各メーカーによってこだわりが異なる「炊飯器」。内釜の素材や形状に違いがあるのはもちろん、搭載している機能もさまざまなので、購入する場合は事前にしっかりと製品の詳細を確認しておくことが重要です。

とはいえ、一人暮らしの場合はオーバースペックになりがちなため、選び方には注意が必要。そこで今回は、一人暮らしの方におすすめの炊飯器をランキング形式でご紹介します。人気の製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

一人暮らし用炊飯器の選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

炊飯器のサイズは、使用用途によって大きく変わります。特に一人暮らしの場合は、炊飯器を置くスペースや自炊の頻度がサイズを決める上では重要です。

最も小さいサイズのモノで1合炊きのモデルから販売されており、ニーズの高い5合炊きサイズまではおおよそ0.5合刻みでラインナップされています。ちなみに、1合はお茶碗だと2杯程度の量。一人暮らしの方であれば、3合炊きの炊飯器がおすすめです。

炊飯器の種類で選ぶ

IH炊飯器

By: amazon.co.jp

最近の主流で、電磁力の働きで内釜を直接加熱するIH炊飯器。内釜の底部だけでなく、フタや側面も加熱するので、炊きムラが発生しにくくなります。また、火力が強くご飯がふっくらと炊き上がるのもポイント。

ただし、デメリットとして消費電力が多いことが挙げられます。また、マイコン式の相場が5000〜7000円に対し、IHは1万円からが目安。クオリティ重視で、ふっくらしたご飯が好きな方におすすめの炊飯器です。

マイコン式炊飯器

By: amazon.co.jp

炊飯器の底に電熱ヒーターを配置して、内釜を加熱するタイプのマイコン式。構造がシンプルで、お手入れが手軽なのが特徴です。価格相場は5000〜7000円程度。リーズナブルなモノだと、3000円程度の製品も販売されています。

基本的には底部のみ加熱するため、3合以上炊く場合には炊きムラが発生しやくなるのがデメリット。それより多く炊く場合は、IH式の炊飯器がおすすめです。ただし、マイコン式であっても底部だけではなく、フタや側面にヒーターを備えているモデルもラインナップされています。IH式に負けないほどの火力があるので、コストパフォーマンス重視の方はチェックしてみてください。

圧力IH炊飯器

By: amazon.co.jp

基本性能はIH炊飯器と同じですが、圧力IH炊飯器は高圧力蒸気によって、より甘みのあるもちもちしたご飯が炊き上がります。また、高圧力環境を利用した多彩な調理も可能で、ケーキやヨーグルトなどが作れるのもポイント。

デメリットとして、価格帯はIHやマイコン式と比べて高めで、1万円台後半から5万円を超えるハイスペック機まで展開されています。お米の味や食感にできるだけこだわりたい方は確認しておきましょう。

内釜の素材で選ぶ

By: mitsubishielectric.co.jp

鉄釜

鉄釜の特徴は、発熱効率が高いところです。デメリットは、ほかの素材に比べて鉄釜自体に重さがあるので、お米を研いだり、炊飯をセットしたりする際、少し手間に感じること。しかし、ツヤと甘みのあるおいしいご飯が炊けるため、お米にこだわりがある方におすすめです。

炭釜

炭釜は、遠赤外線効果でお米がふっくらと炊き上がるのが特徴。さらに、炭釜はIH式の炊飯器と相性がよく、電磁力による発熱効率も高いのがポイントです。

土鍋釜

土鍋釜は蓄熱性に優れているため、1度炊いたお米が冷めにくいのが特徴。また、お米全体に熱が広がり、ふっくら炊き上がる遠赤外線効果も発揮します。

内釜の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

内釜の構造は、主に厚釜、多層釜、真空釜の3種類。それぞれ特徴が異なるので要チェックです。厚釜は、内釜を厚くして釜全体に熱を蓄えることで、包み込むようにムラなく炊き上げられるのが特徴。厚さに明確な定義はありませんが、一般的には2.3mm以上の厚みをもつモノが「厚釜」と呼ばれています。

多層釜は素材を何層にも重ねたタイプです。製品によって構造は異なり、7層、8層、9層構造とさまざまなパターンの内釜があります。熱伝導率の高いアルミや銅、ダイヤモンドなどの素材を外側に採用することで、お米の芯まで熱が伝わりやすくなるのがポイント。

真空釜とは、内釜に真空の層を設けたタイプです。魔法瓶と同じ構造で、熱を効率よく内部に伝えられるため、炊き上がった後に冷めにくい点が魅力。さらに、厚釜や多層釜に比べると軽量なので、手間なく取り扱えるのもポイントです。

