周囲を気にせず音楽を楽しみたいときに欠かせないヘッドホン。なかでも、優れた遮音性と密閉性でリスニングに集中しやすいのが「オーバーイヤーヘッドホン」です。さまざまなモデルが販売されており、どれを選んだらよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オーバーイヤーヘッドホンのおすすめモデルをピックアップ。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

オーバーイヤーヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

耳全体を覆うように装着するのが「オーバーイヤーヘッドホン」です。ヘッドバンドとイヤーパッドによって安定した装着が可能。ヘッドホンのなかでもっとも主流のタイプです。密閉性と遮音性が高く、リスニングに集中したいシーンで活躍します。

耳全体を完全に覆う状態になるため、長時間の使用では耳が痛くなってしまう場合も。比較的大型なモデルが多く重量があるため、持ち運びにはやや不向きです。一方、耳に乗せるように装着するのが「オンイヤーヘッドホン」。耳を覆う部分がなく小型軽量で、ポータブルタイプに多く採用されています。

オンイヤーヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

オーバーイヤーヘッドホンの選び方

ハウジングの形状で選ぶ

密閉型

By: amazon.co.jp

クローズド型とも呼ばれ、音を発生させるドライバーユニットをハウジングで覆っているヘッドホンです。耳にぴったりと装着する構造で、音漏れが少なく外音が入り込みにくいのが特徴。屋外・室内問わず使いやすいタイプです。とくに、通勤・通学時など周囲への音漏れが気になるシーンでの使用に適しています。

密閉性と遮音性に優れており、パワフルなサウンドを楽しめるのも魅力。プロユースのスタジオモニターヘッドホンとして活躍するモデルも販売されています。ただし、高い密閉性によって音がこもりやすいデメリットも。耳を圧迫しやすく、長時間の使用では疲れてしまう場合もあります。

開放型

By: amazon.co.jp

ハウジングにメッシュ状の穴を設けて、空気が出入りしやすく工夫をこらしているのが開放型です。クリアで伸びのある、音の広がりを感じやすいサウンドが特徴。スピーカーで聴くような感覚で高音質サウンドを楽しめる、室内向けハイエンドモデルに多く採用されています。

密閉型と異なり、耳を圧迫しにくい快適な装着感も魅力。ハウジングに穴を設けるため軽量化しやすく、長時間のリスニングでも疲れにくい使用感を実現します。音が内部にこもりにくいものの、音漏れしやすいのがデメリット。通勤や通学時、人混みなど周囲への音漏れが気になるシーンでは不向きです。

接続方法で選ぶ

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続による、無線でリスニングを楽しめるのがワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホンです。わずらわしいケーブルのない快適な使用感が魅力。外出先の移動中にリスニングを楽しみたいシーンに適しています。ケーブルの断線トラブルを気にせず使用できるのもメリットです。

ただし、Bluetooth接続では音源データを圧縮して送信するため、音質劣化しやすいのがデメリット。音の遅延が発生する場合もあり、動画やゲームでの使用ではストレスを感じる場合があります。なるべく快適に使用したいなら、遅延が少なく高音質なコーデック「aptX」や「AAC」に対応しているモデルに注目です。

充電する必要があるため、突然の充電切れ時や充電を忘れると使用できないことも。また、Bluetoothに対応していない機器とは接続できないため注意が必要です。

有線

By: audio-technica.co.jp

ダイレクトに機器とケーブルで接続するのが有線のオーバーイヤーヘッドホンです。音質劣化しにくいため、高音質サウンドにこだわりたい方におすすめ。ワイヤレスと異なり充電切れの心配がないのもメリットです。

端子に3.5mmステレオミニプラグや6.3mmステレオプラグを採用しているモデルのほか、左右の音の分離感を高めて立体的な高音質を実現する「バランス接続」にも注目。ただし、バッグに収納して持ち運ぶ際にケーブルが絡まったり、かさばりやすくなったりするのが気になる場合があります。

ケーブルが断線すると使用できなくなる点にも注意が必要。なかには、着脱式ケーブルでワンタッチに交換できるモデルも販売されているのでチェックしてみてください。

機能をチェック

ハイレゾ対応

By: amazon.co.jp

CDを上回る高音質なサウンドを楽しめるのが、ハイレゾ対応のオーバーイヤーヘッドホンです。CDの16bit/44.1kHzを超える、幅広い音域と解像度の高さが特徴。原音に忠実なサウンドを再生できるため、より音質にこだわりたい方におすすめです。

