音楽制作現場やパソコンで音楽を作曲・編集するDTMなどで使用される「モニターヘッドホン」。製品としてはサウンドのチェックするためのプロ仕様ヘッドホンという位置付けで、原音に忠実なリアルサウンドを体感できるのが特徴です。最近は高音質を求めるユーザーが増えており、購入を検討している方も増えてきています。

そこで今回はモニターヘッドホンのおすすめモデルをご紹介。国内外メーカーの製品をピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

モニターヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

モニターヘッドホンとは、ミュージシャン、録音エンジニアといった「音のプロ」が仕事道具として使う検聴用のヘッドホンのこと。主に録音スタジオ、ステージ、放送局などの現場で導入されているほか、DTM、DJプレイ、楽器演奏などでも採用されています。最近はその音のよさからユーザーのニーズが拡大。プロ・アマ問わず満足度の高い音質を求める方に需要があります。

なお、モニターヘッドホンには明確な定義や規格はなく、メーカーがモニター用を意識して設計し、モニター用を謳うモノがモニターヘッドホンということになります。実際には大手メーカーのモニターヘッドホンに人気が集中。ミュージシャンとエンジニアが同一機を使うことで、共通のイメージで音を作り上げられることに寄与しています。

普通のヘッドホンとの違い

音質の違い

モニターヘッドホンの場合

By: amazon.co.jp

モニターヘッドホンと普通のヘッドホンの音の傾向は違います。モニターとは対象となる事象の変化を監視すること。モニターヘッドホンの場合、録音された音の様子、変化の確認や音質劣化の有無を監視することです。

つまり、現場で扱う各種の音素材について「鑑賞」するのではなく「チェック」するのがモニター。商品として送り出される音源に何らかの不備がないかを確認する必要があるので、演奏のアラや傷をさらけ出し、サウンドの乱れを明らかにするのがモニター作業と言えます。

そのためには、まず、原音になるべく忠実であることが重要。また、音のチェックのために、細かい音まで聴き取れる豊富な情報量も必要となります。ボーカル音源のモニター用などでは再生音域は必ずしも広い必要はありませんが、特定の音域が突出しないで万遍なく聴こえるフラットな特性が普通です。

普通のヘッドホンの場合

By: amazon.co.jp

普通のヘッドホンは、モニタータイプのように原音に忠実で情報量が豊富とは限りません。また、音域バランスも整っていない場合もあります。というのも、モニター調だと音が素っ気なく聴こえる傾向があり、また、ギターのような楽器やボーカルの音と位置関係が克明に描写されるために、音が近くに、しかも分離して聴こえてしまい、聴き疲れを覚えやすいのです。

そこで、聴き心地のよさを重視して、音の情報や響きを整えたり加えたりして音を美しく演出する場合があるのが普通のヘッドホンの傾向。どちらがいい悪いではなく、使用目的で選ぶ違いだけです。ただし、モニター用ヘッドホンを普通の音楽鑑賞用としては使えますが、逆は難しいとは言えます。

装着感や使い勝手で選ぶ

By: amazon.co.jp

モニターヘッドホンは仕事としての長時間使用が多いために、装着性には配慮が見られます。一方で、モニターのために小さな音まで聴き取る必要と、場合によって周りで大きな音が出る環境で使わざるを得ないという2つの面から高遮音性も必要。そのため、遮音性を高めた分、装着感がきついモデルもあるのが実情です。

また、酷使されるプロの現場での使用に耐えられるよう、モニターヘッドホンには耐久性も求められます。そのため、デザインや見映えよりも、丈夫さと長持ちを優先した素材選定や設計が普通です。もし壊れても簡単に修理やメンテナンスできるように、シンプルな構造と補修部品の入手性の高さも備えます。

