ヘッドホンを装着して音楽を聴いているとき、つい周りの音が気になってしまう方も多いのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが、遮音性に優れた密閉型ヘッドホンです。

音漏れもしづらい密閉型ヘッドホンは、音楽を1人で快適に楽しみたい方に最適。そこで今回は、おすすめの密閉型ヘッドホンをご紹介します。

密閉型ヘッドホンとは?

414Mb5piIFL

By: amazon.co.jp

大きく分けて、ヘッドホンは密閉型と開放型の2形式があり、ハウジング内にある発音ユニット後方部分と外部との密閉度の違いにより区別されます。外部との密閉度が高い形式が密閉型ヘッドホンです。

密閉型ヘッドホンは遮音性が高く、外部からの騒音が入り込みにくい設計。音に没頭しやすいのがメリットです。また、外部への音漏れも少なく、周囲への迷惑になりにくいのもポイント。低音再生能力も高く、細かい音を聞き取りやすい傾向もあります。

密閉型ヘッドホンと開放型ヘッドホンの違い

密閉型ヘッドホン

By:amazon.co.jp

発音部を囲むイヤーカップ部分(ハウジング)が外部と遮断されているヘッドホンを、密閉型ヘッドホンといいます。ヘッドホンが誕生したときからある形式です。

遮音性が高いので細かい音が聴き取りやすく、音楽に没頭しやすいのが特徴。低音を逃しにくい構造でもあり、ベース楽器の存在感もしっかりしています。

外部への音漏れも少ないため、屋外で使いやすいのも魅力。一方、イヤーカップ内で音の反射やこもりが起こりやすく、詰まったような特有の音や閉塞感を覚える場合もあります。また、長時間の装着では蒸れてしまうこともあるので注意が必要です。

どんな人におすすめ?

By: amazon.co.jp

密閉型のヘッドホンは、録音から楽譜に起こす作業や、録音内容のチェックを行うといったプロの現場でも頻繁に使用されているヘッドホンです。

このことから、密閉型ヘッドホンは小さな音もしっかり聴きたい方や曲を集中して聴きたい方、迫力のある重低音サウンドを楽しみたい方に向いています。音漏れが少なく、屋外でも使えるので、ポータブル使用にもおすすめです。

なお、室内用に向いているのはイヤーパッドがすっぽりと耳を覆う「オーバーイヤー型」。大きく重くなりがちですが、音質的には有利で長時間の装着感も良好です。

ポータブル用に本体を小型化するためにイヤーパッドを耳に乗せる「オンイヤー型」は、軽量ですが音質的には不利で、長時間装着していると耳が痛くなる場合もあります。音質と使用感を重視するなら、携帯性を犠牲にしても「オーバーイヤー型」を選ぶのがおすすめです。

開放型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは、イヤーカップ部後方に細かな穴を多数空けているタイプ。ハウジング内の反射を抑え、こもりを少なくして自然なサウンドを鳴らします。また、イヤーカップ部が軽量化されており、軽い装着感を実現しているのもメリットです。

一方、外部の遮音性が低いため、音漏れには注意が必要。低音が外部に逃げやすく、音量の取りやすさに関わる能率も低いので、パワフルさに欠ける傾向もあります。

どんな人におすすめ?

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは前提として、音漏れが激しいため屋外での使用は控え、室内での個人使用がおすすめ。軽快で爽やかな音質が持ち味で、空間表現力、ハーモニーの溶け合いが得意なので、クラシックをはじめとしたアコースティック楽器中心の音楽鑑賞に向いています。

また、重量が軽く、装着感もラクなモノが多いため、ヘッドホンは疲れやすくて苦手という方や長時間使用する方におすすめです。

開放型ヘッドホンについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

密閉型ヘッドホンの選び方

用途で選ぶ

71SkczIwsaL._SL1500_

By: amazon.co.jp

密閉型ヘッドホンを音楽鑑賞用として使いたい場合は、よく聴く音楽のジャンルや再生環境を考慮して選ぶのがおすすめです。好みのジャンルやアーティストの魅力をより引き立てられるヘッドホンを使うことで、音楽をより楽しめます。

