ほぼ1家に1台は存在する炊飯器。今や一般的な家電ですが、炊飯器次第で米の味が大きく変わってきます。現在は1万円以内で購入できるリーズナブルな機種も多いですが、「高級炊飯器」であればより美味しいご飯を炊くことが可能です。

そこで今回は、高級炊飯器の基礎知識や選び方について解説しながら、おすすめの製品をご紹介します。

高級炊飯器とは?

By: amazon.co.jp

高級炊飯器とは、各メーカーから販売されている炊飯器のうち、ハイエンドモデルとして位置付けられている炊飯器のこと。価格は機種ごとにさまざまですが、5~10万円の価格で販売されています。

通常の炊飯器に比べて数倍の価格帯ですが、毎日使用することを考えると十分購入するメリットのある製品です。

高級炊飯器と普通炊飯器の違い

By: amazon.co.jp

通常の炊飯器に比べて特筆すべき点は、内釜にこだわりがあるモデルが多いことです。内釜の素材に炭を使用したり土鍋を再現したりすることで、炊き上がりの美味しさを追求しています。

ほかにも、高級炊飯器に搭載されることが多い「圧力炊き」機能があれば、加圧と減圧を繰り返すことでふっくらとしたムラのないご飯を炊き上げることが可能。普通の炊飯器にはあまり搭載されていないため、米の美味しさを追求したい方には高級炊飯器がおすすめです。

高級炊飯器の選び方

圧力型か非圧力型かチェック

もっちりタイプが好きな方は「圧力型」

By: amazon.co.jp

圧力型の高級炊飯器は、圧力をかけることで水の沸点が100℃以上になる原理を利用し、高火力で一気に炊けるのが特徴。高火力で炊くことで、米のでんぷん質が水と熱の力で柔らかく粘り気のあるものに変化します。甘みと粘り気のあるもっちりとした炊き上がりが好きな方におすすめです。大手メーカーの高級炊飯器は、約90%以上が圧力型を採用しています。

ただ、水の量によっては柔らかくなりすぎることがあるのが難点。硬めで甘みの少ない米が好みの方には、非圧力式の炊飯器がおすすめです。

しゃっきりタイプが好きな方は「非圧力型」

By: rakuten.co.jp

非圧力型の高級炊飯器は圧力型に比べてラインナップが限られています。しかし、圧力型と比べて味が劣るわけではないので、食感の好みによって選ぶのがおすすめです。

非圧力型の炊飯器は、噛み応えのあるしゃっきりとした食感が魅力。圧力をかけないため米が割れにくく、1粒ずつしっかりとした食感を残します。硬めの食感が好きな方におすすめです。

内釜の素材をチェック

By: amazon.co.jp

高級炊飯器の内釜は、各メーカーで一番違いが出やすい部分です。土鍋釜や炭素釜、鉄釜、アルミ釜など、内釜の違いで米の硬さや食感、甘みなどが変わります。

それぞれの釜で炊き上がりが異なるため、購入前にどのような炊き上がりになるかをチェックしておきましょう。

炊き分け機能のバリエーションをチェック

By: panasonic.jp

高級炊飯器を購入するなら、炊き分け機能のバリエーションも要チェック。通常のご飯以外にも、おかゆや赤飯などを炊くメニューがあると利便性が高いのでおすすめです。ただし、機能によっては低価格帯の炊飯器でも搭載されている場合があります。

高級炊飯器には、米の柔らかさを細かく調節できる機能だけではなく、ライスコロッケやリゾットのような料理用のご飯を炊き上げることが可能です。さらに、米の銘柄によって最適な炊き上げ調節ができるモデルなら、好きなブランドの米を最適の仕上がりで食べられます。

高級炊飯器のおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: rakuten.co.jp

象印の高級炊飯器は、もっちりとした炊き上がりが魅力です。特に人気があるのは「象印南部鉄器 極め羽釜」。安い米を使っても、ツヤのあるふっくらとした美味しいご飯が炊けます。

ただ、卵かけご飯など上にトッピングするタイプの料理では、普通炊きだと食感が柔らかすぎるため、料理によって炊き分けが必要です。

また、炊き込みご飯の場合、具材に味が付きにくく、野菜独特の香りが強く出る場合もあります。米自体はもっちりと美味しく炊けるので、白米の美味しさを感じたい方におすすめのメーカーです。

