イヤーパッドを耳に乗せるように装着する「オンイヤーヘッドホン」。圧迫感が少ない軽快な装着感と、小型軽量で持ち運びやすいモデルが多くラインナップされていることから、人気を集めています。

そこで今回は、おすすめのオンイヤーヘッドホンをワイヤレスタイプと有線タイプに分けてご紹介。特徴や選び方も合わせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

オンイヤーヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

オンイヤーヘッドホンは、イヤーパッドを耳に乗せるようにして装着するタイプのヘッドホン。耳を覆うように装着するオーバーイヤーヘッドホンと比較すると、装着感が軽快なので、気軽によい音で音楽を楽しめます。

コンパクトで軽量なモデルが多い点もメリットのひとつ。低価格帯の製品が充実しているため、はじめてのヘッドホンとして選ぶのにもおすすめです。

オーバーイヤーヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

オンイヤーヘッドホンの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのオンイヤーヘッドホンは、Bluetoothで再生機器と接続します。ケーブルがないので、カバンの中でケーブルが絡まったり、使っているうちに断線してしまったりといったトラブルが発生しない点が魅力です。

圧縮した音源データを伝送する性質上、遅延が発生しやすく、有線と比較すると音質が劣る場合がほとんど。ただし、AACやapt-X、LDACなどの高音質・低遅延なコーデックに対応したモデルを選ぶと、デメリットを最小限に抑えられます。

有線

By: amazon.co.jp

有線接続は、ケーブルを直接再生機器に接続して音楽を楽しむタイプ。有線オンイヤーヘッドホンの多くは接続するだけで使えるので、充電が不要な点も魅力のひとつです。遅延がないため、音楽だけではなくゲームや動画の再生にも向いています。

デメリットは、絡まったり断線したりする可能性がある点。L字型のプラグやケーブル着脱式のオンイヤーヘッドホンを選択すると、ストレスを軽減して使用できます。高音質なモデルが多いので、音質重視の方には有線タイプがおすすめです。

ハイレゾに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

ハイレゾとは、CDの約6.5倍の情報量をもった高音質な音源。ハイレゾ音源の再生に対応したオンイヤーヘッドホンは、より解像感が高くオリジナルに近いサウンドを忠実に再現可能です。

ハイレゾの再生には有線接続が一般的。ただし、LDACというコーデックに対応していると、ワイヤレスでもハイレゾ音源を再生可能です。一部のオンイヤーヘッドホンは、CDやストリーミングの音源をハイレゾ相当に補完して再生できる機能を搭載しています。

音質を重視する方には、ハイレゾに対応したオンイヤーヘッドホンがおすすめです。

ノイズキャンセリング機能の有無をチェック

By: bang-olufsen.com

ノイズキャンセリング機能とは、搭載されたマイクが周囲のノイズをキャッチし、逆位相の音を発してノイズを打ち消す機能のこと。電車や飛行機など騒がしい環境でも、必要以上に音量を上げずに音楽を楽しめます。

ノイズキャンセリング機能は、バッテリーで動作するワイヤレスタイプのオンイヤーヘッドホンに搭載される場合がほとんど。乾電池を電源としてノイズキャンセリング機能を利用できる有線タイプも、数は少ないものの存在します。

オンイヤーヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、日本を代表する大手家電メーカーのひとつです。取り扱っている家電は、テレビのブラビアシリーズやカメラのαシリーズ、スマートフォンのXperiaなどさまざま。イヤホンやヘッドホンなどのオーディオ機器も豊富にラインナップされています。

ソニーのオンイヤーヘッドホンは、高品質なサウンドが魅力。ワイヤレスと有線の両方が展開されているほか、デザインも幅広いので、音質やデザインなど重視する要素に合わせて好みのモデルを選択可能です。また、ノイズキャンセリング機能に対応したモデルも販売されています。

アーカーゲー(AKG)

