自動でご飯が炊ける「炊飯器」。お米を主食とする日本の家庭には欠かせない家電です。最近では、芯までふっくらとした美味しいご飯を炊くために、各メーカーが炊き方や内釜にこだわった製品を豊富に展開しています。

そこで今回は、3合、5合、1升の容量別におすすめの炊飯器をご紹介。選び方のポイントも参考に、理想的な炊飯器を見つけてみてください。

炊飯器の容量をチェック

一人暮らしなら3合程度

By: tiger.jp

180mlカップ1杯分のお米が1合です。1合のお米なら、中サイズのお茶碗で約2.5杯のご飯が炊けます。3合なら約7.5杯分。1日3食、1食あたり2杯分のご飯を食べる方でも、3合炊き炊飯器なら1日分のご飯をまとめて炊けるので便利です。

3合炊き炊飯器は、本体サイズもコンパクトなモノが多いのもメリット。一人暮らしで狭いキッチンに設置したい方や、冷蔵庫の天面や卓上に省スペースで設置したい方にも適しています。

3合炊き炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

2~3人家族なら3合~5.5合

By: amazon.co.jp

5.5合炊き炊飯器の場合、中サイズのお茶碗で最大約13.5杯分のご飯を炊けます。炊いたご飯を1日3食に分けて食べる場合でも、1食あたり最大4杯強のご飯を用意可能。二人暮らしなら十分な容量です。また、大人2人と少食な小さな子供の3人家族にも適しています。

また、1日1食だけご飯を食べる家庭や1食あたりのご飯を食べる量が少ない家庭なら、3合炊き炊飯器もおすすめです。

3合のお米なら、中サイズのお茶碗約7.5杯分のご飯を炊けます。3人家族の場合でも夕食にたくさんのご飯を食べられるほか、1人あたり1杯分のご飯を夕食と朝食に分けて食べることも可能です。

5〜5.5合炊き炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

4人以上は5.5合~1升炊き

By: paloma.co.jp

4人家族の場合、少食でも1食あたりお茶碗4杯分のご飯が必要。育ち盛りの子供がいる家庭では、1食あたりのご飯の消費量が増えるのでお茶碗8杯分以上のご飯を炊けると安心です。

また、ホームパーティーや親戚が集まる機会がある場合は、より多くのご飯が炊けると便利。生活スタイルに合わせて、適切な容量を選んでみてください。

1度に炊けるご飯の最大量を中サイズのお茶碗で表すと、5.5合炊き炊飯器なら約13.5杯分、1升(10合)炊き炊飯器なら約25杯分になります。

ご飯の消費量が少ない4人家族なら5.5合炊き炊飯器でも十分。5人以上の大家族やご飯をよく食べる子供がいる家庭では、1升炊き炊飯器がおすすめです。なお、容量が大きいほど本体サイズが大きくなるため、設置に場所を取りやすいことは留意しておきましょう。

1升炊き炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

炊飯器の選び方

ご飯の美味しさを左右する「加熱方式」をチェック

味と価格のバランスが取れた「IH式」

By: amazon.co.jp

電磁誘導により、炊飯器の内釜自体を発熱させる仕組みを応用したのがIH炊飯器。電熱ヒーターの熱であたためるマイコン式に比べて、内釜の加熱ムラが少なく、火力が高いのが特徴です。一粒一粒のお米にムラなく火が通り、ふっくらとしたしゃっきりご飯に炊き上がります。

IH炊飯器は、火加減を細かく調節しやすいのも特徴です。ご飯の硬さや食感を炊き分ける機能が充実したモデルや、保温機能を得意としたモデルを多く展開しています。

また、IH炊飯器は、ほかの加熱方式タイプの炊飯器に比べてラインナップが豊富。好みに合わせてぴったりなモノを探せます。さらに、IH圧力炊飯器に比べて価格が安いモノが多いので、コストパフォーマンス重視の方にもおすすめのタイプです。

