ゲーム用にカスタマイズされた「ゲーミングヘッドセット」。以前はPCゲーム用として使われることが一般的でしたが、最近ではPS4などの家庭用ゲームでも使用される機会が増えています。

そこで今回は、ゲーミングヘッドセットのおすすめアイテムをランキング形式にてご紹介。人気メーカーのモデルもピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

ゲーミングヘッドセットとは?

By: razer.com

ヘッドセットとはヘッドホンとマイクが一体化した製品です。なかでもゲームをするために最適化されたモノをゲーミングヘッドセットと呼びます。マイクが付いているので、作業やゲームをしながらハンズフリーでボイスチャットができるのが特徴です。

音楽用のヘッドホンは低音や高音が強調されているモノも多くありますが、ゲーミングヘッドセットはゲーム内の音を正確に聞き取れるように調節されているのがポイント。メーカーや製品により違いはありますが、基本的にどの製品も音の発生源を聞き取りやすいようにチューニングされています。

特にFPSなどのゲームでは音の方向性が重要。ゲーミングヘッドセットを使用すれば、足音や敵の位置を正確に把握できるので快適なプレイが可能です。

ゲーミングヘッドセットの選び方

接続方法で選ぶ

有線タイプ

By: audio-technica.co.jp

ゲーミングヘッドセットの接続方法は、有線かワイヤレスかの2種類に分けられます。有線タイプのゲーミングヘッドセットは、ワイヤレスと違って電波干渉を受けないのがメリット。接続が途中で切れてしまう心配がありません。また、有線タイプはワイヤレスに比べ、遅延がなく音質に優れているのが特徴です。

有線タイプのデメリットは、コードによって可動範囲が制限されること。ただし、PS4の場合は、純正のコントローラーにオーディオの端子が搭載されているため、有線ヘッドセットでも快適にプレイできます。

ワイヤレスタイプ

By: jbl.com

ワイヤレスヘッドセットは、レシーバーを介した2.4GHz無線接続またはBluetooth接続が主流です。コードの煩わしさがないため、快適にゲームをプレイできます。

デメリットは、遅延が発生する恐れがある点。ゲームの映像と音にズレが生じることがあるので、1秒以下の世界で攻防を繰り広げる本格派のゲーマーは注意が必要です。

なお、遅延が起きにくいデジタル伝送方式を採用しているワイヤレスゲーミングヘッドセットもラインナップされていますが、有線タイプと比較して高価なことや製品ラインナップも限られてしまうので注意しましょう。

接続端子の種類で選ぶ

By: hyperxgaming.com

有線タイプのゲーミングヘッドセットには、USB接続のモノとミニプラグ接続のモノがあります。USB接続の場合、バーチャルサラウンド機能に対応したモノが多くラインナップされています。別途サウンドカードやDACを購入する必要がないため、初めてゲーミングヘッドセットを購入する方におすすめです。

一方、ミニプラグは汎用性が高く、モバイル端末から家庭用ゲーム機までほとんどの製品に接続できるのが魅力。また、リーズナブルな製品が多く、安くヘッドセットを購入したい方におすすめです。

ワイヤレスタイプの場合は、接続するゲーム機がBluetoothやデジタル伝送方式に対応しているかを確認しておきましょう。

マイクの性能で選ぶ

By: hyperxgaming.com

ゲーム実況をする方やボイスチャットをする方はマイクの性能にもこだわりましょう。ノイズキャンセリング機能付きのモノなら周辺の雑音や息の音など不要な音をカットでき、よりクリアに音声を伝えられます。

また、集音部位置を調節できるブームマイクは的確に声を拾えるのが魅力。90°可動式のモノなら使用しないときも耳の横に収納できるため邪魔になりません。さらに、マイクミュート機能もあれば、席を外す際も便利です。

サラウンド機能で選ぶ

サラウンドは、5.1chや7.1ch、9.1chなど、さまざまなチャンネル数があります。チャンネル数が多いほどスピーカーが増えるため、迫力あるサウンドを楽しむことが可能です。ただし、ヘッドホンには左右1基ずつのスピーカーしか搭載されていないため、擬似的に立体感のあるサウンドを鳴らせるバーチャルサラウンドを取り入れています。

ただし、バーチャルサラウンド対応モデルの多くはPCでの使用を想定しているため、PS4やSwitchなどには非対応の場合があるので注意が必要です。ゲーミングヘッドセットのスペックはもちろん、対応ハードの表記もしっかりと確認しておきましょう。

