一般的なキーボードは右側にテンキーが搭載されており、本体の幅は40cmを超えるモデルがほとんどです。デスク上のスペースを有効利用したい方やマウスの使用場所を大きく取りたい方など、キーボードが占有するスペースを減らしたい方は多いはず。

そこで今回は、「テンキーレスキーボード」のおすすめモデルをご紹介します。選び方も併せて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

テンキーレスキーボードとは?

By: amazon.co.jp

「テンキーレスキーボード」とは、キーボード右側に配する「数字キー(テンキー)」が省略されたアイテム。一般的なキーボードのキー数が100以上あるのに対して、テンキーレスキーボードのキー数は90前後なので、横幅が10cmほど小さくなります。

Web閲覧・動画閲覧・文書作成・メールの送受信など、基本的なパソコン操作においてテンキーの使用頻度はあまり多くありません。どうしても数字入力が必要なときはキーボード上段にあるキーでも代用できます。業務上でテンキーを多用しない方は、「テンキーレスキーボード」の導入を検討してみましょう。

テンキーレスキーボードの選び方

接続方式で選ぶ

テンキーレスキーボードの接続方式には、一般的なキーボードと同じく、有線と無線があります。有線接続タイプの多くは「USB Type-A」を使用。ケーブルによって使用範囲を制限されますが、無線接続方式よりもリーズナブルな場合が大半です。

無線接続タイプは大きく分けて2種類。パソコンにレシーバーを挿して使用する「USBレシーバー」タイプと、Bluetooth機能を利用する「Bluetooth接続」タイプに分かれます。「Bluetooth接続」タイプはレシーバーを挿す必要がありませんが、Bluetooth対応端末でないと接続できないので注意しましょう。

サイズや重量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

テンキーレスキーボードは、一般的なキーボードよりサイズがコンパクトですが、モデルによってサイズや重さが違います。モバイル端末用として携帯する方は、200g前後の軽量モデルがおすすめです。

キーボードのサイズは、キー配列やキーサイズ、キーピッチ(キーの中心から隣のキーの中心までの距離)にも左右されます。頻繁に携帯する方はコンパクトサイズ、決まった場所で使う方はタイピングしやすいサイズがおすすめです。

キー配列で選ぶ

By: amazon.co.jp

テンキーレスキーボードのキー配列には、大きくわけて2種類あります。日本語配列は、キーボード右側の「Enter」キーが大きめで押しやすく、キートップの印字には、アルファベットのほかにひらがなも表記されています。

英語配列は、「カタカナ/ひらがな」「変換」「無変換」「半角/全角」キーがなく、「Enter」キーも小さめ。プログラミングなどを行う場合には、「英語配列」タイプが便利ですが、そうでなければ使い慣れた配列のキーボードがおすすめです。

用途で選ぶ

普段使い

デスクトップパソコン用として据え置きで使うのであれば、重量のあるモデルでも問題ありません。タイピングの際にたわんで打ちにくいことがないよう、本体内部に鉄板が搭載されているモデルもあります。

モバイル端末用として使う場合は、軽量でスリムなモデルがおすすめ。スマホやタブレットと一緒に持ち運ぶことが多くなるので、なるべくコンパクトなモデルが便利です。

また、文書の入力をする機会が多い方やプログラミングで使用する方は、タイピングのしやすさが重要。軽快なタッチが特徴的な「パンタグラフ方式」や耐久性の高い「静電容量無接点方式」がおすすめです。

特にこだわりがなく、なるべく価格の安いモデルが欲しい方は「メンブレン方式」がおすすめ。ただし、反発力が強めで直接指先に伝わるため、長時間の使用にはあまり向いていません。

ゲーミング

By: amazon.co.jp

パソコンゲームに使用する方は、「赤軸」「青軸」「茶軸」などのキースイッチが選べる「メカニカル方式」がおすすめ。キートップを外して交換できるのでハードユーザーにぴったりのモデルです。

「赤軸」はタッチ感が軽いモデル。長時間プレイしても疲れにくいのが特徴です。「青軸」はスイッチ感が強く、クリックした感触がしっかり得られます。リズムを感じるカチャカチャとしたタイピング音が特徴的なモデルです。

