ヘッドホンには大きく分けて、遮音性が高い「密閉型ヘッドホン」と音の広がりや臨場感がリアルに感じられる「開放型ヘッドホン」の2種類があります。密閉型ヘッドホンは通勤や通学に、開放型ヘッドホンはサウンドをより楽しみたい場合におすすめです。

そこで今回は、開放型ヘッドホンのおすすめモデルをご紹介。選び方も併せて解説するので、音質重視でヘッドホンを選びたい方はぜひ参考にしてみてください。

開放型ヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

「開放型ヘッドホン」は、別名「オープンエアー型ヘッドホン」とも呼ばれており、ドライバーユニットを覆うハウジング部分の背面にメッシュ素材のような穴が開いているモノを指します。ドライバーユニット内が密閉されていないため、音がハウジング内にこもりにくく、自然な広がりを感じやすいのが特徴です。

また、ハウジング部分に穴が開いているので、ヘッドホンの重量が軽いのもポイント。密閉型に比べて軽快な装着感が魅力です。室内用ハイエンドモデルの多くが開放型を採用しています。

開放型と密閉型の違いは?

By: amazon.co.jp

開放型と密閉型の大きな違いは、ハウジング部の構造です。開放型ヘッドホンとは対照的に、ハウジング部の背面に穴が開いていないモノを「密閉型ヘッドホン」と呼びます。

密閉型のヘッドホンは開放型よりも音漏れしにくいため、屋外での使用におすすめ。ノイズキャンセリング機能付きヘッドホンの多くは、密閉型を採用しています。また、音漏れを防げるので、低音域のサウンドを出しやすいのが特徴です。

ただし、密閉型ヘッドホンは音がこもりやすいのが難点。音質を重視する場合は、開放型ヘッドホンがおすすめです。開放型ヘッドホンは遮音性が低く、屋外での使用には不向き。室内でサウンドを楽しむのに適しています。

密閉型ヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

開放型ヘッドホンのメリット・デメリット

開放型ヘッドホンのメリット

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは音の広がりを感じられるため、圧迫感が少ないのがメリットです。また、開放型ヘッドホンは高音域の抜けがよく、キーの高い音を再生する際に音割れしにくいのもポイント。大型ドライバーを搭載している開放型ヘッドホンであれば、低音域でも聴き応えのあるサウンドを体感できます。

ハウジング部分が密閉されていないので、通気性に優れているほか、比較的軽量なモデルが多いのが特徴。長時間音楽を聴く方にもおすすめです。

開放型ヘッドホンのデメリット

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンのデメリットは、音漏れが気になることです。ハウジング部が密閉されている密閉型ヘッドホンと比べて、環境音などのノイズが入りやすく、屋外で使用には不向き。また、ユニット部分が大きいモノが多いので、持ち運びに適していない点を留意しておきましょう。

開放型ヘッドホンの選び方

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンを選ぶ際は、音質にも注目。特に低音域に強いモデルであれば、より音の広がりを楽しめます。また、開放型ヘッドホンを選ぶ際は、メーカーを軸に検討するのもポイント。開放型ヘッドホンを得意としているメーカーを、ぜひチェックしてみてください。

海外メーカーなら歪みの少ないクリアなサウンドが特徴の「ゼンハイザー」や、原音に忠実なサウンドを実現している「AKG」がぴったり。国内メーカーなら低音域のサウンドに優れている「オーディオテクニカ」がおすすめです。

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンを選ぶ際に、より音質を重視したい方は、有線タイプのヘッドホンがおすすめ。また、ケーブルの長さが限られているものの、接続が安定しているのがメリットです。

ワイヤレス接続のモデルを探している場合は、Bluetoothに対応したモノを選ぶのがおすすめです。ただし、Bluetooth対応の開放型ヘッドホンは製品ラインナップが限られているため要注意。Bluetoothによる接続にこだわりたい方は、別途Bluetoothレシーバーの使用も視野に入れて検討してみてください。

サイズ・重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンを長時間使用する場合は、サイズや重さもチェック。特に、高機能モデルの場合は搭載しているパーツが大きく重くなる傾向にあるので留意しておきましょう。

