キッチンのインテリアにこだわりたい方はデザイン性に優れた調理家電を揃えたいもの。特に炊飯器は水平垂直のラインを意識したスクエア型や、それとは対照的に丸みを帯びたタイプもラインナップされており、雰囲気も変わってきます。

そこで今回はおしゃれな炊飯器をピックアップ。炊飯器選びの基本となる炊飯量や炊飯方法、機能性の違いについてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

おしゃれな炊飯器の選び方

炊飯量をチェック

1人暮らし~3人家族は「3.5合」がおすすめ

By: amazon.co.jp

3.5合炊きの炊飯器は最大6膳分のご飯を1度に炊けるのが特徴です。0.5合~2合の少量でもおいしく炊ける炊飯器など、その種類も増えており、条件に合うアイテムを探しやすくなっています。

サイズもコンパクトで設置しやすく、重量も比較的軽量。一人暮らしの方から少人数家族におすすめの炊飯量です。

3~5人家族は「5.5合」がおすすめ

By: amazon.co.jp

5.5合炊きの炊飯器は最大11膳分のご飯を炊けるので、3~5人家族におすすめ。お釜の質や形状にこだわったモデルや、3つのヒーターを搭載して大火力でご飯を炊ける炊飯器など、機能性の高い製品が数多くラインナップされています。

「とにかく自宅でおいしいご飯を食べたい」という方は5.5合炊きから炊飯器を探すと目的に合ったものを見つけやすいので、ぜひ基準として考えておきましょう。

6人家族以上は「一升」がおすすめ

By: amazon.co.jp

一升炊きの炊飯器は10合炊ける計算になるので、最大20膳程度のご飯が炊けます。たっぷりとご飯が炊けるので、家族が6人以上いる家庭におすすめです。

ただし、本体サイズが大きくなるほか、特に高性能な高級炊飯器は価格も高くなるので、お得感の高い製品を選びたい方は発売から年数が経った型落ちモデルも候補として検討しておきましょう。

炊飯方式をチェック

IH方式

By: amazon.co.jp

IH方式とは底面と側面にIHコイルを設置している炊飯器。IHコイルによる電磁力の働きで内釜自体を発熱させてご飯を炊き上げる仕組みです。

釜全体が発熱するため、熱ムラのないふっくらしたご飯が炊き上がります。粒が立ったご飯が炊けるのも特徴。製品によっては内蓋にもIHコイルを設置して、内釜全体の加熱をさらに強くしたモデルもあります。

圧力IH方式

By: amazon.co.jp

圧力IH方式とはH方式の電磁力に圧力のパワーをプラスした炊飯器。圧力で一気に釜の内側の沸点を上げて内釜全体を高温で加熱するので、芯まで火が通ったもちもちの甘いご飯を楽しめます。毎日のご飯をもっとおいしくしたい方、冷めてもおいしいご飯を食べたい方、お米の炊き上がりにこだわりがある方におすすめです。

炊き上がりのご飯がおいしいのはもちろん、ご飯が冷めてもおいしいのもポイント。圧力によりお米の芯まで水分がしっかり浸透するので、冷えてももちもち感が残ります。お弁当やおにぎりをもっとおいしく作りたい方におすすめです。ただし、高性能なので価格は高め。最近の主流は圧力IH式で、高くても毎日おいしいご飯を食べたい方に選ばれています。

マイコン方式

By: amazon.co.jp

マイコン方式とは本体の底にあるヒーターから釜に熱を伝える単純な構造。熱が加わるのは釜の下からだけで、熱量もIHや圧力IHより劣るので、ご飯のふっくら感ともちもち感はそれほどではありません。ご飯にしっかり吸水させてから炊かないと固く炊きあがるため、固めのご飯が好きな方におすすめです。

マイコン式炊飯器の魅力は価格。高機能ではないので小型なら5000円以下で買えるモノもあり、とにかく安い炊飯器を求めている方におすすめです。本体下部にしかヒーターがなく保温機能がそれほど高くないので、炊いたらすぐに食べる方にも向いています。リーズナブルなため、一人暮らしで「とりあえずご飯が炊ければよい」という方にもおすすめです。

