おいしいご飯を食べるのに欠かせない「炊飯器」。二人暮らしの家電や家具などを購入する際は、一人暮らしのときとは違ったモノを選ぶ必要があります。

そこで今回は、二人暮らしに必要な家電のなかから、おすすめの炊飯器をランキング形式でご紹介します。二人暮らしを始める方や買い替えを検討している方はぜひチェックしてみてください。

二人暮らしにおすすめの大きさは3合?それとも5合?

By: amazon.co.jp

炊き上がったご飯は1合が約340gで、お茶碗1杯が約150g。つまり1合はお茶碗約2杯分です。一般的に炊飯器の大きさは、一人暮らしなら1~3合、二人暮らしなら3〜5合、3人以上の世帯なら5合以上が目安となります。

そのため、朝・昼・夜、毎日の食事だけでなくお弁当用も一気に炊いて冷凍しておく方など、ご飯をたくさん消費するという方は5合を選ぶのがおすすめ。逆に、そこまでご飯を食べないという方であれば3合で十分です。

二人暮らし用炊飯器の選び方

By: irisohyama.co.jp

二人暮らし用の炊飯器を選ぶうえで着目するべき機能は、ずばり保温機能です。最近では、美味しさをしっかりとキープしてくれる保温機能が付いています。また、何時間保温ができるのかもチェックしておきましょう。

もうひとつ着目しておきたい点は、炊飯器の最小炊飯量です。二人暮らしの場合、少しだけ炊きたいといったケースもあるので、その機種が何合から炊けるのかも確認しましょう。炊飯器によっては少ない量を炊くための専用機能もあります。

最後に、美味しいご飯を炊くためには炊飯器のお手入れも欠かせません。内蓋が簡単に外せる炊飯器や、洗浄する部品の数なども炊飯器を購入する際に確認しておくと安心です。

二人暮らしにおすすめの炊飯器ランキング

第1位 タイガー魔法瓶(TIGER) 炊きたて 5.5合 JPC-A101

タイガー魔法瓶(TIGER) 炊きたて 5.5合 JPC-A101

タイガー独自の最新技術が詰まった圧力IH炊飯器です。温度差で釜内部の対流を促進させる「熱流&熱封土鍋コーティング」や、炊き上げ時に気圧をコントロールする「可変W圧力炊き」を搭載。土鍋で炊いたようなふっくらした美味しいご飯が味わえます。圧力搭載機種ながら非搭載機種と変わらないコンパクトサイズを実現しているのも大きな特徴です。

さまざまな調理が楽しめる「多彩な炊き分けメニュー」や、文字が光って見やすい「光る文字くっきり液晶」、常に清潔な状態で使える「洗浄機能」など、便利な機能が充実しているのもポイント。内蓋には、水分の膜を張ってご飯の乾燥を防ぐ独自の「つや艶内ふた」を採用しているので、炊いてから時間が経ったご飯も美味しく味わえます。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 銘柄量り炊き 3合 KRC-ID30

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 銘柄量り炊き 3合 KRC-ID30

さまざまな使い方ができる多機能炊飯器です。おひつとIHヒーターがそれぞれ別になった分離式を採用しているので、これ1台あれば炊飯器・IH調理器の2通りの使い方が楽しめます。40銘柄の特徴を引き出して美味しく炊き上げる「銘柄炊き分け」や、厚釜の蓄熱効果でふっくら炊き上げる「極厚銅釜」、最適な水量でお米が炊ける「量り炊きモード」を採用することで、美味しいご飯が手軽に味わえるのも魅力。

お茶碗によそったご飯のカロリーが分かる「カロリー計量モード」が付いているので、ダイエット中の方や食事制限がある方の健康管理におすすめです。汚れの溜まりやすい内蓋や蒸気口は取り外して簡単に洗うことができるので、炊飯器の衛生面が気になる方でも安心して使えます。

第3位 パナソニック(Panasonic) Wおどり炊き 5.5合 SR-VSX108

パナソニック(Panasonic) Wおどり炊き 5.5合 SR-VSX108

パナソニックが販売する圧力IH炊飯器の2018年モデルです。2つの炊き技でお米を激しく踊らせる「Wおどり炊き」や、お米の鮮度をセンサーで検知して炊き方を調整する「鮮度センシング」、加熱水蒸気を噴射してお米を高熱過熱する「220℃ IHスチーム」を搭載。一粒一粒にムラなく熱を行き渡らせることで、甘みともちもち感のある美味しいご飯が味わえます。

保温開始から約6・12時間後にスチームを自動投入する「スチーム保温」を搭載しているので、保温中のご飯を美味しく味わいたい方にもおすすめ。お米の特性に合わせたプログラムで炊き上げる「銘柄炊き分けコンシェルジュ」、さまざまな食感や堅さに炊き分けできる「食感自在炊き分け」、触れるだけでカンタンに操作できる「タッチキー」など、便利なオプション機能が充実しているのも魅力です。

第4位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 炎舞炊き 5.5合 NW-KA10

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 炎舞炊き 5.5合 NW-KA10

象印の人気シリーズ「炎舞炊き」の2018年モデルです。炊飯器の底面に内蔵した3つのIHヒーターがそれぞれ独立制御する「ローテーションIH構造」や、IHと相性のよい鉄を使用した「豪炎かまど釜」など、業界初の技術を採用。まるで直火で炊いたようなふっくらとした美味しいご飯が味わえます。炊き方を変えて食感を調整する「わが家炊き」を搭載しているので、ご飯のかたさや粘りにこだわりたい方にもおすすめです。

