遠赤外線によって体の芯からあたたまりやすい「カーボンヒーター」。熱効率の高さから月々の電気代を抑えられるのが魅力で、空気を汚さずに対象物をあたためられる暖房器具です。

ひと口にカーボンヒーターといっても、機能性の高いモノからおしゃれなデザインのモノまで種類はさまざま。そこで今回は、おすすめの人気製品をランキング形式でご紹介します。

カーボンヒーターとは?

By: rakuten.co.jp

カーボンヒーターは電気ストーブの種類のひとつです。カーボンという名前の通り、熱を発する発熱体に「炭素繊維」が使われているのが特徴。遠赤外線の効果によって、効率よくあたためます。

エアコンや石油ストーブのように部屋全体をまんべんなくあたためるのは苦手ですが、寝室やキッチン、脱衣所といった狭いスポットをあたためるのが得意。無駄なく効率的にあたためたい方に、おすすめの暖房器具です。

カーボンヒーターの特徴

あたたまりやすい

カーボンヒーターとよく比較されるのが「ハロゲンヒーター」。カーボンヒーターもハロゲンヒーターも同じ遠赤外線の熱で体をあたためますが、カーボンの方が熱効率に優れています。

エアコンは部屋全体の温度を上げるのに対して、カーボンヒーターは対象を直接あたためるのが特徴。範囲は狭いものの、その分速暖性に優れているのが魅力です。家に帰ってきてすぐ暖を取りたいときなどに適しています。

換気をする必要がない

灯油を使うタイプの暖房器具だと一酸化中毒の危険があるため、定期的に換気が必要です。しかし、カーボンヒーターは燃料を燃やしてあたためるタイプではなく、換気の必要がないのも特徴。安全性に優れており、子供や高齢者用の暖房器具としても適しています。

乾燥が少ない

気温が上昇すると空気中に存在できる水蒸気の量が増え、相対的に湿度が下がるので、エアコンであたためると部屋が乾燥します。しかし、カーボンヒーターの場合、部屋全体の温度は上げずに対象をあたためるため、湿度自体はほとんど下がりません。秋や冬などの季節で、乾燥を防ぎたい方におすすめです。

カーボンヒーターの選び方

使用場所に合わせて選ぶ

リビング・寝室

By: amazon.co.jp

カーボンヒーターを選ぶ際には、使用場所に合わせて適切な暖房能力を発揮するモデルを選択しましょう。エアコンや石油ファンヒーターなどメイン暖房器具があたたまるまでの補助暖房として使用する場合は、ヒーター面が大きめのモデルがおすすめです。

リビングやダイニングルーム、寝室で使用するのであれば、幅のある長方形タイプが適しています。最大ワット数は900~1000Wが目安です。カーボンヒーターは部屋全体をあたためるのには不向きなものの、ワット数が大きいほど広範囲をあたためやすくなります。リビングに家族が集まって複数人であたたまりたいシチュエーションでは、最大ワット数をチェックしてみてください。

洗面所・台所

狭く限られた場所にカーボンヒーターを設置したい場合は、横幅の狭いスリムなモデルがおすすめです。とくに、洗面所や台所などスポット用としてなら、奥行20cmほどで縦に細長いタワー型が適しています。1人であたたまるのであれば、出力300W程度のモデルでも十分使用可能。ワット数の小さいモデルほど、比較的低価格なのも魅力です。

小型なモデルは持ち運びしやすく、洗面所や台所、玄関など移動しながら使えるため便利。書斎の机下に設置して、足元だけをあたためたい場合にも重宝します。ただし、限られたスペースで使用する際にはコンセントの位置に注意が必要です。設置したい場所からコンセントまで距離がある場合には、電源コードの長さをチェックしてみてください。

転倒時OFF機能などの安全機能をチェック

By: amazon.co.jp

カーボンヒーターの使用中は高温になるため、取り扱いには十分注意しましょう。転倒してカーテンや衣類に引火すると大変危険です。安心して使いたい方に必須な機能が「転倒時OFF機能」。万一ぶつかって倒れても自動で電源が切れるため、引火事故を未然に防げます。

「二重安全転倒OFFスイッチ」機能を搭載したモデルにも注目。地震などで本体が傾いた際に通電を停止する機能で、一度転倒したら本体を起こさない限り通電しません。

より安全性を重視するなら「過熱防止装置」も要チェックです。温度が上がりすぎるとサーモスタット機能が働いて、温度上昇を制御します。また、「切り忘れ防止機能」を搭載していれば、うっかり寝てしまったときも安心です。「チャイルドロック機能」を搭載していればスイッチ類にロックをかけられるため、赤ちゃんや小さな子供が誤って操作してしまうのを防げます。

