが得意とする音の傾向と自分好みの音が一致していることが重要です。

モニター型は、主に音楽制作を目的としたシーンに適しており、生音に近いリアルな再現性をもつのが特徴。幅広い音域を再生するのに適しています。

リスニング向けヘッドホン

By: amazon.co.jp

リスニング向けのヘッドホンは、ベース音を強調している重低音ヘッドホンや、低音・高音ともに強調されたドンシャリ傾向のあるヘッドホンなどがあり、バリエーションが多いのが特徴です。

製品ラインナップが豊富に揃っているため、各メーカーの音質の傾向を把握して選ぶのが重要なポイント。特に老舗メーカーのヘッドホンはこれまで培ってきた技術とノウハウがいかれており、自分の好みに合うモデルを見つけやすいので、その点は留意しておきましょう。

ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは常に先進的な技術の開発と新しいオーディオの楽しみ方を提示してきた世界的なメーカー。ウォークマンの発売により、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させました。

ヘッドホンにおいてはプロ用・一般用の両方において国内トップクラス。特にプロ用の「MDR-CD900ST」は、発売から25年以上経つ現在でも業務用のヘッドホンとして圧倒的な影響力をもちます。

一般用のヘッドホンに関しては、ハイレゾ音源が聴ける広帯域に対応していたり、Bluetoothで伝送する際の高音質コーデックLDACに対応していたりと、優れたスペックを備えているのが魅力です。

製品によっては騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能も搭載。音質がクリアで音の隅々までしっかり聴き取れるのがポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつ。幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えているのが特徴です。

国内メーカーとしては珍しく開放型を多く展開しているのがポイント。やや高音を強めた爽やかなサウンドが特徴です。一方、業務用のヘッドホンはフラット傾向。原音を忠実に聴きたい方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンを1967年に開発したドイツの老舗音響機器メーカー。業務用を中心に世界的な人気を集めています。精密でありながら滑らかなサウンドを鳴らすことができ、空間表現力の高さも特徴。クラシックを中心としたアコースティックな音楽との相性が良好です。

ボーズ(Bose)

By: rakuten.co.jp

世界で初めてノイズキャンセリング機能を開発したアメリカのオーディオ機器メーカー。独自の音楽理論と多数の特許技術を持っており、全体的に華やかで聴き応えのある心地よいサウンド作りをしているのが特徴です。

重低音のほか、声の帯域である中音域をクリアに聴かせてくれるモデルをラインナップしているのもポイント。高性能な製品を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ビーツ(Beats)

By: amazon.co.jp

スタイリッシュかつクールなデザインとおしゃれなカラーリングが特徴のビーツ。音質も良好で、特に重低音重視の方は要チェックのブランドです。

音楽業界だけでなく、アスリートやモデルなど多くのセレブに愛用されているのもポイント。2014年からはAppleの傘下となり、同メーカー製品との互換性も考慮したい方はチェックしておきましょう。

ヘッドホンのメーカーについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ヘッドホンのおすすめモデル|ワイヤレスタイプ

ソニー(SONY) WH-1000XM3

ソニー(SONY) WH-1000XM3

優秀なノイズキャンセリング性能を備えたソニーの人気モデル。プロセッサーの処理能力が前モデルの4倍向上した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」や、騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を採用しており、空港や電車の中など騒音が激しい環境でもノイズを気にせず快適に音楽が楽しめます。

可聴帯域を超える40kHzまでの高域再生が可能な「40mmHDドライバーユニット」、従来のBluetooth Audioの約3倍の情報量で伝送できる「LDAC」、CD音源やMP3などの圧縮音源の高音域を補完する「DSEE HX」を採用することで、お気に入りの音楽が高音質で楽しめるのもポイント。ヘッドホンを外さず瞬時に周囲の音が聞ける「クイックアテンションモード」を搭載しているので、外出先でも安心して使えます。

ソニー(SONY) MDR-XB650BT

ソニー(SONY) MDR-XB650BT

価格と性能のバランスに優れたワイヤレスヘッドホンの人気モデル。メーカー独自の「ベース・ブースター」や「EXTRA BASS専用30mmドライバー」を採用することで、臨場感に満ちあふれた迫力の重低音サウンドが楽しめます。

