数ある炊飯器のなかでも炊き上げの蒸気を抑えることができる「蒸気レス炊飯器」。炊飯器から吹き出す蒸気はかなり高温なので、特に小さな子どもや年配の方と同居している家庭においては候補となる製品です。

そこで今回は蒸気レス炊飯器のおすすめモデルをご紹介。また、蒸気レスまではいかないものの、蒸気セーブや蒸気カットの効果が期待できる製品もピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

蒸気レス炊飯器のメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

蒸気レス炊飯器のメリット

炊飯器は蒸気が激しく吹き出すと上部にある棚や物に湿気と熱が伝わって変形や変色をする可能性があるため、ある程度の空間を確保して置く必要があります。一方、蒸気レス炊飯器は蒸気がほとんど出ないため、狭い設置スペースでも周囲に影響を与えにくいのが魅力。また、小さな子どもがいる家庭では、炊飯器の蒸気による火傷にも配慮できます。

蒸気レス炊飯器のデメリット

蒸気レス炊飯器は、使用するたびに蒸気を回収した水タンクや内蓋を洗う必要があり、内部構造も複雑なため、お手入れに時間がかかってしまう点がデメリットです。

炊飯器のメンテナンスを怠ると本体内部の清潔さが保てないほか、ご飯の味や炊き上がり具合にも影響を及ぼすので、購入する際はそうした点を考慮した上で検討してみましょう。

蒸気レス炊飯器の選び方

By: amazon.co.jp

蒸気が出る量をチェック

蒸気レス炊飯器を選ぶ際には「蒸気レス」のほかに、「蒸気セーブ」や「蒸気カット」などと明記されているモデルもあるので、購入する際は混同しないように注意する必要があります。

蒸気セーブや蒸気カットの炊飯器は、あくまで通常の炊飯器よりも蒸気量が少ないというものなので、多少の蒸気は放出されます。製品によってはモード選択で蒸気をケアすることができるので、比較する際は機能として備わっているかを確認しておきましょう。

価格で選ぶ

炊飯器には標準的なモノから高級なモノまでさまざまな種類があります。高級モデルには内釜に南部鉄器を採用している製品があったり、お米によって炊き分ける機能が備わった製品があったりと、お米のポテンシャルを十分に引き出すことが可能です。

ただし、高級モデルは多機能なほか炊飯のクオリティが高い分、比例して価格も高くなります。購入する際はユーザーが炊飯器の求める用途と機能がマッチしているかをよく検討しましょう。

なお、蒸気レス炊飯器は製品自体が少ないものの、蒸気カットや蒸気セーブのモデルはラインナップが豊富で、比較的リーズナブルな製品もあります。選ぶ際は予算との兼ね合いを考慮して判断してください。

IHか圧力IHかどうかをチェック

IH炊飯器は、内釜全体を発熱させて炊き上げる炊飯器。米にムラなく熱を伝えられるので、粒が立ったふっくらご飯が炊きあがります。圧力IHはIH炊飯器に圧力機構が追加された炊飯器。圧力をかけて水の沸点まで一気に温度を上昇させるので、米のうまみを閉じ込めて炊き上げます。圧力によって短時間で炊けるのもメリットです。

IHと圧力IHはご飯の炊き上がりに違いがあるため、好みに合わせて選ぶのがおすすめ。機能の差がある分だけ価格も異なりIHの方が安価で購入できます。ハイエンドモデルと呼ばれる炊飯器のほとんどは圧力IHなので、多少予算を奮発してでもおいしいご飯を炊きたいかどうかを考えましょう。

蒸気レス炊飯器のおすすめ人気モデル

三菱電機(MITSUBISHI) IHジャー炊飯器 5.5合 NJ-XS108J

蒸気も旨味も逃さない蒸気レスタイプの炊飯器。外はしっかり、中はふんわりとしたご飯が炊き上がり、ツヤと甘みを堪能できるのが特徴です。内釜は5層厚釜を備長炭でコーティングした炭炊釜を採用。連続沸騰で炊き上げることもあり、お米のポテンシャルをうまく引き出してくれるのが魅力です。