ガス方式

By: amazon.co.jp

ガス方式とはLPガスないし都市ガスを利用する炊飯器。電気式と比べて火力が強く、炊きあがりも非常によいことが特徴です。

構造はシンプルで、正しく取り扱うことができれば丸洗いも可能。ただし、台所にガス栓の設備がない場合は設置できないので、その点は注意しておきましょう。

機能をチェック

保温機能

By: amazon.co.jp

保温機能が優れている炊飯器は長時間保温してもご飯の黄ばみや匂いを軽減できるのがポイント。製品によっては最大40時間までご飯をおいしく保温できるものもあれば、保温温度を低温と高温に設定できる機種もあります。1度に多くのご飯を炊く方はぜひチェックしておきましょう。

メニュー機能

By: amazon.co.jp

健康志向が高く、玄米や雑穀米を食生活に取り入れている方は、米の種類に合わせて炊くことができる炊飯器がおすすめ。それぞれの米の特徴を生かし、最適なおいしさに炊き上げることが可能です。

ごはんメニューはメーカーやモデルによって異なり、製品によっては玄米や雑穀米、胚芽米、無洗米などのメニューが用意されているほか、炊き上がりの硬さも選べます。該当するメニューがあれば、お米の種類に合わせて水加減や炊き上がり具体を調整できるので、気になる方はぜひ搭載されているか確認しておきましょう。

調理機能

By: amazon.co.jp

炊飯器のなかには、蒸す・煮るなどの調理に対応できるモデル、パンやケーキなどが作れるモデルなど、炊飯以外の機能を備えた機種もあります。

基本的に材料を入れてスイッチを押すだけなので、炊飯器を最大限に活用して食生活を豊かにしたい方やレシピの幅を広げたい方におすすめです。

おしゃれな炊飯器のおすすめモデル

シロカ(siroca) かまどさん電気 SR-E111

バーミキュラ(Vermicular) ライスポットミニ RP19A

炊飯器に土鍋をセットするタイプの3合炊き炊飯器。土鍋は伊賀焼き窯元として知られる長谷円の「かまどさん」を採用し、粒のたったクオリティの高いご飯を炊き上げます。

炊飯器にはシーズヒーターを採用し、炎で土鍋を包み込むような直火炊きを再現。タイマー機能付きで、朝から土鍋で炊いたおいしいご飯を食べられるのも魅力です。水温検地機能や土鍋乾燥モードなど、土鍋ならではの機能も搭載。

土鍋を外して食卓に置き、その場で茶碗によそえるのもポイントです。レシピブック付きでいろいろな土鍋メニューも楽しめるおすすめの炊飯器です。

バーミキュラ(Vermicular) ライスポットミニ RP19A

バーミキュラ(Vermicular) ライスポットミニ RP19A

オーブンポットラウンドとクッキングヒーターが一体になった3合炊きの炊飯器です。鋳物ホーロー鍋をIHヒーターにセットして、ワンタッチでご飯を炊けるのが特徴。熱の伝わり方をコントロールする「トリプルサーモテクノロジー」とお米をかまどで炊いたように仕上げる「ラップアップテクノロジー」を採用し、自宅でもおいしいご飯を堪能できます。

炊飯器としてだけではなく、無水鍋として、本格的な料理をワンタッチでできるのも魅力。水を使わず素材本来の味を引き出すので、野菜が甘くなり、調味料をあまり使わなくても美味しい料理ができます。

見た目のおしゃれな次世代型炊飯器はレシピブック付きで、料理の幅を広げたいという方にもおすすめ。ワンタッチで調理できるので、共働きで時間のない方にもおすすめです。なお、本製品は保温機能が搭載させていないので、その点は注意しておきましょう。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 炎舞炊き NW-KA10AM

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 炎舞炊き NW-KA10AM

メーカー独自の製法を採用することによって、お米1粒1粒にしっかりと熱を加えることができる5.5合炊きの炊飯器。3つのローテーションIH構造によって、お米を躍らせることができるので、ふっくらとしたご飯に炊き上がるのが特徴です。

内釜はアルミとステンレスの間に鉄素材を仕込んだ独自構造を採用し、蓄熱性や発熱効率、熱伝導性を向上。また、内面にごはんの甘みと旨みを引き出す「うまみプラスプラチナコート」施しているのもポイントです。

機能面としては前回炊いたごはんの感想を入力すると炊き方を自動調整して好みの食感に仕上げてくれる「わが家炊き」が便利。最大121通りの炊き方を備えており、ユーザーの好みに合わせたご飯が炊けます。

リンナイ(Rinnnai) 直火匠 PR-055MST-13A

スタイリッシュなデザインがおしゃれなガス専用の5.5合炊き炊飯器です。ガスの強力な直火で、かまどで炊くような粘りのある甘くて美味しいご飯を炊き上げます。

「おこげ度」と「もちもち度」を5段階で調整できるボタン付き。モードは本炊・白米急ぎ・炊きこみ・おかゆ・玄米の5種類から選択でき、メニューに合わせた火加減でご飯を炊飯します。

