寒い時季に、手軽に素早く体をあたためる「電気ストーブ」。暖房方式の違いによってさまざまな種類があるため、設置場所や使用目的に合った電気ストーブがどれなのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、電気ストーブのおすすめモデルをご紹介します。種類や選び方、おすすめのメーカーもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

電気ストーブの種類

セラミックヒーター

By: rakuten.co.jp

「セラミックヒーター」は、特殊加工されたセラミックを発熱させて部屋をあたためる電気ストーブ。ファンを内蔵し、あたたかい空気を送風するタイプが主流です。電源を入れてからあたたまるスピードが速く、狭い部屋を素早くあたためたいときにぴったり。また、コンパクトなモデルが多く、持ち運びも簡単です。

省エネに役立つ人感センサーや空気清浄化が期待できるタイプなど、便利な機能を搭載した製品もあります。

セラミックヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

カーボンヒーター

By: bruno-onlineshop.com

「カーボンヒーター」は、ガラス管の中の炭素繊維が熱せられることにより、遠赤外線を発生させる電気ストーブ。遠赤外線は直進性が高いため、部屋をあたためるのではなく、直接体に向けて使うのがおすすめです。

また、比較的少ない電力でも暖房効果が得られるのが特徴。価格も比較的リーズナブルで、製品ラインナップも豊富です。

カーボンヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

グラファイトヒーター

By: amazon.co.jp

「グラファイトヒーター」は、発熱体に黒鉛を使用して遠赤外線を発生させるタイプの電気ストーブ。カーボンヒーターの上位モデルに位置付けられています。速暖性に優れている点が魅力です。なかには、立ち上がり時間1秒以内のモデルもラインナップされています。

また、遠赤外線放出量がカーボンヒーターより多く、暖房能力が高いのがメリット。ほかのタイプに比べると比較的高価ですが、高機能なモデルが多いのが特徴です。

グラファイトヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

シーズヒーター

「シーズヒーター」は、セラミックコーティングを施した金属管に、ニクロム線を密閉した電気ストーブです。セラミックを使用しているので、遠赤外線放出量が多いのが特徴。そのため、カーボンヒーターなどに比べて暖房能力が高いのがメリットです。

ガラス管や石英管ではなく金属パイプを使用しているので、水や衝撃に強いのもポイント。耐久性に優れたアイテムを探している方にもおすすめです。

シーズヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ハロゲンヒーター

By: amazon.co.jp

「ハロゲンヒーター」は、ハロゲンランプを発熱体に使用している電気ストーブです。ハロゲンランプから放出される遠赤外線の輻射熱を直接当ててあたためます。

ハロゲンヒーターの特徴は、電源を入れてからあたたかくなるまでがスピーディーなところ。冬場の脱衣所やトイレ、キッチンの足元など、狭いスペースをピンポイントですぐあたためたいときにおすすめです。

ハロゲンヒーターは、扇風機に似たデザインのモノが主流。ほかにも、場所をとらない長方形のタイプや、なかには首振り運転機能付きのモノもあります。

ニクロム線電気ストーブ

By: amazon.co.jp

「ニクロム線電気ストーブ」は、昔からあるスタンダードな電気ストーブです。石英管の中のニクロム線に電気が通ることで輻射熱を発してあたためます。出力は1000W以内のモデルが主流。安価な製品が多いので、導入コストを抑えることが可能です。

ただし、暖房能力は低く、あたたまるまでに時間がかかる点がデメリット。部屋全体をあたためる用途には向いていないため、近くに置いて足元をあたためるなど、スポット的に使用したいときにおすすめです。

電気ストーブの選び方

設置する場所で選ぶ

By: aladdin-aic.com

電気ストーブの暖房能力はワット数で表されるのが一般的です。リビングなど広い場所で使用する場合は、最大出力が大きいモデルを選ぶと安心。グラファイトヒーターやシーズヒーターは、暖房能力が高いのでおすすめです。

脱衣所やトイレといった狭い場所、あるいはデスク作業の際に足元をあたためるといった用途の場合は、ニクロム線電気ストーブやカーボンヒーター、セラミックヒーターなどがおすすめ。リーズナブルなモノだと導入コストが安く済みます。

