寒い時期に、手軽にすばやく身体をあたためる「電気ストーブ」。暖房方式の違いによってさまざまな種類があるため、設置場所や使用目的に合った電気ストーブがどれなのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、電気ストーブのおすすめモデルをご紹介します。種類や選び方、おすすめのメーカーもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

電気ストーブの種類

セラミックヒーター

By: rakuten.co.jp

特殊加工されたセラミックを発熱させて部屋をあたためる電気ストーブ。ファンを内蔵し、あたたかい空気を送風するタイプが主流です。電源を入れてからあたたまるスピードが速く、狭い部屋をすばやくあたためたいときに最適。また、コンパクトなモデルが多く、持ち運びも簡単です。

省エネに役立つ人感センサーやイオンの働きで空気清浄化が期待できるタイプなど、便利な機能を搭載したモデルもあるのでチェックしてみてください。

セラミックヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

カーボンヒーター

By: amazon.co.jp

ガラス管の中の炭素繊維が熱せられることにより、遠赤外線を発生させる電気ストーブ。遠赤外線は直進性が高いため、部屋をあたためるのではなく、直接身体に向けて使うのがおすすめです。

また、比較的少ない電力でも暖房効果が得られるのが特徴。価格も比較的リーズナブルで、製品ラインナップも豊富です。

カーボンヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

グラファイトヒーター

By: amazon.co.jp

発熱体に黒鉛を使用して遠赤外線を発生させるタイプの電気ストーブです。カーボンヒーターの上位モデルに位置付けられています。一番のポイントは速暖性が優れているところ。また、遠赤外線放出量がカーボンヒーターより多く、暖房能力が高いのがメリットです。なかには、立ち上がり時間1秒以内のモデルもラインナップされています。

ほかのタイプに比べると比較的高価ですが、センサーがカーテンなどの障害物を感知すると自動停止するなど、高機能なモデルが多いのが特徴です。

グラファイトヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

シーズヒーター

By: amazon.co.jp

セラミックコーティングを施した金属管に、ニクロム線を密閉した電気ストーブです。セラミックを使用しているので、遠赤外線放出量が多いのが特徴。そのため、カーボンヒーターなどに比べて暖房能力が高いのがメリットです。

ガラス管や石英管ではなく金属パイプを使用しているので、水や衝撃に強いのもポイント。耐久性に優れたアイテムを探している方にもおすすめです。

シーズヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

パネルヒーター

By: amazon.co.jp

パネルの中の電熱線が電気であたためられて輻射熱を発するタイプの電気ストーブです。身体がパネルに直接触れてもやけどしにくいのがメリット。また、ファンがないのでホコリが立たないのも特徴です。

子供がいる部屋や、脱衣所などで使いやすいアイテム。なかには、表面にガラスパネルを使用したデザイン性の高いモデルもラインナップされています。

パネルヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ハロゲンヒーター

By: rakuten.co.jp

ハロゲンランプを発熱体に使用している電気ストーブです。ハロゲンランプから放出される遠赤外線の輻射熱を直接当ててあたためます。

ハロゲンヒーターの特徴は、電源を入れてからあたたかくなるまでがスピーディーなところ。冬場の脱衣所やトイレ、キッチンの足元など、狭いスペースをピンポイントですぐあたためたいときにおすすめです。

ハロゲンヒーターは扇風機に似たデザインのモノが主流。ほかにも、場所をとらないタワー型や長方形などがあり、なかには首振り運転機能付きのモノもあります。

ニクロム線電気ストーブ

By: amazon.co.jp

昔からあるスタンダードな電気ストーブです。石英管の中のニクロム線に電気が通ることで輻射熱を発してあたためます。出力は1000W以内のモデルが主流。安価な製品が多いので、導入コストを抑えることが可能です。

ただし、暖房能力は低く、あたたまるまでに時間がかかる点がデメリット。部屋全体をあたためる用途には向いていないため、近くに置いて足元をあたためるといったスポット的に使用したいときにおすすめです。

電気ストーブの選び方

設置する場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

電気ストーブの暖房能力はワット数で表されるのが一般的です。リビングなど広い場所で使用する場合は、最大出力が大きいモデルを選ぶと安心。グラファイトヒーターやシーズヒーターは、暖房能力が高いのでおすすめです。

