各メーカーによってこだわりが異なる「炊飯器」。内釜の素材や形状に違いがあるのはもちろん、搭載している機能もさまざまなので、購入する場合は事前にしっかりと製品の詳細を確認しておくことが重要です。

特に一人暮らしの場合、選び方には注意が必要。そこで今回は、一人暮らしの方におすすめの炊飯器をランキング形式でご紹介します。人気の製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

一人暮らし用炊飯器の選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

炊飯器のサイズは、使用用途によって大きく変わります。特に一人暮らしの場合は、炊飯器を置くスペースや自炊の頻度がサイズを決めるうえで重要です。

最も小さいサイズのモノで1合炊きのモデルから販売されており、ニーズの高い5合炊きサイズまではおおよそ0.5合刻みでラインナップされています。ちなみに、1合はお茶碗だと2杯程度の量。一人暮らしの方であれば、3合炊きの炊飯器がおすすめです。

また、ご飯の味にこだわりたいのであれば5合炊き程度の高級モデルも検討してみてください。

炊飯器の種類で選ぶ

IH炊飯器

By: amazon.co.jp

電磁力の働きで内釜を直接加熱するIH炊飯器。内釜の底部だけでなく、フタや側面も加熱するので、炊きムラが発生しにくくなります。また、火力が強くご飯がふっくらと炊き上がるのもポイントです。

ただし、デメリットとして消費電力が多いことが挙げられます。さらに、マイコン式の相場が5000〜7000円に対し、IHは1万円からが目安。クオリティ重視で、ふっくらしたご飯が好きな方におすすめの炊飯器です。

マイコン式炊飯器

By: amazon.co.jp

炊飯器の底に電熱ヒーターを配置して、内釜を加熱するタイプのマイコン式。構造がシンプルで、お手入れも手軽なのが特徴です。価格相場は5000〜7000円程度。リーズナブルなモノだと、3000円程度の製品も販売されています。

基本的には底部のみ加熱するため、3合以上炊く場合には炊きムラが発生しやすくなるのがデメリット。それより多く炊く場合は、IH式の炊飯器がおすすめです。

なかには、マイコン式であっても底部だけではなく、フタや側面にヒーターを備えているモデルもラインナップされています。IH式に負けないほどの火力があるので、コスパ重視の方はチェックしてみてください。

圧力IH炊飯器

By: amazon.co.jp

基本性能はIH炊飯器と同じですが、圧力IH炊飯器は高圧力蒸気によって、より甘みのあるもちもちしたご飯が炊き上がります。また、高圧力環境を利用した多彩な調理も可能で、ケーキやヨーグルトなどが作れるのもポイントです。

一方、IHやマイコン式と比べて価格帯が高めなのがデメリット。なかには5万円を超えるハイスペックモデルも展開されています。お米の味や食感にできるだけこだわりたい方は確認しておきましょう。

内釜の素材で選ぶ

鉄釜

By: rakuten.co.jp

鉄釜の特徴は、発熱効率が高いところです。デメリットは、ほかの素材に比べて鉄釜自体に重さがあるので、お米を研いだり、炊飯をセットしたりする際、少し手間に感じること。ツヤと甘みのあるおいしいご飯が炊けるため、お米にこだわりがある方におすすめです。

炭釜

By: mitsubishielectric.co.jp

炭釜は、遠赤外線効果でお米がふっくらと炊き上がるのが特徴。さらに、炭釜はIH式の炊飯器と相性がよく、電磁力による発熱効率も高いのがポイントです。

土鍋釜

By: rakuten.co.jp

土鍋釜は蓄熱性に優れているため、一度炊いたお米が冷めにくいのが特徴。また、お米全体に熱が広がり、ふっくら炊き上がる遠赤外線効果も発揮します。

内釜の構造で選ぶ

By: amazon.co.jp

内釜の構造は、主に厚釜・多層釜・真空釜の3種類で、それぞれ特徴が異なります。厚釜は、内釜を厚くして釜全体に熱を蓄えることで、包み込むようにムラなく炊き上げられるのが特徴。厚さに明確な定義はありませんが、一般的には2.3mm以上の厚みをもつモノが「厚釜」と呼ばれています。

