毎日の食事の準備に欠かせない炊飯器。一般的に使われている家電ですが、炊飯器次第で米の味が大きく変わってきます。現在は1万円以内で購入できるリーズナブルな機種も多くありますが、「高級炊飯器」であればより美味しくご飯を炊くことが可能です。

そこで今回は、高級炊飯器の基礎知識や選び方について解説しながら、おすすめの製品をご紹介します。

高級炊飯器とは?

By: amazon.co.jp

高級炊飯器とは、各メーカーから販売されている炊飯器のうち、ハイエンドモデルとして位置付けられている製品のこと。価格は機種ごとにさまざまですが、主に5~10万円の価格で販売されています。

通常の炊飯器に比べて価格帯は数倍高くなるものの、毎日使用することを考えると十分購入するメリットのある製品です。

高級炊飯器と普通炊飯器の違い

By: amazon.co.jp

通常の炊飯器に比べて特筆すべき点は、内釜にこだわりがあるモデルが多いことです。内釜の素材に炭を使用したり土鍋を再現したりすることで、炊き上がりの美味しさを追求しています。

また、高級炊飯器に搭載されることが多い「圧力炊き」機能があれば、加圧と減圧を繰り返すことでふっくらとしたムラのないご飯を炊き上げることが可能。通常の炊飯器にはあまり搭載されていないため、米の美味しさを追求したい方には高級炊飯器がおすすめです。

高級炊飯器の選び方

圧力型か非圧力型かチェック

もっちりタイプが好きな方は「圧力型」

By: zojirushi.co.jp

圧力型の高級炊飯器は、圧力をかけることで水の沸点が100℃以上になる原理を利用し、高火力で一気に炊くのが特徴。高火力で炊くことで、米のでんぷん質が水と熱の力で柔らかくなり、粘り気が出ます。甘みと粘り気のあるもっちりとした炊き上がりが好きな方におすすめです。

大手メーカーの高級炊飯器の多くが圧力型を採用しています。ただし、水の量によっては柔らかくなりすぎることがあるのは難点。硬めで甘みの少ない米が好みの方には、非圧力式の炊飯器がおすすめです。

しゃっきりタイプが好きな方は「非圧力型」

By: mitsubishielectric.co.jp

非圧力型の高級炊飯器は、圧力型に比べてラインナップが限られています。圧力型と比べて味が劣るわけではないため、食感の好みに合わせて検討してみてください。

非圧力型の炊飯器は、噛み応えのあるしゃっきりとした食感が魅力。圧力をかけないため米が割れにくく、ひと粒ずつしっかりとした食感を残します。硬めの食感が好きな方におすすめです。

加熱方法をチェック

By: panasonic.jp

炊飯器の加熱方法には、底面のヒーターで加熱するマイコン方式、釜そのものが発熱し均一に加熱可能なIH方式、IH方式に圧力による加熱も加えた圧力IH方式などがあります。高級炊飯器では、IH方式や圧力IH方式を採用している機種が多いのが特徴です。

また、圧力IH方式のなかには炊飯工程に合わせて、圧力を調節できるモデルも存在します。圧力を変えられることで好みの食感に合わせたさまざまな炊き分けや、米の硬さの調節などが可能なため、食感にこだわりたい方におすすめです。

そのほか、圧力やIHヒーターによる加熱に加えて、高温のスチームを利用して加熱する炊飯器も存在。スチームで米がコーティングされ、うまみを閉じ込める効果が期待できるうえ、乾燥を抑えつつ、しゃっきりとした食感に仕上がります。

内釜の素材をチェック

高級炊飯器の内釜は、各メーカーで違いが出やすい部分です。土鍋釜・炭素釜・鉄釜・アルミ釜など、内釜の違いで米の硬さや食感、甘みなどが変わります。

土鍋釜は蓄熱性が高く、じっくりと熱を通していくため蒸らし効果が期待できるのが特徴。もちもちとした食感の米を炊けます。炭素釜や鉄釜、アルミ釜は熱伝導性のよさが魅力。スピーディーにご飯を炊けるのがメリットです。

それぞれの釜で炊き上がりが異なるため、購入前にどのような炊き上がりになるかをチェックしておきましょう。

炊飯容量をチェック

By: zojirushi.co.jp

炊飯器の容量を決める際には、普段米を炊く量を目安に少し余裕をもたせて選ぶのがポイントです。釜のサイズに対して炊飯量が少ないと、炊飯中に米が上手く混ざらず、炊きムラが生じる可能性があります。

