一度に多くのご飯が炊ける「一升炊き炊飯器」。特に食べ盛りの子供がいる家庭では、一度でなるべくたくさんの量を炊ける炊飯器があると便利です。

そこで今回は、一度に多くのご飯を炊けて大家族でも安心の1升炊き炊飯器をランキング形式でご紹介。各メーカーの特徴と選び方も併せて解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

1升炊き炊飯器とは?

1升って何合?

By: amazon.co.jp

1升は10合に相当します。日本酒の1升瓶が1.8Lなので1合の体積は180mlです。一般的な料理レシピでは1カップ200mlですが、お米の計量カップでは180mlすなわち1合が採用されています。4人あるいは5人以上の家族であれば1升炊き炊飯器を購入しておくと安心です。

1升炊き炊飯器の炊き上がり時間

By: amazon.co.jp

1升炊きの電気炊飯器は通常の炊飯を行うと40〜60分ほどかかります。多くのモデルには高速炊飯コースが搭載されており、炊飯時間を25〜40分ほどに短縮可能です。しかし、ご飯が硬めになることもあるので注意しましょう。

1升炊きの消費電力

1升炊き炊飯器の最大消費電力は圧力IHあるいはIH型の場合、ほとんどのモデルが1300〜1400W。マイコン式は900W程度で、1回の炊飯時消費電力量は加熱方式に関係なく180〜270Wです。

炊飯時消費電力量のバラつきが多いので、省エネ性を重視する方は炊飯時消費電力量や省エネ基準達成率などの数値をチェックしておきましょう。

1升炊き炊飯器の選び方

加熱方式をチェック

マイコン式炊飯器

By: amazon.co.jp

電気炊飯器の最もシンプルな加熱方式が「マイコン式」。炊飯器の底部ヒーターを加熱して、その熱が内釜に伝わることによって炊飯するタイプです。

ただし、ヒーターと内釜の2段階で加熱するので効率が悪く、大きな火力を得にくいのがデメリット。内釜は熱伝導率が高いアルミニウムが採用されているのが一般的です。さらに、底部だけが加熱されるので加熱ムラが起きやすい点にも留意しておきましょう。

IH炊飯器

By: amazon.co.jp

大きな火力を得にくいというマイコン式のデメリットを解消したのが「IH炊飯器」です。炊飯器内に設置されたIHユニットからの誘導加熱により内釜自体が発熱します。

マイコン式と違って、強い火力で素早く加熱できるのが最大のメリット。また、多彩な素材を使った内釜が使用できるので「遠赤外線効果」などを利用できます。

圧力IH炊飯器

By: amazon.co.jp

IH炊飯器に圧力釜の機能を加えたハイクオリティな炊飯器。売上ランキングでも上位に位置するモデルが多く、各メーカーが最も力を注いでいる注目の炊飯器タイプです。

おいしいご飯を炊くコツは強い火力で加熱すること。かまどやガスを使って炊き上げたご飯がおいしいといわれるのも、火力が強いからです。

圧力IH炊飯器は、圧力を加えると水の沸点が上がる性質を利用しています。通常1気圧の場合、水は100℃で沸騰しますが、加圧することによってより高い温度でお米を炊くことが可能です。圧力IH炊飯器は1.3気圧ほどに加圧して、約110℃ほどで炊き上げています。

ガス炊飯器

By: amazon.co.jp

強い火力で炊き上げられるのがガス炊飯器のメリット。かまどの直火で炊くのに近い加熱方式なので、ご飯がおいしく炊けると根強い人気があります。また、炊きあがりに要する時間が短いのも特徴。飲食店など業務用として使われることも多い炊飯器です。

ただし、ガス栓が近くにないと利用できないので使用場所が限られます。また、圧力IH炊飯器などの電気式と比べて機能がシンプルです。都市ガス用とプロパンガス用があるので自宅で使用しているガスを確認する必要があります。

