各メーカーによってこだわりが異なる「炊飯器」。内釜の素材や形状に違いがあるのもちろん、搭載している機能もさまざまなので、購入する場合は事前にしっかりと製品の詳細を確認しておくことが重要です。

とはいえ、大家族で炊飯量や頻度が多ければ多機能は便利なポイントですが、一人暮らしの場合はオーバースペックになりがちになるので、選び方には注意が必要です。

そこで今回は一人暮らしの方におすすめの炊飯器をランキング形式でご紹介。1万円を境にそれぞれ分けて製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひベストな炊飯器を見つけてください。

一人暮らし用炊飯器のサイズ

By: amazon.co.jp

炊飯器のサイズはとても重要です。一人暮らしの場合は炊飯器を置くことができるスペースにも制限がありますし、毎日自炊をするのかしないのかというところもサイズを決める上で目安となってきます。

炊飯器のサイズですが、最も小さいものでは1.5合炊きのものから販売されていて、一般的にニーズの高い5合炊きサイズまではおおよそ0.5合刻みでの細やかなラインナップとなっています。

ちなみに1合とは女性サイズのお茶碗だと2杯程度の量。一人暮らしなら3合もしくは3.3サイズの炊飯器がおすすめです。

一人暮らし用炊飯器の選び方:機能

炊き分け

白米だけではなく、無洗米、玄米などお米の種類によって炊き分けを設定できる機能。他にも、おかゆや炊き込みご飯など、メニュー別に詳細な設定ができます。

特に、一人暮らしの場合は、無洗米コースに対応しているかどうかが重要です。米を洗うのも手間ですし、最近は無洗米を購入している方も多いので、チェックすべき機能です。

エコ炊き

By: amazon.co.jp

炊飯器からの蒸気を抑えて炊き上げる機能です。必要最低限の電力した消費しないため、通常よりも電気代を節約可能。水の量が少なく、固めに炊き上がるという特長があります。

米の銘柄炊き

銘柄炊きとは、コシヒカリ・あきたこまち・ひとめぼれといった米の銘柄別に炊き分けられる機能です。米によって、粒の大きさや食感も異なるので非常に実用的です。ただし、高級機に搭載される場合が多い点は留意しておきましょう。

スマホ連携

スマートフォンから炊飯器の各種設定や、炊き上がりを把握できるものもあります。炊飯器から離れて作業を行う場合や、外出時に炊飯器の設定を忘れてしまった場合に便利です。

一人暮らし用炊飯器の選び方:種類

IH炊飯器

By: amazon.co.jp

現在の主流で、電磁力の働きで内釜を直接加熱するIH炊飯器。内釜の底部にだけでなく、蓋や側面も加熱するので、炊きムラが発生しにくくなります。また、火力が強くご飯がふっくらと炊き上がるのもポイント。

ただし、デメリットとして消費電力が多いことが挙げられます。また、マイコン式の相場が5000〜7000円に対し、IHは1万円からが目安。クオリティ重視で、ふっくらしたご飯が好きな方におすすめの炊飯器です。

マイコン式炊飯器

By: amazon.co.jp

炊飯器の底に電熱ヒーターを配置して、内釜を加熱するタイプのマイコン式。構造がシンプルで、お手入れが手軽なのが特長です。価格相場は5000〜7000円程度。リーズナブルなものだと3000円程度の製品も流通しています。

基本的には底部のみ加熱するため、3合以上炊く場合には炊きムラが発生しやくなるのがデメリット。それより多く炊く場合にはIH式の炊飯器がおすすめです。ただし、マイコン式であっても底部だけではなく、フタや側面にヒーターを備えているモデルもあります。IH式に負けないほどの火力があるので、コスパ重視の方はチェックしてみてください。

圧力IH炊飯器

By: amazon.co.jp

メカニズムはIH炊飯器と同じですが、違いとしては高圧力蒸気によってクオリティの高い炊飯が可能で、より甘みのあるもちもちした柔らかいご飯に炊き上がります。また、高圧力環境を利用した多彩な調理も可能で、ケーキや豆腐、ヨーグルトなど作れる製品もあります。

デメリットとして、価格帯はIHやマイコン式と比べて高めで、1万円台後半から5万円を超す高級機まであります。玄米を炊くことが多い方や、ご飯にこだわりがある方におすすめの炊飯器です。