モチモチ食感を楽しみたい方は「圧力IH式」「スチームIH式」

内釜自体を発熱させ高火力を実現するIH加熱方式に、圧力を加えたのが圧力IH炊飯器です。圧力が高いほど水の沸点が上昇する原理を応用。101℃以上の高温で炊くことでお米の芯までしっかり火が通り、美味しさのもとである糊化を促進します。

ご飯の甘みや弾力性が増し、かまどで炊いたご飯のようにもっちりとした美味しいご飯を目指せるのがメリットです。

圧力IH炊飯器はお米に効率よく火を通せるので、IH炊飯器やマイコン炊飯器に比べて短時間で炊き上げられるのも特徴。また、火が通りにくい玄米などの健康米をやわらかく炊ける機能が充実したモデルも多く展開されています。

スチームを搭載したIH圧力炊飯器も人気です。高温スチームで蒸らしながらご飯の旨みを引き出すモノや、ご飯の乾燥を軽減しながら保温するモノなどがあります。ご飯の美味しさにこだわりたい方はチェックしてみてください。

圧力IH炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

「ガス式」なら直火でかまどのような炊きあがりに

By: amazon.co.jp

ガスコンロでフライパンを加熱するように、ガス火で直接内釜を熱するのがガス炊飯器です。電熱ヒーターやIHヒーターのように電気を熱源にする炊飯器に比べて、火力が高いのが特徴です。内釜内の強火で一気に沸騰させ、高温でお米の芯までしっかり火を通します。

糊化が促進され、かまどで炊いたようなもっちり感のある美味しいご飯が炊けるのが魅力です。また、効率よくご飯を美味しく炊けるので、業務用モデルが多く展開されています。家庭用では5合〜1升炊きモデルが人気です。

なお、設置場所が限定されるのが難点。安全に配慮して壁からある程度離して置く必要があります。さらに、ガスホースが届くかどうかも重要です。配線のしやすさも考慮して設置場所を確保しておきましょう。

ガス式炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

コストを抑えたい方は「マイコン式」がおすすめ

By: amazon.co.jp

電熱ヒーターの熱で内釜を加熱するのがマイコン炊飯器です。ほかの加熱方式タイプのなかで、もっとも構造がシンプル。価格が安いうえ、お手入れもしやすいので人気があります。

マイコン炊飯器は、3合炊きモデルが主流です。機能がシンプルなので、炊飯器に不慣れな方でも操作が簡単。初めて一人暮らしをする方などにもおすすめです。

なお、長時間の保温には不向き。1度に食べきれる量を炊く方や、残りのご飯は冷凍保存する方に適しています。

内釜の素材をチェック

発熱・備熱性抜群の「鉄釜」

By: amazon.co.jp

IHヒーターによる発熱効率が高いほか、蓄熱性も高い「鉄釜」。IH炊飯器の内釜に多く採用されています。高い火力で一気に内釜を加熱できるほか、保温力が高く蒸らし工程でも高温を維持しやすいのがメリットです。

高温によりお米の芯まで火が通り、糊化を促してご飯の甘みを引き出すことが可能。また、炊きムラが少なく、一粒一粒がふっくらと炊き上がります。美味しいご飯を味わいたい方におすすめです。

なお、ほかの素材に比べて重さがあるのが難点。内釜を頻繁に出し入れする場合、手や腕が疲れやすいので注意しましょう。なかには、鉄を部分的に使用した内釜もあります。重さが気になる方はチェックしてみてください。

より甘みのあるご飯が炊ける「銅釜」

鉄やステンレスよりも熱伝導性が高い「銅釜」。厚みのある銅板はIHヒーターと相性が悪く発熱しにくいので、薄めに銅をメッキした内釜が主流です。

銅は熱をすばやく伝えるので、内釜全体を均一に加熱しやすいのがメリット。高火力の熱を一気に内釜全体に伝え、内釜内部をムラなく加熱します。高火力により一粒一粒のお米の芯まで火が通り、甘みがありツヤのあるご飯を炊けるのが魅力です。

