遠赤外線によって体の芯からあたたまりやすい「カーボンヒーター」。熱効率の高さから月々の電気代を抑えられるのが魅力で、空気を汚さずに対象物をあたためられる暖房器具です。

ひと口にカーボンヒーターといっても、機能性の高いモノからおしゃれなデザインのモノまで種類はさまざま。そこで、今回はおすすめの人気製品をランキング形式でご紹介します。

カーボンヒーターとは?

By: three-up.co.jp

カーボンヒーターは電気ストーブの種類のひとつです。カーボンという名の通り、熱を発する発熱体に「炭素繊維」が使われているのが特徴。遠赤外線の効果によって、効率よくあたためます。

エアコンや石油ストーブのように部屋全体をまんべんなくあたためるのは苦手ですが、寝室やキッチン、脱衣所といった狭いスポットをあたためるのが得意。無駄なく効率的にあたためたい方に、おすすめの暖房器具です。

カーボンヒーターの特徴

暖まりやすい

カーボンヒーターとよく比較されるのが「ハロゲンヒーター」。カーボンヒーターもハロゲンヒーターも同じ遠赤外線の熱で体をあたためますが、カーボンの方が熱効率に優れています。

エアコンは部屋全体の温度を上げるのに対して、カーボンヒーターは対象を直接あたためるのが特徴。範囲は狭いですが、その分速暖性に優れているのが魅力です。家に帰ってきてすぐ暖を取りたいときなどに適しています。

換気をする必要がない

灯油を使うタイプの暖房器具だと一酸化中毒の危険があるため、定期的に換気が必要です。しかし、カーボンヒーターは燃料を燃やしてあたためるタイプではなく、換気の必要がないのが特徴。安全性に優れており、子供や高齢者用の暖房器具としても適しています。

乾燥が少ない

気温が上昇すると空気中に存在できる水蒸気の量が増え、相対的に湿度が下がるので、エアコンであたためると部屋が乾燥します。しかし、カーボンヒーターの場合、部屋全体の温度は上げずに対象をあたためるため湿度自体はほとんど下がりにくいのが特徴。そのため、秋や冬に喉をよく痛めてしまう方などにもおすすめです。

カーボンヒーターの選び方

場所で決める

By: amazon.co.jp

キッチンや脱衣所など、比較的狭いところならば300W程度の製品でも十分。デザイン的には縦置きタイプと横置きタイプがあり、一人暮らしでの使用であればコンパクトに収納できる横置きタイプがおすすめです。

リビングのような広い部屋で使いたい場合は、900~1000Wの出力が必要です。また、首振り機能などが付いていれば、広い範囲をあたためられるのでより便利に使えます。使う場所に応じてカーボンヒーターのタイプも変わるため、しっかりとチェックしておきましょう。

サイズで決める

By: amazon.co.jp

カーボンヒーターのサイズは、自分がどの部分をあたためたいかで選ぶようにしましょう。必要以上に大きなサイズのヒーターを使うと、熱くなりすぎて作業に集中できない場合もあります。

なかには、足元をだけをあたためられる製品もラインナップ。取り回しやすく便利なので、局所的に暖を取りたい方はぜひチェックしてみてください。

ランニングコストで決める

暖房器具で気になるのがランニングコスト。本体を購入したあとは、石油ストーブであれば燃料代が、電気ストーブであれば電気代が発生します。カーボンヒーターを購入する際は、ワット調節機能が搭載されているか要チェック。ワット数を下げられるモノであれば、電気代を安く抑えることが可能です。

