一般的なキーボードは本体の右側にテンキーが搭載されており、幅は40cmを超えるモデルがほとんどです。デスク上のスペースを有効利用したい方やマウスの使用場所を大きく取りたい方など、キーボードが占有するスペースを減らしたい方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「テンキーレスキーボード」のおすすめモデルをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

テンキーレスキーボードとは?

By: amazon.co.jp

「テンキーレスキーボード」とは、キーボード右側に配置している「数字キー(テンキー)」が省略されたアイテム。一般的なキーボードのキー数が100以上あるのに対して、テンキーレスキーボードのキー数は90前後なので、横幅が10cmほど小さくなります。

Web閲覧・動画閲覧・文書作成・メールの送受信など、基本的なパソコン操作においてテンキーの使用頻度はあまり多くない傾向があります。どうしても数字入力が必要なときはキーボード上段にあるキーでも代用が可能です。業務上でテンキーを多用しない方は、「テンキーレスキーボード」の導入を検討してみましょう。

テンキーレスキーボードの選び方

接続方式で選ぶ

テンキーレスキーボードの接続方式には、一般的なキーボードと同じく、有線と無線があります。有線接続タイプの多くは「USB Type-A」を使用。ケーブルによって使用範囲を制限されますが、無線接続方式よりもリーズナブルな製品が展開されています。

無線接続タイプは大きく分けて2種類。パソコンにレシーバーを挿して使用する「USBレシーバー」タイプと、Bluetooth機能を利用する「Bluetooth接続」タイプに分かれます。「Bluetooth接続」タイプはレシーバーを挿す必要がありませんが、対応端末でないと接続できないので注意しましょう。

サイズや重量で選ぶ

By: logicool.co.jp

テンキーレスキーボードは、一般的なキーボードよりコンパクトな作りですが、モデルによってサイズや重さが異なります。モバイル端末用として携帯する方は、200g前後の軽量モデルがおすすめです。

キーボードのサイズは、キー配列やキーサイズ、キーピッチ(キーの中心から隣のキーの中心までの距離)にも左右されます。頻繁に携帯する方はコンパクトサイズ、決まった場所で使う方はタイピングしやすいサイズがおすすめです。

キー配列で選ぶ

By: logicool.co.jp

テンキーレスキーボードのキー配列には、大きくわけて2種類あります。日本語配列は、キーボード右側の「Enter」キーが大きめで押しやすく、キートップの印字には、アルファベットとひらがなが表記されています。普段使いで利用したい方は使い慣れた日本語配列のキーボードがおすすめです。

英語配列は、「カタカナ/ひらがな」「変換」「無変換」「半角/全角」キーがなく、「Enter」キーも小さめ。プログラミングなどを行う方は「英語配列」タイプが便利です。

用途で選ぶ

普段使い

デスクトップパソコン用として据え置きで使うのであれば、重量のあるモデルでも問題ありません。タイピングの際にたわんで打ちにくいことがないよう、本体内部に鉄板が搭載されているモノもあります。

モバイル端末用として使う場合は、軽量でスリムなモデルがおすすめ。スマホやタブレットと一緒に持ち運ぶことが多くなるので、コンパクトなキーボードの方が使い勝手に優れています。

また、文書の入力をする機会が多い方やプログラミングで使用する方は、タイピングのしやすさが重要。軽快なタッチが特徴的な「パンタグラフ方式」や耐久性の高い「静電容量無接点方式」がおすすめです。

特にこだわりがなく、なるべく価格の安いモデルが欲しい方は「メンブレン方式」がおすすめ。ただし、反発力が強めで直接指先に伝わるため、長時間の使用にはあまり向いていません。

ゲーミング

By: roccat.com

パソコンゲームに使用する方は、「赤軸」「青軸」「茶軸」などのキースイッチが選べる「メカニカル方式」がおすすめ。キートップを外して交換できるのでハードユーザーにぴったりのモデルです。

