寒い時期に、手軽にすばやく身体をあたためてくれる「電気ストーブ」。暖房方式の違いによってさまざまな種類があるため、設置場所や使用目的に合わない電気ストーブを選んでしまうと、なかなかあたたまらないばかりか、電気代がかさむといったことになりかねません。

そこで今回は、電気ストーブのおすすめモデルをご紹介します。種類や選び方、おすすめのメーカーも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

電気ストーブの種類

カーボンヒーター

By: amazon.co.jp

ガラス管の中の炭素繊維が熱せられることにより、遠赤外線を発生させる電気ストーブです。遠赤外線は直進性が高いので、部屋をあたためるのではなく、直接身体に向けて使うのが最適です。

比較的少ない電力でも暖房効果が得られるのが特徴。価格がリーズナブルで、製品ラインナップも豊富です。

カーボンヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

グラファイトヒーター

By: amazon.co.jp

発熱体に黒鉛を使用して遠赤外線を発生させるタイプの電気ストーブです。カーボンヒーターの上位モデルに位置付けられています。一番のポイントは速暖性が優れているところ。また、遠赤外線放出量がカーボンヒーターより多く、暖房能力が高いのがメリットです。

立ち上がり時間1秒以内のモデルもラインナップしています。他タイプに比べると比較的高価ですが、センサーがカーテンなどの障害物を感知すると自動停止するなど、高機能なモデルが多いのが特徴です。

グラファイトヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

シーズヒーター

By: amazon.co.jp

セラミックコーティングを施した金属管にニクロム線を密閉した電気ストーブ。セラミックを使用しているので、遠赤外線放出量が多いのが特徴です。そのため、カーボンヒーターなどに比べて暖房能力が高いのがメリット。ただし、あたたまるまで時間がかかりやすいのが短所です。

ガラス管や石英管ではなく金属パイプを使用しているので、水や衝撃に強いのもポイント。耐久性が高い電気ストーブです。

シーズヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ハロゲンヒーター

By: rakuten.co.jp

ハロゲンランプを発熱体に使用している電気ストーブです。ハロゲンランプから放出される遠赤外線の輻射熱を直接当ててあたためます。

ハロゲンヒーターの特徴は、電源を入れてからあたたかくなるまでがスピーディーなところ。冬場の脱衣所やトイレ、キッチンの足元など、狭いスペースをピンポイントですぐあたためたいときにおすすめです。ただし、部屋全体をあたためるのには向いていないので注意しましょう。

ハロゲンヒーターは扇風機に似たデザインのモノが主流。ほかにも、場所をとらないタワー型や長方形などがあり、首振り運転機能付きのモノもあります。

ニクロム線電気ストーブ

By: amazon.co.jp

昔からあるスタンダードな電気ストーブです。石英管の中のニクロム線に電気が通ることで輻射熱を発してあたためます。出力は1000W以内のモデルが主流。安価な製品が多いので、導入コストを抑えることが可能です。

ただし、暖房能力は低く、あたたまるまでに時間がかかる点がデメリット。部屋全体をあたためる用途には向いていないため、近くに置いて足元をあたためるといったスポット的に使用する電気ストーブです。

パネルヒーター

By: amazon.co.jp

パネルの中の電熱線が電気であたためられて輻射熱を発するタイプの電気ストーブです。パネルの表面温度が60℃ほどなので、身体がパネルに直接触れてもやけどしにくいのがメリット。また、ファンがないのでホコリが立たないのも特徴です。

子供がいる部屋、あるいは脱衣所などで使いやすい電気ストーブ。表面にガラスパネルを使用したデザイン性の高いモデルもラインナップしています。

パネルヒーターについてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

電気ストーブの選び方

設置する場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

電気ストーブの暖房能力はワット数で表されるのが一般的です。リビングなど広い場所で使用する場合は、最大出力が大きいモデルを選ぶと安心。グラファイトヒーターやシーズヒーターは、暖房能力が高いのでおすすめです。