例えば、普段の炊飯量が2合程度の場合は、5.5合炊きモデルを選ぶよりも3合炊きモデルを選ぶ方が適しています。普段の炊飯量がイメージしにくい場合は、1回で何食分を炊きたいのか考えてみるのがおすすめ。茶碗一杯分の目安は約0.4合程度といわれています。

なお、1人暮らしの場合は1~3合炊きモデル、2~3人世帯の場合は3~5.5合炊きモデル、4人以上の世帯の場合は5.5~10合炊きモデルが目安です。1食あたりの量にもよりますが、炊飯器の容量で迷った場合には参考にしてみてください。

機能をチェック

バリエーション豊富な炊き分け機能

By: panasonic.jp

高級炊飯器を購入するなら、炊き分け機能のバリエーションも要チェック。通常のご飯以外にも、おかゆや赤飯などを炊くメニューがあると利便性が高くおすすめです。

また、米の柔らかさを細かく調節する機能だけでなく、ライスコロッケやリゾットのような料理用のご飯を炊く機能が付いていると便利。さらに、米の銘柄によって適した炊き上げ調節ができるモデルなら、好きなブランドの米をより美味しく食べられます。

ただし、基本的な炊き分け機能であれば低価格帯の炊飯器でも搭載されている場合があります。欲しい機能と予算を考慮して選んでみてください。

乾燥を防ぎたいなら保温機能

By: panasonic.jp

炊いたご飯を保温することが多い場合は、保温機能にも注目して選んでみてください。炊飯器によって保温時間が異なるため、あらかじめ、どれくらい保温したいのかイメージを持って選ぶのが失敗しないコツ。内釜のタイプによっても保温性能は異なります。

高級炊飯器のなかには、スチームにより保温中のごはんの潤いを保つ機能を有するモデルが存在。また、保温中の内釜の中を真空状態にすることで米の酸化や黄ばみを抑制できるモデルもあり、長時間保温したい場合に便利です。

さらに、保温機会の多い方は蓄熱性の高い土鍋タイプなどの炊飯器もおすすめ。さまざまな特徴を持つ保温機能を備えているモデルが展開されているので、ぜひチェックしてみてください。

IoT連携機能があれば操作がラク

By: panasonic.jp

高級炊飯器のなかには、スマホから炊飯設定や予約時間の変更ができるモデルがラインナップされています。急用で帰宅時間が遅くなりそうな場合も、外出先から予約時間の変更ができるのでおすすめです。

また、IoT連携により、炊飯プログラムを定期的に更新できる製品も存在。米は収穫年の気象などにより毎年微妙に出来栄えが異なるため、同じ銘柄でも適した炊き加減は異なります。

米の銘柄に合わせて炊飯プログラムを使い分けるモデルでは、購入後のプログラム更新により、常に適した炊き加減となるようアップデートが可能。購入後も炊飯器を進化できるのがIoT連携機能の魅力です。

高級炊飯器のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

パナソニックの高級炊飯器は米の甘みを最大限に感じたい方におすすめ。特に人気のあるモデルは「Wおどり炊き」です。

同ブランドの炊飯器は、内釜にダイヤモンドプレミアムコーティングを施しているのが特徴。高火力で全体を包み込み、圧力を細かく調節して米のうまみを引き出します。米の種類によって適した炊き方で炊ける「銘柄炊き分け機能」も魅力です。

また、パナソニックの製品は手入れがしやすく使いやすいのもポイント。特に内釜は軽くて凹凸が少ないため、拭き取りも容易にできます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印の高級炊飯器は、もっちりとした炊き上がりが魅力です。安い米を使っても、ツヤのあるふっくらとした美味しいご飯が炊けます。もっちりと美味しく炊けるので、白米の美味しさを感じたい方におすすめのメーカーです。

象印マホービンの製品は釜の形も特徴。逆台形型をした釜は口の部分が広いため米を混ぜやすく、簡単に洗えるので毎日快適に使用できます。

タイガー魔法瓶(TIGER)

タイガー魔法瓶の高級炊飯器は土鍋を導入しているのが特徴です。特に人気が高いのは「炊きたて」シリーズ。4回焼いた「プレミアム本土鍋」を採用しており、高い火力でひと粒ずつふっくらと炊き上げます。自然な甘みと鼻を抜ける豊かな香りが魅力です。

