ヘッドホンは大きく分けて遮音性が高い「密閉型ヘッドホン」と音の広がりや空気感がリアルに感じられる「開放型ヘッドホン」の2種類があり、前者は通勤や通学に、後者はサウンドを思う存分楽しみたい際におすすめです。

そこで今回はワンランク上の音質を体感できる開放型ヘッドホンのおすすめモデルをご紹介。音質重視でヘッドホンを選びたい方はぜひ参考にしてみてください。

開放型ヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

「開放型ヘッドホン」とは別名「オープンエアー型」とも呼ばれ、ドライバーユニットを覆うハウジング部の背面にメッシュ素材のような穴が開いているモノを指します。自然な広がりを感じやすいのが特徴です。

耳の近くから出された音を聴くというよりもスピーカーで聴く感覚に近いため、室内用ハイエンドモデルの多くが開放型を採用しています。

開放型と密閉型の違いは?

By: amazon.co.jp

開放型と密閉型の違いはハウジング部の構造です。開放型ヘッドホンとは対照的に、ハウジング部の背面に穴が開いていないモノを密閉型ヘッドホンとしています。

密閉型のヘッドホンは開放型のモノよりも音漏れしにくいため、屋外での使用におすすめ。ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンの多くも、密閉型を採用しています。また、音漏れを防げるため、低音域の再生に強いのが特徴です。

ただ、密閉型ヘッドホンは音がこもりやすいのが難点。音質重視の場合は開放型がおすすめです。開放型ヘッドホンは遮音性が低く、屋外での使用には向きませんが、室内ではサウンドのポテンシャルを存分に引き出すことができます。

開放型ヘッドホンのメリット・デメリット

開放型ヘッドホンのメリット

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは音の広がりを感じられるため圧迫感が少なく、聴き疲れしにくいのがメリットです。密閉せずに装着できるため、耳への負担を軽減できます。

加えて通気性に優れているほか、比較的軽量なモデルが多いため、長時間の視聴にもおすすめ。映画やライブ映像、クラシック音楽などを聴く際に適しています。

また、開放型ヘッドホンは高音域の抜けがよく、キーの高い音を再生する際も音割れしづらいのがポイント。大型ドライバーを搭載している開放型ヘッドホンであれば、低音域も聴き応えのあるサウンドを体感できます。

開放型ヘッドホンのデメリット

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンのデメリットは音漏れが気になること。耳が密閉されている密閉型ヘッドホンと比べて環境音などのノイズが入りやすく、屋外で使用する際は音量を上げがちになるので、耳への負担や周囲への騒音を配慮すると、屋外での使用はおすすめできません。

開放型ヘッドホンの選び方

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンの魅力は音の広がりがしっかりと感じられること。また、音の解像度も注目ポイントで、特に低音域の解像度が優秀なモデルであれば、使い勝手は良好です。

なお、製品を選ぶ際はメーカーを軸にするのもおすすめ。開放型ヘッドホンを得意としているメーカーからチェックしてきましょう。ちなみに海外メーカーであれば「ゼンハイザー(SENNHEISER)」や「アーカーゲー(AKG)」、国内メーカーであれば「ソニー」や「オーディオテクニカ」などがおすすめです。

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは総じて音質は良好で、なかでも無線接続よりも有線接続の方が音質がよい傾向にあります。より音質を重視したい方は有線タイプの開放型ヘッドホンを選びましょう。

なお、ワイヤレス接続にこだわりたい方には、赤外線を活用して情報を伝えるトランスミッター式の開放型ヘッドホンが候補。ちなみに、最近普及しているBluetooth対応のワイヤレスモデルは製品ラインナップが限られています。どうしてもBluetoothにこだわりたい方はBluetoothレシーバーの使用も視野に入れて検討しましょう。

サイズ・重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンの長時間使用を想定している方はサイズ感や重さにも重要。特に機能が優れているモデルはその分搭載しているパーツが大きく重たくなるので、注意が必要です。本体の重さを考慮したい場合は、質量300g前後をひとつの目安としましょう。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンは開放型、密閉型を問わずトップの位置にあるヘッドバンドやそれに続くスライダー、アーム、音質を左右するハウジング、装着感に関わるイヤーパッドなどで構成されています。

音質重視で選ぶ際は二の次になる部分ではありますが、ヘッドホンは身につけるアイテムなので、所有感も需要なポイントです。デザインに関してはパーツがむき出しになっているモノやメカニカルなアイテムなどがラインナップされているので、ぜひチェックしておきましょう。

