電車や飛行機の中で集中したいときに便利な「ノイズキャンセリングヘッドホン」。周囲の騒音を気にせず音楽を楽しめる、ノイズキャンセリング機能が搭載されたモデルが各メーカーから発売されています。

そこで今回は、ノイズキャンセリングヘッドホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ノイズキャンセリングとは?

By: amazon.co.jp

周囲の騒音を低減し、リスニングに集中しやすくする機能が搭載されたヘッドホンが「ノイズキャンセリングヘッドホン」です。電車内や航空機内などで人が耳障りだと感じる、周波数帯40~1500Hzの走行音やノイズを軽減し、快適に音楽や語学学習などに集中できる環境をつくれます。

ノイズキャンセリング機能は内蔵されたマイクで気になる周波数帯の音波を拾って分析し、騒音を打ち消す正反対の音波をぶつけて騒音を消去する仕組み。音量を必要以上に上げなくてもしっかりと聴き取れるほか、音漏れの心配もありません。

ノイズキャンセリングヘッドホンは飛行機や勉強時におすすめ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングヘッドホンは、飛行機内の騒音を低減すべく開発されたといわれています。そのため、飛行機などの乗り物や機械の騒音対策にはもちろん、勉強に集中したいときなどにおすすめです。

なお、ノイズキャンセリングヘッドホンは乗り物などの低い周波数の音を軽減するのに適していますが、突発的な高い音には効果がない場合もあるため注意しましょう。

ノイズキャンセリングヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングヘッドホンでボーズに追随しているのが、ソニー。同メーカーはアイテムの小型化と高度なデジタル技術に定評があり、ノイズキャンセリング機能においてもクオリティはハイレベルです。ヘッドホンの音質や機能面が充実しているのもポイント。特に、ハイレゾに対応したノイズキャンセリングヘッドホンを探している方は要チェックです。

ボーズ(Bose)

By: rakuten.co.jp

ボーズは、ノイズキャンセリングヘッドホンにおけるパイオニア的な存在。2000年に発表した世界初の一般向けノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort」をはじめ、クオリティの高い製品を続々と発売しています。

最近は、雑音の低減具合を自在に調節できる「可変ノイズキャンセリング機能」に注目が集まっており、ノイズキャンセリングにおいては一歩先行くメーカーとして知られています。

アーカーゲー(AKG)

By: amazon.co.jp

AKGは、1947年にオーストリアで設立したオーディオ機器メーカー。業務用の機器を多く手掛け、世界的にも高い評価を得ています。

ヘッドホンは主に開放型のモニター向けモデルを得意としており、最近では一般向け製品も強化。ポータビリティとデザイン性を高めたモデルを次々と発売しています。製品のクオリティや音質を重視する方は候補として検討しておきましょう。

ノイズキャンセリングヘッドホンのおすすめランキング

第1位 ボーズ(Bose) NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

ボーズ(Bose) NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

11段階のノイズキャンセリング調節機能を搭載したノイズキャンセリングヘッドホンです。周りの環境に合わせてノイズを低減。周りの騒音が気になる場合は段階的にノイズキャンセルレベルを上げられるほか、周囲の音が聴こえるレベルまで下げることも可能です。

GoogleアシスタントとAmazon Alexaに対応しているのもポイント。ヘッドホンに話しかけるだけで音楽の再生・停止やスケジュール管理、天気予報の確認などの操作ができるため便利です。イヤーカップにはタッチコントロールも搭載しており、直感的な操作を可能にしています。

さらに、音量にあわせて音質を最適化するイコライザーを搭載。音量にかかわらずバランスのよいサウンドを楽しめるため、高音質にこだわる方にもおすすめのモデルです。

第2位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM3

ソニーが独自開発した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載したノイズキャンセリングヘッドホン。プロセッサーの処理能力が従来モデルより4倍向上しており、さまざまな環境でしっかりとノイズを低減できるのが特徴です。

ヘッドホンを外さずに周りの音を聴ける「クイックアテンションモード」を搭載。右側のハウジング部に搭載されたタッチセンサーコントロールパネルに手で触れている間は、一時的に音量を絞ります。電車内で緊急アナウンスなどを聴き取りたいときに便利です。