「赤軸」はタッチ感が軽いモデル。長時間プレイしても疲れにくいのが特徴です。「青軸」はスイッチ感が強く、クリックした感触がしっかりと得られます。リズムを感じるカチャカチャとしたタイピング音が特徴的です。

バランスに優れているのが「茶軸」。指先に返ってくる適度な感触が人気で、「赤軸」と「青軸」の中間にあたるモデルです。

テンキーレスキーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、用途に合わせて豊富なラインナップを揃えているのが特徴のメーカーです。リーズナブルで購入しやすいモノから、ゲーミング用のハイスペックなモノまで、幅広いモデルが存在します。

パソコンゲームの周辺機器を数多く製造しているメーカーなので、ヘッドセットやマウス、マウスパッドなどメーカーを揃えて、ゲーミング環境を構築したい方におすすめです。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

エレコムは、国内キーボード市場で人気のメーカーです。日本国内だけでなく、世界的に高い評価を集めています。エレコムのキーボードはリーズナブルな価格のモデルが多く、初めてテンキーレスキーボードを購入する方におすすめです。

また、ラインナップが豊富なのも魅力。タイピングする機会の多い方やパソコンゲームユーザー、外出時に携帯することが多い方など、用途に合わせて適したモデルが選べるメーカーです。

東プレ(Topre)

東プレのキーボードは、「静電容量無接点方式」を採用しているのが特徴です。操作性や耐久性、タイピング性能など、あらゆる面で高いパフォーマンスを発揮します。

高級キーボードとして知られる「REALFORCE」は、軽くなめらかな打ち心地が魅力です。一般的なモデルのキーを押す重さは50~60gほどですが、「REALFORCE」シリーズは45g。また、小指で入力するキーの一部は30gとさらに軽く設計されています。

テンキーレスキーボードのおすすめ|普段使い

ロジクール(Logicool) MX KEYS MINI Minimalist Wireless Illuminated Keyboard KX700

ワイヤレス接続で使用できるテンキーレスキーボードです。非常にコンパクトなサイズで、省スペースにすっきり設置できるのが特徴。ワイヤレス接続は、BluetoothとUSBレシーバーの2種類から選べます。

キーは指先の形状に合ったくぼみを採用し、なめらかかつ正確にタイピングできるのも魅力のひとつ。手を近づけるとバックライトが点灯する「スマートイルミネーション」を搭載しているので、暗めの部屋でも快適に使用できます。

ロジクール(Logicool) Multi-Device Bluetooth Keyboard K380

薄型かつ軽量で持ち運びに適したテンキーレスキーボードです。タブレットやスマホなどのモバイルデバイスと一緒に使いたい方におすすめ。最大3台のデバイスと同時に接続でき、ワンタッチでデバイスを切り替えられる「Easy-Switch」に対応しているのも特徴です。

キーを自動的にマッピングして、お気に入りのショートカットなどを使用できるのも魅力。電池寿命が長く、2年間ほど電池交換せずに使えると謳われています。汎用性が高く、さまざまなOSで使用できるのもポイント。携帯性に優れたモデルを探している方はチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) Multi-Device Keyboard K480

タブレットやスマホなどのモバイルデバイスでの使用に適したテンキーレスキーボードです。薄型かつコンパクトなデザインで、スマートに持ち運びやすいのも特徴。Bluetooth接続に対応しており、さまざまなデバイスに接続できます。

スマホやタブレットを支えられる便利なスタンドが搭載されているのも魅力のひとつ。デバイスを切り替えられるダイヤルを備えており、回すだけで3台のデバイスを手軽に切り替えられます。

シンプルなデザインで、ビジネスシーンからプライベートシーンまで幅広く使いやすいおすすめのアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) コンパクトキーボード BSKBB310

比較的リーズナブルに購入できるコスパに優れたテンキーレスキーボードです。グラつきにくく快適なキータッチを実現するパンタグラフ方式を採用。長時間タイピングする方にもおすすめです。

