玄米は、健康維持に役立つとして人気を集めている食材です。しかし、玄米は白米と同じ手順で炊くと、パサついて固くなってしまうのが懸念点。そのため、玄米にあったコースや炊飯器を使用する必要がります。

そこで今回は、玄米をおいしく炊き上げられる炊飯器のおすすめモデルをご紹介。選び方や炊き方についても詳しく解説します。

玄米炊飯器の選び方

炊飯できる量をチェック

By: rakuten.co.jp

一般的に、玄米炊飯は強い火力で炊くので吹きこぼれやすく、白米よりも多量の水が必要。そのため、白米を5.5合炊ける炊飯器であっても、玄米や発芽玄米を炊く場合の炊飯量は最大で3合程度です。

玄米は白米よりも炊飯できる量が少ないので、炊飯できる量を事前に確認しておきましょう。目安としては、一人暮らしなら「3合炊き」、3~5人家族なら「5.5合炊き」の炊飯器がおすすめです。

加熱方法をチェック

マイコン式

By: rakuten.co.jp

マイコン式は、炊飯器の底に配置された電熱ヒーターから釜へ熱を伝える仕組み。シンプル設計で、お手入れのしやすさが魅力です。安価で購入できるモデルが多く、なかには3000円程度の非常にお手頃なモノも存在します。

3合炊き以下の小さめサイズのモデルが多く、頻繁に少量炊きする方や一人暮らしの方にぴったり。ただし、規定量よりも多く炊くと炊きムラができやすくなるので注意しましょう。底部のほかに蓋や側面にもヒーターを備えているモデルなら、全体的に熱を通しやすくおすすめです。

IH方式

By: amazon.co.jp

IH式の炊飯器は、電磁力により内釜全体を加熱する仕組み。蓋や側面までしっかり熱を帯びるので、炊きムラの発生を防いでご飯をふっくらと仕上げやすいのがポイントです。

炊飯機能だけでなく、保温機能に優れているのも特徴。炊き上がりから時間が経過しても、おいしさをキープできます。ただし、マイコン式と比べて価格の高いモデルが多いことや、消費電力が大きいモデルも多いのは懸念点。価格よりもクオリティを重視する方におすすめです。

圧力IH式

By: amazon.co.jp

圧力IH式の炊飯器は、圧力鍋と同様の高圧力蒸気によって、お米のうまみを引き出しやすいモデル。火力が強いので、甘みの強いももちもちとしたご飯に炊き上がります。

IH式モデルと性能が似ていますが、圧力環境によってケーキやヨーグルトなど多彩なメニューを調理できるモデルも存在。また、保温機能に優れたモデルが多いのもポイントです。

ただし、マイコン式モデルやIH式モデルよりも高価な傾向にあるのは懸念点。なかには、10万円以上を超える高級炊飯器も展開されています。コストがかかってもお米の味や食感にこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

「玄米モード」の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

多くの炊飯器には、玄米をおいしく炊き上げる炊飯メニューの「玄米モード」が搭載されています。浸水から炊飯までをスイッチひとつで完了できる機能や、玄米を一定温度の水に浸して発芽を促進させる「発芽コース」「玄米活性メニュー」など、種類もさまざまです。

炊飯する時間や目的を踏まえて、自分に合った「玄米モード」搭載の炊飯器を確認しましょう。

玄米炊飯器のおすすめランキング

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-PU10

おしゃれなデザインで汚れも拭き取りやすい炊飯器

玄米を芯からふっくら炊きたい方におすすめの炊飯器です。本製品は玄米に1.3気圧の圧力をかけ続けて高温で炊くため、皮が硬い玄米ももっちりとおいしく炊き上がります。玄米を約64分で炊けるので、時短調理をしたい方にもおすすめです。

