時間や場所を問わずにギターを練習したい場合は、ヘッドホンを利用するのがおすすめ。周囲に漏れる音を抑えられるので、マンションなどでもギターを演奏しやすくなります。

ただし、ギター練習に適したヘッドホンは各メーカーから多種多様なモデルが販売されており、購入する際に悩んでしまいがち。そこで今回は、ギター練習におすすめのヘッドホンをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ギター練習でヘッドホンを使うメリット

By: boss.info

ギターのなかでも、エレキギターなどは音声信号をアンプで増幅して出力する楽器です。大きな音が出るため、集合住宅に住んでいる方や夜間にギターを演奏する方は、周囲への配慮が必要。ヘッドホンを利用すれば、ギターの音が広がりにくく、時間や場所を問わずに練習しやすいのがメリットです。

また、高音質なヘッドホンであれば、自分で演奏したギターの微細な音も聴き取り可能。しっかりと演奏をチェックできる点も魅力です。

ギター練習におすすめのヘッドホンの選び方

騒音対策には密閉型ヘッドホンがおすすめ

By: amazon.co.jp

周囲にギターの音が漏れてしまうトラブルが心配な場合には「密閉型」のヘッドホンがおすすめ。ハウジング部に密閉構造を採用しているのが特徴です。

ヘッドホンから再生された音が周囲に漏れにくく、夜間や早朝にギターを練習したい場合に便利。また、周囲の雑音を軽減できるのもメリットです。演奏するギターの細かな音のニュアンスをモ二タリングしたい場合にも適しています。

音漏れを気にしないなら開放型もおすすめ

By: amazon.co.jp

周囲に音が漏れるのをあまり気にせずに練習できる環境なら「開放型」のヘッドホンもおすすめ。開放型ヘッドホンはハウジング部が密閉されておらず、自然な音の広がりを得やすいのがメリットです。

また、密閉型に比べて圧迫感を覚えにくいのもポイント。音の抜けがよく、耳がこもるような感覚を覚えにくいので、長時間ギターを演奏する場合にも便利です。

フラットなモニターヘッドホンが人気

By: amazon.co.jp

ヘッドホンは製品ごとに音質に特徴があります。迫力のある低音を鳴らせるモノや、伸びのある高音が特徴的なモノなどさまざまな製品が販売されていますが、ギター練習に使用するのであればフラットな音質のモデルがおすすめ。各帯域をバランスよく再生できるヘッドホンなら、自分が弾いたギターの音をしっかりモニタリングできます。

フラットなサウンドを求める場合には、モニターヘッドホンと呼ばれるタイプの製品をチェック。スタジオやライブハウスなどでも使用されているアイテムで、原音に忠実な音を再生できるため、ギター練習用のヘッドホンとして人気です。

ギター練習用は有線接続が主流

By: amazon.co.jp

ギター練習用に使われるヘッドホンは、有線で接続するタイプが主流。ケーブルが必要ないワイヤレスヘッドホンは取り回しやすさに優れていますが、有線タイプに比べると音の遅延が発生します。

実際の演奏と再生される音にラグが生じると、モニタリングしにくいのがデメリット。最近では遅延の少ないワイヤレスヘッドホンも販売されていますが、ギター練習に使用する際は基本的に有線タイプから選ぶのがおすすめです。

コードの長さをチェック

ヘッドホンを選ぶ際は、コードの長さも注意しておきたいポイント。コードが短すぎると引っかかる可能性が高まり、演奏時の手の動きを妨げる場合があります。

また、コードが短いと、アンプから離れられる距離が限られる点にも注意が必要です。有線タイプのヘッドホンを購入する際は、コードの長さも事前にチェックしておきましょう。

端子は接続機器に合ったモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

有線タイプのヘッドホンは、製品ごとに端子の種類が異なります。一般的には3.5mmステレオミニ端子を搭載した製品が多いですが、アンプに繋げるためには6.3mmの標準端子が必要なので注意しておきましょう。

なかには6.3mm標準端子に変換できるコネクタが付属している製品もあるので、合わせてチェックしてみてください。

ギター練習におすすめのヘッドホン

ソニー(SONY) モニターヘッドホン MDR-M1ST

楽器の音を忠実に再現できるモニターヘッドホン。中音域をフォーカスしつつ、低音域・高音域もしっかりと鳴らせるのが魅力です。

また、人間工学に基づいて作られた立体縫製のイヤーパッドを採用しているのもポイント。密閉型ながら快適に装着できるので、長時間のギター練習にもおすすめです。

熟練作業者の手作業によって丁寧に作られており、品質に優れているのもメリット。厳しい検査を経て出荷されているため、安心して購入できる点もおすすめです。

シュア(SHURE) 密閉ダイナミック型モニター用・プロフェッショナル・スタジオ・ヘッドホン SRH940-SL-A

マイクや耳掛け型のイヤホンで有名な「シュア」が展開するモニターヘッドホンです。プロ用に設計されており、高品質なのが魅力。タイトな低音域と伸びやかな高音域が特徴で、歪みを抑えたクリアなギターサウンドが再生できます。