フィット感で選ぶ

By: amazon.co.jp

快適に使用できるよう、装着した時にフィットするモノを選びましょう。フィット感のよさを見るためには、まずイヤーカップの形に注目します。

耳全体を覆うオーバーイヤー型は耳への接地面が大きいため、安定しているのが魅力。ただし、メガネを常用している場合は側圧が強すぎるため、おすすめはできません。メガネをしている方にはイヤーパッドが耳全体を覆うのではなく、耳に乗せるような形の「オンイヤー型」のヘッドホンがおすすめです。

また、イヤーパッドの素材も重要なポイント。多くの製品は柔らかく汚れを拭き取りやすい革を採用しています。ただ、革素材のイヤーパッドは汗に弱いのが難点。長期的に使用する場合は、イヤーパッドカバーの購入も検討しましょう。

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは製品によってさまざまな機能を備えています。使用用途などに合わせて適切なモデルを選びましょう。

例えば、開放型ヘッドホンで映画やゲームを楽しみたい方にはバーチャルサラウンド機能などを搭載したモデルがおすすめ。前後左右から音を感じられるため、より臨場感を楽しめます。

また、利便性を重視する方にはヘッドバンドを調節できる製品や、絡みにくいコードを採用している製品がおすすめです。

開放型ヘッドホンのおすすめモデル

ゼンハイザー(SENNHEISER) ヘッドホン HD 660 S

歪みの少ない純粋なサウンドを楽しめる開放型ヘッドホン。高音質にこだわってケーブルの設計までこだわっているのが特徴です。

伝導性の高いOFC銅線を採用し、ハンドリングノイズを抑えているのもポイント。ケーブルは着脱が可能です。

開放型の弱点である低音もカバー。内部のトランスデューサーは、±1dBの低許容差を維持するために手作業で組み合わせています。自然で伸びのよい高音と質量を持ったタイトな低音で、バランスは良好です。

装着感も快適で、重さは250g軽量。時間のリスニングにも適しています。イヤーカップやヘッドバンドには厚みのあるクッションを採用。適度な側圧で耳を包み込むため、リラックスして使用できます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ヘッドホン HD 599

キレのあるサウンドが魅力的な開放型ヘッドホンです。周波数特性は12~38500Hz。特に高音域の再生に優れており、中音域や低音域とバランスのとれたサウンドが特徴です。

また、独自のリングトランスデュ―サーを採用しており、音の歪みを効果的に低減してくれるのもポイント。透明感のある音を楽しみたい方におすすめです。

なお、プラグやケーブルは交換が可能。3.5mmと6.3mmのケーブルに対応しており、リスニング環境に合わせて快適に使用できます。

装着感にも定評があり、長時間の使用でもストレスなく対応することが可能。ヘッドバンドには安定感のある柔らかな革素材を使用しているほか、イヤーパッドにはベロア素材を採用することによって、優しく耳を包み込みます。

アーカーゲー(AKG) リファレンスシリーズヘッドホン K712 PRO

原音を忠実に再現できるよう設計された開放型ヘッドホンです。独自開発の高性能ドライバーを搭載しており、開放型ヘッドホンの得意とする高音はもちろん、低音域も適度な質量感を持たせながら豊かに再生できます。

さらに「バリモーション・テクノロジー」を採用した独自構造のダイアフラムも特徴。ノイズを低減し、高音域と低音域とのスムーズな移動を可能にしています。高品質を維持するために、手作業によって組み立てられているのもポイントです。

ケーブルにはリボン状のワイヤーを内蔵した「フラットワイヤー・ボイスコイル」を採用しており、感度は良好。軽量で頭部への負担を軽減しているのも魅力です。

また、本製品はイヤーパッドも注目点。耳全体をしっかりカバーできる仕様になっているほか、クッション性が高く、肌触りのよいベロア素材を採用しているので、長時間の装着でも快適に使用することができます。

コス(KOSS) PORTAPRO

Bluetooth接続に対応している開放型ヘッドホンです。幅広い音域の再生が得意ですが、特に抜けがよく迫力のある低音も特徴。映画鑑賞などにおすすめです。遅延の少ないaptXを採用しており、ゲームを楽しむ際にも向いています。

また、本製品はマイク付きコントローラーを搭載しており、スマホでの音声通話にも対応。折りたたみが可能なほか、本体を傷つけずに持ち運べる便利なキャリングケースも付属しています。

軽い装着感で長時間使用できるのもポイント。側圧は3段階調節でき、さまざまな頭部にフィットします。使い勝手がよい上安く購入できるため、コストパフォーマンス重視の方におすすめ。ただし、開放型ヘッドホンは総じて音漏れしやすいので、その点は注意しておきましょう。

コス(KOSS) Sporta Pro

オーバヘッドだけでなくネックバンドタイプとしても使える開放型ヘッドホンです。ネックバンドタイプなら頭部からの落下を防げるため、シーンを問わず快適に使用できます。

また、価格は大変リーズナブルでありながら、再生周波数帯域は15~25000Hzと幅広く、低音もしっかり再生できます。ロックやポップスを視聴する方におすすめです。なお、重さは62gとかなり軽量。「とりあえず開放型ヘッドホンを試してみたい」という方はぜひチェックしておきましょう。