銅ならではの明るい色合いも人気。内釜の見た目にこだわりたい方もチェックしてみてください。

じっくりと蒸らして焚き上げる「土鍋釜」

遠赤外線効果と高い蓄熱性により、じっくりとお米の芯まで火を通す「土鍋釜」。高温でじっくり蒸らしながら糊化を促し、甘みがありもっちりとした美味しいご飯を炊き上げられるのが魅力です。また、香ばしいおこげも楽しめます。

なお、金属製の内釜に比べると発熱効率が低く、予熱に時間がかかりやすいのが難点です。短時間で炊きたい方には不向きと言えます。便利さよりも、ご飯の美味しさを優先したい方におすすめです。

また、落下させたりぶつけたりすると、割れやすいので注意。落ち着いてお手入れしましょう。

土鍋炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

安価で味もよい「炭釜」

By: amazon.co.jp

IHヒーターによる発熱効率が高く、熱伝導性も高い「炭釜」。高火力を実現できるほか、内釜全体を均一に加熱できます。

遠赤外線効果もあり、高温と輻射熱によりお米の芯までしっかりと火を通すことが可能。炊きムラが少なく、一粒一粒がふっくらとした美味しいご飯を炊けるのがメリットです。

また、炭釜は金属製の内釜よりも軽量なので、手や腕が疲れにくい内釜を探している方にもおすすめ。なお、衝撃に弱く落下すると割れてしまう可能性があるので、扱いには注意しましょう。

便利な機能をチェック

保温機能

By: paloma.co.jp

夕食と朝食をまとめて炊きたい場合や、家族でご飯を食べるタイミングにばらつきがある場合に便利なのが「保温機能」。いつでもあたたかいご飯を食べられます。

ただし、ご飯の美味しさは、保温時間が長いほど劣化しやすいのが特徴。通常の保温機能なら、5〜6時間以内に食べきるのが理想的です。適切な保温時間よりも長く保温すると、ご飯が乾燥して硬くなったり、ご飯が黄色く変色したりする可能性があります。

メーカーや製品によって保温機能はさまざま。温度を調節しながら最大24時間美味しく保温できる機能、ご飯の水分蒸発を抑えながら最大40時間保温できる機能などが存在します。また、スチームを吹きかけて、ご飯の乾燥を予防できるモデルも人気です。

保温機能が高い炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

炊き分け機能

By: panasonic.jp

ご飯は、水分量や糊化の度合いなどにより食感が変わってきます。「炊き分け機能」を搭載した炊飯器なら、炊き上がりのご飯の硬さやねばり具合を選べるので便利です。

一般的に、カレー・丼物・寿司などは粒立ちがよく、しゃっきりとしたご飯が理想的。一方で、和食・おにぎり・お弁当のご飯は、やわらかくもっちりとしたご飯が合います。料理や好みに合わせてご飯の食感を炊き分けたい方は、炊き分け機能が充実した炊飯器を探してみてください。

蒸気レス・カット

By: hitachi.co.jp

炊飯器はたっぷりの水を沸騰させて炊き上げるため、天面から蒸気が吹き出すのが一般的です。蒸気は高温なので、肌に触れると火傷をする可能性があります。小さな子供がいる家庭は要注意が必要です。

蒸気が心配な方は、「蒸気レス」「蒸気カット」仕様の炊飯器がおすすめ。蒸気が少ないので、安心して使えます。また、蒸気による結露も予防可能。水に弱い木製の家具や雑貨の側に設置したい方にも最適です。

蒸気レス炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

玄米モード

By: tiger.jp

白米に比べて、食物繊維やビタミンを多く含むとされる玄米。健康志向の方や女性に人気の食材です。

しかし、白米に比べ水分の吸収や熱の通りが遅く、玄米を美味しく炊くには時間と手間がかかります。炊飯器の通常モードは白米用に設定されており、玄米で炊くと芯が残ってしまうので注意が必要です。

