各メーカーによってこだわりが異なる「炊飯器」。内釜の素材や形状に違いがあるのはもちろん、搭載している機能もさまざまなので、購入する場合は事前にしっかりと製品の詳細を確認しておくことが重要です。

特に一人暮らしの場合、選び方には注意が必要。そこで今回は、一人暮らしの方におすすめの炊飯器をランキング形式でご紹介します。人気の製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

一人暮らし用炊飯器の選び方

サイズで選ぶ

By: tiger.jp

炊飯器のサイズは、使用用途によって大きく変わります。特に一人暮らしの場合は、炊飯器を置くスペースや自炊の頻度がサイズを決めるうえで重要です。

最も小さいサイズのモノで1合炊きのモデルから販売されており、ニーズの高い5合炊きサイズまではおおよそ0.5合刻みでラインナップされています。ちなみに、1合はお茶碗だと2杯程度の量。一人暮らしの方であれば、3合炊きの炊飯器がおすすめです。

また、ご飯の味にこだわりたいのであれば5合炊き程度の高級モデルも検討してみてください。

炊飯器の種類で選ぶ

IH炊飯器

By: rakuten.co.jp

電磁力の働きで内釜を直接加熱するIH炊飯器。内釜の底部だけでなく、フタや側面も加熱するので、炊きムラが発生しにくくなります。また、火力が強くご飯がふっくらと炊き上がるのもポイントです。

ただし、デメリットとして消費電力が多いことが挙げられます。さらに、本体価格の相場はマイコン式が5000〜7000円に対し、IHは1万円からが目安。クオリティ重視で、ふっくらしたご飯が好きな方におすすめの炊飯器です。

マイコン式炊飯器

By: amazon.co.jp

炊飯器の底に電熱ヒーターを配置して、内釜を加熱するタイプのマイコン式。構造がシンプルで、お手入れも手軽なのが特徴です。価格相場は5000〜7000円程度。リーズナブルなモノだと、3000円程度の製品も販売されています。

基本的には底部のみ加熱するため、3合以上炊く場合には炊きムラが発生しやすくなるのがデメリット。それより多く炊く場合は、IH式の炊飯器がおすすめです。

なかには、マイコン式であっても底部だけではなく、フタや側面にヒーターを備えているモデルもラインナップされています。IH式に負けないほどの火力があるので、コスパ重視の方はチェックしてみてください。

圧力IH炊飯器

By: amazon.co.jp

基本性能はIH炊飯器と同じですが、圧力IH炊飯器は高圧力蒸気によって、より甘みのあるもちもちしたご飯が炊き上がります。また、高圧力環境を利用した多彩な調理も可能で、ケーキやヨーグルトなどが作れるのもポイントです。

一方、IHやマイコン式と比べて価格帯が高めなのがデメリット。なかには5万円を超えるハイスペックモデルも展開されています。お米の味や食感にこだわりたい方は確認してみてください。

内釜の素材で選ぶ

鉄釜

By: amazon.co.jp

鉄釜の特徴は、発熱効率が高いところです。デメリットは、ほかの素材に比べて鉄釜自体に重さがあるので、お米を研いだり、炊飯をセットしたりする際、少し手間に感じること。ツヤと甘みのあるおいしいご飯が炊けるため、お米にこだわりがある方におすすめです。

炭釜

By: rakuten.co.jp

炭釜は、遠赤外線効果でお米がふっくらと炊き上がるのが特徴。さらに、炭釜はIH式の炊飯器と相性がよく、電磁力による発熱効率も高いのがポイントです。

土鍋釜

By: tiger.jp

土鍋釜は蓄熱性に優れているため、一度炊いたお米が冷めにくいのが特徴。また、お米全体に熱が広がり、ふっくら炊き上がる遠赤外線効果も発揮します。

内釜の構造で選ぶ

By: tiger.jp

内釜の構造は、主に厚釜・多層釜・真空釜の3種類で、それぞれ特徴が異なります。厚釜は、内釜を厚くして釜全体に熱を蓄えることで、包み込むようにムラなく炊き上げられるのが特徴。厚さに明確な定義はありませんが、一般的には2.3mm以上の厚みをもつモノが「厚釜」と呼ばれています。