一人暮らし用炊飯器の選び方:素材

By: amazon.co.jp

内釜の素材もおいしいご飯を炊き上げる重要な要素。また、炊飯器自体の価格を左右するパラメータでもあり、各社の特徴が出る部分でもあります。釜の素材は大きく「鉄釜」「炭釜」「土鍋釜」と、3つに分けられ、それぞれに特徴があります。

鉄釜

鉄釜を最初に採用したのは家電メーカーの日立。鉄釜の特長は発熱効率が高いところです。なお、懸念すべき点としては他の素材に比べて鉄釜自体に重さがあるので、お米を研ぐ際など炊飯をセットする際に少々手間を感じることがあります。

炭釜

炭釜の特長としては、遠赤外線効果。それにより、お米がふっくらと炊き上がります。さらに、炭釜はIH式の炊飯器と相性がよく、電磁力による発熱効率も高いのがポイントです。

土鍋釜

土鍋釜は蓄熱性に優れているため、1度炊いたお米が冷めにくく、炊きムラもできづらいのが特長。また、ご飯のクオリティ向上が期待できる遠赤外線効果も発揮します。

一人暮らし用炊飯器の選び方:内釜の種類

厚釜

By: amazon.co.jp

明確な定義はありませんが、一般的に2.3mm以上の厚さより「厚釜」と呼ばれています。内釜を厚くすることで、釜全体に熱を蓄え、包み込むように炊きあげられるという特長があります。

多層釜

By: amazon.co.jp

IHや圧力IH炊飯器においての主流。7層、8層、9層構造とさまざまなパターンの内釜があります。熱伝導率の高いアルミや銅を外側に使って、火力を伝えやすくしているのが特長です。

一人暮らし用炊飯器の選び方:置き場所

炊飯器は案外大きいので、置き場所に困ってしまいます。置き場所がないからといって、床に直置きしている方もいるかもしれませんが、 床に置くと炊飯器の湯気や炊飯器自体が発する熱によって、床を傷めてしまうこともあるので考慮してください。

スチールラックを利用する

By: amazon.co.jp

炊飯器を置く場所として、スチールラックを利用するという方法もあります。スチールラックだと、棚の位置を自由に調整可能です。また、炊飯器だけではなく他のものも一緒に収納できるというメリットがあります。

スライドテーブルの上に置く

By: amazon.co.jp

キッチンに炊飯器を設置するスペースが取れない場合は、スライドテーブルを活用してください。組み立て不要なので、炊飯器の下に置いて、必要なときだけ引き出して使えます。ステンレス製ならサビにも強くお手入れもしやすいので、ぜひ検討してみてください。

一人暮らしのおすすめ人気炊飯器ランキング|1万円未満

第1位 タイガー魔法瓶(TIGER) マイコン 炊飯器 3合 JAI-R551

シンプルデザインのマイコン炊飯ジャー。本体サイズが幅22.4×奥行28.3×高さ18.9cmというコンパクトサイズなので、一人暮らし用にピッタリです。釜は、黒遠赤釜を採用。遠赤外線効果によってふっくらとしたご飯を炊くことができます。最大12時間の保温機能をはじめ、時計式タイマーなど基本的な機能が揃っているのも魅力です。

また、炊飯メニューも豊富です。目玉の「エコ炊き機能」は、通常の白米メニューに比べて電気代を約10%も抑えられます。節約をしている人には特におすすめです。

ほかにも早炊き、炊き込み、おかゆ、玄米、無洗米、おこわ、煮込みに対応。タイガーの炊飯器は温度管理に優れているので、火加減が難しい料理でも簡単に作れます。1万円を切る低価格モデルでありながら機能が充実。メニューの幅も広がるので、毎日しっかりと料理を作りたいという方にもおすすめです。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 炊飯器 マイコン式 3合 RC-MA30AZ-B

小型でスペースを取らない、一人暮らしはピッタリの炊飯器です。コンパクトながらに最大3合のお米が炊けるのは魅力的。普段からお米をよく食べる方はもちろん、来客にも備えることができます。