その他機能で選ぶ

炊き分け機能

炊き分けとは、白米だけではなく、無洗米、玄米などお米の種類によって炊き分けを設定できる機能です。ほかにも、おかゆや炊き込みご飯など、メニュー別に詳細設定ができます。

特に一人暮らしの場合は、無洗米コースに対応しているかどうかが重要です。お米を洗う手間を省けるため、寒い冬に活躍します。最近は無洗米を購入している方も多いので、ぜひチェックしておきましょう。

エコ炊き機能

エコ炊きは、炊飯器からの蒸気を抑えて炊き上げる機能です。必要最低限の電力しか消費しないため、通常よりも電気代の節約が可能。水の量が少なく、固めに炊けるのが特徴です。

米の銘柄炊き

銘柄炊きとは、コシヒカリ・あきたこまち・ひとめぼれといったお米の銘柄別に炊き分けられる機能です。お米によって粒の大きさや食感が異なるので、炊き上がりが大きく変化します。ただし、ハイスペック機に搭載される場合が多い点は留意しておきましょう。

スマホ連携

スマートフォンから炊飯器の各種設定や、炊き上がりを把握できるモノもあります。炊飯器から離れて作業を行う場合や、外出時に炊飯器の設定を忘れてしまった場合に便利です。

一人暮らしにおすすめの炊飯器メーカー

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶は、1万円を切るリーズナブルな製品から10万円近いハイエンドモデルまで、幅広い製品を取り揃えているのが特徴。土鍋釜にこだわった高級炊飯器は、かまどで炊いたおこげ付きご飯が食べたいという方におすすめです。また、炊飯器のデザインにも定評があり、スタイリッシュな製品は女性にも人気があります。毎日使うモノなので、見た目にもこだわりたい方は要チェックです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

炊飯器の販売でトップシェアを誇る象印。2010年には羽釜を採用したモデルを発売し、一躍人気となりました。また、炊き分け機能に優れているのも象印の魅力。圧力の強さをコントロールして炊飯するのが特徴です。

例えば、カレーや酢飯であれば粘り気の少ない炊き上がりに、玄米は芯からふっくらと、ご飯の種類によって炊き方を調節できます。ロングセラー製品が多いのもポイントです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の炊飯器の特徴は、内釜内部を真空にする真空機能です。お米に水を浸透させやすい効果があるため、乾燥によるお米の黄ばみ防止にも有効。また、保温機能に定評があり、長時間の保温をしてもご飯のクオリティが持続するのもポイントです。

【安いけどコスパ高】一人暮らし向け炊飯器のおすすめランキング

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) マイコン炊飯ジャー 極め炊き NL-BC05

象印マホービン(ZOJIRUSHI) マイコン炊飯ジャー 極め炊き NL-BC05

パワフルな火力でお米をおいしく炊き上げられる3合炊きの炊飯器です。従来の約1.2倍にあたる高火力で激しい対流を起こし、お米の炊きムラを抑えて芯までふっくらと炊き上げます。

側面と釜底だけでなく上フタにもヒーターを搭載しているため、釜全体をしっかり加熱。お米のべちゃつきを防止できるのもポイントです。内釜は厚さ2.5mmの厚釜タイプで、熱が全体に伝わりやすい浅めの形状に設計されています。

また、雑穀米や玄米などの健康米メニューに対応した炊き分け機能も搭載。さらに、パンの発酵と焼き上げメニューも内蔵しているので、丸パンやメロンパンといったパン調理も楽しめます。

内釜のニオイ残りが気になる際に便利な、クリーニング機能を搭載しているのもメリット。炊き込みご飯の後などに役立ちます。お手頃価格でハイスペックなおすすめモデルです。

第2位 シャープ(SHARP) ジャー炊飯器 KS-CF05A

シャープ(SHARP) ジャー炊飯器 KS-CF05A

人気の高いマイコン式炊飯器です。3合炊きの製品で、内釜に独自の黒厚釜を採用しているのが特徴。厚さ3mmの内釜がお米の芯までしっかりと熱を伝えるので、おいしく炊き上げられます。内釜には取っ手がついており、米をほぐす際に押さえやすく便利です。

多彩な炊き分け機能を搭載しているのもポイント。無洗米・炊き込みご飯・おかゆ・玄米といった7種類のメニューに対応しています。早炊きにも対応しており、時間のないときに素早くお米を炊けるのもメリットです。

また、手軽にパンが焼けるパン調理機能を内蔵しているのも魅力。発酵や焼き上げの温度設定が不要で、簡単にさまざまなパンを作れます。スタイリッシュなデザインで、コスパに優れたおすすめ炊飯器です。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 銘柄炊き IHジャー炊飯器 RC-IE30