多層釜は素材を何層にも重ねたタイプです。製品によって構造は異なり、7層・8層・9層構造とさまざまなパターンがあります。熱伝導率の高いアルミや銅、ダイヤモンドなどの素材を外側に採用することで、お米の芯まで熱が伝わりやすくなるのがポイントです。

真空釜とは、内釜に真空の層を設けたタイプ。魔法瓶と同じ構造で、熱を効率よく内部に伝えられるため、炊き上がった後にご飯が冷めにくくなります。さらに、厚釜や多層釜に比べると軽量なので、手間なく取り扱えるのもポイントです。

その他機能で選ぶ

炊き分け機能

炊き分けとは、白米だけではなく、無洗米、玄米などお米の種類によって炊き分けを設定できる機能です。ほかにも、おかゆや炊き込みご飯など、メニュー別に詳細設定ができます。

特に一人暮らしの場合は、無洗米コースに対応しているかどうかが重要です。お米を洗う手間を省けるため、寒い冬に活躍します。最近は無洗米を購入している方も多いので、ぜひチェックしておきましょう。

エコ炊き機能

エコ炊きは、炊飯器からの蒸気を抑えて炊き上げる機能です。必要最低限の電力しか消費しないため、通常よりも電気代の節約が可能。水の量が少なく、固めに炊けるのが特徴です。

米の銘柄炊き

銘柄炊きとは、コシヒカリやあきたこまち、ひとめぼれといったお米の銘柄別に炊き分けられる機能です。お米によって粒の大きさや食感が異なるので、炊き上がりが大きく変化します。ただし、ハイスペック機に搭載される場合が多い点は留意しておきましょう。

スマホ連携

スマホから炊飯器の各種設定や、炊き上がりを把握できるモノもあります。炊飯器から離れて作業を行う場合や、外出時に炊飯器の設定を忘れてしまった場合に便利です。

一人暮らしにおすすめの炊飯器メーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp/

炊飯器でトップレベルのシェアを有する象印。2010年には羽釜を採用したモデルを発売し、一躍人気となりました。また、炊き分け機能に優れているのも象印の魅力。圧力の強さをコントロールして炊飯するのが特徴です。

例えば、カレーや酢飯であれば粘り気を少なく炊き上げたり、玄米であれば芯からふっくら炊き上げたりと、ご飯の種類によって炊き方を調節できます。ロングセラー製品が多いのもポイントです。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶は、1万円を切るリーズナブルな製品から10万円近いハイエンドモデルまで、幅広い製品を取り揃えているのが特徴。土鍋釜にこだわった高級炊飯器は、かまどで炊いたようなおこげ付きご飯が食べたい方におすすめです。

また、炊飯器のデザインにも定評があり、スタイリッシュな製品が人気。毎日使うモノなので、見た目にもこだわりたい方は要チェックです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の炊飯器の特徴は、内釜内部を真空にする真空機能です。お米に水を浸透させやすくする効果があるため、乾燥によるお米の黄ばみ対策になります。また、保温機能にも定評があり、長時間の保温をしてもご飯のクオリティが持続するのがポイントです。

コスパの高い一人暮らし向け炊飯器のおすすめランキング

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-RM05


ご飯をおいしく炊き分けるための機能が充実した炊飯器です。「炊き分け圧力」機能により、普通の白米はもちろん、「すしめし」やカレーに合う「しゃっきり」と3通りの食感に炊き分けられるのが特徴。「白米ふつう」モードよりやわらかく、おかゆより固めに炊ける「やわらか」メニューも搭載しています。

また、炊飯前に米に水をしっかり吸水させる「熟成炊き(白米・玄米)」モードがあり、ふっくらおいしいご飯に仕上げられるのも魅力。ほかにも、雑穀米・玄米・金芽米を炊くのに適した「健康米メニュー」も備えています。さまざまな種類の米を、おいしく炊けるモデルを求める方におすすめです。