時間をかけてご飯の旨みを引き出す「熟成炊き(白米・玄米)」、香り高いおこげが味わえる「おこげ・湯の子メニュー」、冷めても美味しい「お弁当メニュー」などの多彩なメニューも魅力。汚れが簡単にふき取れる「フラットトップパネル・フラットフレーム」や、ご飯を炊いた後などのニオイ残りを抑える「クリーニング機能」を搭載しているので、従来の炊飯器よりも手軽にメンテナンスが行えます。

第5位 三菱電機(MITSUBISHI) 本炭釜 KAMADO 5.5合 NJ-AW109

三菱電機(MITSUBISHI) 本炭釜 KAMADO 5.5合 NJ-AW109

素材にこだわって作られた三菱の上位モデルです。純度99.9%の炭を熟練した職人が手作業で削り出した「本炭釜」や、強火を絶やさず絶妙な食感に炊く「連続沸騰」を採用。ご飯の旨みを封じ込めてお米の一粒一粒をふっくら炊き上げます。全国のお米35品種のおいしさを引き出す「銘柄芳潤炊きモード」や、もちもちからしゃっきりまで15通りの食感に炊き分ける「炊分け名人モード」を使えば、より美味しくお米が炊けるのも魅力。

ほかにも、0.5合のお米を約18分で炊き上げる「お急ぎモード」、見やすいバックライトの「フルドット液晶」、選択したメニューや大切なお知らせを声で知らせてくれる「音声ナビ」を搭載しています。炊飯器の機能性を重視する方にもおすすめ。丸みを帯びた「実りの形」を採用することで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのも大きな特徴です。

第6位 ROOMMATE 5合 RM-69H

ROOMMATE 5合 RM-69H

カロリーを気にせずご飯が楽しめる炊飯器です。炊飯中に発生する糖質が含まれた水を専用タンクに流すことで、お米の糖質を最大で33%カット。その後高温のスチームでお米をしっかりと蒸らすことで、一粒一粒がふっくらとした美味しいご飯が味わえます。糖質オフ炊飯だけでなく、白米・タイ米・玄米など調理メニューが充実しているのも大きなポイントです。

スチーム機能を使えば、これ1台で温野菜調理や蒸し肉料理などさまざまな料理を楽しむことも可能。大きく操作がしやすいボタン、一目で見やすい液晶パネルなど、使いやすさにこだわって作られているのも魅力です。

第7位 ハイアール(Haier) マイコンジャー炊飯器 3合 JJ-M31D

ハイアール(Haier) マイコンジャー炊飯器 3合 JJ-M31D

価格と性能のバランスに優れたマイコン炊飯器です。1万円以下で購入できる炊飯器にも関わらず、高い蓄熱性を保ち、熱対流を発生させる「4mm極厚まる釜」を採用。粘りや香りを引き出した美味しいご飯が味わえます。見やすく使いやすい「天面操作パネル」や、手軽にお手入れができる「洗える内ぶた」など、実用性を重視して作られているのもポイント。

低価格ながら、小分けにして美味しい状態のまま保存ができる「冷凍用コース」、ボタンひとつで素早くご飯が炊ける「ワンタッチ高速炊飯」、玄米・雑穀米・分づき米が炊ける「ヘルシーメニュー」など、メニューが充実しているのも魅力。スタイリッシュなステンレス調デザインを採用しているので、炊飯器の見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

第8位 パナソニック(Panasonic) 炊飯器 3.5合 SR-KT068

パナソニック(Panasonic) 炊飯器 3.5合 SR-KT068

パナソニックの3.5合炊きIH炊飯器。備長炭入りのコーティングを施した独自の「備長炭釜」を採用することで、ふっくらとしたおいしいご飯を炊き上げます。炊飯器が自動で温度をコントロールする「ケーキコース」を使えば、ご飯だけでなくいろいろなケーキが手軽に楽しめるのもポイント。

機能面では、キーに軽くタッチするだけで操作ができる「タッチキー」や、フラットでお手入れが簡単な「ガラスパネル」を採用。炊飯器のデザインや使いやすさを重視する方にもおすすめです。なお、カラーバリエーションはブラック・ホワイトの全2色。ほかのキッチンアイテムと色を合わせることもできます。

第9位 バルミューダ(BALMUDA) The Gohan 3合 K03A

バルミューダ(BALMUDA) The Gohan 3合 K03A

バルミューダが販売するスタイリッシュな炊飯器です。釜を二重にして蒸気の力だけで炊き上げる新しい炊飯方式を採用。100℃を超えない自然な加熱でお米の表面を傷つけず、旨みと香りを米粒の中に閉じ込めます。炊き上がったご飯は冷めても美味しく食べられるので、あえて保温機能を搭載していないのもこだわりポイント。

複雑なモード・機能をなくし必要最低限にすることで、無駄のない洗練されたデザインに仕上がっているのも魅力。お米の香りや旨みを存分に味わたい方にベストな1台です。