スイッチを入れてからあたたまるまでに時間がかかる暖房器具はもどかしいもの。寒い屋外から帰宅してすぐに体をあたためるには、速暖能力の高い暖房器具が必要です。

そこでチェックしたいのが立ち上がりの早い「グラファイトヒーター」。遠赤外線の照射量が多く、冷えた手先や足先をすぐにあたためたいときに便利な1台です。今回はグラファイトヒーターの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

グラファイトヒーターとは?

グラファイトヒーターは発熱体に黒鉛を採用した暖房器具。空間ではなく、体を直接あたためるので、ピンポイントで使いたい場合におすすめです。

グラファイトヒーターの特徴は立ち上がりの早さ。遠赤外線を放射する性能に優れており、スイッチを入れてから発熱するまで1秒もかからないため、体を素早くあたためるのにぴったりです。

グラファイトヒーターの電気代

グラファイトヒーターの電気代は消費電力によって異なるため、消費電力をチェックして電気代を計算してみましょう。

電気代の計算に必要なのは「グラファイトヒーターの消費電力」と「電気料金単価」です。電気料金単価とは、1kWh(1000W)の電化製品を1時間使用した場合にかかる料金のこと。地域や契約している電力会社によって金額が異なります。

例えば、電気料金単価が27円の地域で900Wのグラファイトヒーターを1時間使用すると「900W÷1000×1時間×27円=24.3円」。ほかの電気製品を使ったときにかかる電気代も同様に計算できます。

グラファイトヒーターは部屋全体をあたためる暖房器具ではないため、プラスアルファの暖房器具として取り入れるのがおすすめ。寒いときにメインの暖房器具を強モードにするなら、グラファイトヒーターを中温で使用して寒い場所だけをあたためて使えば、省エネも期待できます。

グラファイトヒーターとカーボンヒーターの違い

グラファイトヒーターは見た目がカーボンヒーターと似ているため、同じ種類の暖房器具と思われやすいアイテムですが、グラファイトヒーターの発熱体は黒鉛、カーボンヒーターの発熱体は炭素繊維と発熱体が異なります。

どちらの暖房器具もあたためる原理は同じ。しかし、グラファイトヒーターはカーボンヒーターに比べ立ち上がりが早いのが特徴です。

同じ消費電力のカーボンヒーターに比べると、グラファイトヒーターのほうが多くの遠赤外線を放射する傾向があり、すぐにあたたまれるといわれています。

グラファイトヒーターの選び方

使用シーンに合ったサイズや形状を選ぶ

グラファイトヒーターには狭い場所にも置けるスリムタイプから、複数人をあたためられる幅広タイプまでさまざまなモノがあります。1人で使うならスリムタイプ、複数人で使うなら幅広タイプがぴったりです。

トイレや洗面所などの狭い場所で使う場合は、スリムなモノがおすすめ。足元暖房には横幅が広めで背が低いモノを使うと快適です。リビングやダイニングで使うなら、幅と高さがあるモノを選びましょう。

ワット数を調節できるモノがおすすめ

スイッチやボタンでワット数を調節できるモノなら、当日の気温に合わせて温度を変えられます。気温が高い日は弱モード、低い日は中〜強モードに設定すれば快適に利用可能です。

また、ワット数を細かく調節できるヒーターは、無駄な電力を抑えられるのもポイント。ワット数の調節機能は安いモデルで2段階、高機能のモデルで10段階程度まで調節できるため、無駄なあたためすぎを防いで電気代を抑えたい方にもおすすめです。

「首振り機能」や「タイマー機能」があると便利

グラファイトヒーターをリビングなどで使う場合は首振り機能があると便利。家族でソファーに座ってテレビを見るときに首振り機能を使えば、複数人で気持ちよく暖を取れます。1人で使う場合でも、首振り機能があれば体全体をあたためられるのでおすすめです。

タイマー機能は電源の切り忘れ対策に役立ちます。設定時間を調節できるモノや自動オフタイマー機能を搭載したモデルがおすすめ。

メインの暖房と併用してグラファイトヒーターを1時間だけ運転させたい場合にも、タイマー機能があれば電源の切り忘れがなく、節電にも期待できます。

火事や火傷を防ぐ「安全機能」をチェック

自動電源オフ機能

By: aladdin-aic.com

ヒーターが転倒したときに自動で電源が切れる自動電源オフ機能の有無も要チェック。グラファイトヒーターはスリムな縦型モデルが多いため、脚が触れただけで転倒してしまうこともあります。特に、高齢者や小さな子供がいる家庭では、ぜひともチェックしておきたい機能です。