タッチパネル式でボタンがないためデザイン性が高く、操作も簡単。モーションセンサーで必要な情報が点灯するため、直感的に操作できます。操作性やデザイン性にこだわりたい方にもおすすめのメーカーです。

高級炊飯器のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX101

スチームと可変圧力で炊き上げるパナソニックの5.5合炊き高級炊飯器です。釜を包むように6段のIHを搭載。さらに、内釜には「ダイヤモンド竃釜」を採用しており、細かい泡を発生させ、熱をひと粒ひと粒にしっかり伝えます。

本製品は、米の状態を見極めて炊き分け可能。米の鮮度や銘柄に応じて適切な炊飯プログラムで炊き上げるのが特徴です。

また、130~250℃の高温スチームを活用する独自技術もポイント。高温スチームを噴射することで米の芯まで熱を浸透させ、うまみをコーティングできるほか、保温時にもこまめにスチームを投入することでごはんの柔らかさを保ちます。

そのほか、IoT連携による「出来栄え炊き分け」機能を搭載。その年の米の出来栄えに合わせた炊き方にアップデートできるのが魅力です。

パナソニック(Panasonic) Wおどり炊き搭載 小容量タイプ 3合 SR-JW058

1~2人暮らしにぴったりな3合炊きの高級炊飯器。結婚祝いなどのプレゼントにも向いています。贈答用として高級炊飯器を探している方におすすめです。

本製品は、大火力おどり炊きと可変圧力おどり炊きの2つの炊き技をかけ合わせた「Wおどり炊き」が特徴。釜の中で対流を変化させながら米を激しく踊らせることで炊きムラを抑え、さらにひと粒ひと粒に熱をしっかり伝えることで、ふっくらもちもちに炊き上げます。

また、IH方式による加熱で釜全体を均一に熱するのはもちろん、本製品は蓋にもIHを搭載し、全面から大火力で釜を包み込むのがポイント。発熱性や蓄熱性の高い「ダイヤモンド竃釜」と合わせることで、効率的に熱を加えてごはんの甘みを引き出します。

そのほか、銘柄の特性に合わせたプログラムで炊飯を行う「銘柄炊き分けコンシェルジュ」機能を搭載。6種のブランド米に応じた炊き分けが可能です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-LA10

6つの底IHヒーターを搭載した高級炊飯器です。対角線上のヒーターを2ヵ所ずつ加熱する「ローテーションIH構造」で、激しく複雑な対流を起こして炊き上げるのが特徴。米ひと粒ひと粒に熱が行き渡るため、炊きムラが少なくふっくら仕上がります。

内釜は、ステンレスとアルミに鉄を組み込んだ3層構造。蓄熱性・発熱効率・熱伝導率が高いうえ、フチ部分が厚く熱を逃しにくい仕様です。内側に米のうまみを引き出すプラチナコーティングが施されているのもポイント。弾力と甘みのある美味しいご飯が味わえるおすすめの高級炊飯器です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-ES07

かまどの炎のゆらぎと大火力を再現した、4合炊きの高級炊飯器です。2つの底ヒーターを独立制御するローテーションIH構造により、釜内に激しく複雑な対流を引き起こす「炎舞炊き」を実現。炊きムラを防ぎ、ひと粒ひと粒をふっくら炊き上げて米の甘みを引き出します。

内釜は、鉄にステンレスとアルミを組み合わせた「豪炎かまど釜」を採用し、蓄熱性や発熱効率、熱伝導性を高めた構造。内側のプラチナコートが、米のうまみをアップさせます。

炊き上がりの感想を入力すると好みの炊飯方法を学習する「わが家炊き」機能により、81通りのなかから適した炊き方を設定可能。3合炊きとほとんど変わらないコンパクトサイズで、設置場所にも比較的困りません。3合炊きでは物足りない方におすすめの高級炊飯器です。

タイガー魔法瓶(TIGER) 土鍋圧力IHジャー炊飯器 炊きたて 土鍋ご泡火炊き JPJ-G060

かまどに近い高火力と大量の泡で米の美味しさを引き出す高級炊飯器です。本物の土から作られた「本土鍋」と、釜全体を効率よく加熱する「遠赤大土かまど」の二重発熱構造による高い蓄熱性と遠赤効果で、約220℃の高火力を実現しています。

