国内随一の人気ヘッドホンメーカー「ソニー」。そんなソニーのヘッドホンは、大企業ならではのメリットを生かしたハイコスパ機から、定評の技術力を生かした高性能、高機能、高音質機まで幅広いラインナップが揃っています。

そこで今回は、ソニーのヘッドホンのおすすめ人気モデルを、それぞれの特徴を解説しつつ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ソニー(SONY)とは?

By: amazon.co.jp

ソニーは世界的なオーディオ・ビジュアル機器メーカーです。トランジスタラジオを皮切りに、日本をはじめ世界中のオーディオ界に大きな足跡を記してきました。

1978年に発売した「ウォークマン」は、携帯プレーヤーにイヤホン、ヘッドホンで音楽を聴くというスタイルで人気を博しました。オーディオは家で聴くもの、という概念と制約を打ち破り、生活様式を変えたとさえ言える革新的機器です。

現在でもDAP、スマホでの音楽鑑賞はこのスタイル。そして現在のソニーもウォークマン(DAP)、ヘッドホンの世界的人気メーカーです。

ソニーのヘッドホンが人気の理由

By: amazon.co.jp

ソニーのヘッドホンが人気の理由は、圧倒的なブランド力もありますが、性能・機能・音質の全ての要素において優れているという至極当たり前のことにあります。

ソニーは持ち前の技術力と先進性により、常に世界初、世界最高といった言葉が付く新製品、新機能を送り出してきました。それはヘッドホンにおいても同様です。

新素材・ハイスペック・高音質

By: amazon.co.jp

ヘッドホンにおいては音の要である振動板に常に新素材を採用。一般的な紙、金属系はもとより、バイオセルロースといった生物を活用した驚きのモノから、高分子ポリマーを採用したハイテク素材まで多彩。また、120kHzもの超高域再生も果たしており、40kHz以上再生によるハイレゾ対応機の多さもソニーの魅力です。

機能・コスパ・信頼性

By: amazon.co.jp

機能面では、急拡大するBluetoothヘッドホン向けの高音質コーデック「LDAC」がイチオシ。Bluetoothでハイレゾ相当の高品位伝送が可能です。また、ポータブル機器で高音質を追求できるバランス接続対応も注目ポイントです。

さらに、広い価格帯、多様な目的向けの製品ラインナップも、細かい需要へのマッチングという点で人気につながっています。コストメリットを生かしたハイコスパも見逃せません。そして、MDR-CD900ST、MDR-7506など25年以上続くロングセラーモデルも存在。完成度、信頼性が高い証とも言えるでしょう。

ソニーのおすすめヘッドホン

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン MDR-1000X

ソニーを代表する高性能、多機能ヘッドホンです。Bluetoothワイヤレス・ノイズキャンセリング・ハイレゾに対応。ノイズキャンセリングの性能は、周囲の騒音状況に合わせて最も効果的なモードを自動で選択する「フルオートAIノイズキャンセリング」機能も加わっています。

BluetoothもSBC・AAC・aptX・LDACと幅広くサポート。しかも最大96kHz/24bitまで拡張する「DSEE HX」機能で、ワイヤレス時でもハイレゾ相当の高音質を楽しめます。有線使用も可能で、ハイレゾ音源機器を繋げば本来の高音質を遺憾なく発揮します。幅広い使い方と高音質を1台に求める方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン 重低音モデル MDR-XB950N1

Bluetoothワイヤレスヘッドホン。調節可能なノイズキャンセリング機能も付いています。大きな特徴は、専用アプリ「Sony|Headphones Connect」との連携。低音の量を調節できるほか、サラウンド効果を楽しめます。厚みのあるヘッドクッションによる快適な装着性も良好。折り畳みにも対応するので、持ち運び使用もラクラクです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WH-CH400

小型のオンイヤータイプヘッドホン。107gという軽量サイズでありながら、最大20時間の長時間リスニングが可能です。AACコーデックに対応しているのもポイント。ワイヤレスにありがちなタイムラグが少なく、また高音質なサウンドを楽しめます。

ハウジング部分のボタンによって、音楽プレーヤーの操作を行えるのも魅力。ポケットにスマホを入れたまま曲送りや曲戻し、再生、一時停止、音量の調節ができます。音楽鑑賞中に電話がかかってきた場合、スマホを手に取ることなく、そのまま通話できる点も便利です。