多くのグラファイトヒーターに搭載されていますが、なかには対応していないモデルもあるので注意しましょう。

二重安全転倒スイッチ

「二重安全転倒スイッチ」とは、ヒーターを倒して自動電源オフ機能が作動したときに、ヒーターを起こさない限りスイッチが入らない機能です。

子供が転倒したヒーターのスイッチを入れてしまったり、災害時に倒れたヒーターがモノにぶつかって電源が入ったりすると、火傷や火事の原因になってしまうことも。安全性を重視する方には、「二重安全転倒スイッチ」を搭載したモデルがおすすめです。

赤外線センサー機能

By: aladdin-aic.com

赤外線センサー機能はカーテンなどの障害物がヒーターに近づくと、電源を自動でオフにする機能です。

書斎やリビングでサーキュレーターを使用している場合など、紙などが舞い上がり火災の原因となることがあります。ヒーターから離れているときはもちろん、テレビやパソコンに集中しているときは異変に気づきにくいことも。また、洗面所や脱衣所などではタオルや衣類に注意が必要です。

障害物の有無に応じて、ヒーターのスイッチをコントロールできる赤外線センサー機能もチェックしておきましょう。

グラファイトヒーターのおすすめメーカー

アラジン(Aladdin)

By: aladdin-aic.com

1919年に設立されたアラジン。当初は石油ストーブをメインに開発していましたが、技術をほかの製品にも応用してトースターやグラファイトヒーターを販売しています。

アラジンの魅力はレトロなデザイン。見ているだけで楽しめるモノも多くラインナップされています。個性的なデザインを好む方におすすめのメーカーです。

コイズミ(KOIZUMI)

コイズミは生活家電だけでなく、美容機器や音響機器を扱うメーカー。ジェネリック家電の代表格でもあり、品質と信頼の高さで有名です。

コイズミのグラファイトヒーターは高いコスパが魅力。フルスペックの製品でも、比較的リーズナブルに購入できます。充実した機能のモノを手頃な価格で購入したい方におすすめのメーカーです。

山善(YAMAZEN)

山善は1947年に大阪で設立されたメーカーです。家電部門では扇風機や暖房機器などの季節家電を主力として手掛けていますが、園芸用品やアウトドアグッズなども手広く展開しています。

山善のグラファイトヒーターはコスパが優れているのが特徴です。リーズナブルな価格ながら出力切替・自動首振り・タイマーなどの便利機能が充実しているため、低価格で使いやすいグラファイトヒーターを求めているユーザーから人気があります。

グラファイトヒーターのおすすめモデル

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター AEH-G423N

シンプルな機能と安い価格で根強い人気のあるスリムタイプのグラファイトヒーターです。操作部分が電源を入切できるつまみだけと簡潔にまとまっているのが特徴。機械操作が苦手な方でも簡単に扱えるので、子供や年配の家族がいる家庭にもおすすめです。

低価格ながら安全面に高く配慮して設計されているのもポイント。「二重安全転倒OFFスイッチ」や、異常温度を検出すると運転を自動停止する「サーモスタット」などの機能を備えています。

約幅19×奥行19×高さ53.5cmと省スペース設計なので置き場所に困りにくいのも魅力。消費電力は400Wで、1人で暖を取るのに十分なあたたかさが得られます。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター AEH-G406N

低価格ながらワット数の切り替えにも対応するスリムタイプのグラファイトヒーターです。消費電力を200Wと400Wの2種類から選択できるため、ヒーターのあたたかさを2段階で調節が可能。シーンに応じてワット数を使い分けたい方にもおすすめです。

小型ボディに充実した安全機能を搭載しているのも魅力。「二重安全転倒OFFスイッチ」や「サーモスタット」によって万が一の場合にも対処できるため、一人暮らしの方でも安心して使用できます。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター AEH-GM902N