バランスに優れているのが「茶軸」。指先に返ってくる適度な感触が人気で、「赤軸」と「青軸」の中間にあたるモデルです。

テンキーレスキーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、用途に合わせて豊富なラインナップを揃えているのが特徴のメーカーです。リーズナブルで購入しやすいモノから、ゲーミング用のハイスペックなモノまで、多くのモデルが存在します。

「USBレシーバー」タイプを探している方は特におすすめ。ロジクール独自の「Unifying」という通信規格を使用することで、対応しているキーボードとマウスを1つのレシーバーで接続できます。

パソコンゲームの周辺機器を数多く製造しているメーカーなので、ヘッドセットやマウス、マウスパッドなどとメーカーを揃えて、ゲーミング環境を構築したい方におすすめです。

エレコム(ELECOM)

By: rakuten.co.jp

エレコムは、国内キーボード市場のシェアトップクラスを誇るメーカーです。日本国内だけでなく、世界的に高い評価を得ています。

エレコムのキーボードは、リーズナブルな価格のモデルが多く、初めてテンキーレスキーボードを購入する方におすすめ。キーとキーの間にスペースを持たせた「アイソレーション式」を採用しているモデルが人気で、タイプミスを軽減できます。

ラインナップが豊富なのも魅力。タイピングする機会の多い方やパソコンゲームユーザー、外出時に携帯することが多い方など、用途に合わせて最適なモデルが選べるメーカーです。

東プレ(Topre)

By: amazon.co.jp

東プレのキーボードは、「静電容量無接点方式」を採用しているのが特徴です。操作性や耐久性、タイピング性能など、あらゆる面で高いパフォーマンスを発揮します。

「REALFORCE」と呼ばれる人気シリーズは高級キーボードとして知られ、極上のタッチが味わえると評判です。一般的なモデルのキーを押す重さは50~60gほどですが、「REALFORCE」シリーズは45g。さらに、小指で入力するキーの一部は30gとさらに軽く設計されています。

ただし、高いスペックを備えているだけあって、価格が高めに設定されています。しかし、一度使うと離れられないというほど人気のキーボードなので、予算に余裕のある方にはおすすめです。

テンキーレスキーボードのおすすめ|普段使い

ロジクール(Logicool) KEYS-TO-GO iK1042BKA

携帯性に優れた、おすすめのテンキーレスキーボードです。接続方式は無線接続のBluetoothに対応。スマホやタブレットといったモバイル端末とつないで、快適にタイピングを行えます。

サイズは幅242×高さ137×奥行6mm、重量は180gとコンパクトかつ軽量。小さなバッグへスッキリと収められるのが魅力です。

本製品は、静音性に優れているのがポイント。タイピング中にほとんど音が鳴らないので、静かなカフェなどでも安心して文章を入力できます。

本製品はバッテリー式を採用。フル充電後に最大3ヵ月まで使用できるため、外出先での資料作成やメール文の入力が途切れません。持ち運んでタイピングしたい方におすすめのテンキーレスキーボードです。

エレコム(ELECOM) 有線薄型コンパクトキーボード TK-FCM107XBK

サクサクとタイピングできる、おすすめのテンキーレスキーボードです。キーストロークは2.5mmと浅いため、素早く文章入力を行えます。

接続方式には有線のUSBを採用しているので、電池交換の必要がないのがメリット。長さ1.5mのケーブルを採用しており、デスク周りの余裕ある配線を実現します。

さらに、2段階で変更できる角度調節スタンドを搭載。姿勢やデスクの高さに合わせて、快適な位置でタイピングを行えるのが魅力です。OSはWindowsに対応。安い価格で購入でき、コストパフォーマンスに優れています。

東プレ(Topre) REALFORCE TKL SA R2TLSA-JP3-IV

マウスの操作スペースを確保しやすい、おすすめのテンキーレスキーボードです。サイズは幅369×高さ142×奥行30mmとコンパクトなので、デスクの周りを占有することがありません。

本モデルは、東プレ独自の「静電容量無接点方式」を採用しているのが特徴。チャタリングが起こりにくく、指への負担が少ないのがポイントです。また、「ステップスカルプチャー構造」を用いているため、指の動きに吸着するような感覚でタイピングを行えます。