シュア(SHURE) オープン型 プロフェッショナル・ヘッドホン SRH1440

原音を忠実に再生するようチューニングされた開放型ヘッドホン。透明感のあるサウンドを発するほか、幅広い音域をクリアに再生できるのが特徴です。

特に高音のクオリティに長けており、クラシック音楽などもカバー。繊細な音の表現を楽しみたい方におすすめです。なお、低音域も引き締まった印象。隙のない質感で聴き応えは十分です。

装着感も良好。ヘッドバンドは人間工学に基づいて作られているため、長時間の使用にも適しています。また、イヤーパッドは形状復元性があり、柔らかく耳にフィット。発売から数年経過していますが評価の高い製品なので、ロングセラーモデルの開放型ヘッドホンを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) コードレスステレオヘッドホンシステム MDR-IF245RK

赤外線を利用して接続するトランスミッター式を採用した開放型ヘッドホン。専用プラグを使用機器に接続するだけで使用でき、送信部から約8m離れた距離まで伝送することが可能です。

バッテリーは充電式を採用。フル充電で約28時間使用することができます。なお、単四電池なら約50時間の再生が可能。充電用のスタンドも付属するため、使い勝手は良好です。クリアなサウンドが楽しめる40mmドライバーを搭載しており、音質も良好。特にテレビ視聴でヘッドホンを使いたい方におすすめです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-MA900

大口径70mmドライバーユニットを搭載している開放型ヘッドホン。フルオープン型を採用しており、通気性がよく、長時間の使用でも耳が蒸れにくいのが特徴です。

再生周波数帯域は5~40000Hzをカバー。量感のある低音と抜けのある高音が魅力です。幅広い音域をメリハリよく再生できるので、音楽再生や映画鑑賞、ゲームなどさまざまなコンテンツに対応できます。

重さは195gと軽いため、長時間の使用も良好。ヘッドバンド部にはフレキシブルヘッドクッションを採用しており、装着感も安定しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-ADX5000

幅広い音楽再生に対応できる開放型ヘッドホン。再生周波数帯域は5~50000Hzに対応しており、バランスのとれた広帯域再生が可能です。

低音再生にも優れているため、映画サウンドやオーケストラミュージックなどもカバー。硬質樹脂成型の「バッフル一体型58mm径ドライバー」を採用することにより、パーツ構成を絞り込むことで音の歪みを極限まで抑え、自然でリアルなサウンドを鳴らします。

また、「高磁束密度磁気回路」と超硬素材の「タングステン」をコーティングした振動板によって広帯域にわたって情報量を向上。大掛かりな発音機構を要しながら、重さ約270gにまとまっているのも魅力です。

さらに、別売りでXLR端子でのバランス接続にも対応。なお、標準ケーブルはポータブル機には向かない仕様なので、その点は注意しておきましょう。

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-AD500X

価格帯が1万円以下とリーズナブルな開放型ヘッドホンです。再生周波数帯域は5~25000Hz。低音再生に優れた53mmの大型ドライバーを搭載しており、開放型の弱点である低音もバランスよく再生します。

開口率の高いハニカムパンチングケースを採用しているのも魅力。スムーズに空気が流れるため、より自然なサウンドを体感できます。また、アルミニウム素材を採用しており、本体の質量は235gと軽量。頭部への負担を軽減できるため、長時間の使用にもおすすめです。

なお、本製品はフィット感も良好。圧迫感の少ない3Dウィングサポートによって優しく耳を包み込みます。イヤーパッドには立体縫製を施した起毛素材を採用。音漏れを防ぎながら快適に装着できるのが特徴です。

ヤマハ(YAMAHA) ヘッドホン HPH-200

ナチュラルでフラットなサウンドが特徴の開放型ヘッドホン。低音域のほか、中音域や高音域の抜けもよく、特に楽器の音色を忠実に再生するモデルです。

3.5mmのミニプラグが標準で搭載されていますが、6.3mmの変換プラグも付属。ホームシアターなので映画サウンドを楽しむのはもちろん、モニター用や楽器演奏用などとしてもおすすめです。

また、本製品は装着感も良好。ハウジング部は110°まで回転するため、顔の大きさやメガネの有無に合わせて調節できます。また、イヤーパッドには柔らかく通気性のよいベロア素材を採用。長時間の使用も快適です。

なお、ハウジング部は90°回転させてフラットな仕様にできるため、持ち運びも容易。価格帯としては1万円台なので、お手頃な開放型ヘッドホンを求めている方におすすめです。