炊飯時間を長く設定して米の芯まで吸水させる「熟成炊き」を搭載。玄米の甘み成分である溶出還元糖を約2.3倍に高めると謳われており、おいしく炊き上げます。

クリーニング機能を使えば、炊飯後の気になるにおい残りを抑えられます。蒸気口セットがなく洗浄するのは内ぶたと内釜のみで手入れも簡単です。汚れを拭き取りやすいフラット設計なのもポイント。デザインもおしゃれな人気の玄米炊飯器です。

第2位 タイガー魔法瓶(TIGER) 圧力IHジャー炊飯器 炊きたて JPV-A100

炊飯後の片付けがラクに出来る炊飯器

炊飯後の手入れが楽にできる炊飯器です。高温の水蒸気と圧力で内釜を洗浄する「圧力洗浄コース」を使えば、約24分で洗浄が完了します。内ぶたは食器洗い乾燥機対応で面倒な手洗いを省けるのが魅力。食後の片付けに手間をかけたくない方におすすめです。

炊飯容量は5.5合で、玄米は家族の人数に合わせて1~3.5合まで炊飯可能。硬い玄米に圧力をかけてふっくら炊き上げます。白米のメニューには少量高速メニュー・冷凍ご飯メニュー・お弁当メニューなどがあり、ライフスタイルに合わせて使えるのがメリットです。

第3位 パナソニック(Panasonic) スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 おどり炊き SR-VSX101

ご飯の食感にこだわりがある方におすすめの炊飯器

玄米ご飯をできるだけ早く炊きたい方におすすめの炊飯器です。本製品は「玄米高速コース」を搭載しており、約65分で玄米を炊き上げられるのが特徴。「麦ごはんコース」や「赤飯コース」も搭載しているので、白米以外のご飯を好む方におすすめです。

一粒一粒に熱を伝える「ダイヤモンド竈釜」を採用。6段のIHと熱効率の高い釜の組み合わせにより、大火力でおいしくふっくらと炊き上げます。白米にもさまざまな炊き分けメニューがあるため、ご飯の食感にこだわりがある方はチェックしてみてください。

第4位 酵素玄米Labo 酵素玄米炊飯器 Labo炊飯器 MM03

酵素玄米研究家と超高圧炊飯器エンジニアにより開発された玄米炊飯器です。玄米酵素を活性化させて、プレ発芽状態にしてから炊飯するのが特徴。おいしく炊けるのが魅力です。

玄米は浸水が不要で、4合を85分で炊飯可能です。65分で炊ける早炊きを使用すれば、短時間で炊き上がります。甘酒やパンを作れる「低温仕込みモード」や、圧力鍋のように煮込み料理ができる「調理モード」も搭載している便利な玄米炊飯器です。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IHジャー炊飯器 RC-IL30

おしゃれでスタイリッシュなモノを使いたい方におすすめの炊飯器。凹凸のないフォルムが美しく、高級感もあるのが魅力です。カラーラインナップも豊富に揃っているのがポイント。キッチンインテリアにこだわりがある方におすすめです。

炊飯容量は3合で玄米は2合炊けるため、1~2人暮らしの方におすすめ。6種の「ヘルシーメニュー」を搭載しており、玄米をふっくらおいしく炊き上げます。「低温調理機能」や「パン・ケーキ機能」もあり、玄米以外にも調理を楽しめるのがメリットです。

第6位 バルミューダ(BALMUDA) 電気炊飯器 BALMUDA The Gohan K03A

蒸気の力で玄米をおいしく炊き上げる炊飯器です。硬い玄米をふっくら炊き上げる「玄米モード」を搭載。ぷちぷちしたおいしい玄米ご飯を味わえます。炊飯前の浸水が不要なのもメリット。毎日の食事に玄米ご飯を取り入れたい方におすすめです。

「お粥モード」や「炊込モード」もあり、1台でさまざまなご飯メニューを調理可能。白米も旨みと透明感があるご飯に炊き上げます。ご飯の味を損ねないために保温機能を省いているのもポイント。ボタン配置もシンプルで楽に扱える人気の炊飯器です。