ケーブル着脱機構があると断線を防げますが定番モデルでの対応は少数。間違って大音量で鳴らしても容易には壊れない適応力の高さもポイントです。

モニターヘッドホンの選び方

音質で選ぶ

基本的な選び方

By: amazon.co.jp

ロングセラー定番モデルの多くはボーカルを中心にした音楽を意識しているので、中域の再現性に優れています。開放型や半開放型のモニターは、音の距離感と空気感の表現力に優れており、クラシックをはじめとしたアコースティック楽器向け。低音を重視したモニター作業には密閉型から選ぶのが基本です。

使用目的、音源の多様化、さらにハイレゾ音源の登場もあり、モニターヘッドホンの音質は以前のように「中域中心で音が近くに聴こえる」タイプばかりではなくなってきています。

リスニング寄りのモニターヘッドホンにも注目

By: amazon.co.jp

良質な一般用ヘッドホンのように、再生音域が広いワイドレンジで、低音から高音まで均等に出音するフラットなモニターも登場。また、やや遠くから音楽を俯瞰するような音作りのモニターも出てきています。

こうした傾向のモニターヘッドホンはリスニング寄りのモニターヘッドホンと言われ、音楽鑑賞にも心地よい音を聴けるヘッドホンとして注目。どちらがよいとは言い切れず、プロでも2つのタイプを併用する方もいます。リスニング寄りのモニターは、全体を見渡せる能力に長けており、ミックス、マスタリング作業にもおすすめです。

装着感で選ぶ

By: amazon.co.jp

モニターヘッドホンの多くは遮音性が高いため、イヤーパッドと耳との密着感に配慮しています。長時間使用する場合は圧迫感や耳の痛みがストレスとなるので、購入する際はしっかりと確認しておきましょう。

なお、モニターヘッドホンでは少数の開放型(半開放型も含む)構造のモデルなら、密閉型に比べ、本体重量が軽く、装着性も軽快な傾向があります。遮音性の高さを必要としない環境で、音質傾向にも納得できるのであれば、開放型のモニターヘッドホンを選ぶのもおすすめです。

モニターヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは音響機器メーカーとレコード会社を擁する世界的な大企業。25年以上前に開発され、今なおモニターヘッドホンの世界標準機と言われる「MDR-CD900ST」を生み出したことでも知られています。

再生機器と音源制作の双方に関わる卓越した技術と膨大なノウハウを要しているほか、最近はCDを超える高音質音源である「ハイレゾ」の普及にも貢献しており、次世代の音楽制作シーンを切り開いています。

シュア(SHURE)

By: amazon.co.jp

業務用マイクロフォンの世界的な老舗メーカー。音楽制作に関わるモニターヘッドホン、イヤホンにおいて高い評価を得ています。

モニターヘッドホンの参入は2009年と比較的最近ながらも、収音用マイクとミュージシャンのステージモニター用イヤホンで培ったノウハウをいかした音作りにより、クオリティは秀逸。開放型モニターも手掛けているのも注目すべき点です。

ヤマハ(YAMAHA)

By: amazon.co.jp

世界最大の楽器メーカーにして国内では老舗のオーディオメーカー。長く業務用音響機器に携わっており、特にモニタースピーカーは評価の高いアイテムです。

モニターヘッドホンも以前からラインナップしており、楽器や音楽制作用ソフト、音源制作機器のいずれにも精通したメーカーならでの音作りでクオリティのサウンドを体感できます。楽器の表現力が高いので、ミュージシャンの方に特におすすめです。

モニターヘッドホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

ソニー(SONY) 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

30年以上にわたり世界のモニターヘッドホンのスタンダードとして圧倒的な存在感を維持し続ける名機。CD、デジタル音源時代の始まりにより、新たな録音用の基準となるヘッドホンを目指して、3年もの歳月をかけて開発したと言われています。

著名ミュージシャンとエンジニアたちによる多くの意見交換を経て作り上げられた音質は隙のない完成度。高い分解能を背景に、音が目の前に迫ってくるような描写力が特徴です。

