数字入力に便利なテンキーを省いた「テンキーレスキーボード」。一般的なキーボードに比べてコンパクトで、デスク上のスペースを有効利用したい方や、マウスの使用場所を大きく取りたい方などに適しています。

今回は、テンキーレスキーボードのおすすめモデルをご紹介。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

テンキーレスキーボードとは?

キーボードの右側に配置されているテンキーを省略したアイテム。一般的なキーボードのキー数が100以上あるのに対して、テンキーレスキーボードのキー数は90前後で、横幅が10cmほど小さくなるのが特徴です。

Web閲覧・動画閲覧・文書作成・メールの送受信など、基本的なパソコン操作においてテンキーの使用頻度はあまり多くない傾向があります。どうしても数字入力が必要なときは、キーボード上段にあるキーでも代用が可能。業務上でテンキーを多用しない方は、テンキーレスキーボードの導入を検討してみてください。

テンキーレスキーボードの選び方

接続方式で選ぶ

テンキーレスキーボードの接続方式には、一般的なキーボードと同じく、有線と無線があります。有線接続タイプの多くはUSB Type-Aを使用。ケーブルによって使用範囲を制限されますが、無線接続方式よりもリーズナブルな製品を多く展開しています。

無線接続タイプは大きく分けて2種類。パソコンにレシーバーを挿して使用する「USBレシーバー」タイプと、Bluetooth機能を利用する「Bluetooth接続」タイプに分かれます。Bluetooth接続タイプはレシーバーを挿す必要はありませんが、対応端末でないと接続できないので注意しましょう。

サイズや重量で選ぶ

By: logicool.co.jp

テンキーレスキーボードは、一般的なキーボードより小型ですが、モデルによってサイズや重さが異なります。モバイル端末用として携帯する方は、200g前後の軽量モデルがおすすめです。

キーボードのサイズは、キー配列やキーサイズ、キーピッチにも左右されます。頻繁に持ち運ぶ方はコンパクトモデル、決まった場所で使う方はタイピングしやすいサイズのモノを選んでみてください。

キー配列で選ぶ

By: amazon.co.jp

テンキーレスキーボードのキー配列は、大きくわけて2種類あります。日本語配列は、キートップにアルファベットとひらがなを印字。「変換」や「半角/全角」といったキーが配置されているほか、Enterキーが大きめで押しやすいため、日本語をスムーズに入力できます。

英語配列は、「変換」や「半角/全角」などのキーがなく、スッキリとした見た目が特徴。プログラミングなどを行う方には、英語配列タイプがおすすめです。

用途で選ぶ

普段使い

文書の入力をする機会が多い方やプログラミングで使用する方は、タイピングのしやすさが重要。軽快なタッチが特徴的な「パンタグラフ方式」や、耐久性の高い「静電容量無接点方式」が適しています。

特にこだわりがなく、なるべく価格の安いモデルが欲しい方は「メンブレン方式」がおすすめ。ただし、反発力が強めで直接指先に伝わるため、長時間の使用にはあまり向いていません。

ゲーミング

By: corsair.com

パソコンゲームに使用する方は、赤軸・青軸・茶軸などのキースイッチが選べる「メカニカル方式」の製品がおすすめ。キートップを外して交換できるのでハードユーザーにぴったりのモデルです。

赤軸はタッチ感が軽いモデル。長時間プレイしても疲れにくいのがメリットです。青軸はスイッチ感が強く、クリックした感触がしっかりと得られます。リズムを感じるカチャカチャとしたタイピング音が特徴です。

バランスに優れているのが茶軸。指先に返ってくる適度な感触が人気で、赤軸と青軸の中間にあたるモデルです。

テンキーレスキーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、ラインナップが豊富で用途に合わせて選べるのが特徴。リーズナブルで購入しやすいモノからゲーミング用のハイスペックなモノまで、幅広く展開しています。パソコンゲームの周辺機器を数多く製造しているので、ヘッドセットやマウス、マウスパッドなどを同じメーカーで揃えたい方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

エレコムは、国内キーボード市場で人気のメーカー。手頃な価格のモデルが多く、初めてテンキーレスキーボードを購入する方におすすめです。自分に合うモノを探しやすいのも魅力。持ち運びやすいコンパクトモデルや周囲に配慮しながら使える静音設計モデルなど、さまざまな製品が揃います。