ガス炊飯器は、通常モードでも30分程度で炊きあげられるのがメリットです。省エネ性と炊き上がり時間を重視する方はガス炊飯器がおすすめです。

保温機能をチェック

By: amazon.co.jp

炊き上げたご飯をいつでも美味しく食べるために、保温機能はチェックしておくべきポイント。特に、保温時の温度や時間を細かく設定できると便利です。

最近では、ご飯の残量を計測しながら自動で保温できるAIを搭載した高機能な炊飯器もラインナップされています。保温を忘れたときでも、ご飯が硬くなったり傷んだりする心配がないので安心です。

サイズと重量をチェック

1升炊きの炊飯器は、サイズが大きく、重量も重いモデルが多くラインナップされています。キッチンの作業に支障が出ないよう、あらかじめサイズを確認しておきましょう。

1升炊きの場合は、高さや幅、そして奥行きが5.5合炊き炊飯器に比べて10%ほど拡大し、重量は20%ほど重くなるのが一般的。多くのモデルは、高さと幅が30cm、奥行き40cmほどあり、フタを開けるとさらにスペースを必要とするので注意しましょう。

メンテナンス性をチェック

By: amazon.co.jp

炊飯器は毎日使う調理器具なので、清潔に保つ必要があります。そのため、各パーツのメンテナンス性もチェックしておきましょう。特にチェックすべきなのは、内釜や中フタなどです。

内釜はこびり付きを防ぐためにフッ素加工などが施されているのが一般的。内釜のフッ素加工は数年間の無償交換に対応するメーカーもあるので、確認しておきましょう。

1升炊き炊飯器の人気ランキング

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-KB18

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-KB18-BZ

本製品は激しい炎の揺らぎを再現した「炎舞炊き」が特徴の人気製品。釜の中で米を激しく舞い上がらせることで米の甘さを引き出しながら炊き上げます。高温の熱が米一粒一粒に伝わるため、炊きムラのないふっくらとしたご飯を味わうことが可能です。

鉄とアルミとステンレスの多重層の内釜は、高い蓄熱性と発熱効率を実現。熱伝導にも優れているので、かまどで炊いたようなおいしいご飯が炊き上がります。内釜の内面には「うまみプラスプラチナコート」を施しているため、米の旨味をアップすることが可能です。

最大121通りの炊き方を搭載しており、米の炊き上がりを好みの状態に調節できます。米の銘柄に合わせた炊き方を選ぶことも可能。毎日のご飯を最高の味で楽しみたい方におすすめの製品です。

第2位 パナソニック(Panasonic) 圧力IH炊飯ジャー SR-VSX189

パナソニック(Panasonic) 圧力IH炊飯ジャー SR-VSX189-K

本製品は50銘柄を炊き分けられるハイエンドモデル。米の硬さや吸水能力に合わせた炊き方ができるので、米本来のおいしさをしっかり引き出せます。220℃の高温スチームを噴射して米を高温加熱するため、ハリとツヤのあるご飯を味わうことが可能です。

「大火力おどり炊き」と「可変圧力おどり炊き」を搭載。2つの機能で釜内の対流を変化させ、米を激しく躍らせながら炊き上げるので、甘みのあるもちもちした米が炊けます。ムラなく炊き上がるのもポイントです。

IHに適した素材を組み合わせた「ダイヤモンド竈釜」は、発熱性と蓄熱性に優れ、断熱性が高いのが特徴。内釜で洗米もできます。自宅でもお店で食べるような銀シャリご飯を楽しみたい方におすすめの製品です。

第3位 タイガー魔法瓶(TIGER) 圧力IH炊飯ジャー JPC-G180

タイガー魔法瓶(TIGER) 圧力IH炊飯ジャー JPC-G180

本製品は1升炊きでもコンパクトなのが特徴。設計を工夫することで、圧力機能を搭載していても、非搭載機種とサイズが変わらないのがポイントです。アイランドキッチンに置いてもおしゃれに見える360°デザインが、おしゃれで人気があります。

内釜の外側には「かまど熱封土鍋コーティング」を施し、上部には熱伝導の高い銅素材、下部には蓄熱性の高い士鍋素材を採用。それぞれの場所に合ったコーティングが自然な熱対流を発生させるので、米のおいしさを引き出しながら炊き上げることが可能です。