キー1つ1つが独立している仕様で、打ちやすいのも魅力のひとつ。また、キーとキーの間が開いているため、タイプミスも減らせます。最大3台のデバイスを接続し、手軽に切り替えられるのもポイント。初めてテンキーレスキーボードを購入する方にもぴったりです。

エレコム(ELECOM) テンキーレスキーボード TK-FBM111BK

比較的安く購入できるメンブレン方式を採用した、ワイヤレスタイプのテンキーレスキーボードです。折りたたみ式のタブレットスタンドを付属しているのが特徴。スタンドは姿勢に合わせて傾斜角を4段階で調節できます。

最大3台のマルチペアリングに対応しているのも魅力のひとつ。登録したデバイス間ならボタンで瞬時に切り替えられます。最大1000万回のストロークに耐えうる高耐久キーもポイント。長期的に愛用したい方にもおすすめです。

排水機能を備えているため、万が一飲み物などの液体をこぼしてしまっても安心。ワイヤレスかつリーズナブルなモデルを探している方はチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスキーボード TK-FLP01BK

折りたたんでコンパクトに持ち運べるワイヤレスタイプのテンキーレスキーボードです。タブレットやスマホなどと一緒に携帯しやすいのが特徴。キー配列は、Windows・Android用配列とiOS配列をボタンで切り替えて使い分けられます。

また、最大3台まで接続できるマルチペアリングに対応しているのも魅力のひとつ。パンタグラフ方式を採用しているので、軽快なキータッチを実現しています。

キーとキーの間隔を開けた設計なので、タイプミスしにくいのもポイント。携帯性に優れた使いやすいモデルを探している方も検討してみてください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) コンパクトキーボード SKB-SL18BKN

非常にコンパクトなデザインが魅力の有線タイプのテンキーレスキーボードです。幅293mmと狭めの設計のため、マウスを使うスペースを広く確保できるのが特徴。比較的リーズナブルに購入しやすいのもメリットです。

2段階で調節できるスタンドを搭載しているのも魅力。快適なキータッチを実現するパンタグラフ方式を採用しています。また、ケーブルの引き出し口を3つ備えているので、ケーブルを出す方向を3方向から選べるのもポイント。据え置きで使えるコンパクトなモデルを探している方はチェックしてみてください。

東プレ(Topre) REALFORCE S R2 R2TLS-JP4-BK

快適なタイピングを実現する静電容量無接点方式を採用したテンキーレスキーボードです。指への負担を抑えられるため、長時間のタイピングにもぴったり。仕事などでパソコンをよく利用する方にもおすすめです。

複数のキーを同時に押しても入力される「フルNキーロールオーバー」に対応しているのも魅力のひとつ。素早いタイピングでも正確な入力が可能です。また、東プレ独自の「APC機能」の搭載により、3段階のキーストロークの深さから選べます。

静音性に優れているため、場所を選ばず使いやすい仕様。耐久性も高いので、長期的に使用できます。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム ワイヤレスキーボード AK-A7726121

比較的リーズナブルに購入できるコスパに優れたテンキーレスキーボードです。軽量かつコンパクトなデザインで、手軽に持ち運べるのが特徴。スペースも取らないため、デスクを有効活用できます。

iOSやAndroid、Windows、Mac OSなどさまざまなOSに対応しているのも魅力のひとつです。複数のデバイスで使いたい方にもおすすめ。また、省電力モードにより、単4電池で3ヶ月以上使用できるのもポイントです。

ショートカットキーに対応しており、検索や音量調節などを簡単に行えるのもメリット。利便性に優れた高コスパモデルを探している方はチェックしてみてください。

ピーエフユー(PFU) Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 英語配列

快適な打鍵感を実現する静電容量無接点方式を採用したテンキーレスキーボードです。英語配列を採用しているため、プログラマーの方におすすめ。Bluetooth接続とUSB接続の2種類の接続に対応しており、無線と有線を使い分けられます。

