調理家電のなかでも人気の「グリル鍋」。見た目はホットプレートと似ていますが、焼き物だけでなく、煮たり蒸したりとマルチに活躍できる優れものです。食卓に置いて調理ができるため、手軽な料理から家族の特別な記念日まで、幅広いシーンで利用できます。

そこで今回は、1台あれば何かと便利なグリル鍋のおすすめをピックアップ。選び方もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

グリル鍋とは?

By: rakuten.co.jp

グリル鍋とは電気を使って加熱する調理器具のこと。食卓に置いて料理を作りながら食べられるのが特徴です。扱いやすいため、料理に慣れていない方でも簡単に調理できます。

また、ホームパーティーを開催する場合でも、グリル鍋が1台あれば手軽に準備が可能。さらに、製品の種類も豊富で、付属のプレートによって料理のレパートリーを広げられるのもポイントです。

ホットプレートと比べても、バラエティに富んだ調理方法に対応可能。手軽にいろいろな料理にチャレンジしたい方におすすめの調理器具です。

グリル鍋の選び方

加熱方式をチェック

電気ヒーター方式

By: rakuten.co.jp

多くのグリル鍋は、鍋を電気ヒーターであたためる加熱方式を採用しています。数多くの製品が販売されているので、購入の選択肢が多いのがメリットです。

単身用などの低価格なモノから、家族が多い家庭に向けた大容量モデルまで用意されており、幅広いニーズに対応可能。初めてグリル鍋を購入したい方におすすめです。

IH方式

By: amazon.co.jp

IHタイプのグリル鍋は、IHクッキングヒーターによって鍋をあたためます。高い出力が可能で、IHの特徴により短時間調理できるのが特徴です。

また、IH対応の鍋であれば、ヒーター部分で加熱できるのもポイント。すでに家庭で持っている調理器具が使えるのも魅力です。

付属プレートをチェック

By: amazon.co.jp

グリル鍋のメリットは、付属プレートを交換することで鍋だけでなく1台何役にも使えることです。プレートの種類はさまざまで、焼肉をおいしく焼けるタイプやたこ焼きを作れるモノなど、調理の種類に応じて工夫されているのがポイント。専用機器を買わなくても、プレートの種類に応じて料理のレパートリーが広がるのでおすすめです。

なお、付属のプレートの数によってグリル鍋の価格も変わるため、購入の前に作りたい料理や主な使い方をイメージしておきましょう。無駄のないプレートセットのグリル鍋を選んでみてください。

サイズや容量をチェック

By: rakuten.co.jp

グリル鍋を選ぶ際は、サイズや容量のチェックが重要です。ポイントはグリル鍋を使って食事をする人数。家族の多い家庭で小さなサイズを選んでしまうと、全員分の料理を一度に作れず、何度も食材を追加する必要があります。

一人暮らしなのに必要以上に大きなサイズのグリル鍋を買えば、電気代が無駄になるうえ、収納場所にも困り使い勝手がよくありません。事前におおよその人数を確認してグリル鍋を選ぶようにしましょう。

お手入れのしやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

調理の後のお手入れが面倒だと、グリル鍋を使う頻度が次第に少なくなってしまいます。プレートが取り外せるタイプやフッ素加工がしてあれば、洗いやすく手間がかかりにくいのでおすすめです。

また、使い終わった後もグリル鍋を清潔に保つことで長く愛用できます。グリル鍋をいつでも気軽に使えるように、料理後のことも考えて選んでみてください。

安全性をチェック

By: rakuten.co.jp

小さな子供がいるような家庭の場合、安全性にも配慮しておきたいところ。電気で調理ができるグリル鍋であれば、火を使わないので安全性に優れています。また、やけどが気になる方は、グリル鍋の本体が熱くなりすぎないように配慮されている製品がおすすめです。

そのほか、小さな子供がいる家庭は電源コードも要チェック。コードが簡単に外れるマグネットプラグを搭載したグリル鍋であれば、コードを引っ掛けて鍋がひっくり返ることもなく安全に使えます。

グリル鍋のおすすめ|1人向け

アビテラックス(ABITELAX) グリル鍋 APN-16G

アビテラックス(ABITELAX) グリル鍋 APN-16G

リーズナブルな価格で、一人暮らしにおすすめのコンパクトグリル鍋。アルミ鍋と焼きプレートが付属しているので、1人分の鍋を作ったり、さっと炒め物を作ったりと、使い勝手に優れたアイテムです。

鍋とプレートの内径は約16cm。アルミ鍋は深さ約5.5cmで、少量の煮物や鍋を作りたいときに重宝します。本体サイズも、幅約24.5×奥行約20×高さ17cmとコンパクトなため、収納スペースにも困りません。

アルミ鍋と焼きプレートは取り外しができ、使用後のお手入れが楽なのもポイント。また、プレートの表面にフッ素加工が施されているので焦げつきにくく、汚れも簡単に落とせます。