「可変W圧力」により、炊き上げ時は1.25気圧、炊き上げ後は1.05気圧の高温で蒸らすため、べたつきのない粘り気のあるご飯を味わえます。玄米や麦ご飯を炊くメニューも豊富に揃っている、多機能な炊飯器です。

第4位 三菱電機(MITSUBISHI) IHジャー炊飯器 備長炭炭炊釜 NJ-VVA18

三菱電機(MITSUBISHI) IHジャー炊飯器  備長炭炭炊釜 NJ-VVA18

本製品は熱伝導性の高い5層構造の金属釜に「ダブル炭コート」を施すことで、大火力を実現しているのが特徴。炊飯器本体の胴周りにも炭コートを施しているので、遠赤外線効果で米の芯までしっかり熱を伝えておいしく炊き上げます。

「可変超音波吸水」機能により、超音波振動で米の吸水を促し、研いだ米をすぐに炊くことが可能。短時間の吸水でも米がしっかり水分を含むため、仕上がりはふっくらしていて柔らかいのが特徴です。超音波を強めたり弱めたりすることができるので、炊き上がりの米の硬さを調節できます。

3合の米を約30分で炊く「うま早」モードと約25分で炊く「お急ぎ」モードを搭載。2つの時短モードで忙しくても慌てずに米を炊けます。スクエアデザインで見た目がおしゃれなのも魅力。米をおいしく炊く機能が充実している炊飯器です。

第5位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー NP-YB18

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー NP-YB18

本製品は発熱効率が高い「鉄器コートプラチナ厚釜」を採用している人気製品。釜の外側にはIH加熱と相性のよい鉄をコーティングしているため、炊きムラのないおいしいご飯が炊き上がります。

内窯の「プラチナコート」により、釜内に溶け出した甘み成分で米一粒一粒をコーティングするので、旨味のある甘い米を味わうことが可能。白米や玄米にしっかり吸水させてから炊く「熟成炊き」を使えば、芯からふっくらしたおいしい米を炊けます。

炊き分け機能で圧力の強さと圧力をかける時間を調節できるため、もちもちした白米や玄米メニューなどを7通りの食感で炊き分けが可能。食事メニューや好みに合わせて米の食感を変えられる便利な炊飯器です。

第6位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 圧力IH炊飯器 RC-PA10

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 圧力IH炊飯器 RC-PA10

日本各地のさまざまな米をおいしく味わいたい方におすすめの製品。米の銘柄ごとの特徴に合わせて炊き分ける「銘柄炊き」を搭載し、31銘柄の米に合わせて火力や圧力を調節できるすぐれものです。

内釜には3.0mmの極厚火釜3層を採用し高圧力と高温で炊き上げるため、熱と水分を素早く米の芯に浸透させることが可能。ふっくらとしたおいしいご飯が炊き上がります。 冷めても米のおいしさを保てるので、おにぎりやお弁当にも最適です。

米の食物繊維成分を通常炊飯時に比べて約2倍にアップさせる「食物繊維米」モードを搭載。日々の健康に気を遣う方におすすめです。早炊きモードや省エネモードも備えています。ふっくらした米を味わえるコスパのよい製品です。

第7位 パナソニック(Panasonic) IHジャー炊飯器 SR-HB189

パナソニック(Panasonic) IHジャー炊飯器 SR-HB189

コンパクトなスタンダードタイプのIHジャー炊飯器。本体の側面や底面だけでなく蓋にもIHを搭載しているため、内釜を全面から大火力で包み込んで炊飯します。高火力と高温で炊けるので、一粒一粒がふっくらした艶やかなご飯を味わうことが可能です。

スイーツ好きな方に嬉しい「ケーキコース」を搭載。自動で温度をコントロールするため、スポンジケーキやチーズケーキなどのさまざまなメニューを楽しむことが可能です。玄米やおかゆを炊けるコースも搭載しています。

「甘み早炊きコース」は浸水時間と温度を調節して米の甘みを引き出すため、炊飯時間が短くてもご飯をおいしく炊くことが可能。銀シャリを好みの硬さに炊き分ける機能も搭載しています。1台でさまざまな楽しみ方ができる炊飯器です。

