数ある炊飯器のなかでも炊き上げの蒸気を抑えられる「蒸気レス炊飯器」。一般的な炊飯器から吹き出す蒸気は高温なので、とくに小さな子供や年配の方などと住んでいる方は候補となる製品です。

そこで今回は蒸気レス炊飯器のおすすめモデルをご紹介。また、蒸気セーブや蒸気カットができる製品もピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

蒸気レス炊飯器のメリット・デメリット

By: hitachi.co.jp

蒸気レス炊飯器のメリット

一般的な炊飯器は、蒸気が激しく吹き出すと上部にある棚などに湿気と熱が伝わってしまいます。変形や変色をする可能性があるため、ある程度の空間を確保して置くことが必要です。一方、蒸気レス炊飯器は蒸気がほとんど出ないので、狭い設置スペースでも周囲に影響を与えにくいのが魅力。また、小さな子供がいる家庭では、炊飯器の蒸気による火傷にも配慮できます。

蒸気レス炊飯器のデメリット

蒸気レス炊飯器は、使用するたびに蒸気を回収した水タンクや内ぶたを洗う必要があり、内部構造も複雑なため、お手入れに時間がかかってしまうのがデメリットです。

炊飯器のメンテナンスを怠ると本体内部の清潔さが保てないほか、ご飯の味や炊き上がり具合にも影響を及ぼすので、購入する際はそうした点を考慮したうえで検討してみましょう。

蒸気レス炊飯器の選び方

蒸気が出る量をチェック

By: amazon.co.jp

蒸気レス炊飯器を選ぶ際には「蒸気レス」のほかに、「蒸気セーブ」や「蒸気カット」などと明記されているモデルもあるので、購入する際は混同しないように注意する必要があります。

蒸気セーブや蒸気カットの炊飯器は、あくまで通常の炊飯器よりも蒸気量が少ないモノなので、多少の蒸気は放出されます。製品によってはモード選択で蒸気を抑えられるので、比較する際は機能として備わっているかを確認しておきましょう。

価格で選ぶ

炊飯器には価格が標準的なモノから高級なモノまでさまざまな種類があります。高級モデルには内釜に南部鉄器を採用していたり、お米によって炊き分ける機能が備わっていたりと、お米のポテンシャルを十分に引き出す機能が搭載されているのが魅力です。

なお、蒸気レス炊飯器の製品自体は少ないものの、蒸気カットや蒸気セーブのモデルはラインナップが豊富で、価格も比較的リーズナブルです。選ぶ際は予算との兼ね合いを考慮して判断してみてください。

IHか圧力IHかどうかをチェック

By: amazon.co.jp

IH炊飯器は、内釜全体を発熱させて炊き上げる炊飯器。米にムラなく熱を伝えられるので、粒が立ったふっくらご飯が炊き上がります。また、圧力IHはIH炊飯器に圧力機構が追加された炊飯器。圧力をかけて水の沸点まで一気に温度を上昇させるので、米のうまみを閉じ込めて炊き上げます。圧力によって短時間で炊けるのもメリットです。

IHと圧力IHはご飯の炊き上がりに違いがあるため、好みに合わせて選ぶのがおすすめ。基本的にはIHの方が安価で購入できます。ハイエンドモデルと呼ばれる炊飯器のほとんどは圧力IHなので、多少予算を奮発してでもおいしいご飯を炊きたいかどうかを考えましょう。

蒸気レス炊飯器のおすすめメーカー

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

炊飯器においては、本炭釜や炭炊釜を用いた製品を多くラインナップしている三菱電機。三菱電機の蒸気レス炊飯器は、水冷式蒸気回収システムを採用しているのが特徴です。蒸気とうまみを分離し、使わない蒸気は水タンクへ溜められるのがポイント。より多くの蒸気をカットしたいと考える方は、三菱電機の蒸気レス炊飯器を検討しましょう。

日立(HITACHI)