プロ用のモニター用途に適合しているほか、多数の音が重なった時も危なげなく音を分析すること可能で、録音に含まれるミスや傷も逃しません。

中域の表現力を重視した傾向は、ボーカルをメインにした幅広いジャンルの音楽のモニターに最適です。実際に数多くのCD作品で本機が使用されています。

性能の割に価格が安いのも魅力で、補修部品が手に入りやすいのもポイント。用途や好みに関わらず、録音から作曲までモニターヘッドホンの基準機として知られている逸品です。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-7506

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-7506

上記の「MDR-CD900ST」と並ぶモニターヘッドホンの定番。海外では本機「MDR-7506」がよく使われて人気なことから「東の900ST、西の7506」と称される程の製品です。

両機はほとんど同じ外観ですが、音質も含め内容は異なります。中域中心で時に几帳面なストイックさも感じさせる900STに比べて、本機は、よりワイドレンジで聴き心地のよいサウンドです。ホールの響きと空間を感じさせる俯瞰的な表現で、コンサートで聴くような臨場感で音楽に没頭できます。

と言っても、モニターに必要な音の正確さ、情報量、質感再現力の確かさはしっかり備えているため、プロの道具としても実力は十分です。折りたたみもできるので、ポータブル性も良好。着け心地のよさと安さもポイントです。興味がある方はぜひCD900STと両方揃えて、音楽や用途で使い分けてみてください。

シュア(SHURE) リファレンス・スタジオ・ヘッドホン SRH940

シュア(SHURE) リファレンス・スタジオ・ヘッドホン SRH940

モニターイヤホンで名を馳せていた同社が満を持して2009年に発売した密閉型モニターヘッドホン。強磁力のネオジム磁石を採用した40mm径ユニットを採用し、正確な周波数特性と低歪みで過渡特性(音の通り)がよいのが特徴です。

サウンド傾向としては、澄みきったクリアな高音とタイトな低音を聴かせ、モニターにも音楽鑑賞にも使える万能型。聴き疲れせずに音楽に没頭できます。遮音性と装着感も良好です。

ただし、本製品はプロ用として部品交換やメンテナンスを前提としているため、使い方によっては外れやすい部分があるので、その点は留意しておきましょう。

ヤマハ(YAMAHA) スタジオモニターヘッドホン HPH-MT8

ヤマハ(YAMAHA) スタジオモニターヘッドホン HPH-MT8

ヤマハスタジオモニタースピーカーの哲学「原音忠実再生」を継承したスタジオ向けのモニターヘッドホン。本モデルでは「すべての音を、見るために」をテーマに、低音から高音まで全帯域をバランスよくフラットに再生し、忠実な原音再生を徹底的に追求した音作りを施しています。

楽器メーカーなだけにギターやピアノなど、楽器の再生は秀逸。音楽鑑賞にも使える自然なサウンドも魅力です。

耳をすっぽりと覆う大口径のイヤーパッドと適度な側圧で、快適な装着性と高い遮音性を両立。長時間の作業でも疲労の少ない装着感と作業に集中できる高い遮音性能を要しています。折りたたみ機構を採用しているため、持ち運ぶ際にも便利です。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M50x

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M50x

アメリカの音楽業界の標準機的モニターヘッドホンとして知られる逸品。大口径の直径45mmCCAWボイスコイルドライバーによる密閉型で、モニターに適した情報量豊かな高解像度再生を体感できるのが特徴です。

ギターやピアノなどの生楽器の繊細なニュアンスから、打ち込みのようなデジタルな音源まで、音源の個性を損なうことなく正確に再生する力量は優秀。高音の輪郭を強めたクリアなサウンドはDJやDTMといった、クラブ、ロック、ポップス系のようなメリハリのある音楽用におすすめです。

90°反転モニター機構、折りたたみ可能、ケーブル着脱機構、イヤーパッド交換可能など、ヘッドホンとしての基本機能がひと通り揃っているのもおすすめポイントです。

アーカーゲー(AKG) プロフェッショナル・セミオープンヘッドホン K240MK2

アーカーゲー(AKG) プロフェッショナル・セミオープンヘッドホン K240MK2

ヨーロッパではモニターヘッドホンの定番中の定番と言われる「K240」。本製品はその後継モデルです。基本部分はほぼそのままなので、オリジナルから数えると数十年という超ロングセラーです。

