オーディオテクニカのヘッドホンは、幅広いモデルがラインナップされており、自分に合ったモデルを見つけやすいのが特徴です。とはいえ、種類が多いため、どれを購入すべきか悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、オーディオテクニカのおすすめヘッドホンをピックアップ。ヘッドホンの選び方についても解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

オーディオテクニカのヘッドホンの特徴

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカのヘッドホンは、数多くの種類・シリーズをラインナップしているのが特徴。プロの現場でも通用する優れた音質を備えたモデルや、手頃な価格で購入できる一般ユーザー向けのモデルなど多くの種類から用途に合ったモデルを選べます。

また、迫力ある重低音を楽しめる密閉型、精密な音をリスニングできる開放型、ワイヤレスで取り回しやすいモデルなども存在します。シリーズによって音の特性なども異なるので、自分が聴く楽曲のジャンルなども考慮して適したモノを見つけてみてください。

ヘッドホンの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ヘッドホンを購入する際は、まず接続方法に注目しましょう。ワイヤレスは、ヘッドホンとオーディオ機器をケーブルレスで接続するタイプ。基本的にはBluetoothで接続するため、接続端子などを気にせず幅広い機器で使用できます。また、ケーブルが引っかかったり、絡まったりとケーブル特有のデメリットを受けないのも特徴です。

一方、バッテリーが切れてしまうと使用できなくなってしまう点に注意が必要。接続状態によっては音の途切れや遅延が発生してしまうのもデメリットです。取り回しやすいので、幅広いシーンで使えます。

有線

By: audio-technica.co.jp

有線は、ヘッドホンとオーディオ機器を直接ケーブルで接続するタイプです。ワイヤレスタイプのようにバッテリー切れの心配がないのが特徴。また、音質劣化が発生しにくいため、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

しかし、ケーブルが存在する分、断線したり、絡まったりとケーブル特有のデメリットを受けてしまうのが難点。可動範囲が制限されてしまう点も留意しておきましょう。なお、ケーブルが着脱できるモデルなら、万が一断線してもケーブルを交換して長く使用できます。

ハウジング構造の違いと特徴

密閉型

By: audio-technica.co.jp

ヘッドホンを選ぶ際は、ハウジング構造にも注目してみてください。密閉型は、音を発するドライバーの背面が密閉された構造のヘッドホン。音漏れしにくい仕様なので、周囲に人がいる状況でも気兼ねなく音楽を楽しめるのが特徴です。

また、外部の音が聞こえにくい設計のため、さまざまな環境で音楽に集中できます。音圧で鼓膜を振るわせるので、迫力のあるサウンドをリスニング可能です。

一方、周囲の音を遮断する性質上、車の走行音や人の声など重要な音を聞き逃してしまうことも。シーンによっては周囲の音が聞こえず不便に感じるケースもあるため、特に外出先で使用する際は注意しましょう。

開放型

By: audio-technica.co.jp

開放型は、音を発するドライバーの背面が開放されている構造のヘッドホン。音がこもりにくく、特に高音の伸びがよいといわれています。そのため、女性ボーカルの音楽を楽しむのにもおすすめです。

しかし、構造上音漏れしやすいため、人の多い場所や公共の場などで使用する場合は音量に注意が必要。基本的には自宅で快適に音楽を楽しみたい方に適しています。また、密閉型に比べてラインナップが少ないので、選択肢が限られてしまう点も留意しておきましょう。

ワイヤレスはBluetoothバージョンと対応コーデックにも注目

Bluetoothバージョン

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのヘッドホンを選ぶ際は、「Bluetoothバージョン」に注目しましょう。Bluetoothバージョンとは、Bluetooth規格のひとつで、Bluetooth4.0やBluetooth5.0などの種類が存在します。それぞれ、通信速度や通信範囲、消費電力などが異なります。

基本的にBluetoothバージョンの数値が大きいほど通信速度が速くなったり、通信範囲が広くなったり、消費電力が少なくなったりと優れた性能を発揮。そのため、できるだけBluetoothバージョンが新しいモノがおすすめです。ただし、Bluetoothバージョンが上がっても、音質が上がるわけではありません。