温度調節機能で選ぶ

By: bruno-onlineshop.com

電気ストーブは石油ストーブやエアコンと比べて、ランニングコストがかかりやすいのがデメリット。こまめに温度調節できるモデルを選ぶと電気料金を抑えられるのでおすすめです。特に、気温変化が大きい場所に設置する場合や、ほかの暖房器具と併用する場合は温度調節機能をチェックしておきましょう。

小電力のニクロム線電気ストーブの温度調節機能は2段階程度ですが、他タイプの電気ストーブのなかには、5段階以上調節できるモデルもラインナップされています。

便利機能で選ぶ

By: bruno-onlineshop.com

電気ストーブの代表的な便利機能は首振り機能です。複数人に熱が行き渡るのがメリット。また、首振りのほかに、ヒーター自体を縦横に置き方を変えられるモデルもラインナップされています。1人で使うときは縦置きにすると頭から足元まであたためられ、横置きにすれば、複数人を同時にあたためられるのがポイントです。

さらに、人感センサーも省エネにつながる便利な機能。センサーが人を感知すると自動で電源が入り、人が離れると電源がオフになる機能です。電源を手動でオン・オフする必要がないので、手間をかけずに電力を節約できます。

そのほか、安全機能もチェックしておきましょう。多くの電気ストーブには、転倒時に電源がオフになる機能が搭載されています。

電気ストーブの電気代

石油ストーブに比べて手軽で安全性も高い電気ストーブですが、電気料金がかかりやすいのがデメリット。利便性や安全性、そしてランニングコストをトータルに検討する必要があります。

1kWhあたり27円として計算した場合、小電力のニクロム線電気ストーブで多い400Wストーブを1日5時間使用すると、おおよその電気料金は27円×0.4×5で54円、30日間では1620円です。大電力型ストーブで多い1200Wモデルの場合は料金が3倍となり、30日間で4860円ほどになります。

電気ストーブのおすすめメーカー

アラジン(Aladdin)

By: amazon.co.jp

アラジンは、1930年代初頭に誕生した英国のストーブブランドです。ストーブ前面にあるのぞき窓から見える「ブルーフレーム(青い炎)」が特徴的で、世界中で愛されています。日本では1957年に株式会社ヤナセがアラジンストーブの輸入を開始。どっしりとした重厚感のあるレトロなデザインは、現在も人気があります。

2000年代に入ってからは、ブルーフレームストーブの研究で培ってきた暖房技術を活用し、幅広い暖房器具を開発。現在は遠赤グラファイトヒーターを展開しています。

トヨトミ(TOYOTOMI)

By: amazon.co.jp

1949年に設立されたトヨトミは、愛知県名古屋市に本社を置く、暖房器具や空調機器のメーカーです。社名の由来は創業者が「豊田に臣下を尽くす」という意味を込めたことから名付けられました。

家庭用から業務用まで幅広いタイプの石油ストーブ製品をラインナップ。電気ストーブではカーボン&シーズのWヒーターなどを展開しています。

コロナ(CORONA)

By: amazon.co.jp

コロナは1937年、石油ストーブ製造会社として設立されました。その後、石油ストーブをはじめ、給湯器などエネルギー関連の大手メーカーとして活動。2001年に世界で初めて自然冷媒ヒートポンプ式給湯機を発売するなど、省エネ型暖房の開発製造において定評がある企業です。

電気ストーブにおいては、2008年に発売された遠赤外線電気暖房機「コアヒート」が人気を集めています。

山善(YAMAZEN)

1947年創業の山善は、1967年にアメリカに現地法人を設立するなど、海外展開に積極的なメーカー。現在は消費財関連ビジネスと生産財関連ビジネスの2つの柱で事業を行っています。

消費財関連ビジネスは、家電品やインテリアそしてキッチン用品などをはじめ、さまざまな生活用品が豊富です。コンセプトは「アイデアと値ごろ感」。リーズナブルな製品が多いのが特徴です。暖房器具に関しては、機能性に優れたヒーターがラインナップされています。

電気ストーブのおすすめ|おしゃれ

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター CAH-G42GC

鳥かごを連想させるフォルムの電気ストーブです。スイッチを入れると0.2秒で発熱すると謳う「遠赤グラファイトヒーター」を搭載。体の芯まであたためる効果が期待できるおすすめモデルです。レトロな雰囲気のデザインが好みの方にも適しています。