脱衣所やトイレといった狭い場所、あるいはデスク作業の際に足元をあたためるといった用途の場合は、ニクロム線電気ストーブやカーボンヒーター、セラミックヒーターなどがおすすめ。リーズナブルなモノだと導入コストが安く済みます。

また、安全性を重視する場合は、表面温度が低めで、身体に触れてもやけどになりにくいパネルヒーターを要チェック。タオルや衣類がストーブの上に落ちても、燃えにくいといったメリットもあります。

温度調節機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

電気ストーブは石油ストーブやエアコンと比べて、ランニングコストがかかりやすいのがデメリット。そのため、こまめに温度調節できるモデルを選ぶと電気料金を抑えられるのでおすすめです。特に、気温変化が大きい場所に設置する場合や、ほかの暖房器具と併用する場合は温度調節機能をチェックしておきましょう。

小電力のニクロム線電気ストーブの温度調節機能は2段階程度ですが、他タイプの電気ストーブのなかには、5段階以上調節できるモデルもラインナップ。なかには10段階調節できるモノもあります。

便利機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

電気ストーブの代表的な便利機能は首振り機能です。複数人に熱が行き渡るのがメリット。首振りのほかに、ヒーター自体を縦横に置き方を変えられるモデルもラインナップされています。1人で使うときは縦置きにすると頭から足元まであたためられ、横置きにすれば、多くの人を同時にあたためられるのがポイント。また、ヒーターの角度を上方向に変えられるモノも展開しています。

さらに、人感センサーも省エネにつながる便利な機能。センサーが人を感知すると自動で電源が入り、人が離れると電源がオフになる機能です。電源を手動でオンオフする必要がないので、手間をかけずに電力を節約できます。

そのほか、安全機能もチェックしておきましょう。多くの電気ストーブには、転倒時に電源がオフになる機能が搭載されています。

電気ストーブの電気代

By: amazon.co.jp

石油ストーブに比べて手軽で安全性も高い電気ストーブですが、電気料金がかかりやすいのがデメリット。利便性や安全性、そしてランニングコストをトータルに検討する必要があります。

1kWhあたり27円として計算した場合、小電力のニクロム線電気ストーブで多い400Wストーブを1日5時間使用すると、おおよその電気料金は27円×0.4×5で54円、30日間では1620円です。大電力型ストーブで多い1200Wモデルの場合は料金が3倍となり、30日間で4860円ほどになります。

電気ストーブのおすすめメーカー

アラジン(Aladdin)

By: amazon.co.jp

アラジンは、1930年代初頭に誕生した英国のストーブブランドです。ストーブ前面にあるのぞき窓から見える「ブルーフレーム(青い炎)」が特徴的で、世界中で愛されています。

日本では1957年に株式会社ヤナセがアラジンストーブの輸入を開始。どっしりとした重厚感のあるレトロなデザインは、現在も人気があります。

2000年代に入ってからは、ブルーフレームストーブの研究で培ってきた暖房技術を活用し、幅広い暖房器具を開発。現在は遠赤グラファイトヒーターを展開しています。

トヨトミ(TOYOTOMI)

By: amazon.co.jp

1949年に設立されたトヨトミは、愛知県名古屋市に本社を置く、暖房器具や空調機器のメーカーです。社名の由来は創業者が「豊田に臣下を尽くす」という意味を込めたことから名付けられました。

家庭用から業務用まで幅広いタイプの石油ストーブ製品をラインナップ。電気ストーブではパネルヒーターやカーボン&シーズのWヒーター、W遠赤ヒーターなどを展開しています。

コロナ(CORONA)

By: amazon.co.jp

コロナは1937年、石油ストーブ製造会社として設立されました。その後、石油ストーブをはじめ、給湯器などエネルギー関連の大手メーカーとして活動。2001年に世界で初めて自然冷媒ヒートポンプ式給湯機を発売するなど、省エネ型暖房の開発製造において定評がある企業です。

電気ストーブにおいては、2008年に発売された遠赤外線電気暖房機「コアヒート」が人気を集めています。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