対応コーデック

By: audio-technica.co.jp

音質を重視したい方は、「対応コーデック」に注目しましょう。対応コーデックとは、Bluetoothで音声データを送る際の圧縮方式のことで、遅延と音質に関わります。すべてのヘッドホンは「SBC」というコーデックに対応していますが、音質がよくなかったり、遅延が発生したりしてしまうのが難点です。

高音質・低遅延を実現したい方は、AACやaptXなどのコーデックに対応したモデルがおすすめ。AACはiPhoneなどのiOS端末、aptXはAndroid端末と相性がよいので、使用機器に合ったコーデックのヘッドホンを選びましょう。

より音質にこだわりたい方は、ハイレゾ相当の高音質を再生できる「LDAC」などの高音質コーデックに対応したモデルを選んでみてください。

オーディオテクニカのヘッドホン人気シリーズ

「エアーダイナミック」シリーズ

By: audio-technica.co.jp

「エアーダイナミック」は、広がりのある音をリスニングできるシリーズ。ヘッドホンドライバーの背面を覆わない、いわゆる「開放型」を採用したモデルがラインナップされています。空気の流れをスムーズにして、ドライバー本来の実力を引き出せるのが特徴です。

迫力のある低域とクリアな中高域を実現する、大口径ドライバーを搭載しているのも魅力のひとつ。ワイドレンジのサウンドを楽しめます。開放感のあるサウンドが好みの方におすすめのシリーズです。

「プロフェッショナルモニター」シリーズ

By: audio-technica.co.jp

「プロフェッショナルモニター」は、プロ用に開発されたシリーズ。スタジオレコーディングやミキシングなどの用途に適しています。高解像度再生を実現できるため、原音に忠実なサウンドを再現し、しっかりとモニタリングできるのが特徴です。

また、音質特性としても広帯域でフラットな特性を実現。プロ用途の位置付けですが、比較的リーズナブルに購入できるモデルから、ハイエンドモデルまで価格帯が幅広く、予算も考慮して選べます。

「アートモニター」シリーズ

By: audio-technica.co.jp

「アートモニター」シリーズは、すべての帯域のサウンドを鳴らし、音を再現できるのが特徴。高級感のあるスタイリッシュなデザインも魅力です。また、二重構造ハウジングでダンピング効果を高める「D.A.D.S構造(PAT.)」により、伸びやかな低音を再現できます。

程よい密閉感で快適な装着感を実現する「3D方式ウイングサポート」を採用しているのも魅力のひとつ。ハイエンドモデルは、CD以上の情報量を持つ高音質音源「ハイレゾ音源」の再生に対応しています。

「サウンドリアリティ」シリーズ

By: audio-technica.co.jp

「サウンドリアリティ」シリーズは、音本来の豊かさをしっかりと表現できるのが特徴。伸びのある中高音域や、繊細なニュアンスまで楽しめます。高解像度の音作りも魅力です。

ラインナップの幅も広く、コンパクトなモデルから、取り回しやすいワイヤレスモデルまで存在します。なかには、持ち運びしやすい「スイーベル機構」を採用している製品もあります。普段使い用のヘッドホンを探している方にもおすすめのシリーズです。

「ソリッドベース」シリーズ

By: audio-technica.co.jp

「ソリッドベース」は、重低音と超解像度を両立させるドライバー構造が魅力の定番シリーズ。特に、鮮やかな重低音サウンドを楽しめるのが特徴です。EDMのベースやダンスミュージックなど、低音寄りの音楽が好きな方に適しています。

取り回しやすいワイヤレスモデルや有線モデルまでラインナップの幅が広く、自分に合った製品を選べるのも魅力。ハイエンドモデルのなかには、周囲のノイズを低減して音楽に集中できる、ノイズキャンセリング機能を搭載したモノもラインナップされています。

オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ|ワイヤレス

オーディオテクニカ(audio-technica) サウンドリアリティシリーズ ワイヤレスヘッドホン ATH-SR30BT

連続約70時間再生を実現しているオーディオテクニカのワイヤレスヘッドホンです。優れたスタミナ性が備わっているため、外出先でもバッテリー残量を気にせず使い続けられます。加えて、充電の手間が省けるのも魅力です。

