ゲーム用にカスタマイズされた「ゲーミングヘッドセット」。以前はPCゲーム用として使われることが一般的でしたが、最近ではPS4などの家庭用ゲームでも使用される機会が増えています。

そこで今回は、人気のゲーミングヘッドセットのおすすめアイテムをランキング形式にてご紹介。人気メーカーの比較もしているので、ぜひチェックしてみてください。

ゲーミングヘッドセットとは?

By: amazon.co.jp

ヘッドセットとはヘッドホンとマイクが一体化した製品です。なかでもゲームをするために最適化されたものをゲーミングヘッドセットと呼びます。マイクが付いているので、作業やゲームをしながらハンズフリーでボイスチャットができるのが特徴です。

音に関しては、音楽用のヘッドホンは低音や高音が強調されているものも多くありますが、ゲーミングヘッドセットはゲーム内の音を正確に聞き取れるように調節されているのがポイント。メーカーや製品により違いはありますが、基本的にどの製品も音の発生源を聞い取りやすいようにチューニングされています。特にFPSなどのゲームでは音の発生源の把握は非常に重要。ゲーミングヘッドセットを使用すれば、足音や敵の位置を正確に把握できるので快適なプレイが可能です。

ゲーミングヘッドセットの選び方

接続方法で選ぶ

有線タイプ

By: amazon.co.jp

ゲーミングヘッドセットの接続方法は、有線かワイヤレスかの2種類に分けられます。有線タイプのゲーミングヘッドセットは、ワイヤレスと違って電波干渉を受けないのがメリット。接続が途中で切れてしまうという心配がありません。また、有線タイプはワイヤレスに比べ、遅延がなく音質に優れているのが特徴です。

有線タイプのデメリットは、コードによって可動範囲が制限されること。ただし、PS4の場合は、純正のコントローラーにオーディオの端子が搭載されているため、有線ヘッドセットでも快適にプレイできます。

ワイヤレスタイプ

ワイヤレスヘッドセットは、レシーバーを介した2.4GHz無線接続またはBluetooth接続が主流です。コードの煩わしさがないため、快適にゲームをプレイできます。

デメリットは、遅延が発生する恐れがある点。ゲームの映像と音にズレが生じることがあるので、1秒以下の世界で攻防を繰り広げる本格派のゲーマーは注意が必要です。

なお、遅延が起きにくいデジタル伝送方式を採用しているワイヤレスゲーミングヘッドセットもラインナップされていますが、有線タイプと比較して高価なことや製品ラインナップも限られてしまうので注意しましょう。

接続端子の種類で選ぶ

By: hyperxgaming.com

有線タイプのゲーミングヘッドセットには、USB接続のモノとミニプラグ接続のモノがあります。ミニプラグは汎用性が高く、モバイル端末から家庭用ゲーム機までほとんどの製品に接続できるのが魅力です。また、リーズナブルな製品が多く、初めてヘッドセットを購入される方にもおすすめ。

一方、USB接続の場合、サラウンド機能に対応したモノが多くラインナップされています。ただし、PS4やPCなどUSBポートを備えたゲーム機との接続に限られるため注意が必要です。

ワイヤレスタイプの場合は、接続するゲーム機がBluetoothやデジタル伝送方式に対応しているかを確認しておきましょう。

マイクの性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ゲーム実況をする方やボイスチャットをする方はマイクの性能にもこだわりましょう。ノイズキャンセリング機能付きのモノなら風の音や息の音など不要な音をカットでき、よりクリアに音声を伝えられます。

また、集音部を口の前に持ってこられるブームマイクは的確に声を拾えるのが魅力。90°可動式のモノなら使用しない時も耳の横に収納できるため邪魔になりません。さらに、マイクミュート機能もあれば、席を外す際も便利です。

サラウンド機能で選ぶ

サラウンドは、5.1ch・7.1ch・9.1chなど、さまざまなチャンネル数があります。チャンネル数が多いほどスピーカーが増えるため、迫力あるサウンドを楽しむことが可能です。ただし、ヘッドホンには左右1基ずつのスピーカーしか搭載されていないため、擬似的に立体感のあるサウンドを鳴らせるバーチャルサラウンドを取り入れています。

また、ゲームによっては「音声出力5.1ch」というように一定以上のチャネル数には対応していないケースもあるため、注意が必要です。ゲーミングヘッドセットのスペックはもちろん、ゲーム側の対応表記もしっかりと確認しておきましょう。