ハイレゾ音源は周波数帯域40kHz以上と定義されています。日本オーディオ協会からハイレゾ対応と認められているモデルには、ハイレゾロゴが表示されているのでチェックしてみてください。

ただし、接続する機器側もハイレゾに対応している必要がある点に注意が必要。ワイヤレスモデルでは、ハイレゾ相当の伝送に対応するコーデック「LDAC」や「aptX HD」に対応しているかチェックしておきましょう。

ノイズキャンセリング

By: amazon.co.jp

周囲の騒音を打ち消してリスニングに集中しやすくする機能がノイズキャンセリングです。ヘッドホンに内蔵したマイクで周囲の音を取り込み、逆位相の音を発して打ち消す構造。騒がしいノイズを低減させて、快適なリスニング環境をつくります。

とくに、通勤・通学字や航空機内など耳障りなノイズが気になるシーンで活躍。なかには、ノイズキャンセリングレベルを調節できるモデルも販売されています。

外音取り込み

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能搭載のオーバーイヤーヘッドホンを選ぶ際には、外音取り込む機能を備えているかをチェックしてみてください。移動しながら音楽を楽しむようなシーンでは、外の音が聴こえないと危険な場合があるため注意しなければなりません。

外音取り込み機能を備えていれば、ヘッドホンを装着したまま外の音を聞くことが可能。会話でコミュニケーションを取りたいときにも役立ちます。とくに、公共交通機関内や施設内では大切なアナウンスを聴ける状態にしておくのがおすすめです。

オーバーイヤーヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

東京都港区に本社を置き、CMOSイメージセンサ市場ではトップシェアを獲得しているメーカーです。ハードウエア分野をはじめ、ソフトやサービス分野など幅広く事業を展開。家庭用ゲーム機の分野にも力を入れています。

オーバーイヤーヘッドホンにおいては、ハイエンドモデルから手軽に使いやすいエントリーモデルまで幅広くラインナップ。なかでも、高音質ノイズキャンセリングプロセッサー「QN1」を搭載し、音響環境に適したキャンセリング機能を発揮するモデルもあります。高性能なヘッドホンが欲しい方はチェックしておきましょう。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: sennheiser.com

ドイツの音響機器メーカーで、ヘッドホンやマイクロフォンの開発・製造をおこなっています。高品質な製品は音楽制作現場などプロの現場でも活躍。オーバーイヤーヘッドホンでは開放型と密閉型をラインナップしています。

スタイリッシュなデザインを採用しているもモデルや、持ち運びやすい折りたたみ式のモデルも展開。オーディオ上級者からも人気のメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: audio-technica.co.jp

1962年に創立された日本の音響機器・映像機器メーカーです。高品質な製品を手掛けており、音質にこだわるオーディオマニアにも高く評価されています。オーバーイヤーヘッドホンにおいては密閉型と開放型をラインナップ。リーズナブルなモデルからプロ用まで充実しています。

また、快適な装着感を実現しつつ、優れた耐久性を備えたモデルも展開。長時間のリスニングでも快適に楽しみたい方はチェックしてみてください。

オーバーイヤーヘッドホンのおすすめ|密閉型

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4

独自開発の高音質ノイズキャンセリングプロセッサー「QN1」を搭載したオーバーイヤーヘッドホン。業界トップクラスのノイズキャンセリング性能を実現しています。幅広いノイズを低減できるため、さまざまな環境で音楽に没入しやすいのが特徴です。

MP3やストリーミングなどの圧縮音源をハイレゾ相当のサウンドで楽しめる「DSEE Extreme」も搭載。ワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめるLDACコーデックにも対応しています。また、付属のケーブルを使えば、有線接続でハイレゾ鑑賞も可能です。

外音取り込みモードに切り替えられる「スピーク・トゥ・チャット」機能を搭載しているのもおすすめポイント。音楽を聴いている最中に声を発するだけで音楽再生を停止可能です。高精度ボイスピックアップテクノロジーにより、クリアな音声でハンズフリー通話できます。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

100kHzの再生を実現する高性能なHDドライバーユニットを搭載した密閉型オーバーイヤーヘッドホン。大口径70mm振動板により、生演奏を聴いているかのような自然な響きを感じられるのが特徴です。