対応しているデバイスの種類で選ぶ

By: hyperxgaming.com

製品のパフォーマンスを最大限発揮させるためには、ゲーム機やPCが搭載している機能に対応しているかも要チェック。特にサラウンド機能やマイク接続に関しては、非対応のモデルもあるため注意が必要です。

なお、有線ヘッドセットのなかには、複数の入力端子に対応したケーブルが付属している製品もあります。複数の機器で1つのヘッドセットを使い回したい方はチェックしてみてください。

着け心地で選ぶ

By: razer.com

長時間ゲームをプレイする場合は頭部へのフィット感も重要です。特に重低音モデルはドライバーが大きい分ハウジングが大きく重くなる傾向にあります。

快適にプレイするためには、柔らかく肌触りのよいイヤーパッドや通気性のよい素材を使ったクッションを採用しているモノがおすすめ。そのほか、頭のサイズに合わせてヘッドバンドが調節できるモノだとよりよいフィット感が得られます。

ゲーミングヘッドセットの人気メーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは世界的なPC周辺機器メーカーで、コスパの高いゲーミングヘッドセットを展開していることで知られています。価格帯別に定番モデルがあるので、初心者からプロゲーマーまで幅広い層におすすめです。

普段使いも意識した設計のため、ゲーム以外でも利用できます。特にボイスチャットにおけるマイクの使い勝手がよいモデルが多いのもポイントです。

レイザー(Razer)

By: amazon.co.jp

ロジクールと並ぶ人気のゲーミングデバイスメーカーです。最近は、ホームシアターサラウンドで知られる「THX」を買収。サラウンド分野でさらなるクオリティの向上が期待されています。

ゲーミングヘッドセットではKrakenシリーズが人気。多くのゲーマーやプロも使用しています。また、PS4やXboxなどコンシューマー向けのモデルも展開されているのでPCゲーマー以外の方にもおすすめのメーカーです。

キングストン(Kingston)

By: amazon.co.jp

PCゲーマーだけでなく、PS4ユーザーからも人気があるゲーミングデバイスのメーカー。PS4でもバーチャルサラウンドに対応したモデルを展開しており、価格と性能のバランスのよさから多くのファンを魅了しています。装着感に配慮した楕円形のイヤーパッドと取り外し可能なマイク、価格を超えた手触りと質感など使い勝手も良好です。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ゼンハイザーは、ドイツ・ヴェーデマルクに本社がある音響機器メーカーです。ヘッドホンとマイクロフォンにおける高い技術が評判で、世界中のレコーディングスタジオや映画製作現場で使用されています。

徹底的に高音質にこだわり、音楽やエンターテイメントだけでなく、テレビ会議用など幅広い分野でさまざまなタイプのヘッドセットをラインナップ。ゲーミングヘッドセットはデンマークのDemantによる新ブランド「EPOS」により展開され、低遅延技術「low-latency connection」によるワイヤレスシステムやサラウンドシステムを採用した製品をリリースしています。

ゲーミングヘッドセットのおすすめランキング

第1位 ロジクール(Logicool) G733 LIGHTSPEEDワイヤレスRGBゲーミング ヘッドセット

本体重量が278gと軽量で使いやすいワイヤレスゲーミングヘッドセットです。サスペンション・ストラップにより重量が分散されるため、長時間ゲームプレイに集中しても疲れにくいのがポイント。40mmのPRO-Gドライバーを搭載しており、周波数特性は20Hz~10kHzです。DTS Headphone:X 2.0サラウンドに対応し、ゲームへの圧倒的な没頭感が得られます。

また、ブラック・ホワイト・ライラック・ブルーの4色から選べるカラーバリエーションも特徴。PCケースやキーボードなどとのカラーコラボレーションが楽しめます。さらに、無料の「G HUB」ゲーミングソフトウェアを使えば、約1680万色から好みの色を選んで2つのゾーンのライティングをカスタマイズ可能。ゲームルームをおしゃれにコーディネートしたい方におすすめのモデルです。

第2位 レイザー(Razer) Razer BlackShark V2

世界のトッププレイヤーからも支持されているeスポーツ向けゲーミングヘッドセットです。3.5mm端子または3.5mm端子にUSBサウンドカードを接続してUSB接続する有線方式を採用し、タイムラグのないサウンドを楽しめるのがポイント。「RAZER TRIFORCE チタン 50mmドライバー」を内蔵し、まるで3つのドライバーが内蔵されているかのように高音・中音・低音それぞれでカスタムチューニングされたサウンドが魅力です。

また、「RAZER HYPERCLEAR カーディオイドマイク」を搭載し、優れたノイズリダクション性能を発揮。マイクは取り外し可能なので、ボイスチャットを利用しないときはよりゲームに集中できます。アマチュアからプロフェッショナルユースまで幅広く使えるモデルです。