第7位 CUCKOO 炊飯器 発芽マイスターミニ CRP-EHS0305F

おいしい発芽玄米を食べたい方におすすめの玄米炊飯器です。本製品は玄米の発芽から炊飯までが最短で5時間と短いのが特徴。手間をかけずに作れるのがメリットです。毎日の食事に発芽玄米を取り入れたい方に適しています。

16通りの「お好み炊き分け機能」を搭載。玄米だけでなく白米も自分好みの食感に炊けるのが魅力です。蒸気で洗浄ができる「自動クリーニングモード」で手入れも楽にできます。発芽玄米を手軽に作れる玄米炊飯器を使いたい方はチェックしてみてください。

第8位 日立(HITACHI) 圧力&スチームIH ふっくら御膳 RZ-W100FM

米を好みの食感に炊き分ける「極上コース」で玄米を炊ける炊飯器です。「玄米・極上ふつうコース」の場合、3合を約76分で炊き上げます。

圧力とスチームの組み合わせにより、ふっくら炊けるのが特徴。発芽玄米や麦ごはんも炊けるため、さまざまなお米を炊きたい方におすすめです。白米はすし飯やカレーに合う食感にも炊けます。玄米も白米もおいしく炊けるハイスペックな炊飯器です。

第9位 アナバス(ANABAS) 玄米が発芽するこだわり健康サポート炊飯器 ARM-500

玄米と水を入れてボタンを押すだけで簡単に発芽玄米を作れる玄米炊飯器です。面倒な設定や水の交換も不要なので、初めて発芽玄米を作る方におすすめ。発芽玄米を普段から楽しみたい方に適しています。

白米に近い食感の「もちもち炊き」と、玄米独特の食感になる「ぷちぷち炊き」から好みの炊飯コースを選択可能。雑穀米も炊飯可能で、温泉卵やおかゆのメニューも搭載しています。付属の蒸し器を使って蒸し物の調理もできる便利な玄米炊飯器です。

第10位 ツインバード工業(TWINBIRD) マイコン炊飯ジャー RM-4547W

できるだけ安いモノを購入したい方におすすめの炊飯器です。操作が簡単なマイコン式で使いやすいのが魅力。炊飯容量は0.25~1.5合で、玄米は0.25合と0.5合から好みの量を選んで炊けます。少量だけ炊飯したい一人暮らしの方にもおすすめです。

無洗米や発芽玄米を炊くコースも搭載。「糖質カットメニュー」も採用しています。予約や保温も搭載しているため便利。ワンルームのキッチンに置いても邪魔にならないコンパクトサイズで、デザインもおしゃれな玄米炊飯器です。

おいしい玄米の炊き方

By: labo-kousogenmai.com

ボウルに玄米を入れて水を注ぎ、軽くかき混ぜてホコリを取り除きます。両手をすり合わせながらもみ洗いをして水を流しましょう。玄米の表面に傷が付くことで水を吸いやすくなり、柔らかく炊きあがります。

玄米を炊飯器の内釜に移したら、玄米用の目盛に合わせて注水。玄米用の目盛がない場合は、玄米量の1.3~1.5倍の水加減が目安です。1合に対して塩をひとつまみ入れると、玄米特有のにおいやクセが抑えられます。また、玄米は白米よりも水を吸収しにくいので、水加減の調節を終えたら浸水しておくのがおすすめ。夏場は3時間以上、冬場は6時間以上が目安です。

なお、「玄米メニュー」を搭載した炊飯器には吸水の工程が含まれているため、事前に吸水させる必要はありません。ただし、炊き上がりが硬い場合は、炊飯スイッチを押す前に2時間程度玄米を吸水させてみてください。

炊き上がったら、すぐに蓋を開けずに10分程度蒸らすとよりふっくら仕上がります。玄米は味が落ちるのが早いので、残った分は小分けにして冷凍保存するのがおすすめです。

玄米炊飯器の売れ筋ランキングをチェック

玄米炊飯器のランキングをチェックしたい方はこちら。