また、音質を重視したハイレゾ音源を再生する場合、ヘッドホンもハイレゾ再生に対応したモデルを選ぶのが重要です。最近では、ハイレゾに対応したモデルも増えています。しかし、価格が高くなる傾向にあるので、購入する際には注意しておきましょう。

使用場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

自宅などの室内だけでなく、屋外でもヘッドホンで音楽を楽しみたいなら、コンパクトに折りたためて持ち運びに便利なモデルがおすすめ。折りたたむことでケースやバッグなどに収納できるので、使用していないときでも邪魔になりません。

また、音楽プレーヤーとの接続にケーブルを必要としないワイヤレス接続に対応したモデルもおすすめです。ケーブルを服やカバンなどに引っ掛ける心配がないため、屋外でもケーブルを気にすることなく安心して使用できます。

ただし、屋外で使用する場合、音漏れには十分に注意しましょう。密閉型ヘッドホンは開放型に比べて音漏れは少ないですが、それでも大音量で音楽を再生すると周りの人の迷惑になる可能性があります。屋外で使用する場合は、音漏れ性能もチェックしておくことが大切です。

装着感で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンの装着感も、製品を選ぶうえで大切なポイントです。密閉型のヘッドホンは開放型と比べて、イヤーパッドと耳の密着度が強い傾向にあります。そのため、自分に合わないヘッドホンを長時間装着していると、耳が痛くなったり頭痛を引き起こしたりすることも考えられるので注意が必要です。

装着感を重視する場合は、自分の頭の大きさや形に合ったヘッドホンを選んでみてください。長時間の使用でも耳の痛みや疲れを感じにくく、快適に使用できます。

高音質な密閉型ヘッドホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2

高音質・利便性・多機能のすべてを満たした人気のヘッドホン。Bluetoothによるワイヤレス接続と、ノイズキャンセリング機能に対応しています。環境に応じて最適な騒音低減モードを自動で切り替えてくれる機能を搭載しているのが特徴。ノイズを気にせず音を楽しみたい方に向いています。

40kHzまでの高域再生が可能なハイレゾ対応「40mmHDドライバーユニット」、CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」機能、ハイレゾ相当のBluetooth伝送が可能な「LDAC」コーデック対応など、音質面も万全です。オーバーイヤー型ながら折りたたみにも対応しているので、屋内外での幅広いシーンで高音質を楽しめます。

ソニー(SONY) 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

密閉型ヘッドホンを代表する名機。音楽制作現場の標準機的存在として、20年以上にわたり世界中で支持を集めています。独自のドライバーユニットの搭載により、クリアな音質が楽しめるのが魅力です。

耐久性も高く、補修部品が入手しやすいのもメリット。標準プラグ接続型のため、ステレオミニ接続機器での使用には変換プラグが必要なので注意しておきましょう。やや地味な外見ですが、音の再現性の高さが特徴のおすすめアイテムです。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応密閉型ヘッドホン バランス接続対応 MDR-1AM2

バランス接続を採用した密閉型ヘッドホンです。左右の信号の混ざり合いを防ぐことで、立体感に優れた高音質が得られるのが特徴。ソニーのウォークマンやDACなどの機器と接続して音楽を楽しめます。また、従来の3.5mm径ステレオミニ接続にも対応しているので、普通のヘッドホンとして使用できるのもポイントです。

音質に優れたオーバーイヤー型ながら、ポータブル使用向けの折りたたみ機構とコンパクト設計なのも魅力。密閉度の高いイヤーパッドは、低音を逃さないだけでなく、遮音性も高めています。屋内外で活躍できるヘッドホンとしておすすめです。