玄米を手軽に炊きたい方は「玄米モード」を搭載した炊飯器がおすすめ。白米よりも多少時間はかかりますが、難しい設定をせずに美味しい玄米ご飯を炊き上げられます。玄米ご飯のやわらかさや早炊きにこだわったモデルもあるので、チェックしてみてください。

玄米炊飯器が高い炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

ケーキやパンが焼けるモデルもおすすめ

炊飯器のなかには、ご飯以外にも煮込み料理・ケーキ・パンを簡単に料理できるモデルも存在。子供のおやつにケーキやメロンパンを焼いたり、夕食にご飯ではなくパンに合う煮込み料理を作ったりと楽しみ方が広がります。

炊飯器のおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

1918年に、ガラスマホービンの中ビンの製造をきっかけに創業した象印マホービン。炊飯器を中心に、水筒やキッチン家電などを展開しています。炊飯器は、マイコン式・IH式・圧力IH式全てにおいてラインナップが豊富です。

ご飯の美味しさはもちろん、機能やお手入れのしやすさが充実したモノが多く人気があります。上位モデルでは「炎舞炊き」を搭載。「ローテーションIH構造」により、かまどの炎を再現し激しい対流を起こします。一粒一粒のお米が舞いながら芯まで火が通り、美味しいご飯を炊けるのが魅力です。

「わが家炊き」の炊き分け機能も便利。前回の炊き具合についてアンケートに答えるだけで、好みに適した炊き方を自動設定します。炊く回数を重ねるたびに、好みに合ったご飯を炊けるのが魅力です。

象印マホービンの炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic)

1918年創業の日本の大手総合電機メーカーであるパナソニック。キッチン家電では、冷蔵庫から調理家電まで幅広く展開しています。

炊飯器では、IH式と圧力IH式を中心に展開。デザインがシンプルでスタイリッシュなモノが多いので、目につきやすい場所に設置したい方にもおすすめのメーカーです。

上位モデルでは「Wおどり炊き」を搭載。内側と外側の2つのIHコイルを交互に通電し、熱対流を促進します。また、圧力に強弱をつけることでお米の対流を促し、一粒一粒にムラなく火を通すことが可能。粒が大きく、もちもち感のある美味しいご飯が炊けるのが魅力です。

パナソニックの炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

タイガー魔法瓶(TIGER)

1923年に「虎印」の魔法瓶を製造販売したことから始まったタイガー魔法瓶。炊飯器・電気ポットなどのキッチン家電を展開しています。

炊飯器では、マイコン式から圧力IH式までご飯の美味しさや機能にこだわったモデルが多いのが特徴です。土鍋コーティングを施した内釜や、土鍋の内釜を採用したモデルが人気。土鍋ならではの高火力で甘みと弾力のある美味しいご飯を味わえます。

炊飯だけでなく、ケーキを焼けるモノやスロー調理で煮込み料理が作れるモノも豊富。汎用性が高い炊飯器を探している方にもおすすめのメーカーです。

タイガー魔法瓶の炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

炊飯器のおすすめ|一人暮らし・3合程度

象印マホービン(ZOJIRUSHI) マイコン炊飯ジャー 極め炊き NL-BC05

底面・側面・上ぶたに電熱ヒーターを搭載し、お米をムラなく加熱してふっくらと炊き上げる3合炊きマイコン炊飯器です。効率よくお米に火を通せるだけでなく、蒸らし工程で上ぶたの結露も軽減。べちゃつきを抑えられ、しゃっきりご飯を楽しめます。

玄米や雑穀米を炊ける「健康米メニュー」も搭載。玄米でも約90分で炊き上がるので毎日玄米ご飯を食べたい方にもおすすめです。ほかにも、「炊きこみ」「おかゆ」「無洗米」「白米急速」など炊飯メニューが充実しています。

最大13時間後まで設定できる「タイマー予約炊飯」も搭載。予約をセットしておけば、忙しい朝でも炊きたてご飯を食べられるので便利です。最大12時間の保温機能と保温中のご飯をあたためる再加熱機能も付いているので、時間がずれてもあたたかいご飯を食べられます。