また、人間工学に基づいてデザインされたヘッドバンドを採用している点もメリット。プレミアムパッドが内蔵されており、長時間でも快適に装着可能です。

ハウジング部は耳全体を覆う密閉型を採用。周囲の雑音を低減する効果が期待でき、自分で演奏したギターの音が聴き取りやすいのがおすすめポイントです。付属品として、着脱できるカールコードやストレートコードなどが同梱されています。

JVCケンウッド(KENWOOD) Victor スタジオモニターヘッドホン HA-MX100V

スタジオ用のモ二ターヘッドホンとして設計されている製品。再現性が高く、原音に忠実なサウンドが再生できます。低音再生力を高めるデュアル・クリアバスポート構造を採用しているのもポイントです。

ハウジング部には、ブランドの象徴でもある「犬」のマークを刻印。かわいらしいデザインが魅力です。

本体は耐久性に優れているため、長く使える製品を探している方におすすめ。コードの長さは2.5mです。3.5mmのステレオミニ端子を備えているほか、付属品として6.3mmステレオ標準端子の変換アダプターも同梱されています。

アーカーゲー(AKG) プロフェッショナルスタジオヘッドホン K240 MKII-Y3

「AKG」独自のセミオープンエアー型を採用しているヘッドホン。音の抜けがよく、ナチュラルなサウンドを実現しています。

また、プロ向けに開発されたXXLトランスデューサーを採用しているのもポイント。重厚な低音域から繊細な高音域まで、幅広い帯域でしっかりとしたサウンド表現が可能です。

イヤーパッドが大型でフィット感に優れているのもメリット。合皮製とベロア製のイヤーパッドが付属しており、好みに合わせて付け替えられるのもおすすめポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M40x

原音に忠実なサウンドが再生できるモニターヘッドホンです。各帯域のバランスに優れているのが特徴。遮音性の高い密閉型のハウジング部を採用しており、ギターの繊細な音色をしっかりとモニタリングできます。

また、イヤーパッドやヘッドパッドの耐久性が高いのもポイント。長く愛用したい方におすすめです。付属のコードは1.2mのカールコードと3.0mのストレートコードの2種類。6.3mm標準端子への変換プラグも同梱されています。携帯する際はヘッドホン本体をコンパクトに折りたたみ可能です。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルオープンバックリファレンスヘッドホン ATH-R70x

ハウジング部に、ハニカムアルミニウムパンチングメッシュを採用したヘッドホンです。開放型を採用しており、ナチュラルな音の広がりを実現しているのが特徴。大口径な45mmドライバーで、歪みを抑えたプロ仕様のサウンドが再生できます。

本体重量は約210gと軽く、長時間でも快適に使用できるのがメリット。また、本体の素材にカーボン繊維を含んだ合成樹脂材を用いており、剛性が高くハードに使用できる点もおすすめです。

専用のポーチが付属しているのもポイント。ヘッドホン本体だけでなく、コードも一緒に収納できます。

ヤマハ(YAMAHA) STUDIO MONITOR HEADPHONES HPH-MT8

原音に忠実なだけでなく、音色や音像定位などの細かい変化もしっかりと再現できるヘッドホン。ハードな使用にも耐える優れた堅牢性を備えています。

ハウジング部は密閉型を採用しており、周囲の雑音を軽減可能。ギターの音色を聴き取りやすいのが魅力です。イヤーパッドには、肌触りがよいプロテインスキンレザーを使用。内部には振動を吸収するクッションが入っており、長時間でも快適に装着できます。

コードは3.0mのストレートタイプと、1.2mのカールタイプが付属。用途に合わせて簡単に付け替えられる点もおすすめです。

ヴォックス(VOX) VGH ROCK BASS VGH-AC30

ギター用アンプを製造していることで知られる「VOX」のヘッドホンです。ギターに直接接続できるのが特徴。本体にアンプを内蔵しており、VOXらしいサウンドが楽しめます。

リバーブ・コーラス・ディレイなどのエフェクト機能を備えているのもポイント。クリーンサウンドからクランチサウンドまで、好みに合わせてカスタマイズできる点が魅力です。

電池駆動で、単4乾電池2本を使用。電源をOFFにすれば、通常のヘッドホンとしても使えます。

ボス(BOSS) Wireless Personal Guitar Amplification System WAZA-AIR

コンパクトエフェクターで有名な「BOSS」が製造するギター向けのヘッドホンです。アンプを内蔵しているのが特徴。完全ワイヤレス・システムを採用しており、付属のトランスミッターをギターに繋げることで、無線での練習ができます。

Bluetooth通信を利用して、スマホやタブレットと接続できる点もメリット。専用アプリ「BOSS TONE STUDIO」を利用すれば、5種類のアンプと50種類以上のエフェクトを組み合わせられます。理想的なギターサウンドを構築できるおすすめのアイテムです。