ソニー(SONY) バランス接続対応密閉型ヘッドホン MDR-Z1R

ソニーの高級ヘッドホン。ダイナミック型としては最大級の口径70mmHDドライバーユニットを搭載し、120kHzまでの超高域再生を実現しています。

通気を最適にコントロールする「音響レジスター」をイヤーカップ外面に採用。密閉型ヘッドホン特有の共鳴現象を排除して、自然で細やかなサウンドを聴かせます。

また、ヘッドバンドカバーには牛革を採用し、使用感と高級感を高めているのもポイント。ソニー技術の詰まったおすすめモデルです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 35 wireless headphones II

ノイズキャンセリング性能の高さが特徴の、オーバーイヤータイプの密閉型ヘッドホンです。測定マイクと独自のデジタル回路による、業界最高クラスの騒音低減性能を有しています。特に騒々しい屋外での騒音低減効果に定評があり、遮音性を重視する方におすすめです。

大きめのイヤーカップと高級素材「アルカンターラ」を採用したヘッドバンドにより、長時間使用しても快適。また、「Googleアシスタント」機能に対応しているのもポイントです。もちろん、スマホでの通話も可能。屋外で高音質をアクティブに楽しみたい方におすすめのBluetoothヘッドホンです。

パナソニック(Panasonic) 密閉型ヘッドホン ワイヤレス ハイレゾ音源対応 RP-HD600N

大手電機メーカーのパナソニックが展開している、Bluetooth対応ヘッドホンです。「SBC」「AAC」「aptX」「aptX HD」「LDAC」といった、複数のコーデックに対応しています。最大24bit/48kHzでのハイレゾ伝送も可能です。

独自の40mm径「HDドライバー」と「振超多層フィルム(MLF)振動板」を採用し、ハイレゾによるワイドレンジ再生ができるのもポイント。穏やかなサウンドで音質のよさを堪能できます。ノイズキャンセリング機能も搭載し、オーバーイヤー型ながら折りたたみも可能なので、屋外用としてもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 密閉型ヘッドホン HD 598 CS

ゼンハイザーの人気開放型ヘッドホン「HD 598」をベースに密閉型にしたモデル。自然で爽やかなサウンドを継承しつつ、ハウジング部分を密閉することで屋外使用にも対応できるようになりました。

高級なヘッドホンにありがちな、スマホやポータブルプレーヤーで音量が取りにくいというデメリットもありません。高品質のレザーヘッドバンドと、クッション付きのオーバーイヤー型イヤーパッドによる快適な使用感も魅力。スマホ用マイクが付属しているのも便利です。

ビーアンドオープレイ(B&O PLAY) ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン Beoplay H9i

スタイリッシュさと高音質を両立した、Bluetoothとノイズキャンセリング機能対応の密閉型ヘッドホン。独自設計のドライバーを搭載することで、聴き疲れしにくい自然な高音質に仕上げているのが特徴です。

イヤーパッドとヘッドバンドはやわらかいラムスキン製で、快適な装着感を実現。遮音性にも優れているので、屋外でも音楽に浸れます。また、洗練されたミニマルなデザインもポイントです。ヘッドホンの見た目にこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

キャンプファイヤーオーディオ(Campfire Audio) CASCADE

ポータブル向けのオーバーイヤー密閉型ヘッドホンです。高級密閉型ヘッドホンの多くは音質を優先した設計のため、ヘッドホン出力の小さいスマホやポータブルプレーヤーに使用すると、満足な音量を得られない場合があります。しかし、このモデルは十分に音量の取れる設計を採用。スマホなどに使用しても高音質が楽しめます。

また、ステンレススチールやアルミニウム、 シープスキンといった素材の採用により、耐久性・携帯性・遮音性にも優れています。イヤーパッド内のシールを張り替えて音質を変えられるのもポイント。スマホでも最高の音質を楽しみたい方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイレゾ対応密閉型ヘッドホン CLASS-S WOODシリーズ HA-SW01

木製振動板を使用したヘッドホンを製品化したのがジェイブイシーです。木は発音体として理想的な特性を持つ一方、実用化が難しかった点を独自の技術で克服しました。

本製品では強力な「ハイエナジー磁気回路」を内蔵し、大口径40mmウッドユニットを駆動。木製楽器を中心とするアコースティック楽器では他を圧倒するほどリアルな音源が楽しめます。振動板以外にも、随所に木製パーツを採用。温かみと繊細さを持つサウンドが魅力のおすすめアイテムです。