多層釜は素材を何層にも重ねたタイプです。製品によって構造は異なり、7層・8層・9層構造とさまざまなパターンがあります。熱伝導率の高いアルミや銅、ダイヤモンドなどの素材を外側に採用することで、お米の芯まで熱が伝わりやすくなるのがポイントです。

真空釜とは、内釜に真空の層を設けたタイプ。魔法瓶と同じ構造で、熱を効率よく内部に伝えられるため、炊き上がった後にご飯が冷めにくくなります。さらに、厚釜や多層釜に比べると軽量なので、手間なく取り扱えるのもポイントです。

その他機能で選ぶ

炊き分け機能

炊き分けとは、白米だけではなく、無洗米、玄米などお米の種類によって炊き分けを設定できる機能です。ほかにも、おかゆや炊き込みご飯など、メニュー別に詳細設定ができます。

特に一人暮らしの場合は、無洗米コースに対応しているかどうかが重要です。お米を洗う手間を省けるため、寒い冬に活躍します。最近は無洗米を購入している方も多いので、ぜひチェックしておきましょう。

エコ炊き機能

エコ炊きは、炊飯器からの蒸気を抑えて炊き上げる機能です。必要最低限の電力しか消費しないため、通常よりも電気代の節約が可能。水の量が少なく、固めに炊けるのが特徴です。

米の銘柄炊き

銘柄炊きとは、コシヒカリやあきたこまち、ひとめぼれといったお米の銘柄別に炊き分けられる機能です。お米によって粒の大きさや食感が異なるので、炊き上がりが大きく変化します。ただし、ハイスペック機に搭載される場合が多い点は留意しておきましょう。

スマホ連携

スマホから炊飯器の各種設定や、炊き上がりを把握できるモノもあります。炊飯器から離れて作業を行う場合や、外出時に炊飯器の設定を忘れてしまった場合に便利です。

一人暮らしにおすすめの炊飯器メーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: rakuten.co.jp

炊飯器の販売でトップシェアを誇る象印。2010年には羽釜を採用したモデルを発売し、一躍人気となりました。また、炊き分け機能に優れているのも象印の魅力。圧力の強さをコントロールして炊飯するのが特徴です。

例えば、カレーや酢飯であれば粘り気を少なく炊き上げたり、玄米であれば芯からふっくら炊き上げたりと、ご飯の種類によって炊き方を調節できます。ロングセラー製品が多いのもポイントです。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶は、1万円を切るリーズナブルな製品から10万円近いハイエンドモデルまで、幅広い製品を取り揃えているのが特徴。土鍋釜にこだわった高級炊飯器は、かまどで炊いたおこげ付きご飯が食べたいという方におすすめです。

また、炊飯器のデザインにも定評があり、スタイリッシュな製品は女性にも人気があります。毎日使うモノなので、見た目にもこだわりたい方は要チェックです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の炊飯器の特徴は、内釜内部を真空にする真空機能です。お米に水を浸透させやすい効果があるため、乾燥によるお米の黄ばみ防止にも有効。また、保温機能に定評があり、長時間の保温をしてもご飯のクオリティが持続するのもポイントです。

コスパの高い一人暮らし向け炊飯器のおすすめランキング

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 米屋の旨み 銘柄炊き圧力IHジャー炊飯器 3合 RC-PA30

炊き分け機能が充実し、おいしいご飯が炊けると評判の3合炊きの圧力IH炊飯器です。31銘柄に対応した「銘柄炊き分け」と6通りからご飯の食感や質を選べる「こだわり炊き分け」を搭載。お米の種類や調理メニューに合わせて炊き方を変えられ、ご飯のおいしさを最大限に引き出します。

また、豊富な炊飯コースも魅力です。無洗米や玄米もおいしく炊けるほか、おかゆや炊き込みご飯も作れます。白米と無洗米に関しては、「早炊き」または「高速炊」モードも選択でき、すぐにご飯を炊きたいときに便利です。

さらに、お米の代わりに具材や調味料を入れて最大2時間煮込める「煮込みコース」も搭載。簡単に煮込み調理ができるので、空いた時間を有効活用できます。一人暮らしで自炊に時間をかけたくない方にもおすすめです。

第2位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 極め炊き NL-BC05

お手頃価格ながら、白米も健康米も炊けるうえ、パンまで焼けるマルチな3合炊きタイプのマイコン炊飯器。栄養豊富な玄米や金目米を食事に取り入れたい方、手作りパンを手軽に焼きたい方などにおすすめです。