ホームポジションからほとんど手を移動させることなくキーを入力できるのも魅力です。効率よくスピーディーにタイピングしたい方にもぴったり。スタイリッシュなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

価格は高めですが、耐久性に優れているので、長期的に愛用できるテンキーレスキーボードを探している方はチェックしてみてください。

テンキーレスキーボードのおすすめ|ゲーミング

レイザー(Razer) BlackWidow V3 TKL JP Yellow Switch RZ03-03491900-R3J1

機能性に優れながら比較的リーズナブルに購入できるコスパに優れたゲーミングキーボードです。スムーズかつ静音で入力できるイエローメカニカルスイッチを採用。独自の「Razer Chroma RGB」に対応しており、カスタムして自由にライティングできます。

テンキーレスのコンパクトなデザインで、デスクを有効活用できるのも魅力のひとつ。ケーブルを整理して収納できる溝を備えているため、どの方向にもケーブルを出せます。8000万回のキーストロークに耐えると謳われている耐久性の高さもポイントです。

独自のプロファイルやマクロを作成・保存できるキーを備えているので、自分のプレイスタイルに合わせてカスタマイズできます。

ロジクール(Logicool) PRO X Gaming Keyboard G-PKB-002

プロ用に専用設計されたゲーミングキーボードです。標準で青軸を採用していますが、赤軸と茶軸にも対応しています。自分の使いやすい仕様にカスタマイズできるのが特徴です。

非常にコンパクトなデザインのため、持ち運びが楽なのも魅力。デスクも有効活用できるので、マウスのスペースを広めに確保できます。「LIGHTSYNC RGBライト」を使用すれば、ゲームの世界観に没入できるように自由にライティング可能です。

滑り止めのラバーフィートや角度調節により、快適かつ安定したプレイができます。自由にプログラムできる12個のキーを備えているため、複雑な操作もボタン一つで簡単に実行可能です。

ロジクール(Logicool) G913 TKL LIGHTSPEED G913-TKL-LNBK

薄型設計で、スタイリッシュなデザインが魅力のゲーミングキーボードです。1msの超高速パフォーマンスが可能な「LIGHTSPEEDワイヤレス」に対応しており、ケーブルに左右されず自由に設置できるのが特徴。USBに接続することで、充電しながらも使用できます。

また、3つのラインナップがある薄型メカニカルスイッチを採用しているのも魅力です。1回の充電で40時間連続でプレイできるため、バッテリーを気にせず使いやすいのもポイント。機能性に優れたワイヤレスタイプのモデルを探している方におすすめです。

ロキャット(ROCCAT) VULCAN TKL RED JP ROC-12-285

薄型デザインのため、手首に負担がかかりにくいゲーミングキーボードです。スイッチには「Titan Switch Mechanical」を採用しているのが特徴。速度と反応性に優れています。

航空機級のアルミニウムのレイヤーで補強することで、優れた耐久性を実現しているのも魅力のひとつです。激しいプレイでも安定した操作が可能。比較的リーズナブルに購入できるのもポイントです。

色鮮やかなライティングが可能なので、おしゃれなキーボードを探している方はチェックしてみてください。

スティールシリーズ(SteelSeries) ゲーミングキーボード Apex Pro TKL US

アプリの表示やゲームからの通知、画像の表示などが可能な有機ELディスプレイを搭載したゲーミングキーボードです。アクチュエーションポイントやイルミネーション、ゲームごとの設定などを最大5つキーボードに保存できるのが特徴。外出先でも設定したプレイが可能です。

安定した操作ができるマグネット式のリストレストが同梱しているのも魅力。手首への負担を軽減できるため、長時間でも快適にゲームができます。

磁気センサーを搭載したスイッチは、キーの反応する深さを自由に調節可能。自分好みのタイピングを実現できます。カスタマイズ性に優れたモデルを探している方におすすめです。