脱衣所やトイレといった狭い場所、あるいはデスク作業の際に足元をあたためるといった用途の場合は、ニクロム線電気ストーブやカーボンヒーターなどのリーズナブルなモノだと導入コストが安く済みます。

また、安全性を重視する場合は、表面温度が低めで、身体に触れてもやけどになりにくいパネルヒーターがおすすめです。タオルや衣類がストーブの上に落ちても、燃えにくいというメリットもあります。

温度調節機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

電気ストーブは石油ストーブやエアコンと比べて、ランニングコストがかかりやすいのがデメリット。そのため、こまめに温度調節できるモデルを選ぶと電気料金を抑えられるのでおすすめです。特に、気温変化が大きい場所に設置する場合や、ほかの暖房器具と併用する場合は温度調節機能をチェックしておきましょう。

小電力のニクロム線電気ストーブの温度調節機能は2段階程度ですが、他タイプの電気ストーブでは5段階以上調節できるモデルがラインナップ。なかには10段階調節できるモノもあります。

便利機能で選ぶ

電気ストーブの代表的な便利機能は首振り機能です。複数人に熱が行き渡るのがメリット。首振りのほかに、ヒーター自体を縦横に置き方を変えられるモデルもラインナップされています。1人で使うときは縦置きにすると頭から足元まであたためられ、横置きにすれば、多くの人を同時にあたためられるのがポイント。また、ヒーターの角度を上方向に変えられるモノも登場しています。

さらに、人感センサーも省エネにつながる便利な機能。センサーが人を感知すると自動で電源が入り、人が離れると電源がオフになる機能です。電源を手動でオンオフする必要がないので、手間をかけずに電力を節約できます。

そのほか、安全機能もチェックしておくのがおすすめ。多くの電気ストーブには、転倒時に電源がオフとなる機能が搭載されています。

電気ストーブの電気代

By: amazon.co.jp

灯油を購入したり補給したりと手間がかかる石油ストーブに比べ、手軽で安全性も高い電気ストーブですが、電気料金がかかりやすいのがデメリット。利便性や安全性、そしてランニングコストをトータルに検討する必要があります。

電気料金は契約している電力プランによって料金単価が異なりますが、電気ストーブの電気料金を試算するときは、1kWhあたり27円として計算することが一般的です。

小電力のニクロム線電気ストーブで多い400Wストーブを1日5時間使用すると、おおよその電気料金は27円×0.4×5で54円、30日間では1620円です。大電力型ストーブで多い1200Wモデルの場合は料金が3倍となり、1ヵ月30日間で4860円ほどになります。

電気ストーブのおすすめメーカー

アラジン(Aladdin)

By: amazon.co.jp

アラジンは、1930年代初頭に誕生した英国のストーブブランドです。ストーブ前面にあるのぞき窓から見える「ブルーフレーム(青い炎)」が特徴的で、世界中で愛されています。

日本では1957年に株式会社ヤナセがアラジンストーブの輸入を開始。どっしりとした重厚感のあるレトロなデザインは、現在も人気があります。

2000年代に入ってからは、ブルーフレームストーブの研究で培ってきた暖房技術を活用し、多種多様な暖房器具を開発。パネルヒーター・石油ファンヒーター・遠赤シーズヒーターなどを展開しています。

トヨトミ(TOYOTOMI)

By: amazon.co.jp

1949年に設立されたトヨトミは、愛知県名古屋市に本社を置く、暖房器具や空調機器のメーカーです。社名の由来は創業者が「豊田に臣下を尽くす」という意味を込めたことから名付けられました。

家庭用から業務用まで幅広いタイプの石油ストーブ製品があり、電気ストーブではパネルヒーターやカーボン&シーズのWヒーター、W遠赤ヒーターなどを展開しています。

コロナ(CORONA)

By: amazon.co.jp

コロナは1937年、石油ストーブ製造会社として設立されました。その後、石油ストーブをはじめ、給湯器などエネルギー関連の大手メーカーとして活動。2001年に世界で初めて自然冷媒ヒートポンプ式給湯機を販売するなど、省エネ型暖房の開発製造において定評がある企業です。

