スイッチを入れてから暖まるまでに時間がかかる暖房器具にはイライラするもの。寒い屋外から帰宅してすぐに体を暖めるには速暖能力の高い暖房器具が必要です。

そこでチェックしたいのが立ち上がりの早いグラファイトヒーター。遠赤外線の照射量が多いので、冷え切った手先や足先をすぐに暖めたいときに嬉しい1台です。今回はグラファイトヒーターの選び方とおすすめモデルを紹介します。

グラファイトヒーターとは?

By: amazon.co.jp

グラファイトヒーターは発熱体に黒鉛を採用した暖房器具。空気を暖めるのではなく遠赤外線で人体を直接暖めるため、冷えた体を芯からじっくり暖める目的で使うのがおすすめです。

グラファイトヒーターの特徴は立ち上がりの早さです。スイッチを入れてから暖まるまで1秒もかからないため、冷えた体を素早く暖めるのに最適。他の電気暖房器具に比べて遠赤外線を放射する性能に優れているため、スイッチを入れるとすぐに発熱し体を芯から暖めてくれます。

グラファイトヒーターの電気代

グラファイトヒーターの電気代は消費電力によって異なるため、気になるモデルが見つかったら消費電力をチェックして電気代を計算してみましょう。

電気代の計算に必要な情報は「グラファイトヒーターの消費電力」と「電気料金単価」です。電気料金単価とは、1Kwh(1000W)の電化製品を1時間使用した場合の料金のこと。地域や契約している電力会社によって金額が異なりますが、全国的な平均は25~27円程度です。

例えば、電気料金単価が27円の地域で900Wのグラファイトヒーターを1時間使用すると「900W÷1000×1時間×27円=24.3円」。この計算方法を使えば他の電気製品の電気代も計算できるので覚えておくと便利です。

グラファイトヒーターは部屋全体を暖める暖房器具ではないため、プラスアルファの暖房器具として取り入れるのがおすすめ。寒い時にメインの暖房器具を強モードにするなら、グラファイトヒーターを中温で使用して寒い場所だけを暖めて使えば省エネにも期待ができます。

カーボンヒーターとの違い

By: amazon.co.jp

グラファイトヒーターは見た目がカーボンヒーターと似ているため同じ種類の暖房器具と思われやすいですが、グラファイトヒーターの発熱体は黒鉛、カーボンヒーターの発熱体は炭素繊維と発熱体が異なります。

どちらの暖房器具も人体を暖める原理は同じですが、グラファイトヒーターはカーボンヒーターに比べ立ち上がりが早く速暖性に優れています。同じ消費電力のカーボンヒーターに比べるとグラファイトヒーターの方が約2倍の遠赤外線を放射するので、冷えた体もすぐに暖まれるのがポイントです。

グラファイトヒーターの選び方

使用シーンにあったサイズや形状を選ぶ

By: amazon.co.jp

グラファイトヒーターには狭い場所にも置けるスリムタイプから複数の人を暖められる幅広タイプまでさまざまなモノがあります。一人で使うならスリムタイプ、複数人で使うなら幅広タイプが最適です。

トイレや洗面所などの狭い場所で使うなら、スリムなモノがおすすめ。足元暖房には横幅が広めで背が低いモノを使うと快適です。リビングやダイニングでスポット暖房として使うなら、幅と高さがあるモノを選びましょう。

ワット数を調節できるモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

スイッチやボタンでワット数を調節できるモノを選べば、その日の気温に合わせて温度を変えられるため、気温が高い日は弱モード、低い日は中〜強モードに設定すれば快適に使用できます。

また、ワット数を細かく調節できるヒーターは、無駄な電力を抑えられるのもポイント。ワット数の調節機能は安いモデルで2段階、高機能のモデルで10段階まで調節できるため、電気代を抑えたい方にもおすすめです。

首振り機能やタイマー機能があると便利

By: amazon.co.jp

グラファイトヒーターをリビングなどで使う場合は首振り機能があると便利。家族でソファーに座ってテレビを見る時に首振り機能を使えば、みんなが気持ちよく暖を取れます。一人で使う場合でも首振り機能があれば体全体を暖められるのでおすすめです。

