“羽釜のごはん”でおなじみの炊飯器メーカーといえば「象印」。ラインナップしている炊飯器が豊富で、価格帯も幅広いのが特長です。とはいえ、ユーザーとしてはどれを選べばよいか迷ってしまうことでしょう。

そこで今回は、象印の炊飯器の特長やおすすめモデルをピックアップしてご紹介。購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

象印の炊飯器のラインナップ

マイコン炊飯器

By: amazon.co.jp

マイコン炊飯ジャーは、ごはんの炊き方について特にこだわりがなく、シンプルな炊飯器が欲しい方におすすめです。本体の底に付いているヒーターが釜に熱を伝えることで、ごはんが炊けます。

価格は他の象印炊飯器に比べて安く、5000~1万円程度で購入できます。炊飯量は3号炊き、5.5号炊き、10号炊きがあり、すべて黒厚釜が使われているのも特長です。

IH炊飯器

By: amazon.co.jp

IH炊飯ジャーは、IHコイルの力で釜全体を均等に加熱することで、ふっくらとしたごはんが炊ける炊飯器です。価格は1〜2万円ほどで、通常の黒い厚釜のほかに、プラチナでコートされた厚釜もあります。圧力IH炊飯ジャーよりもリーズナブルな炊飯器が欲しい方や、手軽に美味しいごはんを楽しみたい方におすすめです。

圧力IH炊飯器

By: amazon.co.jp

圧力をかけることで美味しいごはんを炊き上げるのが、圧力IH炊飯ジャーです。価格は他の象印炊飯器よりも高く、安いもので1万円台後半程度、高級なものだと10万円を超えるモデルもあります。

圧力をかけてごはんを炊き上げる構造はどれも同じですが、内釜に使用されている素材によって大きく価格が異なります。ごはんを美味しく炊けるのはもちろん、玄米もふっくらと炊けるのが特長です。

象印の炊飯器の特長

羽釜構造を採用した内釜

By: amazon.co.jp

象印炊飯器の最上位モデルの特長は、広くて浅い羽釜構造を内釜に採用していることです。内釜の側面に大きめの羽があることで、熱を閉じ込めて側面からもごはんを加熱できます。強い火力をごはんに均等に伝えて、加熱ムラのないおいしいごはんを炊けるのが魅力です。

さらに、圧力IH炊飯器には伝統工芸の南部鉄器を使用したモデルもあります。南部鉄器の内釜は、職人がひとつひとつ手作りしたモノです。炊飯器とは思えない本格的な“おこげごはん”ができるのも大きな魅力。

炊き方の細かい調節ができる

圧力の強さやかける時間を細かく調節できるのも、象印の炊飯器の特長です。お米の種類や使用する料理によって、最適な食感になるように炊き上げます。

また、単純に圧力をかけるだけではなく、固めや柔らかめなど好みの食感に仕上げてくれるのが魅力です。圧力が調節できるのは圧力IH炊飯器のみですが、マイコン炊飯器やIH炊飯器も好みの食感に炊き分けられるコースがあります。

象印のおすすめ炊飯器

マイコン炊飯器のおすすめモデル

象印マホービン(ZOJIRUSHI) マイコン炊飯ジャー 極め炊き NL-BB05

全面加熱式で釜全体を温めるマイコン式炊飯器。シンプルで圧力IH炊飯器のような華やかさはありませんが、495Wというハイパワーで炊き上げることで、ふっくらとしたおいしいごはんができます。従来品の平均電力は約240~290Wなので、かなりの高火力です。

白米を炊くだけでなく、追加機能も充実しています。玄米や雑穀米を炊けるメニューや、パン作りを楽しめるメニューなど用途は豊富。価格が最も安いマイコン式炊飯器の中では使い勝手がよいので、なるべくリーズナブルな多機能な炊飯器が欲しい方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) マイコン炊飯ジャー 極め炊き NL-BT05

最大電力495Wという高火力でご飯を炊き上げるマイコン式炊飯器。内釜の厚さが5mmと一般的な炊飯器よりも厚めに設計されているのが特長です。

内釜を厚くすることで、ヒーターで熱を加えるマイコン式炊飯器の欠点である熱伝導のムラを解消し、均一に熱を加えられます。マイコン式炊飯器の中では価格が高めですが、よりふっくらとしたごはんを炊きたい方におすすめです。