φ40mmのドライバーを搭載。解像度の高いサウンドの再生とコンパクトなボディを同時に実現しています。さらに、必要のない音域を抑制する「アコースティックレジスター」を採用することで、クリアな中高域を再現しているのも特徴です。

本体重量が約190gと軽量で、長時間着用し続けても耳に負担がかかりにくいのもポイント。また、折りたたみが可能なので、使わないときには本体サイズを小さくして収納や持ち運びができます。機能性と携行性に優れた、おすすめのアイテムです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ソリッドベースシリーズ ワイヤレスヘッドホン ATH-WS990BT

φ53mmのディープ・モーションドライバーを搭載している、オーディオテクニカのワイヤレスヘッドホンです。没入感があり、クリアな重低音が楽しめます。加えて、約30時間の連続再生を実現しており、長く音楽が楽しめるのも魅力です。

「ノイズキャンセリング機能」が付いているため、周囲の音に邪魔されることなく音楽に集中できるのもポイント。また、周囲の音が確認できる「ヒアスルー機能」も備わっています。屋内と屋外の両方で活躍するモデルを探している方におすすめのアイテムです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-HL7BT

広帯域再生を可能にした大口径φ53mmドライバーを搭載しているオーディオテクニカのワイヤレスヘッドホンです。質の高いヘッドホンアンプも内蔵しているため、迫力のある低音域とクリアな中高音域が同時に楽しめます。

ハイレゾに相当する音質を再生するLDACコーデックに対応しているのも特徴です。また、ワイヤレスで約20時間の連続再生が可能なことや、本体重量が約220gと軽量なのも魅力。長時間快適に音楽鑑賞が楽しめるモデルを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-M50xBT2

オーディオテクニカが独自に開発した、45mm大口径ドライバーと専用アンプを搭載しているワイヤレスヘッドホンです。低音域から中高音域まで、幅広い周波数帯域で淀みのないクリアなサウンドを実現しています。

音と映像のズレを低減する「低遅延モード」を搭載しているのもポイント。また、最大約50時間再生の大容量バッテリーを搭載しています。加えて、約10分の充電で約180分間連続再生できる急速充電にも対応しています。動画やゲームを楽しむのにおすすめのアイテムです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-S220BT

約180gの軽量設計で、長時間の着用でも耳に負担がかかりにくいオーディオテクニカのワイヤレスヘッドホンです。薄く密閉性の高いイヤーパッドを採用しているため、快適な着け心地や優しいフィット感が味わえます。

最大約60時間のロングバッテリーが備わっているのもポイント。10分の充電で約3.5時間の使用が可能な急速充電にも対応しています。また、音と映像のズレを抑える低遅延モード搭載なのも魅力。スマートフォンのゲームを楽しむのにおすすめのアイテムです。

オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ|有線

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-AD900X

本製品専用設計のφ53mmドライバーを搭載しているオーディオテクニカの有線ヘッドホンです。重厚感があり、かつクリアな響きを実現しています。加えて、大型のボイスコイルを採用することで、豊かな表現力を可能にしているのも特徴です。

3Dウイングサポートとトータルイヤフィット設計を採用しており、軽快な装着性を体感できるのもポイント。圧迫感を覚えることなく、長時間着用し続けられます。音質や着け心地のよいモデルを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルオープンバックリファレンスヘッドホン ATH-R70x

磁力の高いマグネットと純鉄製の磁気回路を採用した、φ45mmドライバーを搭載しているオーディオテクニカのヘッドホンです。開放型のハウジング構造を採用しているので、歪みの少ないサウンドを楽しみたい方におすすめです。

本体重量が約210gと軽量なのもポイント。持ち運びが楽な設計なのも魅力です。加えて、通気性のよいイヤーパッドとウイングサポートが付いているため、着け心地のよさにも優れています。

オーディオテクニカ(audio-technica) アートモニターヘッドホン ATH-A1000Z

二重構造のハウジングを採用することで、伸びやかな低音を実現しているオーディオテクニカの有線ヘッドホンです。加えて、独自開発のφ53mmドライバー搭載で、深みのあるサウンドが楽しめます。

反発の少ない立体縫製のイヤーパッドを採用しており、長時間着用し続けても耳に負担がかかりにくいのもポイント。また、快適な密閉性と装着性を実現した新3D方式ウイングサポートを搭載しているため、音楽を快適に楽しめるモデルを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) サウンドリアリティシリーズ ポータブルヘッドホン ATH-SR50