優れたコスパで人気のあるスリムタイプのグラファイトヒーターです。自動で左右に回転しながら運転できる「自動首振り」機能を搭載しているのが特徴。あたたかさを手軽にシェアできるため、自宅へ遊びに来た友人と一緒に暖を取る場合にも重宝します。

2段階のワット数切り替え機能を搭載しているのもポイント。消費電力を450Wと900Wの2種類から選べるので、部屋の温度や使用人数に応じてあたたかさを調節できます。また、900Wの強モードでも電気代が約24.3円/hと安めなのも魅力です。

背面に電源コードをまとめておけるコード掛けを備えているため、オフシーズンなど使わないときに収納する際にも便利。「二重安全転倒OFFスイッチ」も内蔵しています。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター AEH-G100A

あたたかさを細かく調節できるワイドタイプのグラファイトヒーターです。4段階のワット数切り替え機能を搭載しており、250W・500W・750W・1000Wから選択が可能。部屋の温度や使用人数が変わっても柔軟に対応できます。

1000Wの強モードでも1時間当たりの電気代が約27円/hと安いのもポイント。暖房効率が高いので、長時間使用する場合でも経済的に運用できます。250Wの弱モードでは約6.8円/hまで抑えられるため、少し肌寒い日に気軽に使用したい場合にもおすすめです。

「手動首振り」に対応するのも特徴。本体を大きく動かすことなくヒーターの向きの微調整が可能です。加えて、「二重安全転倒OFFスイッチ」や電源コード掛けも備えています。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター 1灯管 CAH-1G9B

優れた機能性を持つスリムタイプのグラファイトヒーターです。発熱パターンを分散させるアラジン独自のグラデーション設計「グラファイトeヒーター」を採用。足元を含めて体全体に熱がムラなく伝わるので、従来モデルと比べてより効率的に暖を取れます。

赤外線で障害物を検知する「シャットオフセンサー」を前面に搭載するのもポイント。カーテンなどが赤外線センサーを遮ると自動で電源が切れます。さらに、チャイルドロックも備えているため、小さな子供がいる家庭にもおすすめです。

250〜900Wまでの11段階ワット数切り替え・最長8時間のオフタイマー・自動首振りなど便利な機能が充実しているのも魅力。回すと光る2ダイヤル式のデジタル操作部も備えているのも特徴です。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター 2灯管 CAH-2G10D

アラジンの技術を結集したワイドタイプのグラファイトヒーターです。簡単にヒーターの向きを縦横に切り替えられる独自機構「電動・縦横ローテーション」を採用。横向きにすると縦向きと比べて広範囲を素早くあたためられるので、多人数で使用する場合にもおすすめです。

ムラのないあたたかさを届ける「グラファイトeヒーター」を採用しているのもポイント。ワット数は300〜1000Wまで10段階で切り替えが可能です。

障害物を検知して自動で電源を切る「シャットオフセンサー」をはじめ、安全装置が充実しているのも魅力。さらに、自動首振りや最大8時間自動オフタイマーなどの便利な機能や、収納時に役立つ電源コード掛けなども備えています。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター トリカゴ CAH-G42GB

さまざまなシーンで活躍できるスリムタイプのグラファイトヒーターです。幅19×奥行19×高さ54.8cmのコンパクトボディに鳥籠のフォルムを連想させる大型ガードを搭載。障害物が発熱体に接触するのを効果的に防げます。

防滴構造が採用されているのもポイント。水回りでもショートによるトラブルを心配することなく使えるので、キッチンや洗面所などで使用する場合にもおすすめです。

2.3mと長い電源コードを持つのもポイント。洗濯機の上など高い位置にあるコンセントにも接続が可能です。ワット数は200Wと400Wの2種類から選択できるほか、「二重安全転倒OFFスイッチ」なども備えています。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター AEH-G105N

高性能なグラファイトヒーターです。ピークまでの立ち上がりが早く、すぐにあたたまるのがメリット。帰宅時などすぐに暖を取りたいときに活躍します。脱衣場やトイレなど、限られた時間だけ使用したいときにもおすすめです。