By: hitachi.co.jp

日立は、消費者向けにたくさんの家電製品を展開しているメーカーです。電子レンジや冷蔵庫といったキッチン家電、エアコンや除湿機といった空調季節家電など、多彩にラインナップしています。

炊飯器においては、「蒸気カット」や「蒸気セーブ」機能を搭載しているのが特筆すべき点。対応したモデルが複数あるので、自分好みの製品を見つけやすいのが魅力です。

蒸気レス炊飯器のおすすめモデル

三菱電機(MITSUBISHI) IHジャー炊飯器 NJ-XS108J-P

蒸気の抑制機能にこだわっている、おすすめの蒸気レス炊飯器です。三菱電機オリジナルの「水冷式蒸気回収システム」を搭載。カートリッジがうまみと蒸気を分離し、うまみだけをご飯に戻します。水タンクに蒸気を集めることで、吹きこぼれを抑制できるのがメリットです。

また、5層構造の金属釜を採用。その上に2層の備長炭コーティングがされているので、大火力で加熱を行えます。炊飯時は「ふたヒーター」、3つの「胴回りヒーター」「釜底トリプルIH」の7重で加熱。お米全体に熱を行き渡らせて、ムラなく炊き上げられます。

さらに、昔からある「かまど炊き」のように自然な圧力をかけられるのがポイント。保水膜がきれいに覆われるため、冷めてもおいしいご飯を楽しめるのがうれしい点です。

日立(HITACHI) IHジャー炊飯器 ふっくら御膳 RZ-W100DM

京の米老舗である八代目儀兵衛との共同プロジェクトによって作られた蒸気レス炊飯器です。本製品には、蒸気カット機能を搭載。炊飯中に出てくる蒸気の量が非常に少ないので、棚の中などへも設置できます。

ご飯は「外硬内軟」に炊き上がるのが特筆すべき点。八代目儀兵衛が培ってきた、浸し・再加熱・蒸らしの技術が活かされています。

内釜には、鉄とアルミを組み合わせた5層構造を採用しているのが特徴。底面にある凸状リングによって泡が発生し、より大きな火力でお米へ熱を伝えられます。蓄熱性が高いので、時間が経ってもご飯をおいしく保ちやすいのが魅力です。

日立(HITACHI) IHジャー炊飯器 ふっくら御膳 RZ-V100DM

炊飯中に蒸気がほとんどでない「蒸気カット」を搭載した炊飯器です。お米の加熱時は、内釜の圧力が1.3気圧まで上昇。加熱時に発生した蒸気は水分として溜められ、蒸らすときにスチームを発生させます。

また、普段の生活にもなじむよう、シンプルなデザインを採用。本体表面の凹凸が少ないため、汚れを拭き取りやすいのがポイントです。

内釜の重量は約790gと非常に軽量。米研ぎやお手入れのときにラクラクと持ち上げられます。比較的安い価格で購入できるおすすめのモデルです。

日立(HITACHI) 圧力IHジャー炊飯器 RZ-X100DM

蒸気セーブ機能を搭載した蒸気レス炊飯器です。最高1.3気圧の圧力と103℃のスチームによって、ご飯を一気に炊き上げます。極上コースを使えば、「ふつう」「しゃっきり」「もちもち」の3種類からお好みの硬さを選択できるのが特徴です。

炊飯コースでは、「炊き込み」「おかゆ」「おこわ」と多彩に選択することが可能。ご飯だけでなく、温泉卵やケーキなども作れるのが魅力です。

さらに、スチーム保温機能を採用。約3合を炊飯して「保温低」を設定したときに、最大で24時間の保温を行えます。2号以下の炊飯を行う際は、「少量」ボタンを押して加熱量をセーブできるのもおすすめのポイントです。

日立(HITACHI) 圧力IHジャー炊飯器 RZ-G10DM-T

「黒厚鉄釜」で一気に加熱できる蒸気レス炊飯器です。「蒸気セーブ」機能を搭載。内釜には、IHの発熱効率が高い鉄素材を採用しており、最大1.2気圧の圧力でお米をふっくらと炊き上げます。