また、炊飯だけでなく、パン生地を発酵させてパンを焼くことも可能です。メロンパンやフォカッチャなどを作って楽しめます。

パナソニック(Panasonic) 可変圧力IHジャー炊飯器 おどり炊き Jコンセプト SR-JX058

「可変圧力おどり炊き」を搭載し、炊きムラなく芯までふっくらと炊き上げる3合炊き圧力IH炊飯器です。前炊き工程で旨み成分のアミノ酸を引き出し、追い焚き工程に圧力をかけて高温に保つことで糊化を促進。甘みと旨みがあるもっちりとした美味しいご飯を味わえます。

「銀シャリ4種類炊き分け」も搭載。料理や好みに合わせて、ふつう・かため・やわらか・もちもちの4通りに炊き分け可能です。また、「玄米2種類炊き分け」機能も搭載。ふつうの硬さにも、やわらかめにも玄米を炊けます。健康志向の方や女性の一人暮らしもおすすめです。

赤飯やおこわを美味しく炊ける「おこわ」と、消化にやさしい「よりやわらかごはん」も搭載。もち米が好きな方や、体調に合わせてご飯を炊き分けたい方にも適しています。

稲穂をイメージした「豊穣柄」のデザインがおしゃれ。文字が大きく表示されて見やすい「フルドット液晶」を搭載し、操作しやすいのもメリットです。

タイガー魔法瓶(TIGER) IHジャー炊飯器 炊きたて JPF-A550

熱効率が高い「5層遠赤特厚釜」に蓄熱性が高い「土鍋コーティング」を施し、高火力でふっくらと美味しく炊き上げる3合炊きIH炊飯器。うっすらとおこげができるので、香ばしいご飯が好きな方にもおすすめです。

雑穀米・玄米・おかゆ・炊込み・冷凍用ごはん・ケーキなどメニューも充実しています。早炊き機能や予約機能も搭載し、忙しい一人暮らしにぴったりです。

また、材料を入れてレシピ通りに調理時間を設定するだけで、簡単に煮魚・煮物・スープなどが作れる「15分時短調理」メニューも搭載。手間なく短時間でおかずが一品出来上がります。冷凍したご飯がある場合などに、炊飯器でおかずを作れるので便利です。

機能が充実しながら、約幅23.2×奥行32.2×高さ18.1cmとコンパクト。省スペースで設置したい方もチェックしてみてください。

三菱電機(MITSUBISHI) ジャー炊飯器 本炭釜 NJ-SEB06

高火力と遠赤外線効果によりお米の芯までふっくらと炊き上げる3.5合炊きのIH炊飯器です。純度99.9%の炭から職人が手作業で作り上げる「本炭釜」を搭載しています。

底面のIHヒーターだけでなく、側面と上ぶたにも電熱ヒーターを搭載。内釜を一気に加熱しながら、お米をムラなく加熱します。また、独自の「連続沸騰」によりお米の対流を促し、粒感がある美味しいご飯に炊き上げられるのが魅力です。

また、圧力をかけないことで一粒一粒が「保水膜」にきれいに包まれ、ツヤとハリがあるご飯を味わえます。冷めても旨みや水分が逃げにくく、おにぎりやお弁当用のご飯を美味しく炊きたい方にもおすすめです。

さらに、玄米モードも搭載。ふっくら美味しい玄米ご飯も楽しめます。

一人暮らしの炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

炊飯器のおすすめ|2~3人暮らし・5合程度

象印マホービン(ZOJIRUSHI) STAN. 炊飯器 NW-SA10

スタイリッシュなデザインが特徴の調理家電シリーズ「STAN.」のIH炊飯器。5.5合炊きで3〜5人程度での使用に適しています。

白米を3種類の硬さに炊き分けられる機能を搭載。さらに、赤ちゃんの成長に合わせてご飯(おかゆ)の硬さを調節できるメニューも備えており、用途や好みに合わせて使用できます。