対応しているデバイスの種類で選ぶ

By: hyperxgaming.com

製品のパフォーマンスを最大限発揮させるためには、ゲーム機やPCが搭載している機能に対応しているかも要チェック。特にサラウンド機能やマイク接続に関しては、非対応のモデルもあるため注意が必要です。

なお、有線ヘッドセットのなかには、複数の入力端子に対応したケーブルが付属している製品もあります。複数の機器で1つのヘッドセットを使い回したい方はチェックしてみてください。

着け心地で選ぶ

By: hyperxgaming.com

長時間ゲームをプレイする場合は頭部へのフィット感も重要です。特に重低音モデルはドライバーが大きい分ハウジングが大きく重くなる傾向にあります。

快適にプレイするためには、柔らかで肌触りのよいイヤーパッドや通気性のよい素材を使ったクッションを採用しているモノがおすすめ。そのほか、頭のサイズに合わせてヘッドバンドが調節できるモノだとよりよいフィット感が得られます。

ゲーミングヘッドセットの人気メーカー

キングストン(Kingston)

By: amazon.co.jp

世界的のゲーマーから人気があるゲーミングデバイスのメーカー。価格と性能のバランスのよさから多くのファンを魅了しています。装着感に配慮した楕円形のイヤーパッドと取り外し可能なマイク、価格を超えた手触りと質感など、使い勝手も良好です。

レイザー(Razer)

By: amazon.co.jp

キングストンと並ぶゲーミングデバイスをラインナップしている人気のメーカーです。最近は、ホームシアターサラウンドで知られる「THX」を買収。サラウンド分野でさらなるクオリティの向上が期待されています。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

「ゼンハイザー」は、1945年に創立されたドイツの音響機器メーカー。音響関連のさまざまな製品を取り扱っていますが、なかでもヘッドホン・イヤホン・マイクロフォンなどが特に広く知られており、プロの現場でも多く使われています。ゲーミングヘッドセットに関しても、高品質なモデルを揃えているのが特徴です。

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

PC周辺機器の世界的メーカー「ロジクール」。コスパの高いゲーミングヘッドセットをリリースしていることで知られています。価格帯別に定番モデルがあるので、初心者からプロゲーマーまで幅広い層におすすめです。

普段使いも意識した設計のため、ゲーム以外でも利用できます。特にボイスチャットにおけるマイクの使い勝手がよいモデルが多いのも見逃せないポイントです。

人気ゲーミングヘッドセットのおすすめランキング

第1位 レイザー(Razer) Kraken RZ04-02830200-R3M

レイザー(Razer) Kraken RZ04-02830200-R3M

接続端子に3.5mmステレオミニプラグを採用した有線タイプのゲーミングヘッドセットです。カスタムチューニングされた50mm径の大型ドライバーを採用し、「7.1chバーチャルサラウンド」にも対応。臨場感のあるサウンドを鳴らしてくれます。マイクはイヤーカップに収納でき、距離や位置を細かく調節可能。

圧縮タイプのイヤークッションを採用しているので、めがねをかけたままでも痛みや圧迫感を感じにくいので安心です。また、蒸れや暑さを抑えてくれる「冷却ジェル」が注入されているので、暑い季節でも快適に使用できます。ヘッドバンド部分には、柔軟性の高いボーキサイト制アルミフレームを採用。軽量ながらも優れた耐久性を備えています。抑えめな価格ながらも高い性能を有した人気の製品です。

第2位 キングストン(Kingston) HyperX Cloud Flight S HX-HSCFS-SG/WW

キングストン(Kingston) HyperX Cloud Flight S HX-HSCFS-SG/WW

ゲーミングヘッドセットでは初となる「Qiワイヤレス充電」に対応した製品です。別売りの充電ベースと合わせて使用すれば、置くだけで充電が可能。連続使用時間は最大約30時間あるので、長時間充電を気にすることなくゲームが楽しめます。

接続方法はUSBレシーバーを介した2.4GHz無線接続に対応。カスタムチューニングされた「7.1chバーチャルサラウンド」を有効すれば、より充実したゲーミング体験が得られます。左側のイヤーカップには4つのボタンを配置。同社の専用ソフト「HyperX NGENUITY」を使用すれば、ボタン割り当てのカスタマイズができます。

LEDインジケーターが搭載されたノイズキャンセリングマイクは、不要なときは簡単に取り外せるので便利です。イヤーカップは90°回転するので、首にかけたままでも邪魔になりにくく、休憩中や席を外すときに毎回取り外す手間が省けます。