象印マホービンは釜の形も特徴。逆台形型をした釜は口の部分が広いため米を混ぜやすく、簡単に洗えるので毎日快適に使用できます。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの高級炊飯器は米の甘みを最大限に感じたい方におすすめ。特に人気のあるモデルは「Wおどり炊き」です。

同ブランドの炊飯器は、内釜にダイヤモンドプレミアムコーティングを施しているのが特徴。高火力で全体を包み込み、圧力を細かく調節して米のうまみを引き出します。米の種類によって最適に炊きあげる「銘柄炊き分け機能」も魅力です。

ただ、パナソニックの高級炊飯器は米が柔らかくなりやすいのが難点。水を少しでも入れすぎるとべちゃっとした仕上がりになるため、丁度よい硬さに炊き上げるためには少し慣れが必要です。

パナソニックは手入れのしやすく使いやすいのも魅力のひとつ。例えば「Wおどり炊き」で手入れが必要なのは「フタ」「内釜」「うま味循環タンク」「水容器」の4点のみです。特に内釜は軽くて凹凸が少ないため、拭き取りも容易にできます。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶の高級炊飯器は土鍋を導入しているのが特徴です。特に人気が高いのは「THE 炊きたて」。4回焼いた「プレミアム本土鍋」を採用しており、高い火力で1粒ずつふっくらと炊き上げます。自然な甘みと鼻を抜ける豊かな香りが魅力です。

タッチパネル式でボタンがないためデザイン性が高く、操作も簡単。モーションセンサーで必要な情報が点灯するため、直感的に操作できます。デザインにこだわりたい方にもおすすめです。

ただ、釜が重く洗いにくいのが難点。土鍋なので落とすと割れてしまいます。普段少々扱いにくくても、香り高く美味しい米を食べたい方におすすめです。

高級炊飯器のおすすめモデル

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-KB10

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-KB10

かまどの炎のゆらぎを再現した象印マホービンの高級炊飯器です。3つのヒーターを独立制御するローテーションIH構造により、釜内に激しく複雑な対流を引き起こす「炎舞炊き」を実現しています。

釜底から上部まで米がかき混ぜられ、炊きムラを低減。一粒一粒ふっくらと炊き上げ、米の甘味成分を引き出します。玄米を混ぜて炊いてもよく混ざり均一に火が通るので、玄米が好きな方にもおすすめです。

内釜の素材は中心層に鉄を採用し、高い発熱効率により大火力で炊き上がるのが嬉しい特徴。さらに、内側のプラチナコートが米の還元糖とアミノ酸を引き出し、うまみアップの効果をもたらします。

炊き上がりの食べた感想を入力していくことで好みの炊飯方法を学習する「わが家炊き」機能によって、121通りのなかから最適な炊き方を設定できるのも魅力のひとつ。さらに、時間をかけて米のうまみを引き出す「熟成炊きコース」や「雑穀米コース 」など、多彩なメニューが揃っています。

パナソニック(Panasonic) スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 Wおどり炊き SR-VSX109

パナソニック(Panasonic) スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 Wおどり炊き SR-VSX109

「米どころが認めたうまさ」がキャッチコピーのパナソニックの高級炊飯器です。大火力おどり炊きと可変圧力おどり炊きの2つを組み合わせた「Wおどり炊き」が美味しさのポイント。釜の中で対流を変化させながら米を激しく踊らせることで、一粒一粒をムラなく加熱してふっくらもちもちの炊き上がりが実現します。

内釜には「ダイヤモンド竈釜(かまど)」を採用。高い熱伝導率と発熱性を発揮し、大火力で効率よく米を加熱します。底面はディンプル加工されており、大きな泡を発生させて対流を活性化。軽くて扱いやすい点も魅力です。

炊き方は、柔らか・もちもち・しゃっきり・硬めの全4コースをそれぞれ3段階にわけた12通りから選択可能。さらに、「銘柄炊き分けコンシェルジュ」機能を搭載し、米の銘柄に応じた炊き分けもできます。日本全国の多彩なブランド米を楽しんでみたい方におすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 土鍋圧力IH炊飯ジャー 炊きたて JPG-S100