また、「極上コース」を搭載。カレーに最適な「極上しゃっきり」、普段のご飯をよりおいしく炊き上げる「極上ふつう」、お弁当との相性がいい「極上もちもち」の3種類から選択できます。

雑炊・温泉卵・ケーキといった料理も作れるのがポイント。ほかにも、炊き込み・おかゆ・おこわといった炊飯コースも利用できます。蒸気セーブ機能を搭載した、おすすめの蒸気レス炊飯器です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-LA10-BZ

激しい炎のゆらぎを再現した、象印マホービンの上位モデルです。底面には、独立したIHヒーターを6つ内蔵。対角線同士のヒーターを加熱することで、炎のような複雑で激しい対流を起こせるのが特徴です。

内釜は、アルミ・ステンレス・鉄の3層構造を採用。内側に「うまみプラス」プラチナコートを用いることで、お米のうまみや甘みをたくさん引き出します。

蒸気セーブ機能を搭載しており、設置しやすいのもポイント。ワンランク上のご飯を楽しみたい方におすすめの、蒸気レス炊飯器です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-PS10-BZ

多彩なメニューを選択できる蒸気レス炊飯器です。81通りで炊き分けできる「わが家炊き」メニューを搭載。前に食べたご飯の硬さや、粘りの好き嫌いを記録すると、次回から炊き方を変えることが可能です。硬めでしっかりとしたご飯、柔らかくてモチモチとしたご飯など、家族の好みに合わせられます。

また、「底IHヒーター」を4つ採用。対角線同士で加熱することによって、温度差を発生させる複雑な対流を生み出します。炊きムラを抑えながら、甘み成分をたくさん引き出せるのが魅力です。

さらに、蒸気セーブメニューを利用できます。内蓋には蒸気口セットがないので、水洗いも簡単。指紋残りが目立ちにくい、「汚れが落ちやすいシボ加工フラットフレーム」を採用しているのもおすすめのポイントです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-ES07-BZ

真っ黒なデザインがおしゃれな「蒸気セーブ」仕様の炊飯器です。本製品には、独立したIHヒーターを2つ搭載しています。単位面積当たりの火力が、従来製品よりも4倍以上パワーアップ。複雑な対流を起こして、お米一粒一粒を高温で調理できます。

また、7つの炊き分けメニューを選択できるのが特徴。「すしめし」「しゃっきり」「ややしゃっきり」「ややもちもち」「もちもち」「玄米」のなかから、お好みの硬さを選択できます。炎舞炊きシリーズのなかでも、安い価格で購入できるおすすめのモデルです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-ZU10-TD

メニューに合わせて好みに炊き分けられる、おすすめの蒸気レス炊飯器です。「白米ふつう」「しゃっきり」「すしめし」の3種類から、好みの食感でご飯を楽しめます。「麦ごはんメニュー」を選択すれば、「もち麦」や「押し麦」をふっくらと炊き上げられるのがポイントです。

また、「蒸気セーブ」メニューを利用可能。白米ふつうメニューと比べて、半分近くまで蒸気量を抑えられます。搭載するクリーニング機能を使えば、内釜のにおい残りを抑えられるのがメリット。多彩な機能を利用できる、おすすめの蒸気レス炊飯器です。

バーミキュラ(Vermicular) ライスポット RP23A

お米がもつ本来のうまみを引き出せる、デザイン性の高い炊飯器です。上部には、「フローティンググリッド」を採用。蒸気の吹き出し箇所をコントロールすることで、高火力時の吹きこぼれを改善し、蒸気の発生量も抑えています。

本製品には、「トリプルサーモテクノロジー」を搭載。熱伝導・遠赤外線加熱・蒸気対流の3つで効率的に熱を伝達します。とくに蒸気対流においては、発生した蒸気を本体内で激しく対流させて、外側から熱を加えられるのが特徴です。