1947年創業の山善は、1967年にアメリカに現地法人を設立するなど、海外展開に積極的なメーカー。現在は消費財関連ビジネスと生産財関連ビジネスの2つの柱で事業を展開しています。

消費財関連ビジネスは、家電品やインテリアそしてキッチン用品などをはじめ、さまざまな生活用品が豊富です。コンセプトは「アイデアと値ごろ感」。リーズナブルな製品が多いのが特徴です。暖房器具に関しては、機能性に優れたヒーターがラインナップされています。

電気ストーブのおすすめ|セラミックヒーター

山善(YAMAZEN) 人感センサー付セラミックヒーター DSF-TN12

人感センサーを搭載したセラミックヒーター。人感センサーが人がいることを感知し運転、人がいないときは自動で停止。効率的に運転できるので省エネです。速暖性に優れており、電源を入れるとすぐにあたたまります。

利用シーンに応じて強と弱の2段階の運転切り替えが可能。ダイヤルを回すだけとシンプルなので操作も簡単です。部屋の遠くまで温風が広がる大風量タイプなので、広い部屋でもしっかりとあたためられます。

誤って転倒させてしまっても自動で電源がオフになる「転倒オフスイッチ」を搭載。重量2.9kgと軽量で、裏側に取っ手も付いているので、簡単に持ち運べます。

山善(YAMAZEN) 消臭セラミックファンヒーター 人感センサー DSF-VL084

消臭機能を搭載したセラミックヒーター。消臭フィルターに「トリプルフレッシュ」を採用しており、タバコのニオイや生活臭、ペット臭などの消臭効果が期待できます。見やすく使いやすい操作パネルを搭載しているので、簡単に操作可能です。

また、温度センサーを搭載。16・20・24・28℃の4段階の設定温度に合わせて自動でオンオフできるので、省エネにもなります。人感センサーも採用しているため、人がいないときは自動で停止します。チャイルドロック機能の搭載により、子供がいる家庭でも安心して使用可能です。

本体サイズは幅276×奥行140×高さ417mmとコンパクト。転倒時の火災を防ぐ「転倒オフスイッチ」も搭載しています。効率的な運転が可能な、おすすめの電気ストーブです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 大風量セラミックファンヒーター 首振り JCH-12TDSW1

大風量タイプのセラミックヒーター。ターボ・標準・静音の3つのモードを搭載しています。広い部屋をすばやくあたためたいときはターボモード、夜中や寝室など動作音を抑えたいときは静音モードと、シーンに応じて使い分けが可能です。

大風量モデルなので、離れた場所までしっかりとあたたまるのが特徴。左右80°の首振り機能にも対応しているので、より広範囲を効率的にあたためられます。上下に可動するルーバーを採用しているため、温風を送る高さも調節可能です。

人感センサーを搭載しているため、無駄な運転をせずに効率的に動作できます。広範囲のあたために対応したセラミックヒーターを探している方におすすめです。

電気ストーブのおすすめ|カーボンヒーター

コロナ(CORONA) 電気ストーブ スリムカーボン DH-C920

スリムな形状のカーボンヒーター。スイッチを入れるとすぐにあたたまるのが特徴です。急速運転に対応し、ヒーターが冷えている場合は設定よりも高い能力ですばやく周囲をあたためます。寒い日の朝や帰宅時はもちろん、脱衣所などでの使用にもおすすめです。

温度はダイヤル操作により10段階で調節可能。左右70°の首振りに対応しているので、広範囲を効率的にあたためられます。「転倒OFFスイッチ」の搭載により転倒時は運転を停止できるほか、通常運転時も6時間で自動停止するので、安心して使用可能です。

本体上部にハンドルを搭載。重量も3.4kgと軽量なので、使いたい部屋に簡単に持ち運べます。スリムな形状で使いやすい、おすすめの電気ストーブです。

山善(YAMAZEN) 遠赤外線カーボンヒーター DCT-J066

速暖タイプのカーボンヒーター。スイッチを入れるとすばやくあたたまるので、キッチンや洗面所、脱衣所など短時間だけあたためたいような場合におすすめです。600Wの消費電力で十分な範囲をあたため可能。