また、最大495Wの高火力と上下左右に配置されたヒーターにより、内釜全体をムラなく加熱。米が激しく対流することで一粒一粒に熱を伝えやすくなり、米の芯までふっくらとしたおいしいご飯が炊き上がります。

炊飯器で炊きこみごはんを炊いた際に残りやすいニオイを低減できる「クリーニング」機能も魅力です。さらに、内ぶたは取り外して丸洗いできるので、ニオイも汚れもしっかり落とせます。お手入れ簡単な一人暮らし向けの炊飯器を探している方にもおすすめです。

第3位 タイガー魔法瓶(TIGER) マイコン炊飯ジャー 炊きたて JAI-R552

「黒遠赤釜」の遠赤外線効果により、お米の芯までじっくり火を通し、おいしいご飯が炊ける3合炊きのマイコン炊飯器。白米だけでなく、玄米や無洗米もふっくらとおいしく炊ける専用メニューも搭載しています。

また、「炊きあがり予約タイマー」も便利です。帰宅時刻や起床時刻に合わせて設定しておけば、待たずに炊きたてのご飯を食べられます。

さらに、「煮込み」メニューを使えば、手軽にポトフや豚の角煮などを自炊できるのもメリット。最大2時間まで設定できますが、煮込み時間が足りない場合は、保温後に最大1時間30分煮込み時間を追加できるのもおすすめポイントです。

第4位 山善(YAMAZEN) 1.5合炊きマイコン炊飯器 YJG-M150

低価格ながら、機能が充実した1.5合炊きのマイコン炊飯器。やわらかいおかゆをワンタッチで作れる「おかゆモード」、最大12時間後まで炊飯の完了時間を設定できる「タイマー予約」、最大3時間の保温機能を搭載しています。

また、内ぶたは取り外して丸洗いできお手入れも簡単です。約幅16.5×奥行16.5×高さ20cmとコンパクトなので、省スペースで設置できるのもメリット。おしゃれなデザインも人気があります。

第5位 ラドンナ(LADONNA) Toffy マイコン炊飯器 K-RC2

1台で、ご飯だけでなく、惣菜・発酵食品・蒸し物・デザートも作れる1.5合炊きのマイコン炊飯器。自炊にも便利です。蒸し調理の際に便利に使える「蒸しプレート」も付属しています。

また、発酵モードに関しては40℃・50℃・60℃の3段階に温度を調節できるので、ヨーグルトや塩麹など多彩な発酵食品を作れるのもおすすめポイントです。

炊飯モードでは、約30分と短時間で炊き上がるのも魅力。さらに、「予約タイマー」を設定すれば、帰宅や起床のタイミングに合わせて炊きたてご飯を食べられます。最大12時間の保温機能付きなので、すぐに食べられない場合でも安心です。

約幅15.5×高さ19.5×奥行17.5cmと小型で、一人暮らし用のキッチンや卓上でも圧迫感なく使えます。卓上などに持ち運びやすい取っ手も便利です。さらに、内釜だけでなく、内ぶたやパッキンも取り外して丸洗い可能。しっかりお手入れでき、衛生的に保てます。

第6位 シャープ(SHARP) ジャー炊飯器 KS-CF05B

ふっくらとご飯を炊ける炊飯器です。厚さ3mmの黒厚釜がお米の芯まで熱を伝えられることに加え、底面に球状を採用した「球面炊き」でおいしく炊き上げます。3合炊きモデルで一人暮らし用としておすすめ。忙しい時に重宝する「おいそぎ炊飯」機能を備えています。

玄米や雑穀米を炊飯できる、多彩な炊飯メニューを内蔵。健康志向の方にも適しています。パン調理機能を利用すれば、もちもちの米粉入りパン作りを楽しめるのも魅力です。「Wコーティング内釜」により、そのまま米を入れて洗米できるのも便利。「くっきり水位目盛り」で水加減を調節しやすくなっています。

「取っ手つき内釜」で持ち運びも簡単。コードは「コードリール式電源プラグ」でかさばりにくく、未使用時にすっきりと収納できます。使用時にLEDが浮かび上がる操作パネル採用した、スタイリッシュなデザインも魅力です。