フタと底にはそれぞれセンサーが付いており、保温に適した温度にコントロールするのもポイント。ご飯のパサつきを抑え、30時間おいしく保温できます。

第2位 タイガー魔法瓶(TIGER) マイコンジャー炊飯器 炊きたて JBS-A055

フラットな天面パネルを採用したおしゃれな炊飯器です。「エコ炊き」や「早炊き」などさまざまなメニューを備えているのが特徴。レンジで再加熱したときのベタつきや乾燥を抑えられる「冷凍ご飯」メニューは、週末にたくさんのご飯を炊いて冷凍保存する方におすすめです。

さらに、「クッキング低温」メニューや「クッキング高温」メニューを搭載。低音調理でローストビーフやサラダチキンなどを作ったり、高温で時短調理をしたりできます。パンの発酵やパン焼きにも対応しており、マルチに使えます。

マイコン式炊飯器ですが、釜全体を包み込む「釜包みヒーター」により、3合分をムラなく炊き上げ可能。厚さ約3mmの「遠赤黒特厚釜」は蓄熱性があるほか、遠赤効果が期待できます。

第3位 山善(YAMAZEN) マイコン炊飯ジャー YJC-300

6種類の炊き分け機能を搭載したマイコン式の炊飯器です。白米・無洗米・早炊き・おかゆ・玄米・エコ炊きに対応。玄米や無洗米を食べる機会が多い方や、電気代を節約したい方などにおすすめです。3合まで炊飯でき、1合でも美味しく炊けます。

フラットな天面にはボタンを搭載。炊飯予約や保温などが簡単に設定できます。釜や蒸気キャップは分解して水洗いできるので手入れが簡単。シンプルな機能を搭載した使いやすいモデルで、コスパ重視の方におすすめです。

第4位 シャープ(SHARP) ジャー炊飯器 KS-CF05B

玄米や雑穀米など、多彩な炊飯メニューに対応した炊飯器です。「おいそぎ炊飯」メニューが付いているので、素早く炊き上げたいときにも便利。さらに、「パン調理機能」を搭載しており、米粉入りのパンも焼けます。

内釜には3mm黒厚釜を採用しており、米の芯まで加熱。マイコン式ですが、底面を丸くした「球面炊き」により、全体に熱を伝え、ふっくらと炊き上げられます。内釜でお米が洗える「Wコーティング内釜」なので、米とぎも楽です。

天面の操作盤は、LED表示を採用したフラットなデザイン。リーズナブルな価格ですが、モダンで高級感があり、おしゃれな家電を探している方にもおすすめです。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ジャー炊飯器 5.5合 RC-ME50

5.5合まで炊ける炊飯器です。たくさん食べる一人暮らしの方や、ご飯を冷凍しておきたい一人暮らしの方におすすめ。9通りの炊き分けができる「おこのみ炊き機能」や、40種類の「銘柄炊き分け」機能が付いており、メニューや好みに合わせて炊き上げられます。

また、ヘルシーメニューも搭載しており、玄米・麦飯・雑穀米などの炊飯が可能。無洗米コースや早炊きモードなどもあり、ライフスタイルに合わせてメニューが設定できます。

マイコン式の炊飯器ですが、底とフタにヒーターを搭載しており、上下から釜を包み込むように加熱可能。合計645Wで、全体をムラなく炊き上げます。

第6位 パナソニック(Panasonic) IHジャー炊飯器 SR-KT0

モダンなフォルムと天面の縁取りがおしゃれな一人暮らし向けIH炊飯器です。天面にLED表示のタッチパネルを搭載。フラットな設計はインテリアとして映えるだけでなく、手入れが楽です。

内釜には備長炭コートを施した備長炭釜を採用しており、3.5合まで炊飯可能。底部だけでなく、フタや側面も広く加熱する2段IH式を採用しているため、ご飯がふっくらと炊き上げられます。

7つのメニューがあり、無洗米や玄米のほか炊き込みごはん専用メニューも搭載。料理のレパートリーが広がります。エコ炊飯や早炊きに対応しているので、毎日自炊をする方にもおすすめです。

