世界最高クラスのオーディーオ製品を開発している「ソニー」。ヘッドホンもラインナップが豊富で、ハイエンドからリーズナブルな製品まで揃っているのが特徴です。

そこで今回は人気が高いソニーのヘッドホンをピックアップ。おすすめ製品をご紹介します。高音質モデルはもちろん、騒音をカットするノイズキャンセリング機能を搭載したモデルもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ソニーのヘッドホンの特徴

高性能なノイズキャンセリング機能

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングとは、ヘッドホンに内蔵されたマイクが周囲の騒音を拾い、騒音を分析する機能です。そのうえで、騒音を打ち消す逆位相の音を発生させることによって騒音を低減します。

ソニーのノイズキャンセリング機能はそのクオリティの高さに定評があり、搭載しているモデルが多いのも特徴。航空機内や電車内、あるいは街中といった騒音が気になる場面でも音楽に集中することができます。

エントリーからハイエンドまで幅広いラインナップ

By: amazon.co.jp

ソニーのヘッドホンは製品ラインナップが豊富。リーズナブルな価格帯のエントリーモデルから、ハイクオリティな機種まで揃っています。音質に関しては価格相応ではありますが、機能面において充実しているアイテムが多く、コスパが高いのも魅力です。

ファッションとしても使えるカラーバリエーション

By: amazon.co.jp

室内だけでなく屋外でも使われるヘッドホンはファッション性も重要。ソニーのヘッドホンはカラーバリエーションが豊富で、落ち着いた色合いのブラックやブルー、グリーンから、ビビッドなオレンジ、鮮やかなレッドなども揃っています。

ソニーのノイズキャンセリングヘッドホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載した、ワイヤレス仕様のノイズキャンセリングヘッドホン。プロセッサーの処理能力が前モデルに比べて4倍に増大しており、より効果的なノイズキャンセリングを体感できるのが特徴です。

ハイレゾ音源のコーデックであるLDACに対応しているのもポイント。ワイヤレスでも高音質を楽しめます。さらに、CD音源やMP3などの圧縮音源もアップスケーリングすることにより、ハイレゾ相当の解像度に高音質化でできるのも魅力です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-H910N

小型軽量のスリム形状でありながら、ノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスヘッドホン。ヘッドバンドの幅や厚みなどをコンパクト化したことにより、長時間のリスニングでも疲れにくいのがメリットです。

ハウジング部にタッチセンサーコントロールパネルを搭載しているのも特徴。スマホの音楽再生や音量調節ができるほか、電話の着信にも対応できます。日常的に高音質で使いやすいヘッドホンを探している方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-XB900N

ノイズキャンセリング機能が搭載されたワイヤレスヘッドホン。迫力ある重低が魅力な「EXTRA BASS」サウンドを楽しめるのが特徴です。

BluetoothのコーデックはAAC・aptX・aptX HD・LDACに対応しており、ワイヤレスでも高音質。バッテリーのスタミナも十分で、ノイズキャンセリングONの状態で最長30時間、ノイズキャンセリングOFFの場合であれば最長35時間の音楽再生が可能です。移動中のリスニングに集中したい方はぜひチェックしておきましょう。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-CH700N

3つのノイズキャンセリングモードを備えているのが特徴のワイヤレスヘッドホン。とくに注目すべきは「AIノイズキャンセリング機能」で、ボタンひとつで騒音を分析、最適なモードを自動で選択してノイズキャンセリングできるのが特徴です。

さらに高性能なバッテリーを搭載しているのもメリット。ノイズキャンセリング使用時は最長35時間、ノイズキャンセリングOFFの際は最長40時間の音楽再生ができます。さらに、10分の充電で1時間再生が可能なクイック充電にも対応しているのも魅力です。

ソニー(SONY) 密閉型折りたたみ式ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-ZX110NC

ノイズキャンセリング機能付きヘッドホンにおけるエントリーモデル。リーズナブルな価格ながら周囲からの騒音を約95%低減できると謳っているのが特徴です。

クイック折りたたみ機構を採用しているのもポイント。ハウジングを簡単に折りたためるので、持ち運びも簡単です。さらに、単四形乾電池1本で約80時間のリスニング可能なのも魅力です。コスパの高いヘッドホンを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ソニーのワイヤレスヘッドホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドホン WH-H810

ハイレゾ音源が楽しめるコーデックのLDACに対応しているワイヤレスヘッドホン。でハイレゾ音質を楽しめるモデルです。さらに、MP3やCDなどの音源をアップスケーリングできる「DSEE HX」を搭載しており、さまざまな音源をハイレゾ相当に高音質化できるのも特徴です。

また、25mmの高精細ドライバーを採用しているのもポイント。薄型小口径ながら幅広く音域をカバーしています。さらに、専用アプリ「Headphones Connect」を用いれば、サウンドエフェクトやイコライザーの設定も可能。ユーザーの好みや音楽のジャンルに合わせて調節できるのも魅力です。

ソニー(SONY) 重低音ワイヤレスヘッドホン WH-XB700

内蔵アンプによって満足度の高い重低域を楽しめるワイヤレスヘッドホン。気密性を高めた構造の30mmドライバーユニットを採用しているほか、耐振幅特性および耐気圧特性を高めたエクストラベース振動板によって、クオリティの高いサウンドを体感できます。

BluetoothのコーデックはAACやaptXに対応。バッテリーは最大30時間使用可能なので、外出時でも長時間のリスニングが可能です。

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドホン WH-CH510

わずか約132gと軽量なワイヤレスヘッドホン。ハウジング部分をフラットにできるスイーベル機構を採用しており、コンパクトで持ち運びしやすいのが特徴です。BluetoothのコーデックはAACに対応。リーズナブルな価格も魅力です。