IP22の防滴仕様で、キッチンなど水回りで安心して使えるのもポイント。また、離れた位置にあるコンセントに届きやすい2.3mのコードを採用しています。安全性に配慮して、大型ガードを搭載しているのも魅力です。

アラジン(Aladdin) 遠赤外線グラファイトヒーター CAH-1G9C

スリムかつスタイリッシュなデザインの電気ストーブです。プライベートスペースや狭い場所に設置したい場合におすすめのモデル。グラデーション設計の「グラファイトeヒーター」を搭載し、部屋をムラなくあたためます。

危険を検知して電源を自動で切る「シャットオフセンサー」を備えているのもポイント。自動首振り機能や8時間自動オフタイマーなど、機能性にも優れています。数字が光って表示されるダイヤルを採用しており、操作しやすさも魅力です。

トヨトミ(TOYOTOMI) 速暖遠赤外線カーボンヒーター EWH-CS100M

速暖カーボンと遠赤シーズの2種類のヒーターを組み合わせた電気ストーブです。電源を入れてスピーディーに立ち上がる速暖性と、遠赤外線によるあたたかさが特徴。寒いときに、足元をすばやくあたためたい場面で活躍するおすすめモデルです。

自動首振り70°と手動首振り60°の「W首振り」機能により、広範囲をあたためたいときに便利。また、防災型2重転倒OFFスイッチと温度過昇防止装置を備えた安全性の高さも魅力です。

ブルーノ(BRUNO) カーボンヒーター ノスタルストーブ ワイド BOE077

レトロな外観が印象的な電気ストーブです。スイッチを入れるとすばやく立ち上がるカーボンヒーターを搭載。首振り機能にくわえてパワーを500~1000Wの範囲で無段階調節できるなど、ピンポイントを熱くなりすぎず快適に使用できます。

従来モデルと比較して、静音設計を採用しているのもポイント。オフタイマーを備えており、消し忘れを防げます。また、しっかり持ちやすい取っ手が付属し、持ち運びしやすい形状とあいまって移動にも便利です。

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKS-0613

かわいらしいデザインが特徴の電気ストーブです。約0.2秒ですばやく立ち上がるグラファイトヒーターを搭載。足元に設置して、すぐにあたたまりたいときに役立つおすすめモデルです。遠赤外線効果により、保温性を持続したまま体の芯まであたためます。

300W・600Wの2段階切り替えで操作も簡単。背面にフックを備えており、持ち運びも簡単です。一度倒したら安定した場所に置いて電源を入れ直さないと作動しない「二重転倒スイッチ」を搭載しています。

カドー(cado) シーズヒーター SOL-001

直径25cmのスリムボディを採用している電気ストーブです。狭い場所に設置しやすく、キッチンや脱衣所などをあたためたい場合におすすめのモデル。スタイリッシュな円柱型デザインも魅力です。遠赤外線効果を発揮するシーズヒーターで、すばやく足元をあたためたいシーンに役立ちます。

左右約70°の首振り機能により、広範囲をあたためたいときに便利。2.9kgの軽量設計で持ち運びも楽々です。1時間・2時間・4時間のオフタイマーを備えており、消し忘れを防止して節電にも適しています。

テクノス(TEKNOS) パラボラハロゲンヒーター PH-800

扇風機のようなデザインが印象的なハロゲンヒーターです。円形のパラボラタイプで、上下に角度を手動で調節できるのが特徴。あたためたい方向に調節可能で、効率的に暖房できるおすすめの電気ストーブです。

遠赤外線効果により、体の芯まであたためられる暖房能力がポイント。電源を入れて2秒で立ち上がる、速暖性の高さも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 遠赤外線電気ストーブ ブラックコートヒーター IEHDB-800

ニクロム線にブラックコートを施している電気ストーブです。遠赤外線効果で体内の水分子を振動させて体をあたためるのが特徴。ストーブから離れていてもあたたかさを実感しやすいおすすめモデルです。

懐かしさを感じさせるレトロなデザインも魅力。インテリアとしておしゃれな空間づくりにも役立ちます。スタンド付きで床が熱くなるのを防げるのもポイント。ダイヤルを回して強弱を2段階で切り替えるだけと、使い方も簡単です。