第3位 ロジクール(Logicool) G933s

ロジクール(Logicool) G933s

2.4GHzのワイヤレス接続に対応したフラグシップモデルのゲーミングヘッドセット。最大約12時間の連続使用に対応しています。3.5mmステレオミニプラグによる有線接続も可能。ワイヤレス接続と有線接続を同時に利用できるのも便利なポイントです。

バーチャルサラウンドサウンド技術「DTS Headphone:X 2.0」は、7.1chを上回る立体音響精度を実現。音の鳴った方向や距離をより正確に把握でき、ゲームへの没入感も高めてくれます。マイクには高性能な「6mm Mic+ブームマイク」を搭載。LEDでステータスを確認でき、跳ね上げることでミュートが可能です。

ヘッドバンドとイヤーパッドには上質な合成皮革を採用し、快適な着け心地と高い遮音性を実現。ワイヤレス接続の際に使用するUSBレシーバーはイヤーカップ内に収納できるので、紛失防止に役立ちます。専用ソフト「Logicool G HUB」をインストールすれば、ボタンの割り当てやオーディオ設定などのカスタマイズが可能です。

第4位 ゼンハイザー(SENNHEISER) GSP 670 508351

ゼンハイザー(SENNHEISER) GSP 670 508351

同社の人気モデル「GSP600」を基に開発されたゼンハイザー初のワイヤレスゲーミングヘッドセット。同社独自開発の「ローレイテンシー技術」により、非常に遅延の少ないワイヤレス接続を可能にしています。ローレイテンシー接続には専用のUSBレシーバーを使用。Bluetooth接続とUSB接続による有線接続にも対応しています。

バッテリーはローレイテンシー接続で約16時間、Bluetooth接続で約20時間の連続使用が可能です。7分の充電で約2時間使用できる急速充電にも対応。Windows 10対応の専用ソフト「Sennheiser Gaming Suite」をインストールすれば7.1chバーチャルサラウンドが使用でき、設定のカスタマイズなども行えます。

マイクには最新のノイズキャンセリング機能を搭載し、アームを跳ね上げることでミュートが可能。PCからPS4やSwitchなどのゲーム機、スマホ・タブレットに至るまで幅広い機器でワイヤレス接続が楽しめるおすすめの製品です。

第5位 スティールシリーズ(Steelseries) Arctis 1 61512

スティールシリーズ(Steelseries) Arctis 1 61512

2.4GHzのワイヤレス接続と3.5mmステレオミニプラグによる有線接続に対応しています。2.4GHz接続の際に使用するレシーバーには、USB Type-C端子を採用。スマホやSwitchなどのモバイルデバイスでもワイヤレス接続が楽しめます。普段使いのヘッドホンとしても使用できるスタイリッシュでおしゃれなデザインも特徴のひとつ。マイクの取り外しも可能です。

連続使用時間は約20時間。バッテリーを気にすることなくゲームや動画鑑賞を1日中楽しめます。イヤーカップにはボリュームダイヤルやマイクのミュートボタンなどが配置されているので、ゲーム中でも素早く操作が可能。メッシュ素材を採用したイヤーパッドは通気性がいいので、暑さや蒸れによる不快感の軽減に役立っています。

専用ソフト「SteelSeries Engine」では、イコライザーやマイクレベルなどを細かく設定可能です。また、付属品としてUSB Type-CからType-Aの変換ケーブルが同梱。PS4やUSB Type-C端子を備えていないPCなどでも使用できます。

第6位 レイザー(Razer) Kraken Ultimate 7.1 RZ04-03180100-R3M1

レイザー(Razer) Kraken Ultimate 7.1 RZ04-03180100-R3M1

立体音響技術「THX Spatial Audio」を搭載した有線接続タイプのゲーミングヘッドセット。前後左右だけでなく上下の音の位置も聞き分けやすいのが特徴です。音の位置をより正確に把握できるので、FPSなどのゲームも有利に進められます。

クリアな音声でチャットが楽しめる「アクティブノイズキャンセリングマイク」を搭載し、使用しないときは本体内に収納可能です。接続端子にはUSB Type-A端子を採用。ケーブル長は約1.3mで、PCやPS4本体と接続してゲームが楽しめます。

イヤーカップには「Razer Chromaライティング」を搭載。1680万色にも及ぶ多彩なライティングエフェクトを備えており、Windows版の専用ソフト「Razer Synapse 3」から照明効果のカスタマイズができます。