By: amazon.co.jp

AKGは、1947年にウィーンで設立された、ヘッドホンやマイクなどを取り扱うオーディオメーカー。大手音響機器メーカーであるハーマン・インターナショナルの傘下に入った後、2017年にはサムスン電子によって子会社化されています。

AKGのヘッドホンはモニター用としても普及しており、原音に忠実でフラットな音が特徴。オンイヤーヘッドホンは独自の機構と軽量さにより持ち運びやすいほか、レザーを用いたおしゃれなデザインも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に設立された、東京に本社を構える日本の大手音響機器メーカー。ヘッドホンやイヤホンはもちろん、マイクやケーブルなどAV機器用のアクセサリーも手掛けています。

業務用のモニターヘッドホンから一般ユーザー向けまで、幅広く多種多様なオーディオデバイスを展開。低価格なオンイヤーヘッドホンも充実しているので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

オンイヤーヘッドホンのおすすめ|ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WH-H810

コンパクトに折りたたみ、楽に持ち運べる

音質のよさと軽量・コンパクトさを両立した、おすすめのオンイヤーヘッドホン。ワイヤレスでもハイレゾ相当の音質で再生できる高音質コーデック「LDAC」と、mp3などの圧縮音源をハイレゾ級の音質にアップスケーリングできる「DSEE HX」に対応しています。

イヤーパッドには、快適な装着感の低反発ウレタンを採用。本体はコンパクトに折りたためるので、カバンなどに入れて楽に持ち運べます。レッド・ブラック・アッシュグリーン・オレンジ・ブルーの合計5色から選択できる豊富なカラーバリエーションが揃っているのも魅力のひとつです。

ドライバーユニットには、薄型かつ小口径ながらも広い音域をしっかりと再生できる25mm高精細ドライバーを採用しています。ハウジング部分には、音楽の再生/停止や音量調節などの操作を指先で直感的に行えるタッチセンサーを搭載。バッテリー駆動時間は最大約30時間で、10分の充電で約3.5時間使用できるクイック充電に対応しています。

アーカーゲー(AKG) Y400 WIRELESS AKGY400BT

バランスがよくクリアで歪みのないサウンド

コンパクトでシンプルな外観のオンイヤーヘッドホン。ダイナミック型の36mmドライバーを搭載しており、バランスがよくクリアで歪みのないサウンドが特徴です。

Bluetoothのバージョンは5.0。対応コーデックはSBCとAACです。ヘッドホンを装着したまま周囲の音を取り込める「アンビエントアウェア機能」と、音量を抑え会話しやすくする「トークスルー機能」を搭載しています。

ヘッドホンを外すと音楽が一時停止し、再度装着すると自動で再開する便利な「自動再生/一時停止機能」にも対応しているのが魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-WS330BT

迫力とキレのある重低音のサウンドを楽しめる

「40mm SOLID BASSドライバー」を搭載したおすすめのオンイヤーヘッドホン。軽量かつ薄型のボディを採用しつつ、迫力とキレのある重低音サウンドを楽しめるのが魅力です。Bluetoothの規格は5.0。音質劣化の少ないAACコーデックに対応しています。

低反発ウレタンを組み合わせた立体縫製イヤーパッドは、耳への負担を軽減し、快適な装着感を実現。ハウジング部分をフラットに折りたためるスイーベル機構を採用しており、コンパクトに持ち運べるのもメリットです。本体カラーは、ブラック・ブルー・カーキの3色から選択できます。

バッテリー駆動時間は最大約70時間。1日2時間程度の使用であれば、約1か月充電せずに使い続けられます。10分の充電で約4時間使用できる急速充電に対応しているので、万が一充電をし忘れても安心。また、デバイスと接続されていない状態が続くと自動で電源がオフになるオートパワーオフ機能も搭載しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-S220BT

ワイヤレス接続と有線接続どちらにも対応したオンイヤーヘッドホン。Bluetooth機能がないパソコンなどでも、付属のケーブルを繋げれば使用できます。ワイヤレス接続を行う場合、2台まで同時接続が可能。電源を落として再度ペアリングし直すといった手間が省けるのがメリットです。