閉塞感の少ない装着性と音抜けのよい爽やかなサウンドが特徴の半開放型を採用。モニターらしからぬほどの音の奥行きと立体感がありつつ、モニターに必要な高い解像度も兼ね備えているのが人気の所以です。楽器演奏やアコースティック系の作曲、録音作業に向いています。

本製品は頭のサイズに合わせて可動する「セルフアジャスト機構」を採用しており、長時間使用にも対応。リーズナブルな価格もポイントです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 密閉型ヘッドホン HD 25

ゼンハイザー(SENNHEISER) 密閉型ヘッドホン HD 25

放送局や録音スタジオ用に開発された密閉型モニターヘッドホン。発売から25年以上が経ったロングセラーモデルで、世界的にも知られている定番機です。

周囲が大音量下でも正確なモニタリングができる高い遮音性能と、メリハリのあるクリアな音が特徴。特に低音の再現性の高さに定評があり、DTMやDJ用としても活躍してくれます。

量感がありながらも締まりのある低音は、楽器の音階も明瞭に聴き分け可能。また、低音が中高音を邪魔することもなく、全音域で高い解像度を維持しているのも魅力です。

ややキツめの装着感には注意が必要ですが、低音楽器の検聴用に最適なポテンシャルを要しています。幅広いユーザーにおすすめのモニターヘッドホンです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイレゾ対応ヘッドホン HA-MX100-Z

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイレゾ対応ヘッドホン HA-MX100-Z

プロフェッショナル用モニターとして開発された密閉型ヘッドホン。モニターヘッドホンらしいベーシックな外観でのモデルでありながら、ハイレゾ対応の高域特性を有する高性能なモデルです。

メーカー独自技術を背景に、スタジオエンジニアが一切の妥協なくサウンドチューニングを行い、高い原音再生能力と高耐入力・高耐久性・高メンテナンス性も併せ持っています。

ワイドレンジで、モニター用途らしい高い情報量を基本に、地味な検聴用というイメージからかけ離れたリアルさと楽しさを感じさせてくれます。音楽ジャンルを選ばないおすすめのヘッドホンです。

ローランド(Roland) ステレオヘッドホン RH-300

ローランド(Roland) ステレオヘッドホン RH-300

電子楽器用のモニターヘッドホンの定番人気モデル。デジタル・シンセやV-Drumsなどの立ち上がりの早いサウンドや重低音に対応した音作りを施しています。あいまいになりやすいベースなどの低音も良好です。

強磁力のネオジウム・マグネットを採用した45mmドライバーを搭載し、豊かなダイナミックレンジを確保。高耐入力により大音量でも再生が安定しています。 ライブ、DTM録音だけでなく、楽器の練習用にも最適。耳コピー用にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) DJ用ヘッドホン HDJ-700-K

パイオニア(Pioneer) DJ用ヘッドホン HDJ-700-K

DJ向けモニタリング用ヘッドホンのエントリーモデル。中音域の音をクリアに再現するほか、イヤーパッドの内径を狭めることで、低音もしっかりとカバーしているのが特徴です。

遮音性の高いイヤーパッドで楽曲のビートが聴き取りやすくなっているのもポイント。DJプレイでは必須の、片耳モニターが可能なハウジングのスイーベル(回転)機構も搭載しています。趣味でDJプレイを楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) オープン型ヘッドホン 業務用 DT990 PRO

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) オープン型ヘッドホン 業務用 DT990 PRO

1980年代に開発されたロングセラーの開放型モニターヘッドホン。開放型とは思えないほどの豊かな低音が特徴です。開放型ならではの広い空間再現性や響きの表現力もしっかり備えます。

ヘッドバンドのパッド部分が交換できるのもポイント。触り心地のよいベロア生地の円形イヤーパッドは耳をすっぽり覆い、長時間使用にも対応できます。お手頃な価格なのも魅力です。