この炊飯器は銘柄炊きに対応しているのがポイント。お米の銘柄ごとに特徴を引き出して、より美味しく炊くことが可能です。銘柄はこしひかりをはじめ、あきたこまち、ゆめぴりかなど31種類に対応しているので、お米の触感・粘り・風味などにこだわりがある方にピッタリの機能です。

また、釜は銅・ステンレス・アルミを使った3層構造。伝導率の高い素材と厚釜の蓄熱効果によってお米全体にしっかりと熱を通すことが可能です。炊きむらが少なくなるので、全体的にふっくらとした仕上がりになります。

保続品として、蒸しプレートが付いているのもポイント。蒸しパンや蒸し野菜、茶わん蒸しなどさまざまな調理に対応することができます。コスパ重視の方はもちろん、料理のレパートリーを広げたい方にもおすすめです。

第3位 ネオーブ(NEOVE) 炊飯器 3.5合 NRM-M35A

圧倒的なコストパフォーマンスの炊飯器。一人暮らし用の炊飯器は、基本的に0.5合から2合炊けるのが平均ですが、NEOVEの炊飯器は3.5号と多めに炊くことができるので、一人暮らしでもたくさんお米を食べたい方には特におすすめの炊飯器です。

また、コンパクトながら機能も豊富。時短に便利な早炊き機能もしっかりと付いているので、ご飯が炊けるまで長い時間待つ必要もありません。普段は仕事で多忙だという人にもピッタリの炊飯器です。

その他にも予約機能もついているため、家に帰ってくるタイミングでできたてのご飯が食べられるというのも魅力のひとつ。5千円以下で買える炊飯器なので、初めて一人暮らしをする方はもちろん、コスパ重視で炊飯器を選びたい方におすすめです。

第4位 ネオーブ(NEOVE) 単機能炊飯ジャー 3合(0.54L) NRS-T30A

「誰でも簡単に使用できる」をコンセプトにした3合炊きの電気式炊飯器。操作ボタンはたったひとつだけで、お米を炊いた後はスイッチを切るまで自動保温してくれます。

内釜にはフッ素加工が施されているため、簡単に洗えるのもポイント。また、1合ならば最短20分で炊くことができます。忙しい日も炊きたてのご飯を食べたいという方にピッタリです。

付属品としてしゃもじと計量カップが付いており、すぐに使えるのも魅力。機能はシンプルですが、そのぶん価格も抑えられています。初めて一人暮らしをする方におすすめの炊飯器です。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 炊飯器 IH式 RC-IB30-B

大火力で一気に炊き上げるIH式の炊飯器です。釜は、アルミ2層とステンレスの極厚火釜を採用。「IHヒーター」と「ふたヒーター」によって釜の上下から熱を加えることで、ムラのない、ふっくらとしたお米を炊くことができます。

また、本製品は「銘柄炊き分け」機能を搭載。こしひかり、あきたこまち、つや姫といった31銘柄に対応しており、お米の特長にあわせて火力などを自動調整してくれます。簡単に美味しいお米を炊けるのでおすすめです。

ほかにも、忙しい方にピッタリのタイマー予約機能はもちろん、通常炊きよりも15分も短縮できる早炊きモード、少ない消費電力で炊飯できる省エネモードなど、さまざまな便利機能を搭載。1万円以下の格安モデルでありながら、これだけの機能を有している製品はほとんどありません。一人暮らしはもちろん、ファミリー用としてもおすすめの炊飯器です。

第6位 コイズミ(KOIZUMI) ライスクッカーミニ KSC-1511

0.5合から1.5合まで炊くことができるコンパクトな炊飯器です。本体サイズは153(W)×184(D)×189(H)mmなので置き場所に困りません。

1合炊きならば、たった20分で炊くことが可能。忙しい日でもすぐにホカホカのご飯を食べることができます。1~12時間のタイマー予約機能がついているのも魅力です。

また、付属品としてレシピブックが付いてきます。ご飯系メニューのほか、煮物やケーキなども作ることが可能。これから一人暮らしを始めるにあたって、本格的に自炊を始めたい方におすすめの炊飯器です。

第7位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 炊飯器 マイコン式 3合 NL-BA05

火力にこだわったマイコン式炊飯器です。フタ、側面、釜底に備えたヒーターによって釜全体をしっかりと加熱。沸騰後も高火力のまま炊き続けることで、お米の芯まで火が通り、ふっくらとした仕上がりになります。