アーカーゲー(AKG) 密閉型オーバーイヤーヘッドホン N90Q

高音質と好みの音質の追求を高度に実現した高級密閉型ヘッドホンです。耳の形状をスキャニングし、その形状に応じて自動的に音をセットアップする「オートキャリブレーション機能」を搭載。個人に合った最適な音を楽しめます。

また、独自のデジタル信号処理技術による「サウンドステージ補正機能」や音質調節機能を搭載しており、好みの音に自在に調節できるのもポイントです。さらに、アナログ有線接続に加え、最大24bit/96kHzのハイレゾ再生に対応したUSB入力も装備。プロ用ヘッドホンに実績のあるメーカーならではの、素直なサウンドが魅力のおすすめモデルです。

パイオニア(Pioneer) HDJ-X10C

パイオニア(Pioneer) HDJ-X10C

パイオニアが展開している密閉型ヘッドホンの2019年モデルです。解像度に優れた独自の「大口径50mm HDドライバー」や、振動減衰に優れた「カーボン素材」を採用。不要な振動やノイズを抑えるので、高音質な楽が楽しめます。ケーブルの表皮には「アラミド素材」、可動部には丈夫な金属を採用することで、MIL規格に準拠した高い耐久性を実現しているのもポイントです。

また、耳の角度に合わせて90°回転可能な「スイベル機構」、通気性の高い「パンチングレザー」、撥水効果の高い「ナノコーティング加工」など、使い勝手に配慮しているのも特徴。さらに、3年間の長期保証が標準で付いてくるのも魅力です。できるだけ長く使い続けたい方も、併せてチェックしてみてください。

Bang&Olufsen PLAY Beoplay H9 3rd Generation

Bang&Olufsen PLAY Beoplay H9 3rd Generation

機能性とデザイン性に優れた密閉型ヘッドホン。高級感のある本革のヘッドバンドや、装着感に優れた「形状記憶ラムスキンイヤークッション」、スタイリッシュな「アルミニウムディスク」など、ひとつひとつのパーツにこだわったクオリティの高さが魅力です。

また、周囲の騒音を軽減させる「アクティブノイズキャンセリング」を採用しているのもポイント。場所を気にせず、どこにでも高音質な音が楽しめます。さらに、喋りかけるだけで操作ができる「Google Voice Assistantボタン」や、好みのサウンドにイコライジングできる「Bang & Olufsen アプリ」など、オプション機能も充実したおすすめモデルです。

コスパ良好な低価格密閉型ヘッドホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) 密閉型折りたたみ式ヘッドホン MDR-ZX110

ソニーの密閉型ヘッドホンのなかでも、特にリーズナブルなモデルです。コンパクトなボディは折りたたみも可能なので、ポータブル使用にも向いています。装着感に窮屈さを感じやすいオンイヤー型ながら、圧迫を防いだ設計により長時間使用しても快適。低価格ながら、ソニー伝統のクリアで爽快なサウンドを楽しめます。

シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションにより、ファッション性が高いのも魅力。やさしい使い心地で、ヘッドホン初心者から上級者まで幅広くおすすめできます。

ソニー(SONY) 密閉型ヘッドホン 屋内用 MDR-XD150

リーズナブルなソニーのオーバーイヤー密閉型ヘッドホン。40mm径の大型ダイナミック型ユニットにネオジウム磁石とCCAWボイスコイルを採用し、ワイドレンジでキレのよいサウンドを鳴らします。

音のスケール感と遮音性につながる大型イヤーカップを持ちながらも、重量約160gと軽量なのも魅力です。また、快適に装着できる「イヤーコンシャスデザイン」により、長時間使用しても疲れにくいのもポイント。2mと長めのコードは、室内での映像鑑賞にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドホン WH-CH400