また、ドームを大型化して形状を最適化することで、中低音の表現をクリアにし、中高音域をつややかに表現できるのも魅力。フィボナッチパターングリルを採用しており、ハイレゾ音源をより忠実に再生できます。

ハウジングに通気孔を設けて空気の流れを調節することで、低音をコントロールして重低音のリズムを正確に再現できるのもポイント。とにかく音質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-XB910N

高性能ノイズキャンセリングによって、大迫力の重低音に没入できる密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。量感のある重低音とクリアな高音を両立した「EXTRA BASS」サウンドも特徴です。

また、装着性と気密性を両立した立体縫製イヤーパッドを採用しており、快適な着け心地を実現しているのも魅力。長時間のリスニングでも快適に音楽を楽しめます。

ノイズキャンセリングONで30時間、OFFで50時間再生できるロングバッテリーもポイント。わずか10分の充電で4.5時間再生できる「クイック充電」に対応しています。迫力ある重低音を楽しみたい方におすすめのモデルです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM 3 Wireless

原音をより忠実に再現し、幅広い音域でバランスの取れたサウンドが楽しめる密閉型オーバーイヤーヘッドホン。ワイヤレスタイプのため、通勤・通学時などの日常生活で快適に音楽をリスニングできるのが特徴です。

周囲のノイズを低減する「アクティブノイズキャンセル」と、周囲の音を取り込める「トランスペアレントヒアリング」機能を搭載しているのも魅力。外音を遮断する「最大モード」、移動時に効果的な「風切り音低減モード」、ノイズキャンセリングの圧迫感から解放される「圧迫感低減モード」の3モードをシーンに応じて切り替えられます。

ファッションに寄り添うスタイリッシュなデザインなので、音質はもちろん、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) Bluetoothヘッドホン HD 350BT

豊かでダイナミックな低音と、高い解像度のバランスが取れたサウンドを楽しめる密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。さまざまなジャンルの音楽に合う上質サウンドを実現しているのも特徴です。

音と映像のズレが少ない高音質・低遅延コーデック「aptX LL」コーデックに対応しているため、映画やゲームを楽しみたい方にもぴったり。1.5時間の充電で30時間再生できるロングバッテリーなので、通勤・通学や旅行など長時間でもバッテリー残量の心配が少なく楽しめます。

耐久性が高く、コンパクトに折りたためるため、持ち運びしやすいのもポイント。専用アプリと連携することで、好みの音にイコライズしたりファームウェアを更新したりできます。おしゃれなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M50x

大口径の強磁力φ45mmCCAWボイスコイルドライバーを搭載し、高解像度なモニタリングが可能な密閉型オーバーイヤーヘッドホン。ワイドレンジでフラットなサウンドを楽しめるため、DJやトラックメイカーにもおすすめです。

また、前後90°回転する反転モニター機構を採用しているのも魅力のひとつ。ヘッドホンを首に掛けて片耳でのモニタリングができます。折りたたみ機構により、コンパクトに持ち運びしやすいのもポイント。1.2mカールコード・3.0mストレートコード・1.2mストレートコードを同梱しているので、シーンに応じて使い分けられます。

シュア(SHURE) ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン AONIC 50 SBH2350

ワイヤレスでスタジオクオリティの高音質サウンドを楽しめる密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。アジャスタブル・ノイズキャンセリングにより、周囲のノイズを低減できるのが特徴です。

また、簡単操作で周囲の音を取り込める「外音取り込みモード」を搭載しているのも魅力。頻繁に使っても耐えられる優れた耐久性を備えているのもおすすめポイントです。

最長20時間再生できるロングバッテリーもメリット。有線接続にも対応しているので、シーンに応じてワイヤレスと有線を使い分けられます。

アップル(Apple) ブルートゥースヘッドホン AirPods Max

iPhoneやiPadなどを手掛ける「Apple」が展開している密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。独自に設計したドライバーにより、歪みを最小限に抑え、原音により忠実な音を再生できるのが特徴です。

周囲の音を低減する「アクティブノイズキャンセリング」と、周囲の音を取り込める「外部音取り込みモード」を備えているのも魅力。イヤークッションは形状記憶フォーム製なので、優れたフィット感を実現できます。

シンプルかつスタイリッシュなデザインのため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ビーツ(Beats) ブルートゥースヘッドホン studio3 wireless

Appleデバイス間の設定や切り替えをシームレスに行える「Class 1 Bluetooth」と「Apple W1チップ」を搭載した密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。Appleデバイス以外に、Androidデバイスにも対応しているので、汎用性も良好です。