白米だけではなく、栄養価の高い雑穀米や玄米を炊ける「健康米メニュー」に対応。栄養と美味しさを両立した金芽米を炊く専用メニューも搭載しています。健康志向の方にもおすすめです。

また、手作りパンを作れる「パン(発酵・焼き)メニュー」に対応しているのもポイント。パン生地の一次発酵・二次発酵、そして焼きまでできる便利な機能で、丸パン、メロンパン、フォカッチャなどを作ることができます。

ほかにも、「タイマー予約炊飯」や「あったか再加熱」など、一人暮らしに便利な機能を搭載。1万円以下とは思えないハイコストパフォーマンスの炊飯器となっています。価格はもちろん、機能も重視したい方におすすめです。

第8位 アピックス(APIX) 炊飯器 ライスクッカー(0.5~2合炊き) ARC-220

170(W)×170(D)×185(H)mmというコンパクトサイズな格安炊飯器。キューブ状なのでスペースを取らず、キッチンやテーブルにも置きやすいのが魅力です。

2.0合炊きまでに対応しており、0.5合ならば20分で炊くことが可能。一杯分だけ食べたいというときに便利です。シングルの方はもちろん、カップルや新婚さんなどの家庭にもおすすめです。

白米だけではなく、栄養豊富な玄米や五穀米にも対応。ヘルシーな食生活を目指している方にもピッタリです。また、釜の内面はフッ素加工コーティングが施されているので、お手入れも簡単です。フタは丸洗いできるのでいつでも清潔に保てます。安いながらも基本性能をしっかりと抑えたおすすめの炊飯器です。

第9位 シャープ(SHARP) 炊飯器 マイコン方式 5.5合 KS-S10J

大容量のマイコン炊飯器です。釜は、蓄熱性の高い黒厚釜を採用。底面は球面状になっており、熱対流を起こしやすくすることで炊きムラなく仕上がります。Wコーティングが施されているので、釜にお米を入れたまま研ぐことが可能。耐久性も高いので、安心して使うことができます。

炊飯メニューも豊富で、白米のほか、炊き込み・おかゆ・玄米・雑穀米・すしめしなど、さまざまなご飯を炊くことが可能。ワンタッチで炊飯できる「おいそぎ炊飯キー」は忙しい方はもちろん、複雑な操作が苦手という方にもおすすめです。

予約タイマーは10分単位で1~12時間まで細かく設定できます。忙しい朝や帰りが遅くなってしまう日でも、炊きたてのご飯が食べられるのは魅力です。型落ち品のため、基本的な機能は備えつつも価格は1万円以下とリーズナブル。白米は1合から5.5合まで炊けるので、一人暮らしの方はもちろん、5人家族にもおすすめです。

一人暮らしのおすすめ人気炊飯器ランキング|1万円以上

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 銘柄量り炊きIHジャー炊飯器 RC-IA30

「量り炊き」機能を搭載した炊飯器。水量を図るセンサーによって、お米の銘柄ごとに水量を調節することが可能です。初めての銘柄でも、美味しさを最大限に引き出せます。色々なご飯を食べ比べしたい方に便利な機能です。

また、銘柄ごとに火力や加熱時間を最適化する「銘柄炊き」も搭載。大粒のお米は加熱をしっかりと行い、水分調整が難しい品種は火加減をコントロールしてくれるので、誰でも簡単に美味しく炊くことができます。銘柄はこしひかりやあきたこまち、ゆめぴりかなど、主要な31銘柄32品種に対応。

本製品は、炊飯器として使えるのはもちろん、分離すればIHヒーターとして利用することが可能。炒め物や揚げ物料理、鍋料理も作れます。自炊の可能性が広がるおすすめの炊飯器です。

第2位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 炊飯器 IH式 NP-GG05

高火力にこだわった象印のIH炊飯器です。IH加熱コイルによって釜自体を発熱。沸騰後も高火力で炊き続けることで、芯までふっくらとしたご飯を炊くことができます。

また、ご飯の甘みを引き出す「熟成炊き(白米)」にも対応。炊飯前に芯までじっくりと水を吸収させてから炊き上げることにより、甘み成分をアップさせる機能です。炊きあがりまでの時間はかかりますが、美味しく仕上げたい方におすすめです。