ソニーのBluetoothに対応した、リーズナブルなヘッドホン。最大20時間再生が可能なロングバッテリーを搭載していたり、iPhoneとの組み合わせにより高音質な音楽が楽しめるAACコーデックに対応していたりと、安くても内容は充実しているのが特徴です。

また、ワンタッチでデバイスと接続できる「NFC」機能を搭載しているほか、最大8台までのデバイスとペアリングできる「マルチペアリング」にも対応。もちろん、ハンズフリー通話も可能です。コンパクトなオンイヤー型で、わずか107gと軽量なのもポイント。カラーバリエーションも豊富なため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 密閉型ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-ZX110NC

低価格ながらノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンです。ノイズキャンセリング性能は周囲からの騒音を約95%カットできるほど高性能。また、単4形乾電池1本の使用でおよそ80時間の再生ができるのも特徴です。

人気のオンイヤー型ヘッドホン「MDR-ZX110」をベースにしているので、バランスのよいサウンドを備えています。簡単かつ手軽に高い遮音性を手に入れたい方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) 密閉型オーバーイヤーヘッドホン SE-M531

屋内用におすすめの、ハイコスパ密閉型ヘッドホン。ハイレゾ対応相当の40kHz再生をクリアするハイスペックでありながら、リーズナブルな価格が魅力です。

また、パワフルな重低音を鳴らす強磁力の希土類マグネットや、歯切れがよく情報量の多いサウンドにつながる「軽量CCAWボイスコイル」を採用。大型イヤーカップによる、スケール感のある表現力と遮音性も特徴です。

さらに、快適な装着感を実現するベロアタイプのイヤーパッドを採用しているのもポイント。本格的な高音質ヘッドホン入門機としてもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 密閉型ヘッドホン 折りたたみ式 RP-HX550

ハイコスパなオーバーイヤータイプの密閉型ヘッドホンです。高磁力マグネットを使用した、直径40mmの大型ドライバーユニットを搭載。耳をすっぽりと覆う余裕のある「Around Ear Style」イヤーカップも相まって、スケール感に富んだダイナミックなサウンドを鳴らします。

また、やわらかい素材でやさしい装着感の「コンフォートイヤーパッド」 により、長時間のリスニングも快適。折りたたみ機構も有しているため、外出用にも重宝します。

オーディオテクニカ(audio-technica) 密閉型オンイヤーヘッドホン ATH-S100

リーズナブルな密閉型ヘッドホンの定番モデルです。オンイヤー型で、折りたたみが可能なポータブル仕様。重量も約110gと軽量なので、持ち運びにも重宝します。

コンパクトながら大口径の36mm径ダイナミック型ユニットを搭載。見た目からは想像できない、パワフルでクリアなサウンドを聴かせます。ヘッドホンに長年の実績があるメーカーゆえの絶妙な音質チューニングもポイント。幅広いジャンルの音楽を聴くのにおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) 折りたたみ式密閉型ヘッドホン HA-S400

ポータブル使用に適したコンパクトさと高音質を両立したハイコスパモデルです。軽量で剛性の高い「カーボンナノチューブ素材」を振動板に採用し、大口径高磁力ネオジウムドライバーユニットを搭載。これにより、クリアでパワフルな高解像度のサウンドを楽しめます。

3通りの折りたたみ方が可能なので、バックやポーチなどに収納しやすいのもポイントです。やや短めの1.2mケーブルもポータブル機との接続に重宝します。小型化を優先したオンイヤー型で、屋外での使用がメインの方におすすめです。

エレコム(ELECOM) 密閉型ステレオヘッドホン EHP-TVOH0350BK

室内でのテレビ鑑賞やゲーム用に最適なハイコスパモデルです。5mと非常に長いケーブルに音量調節が可能なボリュームスイッチを装備。大型テレビを離れて見る際にも便利です。

ケーブル結束バンドやクリップも付属しているので、ケーブルの長さも邪魔になりません。大型イヤーカップを採用した本格的なオーバーイヤー設計で、装着感に優れているのも魅力。ワイドレンジでスケール感溢れるサウンドを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

