各メーカーによってこだわりが異なる「炊飯器」。内釜の素材や形状に違いがあるのはもちろん、搭載している機能もさまざまなので、購入する場合は事前にしっかりと製品の詳細を確認しておくことが重要です。

とはいえ、一人暮らしの場合はオーバースペックになりがちなため、選び方には注意が必要。そこで今回は、一人暮らしの方におすすめの炊飯器をランキング形式でご紹介します。人気の製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

一人暮らし用炊飯器の選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

炊飯器のサイズは、使用用途によって大きく変わります。特に一人暮らしの場合は、炊飯器を置くスペースや自炊の頻度がサイズを決めるうえでは重要です。

最も小さいサイズのモノで1合炊きのモデルから販売されており、ニーズの高い5合炊きサイズまではおおよそ0.5合刻みでラインナップされています。ちなみに、1合はお茶碗だと2杯程度の量。一人暮らしの方であれば、3合炊きの炊飯器がおすすめです。

炊飯器の種類で選ぶ

IH炊飯器

By: amazon.co.jp

電磁力の働きで内釜を直接加熱するIH炊飯器。内釜の底部だけでなく、フタや側面も加熱するので、炊きムラが発生しにくくなります。また、火力が強くご飯がふっくらと炊き上がるのもポイントです。

ただし、デメリットとして消費電力が多いことが挙げられます。さらに、マイコン式の相場が5000〜7000円に対し、IHは1万円からが目安。クオリティ重視で、ふっくらしたご飯が好きな方におすすめの炊飯器です。

マイコン式炊飯器

By: amazon.co.jp

炊飯器の底に電熱ヒーターを配置して、内釜を加熱するタイプのマイコン式。構造がシンプルで、お手入れが手軽なのが特徴です。価格相場は5000〜7000円程度。リーズナブルなモノだと、3000円程度の製品も販売されています。

基本的には底部のみ加熱するため、3合以上炊く場合には炊きムラが発生しやくなるのがデメリット。それより多く炊く場合は、IH式の炊飯器がおすすめです。ただし、マイコン式であっても底部だけではなく、フタや側面にヒーターを備えているモデルもラインナップされています。IH式に負けないほどの火力があるので、コストパフォーマンス重視の方はチェックしてみてください。

圧力IH炊飯器

By: rakuten.co.jp

基本性能はIH炊飯器と同じですが、圧力IH炊飯器は高圧力蒸気によって、より甘みのあるもちもちしたご飯が炊き上がります。また、高圧力環境を利用した多彩な調理も可能で、ケーキやヨーグルトなどが作れるのもポイントです。

一方、IHやマイコン式と比べて価格帯が高めなのがデメリット。なかには5万円を超えるハイスペックアイテムも展開されています。お米の味や食感にできるだけこだわりたい方は確認しておきましょう。

内釜の素材で選ぶ

By: mitsubishielectric.co.jp

鉄釜

鉄釜の特徴は、発熱効率が高いところです。デメリットは、ほかの素材に比べて鉄釜自体に重さがあるので、お米を研いだり、炊飯をセットしたりする際、少し手間に感じること。しかし、ツヤと甘みのあるおいしいご飯が炊けるため、お米にこだわりがある方におすすめです。

炭釜

炭釜は、遠赤外線効果でお米がふっくらと炊き上がるのが特徴。さらに、炭釜はIH式の炊飯器と相性がよく、電磁力による発熱効率も高いのがポイントです。

土鍋釜

土鍋釜は蓄熱性に優れているため、1度炊いたお米が冷めにくいのが特徴。また、お米全体に熱が広がり、ふっくら炊き上がる遠赤外線効果も発揮します。

内釜の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

内釜の構造は、主に厚釜、多層釜、真空釜の3種類。それぞれ特徴が異なるので要チェックです。厚釜は、内釜を厚くして釜全体に熱を蓄えることで、包み込むようにムラなく炊き上げられるのが特徴。厚さに明確な定義はありませんが、一般的には2.3mm以上の厚みをもつモノが「厚釜」と呼ばれています。