本体サイズは幅253×高さ342×奥行き225㎜とコンパクトで、子どもが触っても火傷しないよう、チャイルドロックを搭載しているのもポイント。炊飯中は開閉ボタンを押してもフタが開かないように自動でロックされます。

なお、本製品は炊飯する際に内釜から発生する蒸気をカートリッジで受け止め、備わっているタンクに抽出する「蒸気密封うまみ炊き」という水冷式蒸気回収システムを採用。この構造により蒸気レスを実現しています。ただし、パーツが多く、特にタンクのお手入れには手間がかかるので、その点は注意しておきましょう。

日立(HITACHI) ふっくら御膳 RZ-AV100M

熱を閉じ込め、スチームで蒸らしながらお米を炊き上げる蒸気カットタイプの炊飯器。蒸気を逃がさず圧力をかけていくので、ツヤがあり、ふっくらとした甘いご飯を楽しめます。内釜にはフッ素加工が施されたタイプを採用。洗米可能で、炊きムラができないのが魅力です。

味を落とさずに炊きあがったご飯を保存する「スチーム24時間保温」機能を搭載。溜め込んだ水分を定期的にスチームにすることで、しっとりと保つことが可能です。また、好みに応じて「しゃっきり」「ふつう」「もちもち」と3種類に炊き分けられるので、好みに合わせて選択することができます。

本体寸法は幅258×高さ236×奥行き378㎜。コンパクトサイズで、置き場所に困らないのもメリットです。また、価格は2万円台と安価。コスパに優れた製品を探している方におすすめです。

日立(HITACHI) 圧力IHスチーム炊き ふっくら御膳 RZ-AW3000M

「圧力スチーム炊き」が搭載されている蒸気カットタイプの炊飯器。甘く、ふっくらとした、ツヤのあるご飯を楽しめるのが魅力です。内釜にはアルミ合金に鉄の粒子を打ち込んだ「高伝熱・打込鉄・釜」を採用。熱を釜全体に素早く伝え、炊きムラを抑えてくれるのもポイントです。

5.5合炊きタイプながらも0.5合から2合までの少量炊きに対応しているのも魅力。人数が多い家庭だけでなく、一人暮らしの方や二人暮らしの家庭にも適しています。また、保温は最長40時間まで行えるので、炊きすぎてしまった場合でも安心です。

洗浄部品は内釜を除いてプレート、加熱版、蒸気口上ケースの3つのみ。簡単に分解でき、お手入れが容易なのもメリットです。

日立(HITACHI) 圧力IHスチーム炊き ふっくら御膳 RZ-YV100M

熱を閉じ込め、スチームで蒸らす圧力スチームIHタイプの炊飯器。1.2気圧と105℃で一気に炊き上げることでふっくらと甘いご飯に仕上げてくれます。

本製品は蒸気カットタイプで、浸し時間や温度、蒸らしの時間を調整する「極上炊き分け」機能を搭載。好みに応じて「しゃっきり」「ふつう」「もちもち」の3種類に炊き分けてくれるのも魅力です。

5.5号炊きモデルながら、2合以下が設定できる「少量炊飯設定ボタン」を搭載。少しだけご飯を炊きたいというシーンにも対応します。また、オートスチーマーで水分を保ちながら保温するのもポイントです。

日立(HITACHI) 圧力IH RZ-YG10M

炊飯中の蒸気がほとんど見えない高機能の蒸気セーブ炊飯器。モードによって蒸気の量が変化することなく、常に蒸気をセーブしてくれるのが魅力です。蒸気がこもらないように設置に配慮する必要はありますが、食器棚にも置けるので、使い勝手は良好です。

内釜にはIH発熱効率の高い鉄を使用した、最厚部2.3㎜の「黒厚鉄釜」を搭載。炊きムラが少なく、ふっくらとしたご飯が楽しめます。また、内面には水の量が調節しやすいよう「おこのみ水位線」が施されているので、メニューによってお米の固さを調節する際にも便利です。