都市ガス12A・13A専用で、使用には都市ガスが必須。直火でしか味わえないおいしいご飯を食べたいという方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極厚火釜 RC-MA50AZ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極厚火釜  RC-MA50AZ

おしゃれな5.5合炊きの炊飯器をお探しの方におすすめの炊飯器です。全31種類の銘柄炊き機能を搭載した人気の高い炊飯器で、31種類のお米を大きく6種類に分類。自宅のお米が属しているボタンを選択することで、火力、時間を自動調整しておいしいご飯に炊き上げます。

熱伝導率に優れた3層構造の銅釜を採用し、炊きむらを軽減してふっくらしたご飯が炊けるのもポイント。底面とふたのダブルヒーターで、芯までしっかり火を通します。

おかゆや白米など、5種類の炊飯メニューに加え、煮込み/蒸しモードも搭載し、シチューなどの煮込み料理や、茶碗蒸し、蒸しパンなどの調理も可能。価格は7000円前後とリーズナブルなので、コスパに優れたおすすめの炊飯器です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 銘柄炊き IHジャー炊飯器 3合
KRC-IC30

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 銘柄炊き IHジャー炊飯器 3合 KRC-IC30

IH調理器とおひつがセットになった3合炊きの炊飯器。下段のIH調理器は、最大火力1000Wで5段階の火力調整が可能なので、煮物や焼き物はもちろん、160~200℃に設定すれば揚げ物にも対応します。

おひつは炊きあがったら炊飯器から取り外して、そのまま食卓におくことも可能。軽量で持ち運びやすいうえ、食卓で炊きたてのご飯を食べられます。

40種類のお米の銘柄に合わせて炊ける機能も搭載し、銘柄に最適な水量をモニターに表示。最適な炊き方や水量で、ご飯をおいしく炊き上げます。また、カロリー表示機能によってご飯のカロリーをモニターに表示できるのもポイント。健康管理にも配慮できるおすすめの炊飯器です。

日立(HITACHI) 圧力IH RZ-YG10M

日立(HITACHI) 圧力IH RZ-YG10M

お米の吸水と炊飯を管理して、おいしいご飯を炊き上げる圧力IH式の炊飯器。容量は5.5合炊きです。お米を研いですぐに炊飯器にセットできるのがポ特徴。極上炊き分け機能を搭載し、時間や温度の管理、圧力過熱を調整することで「もちもち」や「しゃっきり」、「ふつう」から好みのモードを選択できます。

水位線は「やわらかめ」「ふつう」「かため」から選べる3重線を用意。また、吹き上がる蒸気を抑える蒸気セーブ付きで、周囲の家具への影響を軽減できるのもポイントです。

なお、本製品は圧力IH方式の炊飯器でありながら、価格は1万円台とリーズナブル。お得感の高いおすすめの炊飯器です。

日立(HITACHI) 打込み鉄釜 ふっくら御膳 RZ-AV100

日立(HITACHI) 打込み鉄釜 ふっくら御膳 RZ-AV100

「圧力スチーム炊き」を採用し、ふっくら甘く艶やかなご飯に炊き上げる5.5合炊きの炊飯器です。圧力弁を閉じて、内釜の圧力を最高1.2気圧に上昇。吸水レスオートスチーマーに加熱時の蒸気をため、蒸らす際にスチーム噴射する独自の製法で、もちもちとした甘いご飯に炊き上げます。

スチーム24時間保温機能によって、ご飯のしっとりした状態を維持するのも特徴。給水レスオートスチ―マーによって水分を定期的に噴射するので、ご飯が硬くなるのを軽減し、しっとりした状態で保温できます。

少量でもご飯をおいしく炊ける「少量炊き」機能を搭載しており、0.5~2合の炊飯に対応できるのも魅力。縦に長いシャープなデザインと落ち着きのあるカラーを採用しているのも注目です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 極め炊き NP-VQ10

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 極め炊き NP-VQ10

「豪熱沸とうIH」を採用し、お米本来のうまみを引き出す5.5合炊きの炊飯器です。フタに大きな蒸気口を設置して、炊飯時のふきこぼれを大きく軽減。それでいて強火で炊き続けることができるので、安心しておいしいご飯を炊き上げます。