東プレ(Topre)

東プレのキーボードは、「静電容量無接点方式」を採用しているのが特徴です。操作性や耐久性、タイピング性能など、さまざまな面で高いパフォーマンスを発揮します。

高級キーボードとして知られるREALFORCEシリーズは、軽くなめらかな打ち心地が魅力。長時間使用しても疲れにくいモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

テンキーレスキーボードのおすすめ|ワイヤレス

ロジクール(Logicool) MX Keys Mini KX700

薄型かつ高性能なワイヤレスのテンキーレスキーボード。Bluetoothのほか、独自規格であるLogi Boltにも対応しています。WindowsやmacOSだけではなく、Chrome OSやAndroidをサポートしている点も特徴。幅広い機器で使えるおすすめモデルです。

キーの中央が円形に窪んでいるのもポイント。指先にフィットしやすく、ミスタイプを軽減可能です。ファンクションキーの一部には、絵文字ウィンドウを開く機能やマイクのミュート機能などが割り当てられています。

専用ソフトをパソコンにインストールすると、一部のキーを自由にカスタマイズ可能。独自の便利機能「Flow」を使えるのもメリットです。対応マウスの動きに合わせて接続先のデバイスをシームレスに変更できます。手を近づけるだけで点灯するバックライトも搭載。本体から離れるとオフになるため、バッテリーの消耗を抑えられます。

ロジクール(Logicool) MX Mechanical Mini KX850C

メカニカルスイッチを採用したテンキーレスキーボードです。薄型ながら心地よいフィードバックのある快適なタイピングが可能。キーの表面がマットな質感に仕上げられているのも特徴です。

専用ソフトの「Logi Options+」に対応。バッテリー残量の確認やバックライトのオン・オフに加え、一部キーのカスタマイズができます。また、「Flow」を用いて複数のデバイス間をシームレスに切り替え可能です。

Bluetoothに加え、Logi Boltを使って接続できる点も魅力。Windows・macOS・Linux・Chrome OS・Androidの5種類をサポートしているため、さまざまなデバイスに接続して使用できます。バッテリー持ちは最大で10ヶ月。バックライトを有効にしても最長15日間持続します。

ロジクール(Logicool) マルチデバイスBLUETOOTHキーボード K380

スリムかつ軽量で気軽に持ち運べるテンキーレスキーボード。Androidもサポートしているため、スマホやタブレットとの組み合わせにも適しています。丸く設計されたキーも特徴のひとつ。薄型のシザーキーには窪んだ形状が採用されているので、指先が自然とフィットしやすく、ミスタイプを軽減可能です。

ペアリングできるデバイスは最大で3台。ファンクションキーの一部は「EASY-SWITCH」としての機能も割り当てられており、キーを押すだけでペアリングするデバイスをスムーズに切り替え可能です。

電源には、単4形アルカリ電池を2本使用。2年間電池を交換せずに使用できると謳っています。カラーバリエーションが豊富なのも魅力。自分好みの1台を見つけやすいおすすめモデルです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスBluetoothウルトラスリムキーボード TK-SLP01

さまざまな機器で使用できるテンキーレスキーボードです。WindowsとmacOSのほか、iOSとiPad OS、Androidをサポート。パソコンだけでなく、スマホやタブレットなどと組み合わせて使用できるおすすめモデルです。

保護ケースが付属するのも魅力。キーボードを傷や汚れから保護しながら持ち運べます。ケースは、スマホやタブレットのスタンドとしても使用可能。素材にはソフトレザーが使用されており、高級感が漂います。

キー配列は一般的な日本語配列。接続するOSに応じてキー配列を切り替える機能にも対応しています。また、コンパクト設計ながらキーピッチが17.2mmと広いため、ミスを抑えてスムーズにタイピング可能です。

エレコム(ELECOM) Bluetooth超薄型ミニキーボード TK-FBP100

Bluetooth接続に対応するテンキーレスキーボード。最大で3台のデバイスとペアリング可能です。本体には切り替えボタンが搭載されており、接続先のデバイスを素早く変更できます。

パンタグラフ方式のキーを採用。軽い力でスムーズにタイピング可能です。また、13種類のマルチファンクションキーには、ボリューム調節やメディアプレーヤーの操作を行える機能が割り当てられています。