タイガー魔法瓶(TIGER) 土鍋圧力IH炊飯ジャー 炊きたて JPG-S100

「料亭ごはんを家庭で」がコンセプトのタイガー魔法瓶の高級炊飯器です。高火力と泡で一気に米を炊き上げる「土鍋ご泡火(ほうび)炊き」が人気の秘密。最高温度が約280℃に達する遠赤特大土かまどが、米一粒一粒を芯からじっくり加熱します。

大小2つのボールを使い分ける可変W圧力を採用しているのもポイント。炊飯時は1.25気圧の圧力で米の粘力ともちもちとした食感を引き出し、炊き上げ後は1.05気圧に減圧して仕上げます。

内釜には、「プレミアム本土鍋四度焼き」を採用。炭化ケイ素を配合し、蓄えた熱をしっかりと米に伝えます。さらに、鍋底の波紋形状により細かい泡が発生して優しく米を包み込むので、表面がつややかに炊きあがるのも魅力です。

また、省電力の「エコ炊き」や、1合用の「一合料亭炊き」などユニークなメニューが揃っています。電化製品のなかにも伝統的な土鍋のぬくもりを取り入れて、より豊かな食生活を送りたい方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) IHジャー炊飯器 本炭釜 KAMADO NJ-AWA10

三菱電機(MITSUBISHI) IHジャー炊飯器 本炭釜 KAMADO NJ-AWA10

かまどごはんの味を再現した三菱電機のハイエンド高級炊飯器です。大手他社の高級炊飯器と違って圧力をかけず、大火力をキープして炊き上げる連続沸騰が美味しさのポイント。粒がしっかりと立った米が好きな方におすすめです。

内釜には、職人がひとつひとつ手作業で作り上げた本炭釜を採用。純度99.9%の炭素材料を使い、炭の遠赤効果によって米の芯までじっくり火が通ります。炭釜はフッ素コートが密着しやすいので、約60万回の内釜洗米を経てもコーティングが剥がれないのが魅力です。

そのほか、大型の液晶画面と音声ナビで操作がしやすいのもポイント。また、「うま早」と「お急ぎ」の2つの時短モードを備え、状況に応じた炊飯を選べます。さらに、低めの温度で保温し12時間後に温度を高める「たべごろ保温」機能なども搭載されており、忙しい暮らしを送る方におすすめのモデルです。

日立(HITACHI) IHジャー炊飯器 ふっくら御膳 RZ-W100CM

日立(HITACHI) IHジャー炊飯器 ふっくら御膳 RZ-W100CM

ふっくらとした食感に仕上げられる日立の炊飯器です。最高1.3気圧の圧力と最高107℃のスチームによる「極上ひとつぶ炊き」方式で、外硬内軟の炊き上がりが実現。一粒一粒の米の形はしっかり残しながら、内側はふんわりとした食感が楽しめます。

内釜は鉄とアルミをベースとした複合材で作られ、熱伝導率のよさと790gの軽さを両立。底面の凸底形状が発熱面積を広げるとともに泡を発生させて全体に熱を伝えます。

また、炊飯中にほとんど蒸気が外部に出ない構造を採用しており、キャビネット内などでも設置できるのも魅力。さらに、スチーム保温機能により40時間まで水分をしっかり保ちながら保温できます。

基本のコースは「極上しゃっきり」「極上ふつう」「極上もちもち」の3つから、好みの食感を選択可能。発芽玄米や雑穀米、玄米などに対応する多彩なコースも用意されています。

東芝(TOSHIBA) 真空圧力IH炊飯器 RC-10ZWM

東芝(TOSHIBA) 真空圧力IH炊飯器 RC-10ZWM

真空技術を導入した東芝の高級炊飯器です。浸水の工程で釜内の空気を抜く「真空αテクノロジー」で、圧力差により米の芯まで水をたっぷり吸収。さらに「圧力可変コントロール」技術で、米が煮崩れしないように調節しながら大火力で炊き上げます。

内釜には「備長炭かまど本羽釜」を採用。備長炭の遠赤外線効果で、熱をしっかり米に伝えます。内側はダイヤモンドチタンコートが施され、熱伝導率のよさと耐久性を両立。さらに、釜底の波打った形状によって細かい泡を発生させて熱の通り道を作ります。

「かまど名人コース」はしゃっきり・おすすめ・もちもちなど11通りの食感炊き分けが可能で、真空技術により炊飯時間が従来より短くなっているのもポイント。時短の「そくうまコース」や節電の「エコ炊飯コース」、健康ごはんの「玄米・白米混合コース」など多彩なメニューが揃っており、さまざまな炊き方を楽しみたい方におすすめです。

