寒い時期に、手軽にすばやく身体を暖めてくれる電気ストーブ。暖房方式の違いによってさまざまな種類があるため、設置場所や使用目的に合わない電気ストーブを選んでしまうと、なかなか暖まらないばかりか、電気代がかさむといったことになりかねません。

そこで本記事では、電気ストーブの種類や選び方を解説します。おすすめのメーカーと人気のモデルもご紹介するので、電気ストーブ選びのご参考にしてください。

電気ストーブの種類

ニクロム線電気ストーブ

By: amazon.co.jp

古くからあるスタンダードな電気ストーブです。石英管の中のニクロム線に電気が通ることで「輻射熱」(ふくしゃねつ)を発して暖めます。出力としては1000W以内のモデルが主流。安価な製品が多いので、導入コストを抑えることが可能です。

ただし、暖房能力は低く、暖まるまでに時間がかかる点がデメリット。部屋全体を暖めるといった用途には向いていないため、近くに置いて足元を暖めるといったスポット的に使用する電気ストーブと言えます。

カーボンヒーター

By: amazon.co.jp

ガラス管の中の炭素繊維が熱せられることにより、遠赤外線を発生させる電気ストーブです。遠赤外線は直進性が高いので、部屋を暖めるのではなく、直接身体に向けて使用するといった使い方が適しています。

比較的少ない電力でも暖房効果が得られるのが特徴。価格がリーズナブルで、商品ラインナップも豊富です。

カーボンヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

パネルヒーター

By: amazon.co.jp

パネルの中の電熱線が電気で暖められて輻射熱を発するタイプの電気ストーブです。パネルの表面温度が60℃ほどなので、身体がパネルに直接触れてもヤケドしにくいのがメリット。また、ファンがないのでホコリが立たないのも特徴です。

子供がいる部屋、あるいは脱衣所などで使いやすい電気ストーブ。表面にガラスパネルを使用したデザイン性の高いモデルもラインナップしています。

パネルヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

シーズヒーター

By: amazon.co.jp

セラミックコーティングを施した金属管にニクロム線を密閉した電気ストーブ。セラミックを使用しているので、遠赤外線放出量が多いのが特徴です。そのため、カーボンヒーターなどに比べて暖房能力が高いのがメリット。ただし、暖まるまで時間がかかりやすいのが短所です。

ガラス管や石英管ではなく金属パイプを使用しているので、水や衝撃に強いのもポイント。耐久性が高い電気ストーブです。

シーズヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

グラファイトヒーター

By: amazon.co.jp

発熱体に黒鉛を使用して遠赤外線を発生させるタイプの電気ストーブです。カーボンヒーターの上位モデルに位置づけられています。一番のポイントは速暖性が優れているところ。立ち上がり時間1秒以内というモデルもラインナップしています。また、遠赤外線放出量がカーボンヒーターより多く、暖房能力が高いのがメリットです。

他タイプに比べると比較的高価。センサーがカーテンなどの障害物を感知すると自動停止するなど、高機能なモデルが多いのが特徴です。

グラファイトヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

電気ストーブの選び方

設置する場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

電気ストーブの暖房能力はワット数で表されるのが一般的です。リビングなど広い場所で使用する場合は最大出力が大きいモデルを選ぶと安心。電気ストーブの種類としては、暖房能力の高いグラファイトヒーターやシーズヒーターがおすすめです。

脱衣所やトイレといった狭い場所、あるいはデスク作業の際に足元を暖めるといった用途の場合は、ニクロム線電気ストーブやカーボンヒーターなどのリーズナブルなモノだと導入コストが安く済みます。また、安全性を重視する場合は、表面温度が低めで、身体に触れてもヤケドになりにくいパネルヒーターがおすすめです。タオルや衣類がストーブの上に落ちた場合でも、燃えにくいというメリットもあります。

温度調整機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

電気ストーブは石油ストーブやエアコンと比べて、ランニングコストがかかりやすいのがデメリット。そのため、こまめに温度調整できるモデルを選ぶと電力料金を抑えられるのでおすすめです。特に、気温変化が大きい場所に設置する、あるいは他の暖房器具と併用する場合は温度調整機能をチェックしておくとよいでしょう。

小電力のニクロム線電気ストーブの温度調整機能は2段階程度ですが、他タイプの電気ストーブでは5段階以上調整できるモデルがラインナップ。中には10段階調整できるモノもあります。

便利機能で選ぶ

電気ストーブの代表的な便利機能は首振り機能です。家族など大勢の人に熱が行き渡るのがメリット。首振りの他に、ヒーター自体を縦横に可動できるモデルもラインナップされています。一人で使う時は縦置きにすると、頭から足元まで暖められます。横置きにすれば、多くの人を同時に暖められるのがポイント。また、ヒーターの角度を上方向に変えられるモノも登場しています。

さらに、人感センサーも省エネにつながる便利な機能。センサーが人を感知すると自動で電源が入り、人が離れると電源がオフになる機能です。電源を手動でオンオフする必要がないので、手間を掛けずに電力を節約できます。