あたたかさは250W・500W・750W・1000Wの4段階切り替えに対応。こまめに調節することで、電気代の節約につながります。

熱を広範囲に届ける自動首振り機能を搭載しているのもポイント。倒れたらスイッチが切れる「二重安全転倒OFFスイッチ」も備えており、安全性も良好です。

コイズミ(KOIZUMI) グラファイトヒーター KKS-0614

スタイリッシュでかっこいいグラファイトヒーターを探している方におすすめの製品です。カラーは洋室にも和室にも馴染むゴールドで、置いてあるだけでおしゃれに見えます。スリムなデザインで置き場所を取らないのもポイント。リビングやダイニングの空きスペースに暖房をプラスしたい方にもおすすめです。

本体上部のツマミを回すだけで、300Wと600Wに切り替えできます。3時間まで設定できるタイマーで切り忘れを防げるのも魅力のひとつ。本体が倒れた場合は二重安全転倒スイッチが作動し、電源がオフになるので安心して使用できます。扱いやすくておしゃれなグラファイトヒーターです。

コイズミ(KOIZUMI) グラファイトヒーター KKS-0997

電源を入れてから0.2秒で立ち上がると謳われているグラファイトヒーターです。帰宅してすぐに冷えた体を芯からあたためたい方におすすめ。900Wの強モードで暖房できるため、寒い日でも快適に過ごせます。比較的あたたかい場合には、450Wの弱モードに切り替えできるので、電気代の節約が可能です。

首振り機能を搭載しており、広範囲を暖房できるのも魅力のひとつ。本体が倒れても二重安全転倒スイッチが作動して電源がオフになるので安心です。1〜3時間で設定できるオフタイマーも便利。コンパクトで使いやすいモノを探している方におすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) サクラクレパスコラボ 遠赤電気ストーブ KKS-0613

かわいい外観に高い実力を備えたスリムタイプのグラファイトヒーターです。スタイリッシュな文房具で人気の文具メーカーサクラクレパスとコラボし、ペンを模したデザインを採用。部屋のインテリアとしても楽しめるおしゃれなグラファイトヒーターを探している方にもおすすめです。

本体サイズは約幅25×奥行25×高さ63.6cmとコンパクトなので、置き場所に困らないのも特徴。電源を入れてから発熱を開始するまでの時間もわずか約0.2秒と素早いため、寒い外から帰宅して早くあたたまりたい場合にも重宝します。

消費電力を300Wと600Wの2段階で調節できるのもポイント。「二重安全転倒スイッチ」も備えています。

コイズミ(KOIZUMI) グラファイトヒーター KKS-0683

コンパクトでかわいいデザインのモノを探している方におすすめのグラファイトヒーターです。デザイン性の高いグラファイトヒーターを探している方におすすめ。さまざまなカラーを展開しているのも魅力です。

高さが63.6cmとコンパクトで、キッチンや洗面所の暖房として使うのもおすすめ。300Wと600Wの2段階に切り替えできるため、室温に合わせて使用できます。二重安全転倒スイッチも搭載しており、安全面に配慮しているのもポイント。子供部屋にもぴったりのかわいいデザインのグラファイトヒーターです。

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKS-0917

スリムタイプながら広範囲をあたためられるグラファイトヒーターです。「自動首振り機能」を搭載するのが特徴。広範囲に遠赤外線を照射できるため、自宅に訪問した友人などと一緒に暖を取る場合にもおすすめです。

ワット数は450Wと900Wの2段階で切り替えが可能なのもポイント。また、電源を入れてから発熱を開始するまでの立ち上がりはわずか約0.2秒と素早いのも魅力です。

本体サイズが約幅30×奥行30×高さ82.5cmと省スペース設計なので、一人暮らしのワンルームに設置する場合にも便利。1〜3時間で設定できるオフタイマーや「二重安全転倒スイッチ」も搭載しています。また、持ち運びやすい持ち手が付いているのもポイントです。

山善(YAMAZEN) グラファイトヒーター DCTS-A091

自動首振り機能を搭載したスリムタイプのグラファイトヒーターです。本体が左右70°に回転しながら運転する「左右首振り運転」に対応。コンパクトながら周りを広範囲にあたためられるので、1人はもちろん、複数人で使う場合にもおすすめです。