電気代が気になるなら出力を調節できるモデルを

カーボンヒーターは電力で駆動するため、電気代がかかります。気になる電気代をなるべく節約したい場合には、マイコン制御で出力を調節できるモデルがおすすめです。なかでも、300~1100Wほどの範囲で段階的にダイヤル調節できるタイプなら、寒さに応じてワット数を切り替えて消費電力を抑えられます。

必要以上に最大ワット数の大きなモデルを選ばないのも重要。大きなワット数で長時間使用すると、電気代が余計にかかってしまいます。設置する場所の広さや使用時間などを考慮してワット数をチェックしてみてください。電気代のおおよその目安は「ワット数÷1000×使用時間×電力料金」で計算できます。

その他機能をチェック

首振り機能

カーボンヒーターのなかには、ヒーター面を左右に動かす「首振り機能」搭載のモデルがあります。熱を広範囲に送れるため、リビングやダイニングルームなど広い部屋であたたまりたいときに便利。複数人で同時に暖を取りたいシーンでも役立ちます。

首振り機能をオンにして使用すれば、同じ箇所のあたためすぎを予防できる点にも注目です。首振りの角度はモデルによって異なり、広角なほど広い範囲をあたためられます。なかには、リモコンで首振り機能をオン・オフできるモデルがあるのでチェックしてみてください。

タイマー機能

By: amazon.co.jp

カーボンヒーターを選ぶ際は、タイマー機能の有無に注目しましょう。こまめにオフタイマーを設定しておけば、付けっぱなしによる無駄な電気代を節約可能。とくに、切り忘れて眠ってしまうのが心配な場合に役立ちます。就寝時、寝入った頃に電源が切れるように設定できるのも便利です。

設定時間はモデルによってさまざま。1~3時間から選択できるタイプのほか、最大6時間の長時間に対応したモデルもあるのでチェックしてみてください。

カーボンヒーターのおすすめメーカー

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

山善は、1947年の創立後、産業用から家庭用まで幅広く工具や電化製品のモノづくりに力を入れています。同じ種類の家電製品でも、機能やデザインの異なる豊富なラインナップを展開し、好みの製品を見つけやすいメーカーです。

カーボンヒーターも豊富にラインナップ。外観はシンプルなモノが多いですが、機能面は製品によって多種多様です。リーズナブルな製品が多いので、コストパフォーマンス重視の方はぜひチェックしてみてください。

コロナ(CORONA)

By: rakuten.co.jp

石油ファンヒーターをはじめとする暖房器具・給湯器・エアコンなどを扱う総合住宅設備メーカーです。石油ファンヒーターのトップブランドとして知られているほか、給湯器の「エコキュート」でも多くの人気を得ています。

カーボンヒーターにおいては、遠赤外線暖房機「コアヒート」シリーズから「スリムカーボン」を展開。オート機能を搭載した立ち上がりの早さが魅力のモデルで、350~900Wまで10段階でワット数を切り替えできます。自動首振り機能や切タイマーなど機能が豊富なのも魅力です。

カーボンヒーターのおすすめランキング

第1位 山善(YAMAZEN) ツインヒートプラスネオ DBC-VK121

温度センサー搭載で、設定温度に合わせて自動で電源をオンオフするカーボンヒーターです。こまめに設定をしなくても自動で温度調節できるので、電気代を節約したい方におすすめ。温度は18~26℃の間で5段階に設定可能です。ペットや赤ちゃんがいる部屋を適温に保ちたい方にも適しています。

最大5時間で1時間単位に設定できるオフタイマーは就寝時に活躍。6時間オートオフ機能も搭載しているため、電源を切り忘れた際にもぴったりです。本体が倒れても転倒時OFF機能が作動するので、万が一のトラブルを防げるように配慮されています。チャイルドロック機能や左右首振り機能も搭載している使いやすいカーボンヒーターです。

第2位 コロナ(CORONA) スリムカーボン CH-C921

手軽なスポット暖房として使えるスリムカーボンヒーター。即暖オート運転機能を備えているのが特徴です。ヒーターが冷えているときは温度調節つまみの設定位置よりも高い能力で立ち上げて素早くあたため、自動で設定位置に応じた運転に切り替え。手間をかけずに素早く好みの温度を実現できます。