耳元のボタンでスマホなどの音楽再生アプリを操作できるのもポイント。再生や一時停止のほか、ボリュームの調節も可能です。また、連続使用可能時間は最大35時間とパワフルなバッテリーを搭載しているのもメリットです。

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドホン MDR-ZX330BT

Bluetooth機能を搭載したソニーのワイヤレスヘッドホン。ハンズフリー通話用のマイクを内蔵しているのが特徴のほか、エコーキャンセレーションとノイズサプレッションを採用しており、高音質で通話ができるのもポイントです。

コーデックはAACに対応。収納しやすいスイーベル機構を採用しているのもメリット。ジョグスイッチをハウジング部に搭載しており、音楽再生やボリューム調節などを耳元で操作できるのも魅力です。

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドホン h.ear on 2 Mini Wireless WH-H800

スッキリとしたデザインが特徴的なヘッドホン。カラーバリエーションはグレイッシュブラックやペールゴールド、ホライズングリーンなど、5色を揃えています。

製品としては口径40mmドライバーユニットを搭載しており、小型モデルながら高音質。コーデックはハイレゾ音源を再生できるLDACに対応しています。

また、サンプリング周波数とビットレートをアップスケーリングすることによりCD音源やMP3などの圧縮音源もハイレゾ相当の高音質で楽しめる「DSEE HX」機能も魅力。ファッショナブルに身に付けられるアイテムを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ソニーの有線ヘッドホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z1R

ハイエンドモデルのダイナミック型ヘッドホン。大口径70mm振動板を採用したことにより、クオリティの高いサウンドを楽しめるのが特徴です。

ドーム部は薄膜マグネシウムを使用することによって剛性を高め、ヘッドバンドは弾力性に富んだチタンを素材に採用。頭の形状を問わず、しっかりとフィットしてくれます。

ヘッドバンドカバーは耐久性に優れた牛革を採用。さらに、立体縫製の羊革イヤーパッド内部には、低反発ウレタンフォームを使用しているため、圧力を均等に分散させます。音質はもちろん、質感にもこだわりを感じるおすすめモデルです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

有線タイプのヘッドホンにおける上位モデル。大型のネオジウムマグネットを使用しており、高音質のハイレゾ音源を解像度の高いクリアな音質で再生できます。

また、大口径70mm振動板を採用しているのもポイント。平面に近い波面を作り出すことにより、生演奏に近いサウンドを楽しめるのがメリットです。振動版はアルミニウムコーティングを施した液晶ポリマーで、クセのないクリアな中高音を再生にも寄与しています。

さらに、ハウジングに設けたポート(通気孔)によって空気の流れを調節する「ビートレスポンスコントロール」も魅力。振動板の動作を最適化することでサウンドクオリティ向上に配慮しています。

可動部は複数のシリコンリングがスムースに動くサイレントジョイントを採用し、視聴時のガタつきを軽減。細部にまでこだわりが感じられるおすすめのヘッドホンです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-1AM2

幅広い音域をカバーするミドルクラスのヘッドホン。アルミニウムコーティングしたポリマー液晶製の振動板によって、引き締まった低音域とクリアな高音域を楽しめるのが特徴です。

持ち運びや収納に便利なスイーベル機構を搭載しているのもポイント。ハウジング部をフラットに折りたためます。

本製品はケーブルを使い分けられる着脱式を採用。直径4.4mmのバランス標準プラグを採用することによって高音質を楽しめるケーブルとハンズフリーが通話できるマイク・リモコン付きケーブルの2本を同梱しています。

ハウジングの回転軸を内側に向ける独自のハンガー構造やイヤーパッド内部に改良した低反発ウレタンフォームを採用しているのも魅力。サウンドはもちろん、装着時も快適なおすすめモデルです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-XB550AP

比較的安価ながら臨場感ある重低音サウンドが魅力の有線ヘッドホン。迫力ある重低音再生が可能な30mmドライバーを搭載しており、迫力あるサウンドを楽しめます。

ヘッドバンドとスライダー部分に金属を採用し、さまざまな頭の形に合うよう設計。接触面積を大きくすることで、安定感があるのも魅力です。

付属リモコンには、マルチファンクションボタンとマイクを内蔵。スマホと連携させれば、ハンズフリー通話や音楽の再生や一時停止も手元で可能となります。カラーは5色をラインナップ。リーズナブルなヘッドホンを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-ZX310

ハウジングを簡単に折りたためる独自の機構を採用した有線型ステレオヘッドホン。直径30mmドライバーユニットを搭載しており、低音域から高音域までカバーしているのが特徴です。

密閉性の高いイヤーパッドを採用しているのもポイント。また、コードは絡みにくさに配慮した「セレーションコード」を採用しているのも魅力です。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-ZX110

格安モデルの有線ヘッドホン。音を鳴らすドライバーユニットは比較的大きめの30mm、再生周波数帯域は12Hz〜22kHz、音圧感度は98dBと、価格に見合わぬ仕様となっているのが特徴です。

リモコンにマルチファンクションボタンとコンデンサー型マイクを内蔵しており、スマホを使ったハンズフリー通話にも対応。再生や一時停止などのコントロールも可能です。

また、持ち運びに便利なクイック折りたたみ機構を採用しているのもポイント。重さも120gと軽量です。とりあえずソニーのヘッドホンが欲しいという方はぜひチェックしておきましょう。