スイッチを入れてからあたたまるまでに時間がかかる暖房器具にはイライラするもの。寒い屋外から帰宅してすぐに体をあたためるには、速暖能力の高い暖房器具が必要です。

そこでチェックしたいのが立ち上がりの早い「グラファイトヒーター」。遠赤外線の照射量が多く、冷えた手先や足先をすぐにあたためたいときに嬉しい1台です。今回はグラファイトヒーターの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

グラファイトヒーターとは?

By: aladdin-aic.com

グラファイトヒーターは発熱体に黒鉛を採用した暖房器具。空間ではなく、体を直接あたためるので、ピンポイントで使いたい場合におすすめです。

グラファイトヒーターの特徴は立ち上がりの早さ。遠赤外線を放射する性能に優れており、スイッチを入れてから発熱するまで1秒もかからないので、体を素早くあたためるのにぴったりです。

グラファイトヒーターの電気代

グラファイトヒーターの電気代は消費電力によって異なるため、気になるモデルが見つかったら消費電力をチェックして電気代を計算してみましょう。

電気代の計算に必要な情報は「グラファイトヒーターの消費電力」と「電気料金単価」です。電気料金単価とは、1kWh(1000W)の電化製品を1時間使用した場合にかかる料金のこと。地域や契約している電力会社によって金額が異なります。

例えば、電気料金単価が27円の地域で900Wのグラファイトヒーターを1時間使用すると「900W÷1000×1時間×27円=24.3円」。ほかの電気製品を使ったときにかかる電気代も同様に計算できます。

グラファイトヒーターは部屋全体をあたためる暖房器具ではないため、プラスアルファの暖房器具として取り入れるのがおすすめ。寒いときにメインの暖房器具を強モードにするなら、グラファイトヒーターを中温で使用して寒い場所だけをあたためて使えば、省エネも期待できます。

グラファイトヒーターとカーボンヒーターの違い

By: rakuten.co.jp

グラファイトヒーターは見た目がカーボンヒーターと似ているため、同じ種類の暖房器具と思われやすいですが、グラファイトヒーターの発熱体は黒鉛、カーボンヒーターの発熱体は炭素繊維と発熱体が異なります。

どちらの暖房器具もあたためる原理は同じ。しかし、グラファイトヒーターはカーボンヒーターに比べ立ち上がりが早いのが特徴です。

同じ消費電力のカーボンヒーターに比べると、グラファイトヒーターのほうが多くの遠赤外線を放射する傾向にあり、すぐにあたたまれます。

グラファイトヒーターの選び方

使用シーンにあったサイズや形状を選ぶ

By: amazon.co.jp

グラファイトヒーターには狭い場所にも置けるスリムタイプから、複数人をあたためられる幅広タイプまでさまざまなモノがあります。1人で使うならスリムタイプ、複数人で使うなら幅広タイプがぴったりです。

トイレや洗面所などの狭い場所で使うなら、スリムなモノがおすすめ。足元暖房には横幅が広めで背が低いモノを使うと快適です。リビングやダイニングで使うなら、幅と高さがあるモノを選びましょう。

ワット数を調節できるモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

スイッチやボタンでワット数を調節できるモノなら、当日の気温に合わせて温度を変えられます。気温が高い日は弱モード、低い日は中〜強モードに設定すれば快適に利用可能です。

また、ワット数を細かく調節できるヒーターは、無駄な電力を抑えられるのもポイント。ワット数の調節機能は安いモデルで2段階、高機能のモデルで10段階程度まで調節できるため、無駄なあたためすぎを防いで電気代を抑えたい方にもおすすめです。

「首振り機能」や「タイマー機能」があると便利

By: amazon.co.jp

グラファイトヒーターをリビングなどで使う場合は首振り機能があると便利。家族でソファーに座ってテレビを見るときに首振り機能を使えば、みんなが気持ちよく暖を取れます。1人で使う場合でも、首振り機能があれば体全体をあたためられるのでおすすめです。

タイマー機能は電源の切り忘れ対策に役立ちます。設定時間を調節できるモノや自動オフタイマー機能を搭載したモデルがおすすめ。

メインの暖房と併用してグラファイトヒーターを1時間だけ運転させたい場合にも、タイマー機能があれば電源の切り忘れがなく、節電も期待できます。

火事や火傷を防ぐ「安全機能」をチェック

自動電源オフ機能

By: aladdin-aic.com

グラファイトヒーターの安全機能で、まず確認しておきたいのが、ヒーターが転倒したときに自動で電源が切れる自動電源オフ機能の有無。

グラファイトヒーターはスリムな縦型モデルが多いため、脚が触れただけで転倒してしまうこともあります。特に、高齢者や小さな子供がいる家庭では、ぜひともチェックしておきたい機能です。