スライダー部とヘッドバンドに連続した金属を採用することで、堅牢性と快適な装着性を両立しているのもポイント。1回の充電で約30時間の音楽再生が可能なロングバッテリー、8台までの機器とペアリングできる「マルチペアリング」、タッチするだけペアリングができる「ワンタッチ接続機能(NFC)」など、1万円以下で購入できるヘッドホンとは思えないほど機能が充実しているのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-WS660BT

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-WS660BT

重低音に特化したオーディオテクニカの人気モデルです。ポータブル性を重視したコンパクトボディでありながら、大口径53mmの「ディープ・モーションドライバー」や、硬度が異なる2層のクッション材による独自のイヤーパッド構造を採用。制動を効かせた低音は音圧感があるので、ロックやクラブミュージックが好きな方におすすめです。

機能面では、1回の充電で約40時間のリスニングがワイヤレスで可能。コンパクトにまとめて持ち運べる「折りたたみ機構」を採用しているのも便利な点です。場所を選ばずどこでも気軽に使えるヘッドホンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

パナソニック(Panasonic) RP-HTX80B

パナソニック(Panasonic) RP-HTX80B

リーズナブルな価格が魅力のワイヤレスヘッドホンです。5000円台にも関わらず、プロ用スタジオモニターとして実績のある「ドーム型ハウジング」や、臨場感に満ちたサウンドを再現する40mmドライバーを採用。お気に入りのサウンドを高音質で楽しめます。

ファッションに馴染みやすいワントーンの「ユニセックスデザイン」を採用することで、他のヘッドホンとはひと味違ったスタイリッシュなフォルムに仕上がっているのもポイントです。

ソフトで密着性を高めるイヤーパッドを採用しているので、ヘッドホンの装着感にこだわりたい方にもおすすめ。カラーは全4色をラインナップしており、ファッションアイコンとして楽しめるのも魅力です。

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

音声アシスタント対応のワイヤレスヘッドホン。「Amazon Alexa」と「Googleアシスタント」を搭載しているので、音楽の再生からスケジュールの管理まで、音声のみでさまざまなコントロールができます。

スイッチひとつでノイズを打ち消す「ノイズキャンセリング機能」を搭載モデルなので、室内はもちろん外出先や移動中の使用にもおすすめ。専用アプリ「Bose Connect app」を使えば、ノイズキャンセリングレベルをHigh・Low・Offの3段階から選択したり、家族や友人と音楽を共有してプレイリストを一緒に楽しんだり、より快適にヘッドホンが使えるのもポイントです。

衝撃に強い素材、ガラス繊維を練り込んだナイロン樹脂、耐食性のステンレススチールなど、高品質なパーツを採用しているもの魅力。ヘッドホンの耐久性を重視する方にもおすすめです。

ビーツ(Beats) studio3 wireless MQ562PAA

ビーツ(Beats) studio3 wireless MQ562PAA

Apple W1チップを搭載したワイヤレスヘッドホン。iPhoneやiPadなどのApple製品であれば、デバイスを近づけるだけで簡単にペアリングすることができます。

遮断すべき外部音を常に特定してブロックする「ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)」や、独自の人間工学に基づいて設計された「オーバーイヤークッション」を採用。騒音を気にせず音楽に没頭できるのも特徴です。

最長22時間駆動する大容量バッテリーや、わずか10分の充電で約3時間再生できる「Fast Fuel」、指先ひとつでさまざまな操作ができる「多機能オンイヤーコントロール」など、機能面も充実しています。カラーは全10色をラインナップしているのもポイント。ファッション感覚でヘッドホンを身につけたい方にもおすすめです。

スカルキャンディ(Skullcandy) Crusher 360 S6MBW-J373-A

スカルキャンディ(Skullcandy) Crusher 360 S6MBW-J373-A

パワフルな重低音を楽しめるヘッドホン。振動を生み出すメーカー独自の特許技術「センサリーベース」を採用しており、従来のヘッドホンでは体験したことのない全身を駆け巡る深いサウンドを楽しめます。

ダイヤモンドカット処理が施された金属製のヘッドバンド、ビロード状の形状記憶イヤークッションなど、細かなところまでこだわって作られているのもポイントです。

機能面では、イヤーカップに軽く触れるだけで重低音レベルの調節ができる「タッチコントロールベース」や、わずか10分の充電で約3時間の再生が可能な「急速充電」を搭載しているのも特徴。フル充電で約29時間使える大容量バッテリーを採用しているのも魅力です。