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 銘柄炊き IHジャー炊飯器 RC-IE30

お手頃価格でありながらお米の銘柄炊きが可能なIH炊飯器です。31種類の銘柄に対応しており、火力や蒸らし時間を自動で調節しながらお米の個性を引き出せるのが魅力。炊き分け機能も搭載しているため、白米のほかに炊き込みご飯・おかゆ・玄米・無洗米などもおいしく炊き上げられます。

IHヒーターに上フタヒーターを加えた「Wヒーター」を搭載しているのもポイント。上下合計725Wの高火力で、ムラなくお米を炊き上げることが可能です。また、内釜はステンレス層とアルミ層による熱まわりのよい多層釜を採用しています。

内釜は厚さ3mmの厚釜タイプなので、お米をふっくらと炊き上げられるのもメリット。さらに、炊飯だけでなく蒸し・煮込み料理にも対応しており、付属の蒸しプレートを使うと手軽に蒸し料理を作れます。

早炊きモードや省エネのエコ炊きにも対応。便利な機能を豊富に搭載した、3合炊きのおすすめモデルです。

第4位 東芝(TOSHIBA) 小容量IHジャー炊飯器 RC-5XL

東芝(TOSHIBA) 小容量IHジャー炊飯器 RC-5XL

リーズナブルな3合炊きの人気IH炊飯器です。かまどのような高火力でお米を炊き上げる「本かまどコース」を搭載しており、白米や無洗米をおいしく炊飯できます。「麦ご飯コース」では、水加減の難しい麦ご飯を手軽においしく炊けるため便利です。

水温に応じてお米の浸し時間を調節する「年中ぴったり浸し」機能を搭載しているのもポイント。気温の変化に関わらず、一年中適切なお米の吸水を行えます。また、パンの発酵や焼き上げ、温泉卵作りといった調理コースを内蔵しているのもメリットです。

早炊きにも対応しており、忙しいときにも素早く炊飯できます。電気代を抑えられるエコ炊きを搭載しているのも魅力。IH炊飯器のエントリーモデルとしてもおすすめの製品です。

第5位 パナソニック(Panasonic) IHジャー炊飯器 SR-KT068

パナソニック(Panasonic) IHジャー炊飯器 SR-KT068

スタイリッシュなガラスパネルのIH炊飯器です。軽くタッチするだけで操作できるタッチキーと、暗がりでも見やすいLED表示を搭載しています。フラット天面を採用しているため、汚れを拭きやすくお手入れも簡単です。

内釜に厚み2mmの「備長炭釜」を採用しているのもポイント。2段IHと側面・フタヒーターで釜全体をしっかりと加熱し、お米をおいしく炊き上げられます。

また、手軽にさまざまなケーキを作れるケーキコースも搭載しているのも魅力。自動で温度をコントロールしてくれるので、おかし作りに慣れていない方にもおすすめ。シンプルながらも高機能な人気モデルです。

第6位 タイガー魔法瓶(TIGER) マイコン炊飯ジャー 炊きたて JAJ-A552

タイガー魔法瓶(TIGER) マイコン炊飯ジャー 炊きたて JAJ-A552

四角いフォルムがおしゃれなマイコン式炊飯器です。付属の「クッキングプレート」を使用し、お米と同時に材料を入れて炊飯することでご飯とおかずをまとめて作れるのが特徴。時短と節電の効果が期待できる上、おかずを作る手間が省けるので、一人暮らしの自炊におすすめです。

40種類のメニューを掲載したレシピブックが付属しているのもメリット。一人暮らし向けのメニューが豊富に載っているため、献立決めにも役立ちます。便利なエコ炊きや早炊きに対応しているのもポイント。自炊派の方におすすめの3合炊きモデルです。

【高級で高性能】一人暮らし向け炊飯器のおすすめランキング

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-QB06

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-QB06

人気の高い圧力IH炊飯器です。独自の「極め羽釜」を内釜に採用しているのが特徴。内面が広くて浅い羽釜形状により、フタ・側面・底面に搭載したヒーターの熱をお米と水に効率よく伝え、炊きムラを抑えて炊飯できます。

側面から大火力で釜の羽を直接加熱する、「かまどヒーター」を搭載しているのもポイント。大火力と高圧力でお米を豪快にかき回す「プレミアム対流」により、お米の甘み成分をより引き出すことが可能です。

また、それぞれの家庭に合わせた炊飯を行える「わが家炊き」機能を搭載しているのも魅力。お米のかたさや粘りを最大49通りから選択でき、好みのご飯に炊き上げられます。玄米・雑穀米・無洗米・おかゆなどの豊富な炊き分け機能を搭載しているのもメリットです。