その他には、安全機能もチェックしておくとよいでしょう。多くの電気ストーブには転倒時に電源がオフとなる機能が搭載されています。また、上位モデルの中にはWi-Fi機能を搭載したモデルもラインナップ。外出先から電源のオンオフが可能です。

電気ストーブの電気代

By: amazon.co.jp

灯油を購入したり補給する手間がかかったりする石油ストーブに比べ、手軽で安全性も高い電気ストーブですが、電気料がかかりやすいのがデメリット。利便性や安全性、そしてランニングコストをトータルに検討することが必要と言えます。

電気料金は契約している電力プランによって料金単価が異なりますが、電気ストーブの電力料金を試算する時は、1kWhあたり27円として計算することが一般的です。

小電力のニクロム線電気ストーブで多い400Wストーブを1日5時間使用すると、27円×0.4×5で54円。30日間では1620円です。真冬の3ヶ月90日間では4860円となります。大電力型ストーブで多い1200Wモデルの場合は料金が3倍となり、1ヶ月30日間で4860円です。

電気ストーブのおすすめメーカー

テクノス(TEKNOS)

By: amazon.co.jp

テクノスの前身は1975年創業。当初は家電製品の販売会社としてスタートしましたが、メーカー主導の製品作りから脱却し、顧客ニーズに応えた製品を作るという目的で1980年に家電メーカーとしてテクノスを立ち上げました。

現在は扇風機やヒーターといった季節家電、電磁調理器などの生活家電を中心に生産販売しています。開発コンセプトは「シンプル イズ ベスト」。電気ストーブはカーボンヒーターやシーズヒーターそしてパネルヒーターなど、多彩な種類のモデルをリリースしています。

コロナ(CORONA)

By: amazon.co.jp

コロナは1937年、石油ストーブ製造会社として設立されました。その後、石油ストーブをはじめ、給湯器などエネルギー関連の大手メーカーとして活動。2001年に世界で初めて自然冷媒ヒートポンプ式給湯機を販売するなど、近年は省エネ型暖房の開発製造において定評がある企業です。電気ストーブでは、2008年から販売を始めた遠赤外線電気暖房機「コアヒート」が人気の製品です。

ダイキン(DAIKIN)

By: amazon.co.jp

ダイキンは、150ヶ国以上にグローバル展開している世界トップクラスの空調メーカーです。空気中から熱を集めるヒートポンプ、そして熱を効率的に運ぶ冷媒コントロール技術などで高い技術力を誇っています。ビル用をはじめ、住宅用空調設備の他、ルームエアコンや空気清浄機のラインナップが豊富。電気ストーブでは遠赤外線を使用したセラムヒートが人気です。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

1947年創業の山善は、1967年にアメリカに現地法人を設立するなど、海外展開に積極的なメーカー。現在は消費財関連ビジネスと生産財関連ビジネスの2つの柱で事業を展開しています。

消費財関連ビジネスは、家電品やインテリアそしてキッチン用品などをはじめ、さまざまな生活用品が豊富です。コンセプトは「アイデアと値ごろ感」。リーズナブルな製品が多いのが特徴です。暖房器具では、消臭や加湿などプラスアルファの機能を付加したヒーターがラインナップしています。

電気ストーブのおすすめ|ニクロム線電気ストーブ

山善(YAMAZEN) 電気ストーブ 400W DS-F041

実勢価格2千円台という価格が魅力の電気ストーブです。400W石英管1灯を使ったシンプルさが特徴。暖房能力は低いため、足元を暖めるような使い方が適しています。

サイズは高さ195×幅330×奥行き165mm。幅に比べて高さが抑えられ、側面が三角形なので、転倒しにくいのがポイントです。さらに転倒時オフスイッチも搭載。1.1kgと軽いので設置場所の移動も簡単。トイレや脱衣所用のリーズナブルな暖房器具としておすすめです。

電気ストーブのおすすめ|カーボンヒーター

コロナ(CORONA) カーボンヒーター DH-C918

コロナのスリムカーボンシリーズの2018年最新モデルです。出力は350〜900W。一番のポイントは、10段階で出力調整ができることです。設置場所や用途、気温に応じてきめ細かく調整できるので、温度管理の小回りが利く上に、省エネ性にも優れています。

また、首振り機能付きなので、広いエリアを効率的に暖めることも可能です。安全装置は、転倒オフスイッチや過熱防止装置を搭載しています。電源オフタイマーは1~3時間で設定可能。実勢価格1万円台の基本性能が高い電気ストーブです。

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKH-0971

遠赤効果で暖かさが持続する、コイズミのカーボンヒーターです。最大出力は900W。450Wと2段階で切り替え可能です。サイズは高さ825×幅285×奥行き285mm。高さの割には重量約2.4kgと軽量なのが特徴です。