また、長時間経っても炊きたてのようなあたたかいご飯を食べられる保温機能を搭載しているのもポイント。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめの炊飯器です。

▼【レビュー】象印「STAN.」のIH炊飯器は粒が立ったおいしいご飯を炊ける

パナソニック(Panasonic) IHジャー炊飯器 大火力おどり炊き SR-HX100

「大火力おどり炊き」を搭載し、一粒一粒のお米を大きくふっくらと炊き上げる5.5合炊きIH炊飯器です。

高火力を実現する「ダイヤモンド銅釜」を搭載。外側と内側の2つのIHコイルを約0.04秒ごとに交互に通電しながら内釜を加熱し、激しい泡の熱対流を発生させます。一粒一粒のお米を均一に加熱し、美味しく炊けるのが魅力です。

「ふつう」「かため」「やわらか」の3通りにご飯の硬さを炊き分けられます。また、甘みを引き出しながら短時間で炊き上げる「甘み早炊き」コースも便利です。そのほかにも、すし・おかゆ・玄米・雑穀米・無洗米・ケーキなどコースが充実しています。

黄ばみや味の低下を抑えて最大24時間保温できる「いきいき保温」も搭載。夕食に余ったご飯を朝食に美味しく食べたい方にもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 圧力IHジャー炊飯器 炊きたて JPK-G100

「遠赤土鍋コーティング」と「土鍋蓄熱コート」を施した「遠赤5層土鍋蓄熱コート釜」により、土鍋のような高火力を実現する5.5合炊き圧力IH炊飯器。圧力をかけることで内釜温度をさらに高め、ご飯の甘みともっちり感を引き出します。

玄米と雑穀に加えて「麦めし」専用メニューも搭載。押麦ともち麦の2種類から選択でき、独自の炊飯プログラムにより大麦独特のニオイも抑えて美味しく炊き上げられるのが魅力です。

最大30分と短時間で煮物が作れる「クイック調理」と、30〜360分までじっくり煮込める「スロー調理」メニューも搭載。忙しい日は簡単な煮物、休日は本格的な煮込み料理を作って楽しめます。

毎回お手入れが必要なパーツは内なべ・内ぶた・スチームキャップの3点のみ。取り外して丸洗いできるので、お手入れ簡単です。調理後などのニオイが気になる場合に便利な「洗浄コース」も搭載しています。

日立(HITACHI) 炊飯器 ふっくら御膳 RZ-V100DM

「極上ひと粒炊き」を搭載し、粒立ちがよいご飯を炊き上げる5.5合炊きのスチーム圧力IH炊飯器。京都の米料亭である「八代目儀兵衛」が理想とする「外硬内軟」の炊き上がりを再現しています。

蓄熱性・発熱性・伝熱性が高い「大火力 沸騰鉄釡」を搭載。アルミニウムと組み合わせることで内釜を軽量化しています。高火力を実現できるほか、軽くて扱いやすくお手入れ簡単です。

「蒸気カット」設計で、スチームを使用しながら蒸気がほとんど外に出ないのもメリット。小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。また、約幅24.8×奥行30.2×高さ23.2cmと比較的コンパクトなので、スライド式の棚や狭い場所に設置しやすいのもポイントです。

スチームを使用することで最大24時間ご飯をしっとり保温できる「スチーム保温」も搭載。1日3食分をまとめ炊きしたい方にも適しています。

リンナイ(Rinnai) ガス炊飯器 直火匠 RR-055MST2

最高約1200℃の直火で内釜を加熱し、高火力で一気に炊き上げる5.5合炊きのガス炊飯器です。熱伝導性と蓄熱性が高いアルミキャストを使用した「蓄熱厚釜」を搭載。高温を維持しながらお米を美味しく炊き上げます。粒立ちがよくもっちりとしたご飯を楽しみたい方におすすめです。

