近年のキーボードはユーザーの求める用途が細分化したことにより、持ち運んで使えるモバイルキーボードや、ゲームに最適なゲーミングキーボードなど、使う用途やシチュエーションごとにいろいろな製品があります。

そこで今回は、USB接続に対応したおすすめの有線キーボードをランキング形式にしてご紹介。ランキングとは別に、有線キーボードのメリットや、選ぶ際の注意点やポイントなども解説しますので、キーボード選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

有線キーボードのメリット

価格が安く壊れにくい

有線キーボードは、ケーブルで接続するシンプルな作りになっているので、無線で接続するワイヤレスキーボードよりも価格が安く設定されています。なかには、1000円以下で購入できる製品もあるため、コストパフォーマンス重視でキーボード選びたい方におすすめです。

また、有線キーボードはシンプルな構造ゆえに壊れにくく、コスパ優秀なのもポイント。外出先でパソコンをよく使用する方にもおすすめです。

設定不要ですぐに使える

基本的に有線キーボードは、パソコンのUSBポートに繋げるだけで簡単に使えます。ワイヤレスキーボードだとあらかじめペアリングなどの設定が必要ですが、有線キーボードにはそれらの必要が一切ないので接続は容易です。

ちなみに、有線キーボードはUSBケーブルから供給される電力で動いているので、ワイヤレスキーボードのように電池交換や充電の必要がありません。購入後も面倒な手間なく快適に使えます。

入力の遅延がない

ワイヤレスキーボードの場合、無線で電波を飛ばしているのでタイピングしてから文字が反映されるまで遅延が生じてしまいます。一方、有線キーボードはパソコンとケーブルで直接繋ぐため、遅延がありません。

普通にインターネットを楽しむ程度ならどちらを選んでもあまり差はありませんが、資料やレポート作成でたくさんの文字を入力したり、FPSなどの機敏なプレイが要求されるゲームで遊んだりする場合は、入力の遅延がない有線キーボードの方が快適です。

タブレットやスマホには繋げるの?

有線キーボードは、パソコン用というイメージが強いかもしれませんが、実は手持ちのスマートフォンやタブレットでも使うことができます。ただし、ほとんどの有線キーボード場合、サイズの大きな「USB2.0」が使われているので、そのまま端末のUSBポートに挿して使うことはできません。

そのため、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットで使う場合は、USB2.0を「micro USB」や「Lightning」に変換する「変換アダプター」を別途用意する必要があります。ちなみに、有線キーボードの中には標準で「micro USB」や「Lightning」に対応している製品もあるので、購入時にコネクタの種類もしっかりチェックしてみて下さい。

有線キーボードの選び方

キーの種類をチェック

有線キーボードは、スイッチの違いによって分類することが可能です。一般的にはメンブレン・パンタグラフ・メカニカル・静電容量無接点方式の4種類があり、いずれも特長が大きく異なります。有線キーボードを選ぶ際にはしっかりとチェックしてみてください。

コストパフォーマンスで選ぶなら価格の安い「メンブレン」、携帯性を重視するなら薄くて軽い「パンタグラフ」、耐久性や打ち心地で選ぶなら高機能な「メカニカル」、入力音の小ささならば「静電容量無接点方式」がおすすめです。

ただし、メカニカルと静電容量無接点方式を採用した有線キーボードは、高性能なぶん価格も高めに設定されています。コストパフォーマンスを重視する方は「メンブレン」か「パンタグラフ」がおすすめです。

キーピッチの広さをチェック

有線キーボードを選ぶ際には、キーの中心から隣り合ったキーの中心までの距離を表す「キーピッチ」の距離も重要です。例えば、操作性を重視するならキーピッチが広く入力がしやすい「18~20mm」、携帯性を重視するならキーピッチが狭くサイズの小さな「16~18mm」がおすすめです。

なお、外出先に持ち運んで使うような方には、キーピッチがさらに狭い「15~16mm」がおすすめ。ただし、キーピッチが狭くなるほどタイピングミスも増えるため、操作性も重視する方は注意が必要です。

有線キーボードのおすすめランキング

第1位 エレコム(ELECOM) 有線キーボード TK-FCP082BK

ノートパソコンでよく使われているパンタグラフ式のキーボードです。Windows・Android・Mac OSのマルチOSに対応してので、デバイスやOSの種類を問わずに快適に使えます。ケーブルを右側・左側・上部の好きなところから出せるのもポイント。マウスやモニタとぶつからず、快適に使うことができます。

また、直立して収納できるスタンドタイプなので、デスクの省スペース化にピッタリ。ブラウザやメディアプレイヤーなどの機能をワンタッチ操作できる「マルチファンクションキー」が13種類も搭載されているなど、使い勝手のよい有線キーボードです。

第2位 ロジクール(Logicool) メカニカルキーボード K840

キーのひとつひとつが独立したメカニカルキーボード。従来のキーボードと比べて最大25%高速キー入力が可能な「ROMER-G メカニカルキー」が採用しているのが特長で、作業効率を大幅に向上させることができます。

さらに、トップケースには丈夫な「アルミニウム素材」を仕様。キズが付きにくく、耐久性にも優れています。金属らしいスタイリッシュな見た目もポイントなので、おしゃれな有線キーボードが欲しい方にもおすすめです。

第3位 エレコム(ELECOM) TK-FCM064WH/RS

キーをラバー素材で支えているメンブレン式のキーボードです。キーピッチは広めの19mm。ストロークが深めで、しっかりとしたキータッチを求めている方におすすめです。排水機能が採用されているため、万が一、キーボードの上に液体をこぼしてしまっても、裏面からすぐに排出することができます。

また、環境に配慮された「簡易パッケージ」仕様になっているのもポイントです。ゴミが少ないので、オフィス用として一括導入する際にも便利。プライベートではもちろん、ビジネスシーンでもおすすめのキーボードです。

第4位 東プレ(Topre) REALFORCE91UBK-S

快適な打ち心地と静音性に優れた静電容量無接点方式のキーボードです。キーの位置によって押す重さが異なる「変荷重」に対応しているのが特長。人差し指で押すキーは重めに、力の弱い小指で押すキーは軽めに設定されており、自然な力で入力することができます。

静電容量無接点方式は、ほかの有線キーボードと比べて価格が高め。しかし、長時間の使用でも疲れにくいことから、金融機関やデータ入力センターなど、入力業務が多い方にはおすすめのキーボードです。

第5位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) シリコンキーボード 400-SKB013BK

コンパクトに折りたたんで携帯できる「シリコン素材」を採用した有線キーボード。コードも巻取り式のため、カバンのちょっとした隙間やポケットに入れてどこにでも気軽に持ち運べます。出先や移動中にパソコン作業をする方におすすめです。

また、シリコンは防水性が高いのも特長。キーボードの表面が汚れてきたら、水で丸洗いすることも可能。ビジネス用としてはもちろん、お子さん用のキーボードとしてもおすすめです。