また、万一倒しても自動的に電源がオフになる「転倒時自動OFF機能」を搭載しています。

電気ストーブのおすすめ|省エネモデル

アラジン(Aladdin) 遠赤外線グラファイトヒーター CAH-2G10E

同社のグラファイトヒーターでハイエンドモデルの電気ストーブです。温度センサーであたためすぎを防ぐ「ecoモード」を搭載。室内温度が約22℃になると自動でパワーをセーブする仕組みで、エアコンと併用して節電したい方におすすめのモデルです。

電動で向きを縦・横で切り替える「電動・縦横ローテーション」を搭載しているのも特徴。ワンタッチで向きを変えられ、広範囲をすばやくあたためたシーンで活躍します。

ダイヤルを回すと数字が光って表示される仕様で、暗い場所で操作しやすいのも便利。小さな子供がいる家庭でも安心して使えるチャイルドロック機能を備えています。

コロナ(CORONA) 遠赤外線暖房機 コアヒート CH-1222R

ヒーター管に高輻射ブラックセラミックコーティングを施している電気ストーブです。人体に吸収されやすい波長3~20ミクロンの遠赤外線を放出するのが特徴。耐久性に優れたステンレスヒーター搭載とあいまって、体の芯まであたたまる暖房効果が期待できるおすすめモデルです。

操作性と視認性に優れたデザインの操作パネルを採用。本体上部に運転ランプを備えており、遠くや後ろからも運転状態を確認できます。向きを回転させて縦と横の両方で使えるのも便利。上下の角度調節機能も搭載しているなど、さまざまなシーンに対応できます。

省エネセンサーを搭載し、電気代の節約に役立つのも魅力。体感温度を考慮して定期的にパワーをセーブする「ゆらぎ運転」で、消費電力を抑えられるのもポイントです。

コロナ(CORONA) 遠赤外線カーボンヒーター マイコン式 DH-C922

カーボンヒーターを搭載したマイコン式の電気ストーブです。出力を10段階で細かく調節できるのが特徴。あたためすぎず、無駄な消費電力を抑えて節電に役立つおすすめモデルです。左右70°の首振り機能を搭載し、広範囲をあたためたいシーンでも活躍します。

スイッチを入れてすばやく立ち上がるのもポイント。帰宅時や脱衣所など、すばやくあたためたいときに重宝します。大型の取っ手が付属で持ち運びも簡単。操作パネルに、見やすく使いやすいユニバーサルデザインを採用しています。

ダイニチ(DAINICHI) セラミックファンヒーター EF-1200F

あたたかい温風で暖房できるセラミックファンヒーターです。コンパクトながら1200Wのハイパワーで、足元をしっかりあたためるのが特徴。省エネセンサーと温度センサーの「Wセンサー」で高い省エネ性も発揮し、電気代の節約に役立つ電気ストーブを探している方におすすめです。

除菌フィルターを備えており、清潔な状態を保ちやすいのもポイント。大きな文字を採用したボタンデザインにより、操作しやすいのも魅力です。切タイマーと入タイマーを搭載し、ライフスタイルにあわせて設定できるのも便利。切り忘れ停止装置やチャイルドロックを備えているなど、安全性にも配慮しています。

ダイキン(DAIKIN) 遠赤外線暖房機 セラムヒート ERFT11YS

人感センサーを搭載している電気ストーブです。人の不在を検知すると、15分後に自動停止するのが特徴。消し忘れを防いで安全に使やすいほか、節電にも効果を発揮するおすすめモデルです。あたたかさをキープしたまま約15%節電できる「リズムモード」も搭載しています。

温度センサーにより、あたためすぎを防止できるのもポイント。エアコンと併用して節電したい方にもぴったりです。縦向きと横向きの両方で使えるのも便利。設置場所やシーンにあわせて使い分け可能です。

3mのロングコード付属で、コンセントまで距離があっても安心。電源コードを巻き付けてすっきり収納できるコードフックを設けています。

電気ストーブのおすすめ|小型・コンパクト

山善(YAMAZEN) セラミックヒーター DSF-VN121

足元を温風であたためられる、コンパクトなセラミックファンヒーターです。2秒で立ち上がる速暖性で、寒いときにすばやくあたためたい場面でおすすめの電気ストーブ。風量を利用シーンにあわせて2段階で切り替えできます。

人感センサー搭載で人を感知して運転するのが特徴。消し忘れを防ぎ、無駄な消費電力を抑えて節電に役立ちます。設定温度に応じて温度をコントロールする温度センサーしており、手間なく快適な温度をキープできるのも魅力です。