多くのグラファイトヒーターに搭載されていますが、なかには対応していないモデルもあるので注意しましょう。

二重安全転倒スイッチ

By: rakuten.co.jp

二重安全転倒スイッチとは、ヒーターを倒して自動電源オフ機能が作動したときに、ヒーターを起こさない限りスイッチが入らない機能です。

子供が転倒したヒーターのスイッチを入れてしまったり、災害時に倒れたヒーターがモノにぶつかって電源が入ったりすると、火傷や火事の原因になってしまうことも。安全性を重視する方には、二重安全転倒スイッチを搭載したモデルがおすすめです。

赤外線センサー機能

By: aladdin-aic.com

赤外線センサー機能はカーテンなどの障害物がヒーターに近づくと、電源を自動でオフにする機能です。

書斎やリビングでサーキュレーターを使用している場合など、紙などが舞い上がり火災の原因となることがあります。ヒーターから離れているときはもちろん、テレビやパソコンに集中しているときは異変に気づきにくいことも。また、洗面所や脱衣所などではタオルや衣類に注意が必要です。

障害物の有無に応じて、ヒーターのスイッチをコントロールできる赤外線センサー機能もチェックしておきましょう。

グラファイトヒーターのおすすめメーカー

アラジン(Aladdin)

By: aladdin-aic.com

1919年に設立されたアラジン。当初は石油ストーブをメインに開発していましたが、技術をほかの製品にも応用してトースターやグラファイトヒーターを販売しています。

アラジンの魅力はレトロなデザイン。見ているだけで楽しめるグラファイトヒーターはおしゃれなモノに敏感な方から人気があります。個性的なデザインを好む方におすすめのメーカーです。

コイズミ(KOIZUMI)

By: amazon.co.jp

コイズミは生活家電だけでなく、美容機器や音響機器を扱うメーカー。ジェネリック家電の代表格でもあり、品質と信頼の高さで有名です。

コイズミのグラファイトヒーターは高いコスパが魅力。フルスペックの製品でも、比較的リーズナブルに購入できます。充実した機能のモノを手頃な価格で購入したい方におすすめのメーカーです。

グラファイトヒーターのおすすめモデル

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター CAH-2G10A(G)

人気メーカー「アラジン」によるハイスペックモデルのグラファイトヒーターです。熱源に独自技術の「グラファイトeヒーター」を採用しており、グラファイトの温度がグラデーション状になるよう設計されています。

わずか0.2秒で素早く立ち上がるうえ、遠くまでムラなくあたためることが可能。ワット数は300〜700Wまで50W刻みで設定でき、「Fullモード」では1000Wのハイパワーで2.1m先まであたためられます。

また、電動でヒーターの縦横を切り替えられるのも特徴。横向きにすると、縦向きと比べて約3倍広い範囲をあたためられ便利です。

さらに、安全機能が充実しているのもポイント。赤外線によって障害物の接近を検知し、自動でパワーオフを行う「シャットオフセンサー」や、転倒時の自動電源オフ機能、チャイルドロックなどを搭載しています。高性能でおしゃれな幅広タイプのグラファイトヒーターとしておすすめです。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター CAH-1G9B

ハイスペックなスリムタイプのグラファイトヒーターです。本体サイズは幅30×奥行30×高さ88.4cmで、キッチンや寝室などにすっきりと設置可能。独自技術の「グラファイトeヒーター」や「シャットオフセンサー」も搭載しており、快適かつ安全に使用できます。

ワット数は250〜700Wもしくは900Wに調節でき、便利な首振り機能も内蔵。さまざまな状況に応じて出力や暖房範囲を使い分けられるのが魅力です。また、最長8時間後に設定できる自動オフタイマーを搭載しており、就寝時も安心して使用できます。

ワット数とタイマーの時間は光るデジタル表記の数字で表示されるため、暗い場所でもスムーズに操作することが可能。転倒時自動電源オフ機能やチャイルドロックにも対応しています。場所を取らないグラファイトヒーターとしておすすめのモデルです。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター CAH-G42GB

鳥かごのようなデザインがおしゃれなグラファイトヒーターです。本体サイズは幅19×奥行19×高さ54.8cmとコンパクトで、大型のガードによって安全性を高めているのが特徴。重量も約1.6kgと軽量なので、移動や設置をスムーズに行えるモデルです。

高性能な「遠赤グラファイト」を採用しており、電源を入れてわずか0.2秒で発熱するのもポイント。ワット数は200・400Wの2段階に切り替えられます。

さらに、キッチンや洗面所などの水周りでも使えるよう、防滴仕様なのもメリット。電源コードも約2.3mと長く、洗濯機の上に備え付けられたコンセントにも届くよう設計されています。