使いやすいユニバーサルデザインも魅力。ダイヤル式の10段階温度調節により、感覚的に自分好みの温度を設定できます。また、自動で運転を停止する切タイマーや切り忘れ防止機能も搭載。意図しない消し忘れによるトラブル対策もできて便利です。

安全機能を多数搭載しているのもポイント。転倒時OFF機能や停電時安全装置、過熱防止装置などにより、異常の発生時には運転を自動停止して警告音とランプの点滅ですぐに通知します。チャイルドロック機能なども備えた使い勝手のよいおすすめモデルです。

第3位 山善(YAMAZEN) 障害物センサー搭載 ツインヒートプラス DBC-SK121

障害物が近づくとセンサーが反応して通電を止めるカーボンヒーターです。カーテンや洗濯物などが風で揺れて近づいても電源が切れるので、万が一のトラブルが起きないように配慮されています。センサーは本体の上下2か所に内蔵されているため、ペットや子供の安全を考慮したモノを探している方におすすめです。

シーズヒーター2本とカーボンヒーター1本を搭載しており、弱に設定すると中央のカーボンヒーターのみが通電します。強に設定すると全てのヒーターが通電するので、寒い日でも快適に暖を取ることが可能です。左右首振り機能や転倒時OFF機能も搭載しています。

第4位 クレスター(Chrester) 遠赤外線 防水ラウンドヒーター HEAT-J-069B

防水仕様で、脱衣所やキッチンでも使いやすい

IPX3程度の防水仕様で、水がかかりやすい脱衣所やキッチンでも使いやすいカーボンヒーターです。コンセントの届く範囲なら、庭やガレージなどでも暖を取れます。

最大約600Wとパワーは平均的ですが、ヒーター周囲の反射板と遠赤外線効果により高い暖房効果を実現。屋外なら半径約1m、屋内なら約6〜8畳まで対応できます。

また、120°と360°の角度を選べる自動左右首振り機能を備えているのもポイント。複数で使いたい方にもおすすめです。

第5位 山善(YAMAZEN) 障害物センサー搭載 カーボンヒーター DC-SW091

障害物センサーを搭載したカーボンヒーター。センサーにカーテンや洗濯物などを検知すると、自動でヒーターが消えます。また、ヒーターが転倒した際にも、自動で電源オフに。安全性を重視してカーボンヒーターを選びたい方におすすめです。

運転モードは、450Wの弱モードと900Wの強モードの2段階で切り替え可能。部屋の温度などに合わせて、あたたかさを調節できます。さらに、首振り機能にも対応しているので、広範囲をあたためたいときにも便利です。

第6位 フィフティ(FIFTY) 遠赤外線カーボンヒーター FL-BH950

コスパのよさが魅力のカーボンヒーターです。本体サイズが幅30.1×奥行24×高さ67.7cmと大きめにもかかわらず、価格が安いのが魅力。広範囲をあたためられるので、リビングやダイニングにもおすすめです。出力は強と弱に切り替えができ、その日の室温に合わせて調節できます。

自動首振り機能も搭載しているため、家族みんなで暖を取る際に便利。本体の重量が約2.2kgと軽いので、移動も楽にできます。サーモスタットと転倒時OFF機能も搭載しており、本体温度の上がりすぎを防ぎやすい安心設計もポイント。シンプルで無駄がないデザインで和室にも洋室にもマッチします。

第7位 コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKH-0961

シーンに合わせてパワーを調整

お手頃価格ながら、速暖性と安全性が高いカーボンヒーター。帰宅後などすばやく暖を取りたい場合は900W、電気代を抑えて運転したい場合は450Wと用途に合わせてパワーを調節できるのもメリットです。

3時間後の自動オフ機能を搭載しており、切り忘れによる火事の発生を予防できるのもポイント。また、地震などで本体が傾いたり倒れたりした場合に自動的に運転を停止する「二重安全転倒OFFスイッチ」も付いているので安心です。

第8位 トヨトミ(TOYOTOMI) 速暖遠赤外線カーボンヒーター EWH-CS100H

シーズヒーターをプラスすることで、遠赤外線効果を高められるカーボンヒーター。1000W設定で運転するとカーボンヒーターに加え、より多くの遠赤外線を放射するシーズヒーターも発熱します。冷えた身体を芯からあたためたい場合におすすめです。

また、500W設定に切り替えると、カーボンヒーターのみが発熱。長時間使用する場合などは、電気代を抑えて運転できます。さらに、自動左右首振り機能を搭載し、シーンに合わせてより広いエリアをあたためられるのもメリットです。