リンナイ(Rinnai) ガス炊飯器 直火匠 RR-055MST2

リンナイ(Rinnai) ガス炊飯器 直火匠 RR-055MST2

昔からの根強いファンが多いリンナイのガス直火炊き高級炊飯器です。かまどの炊き方を再現した「本焚白米モード」は、ガスの直火による最高1200℃の強い火力で釜全体に強い熱対流を発生。米一粒一粒をしっかり加熱し、粘りや甘み、おこげの風味を楽しめます。

アルミ製の蓄熱厚釜は軽量ながらも熱伝導率と蓄熱性に優れ、ガスの直火をムラなく伝達。内蓋や蒸気口、蓋パッキンは簡単に取り外して水洗いできることも魅力です。

また、「白米いそぎ」や「炊き込み」「玄米」など6種類の炊飯ニューを備えています。ガス炊飯器ながら保温機能や予約タイマー機能も備え、利便性も良好。ガスの直火炊きで、まるでかまどで炊いたかのようなおこげの風味を楽しみたい方におすすめです。

シロカ(siroca) 長谷園×siroca かまどさん電気 SR-E111

長谷園×siroca かまどさん電気 SR-E111

伊賀焼窯元の「長谷園」とデザイン家電メーカー「siroca」によるコラボレーション高級炊飯器。炊飯専用土鍋として大人気の伊賀焼「かまどさん 」をそのままセットできる炊飯器を造る、という大胆な発想から生まれています。かまど炊きの美味しさと電気炊飯器の利便性を、高い次元で両立したユニークなモデルです。

肉厚成形の土鍋は熱伝導が緩やかで、熱しにくくて冷めにくいのが特徴。熱源には炎に近い熱発生ができるシーズヒーターを採用し、かまどの構造を電気化しています。

使い方は一般的な電気炊飯器と同じで、お米を研いで土鍋をセットし、スタートボタンを押すだけ。自動的に火力調節し、最適な状態で炊き上げます。伊賀焼は土鍋と食材の間に水分膜ができる特性があり、簡単に水洗いできることも魅力のひとつ。土鍋による本格的なかまど炊きを、家庭で気軽に毎日楽しみたい方におすすめです。

バーミキュラ(Vermicular) ライスポット RP23A

バーミキュラ(Vermicular) ライスポット RP23A

メイドインジャパンの鋳物ホーロー鍋で人気のバーミキュラの高級炊飯器です。以前から評判がよかったバーミキュラ鍋での炊飯を、さらに進化させており「世界一美味しいごはんが炊ける」と謳っています。

熱伝導・遠赤外線加熱・蒸気対流の3つの熱をコントロールする「トリプルサーモテクノロジー」によって、米のうまみを引き出せるのが魅力のひとつ。さらに、底面と側面を包み込むように配置した「ラップアップヒートテクノロジー」により、まるでかまどの直火のような加熱を実現しています。

究極の美味しいごはんを目指すため、保温機能のための内蓋を省略。鍋上部と下部で温度差を発生させることで、より激しい熱対流が起こしムラのない加熱を行います。また、保温用の内蓋がないことで炊飯器を清潔に保てるのもポイント。炊飯に並ならぬこだわりを持ち、保温機能はなくても構わないという方におすすめです。

バルミューダ(BALMUDA) The Gohan K-03A

バルミューダ(BALMUDA) The Gohan K-03A

新しい発想のデザイン家電を手掛けるバルミューダの高級炊飯器です。釜を二重にし、外釜に入れた水から発生させる蒸気のちからで炊き上げるのが美味しさのポイント。100℃を超えない自然な加熱で米を傷つけず、粒が立って透明感のある仕上がりが魅力です。

粒立ちがよくパラパラとほぐれるので、おにぎりやチャーハン、カレーなどとの相性もばっちり。料理のメニューを考えるのが楽しみになる炊飯器です。蒸気のちからは玄米モードでその真価を発揮し、浸水なしで約90分で炊き上げます。

内釜と外釜だけでなく内蓋と蒸気ユニットも取り外せるので、毎回のメンテナンスも簡単。なお、本製品は炊きたての美味しさを重視しており、保温機能を省略しているので注意が必要です。