第7位 ロジクール(Logicool) G Pro X G-PHS-003

ロジクール(Logicool) G Pro X G-PHS-003

「Proシリーズ」にラインナップされている有線接続タイプのゲーミングヘッドセットです。同シリーズは、プロのeスポーツ選手の意見を取り入れて設計されているのが特徴。本製品には、マイクなどのオーディオ機器を取り扱う企業であるBlue Microphonesの「Blue VO!CE」機能が採用されています。

本機能はロジクールの専用ソフト「Logicool G HUB」を用いることで使用でき、マイクにエフェクトをかけたり、音声を聞き取りやすいように調節したりできます。より快適なチャット環境を整えたい方に最適な製品です。

本体にはアルミとスチールが採用されているので高い耐久性を備えています。イヤーパッドには、低反発素材の合成皮革のモノと通気性の高いベロア素材のモノの2種類が用意されています。好みや環境に合わせて付け替えられるのがメリットです。

第8位 オーディオテクニカ(audio-technica) ATH-G1WL

オーディオテクニカ(audio-technica) ATH-G1WL

Bluetooth接続よりも遅延が少なく、電波干渉にも強い2.4GHz無線接続に対応。Type-A端子のUSBレシーバーを機器に接続することで使用できます。バッテリーの最大連続使用時間は約15時間。

ボタン類はイヤーカップの左側にまとまって搭載されているので、ゲームのプレイ中でも素早く操作できます。ボリュームボタンを押し込むことで「バーチャルサラウンドモード」の起動が可能。ブームマイクは自由に角度を調節でき、使用しないときは取り外せるので便利です。

ヘッドバンド部分には金属製のフレームが採用されており、穴抜きもされているので、高い堅牢性を維持しながらも軽量化が図られています。イヤーパッドとヘッドパッドは簡単に取り外すことができ、交換用のイヤーパッドが1組付属。老舗の国産オーディオ機器メーカーが手がけるおすすめのゲーミングヘッドセットです。

第9位 エイリアンウェア(ALIENWARE) AW510

エイリアンウェア(ALIENWARE) AW510

500mm径の大型ドライバーを搭載し、没入感のあるサウンドを実現。USBと3.5mmステレオミニプラグによる有線接続タイプの製品で、「7.1chバーチャルサラウンド」にも対応します。

他のゲーミングヘッドセットではあまりもかけないスタイリッシュなデザインも特徴のひとつ。シルバーホワイトとダークグレーの2色がラインナップされています。

イヤーパッドには、記憶形状やスポーツファブリックの技術を融合させた冷却効果の高い合成皮革を採用。ヘッドバンドはクッション性に優れているので快適な装着感が得られます。ブームマイクは本体内に収納が可能。ゲーミングヘッドセットの外観にもこだわりたい方におすすめの製品です。

第10位 アストロゲーミング(Astro Gaming) A50 WIRELESS + BASE STATION A50WL-002

アストロゲーミング(Astro Gaming) A50 WIRELESS + BASE STATION A50WL-002

2.4GHz無線接続に対応したゲーミングヘッドセット。充電スタンド「BASE STATION」が付属し、ヘッドホン本体を乗せるだけで充電ができます。 充電の度にケーブルを抜き差しする必要がないので便利です。

また、「BASE STATION」はレシーバーの役割も兼ねており、USB端子に加え、光デジタル端子やAUX端子など豊富なインターフェイス類を備えています。前面には充電状況などを確認できるLEDインジゲーターを搭載。ヘッドホン本体の連続使用時間は約15時間あるので、1日中余裕をもってゲームが楽しめます。

単一指向性のマイクは上に跳ね上げることでミュートが可能。イヤーパッドは耳をすっぽり覆ってくれるので高い遮音性を実現します。さらに高い遮音性が得られる別売りの「Mod Kit 」もラインナップ。専用ソフト「Astro Command Center」を使用することで、マイクの調節やイコライザーの設定などを好みに合わせてカスタマイズできます。

第11位 エイスース(ASUS) ROG Delta White Edition ROG Delta White

エイスース(ASUS) ROG Delta White Edition ROG Delta White

ハイレゾ音源の再生に対応しているので、音楽鑑賞にも最適です。2020年1月には新色のホワイトカラーが国内発売されました。有線接続タイプの製品で、接続端子にはUSB Type-Cと搭載。スマホやタブレットでの使用にも最適です。

また、USB Type-Aの変換ケーブルが付属するので、PCやPS4など多くの機器で使用できます。イヤーカップは製品名通りの三角形をした独特な形状を採用。人間工学に基づいた設計なので快適な装着感を実現します。「Aura RGBライティング」にも対応し、本体の発光パターンを好みに合わせてカスタマイズ可能です。