第9位 ピアンテ(Piante) カーボンヒーター PCH-S300U

植物系繊維から作る炭素純度99%の植物系炭素発熱体「PCH」を採用したカーボンヒーター。約3〜5秒とすばやくあたたかさを感じられるのが特徴です。

カーボンヒーターのなかでは珍しい半球のデザインもおしゃれ。サイズは幅26.5×奥行25.5×高さ39cmとコンパクトなため、デスクワーク時に足元をあたためたい方にもおすすめです。

第10位 プラスマイナスゼロ(±0) カーボンヒーター XHS-Y210

コンパクトでかわいいデザインのカーボンヒーターを探している方におすすめの製品です。丸みを帯びたデザインで、モダンなダイニングや北欧風のリビングにマッチします。洋室にも和室にも合わせやすいアースカラーもポイント。部屋の雰囲気をおしゃれに演出したい方にもおすすめです。

本体上部のスイッチはシンプルな設計で、すぐに操作方法を把握できます。約84°で左右に首振りできるため、足元を幅広くあたためることが可能です。コンパクトサイズで重さが1kgと軽く、裏面の取っ手を持って楽に移動できます。キッチンやトイレにもぴったりのカーボンヒーターです。

第11位 モダンデコ(MODERN DECO) 首振り機能付きカーボンヒーター hj003

部屋に置いてあるだけでおしゃれに見えるカーボンヒーターを使いたい方におすすめの製品です。懐かしいフォルムでレトロ感があり、リビングやダイニングの雰囲気を和ませます。本体はあたたかみのあるベージュで、さまざまなインテリアに合わせやすいのもポイントです。

電源を入れると約3秒で放射開始する速暖性の高さも魅力のひとつ。出力は2段階で調節できるため、シーンによって使い分けたい方にもおすすめです。取っ手付きで楽に移動できるので、掃除や部屋の衣替えの際に便利。左右自動首振り機能や転倒時OFF機能も搭載しています。デザイン性と機能性を兼ね備えたカーボンヒーターです。

第12位 山善(YAMAZEN) ツインヒートプラス DBC-J122

カーボンヒーターとシーズヒーターの両方を搭載した遠赤外線ヒーターです。カーボンヒーターの特徴を活かした速暖性と、シーズヒーターの高い遠赤外線効果を持っているのが魅力。比較的広い範囲を素早くあたためられます。

また、自動首振り機能があるので、より広い範囲をあたためたい方にもおすすめ。温度調節は、300W・900W・1200Wの3段階切換式で、シーンに合わせて調節できます。

操作部はダイヤルを回すだけなので、直感的に操作可能です。サイズは幅33×奥行33×高さ68.7cmで、重量4.1kg。幅広いシーンで使いやすいヒーターです。

第13位 テクノス(TEKNOS) カーボンヒーター CHM-4531W

900Wのハイパワーと遠赤外線効果であたためるカーボンヒーター。暖房エリアを広げられる自動首振り機能も付いており、家族がリビングに集まったときなどにも活躍します。

ガードネットは取り外せるため、しっかりとお手入れできるのもメリット。ホコリなどが溜まりやすい場所でも、いつもキレイに使えるおすすめのモデルです。

第14位 アピックス(APIX) 両面カーボンヒーター ACH-480

「片面」「両面」に切り替えて使えるカーボンヒーター。「片面」でパーソナルユースに、「両面」で2人以上いる空間をあたためるといった使い分けができます。コンパクトなタワー型なので、テーブルやデスク下の足元用暖房にもぴったりです。

180分の自動オフタイマーを搭載しており、付けっぱなしや切り忘れを予防できます。インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインも魅力。一人暮らしの方にもおすすめのカーボンヒーターです。

第15位 おおたけ カーボンヒーター GS-CA401TA

比較的リーズナブルなおすすめのカーボンヒーター。サイズは約幅18×奥行18×高さ53cmとコンパクトなため、スペースが狭い場所でも設置しやすいのが特徴です。本体重量は約1.2kgと軽く、好きな場所へ持ち運んで使用できます。シンプルなデザインと落ち着いた色合いも魅力です。

天面に搭載されたダイヤル式のスイッチで、オンとオフを切り替えるだけと操作も簡単。また、「転倒OFFスイッチ」が付いているので、万が一倒れても安心です。シンプルで使いやすいカーボンヒーターを探している方はチェックしてみてください。

カーボンヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

カーボンヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。