耳元で接続デバイスの音楽機能を簡単に操作できるのもポイント。音楽の再生・停止・音量調節のほか、電話の着信・終話も可能です。また、折り畳めるのでモバイル使用にも最適。ハイレゾ相当の音質にも対応しており、高音質で使い勝手に優れたモデルを探している方におすすめです。

第3位 シュア(Shure) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン AONIC 50

シュア(Shure) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン AONIC 50

プロ用のマイクやイヤホン・ヘッドホンで有名なシュアのノイズキャンセリングヘッドホン。独自の「アジャスタブル・ノイズ・キャンセレーション」機能により、周囲の騒音を効果的に低減します。

「ShurePlus PLAYモバイルリスニングアプリ」を使用すると、ノイズキャンセリングと外音取り込みモードレベルの設定が可能。また、イコライザーの設定が可能なので、周囲の状況や音楽に合わせた快適なリスニングが堪能できます。

Bluetooth接続は、従来のCDを超えるハイレゾ相当の伝送が可能なaptX HD・LDACコーデックに対応。加えて、USB Type-C接続時にはハイレゾ入力が可能なので、高品位な音源を中心に聴く方にも最適なヘッドホンです。

第4位 ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

騒音低減性能に優れたワイヤレスヘッドホンです。ハウジング内外にマイクを配置し、ボーズ独自の電子回路が周囲のノイズを絶えず計測。騒音を打ち消す逆位相信号が瞬時にスピーカーに送られ、ノイズを大幅に抑制します。

ノイズ低減効果は3段階で調節可能なので、飛行機や電車などの乗り物から勉強まで利用シーンに応じて音楽を楽しむことが可能です。 GoogleアシスタントとAmazon Alexaの音声アシスタント機能に対応するのもポイント。スマホとの連携で音楽再生や調べもの、スケジュール管理など、話しかけるだけでいろいろな操作が行えます。

耳を包み込むように設計されたイヤーパッドと、高級素材「アルカンターラ」を使用したヘッドバンドにより、装着感も良好です。また、折り畳みが可能で、ポータブル使用にも便利。ワイヤレスで20時間、有線で40時間使えるスタミナもおすすめポイントです。

第5位 ビーツ(Beats) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Studio3 Wireless

ビーツ(Beats) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Studio3 Wireless

独自の「ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能」を搭載したヘッドホン。遮断すべき外部音を常に特定し、それぞれの音に合わせた騒音低減を自動で行います。

幅広い音域での高音質なサウンドを楽しむことが可能。イヤークッションは人間工学に基づいた設計になっています。通気性に優れており、長時間の使用で快適に装着したい方にもおすすめです。

アップルが開発した「W1チップ」を内蔵しており、iPhoneをはじめとしたiOSデバイスとの親和性の高さもポイント。iOSデバイスとのセットアップは近づけるだけで簡単に完了し、Siriの起動もできます。

また、音楽の操作や電話の応答が幅広い接続デバイスで可能です。高度な省電力技術により最大40時間再生のスタミナも魅力。バッテリー残量が少なくなった場合、10分の充電で約3時間再生できるため、突然の充電切れにも対応できます。

第6位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-CH700N

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-CH700N

最大35時間のワイヤレスリスニングを実現しているノイズキャンセリングヘッドホンです。10分の充電で約60分再生できるクイック充電にも対応しており、毎日の通勤や通学で使用したい方に最適。また、独自の「ハンガー構造」による安定性した装着感もポイントです。

8台までの機器とペアリングできる「マルチペアリング」を搭載しているのも特徴。スマホやパソコン、タブレットなどさまざまな機器でワイヤレス再生を楽しみたい方に適しています。

専用アプリを使用すれば、ジャンルや気分に合わせてサウンドを調節することも可能。5種類のサラウンドや8種類のプリセットから選択できるイコライザー調節機能を搭載しており、好みのサウンドにカスタマイズできます。コスパのよいノイズキャンセリングヘッドホンを探している方にもおすすめです。