白米だけでなく、玄米・おかゆ・炊き込みなど炊飯メニューも豊富に搭載。また、「もちもち」感や「おこげ」具合を細かく炊き分けられる機能も搭載しています。

パーツは簡単に取り外しでき、お手入れ簡単です。内釜には3層フッ素樹脂加工が施されているので、汚れもラクに落とせます。

二人暮らしの炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

炊飯器のおすすめ|4人以上・1升程度

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-PS18

「炎舞炊き」を搭載し、激しい対流を起こしながら大粒のふっくらもっちりご飯を炊き上げる1升炊きの圧力IH炊飯器です。底面に4つのIHヒーターを搭載。同時に2つずつ通電することで、部分的な温度差が発生し対流を促進。お米が舞い上がり、一粒一粒ムラなく火を通せます。

鉄・ステンレス・アルミの層を組み合わせた「豪炎かまど釜」を搭載し、高火力を実現。内面に加工された「プラチナコート」と高火力により、お米の甘みや旨みをしっかり引き出せるのが魅力です。

また、前回食べたご飯に関するアンケートに答えるだけで、81通りの炊き方から好みに合う炊き方を炊飯器が自動設定する「わが家炊き」メニューも人気。細かく炊き分けられるので、どんな家庭でも理想的な食感のご飯を目指せます。

最大40時間までご飯の乾燥を抑えて美味しく保温できる「極め保温」も搭載。夕食・朝食・昼食のご飯をまとめて炊きたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 可変圧力IHジャー炊飯器 SR-MPW180

「Wおどり炊き」を搭載し、一粒一粒にハリのある美味しいご飯に炊き上げられる1升炊き圧力IH炊飯器です。力強い泡の熱対流と強弱のある圧力によりお米をおどらせ、一粒一粒をムラなく加熱します。

大火力を実現する「ダイヤモンド竈釜」と「全面発熱6段IH」を搭載。追い焚き工程も高圧高温を保ち、甘みともっちり感のあるご飯を炊けるのも魅力です。

4通りに食感を炊き分けられる「銀シャリ炊き分け4種類」も搭載。また、カレー・炊込み・おこげ・おかゆ・おこわ・玄米など炊飯メニューも充実しています。約74分と高速で玄米を炊けるメニューもあるので、玄米ご飯を食べる機会が多い家庭にもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) マイコンジャー炊飯器 炊きたて JBH-G182

「黒遠赤厚釜」を搭載し、ふっくら美味しいご飯を炊き上げる1升炊きのマイコン式炊飯器です。遠赤外線効果により、お米や内釜を効率よく加熱。厚みがあるので高温を保ちやすく、炊きムラを予防します。

「調理」メニューも搭載し、最大180分間の煮込み調理が可能です。時間が経過するにつれて温度を下げて自動運転するため、煮詰まりしにくく安心。また、食材に味が染みこみやすく美味しい煮込み料理を作れます。シチューやおでんを作りたい方におすすめです。

機能も構造もシンプルで、操作もお手入れも簡単。価格も安いので、価格重視の方はチェックしてみてください。

パロマ(Paloma) マイコン電子ジャー付ガス炊飯器 炊きわざ PR-M18

ツートンカラーのおしゃれで高級感のあるデザインが魅力の1升炊きガス炊飯器。スタイリッシュなキッチンにもおすすめです。

内釜に熱伝導性の高いアルミ鋳物を使用。ガス火ならではの高火力で内釜全体をすばやく加熱し、内部に激しい対流を起こしてお米にムラなく火を通します。炊きムラなく一粒一粒のお米をふっくら美味しく炊き上げられるのが魅力です。

「早炊き」「炊込み」「おかゆ」「玄米」など炊飯メニューが充実しているのもポイント。また、ガス炊飯器ながら「ケーキ機能」を搭載し、スポンジケーキやスフレチーズケーキなども作れます。