各キーに印字されているオリジナルフォントも特徴。スタイリッシュかつ視認性に優れたデザインで、おしゃれなモデルを探している方にもおすすめです。LEDランプを備えているのも魅力。電源のオン・オフやペアリング状態などを一目で把握できます。

エレコム(ELECOM) 無線静音コンパクトキーボード TK-FDM115SKT

シーンを問わずに使えるワイヤレス接続対応のテンキーレスキーボード。USB Type-Aポートにレシーバーを挿して接続します。レシーバーは本体の裏面に収納できるため、紛失しにくく、持ち運びにも便利です。

キーにはメンブレン方式を採用。キーピッチが19mmと広いため、ミスを防ぎながらスムーズにタイピングできます。また、上部にはホットキーが搭載されており、ボリュームや輝度の調節などをキーボードから素早く操作可能です。

底面には、角度を2段階で調節できるスタンドも用意。体格や姿勢に合わせて使用できます。また、排水機構を備えているので、万が一水をこぼしてもすぐに排出しやすいのも特徴。表面には抗菌加工が施されており、清潔に使用できます。

エレコム(ELECOM) 抗菌無線薄型コンパクトキーボード TK-FDM109TK

軽い打鍵感と薄型設計が特徴のテンキーレスキーボード。キーストロークは約2.5mmと十分な深さが確保されており、快適に入力可能です。また、キーピッチが19mmと広く、エンターキーも大型に設計されています。

コンパクトサイズのUSBレシーバーを用いて接続。レシーバーは本体に収納可能です。マルチファンクションキーの搭載もポイント。12種類の専用キーを押すだけで、メディアプレーヤーやウェブブラウザなどを簡単に操作できます。

底面には、角度調節スタンドも用意。スタンドには、タイピング中のズレを抑える滑り止めを採用しており、快適に使えます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothスリムキーボード SKB-BT36

スリムで扱いやすいテンキーレスキーボードです。Windows・Android・macOS・iOSなど、幅広いOSをサポート。Bluetooth対応のさまざまな機器で使用できます。

キーにはパンタグラフ式を採用。キーピッチは19mmと広く、底面には滑り止めも搭載されているため、安定した状態でタイピング可能です。また、ファンクションキーには、ボリューム調節やメディアプレーヤー操作などの機能が割り当てられています。

キーボードの素材に、抗菌剤が練り込まれているのも特徴。清潔な状態で使用しやすいおすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothキーボード 400-SKB073

スマホやタブレットなど、さまざまなデバイスと接続して使用できるテンキーレスキーボード。WindowsとmacOSのほか、iOSやiPad OS、Androidなどをサポートしています。

最大で3台までのデバイスとペアリング可能。ペアリング切り替えボタンを備えており、キーを押すだけで接続先を変更できます。また、各OSに適した配列に変更可能です。

CommandやOptionなど、Mac向けのキーが搭載されているのもポイント。ファンクションキーは、一部OS向けにホーム画面への移動やスクリーンショットの保存といった機能が割り当てられています。

テンキーレスキーボードのおすすめ|有線

ロジクール(Logicool) TKL メカニカル K835

丈夫で長く愛用できるおすすめのテンキーレスキーボードです。筐体の素材には、耐久性に優れた陽極酸化アルミニウムを採用。また、最大約5000万回のストロークに耐えられると謳っています。

メカニカルスイッチによる心地よい打鍵感も特徴。本体に傾斜が付けられているため、長時間のタイピングも快適に行えます。また、底面に角度調節が可能なスタンドを搭載しているのもポイントです。

エレコム(ELECOM) 有線静音コンパクトキーボード TK-FCM113SK

静音設計を採用したテンキーレスキーボード。タイピング時にカチャカチャと音が鳴りにくく、静かな場所でも使いやすいのがメリットです。

キーピッチは19mm。DeleteやInsertなどの特殊なキーが独立しており、ミスタイプしにくい点も魅力です。また、キーボードの最上段には明るさやボリューム調節などを行えるホットキーも搭載されています。

抗菌加工が施されているのもポイント。万が一水をこぼしてしまっても素早く排水して故障を防ぐ、排水機構も備えています。

エレコム(ELECOM) 抗菌 有線薄型コンパクトキーボード TK-FCM107K

スムーズにタイピングできるWindows対応のテンキーレスキーボード。キーストロークが2.5mmと浅く、軽い力でも入力しやすいように設計されています。また、底面のスタンドを起こせば角度も調節可能です。