本製品は発売から数年が経っていますが、価格が落ち着き、1万円台と格安。リーズナブルな炊飯器を探している方はぜひ検討してみてください。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NW-JT18

従来の炊飯器と比べて蒸気を80%セーブすると謳う炊飯器。キッチンに蒸気やニオイが充満することなく、ご飯を炊き上げることができるのが魅力です。

内蓋は二重構造を採用。「フラットトップパネル」「フラットフレーム」を搭載していることもあり、蒸気カットモデルながらも、お手入れしやすいのがメリットです。

ヒーターからの熱を伝えやすくするため、釜の周囲にステンレスをあしらった豪熱羽釜を採用。外側にはIH加熱と相性のよい鉄をコーティングしており、炊きムラを抑えます。また、「プレミアム対流」機能におって強い火力で対流を起こすほか、高い圧力をかけることで甘みのあるご飯に仕上がるのも特徴です。

「わが家炊き」機能を使用すれば水の量を変更せず、好きな炊き加減にすることが可能。米の銘柄によって炊き分けることもできます。また、食感も「しゃっきり」「ややしゃっきり」「ふつう」「ややもちもち」「もちもち」の5種類から選択することが可能です。

本体寸法は幅305×高さ245×奥行き370㎜、1度にたくさんのご飯が炊ける1升タイプなので、大家族でも使える製品を探している方はぜひチェックしておきましょう。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 炎舞炊き NW-KA18

従来モデルと比べて蒸気80%カットが期待できる炊飯器。人数の多い家庭におすすめの1升炊きモデルです。底のIHヒーターを3つにし、それぞれを独立制御する独自の技術を搭載。激しく複雑な対流を起こし、かまどで炊いたようなおいしいご飯を炊き上げてくれます。

内釜には、IHと相性のよい鉄をアルミとステンレスで挟んだ「豪炎かまど釜」を搭載。熱伝導率が高く、発熱効率や蓄熱性にも優れます。また、内面に遠赤外線とプラチナナノ粒子をコーティングすることにより、ご飯の甘みとうまみをしっかりと引き出してくれるのもポイントです。

蒸気口セットがなく、洗うパーツとしては内蓋2つと内釜の3点。トップパネルは凹凸が少なくサッと拭くだけなので、メンテナンスが容易なのも魅力です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 極め羽釜 3.5合炊き NP-QB06

広くて浅い羽釜形状を採用した蒸気カットタイプの炊飯器。釜全体に設置されたIHヒーターによって、効率よく炊飯できるのが特徴です。

ご飯の食感をより好みに近づけることができる「わが家炊き」機能を搭載しているのもポイント。前回食べたお米の固さや粘りの感想を入力することで、炊き方を変え、食感を自動調整してくれます。

炊きあがったご飯は最大で30時間まで保温しておけるのもメリット。内蓋が二重になっており、蒸気を外に逃がすことなく、ご飯の水分を保ってくれます。やや小さめの3.5合サイズなので、一人暮らしの方や二人暮らしの方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-RY05

蒸気セーブメニューが搭載されている炊飯器です。ご飯の甘み成分を増幅させる「プラチナ厚釜」を搭載しているモデルで、水質を弱アルカリ性に変化させることで米の表面にあるたんぱく質を分解。水が芯まで浸透しやすくなり、ご飯の甘み成分のひとつである還元糖をアップできるのが特徴です。

好みの食感にしてくれる「炊き分け圧力」機能を搭載。焼きおにぎりに適した「もちもち」や、ルーと絡みやすく、カレーにおすすめの「しゃっきり」など、4通りに炊き分けることが可能です。また、「健康米メニュー」では、栄養価の高い雑穀米や玄米、金芽米も炊くことができます。

炊飯容量は0.5〜3合。価格は発売当初から値下がりし、2万円台とリーズナブルなので、お得感の高い炊飯器を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-YT18