また、低いワット数にすることで、ブレーカーが落ちにくいというメリットもあります。特に電化製品を並行して使うことが多い方は、ワット調節機能があると安心です。

機能で決める

By: idea-onlineshop.jp

カーボンヒーターには、さまざまな機能が搭載されています。あると便利なのが「タイマー機能」。寝る前にセットしておけば、就寝後に自動で電源がオフになるため安心です。

また、家族で使うときに便利なのが「首振り機能」。広範囲をあたためられるので、複数で使いたい場合などに便利です。

デザインで決める

By: rakuten.co.jp

カーボンヒーターにはさまざまなタイプの製品がラインナップされています。基本的にシーズン中は部屋に出しっぱなしになるので、部屋のインテリアにマッチするモノかどうかもしっかりとチェックしておきましょう。

なかには、縦型のスリムでおしゃれなモノもラインナップされています。形状はもちろん、カラーリングや素材なども考慮して選んでみてください。

カーボンヒーターのおすすめメーカー

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

山善は、1947年の創立後、産業用から家庭用まで幅広く工具や電化製品のモノづくりに力を入れています。同じ種類の家電製品でも、機能やデザインの異なる豊富なラインナップを展開し、好みの製品を見つけやすいメーカーです。

カーボンヒーターも豊富にラインナップ。外観はシンプルなモノが多いですが、機能面は製品によって多種多様です。リーズナブルな製品が多いので、コストパフォーマンス重視の方はぜひチェックしてみてください。

ブルーノ(BRUNO)

By: idea-onlineshop.jp

ブルーノは、株式会社イデアインターナショナルが展開するライフスタイルブランドです。おしゃれだけでなく、機能性も高い家電や、インテリアとしても楽しめる生活雑貨などを豊富に展開しています。 

カーボンヒーターもレトロ感のあるおしゃれなモデルをラインナップ。インテリア性を重視する方や、プレゼント用にぴったりなカーボンヒーターを探している方にもおすすめです。

カーボンヒーターのおすすめランキング

第1位 山善(YAMAZEN) カーボンヒーター DCT-J063

約1.2kgと軽量で、好きな場所に持ち運びやすいカーボンヒーターです。背面には持ち上げるときに便利な取っ手が付いています。

また、サイズは幅25×奥行25×高さ62cmとスリムで、脱衣所やキッチンなど狭いスペースに置きやすいのもメリット。シンプルなデザインでほかのインテリアとも馴染みやすく、リビングなどにもおすすめです。

さらに、天面に搭載されたダイヤル式のスイッチでオンとオフを切り替えるだけなので、操作も簡単。使い勝手に優れたモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第2位 コロナ(CORONA) スリムカーボン DH-C919

「オート運転」機能を搭載し、パワー設定に関係なく立ち上がりが早いカーボンヒーターです。350〜900Wまで10段階に設定できるワット調節機能を搭載。例えば、350W設定でもヒーターがあたたまるまでパワフルに稼働し、その後は自動的に設定パワーで運転します。

また、比較的広角な約70°の自動左右首振り機能を備えているのもポイント。さらに、暖房時間を管理しやすい1・2・3時間後の切タイマーと、付けっぱなしを予防できる「切り忘れ防止6時間タイマー」も便利です。

安心のチャイルドロックを備えているのも特徴のひとつ。子供のいたずらによる誤操作も予防できるおすすめのモデルです。

第3位 テクノス(TECHNOS) カーボンヒーター CHM-4531

低価格ながら、900Wのハイパワーと遠赤外線効果であたためるカーボンヒーター。暖房エリアを広げられる自動首振り機能も付いており、家族がリビングに集まったときなどにも活躍します。