マルチファンクションキーの搭載もポイント。メディアプレーヤーやブラウザなどの一部機能を、キーボードから手軽に操作できます。パソコンのUSB Type-Aポートに接続するだけで使えるのも魅力。専用ドライバーは不要のため、初心者にもおすすめです。

東プレ(Topre) REALFORCE R3 KEYBOARD R3UC11

打ち心地が軽い静電容量無接点方式のテンキーレスキーボード。キーの形状が列ごとに異なるステップスカルプチャーを採用。最小限の動きで精度の高いタイピングが可能なおすすめモデルです。

チャタリングが発生しない構造も特徴。また、Nキーロールオーバーにも対応しており、複数のキーを同時に入力しても全てのキーがしっかりと認識されます。

専用のソフトをインストールすると、アクチュエーションポイントを4段階で調節可能。また、キーの配置が自由に変えられるうえ、本体側に設定を保存できます。

バッファロー(BUFFALO) 有線コンパクトキーボード BSKBU300

コンパクトで扱いやすい有線タイプのテンキーレスキーボード。USB Type-Aポートにケーブルを接続して使用します。専用のドライバーをインストールする必要がなく、初心者でも迷わずに使えるおすすめモデルです。

パンタグラフ式のキーを搭載。各キーが独立したアイソレーションデザインを採用しているほか、キーピッチも約19mmと十分な広さが確保されているため、スムーズにタイピングができます。

テンキーレスキーボードのおすすめ|ゲーミング

ロジクール(Logicool) PRO X G-PKB-002

コンパクトで携帯性に優れたおすすめのテンキーレスキーボード。三叉構造のケーブルを採用しており、スムーズな着脱と接続時の安定感を両立しています。ケーブルを取り外せば、容易に持ち運び可能です。

底面には、滑り止めのほか、3段階の角度調節ができるスタンドを搭載。また、「LIGHTSYNC RGB」にも対応しており、鮮やかなライティングを楽しめます。専用ソフトを導入すれば、マクロ機能などを用いてキーを自分好みに設定可能。ライティングエフェクトの調節もできます。

東プレ(Topre) REALFORCE RGB TKL R2TLA-JP4G

1680万色の鮮やかなバックライトを楽しめるテンキーレスキーボード。専用のソフトをインストールすれば、バックライトのカラーを自由に設定できます。静電容量無接点方式の採用による心地よい打鍵感も魅力。また、ゲームや好みに応じてアクチュエーションポイントをキーごとに3段階で調節できます。

全キーの同時入力を認識できる、フルNキーロールオーバーにも対応。多くのキーを使用するFPSやアクションゲームなどをプレイする方にもおすすめです。

レイザー(Razer) HUNTSMAN V2 TKL RZ03-03941000-R3J1

心地よい打鍵感と静音性を両立したテンキーレスキーボード。頑丈で耐久性に優れたキーキャップを採用しており、摩耗による劣化を抑えます。また、内部には特殊なフォーム層が設けられており、タイピング時の音を低減可能です。

専用ソフトをインストールすると、マクロを設定できるのもポイント。設定内容はオンボードメモリやクラウドに保存して、いつでも呼び出しできます。大型のリストレストを搭載しているのも魅力。手首への負担を軽減し、長時間のゲームプレイも快適に行えるおすすめモデルです。

スティールシリーズ(SteelSeries) Apex Pro TKL 64734

反応性に優れたおすすめのテンキーレスキーボード。高性能センサーに加え、0.4~3.6mmの間で10段階調節が可能なアクチュエーションポイントにより、高速な動作を実現しています。

OLEDディスプレイの搭載も特徴。一部アプリやゲームからの通知、指定フォーマットの画像などを表示可能です。また、本体にはUSBパススルーポートも用意されているので、周辺機器を接続して使用できます。

コルセア(Corsair) K65 RGB RAPIDFIRE CH-9110014-JP

アルミニウム製のフレームを採用したテンキーレスキーボード。軽量かつ頑丈で扱いやすいおすすめモデルです。取り外しできるリストレストも搭載されており、快適に使用可能です。

フルキーロールオーバーとアンチゴースト機能にも対応。複数のキーをまとめて入力しても、全て正確に認識されます。また、マルチメディア用のキーも搭載されているので、ゲーム中でも素早くボリュームを調節可能です。