また、安全機能として温度過昇防止装置や転倒時の自動電源オフ機能を搭載しているのも魅力。狭いスペースや足元の暖房におすすめのグラファイトヒーターです。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター AEH-G423N

お手頃価格でアラジンのグラファイトヒーターを入手したい方におすすめのモデルです。本体サイズが幅19×奥行19×高さ53.5cmのスリムタイプなので、スペースを取らずに設置できます。また、重量が約1.1kgと軽いため、気軽に持ち運べるのもポイントです。

さらに、二重安全転倒スイッチを搭載しており、安全性に優れているのも特徴。ヒーターが転倒したり傾いたりした場合は自動で通電を停止するので、非常時も安心です。ワット数は400Wで、サブヒーターとして利用するのに適しています。

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKS-0997

高性能なグラファイトヒーターです。本体サイズは約幅30×奥行30×高さ82.5cmで、ワット数は450・900Wの2段階に調節することが可能。自動首振り機能も搭載しているため、複数人で使う暖房器具としてもおすすめです。

また、自動オフタイマー機能を内蔵しているのもメリット。1〜3時間後に設定できるので、就寝時や電源の切り忘れを予防したいときに便利です。

さらに、二重安全転倒スイッチを搭載しており、安全性の高いモデルを探している方にもおすすめ。インテリアの邪魔をしないシンプルなデザインも魅力です。

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKS-0694

スタイリッシュなデザインのグラファイトヒーターです。メタリックなゴールドカラーがインテリアを引き締め、おしゃれな印象を与えます。本体サイズが約幅25×奥行25×高さ68.4cmのスリムタイプで、設置スペースが小さく済むのも魅力です。

重量が約1.5kgと軽いため、頻繁に設置場所を変えて使いたい方にもおすすめ。ワット数は300・600Wの2段階に調節でき、便利な自動オフタイマー機能も搭載しています。さらに、二重安全転倒スイッチを備えているので、より安心して使用できるのもメリットです。

コイズミ(KOIZUMI) 遠赤電気ストーブ KKS-0683

かわいいフォルムとポップなカラーリングが魅力のグラファイトヒーターです。サクラクレパスとのコラボ製品で、機能性だけでなくインテリア性も重視する方におすすめ。わずか0.2秒で立ち上がり、300・600Wの2段階出力で快適にあたたまれるのもポイントです。

本体サイズは約幅25×奥行25×高さ63.6cmとコンパクトで、狭い場所にも簡単に設置することが可能。重量も約1.2kgと軽いため、移動や設置をラクに行えます。

また、二重安全転倒スイッチを搭載しているのも魅力。華やかなデザインのサブヒーターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) 遠赤外線 グラファイトヒーター DCTS-B12

ハイパワーなグラファイトヒーターを探している方におすすめのモデルです。ワット数を3段階で調節でき、最大1200Wのパワフルな出力で、しっかりとあたたまれるのが魅力。左右約70°の範囲で動く自動首振り機能も搭載しているので、広範囲や複数人の暖房にぴったりです。

さらに、暖房範囲をスポットとワイドの2種類に切り替えられるのもポイント。ヒーターの反射板を動かして角度を調節することで、狭い範囲を一気にあたためたい場合と広範囲をあたためたい場合の両方に対応できます。

また、自動オフタイマー機能も搭載しており、最長6時間後までセット可能。転倒時の自動電源オフ機能も内蔵しているため、安全性にも優れています。本体サイズは幅30×奥行30×高さ77.4cmで、リビングなど広い空間でのスポット暖房としておすすめです。

山善(YAMAZEN) グラファイトヒーター DCTS-A091

使い勝手のよいスリムタイプのグラファイトヒーターです。ワット数は2段階に調節でき、最大900Wの出力に対応。左右70°に動く自動首振り機能も搭載しており、より快適に使用できるのが魅力です。

本体サイズは幅30×奥行30×高さ84cmのすっきりとしたタワー型で、場所を選ばずに設置することが可能。重量は約2.8kgで、上部に取っ手が付いているため、ラクに持ち運べるのもメリットです。

安全機能として転倒時の自動電源オフ機能を搭載しているのもポイント。シンプルながらもバランスよく機能を備えたおすすめモデルです。

山善(YAMAZEN) 遠赤外線 グラファイトヒーター DBCS-A10

足元暖房におすすめのグラファイトヒーターです。本体サイズが幅33×奥行17.6×高さ46.5cmとコンパクトなので、デスクやソファの足元などにすっきりと設置できます。さらに、ワット数は3段階で調節可能なうえ、最大1050Wのハイパワーでしっかりとあたたまれるのも魅力です。

また、グラファイト管だけでなくシーズ管を2本搭載しているのも特徴。速暖性に優れたグラファイトヒーターと、遠赤外線の量が多いシーズヒーターをワット数に応じて使い分けられるため、より効率よくあたたまれます。