本体サイズは 幅250×奥行250×高さ620mmとコンパクト。重量も1.2kgと軽量なうえ、背部には取っ手が付いているので、力に自信がない方でも簡単に持ち運び可能です。使わないときは背部にコードを絡められるので、すっきりと収納できます。

運転スイッチはオンオフだけのシンプルな仕様。「転倒オフスイッチ」が搭載されているので、安心して使えます。シンプルな機能で低価格なおすすめの電気ストーブです。

スリーアップ(three-up) カーボンヒーター シャトル CBT-1633

かわいらしいデザインを採用したカーボンヒーター。シンプルで丸みを帯びたフォルムが特徴です。レトロな雰囲気を感じさせるおしゃれなデザインなので、インテリアにも溶け込みやすく、さまざまな部屋に違和感なく設置できます。

左右80°までの首振り機能を搭載。人が集まる広めのリビングでも、まんべんなく効率的にあたためられます。出力は強・弱の2段階から選択できるので、部屋の広さや温度に合わせて調節可能です。

「転倒時自動オフスイッチ」が搭載されているので、万が一本体を倒してしまっても、自動的に通電がオフになります。デザインを重視する方におすすめの電気ストーブです。

電気ストーブのおすすめ|グラファイトヒーター

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター CAH-1G9B

スリムタイプのグラファイトヒーター。幅300×奥行300×高さ884mmのスリムサイズが特徴です。個室や狭い場所にも設置しやすく、約3.5kgと軽量なので移動も簡単。約0.2秒で立ち上がるため、寒い冬でもすばやくあたたまります。

ダイヤルを2つ搭載し、タイマーとパワー切り替えの操作が可能。ダイヤルを回すと光って数字が表示されるので、暗い場所でも操作できます。首振りボタンが搭載されており、長押しによるチャイルドロックにも対応。小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。

タイマーは0.5~8時間、パワー切り替えダイヤルは、900W、または250~700Wの11段階で調節可能。光センサー式の「転倒OFFスイッチ」が搭載されており、本体が傾いた際は自動で通電が停止します。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター CAH-2G10A

レトロなカラーが採用されたグラファイトヒーター。暖房範囲をワンタッチで切り替える「電動・縦横ローテーション」機能が特徴です。横向きにすると、暖房幅が縦向きの約3倍となるため、広範囲をすばやくあたためられます。

ヒーター出力は300~700Wまで、50Wごとに調節可能。指向性が高く、出力1000Wの「Fullモード」利用時には最大約2.1m先まであたたかさが届きます。タイマーは0.5~8時間で設定可能です。

出力もタイマーもダイヤルで直感的に操作できるほか、暗い場所でも操作しやすいデジタル表示に対応。使用シーンに合わせて暖房範囲を切り替えられる、おすすめの電気ストーブです。

山善(YAMAZEN) グラファイトヒーター DCTS-A091

スリムなタワー型のグラファイトヒーター。サイズが幅300×奥行300×高さ840mmと非常にスリムなので、さまざまな場所に設置しやすいのが魅力です。裏側に取っ手がついているので簡単に持ち運べます。

立ち上がりは約0.2秒と速く、朝や帰宅時などにすばやく部屋をあたためられるのが特徴。左右70°または40°の首振りに対応しているので、広範囲を均等にあたためられます。「転倒オフスイッチ」も搭載されているので、安心して使用可能です。

大きなダイヤルを回すだけのシンプルな操作なので、機器の操作が苦手な方でも簡単に使い始められます。スリムなタワー型で場所を取らないため、小さな部屋や一人暮らしにおすすめの電気ストーブです。

電気ストーブのおすすめ|シーズヒーター

コロナ(CORONA) 電気ストーブ コアヒートスリム DH-920R

スリムな形状のシーズヒーター。幅306×奥行306×高さ897mmのタワー型なので、狭い場所にも設置しやすいのが特徴です。重量が3.7kgと軽量なうえ、取っ手付きで持ち運びやすいので、キッチンや洗面所などさまざまな場所に移動させて使えます。