φ45mmのドライバーを搭載しており、ハイレゾ音源も再生可能なオーディオテクニカの有線ヘッドホンです。不要な共振を抑えるアルミニウムハウジングも備わっているため、歪みのないクリアなサウンドが楽しめます。

本体重量が約229gと軽く、長時間着用し続けても耳に負担がかかりにくいのもポイント。また、「折りたたみ機構」付きで、持ち運びにも適しています。機能性と携行性を兼ね備えたモデルを探している方におすすめのアイテムです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ソリッドベースシリーズ ポータブルヘッドホン ATH-WS1100

φ53mmのディープモーション・ハイレゾオーディオドライバーを搭載しているオーディオテクニカの有線ヘッドホンです。没入感のある重低音と解像度の高いハイレゾ音源の再生を同時に実現しています。

不要共振を抑制する「デュアル・エンクロージャー構造」を採用しており、歪みのないクリアな響きを楽しめるのもポイント。また、2層のクッション材を採用したイヤーパッドを搭載しているため、装着感のよいモデルを探している方にもおすすめです。

オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ|安い

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-250AV

φ40mmドライバーを搭載しているオーディオテクニカのヘッドホンです。クリアで迫力のあるサウンドが楽しめます。加えて、本体重量が97gと軽量なので、長時間でも快適に使いやすいのが特徴です。

密閉タイプなので、音漏れが発生しにくいのもポイント。「スライダー調整機能」付きなので、耳にしっかりとフィットします。また、コードの長さが3.5mあり、接続機器から離れた場所でも使用できるのが魅力。コストパフォーマンスに優れたモデルを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) オープンバックヘッドホン ATH-P100L

音質を優先して設計したオープンバックを採用しているオーディオテクニカのヘッドホンです。迫力のあるデジタルサウンドが楽しめます。加えて、本体重量が軽く、耳に負担がかかりにくいため、長時間の着用が可能です。

コードの長さが3.5mあるため、接続機器から離れた場所からでも使用できるのがポイント。また、プラグにはストレート型のφ3.5ステレオミニプラグを採用しています。テレビに接続し、室内で音楽やBGMなどを楽しむのにおすすめのアイテムです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-S100

φ36mmドライバーを採用しているオーディオテクニカのヘッドホンです。コンパクトなボディと、パワフルかつクリアなサウンドを同時に実現しています。加えて、コードを除いた本体重量が約110gと軽く、耳に負担がかかりにくいのも魅力です。

イヤーパッドにはクッション性に優れ、音が漏れにくいモノを採用。さらに、絡みにくく使いやすい1.2mのコードを用いています。また、ファッション性を追求し、ポップなカラーを展開しているのもポイント。外出先での使用におすすめのアイテムです。

オーディオテクニカ(audio-technica) テレビ用オープンバックダイナミックヘッドホン ATH-P151TV

φ28mmのドライバーを搭載しているオーディオテクニカのヘッドホンです。質の高い響きを実現するオープンバックダイナミック型のハウジング構造を採用しているため、明瞭かつパワフルなサウンドが楽しめます。

コードの長さが5mあるため、接続機器から離れた場所でも使用できるのが特徴です。衣服に挟めるコードクリップも付属しているため、使用中にコードが絡まりにくいのがうれしいポイント。加えて、コードの長さ調整や収納に便利な巻き取りホルダーも付いています。

コード上には大型のボリュームコントローラーを搭載。直感的な操作で簡単にボリュームの変更が行えます。価格が安いので、気軽に使えるモノを探している方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) 楽器用モニターヘッドホン ATH-EP100

φ40mmドライバーを搭載しているオーディオテクニカのヘッドホンです。歪みの少ない、明瞭なサウンドが楽しめます。加えて、φ6.3mmの変換プラグを付属しているのもポイントです。

音漏れしにくい、密閉タイプのハウジング構造を採用しているのが特徴。また、本体重量97gに抑えた軽量ボディで耳にかかる負担が少なく、長時間着用し続けられます。コードの長さは2mで、電子ピアノなどへの接続におすすめのアイテムです。