多層釜は素材を何層にも重ねたタイプです。製品によって構造は異なり、7層・8層・9層構造とさまざまなパターンの内釜があります。熱伝導率の高いアルミや銅、ダイヤモンドなどの素材を外側に採用することで、お米の芯まで熱が伝わりやすくなるのがポイント。

真空釜とは、内釜に真空の層を設けたタイプです。魔法瓶と同じ構造で、熱を効率よく内部に伝えられるため、炊き上がった後に冷めにくい点が魅力。さらに、厚釜や多層釜に比べると軽量なので、手間なく取り扱えるのもポイントです。

その他機能で選ぶ

炊き分け機能

炊き分けとは、白米だけではなく、無洗米、玄米などお米の種類によって炊き分けを設定できる機能です。ほかにも、おかゆや炊き込みご飯など、メニュー別に詳細設定ができます。

特に一人暮らしの場合は、無洗米コースに対応しているかどうかが重要です。お米を洗う手間を省けるため、寒い冬に活躍します。最近は無洗米を購入している方も多いので、ぜひチェックしておきましょう。

エコ炊き機能

エコ炊きは、炊飯器からの蒸気を抑えて炊き上げる機能です。必要最低限の電力しか消費しないため、通常よりも電気代の節約が可能。水の量が少なく、固めに炊けるのが特徴です。

米の銘柄炊き

銘柄炊きとは、コシヒカリやあきたこまち、ひとめぼれといったお米の銘柄別に炊き分けられる機能です。お米によって粒の大きさや食感が異なるので、炊き上がりが大きく変化します。ただし、ハイスペック機に搭載される場合が多い点は留意しておきましょう。

スマホ連携

スマートフォンから炊飯器の各種設定や、炊き上がりを把握できるモノもあります。炊飯器から離れて作業を行う場合や、外出時に炊飯器の設定を忘れてしまった場合に便利です。

一人暮らしにおすすめの炊飯器メーカー

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶は、1万円を切るリーズナブルな製品から10万円近いハイエンドモデルまで、幅広い製品を取り揃えているのが特徴。土鍋釜にこだわった高級炊飯器は、かまどで炊いたおこげ付きご飯が食べたいという方におすすめです。また、炊飯器のデザインにも定評があり、スタイリッシュな製品は女性にも人気があります。毎日使うモノなので、見た目にもこだわりたい方は要チェックです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

炊飯器の販売でトップシェアを誇る象印。2010年には羽釜を採用したモデルを発売し、一躍人気となりました。また、炊き分け機能に優れているのも象印の魅力。圧力の強さをコントロールして炊飯するのが特徴です。

例えば、カレーや酢飯であれば粘り気を少なく炊き上げたり、玄米であれば芯からふっくら炊き上げたりと、ご飯の種類によって炊き方を調節できます。ロングセラー製品が多いのもポイントです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の炊飯器の特徴は、内釜内部を真空にする真空機能です。お米に水を浸透させやすい効果があるため、乾燥によるお米の黄ばみ防止にも有効。また、保温機能に定評があり、長時間の保温をしてもご飯のクオリティが持続するのもポイントです。

コスパの高い一人暮らし向け炊飯器のおすすめランキング

第1位 山善(YAMAZEN) 小型炊飯器 1.5合炊き ライスクッカー YJE-M150

低価格でコンパクトな炊飯器。最小0.5合から炊けるので、少量のご飯しか必要がない一人暮らしの方におすすめです。本体サイズは幅155×奥行き177×高さ191mm、重量は約1.3kgと小型軽量で、食卓に置いても邪魔になりません。

本体にはスイッチがひとつだけのシンプル設計。お米を洗って内釜をセットしたら、後は炊飯スイッチを押すだけでご飯が炊き上がります。

選べる本体カラーはレッド・ブラック・ホワイトの3種類。手軽に炊き立てご飯を食べたい一人暮らしの方におすすめの炊飯器です。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ジャー炊飯器 米屋の旨み 銘柄炊き 3合 RC-MC30-B