本体の重さが気になる方は、重量300g前後の重すぎないモデルを検討してみてください。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホンを選ぶ際は、見た目のよさも重要なポイント。開放・密閉型を問わず、トップの位置にあるヘッドバンド・スライダー・アーム・ハウジング・イヤーパッドなどで構成されています。

パーツがむき出しのモノや、メカニカルなデザインのモノもラインナップされているため、ぜひチェックしておきましょう。また、室内の使用に適している開放型ヘッドホンは、インテリアに合わせて選ぶのもおすすめです。

フィット感で選ぶ

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは、快適に使用できるよう、装着した際にフィットしやすいモノを選びましょう。フィット感のよさを判断するには、イヤーカップの形をチェックします。

耳全体を覆う「オーバーイヤー型」は耳への接地面が広いため、安定しやすいのが魅力です。ただし、メガネを着用する方には、側圧が強すぎるので不向きなことも。メガネを着用する方は、イヤーパッドが耳全体を覆うのではなく、耳に乗せるような形の「オンイヤー型」のヘッドホンがおすすめです。

また、イヤーパッドの素材も重要なポイント。多くのヘッドホンには、柔らかく汚れを拭き取りやすい革が採用されています。ただし、革素材のイヤーパッドは、汗に弱いのが懸念点。長期的に使用する場合は、イヤーパッドカバーの購入も検討してみてください。

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンは、製品によってさまざまな機能を備えています。用途に合わせて適切なモデルを選びましょう。

装着感を重視する場合は、ヘッドバンドを調節できるタイプのモノがおすすめ。頭の形に合わせてヘッドバンドの長さを変更できます。

利便性を重視する場合は、絡みにくいコードを採用しているヘッドホンがぴったりです。また、リスニング中にコードが邪魔にならないよう、背面45°の方向にコードを配置しているヘッドホンもあります。

開放型ヘッドホンのおすすめメーカー

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ゼンハイザーは、ヘッドホンやマイクロフォンなどを手掛けるドイツの音響機器メーカー。ファッション性の高いモデルや高品質なプロフェッショナル向けのヘッドホンなどを展開しており、歪みのないクリアなサウンドが魅力です。

ゼンハイザーの開放型ヘッドホンは高音質で、伸びのよい高音と量感のある低音のバランスが取れているのも特徴。本格的なサウンドを味わいたい方におすすめのメーカーです。

アーカーゲー(AKG)

By: amazon.co.jp

オーストラリアのウィーンで設立された音響機器メーカー。ワイヤレスヘッドやDJヘッドホンなど、さまざまな機能を備えたヘッドホンをラインナップしています。

独自のハウジング構造により、原音に忠実なサウンドを実現しているのが特徴。目の前で演奏を聴いているようなサウンドを求めている方におすすめのメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に創業された日本の音響機器メーカー。リーズナブルなモデルから高性能なハイエンドモデルなど、さまざまなヘッドホンを取り揃えているのが特徴です。

オーディオテクニカの開放型ヘッドホンは、高音はもちろん、低音の再生力に優れているのが魅力。迫力ある映画のサウンドやオーケストラミュージックなども楽しめるため、さまざまなシーンで使いやすい汎用性の高さもポイントです。

開放型ヘッドホンのおすすめ|定番人気モデル

ゼンハイザー(SENNHEISER) アラウンドイヤーヘッドホン HD 559

人間工学的に優れた開放型ヘッドホンです。独自のトランスデューサー技術を採用し、快適かつ魅力的なデザインを実現。また、深みのある低音を再生できます。

快適な装着感を実現する大型のソフトイヤーパッドと、パッド入りのヘッドバンドを採用しているのも魅力のひとつ。長時間でも快適に音楽を楽しめます。

着脱可能な3mケーブルを同梱しており、オーディオ機器などと離れていても接続可能。6.3mmプラグを採用しています。高品質ながら比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) オープン型ヘッドホン HD 600

本格的なサウンドをリスニングできるプロ仕様の開放型ヘッドホンです。高品質なオープンメタルメッシュイヤーピースカバーを採用し、透明感のあるサウンドを実現。洗練されたデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