迫力あるサウンドが再生できるのもポイント。音楽はもちろん、映画やライブ映像などの臨場感ある音を楽しみたい方にぴったりです。「低遅延モード」を搭載しているので、音ズレしにくい製品を探している方にも適しています。

イヤーパッドは密閉性が高く、音漏れしにくい構造。電車内やオフィスなど、人がいる場所でも使用しやすく便利です。スマートフォンを取り出さずに操作できるよう、ヘッドホン本体にはボタンが備え付けられています。音量調節や一時停止といった基本操作をすぐに行うことが可能。機能性に優れた製品がほしい場合はチェックしてみてください。

ビーツ(Beats) The Beats Icon Collection Solo3 Wireless MX442PA/A

Appleの「W1チップ」を搭載したワイヤレスタイプのオンイヤーヘッドホン。iPhoneとのセットアップは、ヘッドホンの電源を入れてから近づけるだけで完了するため、手間がかからず便利です。

バランスよいサウンドの再生が可能。低音域が目立つEDMだけでなく、アニソンやロックなど幅広いジャンルの音楽を聴く方におすすめです。

最大40時間の再生が可能なバッテリーもポイント。普段の通勤や通学はもちろん、長時間の移動を伴う出張、旅行にもぴったりです。5分で約3時間再生できる「Fast Fuel機能」を搭載しているので、道中でバッテリー残量がなくなっても少し充電すればすぐに使い始められます。

コンパクトに折りたためるので、かばんに入れてもかさばりにくく便利。カラーリングはローズゴールドのほか、マットブラックも展開。携帯性やデザイン性を重視する方はチェックしてみてください。

ジャブラ(Jabra) オンイヤーワイヤレスヘッドホン Elite 45h

最長50時間使用できるロングバッテリーを搭載したオンイヤーヘッドホン。バッテリー残量を気にすることなく、長時間音楽を楽しめるのがメリットです。また、15分の充電で約10時間使用できる急速充電にも対応しています。

本体重量は約160gと軽量。コンパクトで折り畳みも可能です。首にかけたり、カバンなどに入れたりして気軽に携帯できます。シンプルかつおしゃれなデザインで、ファッションに合わせやすいのも魅力のひとつです。

コンパクトながら大型の40mmドライバーを搭載しているのもポイント。明瞭でパワフルなサウンドを再生します。さらに、専用アプリ「Jabra Sound+」で、サウンドのカスタマイズなども可能です。

Bluetoothのバージョンは5.0で、同時に2台のデバイスと接続できるマルチポイントにも対応しています。ヘッドホンの外観やデザイン性にこだわりたい方などにもおすすめのアイテムです。

ジェイビーエル(JBL) TUNE 510BT JBLT510BT

2019年に発売された「TUNE 500BT」の後継モデルです。バッテリーの性能が大幅に向上しており、前モデルの約2.5倍となる最大約40時間の連続再生を実現。また、5分の充電で最大約2時間使用できる急速充電にも対応しています。

Bluetoothのバージョンも4.1から5.0にアップデートされており、より安定した接続が可能です。コーデックはSBCとAACに対応。2台のデバイスと同時に接続しておけるマルチポイント機能も搭載しています。

本体は160gと軽量で、人間工学に基づいた独自設計のデザインにより、耳にしっかりとフィット。本体はコンパクトに折りたためるので、収納や持ち運びも容易です。

ドライバーユニットには32mm径のダイナミックドライバーを搭載。豊かな低音と透明感のあるサウンドが楽しめます。比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパのよさも魅力で、予算を抑えたい方にもおすすめです。

フィリップス(Philips) ワイヤレスヘッドホン TAH5255WT

パワフルな40mmネオジウムアコースティックドライバーを搭載した、おすすめのオンイヤーヘッドホン。深みのある重低音とくっきりとしたサウンドが特徴です。

カラーはホワイトとブラックの2色がラインナップ。マットな質感に仕上がっており、イヤーカップには左右を判別する際に役立つマークが付いています。軽量クッション付きのヘッドバンドと調節幅の広いイヤーカップは快適な着け心地です。