第7位 タイガー魔法瓶(TIGER) マイコン炊飯ジャー JAI-R552

多機能で使いやすい一人暮らし向けのマイコン式炊飯器です。底部と側面にヒーターを搭載しており、全面を広く加熱可能。また、「黒遠赤釜」の遠赤外線効果により、均一にやわらかく炊き上げる効果が期待できます。

内鍋で洗米もでき、米を移し替える手間が省けて便利。無洗米メニューもあるので、食べるお米に合わせて使えます。また、炊き込み・おこわ・おかゆ・エコ炊き・玄米・早炊きなどのメニューに対応しており、ライフスタイルに合わせて使いやすいモデルです。

炊き上がりの予約や12時間までの保温も可能。多機能ながらリーズナブルな価格で、自炊する機会が多い一人暮らしの方にもおすすめです。

第8位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スマートベーシック 炊飯器 RC-MA30AZ

31銘柄の炊き分けが可能な炊飯器です。「こしひかり」や「あきたこまち」など、銘柄に合わせて自動で炊き上げられます。ご飯のブランドにこだわりがある一人暮らしの方におすすめです。

銅・ステンレス・アルミの3層構造の厚釜を採用。熱伝導率や蓄熱性が高く、ムラを抑えてやわらかく炊き上げられます。

また、無洗米・炊き込み・おかゆ・玄米コースを搭載しており、米に合わせて炊き分け可能。煮込みや蒸しモードも搭載しており、肉じゃがなどの煮込み料理や、茶碗蒸しなどの蒸し料理も炊飯器で作れます。

第9位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 瞬熱真空釜 IHジャー炊飯器 RC-IF50

素早く釜全体を均一に加熱する「瞬熱真空釜」を採用した炊飯器です。内釜に真空の層を作ることで内釜全体を均一に加熱し、ふっくらと炊き上げます。米を踊らせずに炊き上げるため、粒立ちがよいのも魅力です。

好みの硬さを3通りから選べるほか、5通りの炊き分けに対応。冷凍・カレー・すし飯など、メニューに合わせて選べます。玄米・おこわ・麦飯・雑穀米などにも対応しており、健康志向の方にもおすすめです。

また、50銘柄の炊き分けに対応。「ひとめぼれ」や「ゆめぴりか」など、銘柄に合わせて炊き分けられます。さらに、蒸し料理や煮込み料理コースもあり、ケーキやカレーなどの調理にも便利です。

スタイリッシュなデザインで、高級感があるので、デザイン性重視の方にもおすすめ。おしゃれで多機能ながらも比較的リーズナブルで、コスパがよいモデルです。

第10位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ジャー炊飯器 1.5合 RC-MF15

初期費用を抑えたい方に向いている、リーズナブルな炊飯器です。1.5合まで炊けるので、外食の機会が多い一人暮らしの方におすすめ。早炊き機能や最大12時間までの予約機能のほか、最大3時間の保温機能も付いており、便利に使えます。

コンパクトなデザインで、ワンルームに置いても圧迫感が少ないのも魅力。マイコン式炊飯器なので楽に手入れでき、内蓋や蒸気キャップも丸洗いできます。

第11位 マクスゼン(maxzen) 1.5合炊飯器 RC-MX153

シンプルな機能を搭載した、リーズナブルな価格の炊飯器です。1.5合までの少量を炊き上げるのに便利なモデル。0.5合から炊き上げられ、外食の機会が多い一人暮らしの方におすすめです。

23時間までの予約機能や最大24時間の保温機能も搭載。おかゆモードも付いているので、雑炊などが楽に作れます。内釜にはフッ素加工が施されているため、焦げや汚れに強く、手入れが楽です。

一人暮らし向け高級炊飯器のおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX101

米の旨みを楽しみたい一人暮らしの方に適した、ハイスペックモデルの炊飯器です。「おまかせ見極め炊き」を搭載しており、米の鮮度や銘柄などを自動で判別可能。古米もやわらかく炊き上げられます。

圧力IH方式を採用しており、フタから底まで内釜を包み込むように加熱可能。全面発熱6段IHにより、細かく火力を調節しながら炊飯できます。

内釜には6層の多層釜「ダイヤモンド竈釜」を採用。アルミやダイヤモンドなどの素材を使っているため発熱性・蓄熱性・断熱性があります。タフなので内釜で洗米もでき、毎日自炊する方にもおすすめです。