30時間まで最適な火加減でおいしく保湿できる「うるつや保温」も搭載。ハイスペックな3.5合炊きのおすすめモデルです。

第2位 タイガー魔法瓶(TIGER) 圧力IH炊飯ジャー 炊きたて JPD-A060

タイガー魔法瓶(TIGER) 圧力IH炊飯ジャー 炊きたて JPD-A060

土鍋で炊いたようなご飯を味わえる圧力IH炊飯器です。内釜は厚さ3mmの「9層遠赤特厚釜」で、内側に遠赤土鍋コーティングを施しているのが特徴。釜全体にしっかりと熱が伝わるため炊きムラを抑えることが可能で、ご飯をふっくらと炊き上げられます。

米をもっちりとした食感へ仕上げる「可変W圧力炊き」を搭載しているのもポイント。2段階の圧力を使い分け、お米の粘りや弾力を引き出しべたつきを抑えます。炊き分け機能も充実しており、雑穀米・玄米・おかゆ・炊き込みといった豊富なメニューを選択可能です。

便利なエコ炊きや早炊きに対応しているのも魅力。一度に炊けるお米の量は3.5合で、少量の0.5合から炊飯できるので一人暮らしにおすすめです。使い勝手のよい圧力IH炊飯器として、ぜひチェックしてみてください。

第3位 東芝(TOSHIBA) 小容量IHかまど炊飯器 RC-4ZWJ

東芝(TOSHIBA) 小容量IHかまど炊飯器 RC-4ZWJ

洗練されたデザインのおしゃれなIH炊飯器です。タッチパネルで簡単に操作でき、天面がフラットでお手入れしやすいのが特徴。2.5合炊きモデルで本体サイズがコンパクトなため、省スペースで一人暮らしの方におすすめです。

内釜に羽釜形状を採用しているのもポイント。外側には備長炭入り遠赤外線コート、内側には熱伝導性に優れるダイヤモンドチタンコートを施しています。1000Wの大火力で高い沸騰力を維持し、お米の一粒一粒に熱を行き渡らせることで、かまど炊きのような炊飯を行えるのが魅力です。

麦ご飯や玄米といった健康米の炊き分け機能も搭載。水加減の難しい健康米も手軽に炊けるので、健康に配慮した食生活をサポートしてくれます。小型ながらも多彩な機能を搭載した人気モデルです。

第4位 三菱電機(MITSUBISHI) 備長炭 炭炊釜 NJ-VA107

三菱電機(MITSUBISHI) 備長炭 炭炊釜 NJ-VA107

スマホとの連携機能を搭載したIH炊飯器です。音声入力やタッチ入力で専用アプリを操作し、お米の種類・炊き上がりのかたさ・時間などを設定して簡単に炊飯できます。10種類の銘柄に対応した「銘柄芳潤炊き」で、お米のおいしさを引き出せるのも魅力です。

内釜は熱伝導性に優れた5層構造の金属釜で、「ダブル備長炭コート」が施されています。内フタにも炭コーティングが施されており、お米を遠赤外線でふっくらと炊き上げられるのがメリットです。

高火力を持続できる「七重全面加熱」構造を採用しているのも特徴。底面・側面・内フタにIHを含む計7つのヒーターを搭載しており、お米全体にしっかりと熱を伝えます。また、独自の「可変超音波吸水」がお米の吸水を促し、お米を研いですぐ炊飯してもおいしく炊き上げられるのもポイントです。

玄米・発芽米・おかゆといった炊き分け機能も搭載しています。5.5合炊きの高機能なおすすめ製品です。

第5位 東芝(TOSHIBA) ジャー炊飯器 真空圧力IH RC-10ZWM

東芝(TOSHIBA) ジャー炊飯器 真空圧力IH RC-10ZWM

ハイグレードな5.5合炊きの圧力IH炊飯器です。独自機能の「真空ひたし」を搭載しており、内釜内部を真空状態にすることでお米の芯まで吸水させられるのが特徴。「真空保温」も可能で、白米を最大40時間おいしく保温できます。

内釜には「備長炭かまど本羽釜」を採用。熱伝導に優れたアルミニウムを素材に使用し、外側には備長炭入り遠赤外線コートを施しています。さらに、圧力をかけることでお米の芯まで熱を通す「圧力炊飯」に対応しているのもポイントです。

かまど炊きのような大火力でお米の旨みを引き出しながら炊き上げられるので、ご飯のおいしさを追求する方におすすめ。「かまど名人コース」では11通りの炊飯が可能で、好みの食感に合わせて炊飯できます。

炊き込みご飯・玄米・麦ご飯・雑穀米・おかゆといった豊富な炊き分け機能も搭載。圧力と真空テクノロジーでおいしくご飯を炊けるおすすめモデルです。