ワット数を450Wと900Wの2段階で切り替えられるのもポイント。首振り運転やワット数の選択は本体の天面に搭載されたダイヤルを使って直感的に操作できるため、グラファイトヒーターを初めて使う方でも簡単に扱えます。

900Wの強モードで使用しても1時間当たりの電気代が約24円/hと比較的安いのも魅力。また、「安全転倒オフスイッチ」機能も備えているので、ぶつかったときや地震の際にも対処しやすいのが特徴です。

山善(YAMAZEN) グラファイトヒーター DCTS-B12

遠赤外線の照射角度を調節できるワイドタイプのグラファイトヒーターです。狭い箇所を集中的にあたためる「スポット」と広範囲をあたためる「ワイド」の2種類から選択が可能。一緒に暖を取りたい人数で使い分けができるので、家族で使用する場合にもおすすめです。

70°の「左右首振り運転」と組み合わせることでより広範囲を効率よくあたためられるのもポイント。ワット数も300W・600W・1200Wの3段階で切り替えられるため、使用シーンに応じた細かな調節が可能です。

最長6時間まで設定できる「切タイマー運転」に対応するのも魅力。電源スイッチと一体化しており、電源を入れると同時にタイマーを設定できるので、消し忘れを心配することなく安心して使えます。

山善(YAMAZEN) グラファイトヒーター DCTS-C03

障害物対策が施されたスリムタイプのグラファイトヒーターです。従来モデルと比べて大型化したワイド仕様の障害物ガードを搭載。カーテン・布団・洗濯物などが掛かっても発熱体から遠ざける構造なので、燃えづらく安心して使用できます。

「転倒オフスイッチ」も搭載しており、万が一転倒させた場合でも対処可能なのがポイント。また、重さ2.2kg、幅30×奥行30×高さ60cmと軽量コンパクトで、後部には掴みやすい取っ手を備えているため、部屋間の持ち運びも簡単に行えます。

ワット数を150Wと300Wの2段階で切り替えられるのも魅力。300Wの強モードでも1時間当たりの電気代が約8円/hと安いので、ランニングコストをなるべく抑えたい一人暮らしの方にもおすすめです。

高須産業(TSK) 涼風暖房機 SDG-1200GSM

さまざまな場所で遠赤外線の速暖効果が体感できる壁掛けタイプのグラファイトヒーターです。暖房スイッチをONにしてから、素早く立ち上がります。ワット数は600Wと1200Wの2段階で切り替え可能なので、パワフルに暖を取れます。

人の動きを感知する「人感センサー」を内蔵しているのもポイント。設置した部屋を退出した後は、約1分で運転を自動停止します。また、1〜3時間で設定できるオフタイマー機能も搭載しているため、消費電力の無駄を省いてエコに使用可能です。

取り付けが簡単なのも魅力。取付ベース板を使えばドライバーだけで壁に設置できるので、スペースの限られた脱衣所・トイレ・小部屋での利用にもおすすめです。

高須産業(TSK) 涼風暖房機 SDG-1200GBM

風呂場でも利用できる壁掛けタイプのグラファイトヒーターです。本体全体に防水構造が採用されているのが特徴。風呂場など水気のある場所にも設置できると謳われているため、入浴前後の温度差を緩和したい場合にもおすすめです。

ワット数を600Wと1200Wの2段階で切り替えられる暖房機能に加えて、扇風機のような心地よい風を送り出す「涼風機能」を搭載するのもポイント。季節に関係なく快適な入浴時間を過ごせます。

また、人感センサーやオフタイマーなどの便利機能も充実しているのもポイントです。

山善(YAMAZEN) ツインヒート PLUS EVO DBCS-A10

電源を入れてから約0.2秒で素早く立ち上がるヒーターです。本体内部には300Wのシーズヒーター2本と450Wのグラファイトヒーター1本が内蔵されており、寒い空間を素早くあたためます。450Wの弱モード、600W中モード、1050Wの強モードに切り替えできるので、室温に合わせて使用可能です。

本体サイズは約幅33×奥行17.6×高さ46.5cmで、ソファーに座って足元をあたためるのにも適しています。薄型で部屋の空きスペースに置けるのもポイント。ボール式転倒OFFスイッチを搭載しており、本体が倒れた場合は電源が切れるので安心して使用できます。手頃な価格も魅力のヒーターです。