Bluetoothのバージョンは5.0で、コーデックはSBCとAACに対応しています。音楽はフル充電状態で最大約30時間再生可能です。また、取り外し可能な3.5mmステレオミニケーブルも付属。有線接続タイプのヘッドホンとしても使用可能です。

オンイヤーヘッドホンのおすすめ|有線

ソニー(SONY) ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-ZX110NC

有線接続モデルながら、アクティブノイズキャンセリング機能に対応したオンイヤーヘッドホン。ハウジング部分に単4型乾電池を入れることでノイズキャンセリング機能を使用でき、周囲からの騒音を約95%軽減できると謳っています。

ドライバーユニットには30mm径のダイナミック型ドライバーを搭載。低音域から中高域までバランスよい高音質なサウンドを実現しています。

ハウジングをコンパクトに折りたためる「クイック折りたたみ機構」を採用しているのもポイント。小さくまとめられるので、カバンなどに入れて気軽に持ち運べます。

ケーブルの長さは約1.2mで、3.5mmステレオミニプラグを採用。航空機用のプラグアダプターも付属します。リーズナブルな価格でノイズキャンセリング機能を利用したい方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-ZX310

コスパに優れたエントリーモデルのオンイヤーヘッドホンです。直径30mm径のドライバーユニットを搭載しており、低音域もしっかりと鳴らせるバランスのよいフラットなサウンドを実現しています。

ハウジングをコンパクトに折りたためる「クイック折りたたみ機構」を採用しているのが特徴。使用しないときは少ないスペースで収納でき、カバンなどに入れて気軽に持ち運べるのもメリットです。

イヤーパッドは、耳にフィットしやすいソフトな質感で、密閉性にも優れています。豊富な5色のカラーバリエーションが揃っており、ケーブルは本体とカラーが統一されています。絡みにくいセレーションコードを採用しており、扱いやすいのもおすすめポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M60x

人気のモニターヘッドホン「ATH-M50x」を軽量・コンパクト化した密閉型のオンイヤーヘッドホンです。ATH-M50xと同様に大口径の「45mmCCAWボイスコイルドライバー」を搭載しており、フラットで解像度の高いサウンドを実現しています。

イヤーパッドは厚みがありクッション性が高いので、長時間快適に装着可能。メガネをしていても痛くなりにくいのがポイントです。また、イヤーパッドとヘッドバンドはそれぞれ簡単に交換できるので、メンテナンス性にも優れています。

ケーブルは着脱式で、3.0mカールコード・3.0mストレートコード・1.2mストレートコードの合計3種類が付属。接続先や環境に合わせて使い分けられます。レコーディングや楽曲制作などで活用できるオンイヤーヘッドホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ブイモーダ(V-MODA) ヘッドホン XS

独自開発の「40mmデュアル・ダイヤフラム・ドライバー」を搭載したオンイヤーヘッドホン。小型ながらも高精細なサウンドと豊かな低音を再生できます。ケーブルは着脱式で、環境に合わせて左右のどちらからでも入力できるデュアル・インプット仕様です。

本体はヘキサゴン型のハウジングを採用したおしゃれなデザインで、コーディネートの邪魔をしないスマートなフォルムに仕上がっています。カラーはブラックとホワイトシルバーの2色がラインナップ。頭とヘッドバンドの間にできる隙間を極力なくすように設計されており、装着時はしっかりとしたフィット感が得られます。

ねじれや広がりに強い「STEELFLEXヘッドバンド」を採用。さらに、100万回の折り曲げ耐久試験をクリアしたケーブルや、強度を考慮して45°の角度で傾斜しているプラグを採用するなど、堅牢性にも優れています。壊れにくい頑丈なヘッドホンを探している方にもおすすめです。

オンイヤーヘッドホンのAmazonランキングをチェック

オンイヤーヘッドホンのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。