さらに「APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)」機能を搭載。各キーごとのスイッチオンの位置を、1.5・2.2・3mmの3段階で調節できます。シチュエーションに合わせて、正確性と素早さのどちらも重視できるのがメリットです。

アンカー(ANKER) Anker ウルトラスリム Keyboard A7726121

持ち運びやすさに優れた、おすすめのテンキーレスキーボード。重量は約190gと軽いので、バッグに入れても負担になりません。サイズは、幅約284×高さ122×奥行18.5mmとスリム型。資料ファイルの間にスッキリと収納できるのがうれしい点です。

接続方式にはBluetoothを採用。iOS・Android・Mac・Windowsの機器へ接続して使用できます。単4乾電池で駆動する電源は、省電力モードに切り替えることで、約3ヵ月と長期間使い続けられるのが魅力です。

FILCO キーボード FKBC91MC/JB2

Cherry MXの青軸メカニカルスイッチを採用したテンキーレスキーボードです。スイッチ接点は約2mm、押し下げ可能な位置は最大4mmとしっかりとした作り。カチッとした機械音が心地よいタイピングを生み出します。

本製品は、Bluetoothによるワイヤレス接続と、USBによる有線接続の両方に対応しているのが魅力。Bluetooth使用時は単3乾電池2本で駆動し、最長で6ヵ月間使用できます。最大4台までのペアリングに対応し、キーを押すだけで瞬時に接続機器を切り替えられるのがうれしいポイント。

しっかりとした押し心地が好みの方におすすめのテンキーレスキーボードです。

Ewin 新型 Bluetooth5.1 キーボード EW-B009

最大3台までのデバイスとマルチペアリングを行える、おすすめのテンキーレスキーボードです。接続方式には、ワイヤレスのBluetooth接続を採用。Windows・Android・Mac・iOSといったさまざまなデバイスに接続してタイピングを行えます。

キーの入力方式は、パンタグラフ式です。普段使っているノートパソコンと同じ感覚で、ストレスなく文字入力できるのがメリット。

日本語配列キーは、JIS規格に準拠しています。タイピングが得意でない方でも字面を見ながら入力できる、初心者に優しい設計です。

Ewin Bluetooth キーボード LYC-009-B

3つ折りにしてコンパクトに収納できる、おすすめのテンキーレスキーボードです。展開時のサイズは幅304.5×高さ97.95×奥行6mm。折りたたんだときの横幅は152mmと小さいので、どんなバッグへも邪魔にならずに入れられます。

本体右側には、マウス代わりになるタッチパッドを搭載。外出先でマウスがなくても、一本の指だけでクリック・スクロール・拡大・縮小といった操作を行えるのがメリットです。

接続方式にはBluetoothを採用。Windows・Android・iOS・MacのOSを搭載した機器が対応していれば、簡単にワイヤレス接続を行えます。

テンキーレスキーボードのおすすめ|ゲーミング

ロジクール(Logicool) G913 TKL G913-TKL-CKBK

プレイ中に高いパフォーマンスを発揮できる、おすすめのテンキーレスキーボードです。接続方式には、USBレシーバーを採用。未使用時は本体背面に収納できるので、レシーバーをなくしてしまう心配がありません。

また、ロジクール独自の「LIGHTSPEEDワイヤレス」を搭載しているのが特筆すべき点です。1msの高速なワイヤレス通信を行えるため、より瞬発力の求められるゲームで力を発揮できます。

キーには、打鍵感をより感じやすい「GLクリッキー」を使用。耐久性・反応性・精度に優れており、思った通りの操作を実現できます。高性能なテンキーレスキーボードを探している方におすすめの製品です。

ロジクール(Logicool) PRO X キーボード G-PKB-002

eスポーツのアスリート向けに作られたテンキーレスキーボードです。搭載するGXスイッチは、別売の「GX Blueクリッキー」「GX Redリニア」「GX Brownタクタイル」といったスイッチセットでカスタマイズできます。

また「LIGHTSYNC RGB」を搭載。チームを表現するためのライティングを行ったり、振り返りたいキー操作をハイライトしたり、といった使い方が可能です。「Logicool G HUBソフトウェア」を使うことによって、色やパターンを自由に変更できます。