IH炊飯器のおすすめモデル

象印マホービン(ZOJIRUSHI) IH炊飯ジャー 極め炊き NP-GH05

マイコン式炊飯器とほとんど変わらない価格で購入できるIH炊飯器です。IH炊飯器は釜の外から熱を加えるのではなく、内釜自体がコイルによって発熱するので、少しの熱ムラもなくごはんを炊けます。本体サイズは他のIH炊飯器よりも、幅・奥行・高さともに数cmずつコンパクトなので、設置スペースが限られている一人暮らしの方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) IH炊飯ジャー 極め炊き NP-HF10

他の象印IH炊飯器とはひと味違う厚釜を採用している炊飯器。象印のIH炊飯器の多くが「黒まる厚釜」を採用していますが、こちらは内面をプラチナでコートした「プラチナ厚釜」を使用しています。

プラチナでコートすることで、通常の厚釜で炊いたごはんよりも「還元糖量」というごはんの甘みの元となる成分が約15%アップ。手間なくごはんの美味しさをアップさせたいという方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) IH炊飯ジャー 極め炊き NP-VJ10

2017年7月に発売されたIH炊飯器。お米だけでなくパンやケーキを焼けるメニューもついているので、1台で料理のバリエーションが広がります。

材料を入れてスイッチを押せば簡単にパンやケーキが作れるので、料理に興味があるけれど工程が多いのは敬遠しがちな方におすすめです。内蓋を取外して洗えたり、フラットな内面で簡単に拭けたりするので、手入れが簡単な炊飯器が欲しい方にもおすすめ。

圧力IH炊飯器のおすすめモデル

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-RK05

象印の現行モデルの中ではリーズナブルな価格の圧力IH炊飯器です。見た目は通常の炊飯器とあまり変わりませんが、圧力を3通りに調節できる機能が付いているので、ごはんを好きな食感に炊き分けられます。

他の圧力IH炊飯器に比べてサイズが小さいので、一人暮らしの方向きです。初めて圧力IH炊飯器を購入する方や、あまり高級なものは買えないけれど圧力の凄さを実感したいという方におすすめ。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-QT06

本格的なかまどで炊いたような“おこげごはん”が味わえる、南部鉄器製内釜の圧力IH炊飯器。通常の炊飯器では味わえない高品質のごはんを炊きたいのであれば、ワンランク上の南部鉄器を選んでみてください。

3.5合炊きなので、一人暮らしの方におすすめのサイズです。底に付いているセンサーが適温を保ってくれるので、30時間までごはんを美味しく保存できます。容器に移し替えて保存するのが面倒だという方も、手間なくごはんを食べられるのが魅力です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NW-JA10

外側は鉄、内側はプラチナでコーティングされた厚釜を使用した圧力IH炊飯器。プラチナは水を弱アルカリ性に変え、お米表面のたんぱく質を分解することで中まで水を浸透させます。水とデンプンを同時に加熱することで、ごはんの甘みがアップする仕組みです。

また、ごはんを好みの固さに炊き分けられる圧力調節機能や、熟成させてごはんのうまみを上げる熟成炊きメニューも付いているので、通常のIH炊飯器よりも美味しいごはんを楽しめます。南部鉄器製ほどの品質は要らないけれど、多機能の圧力IH炊飯器が欲しい方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NW-AB10

内釜の外側を鉄でコーティングしているのが特長の圧力IH炊飯器。鉄は発熱効率が高いので、釜自体が発熱するIH式の構造とは相性がよく、効率的にお米に熱を加えられます。

釜の底は角度がつけられている面と平らな面が組み合わせられているので、泡が対流してお米をかき回し、全体を加熱できる仕組みです。南部鉄器は高くて手が出せないけれど、圧力をかけるIH炊飯器が欲しいという方におすすめ。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NW-AT10

南部鉄器の内釜を採用した圧力IH炊飯器です。ひとつひとつ職人が手作りしている南部鉄器の羽釜を使用しているので価格はやや高め。ごはんにこだわりがあり、美味しく炊ける質の高い炊飯器が欲しいという方におすすめです。

一度に5.5合まで炊けるので、1日にごはんをたくさん食べる方やたくさん炊いておいて保存したい方にもおすすめ。従来の圧力IH炊飯器は洗うパーツが6つもありましたが、こちらは3つに抑えているので毎日のお手入れが簡単です。