「自動保温」や「予約炊飯タイマー」も搭載。便利な機能が充実し、使い勝手のよいガス炊飯器を探している方はチェックしてみてください。

番外編:高級炊飯器のおすすめ

バーミキュラ(Vermicular) ライスポット RP23A

「世界一、おいしいご飯が炊ける炊飯器」を目指して開発された5合炊きIH炊飯器です。

独自の熱伝導システム「トリプルサーモテクノロジー」を採用した鋳物ホーロー鍋を搭載。丸みのある形状が対流を促し、遠赤外線効果によりお米の芯まで効率よく火を通します。

また、高火力の底面IHヒーター、側面のアルミヒーター、断熱カバーにより、かまどのように内釜を包み込む炎を再現。高火力と効率的な熱伝導システムにより、お米の旨みを引き出し美味しいご飯を炊き上げられるのが魅力です。

中火・弱火・極弱火の3段階に火加減を調節できる「調理モード」も搭載。中火なら炒め物、弱火や極弱火なら無水調理や煮込み料理を楽しめます。さらに、最大360分間の保温機能も搭載。30〜95℃まで温度を設定でき、料理の保温だけでなく低温調理やスロー調理も可能です。

長谷園×シロカ(長谷園×siroca) かまどさん電気 SR-E111

伊賀焼窯元「長谷園」の職人がひとつひとつ手作りする炊飯土鍋「かまどさん」を、直火に近いシーズヒーターで加熱しふっくらと美味しいご飯を炊き上げられる3合炊きマイコン炊飯器です。

土鍋は厚みがあり、保温力が高いので冷めにくいのが特徴。ゆっくりと温度が上昇し、あたたまると高温を長く維持します。また、遠赤外線効果によりお米の芯までじっくり火が通り、糊化を促してふっくらもっちりとした美味しいご飯に炊き上がるのが魅力です。

おかゆ・おこげ・雑穀米・玄米などメニューも充実しています。なお、保温機能は付いていません。ただ、土鍋で炊いたご飯は、炊きたても冷めても乾燥しにくく美味しいのが特徴。冷やご飯が好きな方や、おにぎりやお弁当用のご飯を炊きたい方にもおすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 土鍋圧力IHジャー炊飯器 炊きたて 土鍋ご泡火炊き JPJ-G060

小容量タイプながら、本物の土鍋でツヤとハリのある美味しいご飯を炊き上げられる3.5合炊きの圧力IH炊飯器。約幅23.7×奥行27.8×高さ22.9cmとコンパクトで狭い場所にも設置しやすく、ご飯の美味しさにこだわりたい一人暮らしや二人暮らしの方にもおすすめです。

「土鍋ご泡火炊き」を搭載し、蓄熱性の高い土鍋と遠赤外線効果により高火力を実現。土鍋の細かい泡立ちでお米の表面をいたわりながら、お米の芯までムラなく火を通します。また、高圧高温で蒸らすことで、弾力やもっちり感が向上。粒立ちのよいもちもちご飯を味わえるのが魅力です。

3段階に食感を炊き分けられる機能や、おこげ具合を3段階に調節できる機能も搭載。ほかにも、玄米・雑穀・おこわなど炊飯メニューも充実しています。

パナソニック(Panasonic) スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX180

独自の「鮮度センシング」を搭載し、お米の鮮度に合わせて炊き方を自動設定する1升炊きスチーム圧力IH炊飯器。古くなって乾燥したお米も、よりふっくらと美味しく炊き上げられます。

お米の一粒一粒にムラなく熱を伝えて、ふっくらもっちりと炊き上げる「Wおどり炊き」を搭載。また、独自の「220℃高温スチーム」により、追い焚き工程と蒸らし工程も高温を維持しながら旨みを引き出せるのも特徴です。

さらに、糊化も促進され、ハリとツヤのある美味しいご飯を味わえます。冷めても美味しく、お弁当用のご飯を炊きたい方にもおすすめです。

58種類の「銘柄炊き分けコンシェルジュ」も搭載。銘柄に適した炊き方を設定できます。ほかにも、ご飯の食感を13通りに炊き分けられる「食感自在炊き分け」も便利です。

高級炊飯器について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

炊飯器のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

炊飯器のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。