また、ワンタッチ接続にも対応しています。NFC対応スマートフォンやおサイフケータイ対応Androidならば、ワンタッチでBluetoothに接続可能。難しい設定をする必要がないので、電子機器が苦手という方にもおすすめのヘッドホンです。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応ヘッドホン ケーブル着脱式/バランス接続対応 MDR-1A

ハイレゾ対応ヘッドホンの人気定番モデルです。100kHzの高域再生できるのが特徴。また「アルミニウムコートLCP振動板」の採用により、中高音をクリアに再生します。

また、ハウジング部分の通気孔によって低域の通気抵抗を調整しす「ビートレスポンスコントロール」も搭載。重低音のリズムを正確にと再現することが可能です。

また、別売りのケーブルを用意すれば、ノイズに強いバランス接続にも対応。一層の立体感と迫真性のある高音質を堪能できます。手頃なバランス接続対応ヘッドホンとしてもおすすめです。

ソニー(SONY) 密閉型折りたたみ式ヘッドホン MDR-XB450

手頃な価格で人気の重低音ヘッドホン。低音を逃さないための気密性の強化し、重低音を増幅する「ベースブースター」機構、エクストラベース振動板による臨場感のある低音が楽しめます。

また、高剛性のアルミニウムプレートを採用し、ハウジングも高級感のある仕様に仕上がっているのもポイント。重低音重視派の方におすすめの逸品です。

ソニー(SONY) 密閉型折りたたみ式ヘッドホン MDR-ZX110

ソニーのヘッドホンでは最も安価な機種。初めて本格的なヘッドホンを使うような方を想定した設計が特徴です。密閉性を確保しながらも長時間使用でもきつく感じにくい装着性。クイック折りたたみ機構により携帯使用にもぴったりです。老若男女問わずおすすめできるヘッドホンです。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応ヘッドホン Signature Series MDR-Z1R

大口径70mm径HDドライバーユニットと、120kHzの超高域再生を備えた高性能ヘッドホン。密閉型と開放型の長所を併せ持った独自の音響レジスター機構は、ヘッドホンの限界を打ち破るリアリティーと空間表現力で音を描き切ります。ヘッドカバーに牛革、イヤーパッドに羊革を採用した高級感のある仕様も魅力。全てが音と使い心地に直結しています。

もちろん、バランス接続にも対応。相応の機器で鳴らして真価を発揮させてみてください。安価ではありませんが、いつかは挑戦したい名機です。

ソニー(SONY) 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

25年以上のロングセラーモデル。世界中の録音スタジオ、ミュージシャンが業務用モニターとして使う音楽業界標準機です。

音はハイレゾ時代にあっては必ずしもワイドレンジではありませんが、可聴帯域内で音を提示する能力は一級品。この絶妙バランスを超える機種がないからこそ、いまだ現役という現実も重いでしょう。音楽鑑賞用としてより、音を正確に確認する道具の意味合いも強いヘッドホンです。

また、耐久性の高く、各部品のメンテナンス、交換が容易なのもポイント。長く使える音の基準機的ヘッドホンを探しているなら絶対に外せないおすすめの1台です。ただし、コードが2.5mと長い点には注意しましょう。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-7506

世界的な業務用モニターヘッドホンの人気定番機。MDR-CD900STよりも聴感上ワイドレンジでフラット、空間表現力が広いのが特徴です。そのため、音楽鑑賞用としても聴きやすく、誰にでもおすすめできます。

MDR-CD900STにはできない折り畳みとステレオミニプラグ装備により、幅広いシーンで使いやすいのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) デジタルサラウンドヘッドホン WH-L600

ソニーの独自のバーチャルサラウンド技術「Virtualphones Technology」を採用したヘッドホン。本来、サラウンド音声を再現する場合は、前後左右にスピーカーを設置する必要があるのですが、「WH-L600」ならばヘッドホンひとつで音に包み込まれているかのような疑似的7.1chサラウンドを体験できます。

エフェクトモードに対応しており、映画館の音響を再現した「シネマ」、PS4に最適化した「ゲーム」、声が聞き取りやすい「ボイス」、スポーツ観戦用に最適化された「スポーツ」の計4つから選択可能です。

バッテリーは、最大17時間使用可能なロングスタミナ仕様。付属品として充電用ヘッドスタンドが付いてきます。気軽にサラウンド体験をしたい方におすすめのヘッドホンです。