急速運転機能を搭載。ヒーターが冷えているときは、設定温度よりも高い能力で立ち上げ、すばやく周囲をあたため可能です。左右70°までの首振りに対応し、約1.8m先まであたためられます。スリムながら広範囲に対応しているのが魅力です。

室温に合わせて自動で省エネ運転する「ecoモード」も搭載しているので、効率よく部屋をあたためられます。スリムなモデルを探している方におすすめの電気ストーブです。

コロナ(CORONA) 電気ストーブ コアヒート DH-1220R

ブラックセラミックコーティングが施されたシーズヒーター。遠赤外線の輻射熱により、離れていてもあたたかさをしっかりと感じられます。ヒーターが冷えている場合は設定よりも高い能力ですばやく周囲をあたためる、急速運転も可能です。

縦と横の2つのスタイルに切り替えられることが特徴。広範囲をあたためたい場合は横向き、一箇所を集中してあたためたいときは縦向きと、シーンに応じて使い分けられます。上下の角度調節にも対応。下方は5°まで、上方は32°まで調節できます。

あたたかさがひと目でわかる6段階のランプを搭載。体感温度を考えて定期的にパワーをセーブする「揺らぎ運転」にも対応します。多機能で便利なおすすめの電気ストーブです。

ダイキン(DAIKIN) 遠赤外線ストーブ セラムヒート ERFT11XS

スタイリッシュなデザインのシーズヒーター。縦・横向きを変更可能です。1人のときや足元をあたためたいときは縦向き、家族でソファーに腰掛けたり床に直接座ったりする場合は横向きなど、シーンに応じて使い分けられます。

左右70°の自動首振りに対応するほか、手動で上方向に30°の調節も可能。パワー調節ツマミには遠くからでも確認しやすいランプが搭載されています。ツマミを回して直感的に出力を調節できるので、初めてでも簡単に操作可能です。

3mの電源コードを採用。移動できる範囲が広く、使いたい場所に設置できます。おしゃれなデザインでインテリアにも馴染みやすい、おすすめの電気ストーブです。

電気ストーブのおすすめ|パネルヒーター

トヨトミ(TOYOTOMI) 遠赤外線電気パネルヒーター EPH-123F

3通りの使い方ができるパネルヒーター。150°まで開くパネルを全開にして広範囲をあたためられるほか、90°にすると2枚のパネルからの遠赤外線が交わり、1ヵ所を集中的にあたためられます。パネルを閉じると空気が上昇するので、部屋全体をあたため可能です。

スイッチを入れてから約10分で100%の暖房性能に達する速暖性が魅力のひとつ。ガード部以外の表面は熱くならないので、子供やペットがいる家庭でも安心して使えます。タイマー機能も搭載されており、1・2・4・6時間の設定が可能です。

部屋の大きさに合わせて使い方を変えられる、おすすめの電気ストーブです。

ROOMMATE 遠赤外線パネルヒーターFioreII RM-59A

室内を優しくあたためられるパネルヒーター。効率よく放熱を行い、輻射熱と放射熱で室内をゆっくりとあたためられます。風を発生させないため、ホコリが舞ったり過度に空気を乾燥させたりしないのが特徴。喉や肌をいたわりながら部屋をあたためられます。

オンオフタイマー機能を搭載。タイマーは30分~23時間30分まで、30分単位で設定が可能です。タイマーと温度調節はデジタル表示なので見やすく、初めて使う方でも簡単に操作できます。

付属のリモコンを使うと離れた位置からでも手軽に操作可能。タイマー設定と温度調節もリモコンで操作できます。インテリアを妨げないシンプルな見た目も魅力の電気ストーブです。

デロンギ(DeLonghi) マイカパネルヒーター ブラック 2~6畳 HMP900J-B

速暖性の高いパネルヒーター。電源を入れるとすぐに暖房が始まるので、すばやく室内をあたためられます。温風が出ないためホコリを巻き上げる心配がなく、音も静かなのでさまざまな場所で使いやすい仕様です。

パネル全体が発熱するので、効率よくあたためられることも特徴。出力は900Wと450Wの2段階で調節できます。サーモスタットで適温を設定することで、 自動的に電源のオンオフを繰り返し 、あたため過ぎを防ぎます。