スーディオ(Sudio) REGENT II

スーディオ(Sudio) REGENT II

携帯性に優れたオンイヤータイプの密閉型ヘッドホン。折りたたみ式を採用することで、室内はもちろん外出先でも快適に使えます。また、1回の充電で約24時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを採用。時間を気にせず長時間音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

ヘッドホンでは珍しい着せ替え可能なサイドキャップに対応しているのもポイント。その日のファッションに合わせて、ヘッドホンの外見を自由にカスタマイズできます。カラーバリエーションは、クールなブラック、ポップで明るいホワイトの2色から選択が可能。見た目にこだわりたい方におすすめのモデルです。

ジェイビーエル(JBL) TUNE 500BT

JBL TUNE 500BT

価格と性能のバランスに優れた密閉型ヘッドホン。リーズナブルな価格にも関わらず、透明感のあるサウンドと豊かな低音が楽しめる32mm径ドライバーや、耳にしっかりフィットする人間工学に基づいたデザインを採用。音質や装着感にこだわりつつ、コストパフォーマンスを重視したい方におすすめです。

また、複数のデバイス間で切り替えが可能な「マルチポイント接続」により、スマホに着信がきたときもスムーズに対応できるのもポイント。折りたたみ式なので、場所を問わずに音楽が楽しめるおすすめアイテムです。

重低音がすごい密閉型ヘッドホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン MDR-1000X

Bluetoothとノイズキャンセリング機能に対応した、オーバーイヤー型の密閉型ヘッドホンです。個人の装着状態に合わせて騒音低減性能を最適化する「パーソナルNCオプティマイザー」や高精度センサー、独自回路により、業界最高レベルの静けさを実現しています。

密着性が高いながらも快適な使い心地のイヤーパッドを採用しているので、長時間使用しても快適です。遮音性と密閉性の高さが相まって、重低音の充実したサウンドを聴かせます。また、ハイレゾ対応のドライバーユニットと、ハイレゾ相当の伝送が可能な「LDAC」コーデックに対応。ハイレゾアップコンバート機能「DSEE HX」による繊細な表現力もポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン 重低音モデル MDR-XB950N1

重低音再生にこだわったBluetooth・ノイズキャンセリング対応ヘッドホンです。重低音を増幅させて低音域を際立たせる「エレクトロ・ベース・ブースター」を搭載。密閉性が高く大きめのオーバーイヤー型イヤーパッドも相まって、密度の高い重低音を楽しめます。

また、周囲の状況に自動で合わせるノイズキャンセリング機能による高い遮音性もポイント。スマホアプリで自由に音質を調節でき、重低音の強さも自由に変えられるおすすめのモデルです。

ビーツ(Beats) 密閉型ワイヤレスヘッドホン Solo3 Wireless MNER2PA/A

デザイン性とアップル製品との親和性の高さが特徴の、Bluetooth対応密閉型ヘッドホンです。アップル社が開発した「Apple W1チップ」を搭載しているのが特徴。iPhoneをはじめとしたiOS機とのセットアップも、ただ近づけるだけの簡単設定です。

ビーツは重低音再生を得意とするメーカーだけに、本製品でもパワフルなサウンドを楽しめます。カラーバリエーションも豊富なので、自分好みのモノを選べるのも魅力です。

ビーツ(Beats) ワイヤレスヘッドホン Studio3 Wireless MQUF2PA/A

同社の「Solo3」をベースに、高度なノイズキャンセリング機能を搭載したモデル。独自技術である「Pure ANC」機能は、外部のノイズを感知して自動的に騒音を低減するのに加え、再生中の音源に最適化した音質調節を行います。

ビーツらしい重低音を効かせたサウンドで、ヒップホップやEDMなどの音楽にも最適です。また、Bluetooth使用時に約40時間持続するロングバッテリーを搭載しているのもポイント。折りたためるので、外出先での使用にも重宝します。