アーカーゲー(AKG) Y500 WIRELESS

アーカーゲー(AKG) Y500 WIRELESS

軽い装着感と遮音性に優れたワイヤレスヘッドホン。耳を押さえて装着するオンイヤー型なので、小さいイヤーカップでも外部の騒音をしっかりとブロックして音楽に没頭できます。

自然で伸びやかな中高域とタイトで力強い低域を再生する40mm径ドライバーや、データ送信時にタイムラグが少ない「AAC」を採用することで、ワイヤレスでも高音質を楽しめます。

周囲の音の聞こえやすさを調整できる「アンビエントアウェア機能」、2台のデバイスに同時接続が可能な「マルチポイント」、ヘッドホンを外すと自動的に一時停止する「オートプレイ/ポーズ機能」など、便利な機能が充実しているのもポイント。高性能なヘッドホンにも関わらず重量230gと軽量なのも魅力です。

ヘッドホンのおすすめモデル|有線タイプ

ソニー(SONY) MDR-Z7M2

ソニー(SONY) MDR-Z7M2

ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン。100kHz再生をカバーする「大口径70mmHDドライバーユニット」を採用することで、生演奏を聴いているような自然な響きを体感できます。

通常の3.5mmのステレオミニプラグに加えて、4.4mmバランス標準プラグにも対応。さまざまな機器と接続して高音質で音楽を楽しむこともできます。

圧力を均等に分散させて快適な装着感を実現する「エルゴノミック立体縫製イヤーパッド」や、頭を包み込むようにフィットする「エンフォールディングストラクチャー」、可動部のガタつきを低減する「サイレントジョイント」など、装着性にこだわって作られているのも魅力。空気の流れを調整して低音をコントロールする「ビートレスポンスコントロール」を搭載しているので、クラブミュージックのような重低音を楽しみたい方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ATH-R70x

オーディオテクニカ(audio-technica) ATH-R70x

音響にこだわりたい方におすすめのモニター型ヘッドホン。幅広い音域を高純度で再現する「高磁力マグネット」と、純鉄製磁気回路を採用した「大口径φ45mmドライバー」を搭載しており、低音から高音まで歪みのないサウンドが楽しめます。

本体の素材にカーボン繊維入り合成樹脂材を採用することで、音質だけでなく耐久性に優れているのもポイント。通気性に優れたイヤーパッド、頭にしっかりとフィットする「新3D方式ウイングサポート」に加えて、重量わずか210gの超軽量ボディを採用しているのも魅力です。

長時間のリスニングでもストレスなく対応。左右の区別なく取り付け可能な独自の「デュアルサイド着脱式コード」や、ヘッドホンとコードの収納に便利な「専用ポーチ」など、オプションが充実しているのも魅力です。

パイオニア(Pioneer) SE-MJ722T

パイオニア(Pioneer) SE-MJ722T

「高音質なヘッドホンはほしいけど価格が高くて手が出せない」という方におすすめの製品。安価にも関わらず、強磁力希土類マグネットを使用した「大口径40mmドライバー」と「Powerful Bass Duct」を採用し、豊かで迫力ある重低音を楽しめます。

外部の音に対する遮音性能を高める「Air Chamber(空気室)」を搭載しているので、室内はもちろん外出先での使用にも最適。肌触りのよいレザータイプ素材の「ヘッドバンドクッション・イヤーパッド」、スマートフォンで通話が可能な「コントロールBOX付きコード」、コンパクトに折り畳んで持ち運びができる「折り畳み機構」など、機能面も充実しています。

スピン加工を施したフェイスプレートを採用することで、おしゃれなデザインに仕上がっているのも魅力です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) HD 820

ゼンハイザー(SENNHEISER) HD 820

密閉型デザインを採用したヘッドホン。反響音を最小限に抑制する独自の「ガラストランスデューサーカバー」や、ヘッドホン用コネクターのなかで接触抵抗が低い「Pentaconnコネクター」を採用しており、リアルで透明感のあるサウンドを楽しめるのが特徴です。

イヤーカップにドーム状のガラスカバーを採用することで、スタイリッシュな見た目に仕上がっているのもポイント。インナーダンパーを内蔵した堅牢なメタルヘッドバンド、高品質な非アレルギー性合成皮革を採用したイヤーパッド、銀クラッドOFCケーブルなど、ひとつひとつのパーツにもこだわりが感じられます。ワンランク上の高級ヘッドホンがほしい方におすすめのアイテムです。