山善(YAMAZEN) あしもとあったか 電気ストーブ DS-F041

幅33×奥行16.5×高さ19.5cmの小型電気ストーブです。デスクやテーブル下に設置して、足元をピンポイントであたためたいシーンにおすすめ。電源のオン・オフのみのシンプルな操作性で使い方も簡単です。重さ約1.1kgの軽量設計により、楽に持ち運べます。

レトロな雰囲気も印象的。トイレや脱衣所など限られたスペースの補助暖房としても適しています。買い求めやすい低価格も魅力です。

パナソニック(Panasonic) セラミックファンヒーター DS-FTS1201

縦向きと横向きのどちらでも使えるセラミックファンヒーターです。置くスペースの狭い限られた場所に設置したい方におすすめの電気ストーブ。人の動きにあわせて温風をオンオフにする「ひとセンサー」を搭載しています。無駄な省電力を抑えて節電できるのも魅力です。

本体に取っ手を設けて持ち運びも簡単。最大3時間の切タイマーを備えており、切り忘れを防げます。「二重安全転倒OFFスイッチ」を搭載した、安全性の高さにも注目です。

ドウシシャ(DOSHISHA) パーソナル セラミックヒーター ピエリア

レトロでかわいらしいデザインが特徴のセラミックファンヒーターです。超コンパクトな電気ストーブで、デスクやテーブル下に設置したい場合におすすめ。インテリアの雰囲気や好みにあわせて2種類のカラーから選択できます。

人が近付くと自動で運転を開始する、人感センサーを搭載しているのも便利。活性炭フィルターを備えており、気になるニオイを抑える効果が期待できるのもポイントです。切タイマーのほか、12時間で電源を切る自動電源オフ機能も搭載しています。

テクノス(TEKNOS) モバイルセラミックヒーター TS-320

最小クラスのコンパクトサイズが特徴のセラミックヒーターです。パーソナル暖房として、足元に置いてあたためたいときにおすすめの電気ストーブ。セラミックヒーターにより、足元に近付けても安心です。

消費電力300Wで1時間あたりの電気代の目安約8.1円と、ランニングコストを抑えられるのもポイント。転倒オフスイッチを搭載しており、万一倒しても電源がオフになる仕様で安全に配慮しながら使えます。

トフィー(Toffy) コンパクトセラミックファンヒーター TF-HTR01N

コンパクトかつかわいらしいデザインが印象的なセラミックファンヒーターです。スイッチを入れるとすぐ立ち上がる優れた速暖性が特徴。起床時や帰宅時など、すばやくあたたまりたいシーンで活躍するおすすめの電気ストーブです。

人感センサーを搭載し、人の動きを感知して自動で電源のオン・オフを切り替えるのもポイント。玄関やトイレなどで短時間使用したい場面で重宝します。6時間で自動停止する消し忘れ防止タイマーを備えているなど、節電にも適した1台です。

AND・DECO タワー型 カーボンヒーター hj002

スリムボディを採用している電気ストーブです。タワー型デザインで、限られたスペースに設置しやすいモデルを探している方におすすめ。キッチンや脱衣所など、ピンポイントの暖房としても適しています。

発熱開始まで約3秒の立ち上がりの早いカーボンヒーターを搭載し、すばやくあたためたいときに活躍。遠赤外線の効果により、体の芯からあたためます。回すだけの簡単操作とわかりやすい表示部で、直感的に使えるのも魅力です。

番外編:電気ストーブで部屋全体を暖めるには

By: toyotomi.jp

電気ストーブは手軽に使えて空気を汚さないなど多くのメリットがある一方、部屋全体をあたためるのに適していない場合があります。足元だけでなく広い範囲をあたためたいなら、エアコンやサーキュレーターと併用するのがおすすめ。風で空気を循環させて、部屋全体をあたためるのに役立ちます。

ストーブを使う際にファンヒーターと併用するのも方法のひとつ。温風と足元をあたためるスポット暖房により、部屋全体をあたためる効果が期待できます。また、加湿器を同時に使用して体感温度を上昇させる方法もあるので、試してみてください。

電気ストーブの売れ筋ランキングをチェック

電気ストーブのランキングをチェックしたい方はこちら。