第7位 タイガー魔法瓶(TIGER) 炊飯器 JAJ-G550

シンプルで可愛らしいデザインが印象的なマイコン式炊飯器です。付属のクッキングプレートを活用すれば、おかずを同時に調理できるのが最大の特徴。炊飯中の蒸気を利用して食材を加熱し、ご飯とおかずが同時にできあがります。家事の時間と光熱費を節約したい、一人暮らしにおすすめのモデルです。

冷凍ご飯をおいしく炊ける「冷凍ご飯」メニューを搭載。解凍したご飯特有のべたつきやパサつきを防いでおいしく食べられます。炊きすぎたご飯を冷凍保存しておけば、いつでもすばやくおいしいご飯を食べられて便利です。

電気代を抑えながら炊飯する「エコ炊きメニュー」にも注目。沸騰しはじめた段階で火力を弱め、最小限の火力をコントロールしながら炊き上げます。ナチュラルホワイト・コーラルピンク・アッシュグレーの3カラーをラインナップしており、インテリアの雰囲気と合わせて選択できるのも魅力です。

第8位 パナソニック(Panasonic) 炊飯器 SR-KT060

タッチキーとガラスパネルの組み合わせがスタイリッシュな3.5合炊き炊飯器です。操作パネルには暗い場所でも見やすいLEDを内蔵。タッチキーで操作しやすくフラットな天面でお手入れしやすいなど、使い勝手のよさが魅力のおすすめモデルです。

厚み2mmの内釜に備長炭入りコーティングを施しているのも注目ポイント。2段IHと側面・ふたヒーターの採用と相まって、釜を包み込むように加熱してご飯をふっくらと炊き上げます。無洗米やおかゆなど7メニューを搭載し、白米以外のさまざまなお米にも対応。玄米や雑穀米のほか、炊き込み専用メニューを備えています。

エコ炊飯や早炊きなど、時短や電気代を節約したい場合に重宝する炊き方も用意。予約タイマーで起床時や帰宅時間に合わせてセットしておけば、いつでも炊きたてのご飯を味わえます。

第9位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ジャー炊飯器 RC-MF15

「低糖質」と「麦飯」の2種類のヘルシーメニューを搭載している炊飯器です。糖質制限中やダイエットなど、健康志向の方におすすめ。通常炊飯の白米モードで、炊き込みご飯や赤飯にも対応可能です。

容量1.5合の少量炊飯に合わせた280Wヒーターを搭載しているのもポイント。過剰な加熱でおいしさを損なうことなく、常に少量炊飯に適した火力でおいしく炊き上げます。約26~39分で炊きあがる「早炊き機能」も便利。忙しい朝にすばやく炊飯したいときに役立ちます。

最大12時間後まで設定できる予約機能や、最大3時間まで保温できる機能を搭載。メニューを選んでボタンを押すだけと使い方も簡単です。内釜や蒸気口キャップは丸洗いできるため、常に清潔な状態で使用できます。

第10位 ブルーノ(BRUNO) 炊飯器 BOE071-WH 7760730

すっきりとしたモノトーンボディがおしゃれな炊飯器。シンプルなミニマムデザインで、スタイリッシュさにこだわりたい方におすすめのモデルです。0.5合の食べ切れる量から3合のまとめ炊きまで対応。一人暮らしの1日分のご飯を用意するのに適しています。

各部品は取り外して丸洗いできるため、常に清潔な状態で使用可能。内釜にはフッ素加工を施しており、ご飯がこびりつきにくくお手入れも簡単です。電源コードにマグネット式を採用している点にも注目。誤ってコード引っ掛けてしまっても外れるため安全です。

一人暮らし向け高級炊飯器のおすすめランキング

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-ES07

「わが家炊き」機能により、炊く度に好みの食感に炊き分けられる4合炊きの圧力IH炊飯器。前回のご飯の炊き上がりに関するアンケートに答えることで、次回から炊飯器が自動で炊き方を最適化します。

全部で81通りの炊き方から選択されるので、好みに合うご飯を炊けるうえ、細かな食感の違いを楽しめるのも魅力です。

また、食事メニューなどに合わせて、簡単にご飯の食感を炊き分けられる7通りの「炊き分け圧力」もポイント。カレーに合うしゃっきりご飯も、おにぎりに合うもちもちご飯も作れます。