多彩な炊飯コースを搭載した、一人暮らしの方におすすめの炊飯器です。炊きこみコースや煮込みコースなどを活用することで、料理の幅が広がりやすいのが特徴。通常の白米コースには炊き上げ時間を短縮できる早炊きモードと消費電力を抑えた省エネモードがあり、生活スタイルに合った炊飯が可能です。

本体サイズは幅232×奥行き274×高さ201mm、重量は約2.8kg。また、本製品には「蒸しプレート」が付属。ご飯だけでなく、シュウマイなどの蒸し料理も楽しめます。31銘柄のお米に合わせて最適な炊飯を実現した、コストパフォーマンスに優れたおすすめの炊飯器です。

第3位 タイガー魔法瓶(TIGER) マイコン炊飯ジャー 3合炊き tacook JAJ-A552-GI

おしゃれなデザインで一人暮らしの方におすすめの炊飯器。一般的な炊飯器と異なる四角いデザインに加えて、本体カラーはシンプルホワイト・バレエピンク・アイスミントの3色が用意され、キッチンを華やかに彩ります。

炊飯メニューは白米やチャーハン、リゾットなど多彩で、炊飯時間を短縮できる「早炊き」機能も搭載。さらに、付属の「クッキングプレート」を使えばご飯とおかずを同時に調理できます。忙しくて料理をする時間を確保できない方におすすめです。

本体サイズは幅219×奥行き273×高さ191mm、重量は約3.0kg。キッチンにもこだわりのインテリアを展開したい方におすすめの、デザイン性にあふれる炊飯器です。

第4位 パナソニック(Panasonic) 炊飯器 1.5合 ミニクッカー SR-MC03-S

レトロなデザインが目を引く、一人暮らしの方におすすめの炊飯器です。本体サイズは幅210×奥行き160×高さ160mmとコンパクトで、キッチンのスペースが狭くても置き場所に困りません。本体カラーはホワイト・シルバー・ピンクの3色から選べます。

操作は本体側面にあるスイッチひとつのシンプル設計。フタは透明のガラス製で、調理中の様子を見られます。また、内釜の表面には「フッ素加工」が施されており、調理後のお手入れが手間になりにくいのも魅力。少量のご飯を手軽に食べたい方はぜひチェックしてみてください。

第5位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) マイコン式炊飯器 3合炊き 極め炊き NL-BB05AM-TM

本体内部を全面加熱する炊飯器です。底だけでなく、側面と上ふたにヒーターがあるのが特徴。495Wの火力で釜の中に激しい対流を起こして、ご飯の芯までふっくらと炊き上げます。内釜の底が広く、お米全体に熱が伝わりやすい形状なのもおいしく炊けるポイントです。

健康志向の方におすすめなのが「健康米メニュー」。設定するだけで雑穀米や玄米などを最適な温度と時間で炊けます。さらに、「パン(発酵・焼き)」メニューも搭載しているので、メロンパンやフォカッチャなどのパン作りも可能です。

選べるカラーはカッパーブラウンとシャンパンホワイトの2種類で、本体サイズは幅235×奥行き325×高さ195mm、重量が約2.7kg。一人暮らしの方が重宝する、1台2役で活躍できるおすすめの炊飯器です。

一人暮らし向け高級炊飯器のおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) IHジャー炊飯器 3.5合炊き SR-KT069

内釜の表面に備長炭入りのコーティングが施された炊飯器です。加熱は下部にある2段のIHと、側面とフタのヒーターで行われ、お米をふっくらと炊き上げます。

本製品はケーキも調理可能。生地を内釜に入れたら「ケーキコース」を選ぶだけでおいしいケーキを作れます。また、健康志向の方におすすめの「玄米コース」を搭載しているのもポイントです。