音質は申し分ありませんが、ハイインピーダンスで低能率なので、使用する際は再生機器が制限されます。その点は留意しておきましょう。

フォステクス(FOSTEX) ヘッドホン T50RPmk3g

フォステクス(FOSTEX) ヘッドホン T50RPmk3g

フォステクスはスピーカーやヘッドホンなどのオーディオ機器を揃えているジャパンブランド。同ブランドを擁するフォスター電機はOEM受託を主力とする世界的なユニット供給メーカーとして知られており、本モデルも世界中のスタジオで使用されています。

本製品の特徴は通常のダイナミック型ではなく平面駆動型を採用していること。平面駆動型は音質的メリットが大きくも、製品化のノウハウが難しいために参入メーカーの少ない方式です。

平面駆動型のメリットは特に中高音域の情報量が増し、ボーカルのリアリティーに優れているところ。大入力に強いのもプロ向けの製品です。

オーディオテクニカ(audio-technica) 密閉型DJモニターヘッドホン ATH-PRO700MK2

オーディオテクニカ(audio-technica) 密閉型DJモニターヘッドホン ATH-PRO700MK2

DJ向けの人気モデル。高耐入力で高音質再生が可能なドライバーを採用しているのが特徴です。クラブで聴くような太い低音を鳴らすことにより、高い臨場感を再現できます。

首からヘッドホンを掛けるといったDJモニター時に便利な片側50°/片側90°に設計された反転モニター機構を搭載。軽量で快適な装着性で長時間におよぶDJプレイにも疲労感を防ぎます。着脱式のコードはカールとストレートの2種類付属。価格帯としてはリーズナブルなので、コスパで選びたい方にもおすすめのモデルです。

シュア(SHURE) 密閉型ヘッドホン プロフェッショナルスタジオ用 SRH440

シュア(SHURE) 密閉型ヘッドホン プロフェッショナルスタジオ用 SRH440

お手頃な価格が魅力の密閉型モニターヘッドホン。発売から年数が経っているとはいえ、価格が1万円以下と格安なのが特徴です。それでいて、モニターに必要なだけの音の情報量、解像度、描写力をしっかりと備えています。

遮音性の高さと周囲への音漏れの少なさも特筆レベル。折りたたみもできるので、大音量で音楽を聴きたい場合にも役立ちます。鳴らしやすいスペックなので、スマホやポータブルプレーヤーとの使用にもおすすめです。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) レコーディングモニター用ヘッドホン DT770 PRO 250

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) レコーディングモニター用ヘッドホン DT770 PRO 250

本製品は特にヨーロッパで定番の密閉型モニターヘッドホン。低音から高音まで音の歪みが少なく、クリアなサウンドを鳴らします。レンジも広く、低音から高音までバランスよく再生。迫力がありつつも疲れないサウンドは長時間の作業にも向いています。

密閉型としては広い音場再生力を持つのも魅力。開放型ヘッドホンが使えない高い遮音性が必要な環境でも各楽器の位置やバランスをしっかりと捉えることができます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) オープン型ヘッドホン HD 600

ゼンハイザー(SENNHEISER) オープン型ヘッドホン HD 600

開放型モニターヘッドホンの世界的ロングセラーモデル。1997年発売ながら40kHzを超える高域再生能力を持つほか、ハイレゾ対応認証も受けている製品です。

モニターに必要な原音に忠実で豊富な情報量を確保。特に分析的な音の分離感と楽器の定位に優れながらも、演奏空間でハーモニーが溶け合う様もしっかりわかる響きのよさを兼備しています。そのため、聴き疲れしにくくリスニング用にもぴったり。耳をすっぽりと覆うイヤーパッドと頭頂部の柔らかいパッドで装着感も優れます。

独自コネクターによるリケーブルに対応するため、断線トラブルもなし。バランス接続に対応する別売りケーブルもあるので、音質にこだわりたい方にも対応します。300Ωのハイインピーダンスと97dBの低能率は懸念点ですが、しっかりとした再生機器を用意しておけば、製品のポテンシャルを引き出すことができます。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルリファレンスヘッドホン ATH-R70x