第3位 レイザー(Razer) Razer Kraken

7.1chバーチャルサラウンド対応の有線式ゲーミングヘッドセットです。ネオジウム磁性体使用の50mmドライバーを採用し、クリアで深みがありパンチの効いた低音を実現。周波数特性は12Hz~1kHzまでカバーします。カーディオイド収音パターンを採用した単一指向性ECMブームマイクは、周囲の雑音をカットしてクリアなボイスチャットが可能です。

また、冷却ジェルレイヤーと熱伝導ファブリックを内蔵するイヤークッションを採用し、長時間のゲームプレイも快適に楽しめます。ポップなデザインで、YouTubeなどでゲーム実況動画を配信する方にもおすすめです。

第4位 キングストン(Kingston) HyperX Cloud Stinger Coreワイヤレスゲーミングヘッドセット

「HyperX」ブランドの手軽な価格帯で人気のゲーミングヘッドセットです。安定した通信が可能な2.4GHzのゲーミンググレード・ワイヤレスシステムを採用し、コードから解放されて自由な態勢でゲームが楽しめます。イヤークッションには柔らかく通気性に優れた素材を採用しているので、長時間のゲームプレイも快適。40mmドライバーで低音までしっかりカバーし、ゲームへ深く没入できます。

イヤーカップの後部にボリュームダイヤルが搭載されているので、瞬時に音量を調節できるのも特徴です。また、ノイズキャンセリングマイクは、スイングするだけで簡単にミュートできます。PCだけでなくPS4にも対応し、さまざまなデバイスでゲームをプレイしたい方におすすめです。

第5位 ゼンハイザー(SENNHEISER) EPOS GSP 670

プロフェッショナルな雰囲気を醸し出す高品位のワイヤレスゲーミングヘッドセットです。Bluetoothに加え、独自開発の無線テクノロジー「low-latency connection」を採用。ワイヤレスながら、ほぼゼロ遅延のサウンドを実現しています。また、専用ソフトウェア「Sennheiser Gaming Suite」をインストールすれば、7.1chサラウンドによる立体感のあるサウンドを堪能できます。

さらに、双指向性マイクはブロードキャストクラスのクリアな音質で、周囲の雑音も効果的にカット。アラウンドイヤーの遮音性も高く、ゲームに集中できます。バッテリー駆動時間は16~20時間と長く、USBケーブルで充電しながらの使用も可能。快適なワイヤレスで、低遅延接続サウンドを楽しみたい方におすすめの1台です。

第6位 スティールシリーズ(SteelSeries) ARCTIS 5 2019 Edition

DTS Headphone:X v2.0対応の有線ゲーミングヘッドセットです。40mmドライバーによるクリアなサラウンドサウンドにより敵の位置がはっきりと認識でき、FPSなどのゲームで効果を発揮します。また、シンプルでスタイリッシュなデザインが美しく、デュアルゾーンのRGBイルミネーションを配置可能です。

さらに、格納式のClearCast双方向性マイクロフォンはスタジオグレードのクリアな音声で、世界中のゲーマーから愛用されているボイスチャット「Discord」の認定を受けています。USB接続だけでなく、3.5mmアダプターでXboxやスマートフォンとの接続も可能。ボイスチャットを使う機会が多いゲーマーにおすすめのモデルです。

第7位 コルセア(Corsair) HS50 PRO Stereo

シンプルなフォルムがあらゆるシーンに違和感なくマッチする有線式ゲーミングヘッドセットです。形状記憶フォームを備えたブラッシュ素材のイヤーカップがポイント。長時間のゲームプレイも快適です。また、50mmネオジウム製オーディオ・ドライバーを採用し、広範囲のサウンドがはっきり聞き取れます。

着脱可能な単一指向性マイクはDiscord認定を受けており、クリアな音声でボイスチャットが可能。さらに、ユニーバーサル3.5mmコネクターを採用しているので、PCだけでなくPS4やSwitch、Xbox Oneなど多種多様なプラットフォームで使えます。手頃な価格で複数のデバイスで使えるゲーミングヘッドセットを探している方におすすめのモデルです。

第8位 エイスース(ASUS) ROG Delta White Edition

ASUSのゲーミングブランド「ROG」からリリースされている有線式ゲーミングヘッドセットです。ハイレゾ音源対応の「ESS 9218 Quad DAC」を搭載し、ゲーミングヘッドセットの常識を覆す高音質を実現。敵との距離や足音の方向、銃声が起きた場所など繊細なサウンドを瞬時に判断可能です。