本体サイズは幅251×奥行き308×高さ202mm、重量が約4.2kg。一人暮らしの方には余裕のある3.5合炊きのおすすめアイテムです。

第2位 東芝(TOSHIBA) IHジャー炊飯器 2.5合炊き 備長炭かまど本羽釜 RC-4ZPJ-T

かまどで炊いたような伝統的な味を追求し、技術で再現した炊飯器です。羽釜の形をした内釜と1000Wの大出力が強い火力を生み、お米が本来持つ甘みを引き出します。

用意されている炊飯コースは「かまど名人」「早炊き」「おこげ」「玄米」など多彩。白米については4種類の食感を選んで炊き上げます。内釜にはダイヤモンドチタンコートが施され、釜の中での洗米も可能です。

本体サイズは幅220×奥行き289×高さ230mm、重量が約4.4kg。強い火力を求める方におすすめの高性能な炊飯器です。

第3位 三菱電機(MITSUBISHI) 備長炭 炭炊釜 NJ-VA107

スマホとの連携機能を搭載したIH炊飯器です。専用アプリは、音声入力やタッチ入力で炊飯設定を操作可能。お米の種類や炊き上がりのかたさ、時間などを簡単に設定できます。

内釜は熱伝導性に優れた5層構造の金属釜で、「ダブル備長炭コート」が施されているのもポイント。内フタにも炭コーティングが施されており、お米を遠赤外線でふっくらと炊き上げられます。

高火力を持続できる「七重全面加熱」構造を採用しているのも特徴のひとつ。底面・側面・内フタにIHを含む計7つのヒーターを搭載しており、お米全体にしっかりと熱を伝えます。玄米や発芽米、おかゆといった炊き分け機能も搭載した、5.5合炊きの高機能なおすすめアイテムです。

第4位 日立(HITACHI) IH炊飯器 3合炊き おひつ御膳 RZ-BS2M-N

おひつの部分を取り外して食卓に運べる炊飯器です。本体の周囲が真空などの断熱構造となっており、熱源がなくても約2時間は65℃程度に保てるのが特徴。本体サイズは幅217×奥行き260×高さ187mm、おひつ部分のみだと幅211×奥行き219×高さ139mmとコンパクトで、そのまま食卓に置きやすいのも魅力です。

内釜の底面はアルミ合金製で、表面に鉄の粒子を打ち込んだ構造。IHによって熱せられた底面から、全体に熱がすばやく伝わり炊きムラを抑えます。

操作は炊きこみ・おかゆ・保温の3種類とシンプルな設計。少量のお米を手軽においしく食べられるおすすめの炊飯器です。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 圧力IH炊飯器 3合炊き 米屋の旨み RC-PC30-W

ご飯のカロリーを自動計算できる炊飯器。よそったご飯の量に応じて本体のパネルにカロリーが表示されるので、糖質制限をしている方などにおすすめの機能です。

「量り炊き機能」を搭載しているのもポイント。銘柄に合わせて必要な水の量をパネルを確認でき、誰でも簡単においしいごはんを炊き上げられます。

本製品は圧力IH方式。内部に最大1.25気圧をかけて105℃まで熱し、お米の芯まですばやく熱を伝えます。本体サイズは幅237×奥行き349×高さ224mm、重量が約5.2kg。ユニークな機能の豊富さが魅力の炊飯器です。

第6位 siroca(シロカ) 土鍋炊飯器 3合炊き かまどさん電気 SR-E111

かまど炊きのようなおいしさになる伊賀の土鍋ごはんを、電気で再現した炊飯器。内釜に伊賀焼を使用しており、内釜をセットしてスイッチを押すだけの簡単操作で土鍋ごはんができます。面倒な火加減などが必要なく、自動で本格的に土鍋炊飯できるのが魅力です。

炊飯メニューは「かため」「ふつう」「やわらか」の3種類。おこげも「こいめ」「ふつう」「うすめ」と好みに合った仕上げを選べます。

土鍋部分は取り外しが可能。土鍋のサイズは幅300×奥行き300×高さ190mmと食卓に置いても邪魔になりません。一般的な炊飯器と同じように使えて、土鍋炊飯の味を楽しめるおすすめの製品です。