ガードと反射板は取り外せるため、しっかりとお手入れできるのもメリット。ホコリなどが溜まりやすい場所でも、定期的にホコリを取り除けるおすすめのモデルです。

第4位 クレスター(Chrester) 遠赤外線 防水ラウンドヒーター HEAT-J-069B

IPX3程度の防水仕様で、水がかかりやすい脱衣所やキッチンでも使いやすいカーボンヒーターです。コンセントの届く範囲なら、庭やガレージなどでも暖を取れます。

最大約600Wとパワーは平均的ですが、ヒーター周囲の反射板と遠赤外線効果により高い暖房効果を実現。屋外なら半径約1m、屋内なら約6〜8畳まで対応できます。

また、120°と360°の角度を選べる自動左右首振り機能を備えているのもポイント。複数で使いたい場合も適しています。

さらに、安全性が高いのも魅力。転倒時の自動OFF機能に加え、防護網には特殊植毛加工が施されています。地震時の火事や、手が触れた際の火傷を予防可能です。

第5位 ブルーノ(BRUNO) カーボンヒーターNostalStovewide BOE077

レトロかつおしゃれなデザインで、プレゼントとしてもぴったりなカーボンヒーター。サイズが幅21.4×高さ61.4×奥行21.4cmとスリムなため、一人暮らしのワンルームでも省スペースで設置できます。さらに、静音設計なので、音が気になりやすいリビングや書斎にもおすすめです。

機能面も充実しており、パワーを500〜1000Wまで無段階に調節可能。寒さに合わせて好みの温度で暖を取れます。また、左右の自動首振り機能を使えば、カーボンヒーターの当たりすぎを予防できるうえ、より広い範囲をあたためることも可能です。

電気代を抑えたい場合に有効な1・2・4時間後のOFFタイマーも搭載。付けっぱなしによる電力の使い過ぎを予防できます。8時間後の自動停止機能も付いているため、万が一切り忘れても安心です。

第6位 山善(YAMAZEN) ツインヒートプラス DBC-J122

カーボンヒーターとシーズヒーターを組み合わせることにより、より効率的に周囲をあたためられるカーボンヒーターです。速暖性の高いカーボンヒーターを中央に1本、遠赤外線をより多く放射するシーズヒーターを左右に2本搭載。2種類のヒーターを同時に通電すれば、冷えた身体もすばやくあたためられます。

また、便利な自動首振り機能を搭載しているのもポイント。広範囲に熱を届けることも可能です。さらに、300W設定なら、1時間あたりの電気代が約8円と経済的に運転できます。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

第7位 コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKH-0961

お手頃価格ながら、速暖性と安全性が高いカーボンヒーター。帰宅後などすばやく暖を取りたい場合は900W、電気代を抑えて運転したい場合は450Wと用途に合わせてパワーを調節できるのもメリットです。

3時間後の自動オフ機能を搭載しており、切り忘れによる火事の発生を予防できるのもポイント。また、地震などで本体が傾いたり倒れたりした場合に自動的に運転を停止する「二重安全転倒スイッチ」も付いているので安心です。

第8位 アピックス(APIX) 2WAYカーボンヒーター ACH-668

低価格ながら、縦向きでも横向きでも使える2WAYカーボンヒーター。サイズは幅46.9×奥行17.9×高さ19.8cmとコンパクトなため、スペースが狭い場所でも設置しやすいのが特徴です。また、約1.65kgと軽量で、好きな場所へ持ち運んで使用できます。

インテリアと馴染みのよいシンプルなデザインと、レトロな色合いも人気。どんな部屋にも合わせやすいので、一人暮らしのワンルームにもおすすめのカーボンヒーターです。

さらに、最大180分のオフタイマーを搭載し、付けっぱなしや切り忘れを予防できるため安心。パワーも200・400Wで切り替え可能です。400Wでも1時間にかかる電気代が約10.8円と安く、経済的に使えます。

第9位 プラスマイナスゼロ(±0) 1000W カーボンヒーター XHS-Y410

高さ60.4×幅21.3×奥行21.3cmとスリムでコンパクトながら、1000Wのハイパワーと遠赤外線効果でしっかり暖を取れるカーボンヒーター。左右首振り機能が備わっており、人が集まるリビングやダイニングルームにもおすすめです。

1・2・3時間後のOFFタイマーを搭載しており、切り忘れ対策もできるのもポイント。また、500・1000Wの2種類に調節できるワット調節機能を備えているのも魅力です。