タイマー機能は電源の切り忘れ防止に役立つため、設定時間を調節できるモノや自動オフタイマー機能を搭載したモデルが人気。メインの暖房と併用してグラファイトヒーターを1時間だけ運転させたい場合にも、タイマー機能があれば電源の切り忘れがなく節電にも期待できます。

火事や火傷を防ぐ安全機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

ヒーターが加熱されて赤く発火するグラファイトヒーターは火事や火傷の危険性があるため、安全機能の有無をチェックして選ぶことが大事です。

まずチェックしたいのが転倒時の自動電源オフ機能。万が一のトラブルでグラファイトヒーターが倒れても自動で電源がオフになるので安心です。倒れたグラファイトヒーターを元に戻してもすぐに電源が入らない二重安全設計も重要。倒れてしまうと慌てて元に戻そうと思いますが、すぐに電源が入れば火事の危険性があるので二重安全設計でトラブルを防止しましょう。

その他にもセンサーが障害物の接近を感知すると自動で電源がオフになるモデルもあります。洋服への引火や子供の火傷を防ぐための有効な機能なので、購入前にチェックしておきましょう。

グラファイトヒーターのおすすめメーカー

アラジン(Aladdin)

By: amazon.co.jp

1930年代にイギリスで生まれたアラジン。当初は石油ストーブをメインに開発していましたが、その技術を他の製品にも応用してトースターやグラファイトヒーターを販売しています。

アラジンの最大の魅力はレトロでおしゃれなデザイン。見ているだけで心も暖かくなるグラファイトヒーターはおしゃれなモノに敏感な方から人気があります。個性的でおしゃれなデザインを好む方におすすめのメーカーです。

コイズミ(KOIZUMI)

By: amazon.co.jp

コイズミは生活家電だけでなく、美容機器や音響機器を扱うメーカー。「使う人の暮らしを快適にすること」をコンセプトにモノづくりをしており、さまざまな人気製品を販売しています。

ジェネリック家電の代表格でもあり、品質と信頼の高さで有名です。フルスペックのグラファイトヒーターは他メーカーよりコスパがよいのが魅力。充実した機能のモノを手頃な価格で購入したい方におすすめのメーカーです。

グラファイトヒーターのおすすめモデル

アラジン(Aladdin) グラファイトヒーター CAH-2G10A

「電動・縦横ローテーション」機能が特徴のモデルです。ワンタッチでヒーター部分を自動で縦横に切り替えられるので、一人でも複数人でも使えるのがポイント。横向きは縦向きの約3倍エリアを暖房できるので、家族でくつろぐ時間や来客時に最適です。出力は300~700Wまで50Wごとに細かく設定可能。1000WのFullモードは約2.1m先まで暖房できます。

セーフティーサポートセンサーにより、障害物が近づくと自動で電源がオフになるので安心。風でなびいたカーテンやロングスカートへの引火や子供の衝突による火傷を未然に防ぎます。暖房性能が高く、安心して使えるモノを探している方におすすめです。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター AEH-G406N-G

落ち着いたグリーンとどことなく懐かしさを感じるフォルムでレトロ感を演出しているおしゃれなグラファイトヒーター。スイッチを入れてからすぐ暖まる速暖機能は芯まで冷える寒い日に重宝します。電力切り替えは強モード400Wと弱モード200Wの2段階です。

幅も奥行も18cmとコンパクトで高さが52.6cmと低いので、デスクの下で足元を暖めるのに最適。消費電力が低いモデルなので、スポット暖房に適しています。本体裏には移動に便利なハンドルを搭載。また転倒オフスイッチも付いているため安心して使えます。おしゃれでコンパクトなデザインの消費電力が低いモノを探している方におすすめです。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター CAH-G42GA

鳥かごのようなデザインが印象的なグラファイトヒーター。大型ガードを搭載することにより、接触による火傷を防ぐだけでなく個性的なデザインに仕上げている優れモノです。昭和レトロなインテリアやアジアン家具に馴染むデザインなのがポイント。暖房器具で部屋に生活感を出したくない方にもおすすめです。