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルリファレンスヘッドホン ATH-R70x

同社初の開放型モニターヘッドホン。高磁力マグネットと純鉄製磁気回路を採用した大口径の直径45mmドライバーを搭載し、40kHzのハイレゾ再生も対応しています。

特筆すべきは、「ハニカムアルミニウムパンチングメッシュ」による本体の軽さ。大型高級機ながら約210gと計量で軽快な装着感が魅力です。プロ用途を意識したという音も、解像度の高いリアルな高音質。開放型ならではの自然で奥行きのある音像描写力は、音のチェックにも音楽鑑賞にも最適です。

一般用とは異なり、音量による音域バランスの変化を避けるために大幅に高インピーダンスになっているため、再生機器は選ぶので、その点は注意しておきましょう。

Superlux セミ・オープン型プロフェッショナルモニターヘッドホン HD681F

Superlux セミ・オープン型プロフェッショナルモニターヘッドホン HD681F

リーズナブルなモニターヘッドホン。大口径50mmのネオジム磁石ドライバーユニットを採用し、再生周波数帯域は10〜30,000Hzと優秀な基本性能を備えます。

モデルごとにサウンド傾向に違いを持たせて用途に合ったモニター性能に対応可能。本製品は音源に忠実なフラットなサウンドに仕上がっているので、幅広い用途に向いています。なお、同シリーズの「HD681」は低音を重視したバランスでDTM用に、「HD681B」は中域を重視しているので、ボーカルもののモニターにおすすめです。

シュア(SHURE) プロフェッショナル用オープン型ヘッドホン SRH1840

シュア(SHURE) プロフェッショナル用オープン型ヘッドホン SRH1840

同社初の開放型ヘッドホン。レコーディングからリスニング用途まで理想的な音響性能を提供することを目指したモニターヘッドホンです。

左右のドライバーの特性を揃え、内部共振を抑える設計を採用。正確で低歪みな再生を可能にし、高い解像度とフォーカスの定まった定位感を備えます。ワイドレンジで低音から高音まで均等に出音するフラット仕様なのもポイントです。

モニターにもリスニングにもハイレベルに対応できるので、汎用性の高いモニターヘッドホンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

アーカーゲー(AKG) Superior Reference Headphones K812

アーカーゲー(AKG) Superior Reference Headphones K812

ハイエンドクラスの開放型モニターヘッドホン。53mm大口径ドライバーと磁束密度1.5テスラという強力な磁気回路を搭載しているほか、ハイレゾ対応のワイドレンジを開放型らしからぬ密度の高い音で鳴らします。高級モデルの開放型では珍しい36Ωの低インピーダンスで、幅広い機器で鳴らしやすいのもポイントです。

モニター用ながら開放型を採用し、演奏空間の細かな様子も分かるほどの描写力を備えたモデル。心地よい装着感の「3Dスローリテンション技術」を採用したプロテインレザーイヤーパッドも魅力です。

サウンドウォーリア(SOUNDWARRIOR) モニターユース・ヘッドホン SW-HP10s

サウンドウォーリア(SOUNDWARRIOR) モニターユース・ヘッドホン SW-HP10s

安価なから使い勝手のよいモニターヘッドホン。国内大手メーカーの業務用ヘッドホンに長年OEM供給を行っているメーカーだけに、その実力は確かです。

モニタリングと音楽鑑賞の共存を目指した音作りにより、楽器が手に取るようにはっきりと、演奏者の息づかいや指の動きまで見えるような高度なサウンドを聴かせます。

プロの現場で磨き上げられたノウハウにより、破損や断線の心配の少ない頑丈な設計もポイント。立体裁断された高弾性パッドや合成皮革を手縫いで成型したイヤーパッドにより、装着性に優れます。トータルバランスの優れた高コスパの製品を探している方はぜひチェックしておきましょう。

モニターヘッドホンのAmazonランキングをチェック

モニターヘッドホンのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。