イヤーパッドはレザータイプとメッシュタイプの2種類が付属。好みや環境に合わせて使い分けられるので便利です。単一指向性のブームマイクは着脱が可能。先端には、状態を一目で把握できるようにLEDインジゲーターが搭載されています。

第12位 キングストン(Kingston) HyperX Cloud Stinger for PS4 HX-HSCSS-BK/AS

キングストン(Kingston) HyperX Cloud Stinger  for PS4 HX-HSCSS-BK/AS

PS4公認のゲーミングヘッドセットなので、主にPS4でゲームをプレイしている方に最適な製品です。3.5mmステレオミニプラグを搭載しているので、PS4以外の機器でも使用できます。重厚な低音と迫力のあるサウンドでゲームが楽しめる50mm径の大型ドライバーを搭載。

マイクにはノイズキャンセリング機能が搭載されており、上に跳ね上げることでミュートが可能です。イヤーカップは90°回転するので、使用しないときは首にかけられます。低反発クッションを採用したイヤーパッドは、長時間のゲームプレイでも安心の快適性を実現。

サイズの調節に用いるスライダーには、耐久性の高いスチール素材を採用しています。片手で素早く音量の調節ができるように、右側のイヤーカップには「音量スライダー」を搭載。十分な性能を備えながらも比較的安い価格なので、予算を抑えたい方にもおすすめの製品です。

第13位 エレコム(ELECOM) HS-ARMA200Vシリーズ HS-ARMA200V

エレコム(ELECOM) HS-ARMA200Vシリーズ HS-ARMA200V

パソコン用のFPSゲーム向けデバイスを取り扱う「ARMAシリーズ」にラインナップされている製品です。接続はUSBと3.5mmステレオミニプラグに対応しています。50mm径のチタンコート振動版ドライバーを採用した高音質なサウンドが魅力。

USB接続時に使用できる「バーチャルサラウンド機能」をオンにすれば、さらに臨場感のあるゲーム体験が期待できます。ケーブルの長さは約2mあるので、遠くにある機器にも余裕をもって接続可能。また、ケーブルには、絡まりにくく耐久性の高い「ファブリックコート」が採用されています。

イヤーパッドは、遮音性に優れたプロテインレザー素材のモノと通気性に優れたメッシュ素材のモノが付属。マイクは位置を自由に調節でき、息によるノイズの軽減に役立つ「ウィンドスクリーン」が付いています。マイクを取り外して普段使いのヘッドホンとして使用することも可能です。

第14位 クリエイティブ(Creative) SXFI AIR SF-AIR

クリエイティブ(Creative) SXFI AIR SF-AIR

専用アプリを使用し、スマホで耳と顔を撮影することで、各個人の身体的特徴に合わせた最適なリスニング環境を整えてくれる「Super X-Fiヘッドホン ホログラフィー技術」が採用されています。接続方法はBluetoothによるワイヤレス接続とUSBによる有線接続に対応。

PCやPS4だけでなく、スマホやSwitchなどの幅広い機器で使用でき、マイクを本体内に収納すれば普段使いもできます。また、ヘッドホン本体にmicroSDカードを挿入して、本製品単体で音楽の再生を楽しむことも可能。

ハウジング部分はタッチ操作に対応しており、音量の調節や音楽の再生/停止などを指一本で操作できます。イヤーカップのRGBリングは専用アプリから発光色のカスタマイズが可能。ゲーム用途から普段使いまで幅広い用途で使用できる多機能な1台を探している方におすすめです。

第15位 キングストン(Kingston) HyperX Cloud MIX HX-HSCAM

キングストン(Kingston) HyperX Cloud MIX HX-HSCAM

Bluetooth接続と3.5mmステレオミニプラグによる有線接続に対応。有線接続時にはハイレゾ音源の再生も可能です。ケーブルには、ゲーム中に便利な音量調節やマイクのミュート操作ができるコントローラーが搭載されています。

カスタム設計された「40mmデュアルチャンバードライバー」は、分離感のある解像度の高いサウンドを実現。シンプルな外観に加え、ブームマイクの取り外しも可能なので、通勤・通学などの普段使いにも最適です。また、本体内にもマイクが内蔵されているので、ブームマイクを取り外した状態でも通話が楽しめます。