コンピューターで最適化されたマグネットシステムを備えており、歪みを軽減。自然で奥行きのあるサウンドを楽しめるのも魅力です。ケーブルは着脱できます。

頑丈な仕様のため、長期間使用できるのもおすすめポイントです。

アーカーゲー(AKG) リファレンススタジオヘッドホン K712 PRO-Y3

原音を忠実に再現できる独自のハウジング構造を採用した開放型ヘッドホンです。音の定位や奥行きなどを再現できるのが特徴。まるで目の前で演奏を聴いているかのような音場を実現しているのも魅力です。空気の流れを妨げない仕様なので、ドライバーの性能を最大限に引き出せます。

高性能ドライバーの搭載により、開放型ながら低域もしっかり再現可能。また、イヤーパッドに耳の形状にフィットする低反発素材を採用しており、ドライバーの音を余すことなくリスニングできます。

ケーブルは、シーンに応じて使い分けられる「ストレートコード」と「カールコード」の2種類を同梱。ヘッドバンドは装着するだけで長さ調節できる「セルフアジャスト機能」を搭載しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-AD500X

直径53mmドライバーを搭載した開放型ヘッドホンです。迫力ある低域から美しい中高域まで再現できるのが特徴。開放感のあるリスニング体験を実現できます。

また、優れた強度と軽量化を両立するアルミニウム製ハニカムパンチングケースを採用しているのも魅力のひとつ。空気の流れをスムーズにすることで余韻までしっかり感じられます。

快適な装着感を実現できる「3Dウイングサポート」を搭載しているのもメリット。耳をしっかり包み込めるため、低域の抜けも防げます。

オーディオテクニカ(audio-technica) 楽器用モニターヘッドホン ATH-EP700

楽器のリスニング向けに設計されたモニター用の開放型ヘッドホンです。専用にチューニングが施された直径40mmドライバーを搭載。躍動感のある低音から繊細な高音までバランスよく再生できます。

小型かつ軽量な設計で、長時間快適にリスニングできるのも特徴。コードは背面45°の方向に配置されているため、コードが邪魔になりにくい仕様です。

コンパクトにまとまるスイーベル折りたたみ機構を採用しており、収納や持ち運びがしやすいのも魅力のひとつ。比較的安く購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-HL7BT

ケーブルレスで快適に音楽を楽しめるワイヤレスタイプの開放型ヘッドホンです。空気の流れをスムーズにすることで自然な音や余韻まで再現可能。大口径53mmドライバーを搭載しているので、低域から中高域までワイドレンジに再生できます。

ワイヤレスながらハイレゾ相当の高音質をリスニングできるLDACコーデックに対応しているのも魅力のひとつ。最大約20時間再生できるロングバッテリーも内蔵しています。

また、3.5mmステレオミニプラグの2mコードで有線接続することで、ハイレゾ再生も可能。約220gと軽量なため、長時間快適にリスニングしたい方にもおすすめです。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) 開放型モニターヘッドホン DT990 PRO

広がりのある音場や立体的なサウンドを楽しめる、おすすめの開放型ヘッドホン。深みのある低域から透明感のある高域までしっかり再現できるのが特徴です。

耳を覆う大口径のイヤーパッドを採用しており、長時間快適に装着できるのも魅力のひとつ。ヘッドバンドは柔軟性に優れているため、頭の大きさにかかわらずしっかりフィットします。

利便性の優れた片出しケーブルを採用しているのもポイント。また、ケーブルは絡まりにくい仕様なので、持ち運びや保管もしやすい仕様です。原音を忠実に再生できるため、ミキシングやマスタリングなどの用途にも適しています。

グラド(GRADO) 開放型ステレオヘッドホン SR325x

広い音場で音を鮮明に表現できる開放型ヘッドホンです。優れた独自のドライバーを搭載しており、ディテールや透明感、レンジの広さなども再現可能。細かい音までしっかりリスニングしたい方におすすめです。