ノイズキャンセリング機能を搭載しているのも魅力。周囲のノイズを低減可能です。イヤーカップに備えられた「bボタン」で、通話・曲切り替え・音量変更・ボイスアシスタント起動などさまざまな操作が行えます。

ノイズキャンセリングONで最大22時間、OFFで最大40時間再生できるロングバッテリーもポイント。機能性・音質・デザイン性の全てに妥協したくない方におすすめです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 45 headphones

高性能なイズキャンセリング機能を搭載した密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。ノイズキャンセリングを高いレベルで楽しめる「Quietモード」と、周囲の音を取り込める「Awareモード」の2モードを切り替えることで、さまざまなシーンに対応できます。

独自の「TriPortテクノロジー」により、コンパクトかつ軽量ながら、深みのあるリッチなサウンドを楽しめるのが特徴。加えて、音を小さくしても安定した低音を、音を大きくしてもクリアなサウンドを実現できます。

また、「ノイズリジェクティングマイクシステム」を搭載しており、屋内でも屋外でもクリアな音声通話が可能。最大24時間連続再生できるロングバッテリーなのもポイントです。

オーバーイヤーヘッドホンのおすすめ|開放型

ゼンハイザー(SENNHEISER) オープン型ヘッドホン HD 660S

高周波の歪みを抑えることで、自然で臨場感のあるサウンドを楽しめる開放型のオーバーイヤーヘッドホンです。150オームに抑えたインピーダンスが汎用性に優れているのも特徴。音質も高く、明瞭な低音から心地よい自然な高音までしっかり再現できます。

軽量かつ頑丈な構造も魅力のひとつ。耳にフィットする楕円形のイヤーカップに、厚みのあるヘッドバンドと交換可能なイヤークッションを採用することで、快適なリスニング体験を実現できます。

6.35mmステレオプラグ、または4.4mm Pentaconnバランスステレオプラグを備えた着脱式接続ケーブルから選択できるのもポイント。加えて、6.35mmから3.5mmに変換できるアダプターも付属されているので、さまざまな機器に接続して使えます。音質を妥協したくない方はもちろん、汎用性の高さを求めている方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ダイナミック・オープン型ヘッドホン HD 800S

高級素材を使用した高品質モデルの開放型オーバーイヤーヘッドホンです。開発プロセスにおいて、細部までこだわって作られているのが特徴。高品位のサウンドも実現しており、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

サウンドイメージを最適化することで、低音と中音の再現力を高めているのも魅力のひとつ。また、4〜51000Hzの周波数特性を実現しているので、ワイドレンジで洗練された高音質サウンドを楽しめます。

特許取得済みのダイヤフラムを採用することで、高周波数帯域でおこりやすい歪みを低減しているのもポイント。イヤーカップは、わずかに角度を付けて音波が耳に届きやすいような設計を採用しています。自然で広がりのあるサウンドを楽しみたい方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ハイエンド・アラウンドイヤーヘッドホン HD 599

自然で広がりのあるサウンドが特徴的な開放型のオーバーイヤーヘッドホンです。「EARテクノロジー」などの独自のトランスデューサー技術により、オーディオ信号をダイレクトに耳に届けられるのも魅力。空間的な広がりのあるナチュラルサウンドをリスニングできます。

また、大型イヤーカップと交換可能なソフトイヤーパッドの採用により、耳への圧迫感が少ない優れた装着感を実現。長時間のリスニングも快適に行なえます。

見た目だけでなく、人間工学に基づいた「コンテンポラリーデザイン」を採用しているのもポイント。機能性とデザイン性を両立したおすすめのモデルです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-HL7BT

Bluetoothによるワイヤレス接続で快適に使用できる開放型のオーバーイヤーヘッドホンです。周囲の空気とともに自然な音の鳴りや余韻まで楽しめるオープンエアー構造を採用。ケーブルレスなので可動範囲を制限することなく、さまざまな体勢で快適に使用できます。

軽量設計のため、長時間のリスニングで疲れにくいのも魅力のひとつ。ワイドレンジの再生を実現する大口径φ53mmドライバーを搭載しているので、迫力のある低域から美しい中高域までクリアに再現できます。

さらに、付属のφ3.5mmステレオミニプラグ2.0mコードを使用すれば、有線接続も可能。有線接続で高解像度なハイレゾ音源も再生できます。ワイヤレスで最大約20時間再生でき、1日中バッテリー残量を気にせず使えるのもうれしいポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-AD900X