フル充電状態で最大約20時間使用できる大容量バッテリーを搭載しているのも魅力。PUレザー製のイヤーパッドは快適な装着感を実現し、高い遮音性を発揮します。イヤーカップにもボタン類が配置されているので、片手で素早く操作が可能です。

第16位 アストロゲーミング(Astro Gaming) A10-PSWH

アストロゲーミング(Astro Gaming) A10-PSWH

スチール製のヘッドバンドをラバー素材で包み込むことにより優れた耐久性を実現した本製品。広げたりひねったりしても壊れにくく、長く安心して使用できる1台です。

有線接続タイプで、接続端子には3.5mmステレオミニプラグを使用。ケーブルにボリュームコントローラーが搭載されているので、ゲーム中設定画面を開くことなく音量の調節が可能です。単一指向性のマイクは跳ね上げることでミュートが可能。

イヤーパッドには柔らかく軽量な布製の素材を採用。通気性にも優れているので長時間の使用にも最適です。比較的安価で購入できるので、予算を抑えたい方はチェックしてみてください。

第17位 コルセア(Corsair) HS70 PRO WIRELESS CA-9011210-AP

コルセア(Corsair) HS70 PRO WIRELESS CA-9011210-AP

PCパーツなどを取り扱うコルセアから販売されているゲーミングヘッドセットです。低遅延な2.4GHzの無線接続に対応しているので、FPSゲームやリズムゲームなどのプレイにも最適。

PCとの接続であれば「7.1chバーチャルサラウンド」にも対応します。左側のイヤーカップにはボリュームボタンとミュートボタンを搭載。ゲームのプレイを中断することなく各種操作が行えます。

単一指向性のマイクはノイズキャンセリング機能を搭載しているので、クリアな音質でボイスチャットが可能。また、マイクを使用しないときは取り外せるので便利です。イヤーパッドには形状記憶フォームを採用しているので高い遮音性と優れたフィット感を発揮します。

第18位 ADATA XPG PRECOG

ADATA XPG PRECOG

ADATAのゲーマー向けブランド「Xtreme Performance Gear」から販売されているゲーミングヘッドセット。有線接続タイプの製品で、USB Type-C・USB Type-A・3.5mmステレオミニプラグの3つの接続方法に対応します。

FPSモード・7.1chバーチャルサラウンドモード・ミュージックモードの3つモードを、接続しているデバイスやプレイしているゲームに合わせて切り替え可能。また、PS4でもバーチャルサラウンドが楽しめる数少ない製品です。

さらに、ハイレゾ音源の再生に対応しているので、音楽を高音質で楽しみたい方にもぴったり。ノイズキャンセリング機能搭載のマイクはクリアな音声でチャットができ、取り外しも可能です。イヤーカップには赤色のLEDイルミネーションを搭載しています。

第19位 エイスース(ASUS) TUF GAMING H7 WIRELESS TUFGAMINGH7WIRELESSY

エイスース(ASUS) TUF GAMING H7 WIRELESS TUFGAMINGH7WIRELESSY

2.4GHzのワイヤレス接続に対応しており、PCやPS4での使用に最適な製品です。デュアルアンテナ設計により、さらに安定した接続性と遅延の軽減を実現。バッテリーはフル充電状態で最大約15時間の連続使用が可能です。

左側のイヤーカップにボタン類が集約されているので、ゲーム中でも素早く操作ができます。イヤーパッドには、同社独自の「Hybridイヤークッション」を採用。高い遮音性を発揮し、冷却効果にも優れています。

また、めがねをかけていても快適に装着していられる減圧クッション素材が採用されているのもポイント。長時間使用する方にもおすすめのモデルです。

第20位 クーラーマスター(Cooler Master) CH-321

クーラーマスター(Cooler Master) CH-321

50mm径の大口径なネオジウムドライバーを搭載した有線接続タイプのゲーミングヘッドセット。接続端子にはUSB Type-Aが搭載されています。ケーブルは約2.3mと長めなので、離れた場所にある機器にも問題なく接続可能。

イヤーパッドには高い遮音性を発揮するPUレザーを採用しています。サスペンションヘッドバンドにもPUレザーが採用されており、長時間快適な装着感を実現。ハウジング部分にはRBGライトで光るロゴがあしらわれています。

マイクは取り外しには対応していませんが、自由に角度の調節が可能です。低価格な製品ながら、見た目にあまりチープさが感じないのも魅力のひとつ。予算を抑えたい方や試しにゲーミングヘッドセットを購入してみたい方にもおすすめです。

ゲーミングヘッドセットのAmazonランキングをチェック

ゲーミングヘッドセットのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。