電気ストーブでは、2008年から販売を始めた遠赤外線電気暖房機「コアヒート」が人気の製品です。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

1947年創業の山善は、1967年にアメリカに現地法人を設立するなど、海外展開に積極的なメーカー。現在は消費財関連ビジネスと生産財関連ビジネスの2つの柱で事業を展開しています。

消費財関連ビジネスは、家電品やインテリアそしてキッチン用品などをはじめ、さまざまな生活用品が豊富です。コンセプトは「アイデアと値ごろ感」。リーズナブルな製品が多いのが特徴です。暖房器具では、消臭や加湿など+αの機能を付加したヒーターがラインナップしています。

電気ストーブのおすすめ|カーボンヒーター

トヨトミ(TOYOTOMI) カーボン&シーズヒーター EWH-CS100H

トヨトミ(TOYOTOMI) カーボン&シーズヒーター EWH-CS100H(W)

2種類のヒーターを搭載している点が特徴的なアイテム。電源を入れるとすぐにあたたかくなるカーボンヒーターと、陽だまりのようなあたたかさを保つシーズヒーターで、効率よく稼働します。出力は強1000Wと弱500Wの2段階切り替えが可能です。

さらに、首振り機能を搭載しているので、部屋全体をまんべんなくあたためられる点も魅力。首振りは自動と手動を選べ、好みの角度に調節できます。

山善(YAMAZEN) 遠赤外線カーボンヒーター DC-S098

山善(YAMAZEN) 遠赤外線カーボンヒーター DC-S098

スイッチを入れてからあたたかくなるまでが早い、速暖タイプのカーボンヒーターです。出力は900Wと450Wの2段階切り替え。横に広いワイドデザインで、自動首振り機能を使うことで広範囲をあたためられます。

安全機能として、転倒時に電源が切れる「転倒OFFスイッチ」を搭載。タイマー機能は搭載されていないので手動でオンオフする必要がありますが、上位モデルと比べて価格が安めに設定されています。キッチンや脱衣所など、スポットを素早くあたためたいときにおすすめの電気ストーブです。

コイズミ(KOIZUMI) カーボンヒーター KKH0961/W

コイズミ(KOIZUMI) カーボンヒーター KKH0961/W

わずか0.2秒で立ち上がる、コイズミのカーボンヒーター。帰宅後、かじかんだ手足をすぐにあたためたいときに重宝します。高さ82.5cmのタワータイプですが、幅や奥行はコンパクト。縦横29cm四方ほどのスペースがあれば、洗面所やキッチンなどの狭い空間にも置けます。

出力は900Wと450Wの2段階。15分タイマーのほか、3時間自動オフ機能を搭載しているので、万が一、消し忘れてしまった場合も安心です。

電気ストーブのおすすめ|グラファイトヒーター

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター AEH-GM902N-W

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター AEH-GM902N-W

見た目もスタイリッシュなアラジンのグラファイトヒーター。大きさ幅30×奥行30×高さ81cmとスリムな形状なので、脱衣所やトイレ、キッチンなどでの使用におすすめです。

自動首振り機能が付いているので、2人以上人がいる部屋や広めの部屋でも効率よくあたためられます。出力は900・450Wの2段階。また、転倒時は自動的に電源が切れるので安心です。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター CAH-G42GA

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター CAH-G42GA

アラジンらしいレトロな雰囲気がおしゃれなグラファイトヒーターです。スイッチを入れてわずか0.2秒であたたかくなるので、生活のなかのいろいろなシーンで便利に使えます。大きさは幅19×奥行19×高さ54.8cmと非常に小型なので、置き場所を選びません。

デザインのアクセントにもなっている大型ガードはおしゃれなだけでなく、安全面でも活躍します。万が一、布などがかぶさったときに発熱体までの距離をとることが可能です。また、防滴仕様なので、キッチンや脱衣所など水回りでの使用にもおすすめ。電源コードは2.3mと長いので、コンセントが遠い場合も安心です。