さらに、じっくり炊くことでご飯のうまみを引き出す「熟成炊き」や、健康米をおいしく炊けるメニューも搭載。ご飯のおいしさにこだわりたい方におすすめの高級炊飯器です。

第2位 バーミキュラ(Vermicular) RICEPOT MINI RP19A

2つのテクノロジーによる絶妙な火加減と、お米のうまみを引き出す「鋳物ホーロー鍋」により、一粒一粒おいしいご飯が炊ける3合炊きタイプのIH炊飯器です。

熱伝導・遠赤外線加熱・蒸気対流を制御する「トリプルサーモテクノロジー」と、かまどのように鍋全体を均一に加熱する「ラップアップテクノロジー」を搭載。米の芯までしっかり火が通り、ふっくらと炊き上がります。

また、白米と玄米の炊き分けモードに加え、ふつう・おこげ・おかゆの3通りから炊き上がりの種類を選べるのもメリットです。通常の炊飯器では味わえない香ばしいおこげを楽しみたい方はチェックしてみてください。

さらに、炊飯モードだけでなく、調理モードも搭載しています。保温・極弱火・弱火・中火の4段階に火加減を調節可能。無水料理や煮込み料理などを作れるので、自炊したい方にもおすすめの高級炊飯器です。

第3位 タイガー魔法瓶(TIGER) 土鍋圧力IHジャー炊飯器 炊きたて JPH-G100K

蓄熱性と遠赤外線効果が高い土鍋を内釜に採用し、約250℃の高火力と細かい泡立ちによりおいしいご飯が炊ける5.5合炊きタイプの圧力IH炊飯器。金属鍋に比べ約4倍と高い遠赤外線効果により、お米の芯からじっくりとうまみを引き出します。

また、激しく沸騰しても泡立ちが細かいので、お米の表面を傷つけにくいのが特徴。外側はツヤとハリがあり、内側はもっちりとしたご飯を味わえるのもおすすめポイントです。

しゃっきり・標準・もっちりの3通りから食感を選択できる「炊き分け機能」も付いており、食事メニューに合ったご飯に炊き分けることが可能。さらに、大麦と白米を合わせて炊く「麦めし」や、雑穀米と白米を混ぜて炊く「雑穀米」メニューなども人気があります。

炊飯完了時刻を設定できる予約機能も充実。3通りの予約時刻を記憶できるので、毎回設定をやり直す必要ありません。朝と夜に分けて炊飯する場合に便利です。

第4位 長谷園×シロカ(長谷園×siroca) かまどさん電気 SR-E111

伊賀焼壺元「長谷園」と家電メーカー「シロカ」により共同開発された3合炊きのマイコン炊飯器です。長谷園の直火用炊飯土鍋「かまどさん」をそのまま炊飯器の内釜として採用し、炊飯工程のみを電気化しています。

かまどに近い火加減をシーズヒーターの直火で再現。内釜の高い蓄熱性と遠赤外線効果によりじっくりとお米に火が通り、ふっくらとおいしいご飯を炊き上げられる仕組みです。また、白米だけでなく、玄米や雑穀米にも対応できるうえ、おこげやおかゆも作れます。

さらに、最大13時間後まで炊き上がり時刻を設定できるタイマー機能も搭載。起床時や帰宅時に炊きたてご飯をすぐに食べられるのがメリットです。保温機能はありませんが、土鍋のご飯は乾燥しにくいため、冷えてもおいしく食べられます。

第5位 東芝(TOSHIBA) ジャー炊飯器 真空圧力IH RC-10VXP

一膳からでもおいしく炊ける5.5合炊きタイプの圧力IH炊飯器。お米の量を自動判定し、細かく火加減を調節することで少量でもふっくらと炊き上げます。残りのお米の量が少ない場合や、まとめ炊きの必要がない場合などに便利です。

「鍛造かまど備長炭釜」を内釜に採用。遠赤外線効果と熱対流により、ムラなくお米に火を通します。また、火加減を細かく制御することで高温を維持し、お米の甘みをしっかり引き出せるのもおすすめポイントです。

さらに、5通りの食感から選択できる「本かまど」炊き分け機能も魅力。冷めてもおいしいご飯が炊ける「お弁当」コースや、玄米と白米を混ぜて炊けるコースなども搭載しています。