保温にこだわっているのも特徴で、温度管理によってご飯の劣化を30時間軽減する「うるつや保温機能」や、あつあつのご飯を最大12時間保つ「高め保温」機能も搭載。さらには、保温中のご飯を加熱する「あったか再加熱」で、いつでも温かいご飯を食べられます。

白米メニューの約2.3倍の甘み成分を引き出す「熟成炊き」モードや雑穀米・玄米・金芽米に対応する「健康米メニュー」、パンの発酵や焼きもできるパンメニューなど機能面も充実。汎用性の高いおすすめの炊飯器です。

タイガー魔法瓶(TIGER) tacook JAJ-A552

タイガー魔法瓶(TIGER) tacook JAJ-A552

機能性とデザイン性に優れた3合炊きの炊飯器。付属のクッキングプレートを内釜にセットすると、炊飯時の蒸気を利用しておかずも作れるのが特徴です。レシピブックも付いてくるので、炊飯器調理見経験の方にも安心。料理のレパートリーも拡がります。

操作ボタンはパネルカバ-式で開閉可能。内面には、豊富なメニューボタンを搭載しており、チャーハンやリゾットができる「新炊飯」や「時間設定」ボタンまで、日常で使用回数の少ないボタンを収納しています。外面の操作ボタンを最小限に抑えることで外観がシンプルにまとまり、デザイン性もアップしています。

カラーは、ホワイト、ピンク、ミントの3色をラインナップ。おしゃれな炊飯器を探している方やキッチンのインテリアにこだわりたい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) Wおどり炊き SR-SPX107

パナソニック(Panasonic) Wおどり炊き SR-SPX107

Wおどり炊きを採用し、もちもちのご飯を炊き上げる5.5合炊きの炊飯器です。大火力と可変圧力のWのおどり炊き効果で、お米の芯まで熱と水分が浸透し、ふっくらとしたはりのあるご飯に炊き上げます。

さらに、かまど炊きの「ひと握りのわら燃やし」にあたる追い炊き工程に、加圧追い炊き機能を採用。追い炊き時に、加圧・高温化することで、お米の甘みをしっかりと引き出すことができます。

保温機能は自動と手動で切り替えでき、自動スチーム保温では、6時間後と12時間後にスチームを投入して、保温とともに減る水分量をアップ。また、保温による匂いも軽減します。手動スチーム保温にすると、ご飯の残りを自動計測。スチームの量や再加熱にかかる時間を調整してくれるので便利です。

「銘柄炊き分けコンシェルジュ」で、50銘柄のお米に合わせて炊き方を調整できるのもポイント。使い勝手のよいおすすめの炊飯器です。

三菱電機(MITSUBISHI) 備長炭炭炊釜 NJ-VE108-W

三菱電機 (MITSUBISHI) 備長炭炭炊釜 NJ-VE108-W

炭の効果でご飯をふっくら炊き上げる5.5合炊きの炊飯器。内釜には、備長炭コート二層厚釜を採用し、備長炭の遠赤外線効果によって、芯からふっくらしたご飯に炊き上げます。

さらに、内釜内面にはフッ素コーティングも施しており、コーティングのはがれを大きく軽減。内釜で50万回米研ぎをしてもはがれにくいのもポイントです。

1秒間に8万8000回の微振動をお米に与える超音波吸水機能も搭載し、お米の芯まで水が浸透。ここで、お米にたっぷり吸水するため、お米を研いだあとの吸水作業がいりません。また、微振動によってお米からでたうまみをお米に再コーティングするので、冷めてもおいしいご飯が炊きあがります。

お米の甘みをひきだす「芳醇炊き」も搭載し、スクエア型でスタイリッシュなデザインも魅力のおすすめの炊飯器です。

エスキュービズム(S-cubism) 4合炊き炊飯器 SCR-H40

エスキュービズム(S-cubism) 4合炊き炊飯器 SCR-H40

おしゃれな4合炊きの炊飯器。シンプルなデザイン性と落ち着きあるカラーを採用しているので、インテリア性にこだわりたい方におすすめです。

デザインだけではなく機能性にも優れ、2.8mmの圧釜で芯までふっくらしたご飯を炊き上げるのが特徴。8種類の調理モードも用意しており、煮込み料理やヨーグルト、ケーキなど作れます。

サイズは29×24×20cmのコンパクトで、設置もスムーズ。価格は1万円以下と格安なので、リーズナブルなおしゃれ炊飯器を求めている方はぜひチェックしておきましょう。