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKS-0683

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKS-0683

サクラクレパスの「クーピーペンシル」とコラボしたグラファイトヒーターです。先端が鉛筆型になっているのが特徴で、カラーもベージュ・レッド・ブルー・ブラックとラインナップが豊富。スリムデザインなので、置き場所を選ばないのもポイントです。

出力は、600Wと300Wの2段階に切り替えることが可能。本体が傾いたり、倒れたりすると通電が止まる「二重安全転倒スイッチ」を搭載しているので、小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使えます。かわいいうえに高性能なおすすめの電気ストーブです。

電気ストーブのおすすめ|シーズヒーター

コロナ(CORONA) 遠赤外線電気ストーブAH-12RA(SS)

コロナ(CORONA) 遠赤外線電気ストーブAH-12RA(SS)

コロナのシーズヒーターは遠赤外線のパワーで体を芯まであたためられるのが魅力。遠赤外線を放出するシーズヒーターに、独自の「高輻射ブラックセラミックコーティング」を施すことで、遠赤外線がより多く放出できる設計になっています。

左右70°の自動首振りができ、輻射部は縦と横に向きを変えることが可能。また、11段階の温度調節ダイヤルが付いています。使用シーンに合わせて効率よくあたためられるのも魅力です。

「切り忘れ防止タイマー」やチャイルドロックなどの安全仕様を採用しているほか、「省エネセンサー」や「ゆらぎ運転モード」といった電気代を抑える機能も搭載。水がかかっても破損しにくいので、キッチンや洗面所での使用にもおすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) シーズヒーター KSS-0891/S

コイズミ(KOIZUMI) シーズヒーター KSS-0891/S

縦横約31cm四方のスペースに設置できる、コンパクトなシーズヒーター。高さが83cmあり、首振り機能も付いているので、広い範囲にあたたかさを届けられます。

小型ストーブながら安全機能もしっかり搭載。1・2・3時間後のオフタイマースイッチが付いているほか、5時間後に自動停止する機能も搭載しているので、電源の切り忘れ防止に役立ちます。また、転倒時は自動的に電源がオフし、倒れた状態では電源が入らない設計になっているので安心です。

電気ストーブのおすすめ|ハロゲンヒーター

テクノス(TEKNOS) スリムハロゲンヒーター PH-307

テクノス(TEKNOS) スリムハロゲンヒーター PH-307

大きさは幅19×奥行19cmの省スペースに置ける、スリムなハロゲンヒーターです。狭いトイレや脱衣所などにも設置可能。高さは48.5cmあるので、腰かけた状態であれば下半身全体にしっかりあたたかさが伝わります。

電源を入れるとわずか1秒であたたかくなるところが魅力。帰宅してすぐに手足をあたためたいときに助かります。タワーの上部に大きめの電源スイッチが1つだけ付いているので、誰でも操作しやすい仕様です。

「転倒OFFスイッチ」を搭載していることもポイント。安心して使えるおすすめアイテムです。

ハモサ(HERMOSA) レトロヒーターRH-003

ハモサ(HERMOSA) レトロヒーターRH-003WAL

おしゃれなインテリアにぴったりのハロゲンヒーター。前面のダイヤルを回せば、800Wと400Wに切り替え可能。また、がっしりとした脚部分は滑り止め付きです。万が一のために、「転倒時電源OFF機能」を搭載しています。

サイズは幅4.21×奥行17.1cmとコンパクトなうえに、上部に持ち手が付いているので、持ち運びも簡単。デスクの下やキッチンの足元など、すぐにあたためたい場所で便利に使えます。

レトロな雰囲気がかわいいデザインで人気があります。あたたかみのあるウォルナットと、懐かしさを感じさせるサックスグレーの2色展開です。

電気ストーブのおすすめ|ニクロム線電気ストーブ

山善(YAMAZEN) あしもとあったか電気ストーブ DS-F041

山善(YAMAZEN) あしもとあったか電気ストーブ DS-F041(W)