防滴仕様のため水を使う洗面所やキッチンでの使用に最適。幅と奥行が19cmとコンパクトで狭い場所にもすっきり収まります。電源コードが2.3mと長く、電源コンセントの場所が設置箇所から遠くても使用できるのがポイント。レトロデザインでコンパクトなグラファイトヒーターを探している方におすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) グラファイトヒーター KKS-0987

おしゃれなインテリアに合う暖房器具を探している方におすすめのモデル。スタイリッシュなゴールドカラーなので、部屋に置くだけで空間が洗練されます。立ち上がりが非常に早く、電源スイッチを入れてから約0.2秒で暖まるのが魅力。自転車で帰宅した際などで冷えた手先や足先をしっかり暖めるのに最適です。

自動首振り機能を搭載しており、ダイニングで食事をする際に家族全員で暖を取れます。2段階の温度切り替えスイッチを搭載しており、温度の切り替えが簡単で暑いと感じたらスイッチを回すだけで快適な温度で使用可能です。タイマーは1~3時間で設定できるので就寝時に便利。首振り機能とタイマーを搭載したスタイリッシュなモノを探している方におすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) グラファイトヒーター KKS-0681

スリムで置き場所を取らないモノを探している方におすすめのモデル。幅と奥行が25cm、高さ68.4cmとコンパクトなので、狭いキッチンや書斎に最適です。電力切り替えは強モード600Wと弱モード300Wの2段階あり、その日の気温に合わせて切り替えられます。

電力切り替えは本体上部のつまみを回すだけで簡単に操作できます。1~3時間まで設定できるタイマーは本体側面のダイヤルを回すだけ。また二重安全転倒スイッチも搭載されているので火事や火傷のリスクも軽減されます。スリムで操作が簡単なグラファイトヒーターを探している方におすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) グラファイトヒーター KKS-0683

ポップカラーがおしゃれで個性的なグラファイトヒーター。カラーはブルーの他にレッド、ブラック、ベージュがあり好みに合わせて選べます。上部がクレヨンのように尖ったデザインはサクラクレパスとのコラボによるもの。デザインだけではなく、二重安全転倒スイッチも搭載されているため子供部屋用にもおすすめです。

電力はダイヤルを回すだけで簡単に切り替えられ、600Wの強モードと300Wの弱モードの2段階の設定ができます。カラフルでコンパクトなグラファイトヒーターを探している方におすすめです。

山善(YAMAZEN) グラファイトヒーター DCTS-A091

スリムでコンパクトなグラファイトヒーター。脚部分の幅と奥行きが30cmなので、ちょっとしたスペースに置くのに最適です。シンプルなデザインはどんなインテリアにもマッチします。電力切り替えは強モード900Wと弱モード450Wの2段階。操作は本体上部のダイヤルを回すだけなので、機械が苦手な方でも扱えます。

自動首振り機能は、角度が70°と40°に切り替えられられるのがポイント。一人で使う場合でも40°で首振りすれば体全体を暖められます。安全転倒オフスイッチを搭載しているため万が一のトラブルにも対応可能です。本体は約2.8kgと軽量なので、移動して使うのも苦になりません。デザインと操作がシンプルなグラファイトヒーターを探している方におすすめです。

高須産業(TSK) 涼風暖房機 SDG-1200GSM

トイレや脱衣所の壁面にグラファイトヒーターを取り付けたい方におすすめのモデル。人の動きを感知して電源が自動で切り替わる人感センサーを搭載しているため、電気を無駄にすることなく快適に使えます。暖房器具の温風が苦手な方の部屋に設置するのもおすすめ。6畳程度の狭い部屋であれば十分に暖房できます。

電力切り替えは、付属のリモコンで強モード1200Wと弱モード600Wの2段階設定可能です。1~3時間で設定できるタイマー機能は電源の切り忘れ防止にも便利。壁への取り付けは取付ベース板を壁にネジ留めして本体をはめ込むだけなので手軽に設置可能。壁面に取り付けられるモノを探している方におすすめです。