第10位 テクノス(TECHNOS) テクノイオン搭載スリムカーボンヒーター CHI-308

「テクノイオン」を搭載し、暖を取りながら空気中の花粉やホコリを除去する効果も期待できるカーボンヒーターです。本体の下部に搭載されたテクノイオン発生器から、1ccあたり約300万個のマイナスイオンを放出。空気中に浮遊するプラス電荷の微粒子に吸着し、下へ落とすことで空気の清浄化を促進します。

また、300Wの省エネ運転なので、電気代を抑えられるのもおすすめポイント。さらに、ひかえめなパワーにも関わらず、速暖性が高いのも魅力。帰宅時などすぐに暖を取りたい方にも適しています。

幅19×奥行19×高さ48.5cmとスリムな形状で、場所を取らずに設置できるほか、省スペースで収納可能。背面にはコードフックが付いており、コードをすっきりまとめて収納できるのもメリットです。

第11位 トヨトミ(TOYOTOMI) 速暖遠赤外線カーボンヒーター EWH-CS100H

カーボンヒーターにシーズヒーターをプラスすることで、遠赤外線効果を高められるカーボンヒーター。1000W設定で運転すると、カーボンヒーターに加え、より多くの遠赤外線を放射するシーズヒーターも発熱します。冷えた身体を芯からあたためたい場合におすすめです。

また、500W設定に切り替えると、カーボンヒーターのみが発熱。長時間使用する場合などは、電気代を抑えて運転できます。さらに、自動左右首振り機能を搭載し、シーンに合わせてより広いエリアをあたためられるのもメリットです。

サイズは高さ66.5×幅29×奥行25cmとスリムなので、収納しやすいのもポイント。スタンド部は取り外しでき、包装箱を置いておけばよりコンパクトに片付けられます。

第12位 スリーアップ(three-up) レトロカーボンヒーター CLASSIC -70’s- RT-T1845

レトロな石油ストーブをモチーフにしたおしゃれなデザインが人気のカーボンヒーター。マットな質感に加えて落ち着きのある色合いで、ほかのインテリアと調和しやすいのが魅力です。

サイズは幅19×奥行20.5×高さ45cmとコンパクトなので、狭い場所にも設置できます。持ち手も付いており、持ち運んで使用したい方にもおすすめです。

また、300Wの省エネ運転が可能。しっかりと暖を取りたい場合は、600Wに切り替えられます。さらに、安全機能も充実。サーモスタットに加え、「転倒時自動オフスイッチ」も付いており、万が一の地震時も安心です。

第13位 ピアンテ(Piante) カーボンヒーター PCH-S300U

植物系繊維から作る炭素純度99%の植物系炭素発熱体「PCH」が発熱し、約3〜5秒とすばやくあたたかさを感じられるカーボンヒーターです。高い遠赤外線効果により、300Wと省エネながら350W以上のあたたかさを体感できます。より省エネな150Wに設定できるのもメリットです。

さらに、カーボンヒーターのなかでは珍しい半球のデザインもおしゃれ。サイズは幅26.5×奥行25.5×高さ39cmとコンパクトなため、デスクワーク時に足元をあたためたい方にもおすすめです。

第14位 シィーネット(C:NET ) ミニカーボンヒーター CECL601

サイズが幅18×奥行18×高さ53cmとコンパクトで、一人暮らしにもおすすめのカーボンヒーターです。小型なので省スペースで設置できるほか、収納スペースを圧迫せずに片付けられます。また、持ち上げに便利な取っ手が付いており、脱衣所やトイレなどへ持ち運んで使いたい方にもおすすめです。

転倒OFFスイッチやサーモスタットなど、安全機能も搭載。地震時などに本体が倒れても電源が自動的に切れるため、火事を予防できます。

さらに、約400Wと比較的省エネで、1時間あたりの電気代は約10.8円と経済的なのもメリット。本体の価格も安く手が届きやすいので、初めてカーボンヒーターを試してみたい方もチェックしてみてください。

カーボンヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

カーボンヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。