ころんとしたデザインがかわいらしい電気ストーブです。サイズは奥行16.5×高さ19.5cmと非常に小さいのが特徴。デスクやテーブルなどの下にも置きやすいので、足元をあたためるのに最適なストーブです。

側面から見ると、丸みのある三角形のフォルムで安定感があります。「転倒防止OFFスイッチ」が付いているのもポイントです。暖房の強さは400Wしか選べませんが、足元をピンポイントであたためるだけなので十分。一人暮らしの部屋や子供部屋などにもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ストーブ EHT-800W

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ストーブ EHT-800W

重さわずか1.7kgと、各部屋に移動させて使う際におすすめのアイテムです。背面に大きめの取っ手が付いているので、スムーズに持ち運びできます。上部のダイヤルを回すだけで、強・弱・切を切り替え可能。簡単なので迷うことなく操作できます。

本体の奥行は14cmとスリム。幅も30cmしかないので、狭いトイレや洗面所、キッチンなどの限られたスペースにも無理なく置けます。転倒時は自動的に電源が切れるので安心です。

コイズミ(KOIZUMI) 電気ストーブ KEH-0990/H

コイズミ(KOIZUMI) 電気ストーブ KEH-0990/H

あたたかさを3段階切り替えできる、コイズミのニクロム線電気ストーブ。960・640・320Wで切り替えられます。

本体の左上部にある吹出口から水を入れると、スチーム機能を使うことが可能。冬場は室内の空気が乾燥しやすいため、スチーム機能で適度な潤いをプラスできます。タンク容量は360mlです。

スチーム用のタンクが付いていながら、サイズは幅35×奥行19×高さ40cmとコンパクト。どんなインテリアにも合わせやすいシンプルなデザインも魅力です。また、転倒時にスイッチが切れる安全機能も搭載。家中のさまざまな場所で便利に使えます。

電気ストーブのおすすめ|パネルヒーター

トヨトミ(TOYOTOMI) 赤外線 電気パネルヒーター EPH-123F(W)

トヨトミ(TOYOTOMI) 赤外線 電気パネルヒーター EPH-123F(W)

電源を入れるとすぐにあたたかくなる人気のパネルヒーター。狭い範囲をあたためるときはそのままで、より広範囲をあたためたいときはパネルを左右に広げて2面使用することが可能です。パネルは最大150°まで広げられます。

パネルを閉じて使用するときは外側が熱くなりにくいので、小さな子供やペットのいる家庭でも安心です。出力は4段階コントロールでき、パネルの片側だけをあたためるエコモードも搭載。そのほか「転倒スイッチ」や「過熱防止装置」なども付いています。

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDH09

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDH09

「第3のヒーター」とも呼ばれている、デロンギのパネルヒーターです。スイッチを入れると急速に部屋全体をあたためる「スピード暖房機能」を搭載。輻射熱と自然熱対流によって部屋全体を効率よくあたためられます。

デロンギの革新的な新技術「オートアダプティブテクノロジー」を駆使しているのも特徴。±0.5℃の精度で温度をコントロールできます。また、5段階の消費電力のなかから、自動的に最適な出力を選び稼働。あたためすぎることもないので電気代の節約にも役立ちます。

他製品と比べると高価ですが、高い機能性と、白と黒のコントラストをきかせたスタイリッシュなデザインで人気です。

デロンギ(DeLonghi) パネルヒーター HMP1200J-WH

デロンギ(DeLonghi) パネルヒーター HMP1200J-WH

デロンギのパネルヒーターは、シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力。電源を入れるとすぐにあたたかくなる「マイカパネルヒーター」を採用しています。

幅79×奥行26.5×高さ56.5cmほどとサイズは大きめですが、3~8畳の範囲に対応。持ち手のほか、キャスターも付いているので、部屋から部屋への移動も簡単です。出力は1200Wと600Wの2種類。「サーモスタット機能」を使うと、あたためすぎを防げます。

電気ストーブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電気ストーブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。