また、スマホ連携が可能。炊き上がり時刻の変更機能や、新米の出来栄えに合わせて炊き上げる「出来栄え炊き分け」機能など、便利な機能を搭載しています。

第2位 三菱電機(MITSUBISHI) 本炭釜 KAMADO NJ-AWB10

底面からフタまで、8重ヒーターを搭載したIH式炊飯器です。最大1400Wの高火力でじっくりと炊き上げる「連続沸騰」機能を搭載。米の旨みを引き出し、「保水膜」を守りながら炊き上げるため、冷めてもおいしく食べられます。

羽釜タイプの内釜には、純度99.9%の炭釜を使用。遠赤外線効果も期待できます。内面コート3年保証が付いているので、長く使いたい方にもおすすめです。

炊き分けメニューが豊富で、全国の50銘柄炊き分けに対応。15通りの食感に炊き分けられる機能も付いています。また、冷凍ご飯用のモードも付いているので、週末にまとめて冷凍しておく一人暮らしの方などにもおすすめです。

5.5合まで炊ける大型モデルですが、炊飯は0.5合単位で調節でき、少量でも美味しく炊けます。外食が多いときや自炊が増えるときなど、ライフスタイルに合わせて使いやすいモデルです。

第3位 バーミキュラ(Vermicular) RICEPOT MINI RP19A

2つのテクノロジーによる絶妙な火加減と、お米のうまみを引き出す「鋳物ホーロー鍋」により、一粒一粒おいしいご飯が炊ける3合炊きタイプのIH炊飯器です。

熱伝導・遠赤外線加熱・蒸気対流を制御する「トリプルサーモテクノロジー」と、かまどのように鍋全体を均一に加熱する「ラップアップテクノロジー」を搭載。米の芯までしっかり火が通り、ふっくらと炊き上がります。

また、白米と玄米の炊き分けモードに加え、ふつう・おこげ・おかゆの3通りから炊き上がりの種類を選べるのもメリット。通常の炊飯器では味わえない香ばしいおこげを楽しみたい方はチェックしてみてください。

さらに、炊飯モードだけでなく、調理モードも搭載しています。保温・極弱火・弱火・中火の4段階に火加減を調節可能。無水料理や煮込み料理などを作れるので、自炊をする一人暮らしの方にもおすすめの高級炊飯器です。

第4位 東芝(TOSHIBA) ジャー炊飯器 炎匠炊き RC-10VRP

米の甘みを引き出す効果が期待できる真空圧力IH炊飯器です。内釜内部を真空にする真空機能「真空αテクノロジー」を搭載。お米に水を浸透させ、甘みや旨みを引き出す効果が期待できます。

また、真空保温により、長時間の保温でもやわらかな粒立ちをキープ可能。白米なら最大40時間の保温ができます。冷めてもおいしい「お弁当コース」があるので、お弁当を作る機会が多い方にもおすすめです。

内釜には、「鍛造かまど銅釜」を採用。底の厚さが5mmの厚釜を使って、かまどのような対流を起こし、米を踊らせることで、旨みを引き出します。

また、3通りの炊き分け機能のほか、早炊き・エコ炊飯・ケーキ・温泉卵などコースが豊富。炊飯器でさまざまな調理を楽しみたい方にもおすすめです。

第5位 タイガー魔法瓶(TIGER) 土鍋圧力IHジャー炊飯器 炊きたて 土鍋ご泡火 ほうび炊き JPL-G100

土鍋釜を採用したハイエンドモデルの炊飯器です。蓄熱性や保温性に優れているのが特徴。内釜に施した波紋底により均一な泡立ちを起こし、全体をふっくらと炊き上げます。

また、70種類の銘柄を炊き分けられるのが魅力。コシヒカリ・あきたこまち・ひとめぼれなど、米の銘柄に合わせておいしく炊き上げられます。さらに、3段階の火加減調節機能も付いており、土鍋ならではのおこげを楽しみたい方にもおすすめです。