独自設計の大口径φ53mmドライバーを搭載し、厚みがありながらクリアなサウンドを再生できる開放型オーバーイヤーヘッドホン。大口径CCAWボビン巻きボイスコイルを採用することで、繊細かつ豊かな表現力も実現しています。

また、アルミニウム製ハニカムパンチングケースを使用しており、高耐久かつ軽量に設計されているのも魅力。空気の流れをスムーズにすることで、音の余韻まで楽しめます。

立体縫製の起毛素材のイヤパッドを採用しているのもポイント。快適な装着感を実現しつつ、優れた耐久性も両立しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) 楽器用モニターヘッドホン ATH-EP700

新設計のφ40mmドライバーを搭載した開放型のオーバーイヤーヘッドホン。楽器演奏用にチューニングされているのが特徴です。躍動感のある低音から繊細な高音域までバランスよく再生できます。

また、コードを背面45°方向に配置することで、演奏中にコードが邪魔になりにくいのも魅力のひとつ。スイーベル折りたたみ機構を採用しているので、収納しやすいのもポイントです。

小型・軽量かつオープンエアー構造により、長時間快適にリスニングできるのもメリット。楽器演奏を楽しみたい方におすすめのモデルです。

アーカーゲー(AKG) リファレンススタジオヘッドホン K712 PRO

独自のハウジング構造を採用した開放型のオーバーイヤーヘッドホン。目の前で演奏を聴いているかのような音場の広さと、音の定位や奥行きを正確に再現できるのが特徴です。

また、高性能ドライバーを搭載しており、低域を鮮明かつ量感豊かに表現できるのも魅力のひとつ。イヤーパッドには、耳周りの形状に合わせて変形する低反発素材を採用しているので、快適に音楽を楽しめます。

装着するだけでヘッドバンドの長さが調節できる「セルフアジャスト機能」を搭載しているのもポイント。ケーブルは着脱式でストレートとカールコードの2種類を同梱しているため、シーンに応じて使い分けられます。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) High-end Tesla Headphones T1 3rd Generation

高い解像度・広いダイナミックレンジ・歪みの低減を実現する独自の「テスラドライバー」を搭載した開放型のオーバーイヤーヘッドホン。1音1音をきめ細やかに再現できるチューニングが施されているのも特徴です。

また、ドライバーを傾けて配置することで、広々とした臨場感のあるサウンドを引き出せるのも魅力のひとつ。まるでコンサートの生演奏を聴いているかのような立体的なサウンドを楽しめます。

各パーツに耐久性に優れた高品位な素材を使っているのもポイント。熟練したスキルを持つ職人により、1つ1つ丁寧にハンドメイドされているので、品質面も良好です。

フォーカル(FOCAL) オーバーイヤー開放型ヘッドフォン CLEAR MG PRO

ワイドレンジにわたってトーン・バランスに優れた開放型のオーバーイヤーヘッドホン。新開発のマグネシウム・ドライバーを搭載しており、5Hz〜28kHzの広い周波数で正確なモニタリングが可能です。

また、開放グリル部には「ハニカム・グリル」を採用。サウンドクオリティはそのままに、スピーカーに近い開放感のあるモニターができるのも魅力です。音楽制作などのプロフェッショナル用途にも適しています。

人間工学に基づいたデザインで、快適な装着感を実現しているのもポイント。頑丈な専用ハードケースが付属しているので、スタジオなどに持ち運んで使いたい方にもおすすめです。

ハイファイマン(HiFiMAN) 平面駆動開放型ヘッドホン HE400se

音場感と出力の高さに優れた平面型のオーバーイヤーヘッドホン。コイルが振動板表面の全域にわたって設けられているため、振動板が磁力によって均一に駆動し、歪みを大幅に低減できるのが特徴です。

また、「シングルエンドドライバー」を採用しているのも魅力のひとつ。リアルな音場と立体感を再現可能です。91dBと能率が高いので、ポータブルオーディオプレーヤーやスマホなど、さまざまな機器で使用できます。

軽量設計のため、長時間でも快適に音楽を楽しめるのもうれしいポイント。高音質モデルとしては比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

オーバーイヤーヘッドホンの売れ筋ランキングをチェック

オーバーイヤーヘッドホンのランキングをチェックしたい方はこちら。