また、White EditionはPCケースやマザーボード、キーボードなどをホワイト系で統一している方にぴったり。カスタマイズ可能な360°RGBライティングで自分だけのスタイルが作成できます。さらに、ASUS Aura Sync技術を搭載し、マザーボードやグラフィックボードなどほかのデバイスとシンクロするRGBライティングも可能。ASUSワールドで統一したい方にもおすすめです。

第9位 オーディオテクニカ(audio-technica) ATH-G1

レコーディングスタジオでも愛用されているオーディオテクニカの有線式ゲーミングヘッドセットです。45mmの大口径ドライバーを採用し、FPSやアクションゲームに最適なチューニングが施されているのがポイント。ゲーム中の微かな足音や物音も逃しません。「ファイナルファンタジー XIV」の推奨機種にも認定され、想像を超える没入感が体験できます。

また、ブーム型のマイクロフォンは取り外しが可能。3.5mmステレオミニジャック接続方式なので、スマートフォンやミュージックプレイヤー用のヘッドホンとしてもおすすめ。ゲームだけでなく、音楽やエンターテイメント、ビデオ会議など幅広い用途でゲーミングヘッドセットを使いたい方におすすめのモデルです。

第10位 ロジクール(Logicool) Astro A40 TR Headset + MixAmp Pro TR

「ASTRO Gaming」ブランドの近未来的かつスタイリッシュなデザインの有線式ゲーミングヘッドセットです。ASTRO AUDIO V2によるゲーミング専用チューニングが施され、高音・中音・低音それぞれのバランスのとれた解像度を実現しています。また、スピーカータグやブームマイクを使用環境に応じて交換可能なのもポイントです。

さらに、付属のMixAmp Pro TRにより、Dolby Digitalサラウンドサウンド処理が可能。ゲームサウンドとボイスチャットを遅延なく伝えられます。PCだけでなくPS4などでも使用可能。eスポーツ・アスリートやゲーム実況動画配信者におすすめの高性能モデルです。

第11位 ジェイビーエル(JBL) JBL Quantum 800

没入感が高いサラウンド体験が楽しめるワイヤレスゲーミングヘッドセットです。2.4GHzおよびBluetooth5.0のデュアルワイヤレスシステムを採用。ワイヤレスながらほとんど遅延を感じずにゲームプレイやボイスチャットに集中できます。また、最大14時間使用可能なバッテリーを内蔵しているので、長時間のプレイも安心です。

さらに「JBL QuantumSOUNDシグネチャ」が、微細な音からダイナミックな音までしっかり再生。ハイレゾ認定の50mmドライバーによるサウンドはゲーミング専用にチューニングされているので、ゲームを優位に進めることができます。快適なワイヤレスで高品位のサウンドを堪能したい方におすすめのモデルです。

第12位 ロジクール(Logicool) PRO X ゲーミングヘッドセット

プログレードのパフォーマンスを発揮する有線式ゲーミングヘッドセットです。マイクテクノロジー「BLUE VO!CE」を採用し、スタジオ品質のノイズリダクションでクリアなボイスチャットが実現。また、アルミとスチール製の頑丈で軽量なフレームは耐久性も高く、eスポーツイベントなどで携行する場合も安心です。イヤーパッドは低反発のプレミアム合成皮革製で、長時間快適な着け心地が持続します。

さらに、PRO-G 50mmドライバーはハイブリッドメッシュ構造を採用し、あらゆるサウンドを的確に聴き取ることが可能。DTS HEADPHONE:X 2.0によるオブジェクトベース ・サウンドイメージングで、7.1chのバーチャルサラウンドを体感できます。

第13位 ゼンハイザー(SENNHEISER) GAME ZERO

プロフェッショナルゲーマーのために開発された折りたたみ式ゲーミングヘッドセットです。立体的な音像認知で圧倒的なサウンドを実現するEargonomic Acoustic Refinementテクノロジーがポイント。航空機用ヘッドセット製造の経験からインスパイアされたイヤーパットは低反発素材とレザー製で、優れたフィット感を楽しめます。

また、大型ノイズキャンリングマイクは自由自在に調節できるブーム付きで、ボイスチャットも快適。マイクブームの上下でマイクのミュートも可能です。コンパクトに持ち運んで外出先でも高品位サウンドを堪能したい方におすすめのモデルです。

第14位 キングストン(Kingston) HyperX Cloud Alpha Sゲーミングヘッドセット

低音の表現力に優れた有線接続方式のゲーミングヘッドセットです。カスタムチューニングされた「HyperX 7.1 サラウンドサウンド」テクノロジーを搭載し、7.1chのバーチャルサラウンドを再生できるのがポイント。FPSやTPSなどで敵の位置を正確に把握できます。