第7位 ゼンハイザー(SENNHEISER) Bluetoothノイズキャンセリングヘッドホン HD 450BT

ゼンハイザー(SENNHEISER) Bluetoothノイズキャンセリングヘッドホン HD 450BT

ナチュラルなサウンドに定評のあるゼンハイザーによる、ワイヤレスタイプのノイズキャンセリングヘッドホン。ノイズキャンセリング使用時の音質変化を抑えた設計を採用しているのが特徴です。周囲が騒々しい環境でも、声や楽器の質感を損なわない自然な音楽再現を楽しめます。

イヤーカップに各調節機能を内蔵しており、直感的な操作が可能。音量の調節やトラック変更などの操作のほか、内蔵マイクによる電話の着信応答もできます。

また、低遅延のapt X LLコーデックに対応しており、映画やゲームプレイ時に音声が遅れにくいのもポイント。動画コンテンツを楽しむことが多い方に適しています。

第8位 オーディオテクニカ(audio-technica) ノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC900BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC900BT

ハウジングの内側と外側に配置した、2つの集音マイクによってノイズを高精度に検知するノイズキャンセリング方式を採用したモデル。スマホ専用アプリ「Connect」によって状況に応じた3つのノイズキャンセリング効果を選択可能。音楽や操作を直感的にできるタッチコントロールも搭載しており、使い勝手も良好です。

また、高域特性に優れた「DLCコーティング振動板」を搭載したドライバーによって、高解像度なサウンドを楽しめます。さらに、有線接続時にはハイレゾ音源の再生に対応するハイスペック。高音質なサウンドにこだわりを持つ方におすすめのヘッドホンです。

第9位 パナソニック(Panasonic) ワイヤレスステレオヘッドホン RP-HD600N

パナソニック(Panasonic) ワイヤレスステレオヘッドホン RP-HD600N

3つのモードを搭載したノイズキャンセリングヘッドホン。ハウジングの内側と外側に4つのマイクを内蔵し、さまざまな環境下でのノイズを低減します。カフェのような静かな場所から電車や航空機内まで、外部の騒音状態に合わせてノイズキャンセリングの強度を選択できるため便利です。

Bluetooth接続時にはSBC・AAC・aptX・aptX HD・LDACコーデックをサポートしており、幅広い送信機器で低遅延と高音質でのワイヤレスリスニングが楽しめます。

加えて、ハイレゾ対応のドライバーユニットを搭載。ワイドレンジで高音質なサウンドが堪能できます。人間工学に基づいて設計されているので、装着感のよさを実現しているのもポイントです。

専用アプリ「Panasonic Audio Connect」の使用で、ペアリングや初期設定などを簡単に行えるので初心者でも快適に使えます。 折りたたみも可能なので屋外用にもおすすめです。

第10位 スカルキャンディ(Skullcandy) CRUSHER ANC S6CPW-M448

スカルキャンディ(Skullcandy) CRUSHER ANC S6CPW-M448

音楽に含まれる重低音に合わせてヘッドホンが振動するのが特徴のモデル。特許取得済みのサブウーファー「センサリーベース」を搭載しており、体に振動を与えることでリアルな低音を体感できます。 振動の強さは無段階で調節でき、振動機能をオフにして使うことも可能です。

幅広い帯域でノイズを打ち消せる「デジタルハイブリッド式アクティブノイズキャンセリング」により、周囲が騒々しい場所でも快適なリスニングが楽しめます。

わずか10分の充電で約4時間の使用が可能な急速充電技術を搭載。フル充電で約24時間の使用が可能と、頻繁に充電する手間を省けるのも魅力です。本体の紛失を追跡できる「Tile技術」を内蔵しているのもポイント。うっかりどこかに置き忘れてしまった場合でも探しやすいため安心です。

第11位 アーカーゲー(AKG) ノイズキャンセリングヘッドホン Y600NC WIRELESS

アーカーゲー(AKG) ノイズキャンセリングヘッドホン Y600NC WIRELESS

独自の「ハイブリッド方式ノイズキャンセリング」を搭載したヘッドホン。遮音性の高いオーバーイヤー設計も相まって、周囲の騒音を大幅に低減できます。周囲の音を必要に応じて聴ける「アンビエントアウェア機能」「トークスルー機能」を搭載。車内アナウンスや呼びかけにも対応できます。