第8位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) IH炊飯ジャー 極め炊き NP-VJ18

象印マホービン(ZOJIRUSHI) IH炊飯ジャー 極め炊き NP-VJ18

本製品は沸騰後も火を引くことなくIHの高火力で炊き続ける「豪熱沸とうIH」が特徴。高火力の熱を米の芯までしっかり伝えるので、艶やかでふっくらしたご飯が炊き上がります。高機能モデルにも関わらず、コスパがよいのが魅力です。

厚さが1.7mmの「黒まる厚釜」は底が丸い形状のため、米が対流しやすいのがポイント。1升炊きでたっぷりの米を炊いてもムラなく炊き上がります。米にしっかり吸水させてから炊き上げる「熟成炊き」により、米の芯からアルファ化を促進しておいしく炊けるのでおすすめです。

丸パンやフォカッチャなどを作れる「パンメニュー」を搭載し、発酵から焼き上げまで自動でこなせるので便利。使用後は内蓋を外して洗えるため、清潔に使えます。おいしいご飯だけでなく、パンも作れる使い勝手のよい製品です。

第9位 タイガー魔法瓶(TIGER) マイコン炊飯ジャー JBH-G181

タイガー魔法瓶(TIGER) マイコン炊飯ジャー JBH-G181

できるだけ安い炊飯器でおいしいご飯を炊きたい方におすすめのマイコン炊飯ジャー。遠赤効果の高い「黒厚釜」は厚さが1.7mmあるため、炊きムラの少ないおいしいご飯を味わえます。どんなキッチンにもマッチする、シンプルなデザインとカラーもポイントです。

「エコ炊きメニュー」を搭載し、 白米炊飯時に比べて約30%の省スチームで炊飯できるので電気代の節約が可能。火加減が難しいビーフシチューなどの煮込み料理が簡単にできる「調理メニュー」も付いていて便利に使えます。

2メモリーの時計タイマー機能があるため、炊き上がりの時間を朝と夜の2回に分けて予約メモリーに入れておくことが可能。時短調理に便利な「早炊きメニュー」も付いています。コスパのよい炊飯器を上手に使いこなしたい方におすすめの製品です。

第10位 東芝(TOSHIBA) マイコンジャー炊飯器 RC-18MSL

東芝(TOSHIBA) マイコンジャー炊飯器 RC-18MSL

本製品はパンやケーキが作れる「調理コース」を搭載しているのが特徴。炊飯器がマイコンで温度調節するため、材料を入れてボタンを押すだけで簡単に仕上がります。温泉卵も作れるので、おかずを1品増やしたいときに便利です。

「本かまど」コースは、時間をかけて米をじっくりおいしく炊き上げることが可能。時短調理をするときに便利な「早炊き」コースや、体調の悪いときに重宝する「おかゆ」コースもあり便利に使えます。

「つゆ防止蓋ヒーター」を搭載しているため、保温時に蓋に付くつゆで米がべたつくのを軽減することが可能。ご飯もスイーツもおいしく作れるモノを探している方におすすめの製品です。

第11位 リンナイ(Rinnai) ジャー付きガス炊飯器 直火匠 RR-100MST2

リンナイ(Rinnai)  ジャー付きガス炊飯器 直火の匠 RR-100MST2

本製品は、釜戸の伝熱形態を再現する「本焚白米モード」を搭載した、ガス式の炊飯器。釜の下から強火力の直火で釜全体を熱し、強い熱対流を発生させて米の一粒一粒までしっかり加熱します。しっかりした甘みと粘りの強いご飯を炊くことが可能です。

ガス式の炊飯器はおこげができるので、米の香ばしい風味を好む方にもおすすめ。内釜には、軽量で熱伝導率と蓄熱性に優れたアルミキャストを採用しているため、米に熱がしっかり伝わるだけでなく、炊き上げや蒸らしにも効果を発揮します。

炊飯メニューも豊富に搭載しており、もちもちご飯やしゃっきりご飯を炊き分けることが可能。蓋や蒸気口などのパーツは取り外して洗えるので、常に清潔な状態を保てます。直火で炊くおいしいごはんを毎日味わいたい方におすすめの製品です。