本格的なゲーム大会へ出場したい方におすすめのテンキーレスキーボードです。

エレコム(ELECOM) ARMA FPSゲーミングキーボード(コンパクト)TK-ARMA30BK

FPSのゲーミングに特化した、おすすめのテンキーレスキーボードです。本モデルは、エレコム独自の薄型メカニカルスイッチを採用。アクティブポイントが1.5mmと浅いため、敵の動きに対して素早く反応できます。

また、「変換」や「無変換」といったキーがなく、代わりにスペースキーの幅を広く設計しているのがポイント。複雑な操作をしていても、誤入力する心配がありません。

さらに、専用ソフトウェアで設定できる、赤色LEDライトを搭載しています。FPSゲーム用のテンキーレスキーボードを探している方におすすめの製品です。

エレコム(ELECOM) メカニカルゲーミングキーボード ECTK-G01UKBK

これからeスポーツを本格的に始めたい方におすすめのテンキーレスキーボードです。キーには茶軸を採用し、軽すぎず重すぎない、ちょうどよい感覚でタイピングを行えます。

また、全キーロールオーバーに対応。正確性の求められるゲームで、間違えることなくしっかりと認識させられます。5000万回のタイピングに耐えうるほどの耐久性を有しているので、長期間安心して使用できるのがポイントです。

「W」「A」「S」「D」など、ゲーミングで多様する8つのキーは、ほかのキーへ取り換え可能。8つのキーだけ違う形をしているので、ゲーミング中の打ち間違いを防ぎやすいのも魅力です。

東プレ(Topre) REALFORCE RGB TKL R2TLA-JP4G-BK

ブラックを基調としたデザインがかっこいいテンキーレスキーボードです。静電容量無接点方式のスイッチを搭載しており、快適で正確なタイピングを実現します。

また、東プレ独自の専用ソフトウェアを使用可能。1.5・2.2・3mmの3段階でアクチュエーションポイントを変更したり、1680万色のなかからLEDバックライトの配色を変更したりできます。

キーの文字は、外側と内側の2つの部品を使った「2色成形方式」によって表示。長期間タイピングし続けても、文字が分かりにくくなりません。

さらに、すべてのキー同時押しに対応している「Nキーロールオーバー」を採用。ゲーミング中の大事な場面で、アクションの実行を確実にします。スイッチの高い認識精度を求めている方におすすめのテンキーレスキーボードです。

レイザー(Razer) Razer BlackWidow Lite RZ03-02640700-R3J1

スタイリッシュなデザインがおしゃれなテンキーレスキーボードです。バックライトには、おしゃれなホワイトLEDを採用。真っ暗な部屋の中でも、文字の位置をはっきりと認識できるのがうれしい点です。

また、ゲーミング専用のオレンジメカニカルスイッチを搭載。静音性に優れながらも、しっかりとしたタイピングの感覚を得られるのが魅力です。キーの音を抑える「O-リング」も搭載しており、二重の消音対策を実現しています。

ゲーミングに加え、普段の資料作成でも使いやすい、おすすめのテンキーレスキーボードです。

e元素 81キーメカニカル式ゲーミングキーボード Z-88

赤軸を採用したテンキーレスキーボードです。打鍵感が非常に軽く、静音性に優れているのが特徴。ゲームのライブ配信を行っても、カチャカチャとした機械音が入り込まないのがメリットです。

また、バックライトモードや呼吸モードといったライティングパターンを設定可能。ゲームの雰囲気に合わせて、お気に入りの配色に変えられます。さらに、複数キーを同時押しても正確に認識する設計なので、ゲーム中の誤操作の心配がありません。

軽快なタッチ感でタイピングを行いたい方におすすめのテンキーレスキーボードです。

エヌペット(NPET) LED彩度 G20 マルチカラーゲーミングキーボード

おしゃれにライティングを設定できる、おすすめのテンキーレスキーボードです。カラーは1680万色のなかから選択できます。呼吸速度を調節したり、4段階で光度を設定したりできるのがポイントです。

本製品は、6000万回のクリックに耐えうるほどのタフさを備えています。撥水性のある本体には、排水口を搭載。うっかり水をこぼしてしまっても、機器が故障することなく水を外へ逃がせます。

本製品は、日本語配列を採用。通常のパソコンと同じ字面なので、ゲーム中のチャットなどを迷わずに行えます。