音楽再生中に頭から外すと、自動で一時停止する機能を搭載。再び装着すると今度は自動で再生を開始し、ボタン操作することなく音楽を楽しめて便利です。イコライザー調節が可能な専用アプリを使えば、好みの音質で再生できます。

最大再生時間は約25時間のスタミナも魅力。10分の充電で約4時間使用可能な急速充電に対応しているのもポイントです。

第12位 JVCケンウッド(JVC) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-S78BN

JVCケンウッド(JVC) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-S78BN

リーズナブルなノイズキャンセリング対応ワイヤレスヘッドホンです。手軽に外部の騒音を抑えた快適なワイヤレスリスニングを楽しめます。約165gの軽さもポイントです。

各種操作とBluetoothのペアリングに対応した簡単リモコンとマイクを搭載。スマホの音声アシスタントもサポートし、機能も充実しています。

肌触りのよいソフトなレザー調素材と低反発クッションで装着感も良好です。高音質ドライバーの搭載と3モードから選べるサウンドモードにより音質も優れています。安いノイズキャンセリング対応ワイヤレスヘッドホンを探している方におすすめです。

第13位 バウワース&ウィルキンス(B&W) ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン PX7

バウワース&ウィルキンス(B&W) ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン PX7

低・高・オートの3種類のノイズキャンセリングモードを搭載したモデル。専用アプリで切り替えでき、仕事や勉強、飛行機内など、さまざまな環境で遮音性を発揮するモデルです。

また、スピーカーメーカーとしてのノウハウを活かした最先端のドライバーユニットや、高度なデジタル処理技術を搭載。途切れにくさと高音質を兼ね備えた新しいコーデック「aptX アダプティブ・テクノロジー」に対応するのも特筆点です。最新の高音質なサウンドを楽しみたい方におすすめできます。

直感的なコントロールに対応しているのもポイント。ヘッドホンを手に取れば電源が入り、自動的に音楽を再生します。ヘッドホンを外せばスタンバイモードに切り替わるなど使い勝手は良好です。

本体の一部に軽量なカーボンファイバーを採用しているほか、イヤーカップ周りには柔らかく上質な印象を与えるファブリック素材を使用。装着感と耐久性のよさも魅力です。

第14位 バング&オルフセン(Bang & Olufsen) Beoplay H9 3rd Generation

バング&オルフセン(Bang & Olufsen) Beoplay H9 3rd Generation

デザイン性と機能性を兼備したワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン。スタイリッシュなオーディオ機器で有名なブランドであり、見た目やカラーリングがおしゃれなのでおすすめです。

スマホとの組み合わせで高音質が楽しめるAAC・aptXコーデックをサポート。専用アプリを使い、4つの音質から選べるなどサウンド面も充実しています。

ヘッドホンの着脱を検知して自動で音楽再生する「インテリジェンスセンサー」で使い勝手も良好。2台同時接続するマルチポイント接続にも対応するので通話用に便利です。

高級素材のラムスキンを使用したイヤーパッドは肌触りが滑らかで、美しい質感なのも魅力。プレゼントにもおすすめです。

 

第15位 ジャブラ(Jabra) ノイズキャンセリングヘッドホン Elite 85h100-99030002-40

ジャブラ(Jabra) ノイズキャンセリングヘッドホン Elite 85h100-99030002-40

スタイリッシュなデザインが印象的なノイズキャンセリングヘッドホンです。

騒音環境に合わせてAIがサウンドを自動調節する「SmartSound」を搭載。周囲の騒音を分析し、ノイズキャンセリングレベルを自動調節して常に最適なサウンドを楽しめます。防水性にも優れており、突然の悪天候時に使用できるのも魅力です。

最大36時間ものロング再生を可能な大容量バッテリーがポイント。15分の充電で約5時間使用できる急速充電機能も搭載しており、急な充電切れにすばやく対応できます。勉強やプライベートでの利用はもちろん、テレワークに活用できるおすすめのヘッドホンです。