3時間で自動オフになるタイマーと二重安全転倒スイッチを搭載。安全性も良好な電気ストーブです。

電気ストーブのおすすめ|パネルヒーター

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター 1500W Wi-Fiモデル MDHU15WIFI

デロンギのハイエンドモデルはWi-Fiに対応しているのが大きなポイントです。iOS9.0以降のiPhoneやiPadから遠隔操作ができます。

ストーブを消し忘れたかな、という時や、帰宅前に部屋を暖めておきたい時などに安心で便利な機能。iOSの音声操作機能Siriにも対応しているので、電源のオンオフや温度設定も簡単です。

出力は最大1500Wとパワフルですが、標準表面温度60℃とヤケドしにくい安全設計なのもメリット。自動温度調節機能では、5つの発熱モジュールを32通りの組み合わせで動作させ、きめ細かく温度を調整します。気温が変化しても、±0.5℃の範囲で温度をキープできるのが特徴です。

静音性は、人の呼吸音よりも静かで、耳では聞こえないほどの低ノイズ。リビングはもちろん、寝室で使用しても快適な電気ストーブです。

テクノス(TEKNOS) ガラスパネルヒーター 1000W GP-001

1000Wの大出力パネルヒーターとしては、6千円前後とリーズナブルなモデルです。出力は1000Wと500Wの2段階で調整できます。24時間タイマー機能と温度設定機能そして転倒OFFスイッチなど、便利で安全な機能も充実している、基本性能が高いパネルヒーターです。

サイズは高さ510×幅600×奥行き260mm。重量は7.1kgと重めですが、キャスター付きなので移動も簡単です。ガラス製でデザイン性も高いのが特徴。安価で見た目の良いパネルヒーターを探している方におすすめします。

電気ストーブのおすすめ|シーズヒーター

コロナ(CORONA) コアヒートファミリータイプ 1150W DH-1218R

ステンレスヒーター管にブラックセラミックコーティングを施した、コロナの人気シーズヒーター。遠赤外線が豊富に放出されるので、暖房能力が高いのがメリットです。最大出力は1150Wで、出力は11段階で調整可能。利用シーンに応じてきめ細かく設定すれば、電気料金も節約できます。

ヒーター面が縦横に回転可能。横向きにすると暖房幅が2倍になりワイドに暖められるのがポイントです。また、上方に最大32°、下方に5°まで角度調整可能。左右70°の自動首振り機能も搭載した、おすすめのシーズヒーターです。

ダイキン(DAIKIN) セラムヒート ERFT11VS−H

ダイキンセラムヒートの2018年最新モデルです。一番のポイントは人体に最も吸収されやすいとされる、3〜20ミクロンという波長域の遠赤外線を使用している点。熱の90%以上が身体に吸収されるので、身体の中から暖まるのが特徴です。遠赤外線の直進性が高いので、1.8m先まで暖かさが届きます。

首振り機能を搭載しているのもメリット。自動で左右70°に首振りして、広い範囲を暖めます。また、ヒーターも縦から横位置に回転可能。イスに座る時は縦、和室では横など、利用シーンに合わせて効率的に暖房できます。さらに、上方向に30°まで調整可能です。

出力は250〜1100Wまで調整できます。出力は100W単位でデジタル表示されるので、パワーがわかりやすいのもポイントです。人感センサーモードの他に、リズムモードや速暖モードなど、用途に応じてモードの切り替えが可能。チャイルドロックや消し忘れ防止6時間タイマーなどの安全機能も充実しています。

電気ストーブのおすすめ|グラファイトヒーター

アラジン(Aladdin) セーフティサポートヒーター CAH-2G10A

2灯のグラファイトヒーター部分を、電動で縦横にローテーションできるアラジンのハイエンドモデルです。縦位置にすれば、イスに座っていても足元まで暖められます。横にすれば、暖房幅は3倍。家族で使う時でも安心です。

セーフティサポートセンサー搭載で安全性を高めてあるのもポイント。カーテンなどの障害物がヒーターの前を遮ると、自動で電源が切れるため、不慮の事故を予防できる安心機能です。高性能チップを搭載しているので、従来モデルよりセンサー感度が向上しています。また、自動オフタイマーは30分ごとに最大8時間まで設定可能。チャイルドロックも備えた安全性の高い電気ストーブです。

最大出力は1000Wとハイパワー。300〜700Wの間で出力を切り替えられます。リビングなどで使う、安全性の高い電気ストーブを探している方におすすめのモデルです。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター CAH-G42GA

鳥カゴのような大型ガードが印象的な、アラジンの軽量コンパクトなグラファイトヒーター。サイズは高さ548×幅190×奥行き190mmで重量およそ1.6kgです。

出力は200Wと400Wの2段階切り替え。立上がり時間約0.2秒と短いので、すぐに暖められます。操作用ツマミは防滴仕様なので、キッチンで使用しても安心です。また、温度過昇防止装置と転倒時オフスイッチの安全装置も搭載しています。子供やペットがいる家庭でも安心な、おすすめのモデルです。

電気ストーブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電気ストーブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。