また、ドライバーは特別にチューニングが施されており、歪みを低減できたり、音楽の調和を保てたりするのも魅力。1つ1つ丁寧に手作業で組み立てられているため、品質面も良好です。

ケーブル皮膜は耐久性に優れているので、安心して使用可能。ヘッドバンドには高級感のあるレザーヘッドバンドを採用しています。スタイリッシュなデザインのため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ハイファイマン(HIFIMAN) 平面磁界駆動ヘッドホン HE400se

音場感と出力の高さが優れた平面磁界型を採用した開放型ヘッドホンです。コイルが振動板表面の全域に設けられており、歪みのないサウンドを楽しめるのが特徴。91dBと能率が高いので、ポータブルオーディオプレーヤーやスマホなどさまざまな機器で使用できます。

また、軽量設計のため、長時間快適にリスニングできるのも魅力のひとつ。優れた快適性を実現し、音質を向上するヘッドバンドとハイブリッド型イヤパッドを採用しています。

高性能な3.5mm端子ケーブルに加えて、6.35mm変換アダプターを付属しているので、幅広い機器に接続可能。低歪の高音質サウンドを楽しみたい方におすすめです。

ローランド(Roland) プレミアムオープンエアーヘッドホン RH-A30

ミュージシャン向けに開発されたフラグシップモデルの開放型ヘッドホンです。ネオジムマグネットを採用した45mmドライバーを搭載。ワイドレンジかつ自然なサウンドを楽しめるのが特徴です。

また、繊細なニュアンスまでしっかり再現できるのも魅力。軽量なので、長時間でも快適に使用できます。

ソフト・スウェード調イヤーパッドを備えており、高級感を演出しているのもポイント。音楽の演奏に適した開放型ヘッドホンを探している方におすすめです。

開放型ヘッドホンのおすすめ|高級モデル

ゼンハイザー(SENNHEISER) ハイレゾリューション・ヘッドホン HD 800 S

細部まで自然な音を再現できる開放型ヘッドホンです。大型の56mmサウンドトランスデューサーを搭載。独自のイヤーカップデザインを採用することで、空間的なリスニング体験を実現します。

「マイクロファイバー製ハンドメイドイヤーパッド」を採用し、長時間でも快適にリスニングできるのも魅力のひとつ。アンカバー式のイヤーマフを搭載することで、優れた音響も実現しています。

6.35mmステレオ標準プラグケーブルに加えて、4.4mmバランスケーブルを付属しているのもポイント。さまざまな機器で優れた高音質を楽しめます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) オープン型有線ダイナミックヘッドホン HD 660 S

インピーダンスを150オームに抑えて優れた汎用性を実現した開放型ヘッドホンです。ハイレゾを再生できるモバイルプレーヤーと接続することで、原音に忠実なサウンドを再現。また、アルミニウム製ボイスコイルを採用したダイアフラムを搭載しています。

さらに、新しいトランスデューサー設計により、歪みを大幅に低減できるのも魅力のひとつ。耳にフィットしやすい楕円形のイヤーパッドを採用しているのもメリットです。

6.5mmステレオプラグと4.4mm Pentaconnバランスステレオプラグを備えた接続ケーブルから、接続機器に応じて選べるのもポイント。頑丈な構造なので、長く使用できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-ADX5000

空気感や臨場感まで再現できるトップエンドモデルの開放型ヘッドホンです。直径58mmドライバーを搭載し、音の歪みを低減可能。また、独自の「コアマウントテクノロジー」を採用しています。

日本の職人が手作業で作っている高品質な「特殊ハニカムパンチングハウジング」を採用しているのがメリットです。

肌触り・耐久性・通気性の優れたイヤパッドとヘッドバンドを採用しており、長時間快適に使用できるのもポイント。歪みが少なく音源に近いサウンドを楽しめるモデルを探している方におすすめです。

フォーカル(FOCAL) プロフェッショナル開放型ヘッドホン Clear MG Pro

モニタリング性能の優れたプロ仕様の開放型ヘッドホンです。低音から高音まで正確なモニターができるマグネシウム・ドライバーを搭載。高解像度なサウンドを楽しめます。

スピーカーで聴いているかのような開放感のあるサウンドを実現するハニカム構造を採用。人間工学に基づいたデザインで快適な装着感を得られるため、長時間のリスニングにも適しています。