軽量・薄型で省スペース設計なうえ、キャスターや取っ手もついているため、簡単に移動できます。スポット暖房としても使える、おすすめの電気ストーブです。

電気ストーブのおすすめ|ハロゲンヒーター

テクノス(TEKNOS) 直管型ハロゲンヒーター 400W管3灯 PH-1211W

1200Wのハイパワーが魅力のハロゲンヒーター。電源を入れると約2秒であたたかくなる速暖性が特徴です。温風を出さないのでホコリが舞ったり空気が過度に乾燥したりしにくいのもポイント。遠赤外線により体の芯からあたためられます。

出力は800Wと1200Wの2段階で調節可能。首振り機能によりあたたかさを広範囲に広げられます。移動に便利な持ち手が付いているので、自由に持ち運んで使用可能。低価格でコスパに優れた電気ストーブです。

テクノス(TEKNOS) パラボラ型ハロゲンヒーター床置 PH-801

パラボラ型のハロゲンヒーター。組み立て不要で、電源を入れればすぐに使える手軽さが魅力です。スイッチを入れてから約2秒であたたまるので、キッチンや洗面所、脱衣所などすぐに使いたい場面に適しています。

上下の角度調節に対応。角度調節は手動なので、あたためたい位置にぴったり合わせられます。「転倒OFFスイッチ」が搭載されているので、万が一倒してしまっても安心。小型で使いやすい、おすすめの電気ストーブです。

テクノス(TEKNOS) スリムハロゲンヒーター 300W1灯 PH-307

スリムタイプのハロゲンヒーター。上部に搭載されているボタンを押すだけで起動できます。ボタンは大きくわかりやすいので、簡単に操作可能。電源を入れると約1秒であたたまる、すばやい動作も魅力です。

本体サイズが幅190×奥行き190×高さ485mmとスリムなので、設置する場所を選びません。重量も0.71kgと軽いため、手軽に持ち運んで使えます。背面には収納時に便利なコードフックを搭載。

スリムで場所を取らない、おすすめの電気ストーブです。

電気ストーブのおすすめ|ニクロム線電気ストーブ

山善(YAMAZEN) 遠赤外線電気ストーブ 加湿機能付 DSE-KC106

加湿機能を搭載したニクロム線電気ストーブ。タンクに水を入れるとスチームを発生させるので、乾燥をやわらげながら部屋をあたためられます。パワーは330・660・990Wの3段階で切り替え可能。好みや温度に合わせて調節できます。

「転倒オフスイッチ」とサーモスタット機能を搭載。本体が倒れた場合と本体内部の温度が上がりすぎた場合に自動で電源が切れるので安心です。サーモスタット機能には、消費電力を抑える省エネ効果も期待できます。

掴みやすい取っ手も付いているので、簡単に持ち運び可能。加湿機能がついた、おすすめの電気ストーブです。

山善(YAMAZEN) あしもとあったかストーブ DS-F041

かわいらしいフォルムのニクロム線電気ストーブ。簡単に使える、電源オンオフのみのシンプルな操作が特徴です。幅330×奥行165×高さ195mmとコンパクトなので、デスク下や脱衣所、トイレの補助暖房に適しています。

小型なうえ重量約1.1kgと軽量なので気軽に移動でき、さまざまな場所に設置可能。レトロなデザインのため、インテリアの一部として溶け込みます。小型かつおしゃれな、おすすめの電気ストーブです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 遠赤外線電気ストーブ 小型 遠赤外線ヒーター IEHD-800

レトロなデザインのニクロム線電気ストーブ。インテリアとして馴染みやすい、おしゃれなデザインが特徴です。本体にはスタンドを搭載。本体と床の間に空間を設けることで床が熱くなるのを防ぐ効果もあります。

電源つまみと運転切替つまみの2種類のダイヤルを搭載。400Wと800Wを簡単に切り替えられます。「転倒時自動OFF機能」と「温度ヒューズ機能」を搭載しているので、万が一のときも安心。おしゃれながらも機能が充実した、おすすめの電気ストーブです。

電気ストーブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電気ストーブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。