また、イヤーカップに配置された低音スライダーを操作することにより、3段階で低音レベルを選択可能。ゲームによって低音レベルを素早く切り替えられて便利です。さらに、付属の多機能オーディオコントロールミキサーによってゲームとボイスチャットのオーディオバランスも調節可能。ゲームだけでなく、リモートワークやオンライン授業などで幅広く使いたい方にもおすすめです。

第15位 エイスース(ASUS) ROG THETA 7.1

ブラックボディにカスタマイズ可能なROGアイコンが特徴的な有線式ゲーミングヘッドセットです。7.1chのプレミアム・サラウンドサウンドがポイント。ホームシアターグレードの7.1 DACと4つの高解像度ESS 9601ヘッドホンドライバーを内蔵し、ゲームへの圧倒的な没頭感を実現しています。

また、AI搭載のノイズキャンセリングマイクを搭載しているのも特徴。USB Type-C接続なので、ロスレスで遅延のないクリアなサウンドがさまざまなデバイスで楽しめます。本気でゲームに取り組みたい方におすすめのモデルです。

第16位 スティールシリーズ(SteelSeries) Arctis Pro Wireless

ハイフィデリティゲーミングオーディオシステムを実現したワイヤレスゲーミングヘッドセットです。ロスレス2.4GHzとBluetoothによるデュアルワイヤレスシステムに対応しています。

付属のトランスミッターベースステーションからは、ゲームとオーディオチャットのバランスを素早く調節可能。「DTS Headphone:X v2.0」によるバーチャルサラウンドと、「Arctis ClearCastマイクロフォン」によるクリアなボイスチャットの両方を高いレベルで楽しみたい方におすすめのモデルです。

第17位 コルセア(Corsair) VIRTUOSO RGB ワイヤレス ハイファイ ゲーミング ヘッドセット

軽量加工アルミニウム構造を採用したゲーミングヘッドセットです。50mmネオジウムドライバーはチューニングが施され、20Hz~40kHzの周波数に対応。プレミアム形状記憶フォームのイヤーパッドが頭部にフィットし、長時間プレイしても快適性が持続します。

また、接続はSLIPSTREAMワイヤレス接続・USB有線接続・3.5mm有線接続の3つから選択可能。ゲーム環境やプレイスタイルに応じて柔軟に対応できます。

第18位 エレコム(ELECOM) ゲーミングヘッドセット HS-G01

大型の50mmドライバーを採用したFPSにおすすめの有線式ゲーミングヘッドセットです。長さ調節可能なヘッドバンドと柔らかい素材のイヤーパットにより、メガネをかけたままでも快適にゲームプレイを楽しめます。

また、インラインコントローラーを搭載しているので、音量調整やマイクミュートが手元で素早く行えて便利。オンラインゲームでのボイスチャットやテレワークでのビデオ会議、オンライン英会話などで手頃な価格のヘッドセットを探している方におすすめです。

第19位 KYOKA USB KYOKA

大口径50mmドライバー搭載のコストパフォーマンスに優れた有線式ゲーミングヘッドセット。7.1chバーチャルサラウンド対応で、立体的かつ没入感の高いクリアなサウンドがポイントです。

USB Type-Aを使った有線接続なので、PCやPS4などさまざまなプラットフォームで遅延のない正確なサウンドを実現します。また、本体重量が約260gと軽量なので、長時間の使用も快適。さらに、ノイズキャンセリングマイク付きで、ゲームだけでなくテレワークでのビデオ会議用としてもおすすめです。

第20位 スティールシリーズ(SteelSeries) Arctis 1 Wireless

価格帯のわりに機能性が高いコスパ良好のゲーミングヘッドセット。これから初めて本格的なゲーミング機器の購入を検討している方におすすめの製品です。

スピーカー部分のドライバーは上位モデルと同じ口径40mmを採用。音に厚みがあり、歪みもあまり感じず、快適な環境でゲーミングを楽しめます。対応としてはパソコンのほか、PS4やNintendo Switch、さらにはAndroid端末までカバー。重さはバッテリー込みで300gを切るほどと軽く、長時間プレイでも疲れにくい仕様です。

バッテリーの使用目安は20時間とスタミナも十分。なお、マイクはノイズキャンセリング機能が搭載されており、ゲーム時のコミュニケーションがスムーズに行えるのも魅力です。

ゲーミングヘッドセットのAmazonランキングをチェック

ゲーミングヘッドセットのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。