オーディオテクニカのヘッドホンおすすめ|高級

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-AD2000X

音響特性に優れたパーメンジュール磁気回路と、純度が極めて高い無酸素銅OFC-7Nボイスコイルを採用したオーディオテクニカのヘッドホンです。本製品専用のφ53mmドライバーを搭載しています。

加えて、オーディオテクニカ独自のディフューザーを搭載しており、空間全体に音が満ちるような響きを追求しているのが特徴。さらに、フィン形状の空気経路を採用したバッフルを用いることにより、高い強度と優れた軽量性を同時に実現しています。

開放型のハウジング構造を採用しており、伸びやかな高音が楽しめるのもポイント。また、本体重量が265gと軽いため、長時間快適に着用できます。機能性や着け心地にこだわってヘッドホンを選びたい方におすすめのアイテムです。

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-ADX5000

オーディオテクニカ独自のバッフル一体型φ58mmドライバーを搭載したヘッドホンです。パーツ構成を絞り込むことで、クリアなサウンドを実現しています。加えて、ドイツ製パーメンジュール磁気回路を採用し、原音に近い響きを再現しているのも特徴です。

アルミニウムをベースとした、特殊な形状のハニカムパンチングハウジングを採用。ドライバーの駆動力と振動板のズレを抑えています。さらに、独自のコアマウントテクノロジー搭載で、抜けのよい音が楽しめるのも魅力です。

不要な振動を低減するステンレス素材のスリーブプラグや、ハイブリッド導体を搭載するなど、コードの構造にもこだわっているのがポイント。おしゃれなヘッドホンを探している方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) アートモニターヘッドホン ATH-A2000Z

優れた音響特性と高剛性を兼ね備えた軽量チタニウムハウジングに、φ53mmのドライバーを内蔵しているオーディオテクニカのヘッドホンです。パワーロスを低減するパーメンジュールや、音の再現性を高める純鉄ヨークも搭載しています。

二重構造ハウジングと、空気のダンピング効果を向上させる「D.A.D.S.構造」により、伸びのある低音を再現。加えて、純度の高いOFC-7Nボビン巻きボイスコイルや、カーボンコーティングを施したダイアフラムによって、優れた音質を実現しています。

低反発性に優れたイヤーパッドを備えており、長時間着用し続けても耳に負担がかかりにくいのもポイント。また、コードには左右両出しの左右独立アース線構造を採用しています。機能性に優れ、高級感のあるモデルを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-AWKT

ハウジングにウッドモデルのなかでも優れた木材とされている「黒檀」を用いたオーディオテクニカのヘッドホンです。年輪構造が持つ減衰特性を利用し、不要な振動を低減しています。濁りのない、クリアなサウンドを楽しめるのが魅力です。

本製品専用の大口径φ53mmドライバーを搭載。ドイツ製のパーメンジュール磁気回路を採用しており、パワフルな音場を実現しています。加えて、原音に忠実な響きを楽しめるのもポイントです。

オーディオテクニカ独自の二重構造である「ダブルエアーダンピングシステム」を採用しており、伸びやかな低音を再現しているのもポイント。機能性とデザイン性を兼ね備えた、ハイエンドモデルを探している方におすすめのアイテムです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-WP900

メイプルの無垢削り出しハウジングに、フレイムメイプル材を貼り合わせて作られたオーディオテクニカのヘッドホンです。同じモノがひとつとしてない、キレイで複雑な木目が楽しめます。加えて、使い込むほどに味わいが出てくるのも特徴です。

オーディオテクニカ独自のφ53mmドライバーを搭載。トップマウントPCB方式が空気の流れをスムーズにし、振動板の動きを制御します。さらに、磁力の強いマグネットを用いることで、優れた低域特性を実現しているのも魅力です。

角度の付いたバッフルを採用することで、歪みの少ないクリアな中低域再生を実現しているのもポイント。また、ヘッドパッドとイヤーパッドに人工皮革を用いているため、フィット性にも優れます。ほかの方と被らない、自分だけのヘッドホンが欲しい方におすすめです。

オーディオテクニカのヘッドホンの売れ筋ランキングをチェック

オーディオテクニカのヘッドホンのランキングをチェックしたい方はこちら。