その他にも、ミネラルや食物繊維が豊富に含まれる雑穀米や玄米を炊ける「健康米メニュー」、最大30時間お米を保温できる「うるつや保温」・「高め保温」、手作りパンが楽しめる「パン(発酵・焼き)メニュー」など、さまざまな便利機能が搭載されています。

フタは、清潔さが長持ちするステンレス製。本体から取り外して洗えるのでメンテナンスも簡単です。庫内はフラットになっているため、サッと拭くだけで汚れが取れるのもポイント。長く使える炊飯器を探している方におすすめです。

第3位 パナソニック(Panasonic) 3.5合 炊飯器 IH式 SR-KT067

天面にガラスパネルを採用したIH式炊飯器。ツヤツヤとした上品な光沢があり、スタイリッシュなデザインが魅力です。パネル下部にあるタッチキーに触れるだけで操作可能。また、フラットなのでお手入れも簡単です。

釜は、備長炭入りのコーティングを施した「備長炭釜」を採用。2段IHと側面・フタのヒーターによって釜全体を包み込むように加熱することで、芯までふっくらとした美味しいご飯が炊きあがります。

白米は3.5合まで対応。炊き込みご飯ならば3合まで炊けます。シングルから3人家庭におすすめの小型炊飯器です。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 炊飯器 IH カロリー計算機能付き RC-IA31

カロリー表示機能を搭載した斬新な炊飯器です。センサーによって、お茶碗によそったご飯の量を計測。一杯分あたりのカロリーを算出してくれます。ダイエットをしている方はもちろん、健康管理に気をつけたい方におすすめの機能です。

また、「銘柄炊き分け」機能も搭載。1万円以下のモデルでは31銘柄が中心でしたが、本製品は全国40銘柄に対応。より繊細に炊き分けることができるようになりました。銘柄に応じて最適な水量を量る「量り炊き」機能と合わせれば、お米本来の味を引き出せます。

この炊飯器は「おひつ」と「IH」に分離できるのもポイント。上部をおひつとしてテーブルに置けば、食事中にいつでもアツアツのご飯をよそえます。下部は最大火力1000WのIH調理器として炒め物はもちろん、揚げ物、鍋料理にも対応。予備のコンロとしても大活躍してくれるおすすめの炊飯器です。

炊飯器の人気メーカー

タイガー魔法瓶(Tiger)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶は、1万円を切るリーズナブルな製品から、10万円近いハイエンドモデルまで幅広い製品を取り揃えているのが特長。土鍋釜にこだわった高級炊飯器は、かまどで炊いたおこげ付きご飯が食べたいという方におすすめです。また、炊飯器のデザインにも定評があり、スタイリッシュな製品は女性にも人気があります。毎日使うものなので、見た目にもこだわりたいという方も要チェックです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

炊飯器の販売でトップシェアを誇る象印。2010年には羽釜を採用したモデルを発売し、一躍人気となりました。また、炊き分け機能に優れているのも象印の魅力。圧力の強さをコントロールして炊飯するのが特長です。

例えば、カレーや寿司ご飯は粘り気の少ない炊き上がりに、玄米は芯からふっくらと、ご飯の種類によって炊き方を調整可能。ロングセラー製品が多いのも注目ポイントです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の炊飯器の特長は、内釜内部を真空にする真空機能。お米に水を浸透させやすい効果があります。さらに、乾燥によるお米の黄ばみを防止にも有効です。また保温機能にも定評があり、長時間の保温してもご飯のクオリティが持続するものポイントです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

お米の甘みを引き出し、モチモチ感のあるご飯に仕上がる「Wおどり炊き」が特長。スチームを活用することによって、ご飯の旨味をコーティングする「220℃ IHスチーム」、羽釜の発熱性とかまどの蓄熱性を再現した「ダイヤモンド竈釜」など、技術力の高さに定評があります。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

三菱電機は、炊飯と保温機能の一体型炊飯器を最初に作ったメーカー。上位機種の釜は金属ではなく純度99.9%と謳う炭釜を採用ています。

機能としては炊飯中に開閉ボタンを押しても開かないチャイルドロックや、スマートフォンからの炊飯器コントロールなどがあり、使い勝手に配慮したモデルが取り揃っています。