スタイリッシュかつ高級感のあるデザインも魅力。高耐久かつおしゃれな専用ハードケースが付属しているので、持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。

フォステクス(FOSTEX) オープン型プレミアム・ヘッドホン TH909

低歪を実現し広大なダイナミックレンジを楽しめる、1.5テスラのドライバーユニットを搭載した開放型ヘッドホンです。上質なサウンドを実現する木製のハウジングを採用。木材部の表面には日本の伝統工芸である「漆工芸」が施されています。

ハウジングの開口部は、二重構造の「アルミニウム製エッチングパーツ」を採用。聴き疲れしにくく、自然な音場を実現します。低反発性クッションをイヤーパッドに採用しており、快適な装着感を実現しているおすすめの開放型ヘッドホンです。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) ハイエンドテスラヘッドホン T1 3rd Generation

独自の「テスラドライバー」を搭載し、高い解像度、広いダイナミックレンジ、歪みの低減を実現した開放型ヘッドホン。ドライバーを傾けて配置することで、まるで生演奏を聴いているかのような立体的な音場を楽しめます。

インピーダンスを32オームに抑えることで、ポータブルデバイスでも十分なパフォーマンスを発揮。リケーブルに対応しているため、音質もカスタマイズ可能です。

形状記憶フォームを採用したイヤーパッドを採用しており、快適な装着感を得られるのもポイント。ドイツの工場でハンドメイドされている、おすすめの開放型ヘッドホンです。

グラド(GRADO) Tri-Wood Oasis RS1x

メープル・ヘンプ・ココボロの3つの木材を採用した「トライウッド・ハウジング」搭載の開放型ヘッドホン。50mm口径の「xドライバー」を備えており、優れた音質を実現しています。

ホワイトスティッチ本革ヘッドバンドを採用し、高い装着感と耐久性を両立しているのも魅力のひとつ。ケーブルの入力端子は汎用性の高い3.5mmステレオミニプラグを採用しているため、さまざまな機器で使用できます。

高級感がありつつおしゃれなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

AUDEZE 開放型平面磁界型ヘッドホン LCD-X 2021 OPEN-BACK HP

平面磁界駆動形を採用した開放型ヘッドホン。独自技術である「Fazorテクノロジー」を搭載することで、ドライバーから出力された音を正確に伝えて、楽器やボーカルなどの位置までしっかり表現できます。

フィット感のあるイヤーパッドを採用しているのも魅力のひとつ。高い遮音性や質の高い低音再生も実現できます。堅牢かつ高級感のあるデザインもポイント。現役のエンジニアの要望をもとに作られているので、プロフェッショナル用途にもおすすめです。

シュア(SHURE) プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン SRH1840

奥行き・広がりのあるサウンドが楽しめる開放型ヘッドホン。左右のドライバー特性を揃えており、正確な低域と伸びのある高域を再生できます。

音量の大小にかかわらず一貫した性能を実現できるのも魅力のひとつ。人間工学に基づいて設計されたデュアルフレームヘッドバンドを採用することで、長時間でも快適に音楽をリスニングできます。

ケーブル・イヤパッドなどが交換できたり、保管用ケースが付属していたりするので、長期的に使えるのもポイントです。

ファイナル(final) D8000 Pro Edition

量感と開放感のある低音と繊細な高域を両立した平面磁界型の開放型ヘッドホン。振動板の制振技術である「エアフィルムダンピングシステム」を搭載しており、優れた低音の再現性を実現しています。

ほぼすべての部品を分解できる設計のため、修理やアップグレードなどがしやすく、長期的に使えるのも魅力。国内の自社工場で部品の源流から組み立てまでを一貫して行っているため、品質面も良好です。

また、3.5mm端子のOFCケーブルと、6.3mm端子のOFCシルバーコートケーブルの2種類の着脱ケーブルを同梱。接続機器に応じて付け替えられます。専用キャリーケースも付属しているので、持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。