土鍋の底面に細かい大量の泡を生み出す4段の波紋底を採用。米の芯までじっくり加熱し、うまみと甘みを閉じ込めて美味しく炊き上げます。炊き上げ時と炊き上げ後の圧力を変えて高温で蒸らし、米のベタつきを抑えているのもポイントです。

お茶碗約一膳分の0.5合から炊けるほか、しゃっきり・標準・もっちりの3段階から食感が選べる炊き分け機能や3段階の火加減調節など、嬉しい機能が充実したおすすめの高級炊飯器です。

タイガー魔法瓶(TIGER) 土鍋圧力IH炊飯ジャー 炊きたて JPG-S100

土鍋ならではの力強い泡立ちと高火力を実現した「ご泡火炊き」が魅力の高級炊飯器。最高温度約280℃に達する遠赤特大土かまどが、米を芯からじっくり加熱します。大小2つのボールを使い分ける「可変W圧力」により、粘りと弾力を引き出すのもポイント。

内釜には、「プレミアム本土鍋四度焼き」を採用し、高い蓄熱性と熱伝導で米の甘みを引き出します。さらに、鍋底の波紋形状により細かい泡が発生して優しく米を包み込むので、表面がつややかに仕上がるのも魅力です。

付属の土鍋中蓋を使用すると、1合でも香り高く甘みのあるご飯に仕上げる「一合料亭炊き」機能を使えます。最大の5.5合はもちろん、少量でも美味しいご飯を味わいたい方におすすめの1台です。

三菱電機(MITSUBISHI) IHジャー炊飯器 本炭釜 KAMADO NJ-AWA10

かまどで炊いたようなご飯の味を楽しめる高級炊飯器。圧力をかけず、最大1400Wの大火力をキープして炊き上げる連続沸騰により、香ばしく粒立ちのよい仕上がりになります。

内釜には、職人がひとつひとつ手作業で作り上げた本炭釜を採用。純度99.9%の炭素材料を使い、炭の遠赤効果によって米の芯までじっくり熱を通します。内蓋にも炭コーティングを施し、遠赤効果がさらにアップしているのもメリットです。

「50銘柄芳潤炊き」機能を搭載し、米の銘柄に応じた炊き分けができます。もちもちからしゃっきりまで、好みの食感を15通りから選べるのも魅力。また、0.5~2合の少量でも美味しく炊ける「少量名人」を搭載し、一人暮らし用やお弁当用にも活躍します。

さらに、「うま早」と「お急ぎ」の2つの時短モードを搭載。忙しい暮らしを送る方にもおすすめの高級炊飯器です。

東芝(TOSHIBA) 真空圧力IH炊飯器 炎匠炊き RC-10ZWP

真空技術を取り入れたハイエンドモデルの高級炊飯器です。釜内を真空状態することで、圧力差で米の芯までしっかり吸水するため、ふっくらと甘みのあるご飯に炊き上がります。真空の力で素早く吸水できるので、浸しの時間を短縮できるのも魅力。さらに、真空保温なら長時間でもふっくらとツヤのあるご飯をキープできます。

内釜には「備長炭かまど本羽釜」を採用し、伝統ある羽釜の形が大火力を持続させ、かまどのような炊き方を実現。釜底の波打った形状によって細かい泡を発生させ、熱を行き渡らせます。内面には、熱伝導率のよいダイヤモンドチタンコート加工を施しています。

11通りの食感炊き分けが可能な「かまど名人コース」、時短の「そくうまコース」、甘みをアップさせる「甘み炊き」をはじめ多彩なメニューを搭載。さまざまな炊き方を楽しみたい方におすすめです。

日立(HITACHI) IHジャー炊飯器 ふっくら御膳 RZ-W100CM

圧力とスチームで、ふっくらとした食感に炊き上げる高級炊飯器です。最高1.3気圧の圧力と最高107℃のスチームによる「極上ひと粒炊き」で、外硬内軟なご飯を実現。外側は米の形を残したシャッキリ食感で、内側はふんわりと甘みが際立ちます。

内釜には鉄とアルミを合わせた多層釜を採用し、大火力と約790gの軽さを両立。底面の凸底形状が発熱面積を広げ、泡を発生させて全体に熱を伝えます。0.5~2合の炊飯時には、スチームとヒーターが高温を保ち、少量でも美味しく炊き上がるのも魅力です。