スカルキャンディ(Skullcandy) CRUSHER WIRELESS S6CRW-K591

臨場感の高い重低音が楽しめる、密閉型ヘッドホンです。楽曲に含まれる低音に応じて振動するサブウーファー「Stereo Haptic Bass」を搭載。音としてだけでなく、体に直接振動を感じさせることで重低音を表現しています。

振動の強さは、本体のレバーで無段階に調節可能。普通のヘッドホンとしても使えます。また、Bluetoothと有線使用のどちらにも対応しているのも魅力。大型イヤーパッドながら折りたためるので、頻繁に持ち運びしたい方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 密閉型ヘッドホン HD 25

重低音ヘッドホンの定番ロングセラーモデル。密着度の高いイヤーカップを採用することで、遮音性も追求しているのが特徴です。ハウジングは上下だけでなく、前後にも180°まで回転可能。しっかりと耳にフィットするように調節しやすいのも魅力です。

また、ボリュームの大きさだけでなく、楽器の質感や音階もクリアに鳴らし分ける音質の高さも魅力。低音重視の音楽を、雰囲気だけでなくしっかりと聴きたい方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン ATH-WS990BT

重低音再生に特化した「SOLID BASS series」ヘッドホンの、Bluetooth・ノイズキャンセリング対応モデルです。大型53mm径の「ディープ・モーションドライバー」を搭載し、深く鮮明な重低音を実現。再生周波数帯域が5~40000Hzと広く、ハイレゾにも対応しています。

また、集音マイクと集音孔の最適な位置関係による、高度なノイズキャンセリング機能を搭載。騒音低減時でも自然なサウンド作りを意識しているため、屋外でも低音が聴き取れます。硬さを変えた二重構造のイヤーパッドによる、快適な装着感もおすすめのポイントです。

デノン(DENON) ワイヤレスヘッドホン Bluetooth ノイズキャンセリング対応 AH-GC20

デノンが展開している、Bluetooth・ノイズキャンセリング対応ヘッドホン。本製品では、振動板の前後の音圧バランスを調節して音響特性を最適化する「アコースティックオプティマイザー」構造を採用。入念な音質チューニングと相まって、明瞭でエネルギー感豊かな重低音サウンドを聴かせます。

新開発の人工皮革を採用したイヤーパッドにより、高い遮音性を実現しているのも魅力。どこでも静かに音楽を楽しめるおすすめアイテムです。

パイオニア(Pioneer) 密閉型DJヘッドホン HDJ-2000MK2-S

DJ向けヘッドホンの高音質モデルです。ヘッドパッドの表面に、合成皮革プロテインレザーを採用しているのが特徴。肌触りがよく柔軟性に優れており、長時間使用しても快適さが保たれます。

また、本製品では高磁力マグネットを採用した大口径ユニットを搭載。DJ用途に最適なタイトでディープな重低音を実現しています。音楽ジャンルによらず重低音を楽しみたい方におすすめのモデルです。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) 密閉型ヘッドホン CUSTOM STREET

低音の出方を3段階で簡単に調節できる密閉型ヘッドホン。スマホアプリで低音や細かい音質を調整できるモデルも多くラインナップされていますが、本製品はヘッドホン単体で音質を変更できるのが特徴。使い勝手に優れた製品を探している方におすすめです。

コンパクトに折りたためるオンイヤー型かつ、スマホ用マイク付きリモコンを装備しているので、ポータブル使用にも適しています。16種類ものデザインカバープレートを同梱しているため、自分好みのデザインにカスタマイズできるのも魅力です。

ジェイビーエル(JBL) 密閉型オーバーイヤーヘッドホン EVEREST ELITE 700 V700NXT

先進的な機能が特徴の、Bluetooth・ノイズキャンセリング対応ヘッドホンです。ユーザーの耳の形状をスキャニングし、自動的に最適な音に調節する「オートキャリブレーション機能」を搭載。専用スマホアプリで、好みの音質に調節もできます。

大型イヤーパッドと大容量ハウジングによる、パワフルでボリューム感のある重低音もポイント。騒音低減レベルを自由に調節できるノイズキャンセリング機能も搭載したおすすめモデルです。