大火力と高圧力を合わせた「プレミアム対流」が特徴の炊飯器。激しい対流を起こし、お米の芯まで熱と水を浸透させます。また、内釜と内蓋にはプラチナナノ粒子をコーティング。ご飯の甘み成分とうまみ成分を引き出します。

蒸気セーブタイプの製品で、従来モデルより排出量を80%カット。置き場所を選ばずに使用できるのもポイントです。また、蒸気を閉じ込めることで長時間潤いを保ちながら保温できるのもメリットと言えます。

自分好みの味に炊き上がる「わが家炊き」メニューを搭載。好みに応じて49通りに炊き分けられます。また、食感に関しても、「しゃっきり」から「もちもち」まで7通りに分けることが可能。さまざまなお米の食感を楽しめるおすすめの製品です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NW-AB10

大きく斜めに伸びる羽が内釜に搭載された炊飯器。火力は最大1450Wと強火のほか、内釜と本体の間に断熱空間を設けることで、熱を大きく対流させて炊飯できるのが特徴です。

釜底は対流が複雑になるように斜めの面と平らな面を組み合わせているのもポイント。炊きムラを抑える効果も期待できます。

内釜の外面にはIH加熱との相性のよい鉄をコーティングすることによって、発熱効率をアップ。熱を芯まで浸透させ、お米に含まれる甘み成分を引き出してくれるのもメリットです。

通常の炊飯器より約80%蒸気量をカットできる「蒸気セーブ」機能を搭載。蒸気口が本体上後方部にある点には注意が必要ですが、満足度の高い炊飯を求めている方はぜひ候補して検討しておきましょう。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NW-AS10

排出される蒸気を従来の炊飯器よりも80%抑えた蒸気セーブタイプの炊飯器。ボタンを押すだけで本体の蓋が自動で閉まる「スマートクローズ」機能を搭載しており、利便性に優れているのも特徴です。

素材に岩手の伝統工芸品である「南部鉄器」を採用。熱効率や蓄熱性が高いほか、熱を放出することなくしっかりと伝えることができるのも魅力です。

蒸気口セットがなく、お手入れは内蓋2つと内側の3点。また、フラットフレームはステンレス製で汚れが付きにくく、拭き取るだけで対応することが可能。高機能ながらも使いやすい製品を探しているという方におすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) マイコン炊飯ジャー〈炊きたて〉 JAJ-A552

従来の炊飯器より蒸気を30%抑えられる蒸気カットタイプの炊飯器。クッキングプレートと内釜を両方セットすることで、おかずの調理と炊飯を同時に対応できるのが魅力で、時短に配慮しているのが特徴です。

消費電力を抑えながら調理する「エコ炊き」メニューを搭載。通常の炊飯メニューと比べ電気代を約10%カットできるので、節電効果も期待できます。

また、本製品は3合炊きで、サイズは幅219×高さ191×奥行273㎜とコンパクト。価格は1万円台とリーズナブルなので、一人暮らしの方はぜひチェックしておきましょう。

タイガー魔法瓶(TIGER) マイコン炊飯ジャー JAI-R551

早炊きや玄米などの炊飯はもちろん、煮込み料理にも対応できる便利な炊飯器。さまざまなコースを搭載しているのが特徴です。

また、従来の炊飯よりも約30%蒸気をカットする「エコ炊きメニュー」を搭載。電気代も約10%するため、使い勝手はもちろん、節電にも配慮しています。

内釜には遠赤効果の高い黒遠赤釜を採用。炊きムラが少なく、ふっくらとしたご飯が楽しめるのもポイントです。また、無洗米にも対応しているため、時短できる点もメリットと言えます。

本製品は3合炊きで、サイズは幅224×高さ189×奥行283㎜とコンパクト。キッチンラックにもすっぽりと収まります。また、価格もリーズナブルなので、汎用性の高いお手頃モデルを探している方はぜひ候補として検討してみましょう。