炊飯中にほとんど蒸気が出ない仕様で、棚の中などにも置けるのがメリット。スチーム保温機能により、最大40時間まで水分をキープしながら保温できます。

発芽玄米や雑穀米、炊込みごはん、パエリアなど多彩なコースを搭載し、さまざまなご飯メニューを楽しめる1台です。

リンナイ(Rinnai) ガス炊飯器 直火匠 RR-055MST2

ガス直火炊きならではの美味しさを手軽に味わえる高級炊飯器です。かまどで炊くときの火加減を再現した「本焚白米モード」により、最高1200℃のガス直火で釜全体を強力に加熱。米ひと粒ひと粒をしっかり加熱し、粘りや甘みを引き出します。

アルミ製の蓄熱厚釜は軽量ながらも熱伝導率と蓄熱性に優れ、ガスの直火をムラなく伝えます。内蓋や蒸気口、蓋パッキンは取り外して水洗いが可能。露受けはステンレス製で、サッと拭くだけで簡単にお手入れできます。

「白米急ぎ」や「炊き込み」「玄米」など6種類の炊飯ニューを搭載。保温機能や予約タイマー機能も備えており、電気炊飯器のように使えます。かまど炊きのようなおこげの風味を気軽に楽しみたい方におすすめの高級炊飯器です。

シロカ(siroca) 長谷園×siroca かまどさん電気 SR-E111

伊賀焼窯元の「長谷園」と、デザイン家電メーカー「siroca」がコラボした高級炊飯器。炊飯専用土鍋として人気の伊賀焼「かまどさん」をセットでき、ふっくらとつややかな土鍋ご飯を味わえます。

熱源には直火のように鍋をあたためるシーズヒーターを採用し、かまどの構造を電気化。肉厚成形の土鍋は熱伝導が緩やかで、熱しにくく冷めにくい特性があります。

使い方は、一般的な炊飯器と同様に土鍋をセットして炊飯ボタンを押すだけ。伊賀焼は土鍋と食材の間に水分膜ができるため、水洗いもスムーズです。土鍋は乾燥モードで乾かすことができ、お手入れも簡単です。

土鍋による本格的なかまど炊きご飯を手軽に毎日楽しみたい方におすすめの炊飯器です。

バルミューダ(BALMUDA) The Gohan K-03A

機能性とデザイン性を兼ね備えた家電を手掛ける「バルミューダ」の高級炊飯器。釜を二重にし、釜の間に入れた水から発生する蒸気の力でゆっくり炊き上げます。100℃を超えない自然な加熱により、米を傷付けにくく、香りとうまみを逃しにくいのがポイントです。

蒸気による新発想の炊飯は、粒立ちとほぐれやすさが特徴で、やや硬めに仕上がります。カレーやチャーハン、おにぎりなどと好相性。「玄米モード」も搭載しており、浸水なしでも約90分で炊き上げられます。

「お粥モード」や「炊込モード」などの炊き分け機能を搭載し、さまざまなご飯を楽しめるのもポイント。炊き立ての美味しさを重視しているため、保温機能は省略されています。

本体の上部に操作ボタンを集約した、シンプルでおしゃれなデザインが魅力。スタイリッシュな色合いで、プレゼントにもおすすめの高級炊飯器です。

バーミキュラ(Vermicular) ライスポット ミニ RP19A

鋳物ホーロー鍋の人気ブランド「バーミキュラ」の高級炊飯器。5合炊きモデルの機能はそのままに、サイズのみ小さくした3合炊きモデルです。幅258×高さ173×奥行250mmとコンパクトで、カウンターやテーブルに置いても邪魔になりにくいのがポイントです。

炊飯のために進化させた鋳物ホーロー鍋と、火加減調節を自動的にコントロールする熱源により、米のうまみを引き出し、かまどで炊いたようなご飯を味わえます。

保温機能用の内蓋は省かれていますが、冷めるとさらに甘みを感じられるため、お弁当にもおすすめ。また、内蓋がないことで炊飯器を清潔に保てるのも魅力です。

高級感のあるデザインで、インテリアとしても映えます。炊飯だけでなく、無水調理や低温調理なども可能。料理の幅を広げたい方や、一人暮らし用の小型サイズを探している方におすすめです。