温度調節は弱・中・強の3段階に調節可能。一人暮らしの方で、使い勝手のよいグリル鍋を探している方はチェックしてみてください。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) グリル鍋 コンパクトタイプ EP-SA10-BA

象印マホービン(ZOJIRUSHI) グリル鍋 コンパクトタイプ EP-SA10-BA

焼く・煮る・炒めるを1台でこなすコンパクトタイプのグリル鍋です。土鍋風鍋は脱着可能。丸洗いでき、お手入れが簡単なのが特徴です。また、鍋の内側には目盛りがついており、計量の手間を減らせます。

1000Wのハイパワー仕様で、最高230℃まで温度調節が可能。さらに、マグネットプラグの採用で安全面もしっかりと配慮されています。パワフルなコンパクトサイズのグリル鍋を探している方におすすめです。

エスアイエス(SIS) マルチポット XJ-13201

エスアイエス(SIS) マルチポット XJ-13201

コンパクトながら1台で4役こなすグリル鍋です。人気のたこ焼きプレートは、一度に7個焼けるのでおやつにぴったり。鍋として活躍するステンレスボウルは、1人分の煮物やポトフなどを手早く調理できます。また、フッ素加工が施されたグリルプレートは、お肉を焼いたり、目玉焼きやウェインナーを焼いたりと、朝食にも重宝するアイテムです。

サイズは22×20×17cmと、テーブルの上に置いても邪魔にならないコンパクトサイズ。火力の調節はダイヤル式で、MINからHIGHモードまで自由に調節可能です。テーブルの上でさまざまな調理が気軽にできるため、一人暮らしにちょうどよいグリル鍋を探している方はチェックしてみてください。

ドリテック(dretec) グリル鍋 MC-805-RD

ドリテック(dretec) グリル鍋 MC-805-RD

キッチンをスタイリッシュな空間に演出する、おしゃれなグリル鍋。幅22cmのコンパクトサイズで持ちやすく、テーブルの上で調理しても邪魔にならないサイズ感です。容量は1Lで1~2人分の調理にぴったり。鍋やスープ、ラーメンなどを作りたいときでも素早く作れます。

温度はツマミを回すだけで簡単に調節でき、コトコトと煮込んだり、スープを一気にあたためたりと、状態を見ながら調理できるのもポイント。また、鍋は取り外して洗えるのでお手入れも簡単です。おしゃれかつシンプルな機能のグリル鍋を探している方はチェックしてみてください。

ツインバード工業(TWINBIRD) ミニグリル鍋 EP-4164B

ツインバード工業(TWINBIRD) ミニグリル鍋 EP-4164B

容量1.2Lで、1~2人分に最適なグリル鍋です。鍋は内径17cm、深さ7cmの深底設計。具材がしっかりと浸かり、使い勝手に優れているのが特徴です。

蒸し料理の際に重宝する強化ガラスふたが付属しており、茶碗蒸しなども簡単に調理可能。1台で、煮る・蒸す・焼く・炒めるの4役をマルチにこなします。

90℃から230℃の間で保温できるのもポイント。また、鍋はフッ素加工が施されているほか、完全分離して丸洗いができるためお手入れが簡単なのも魅力です。パワフルで機能性に優れたグリル鍋を探している方は、検討してみてください。

グリル鍋のおすすめ|2人~4人向け

山善(YAMAZEN) IH直火対応 グリル鍋 EGD-D650

山善(YAMAZEN) IH直火対応 グリル鍋 EGD-D650

IHや直火でも調理できる便利なグリル鍋です。1台で煮る・焼く・蒸すだけでなく、ご飯まで炊けるのが特徴。内鍋は直径20×深さ7.5cm、容量は約2.2Lで、2~3人分の調理に最適です。

温度調節は、保温モードの80℃からハイモードの220℃まで調節可能。コトコトと長時間煮込んだり、すぐに食べられないときは保温しておいたりと、利用シーンに応じた使い方ができます。

内鍋は取り外して丸洗いできるため、清潔に使えるのもポイント。また、電源コードは本体の底に巻きつけて収まるので、すっきりと収納可能です。おしゃれなデザインはテーブルをスタイリッシュに演出するため、普段使いはもちろん、パーティーシーンでも活躍します。

山善(YAMAZEN) グリル鍋 YGA-121

山善(YAMAZEN) グリル鍋 YGA-121

1200Wのハイパワー仕様で、素早く調理できるグリル鍋。約230℃の高温調理が可能で、煮る・焼く・蒸すが1台でこなせるアイテムです。鍋プレートの内寸は直径23×深さ5cm、容量は約2L。本体から取り外しができるほか、表面にはフッ素加工が施されているため、お手入れが簡単なのも特徴です。

温度調節は回して調節する「ロータリースイッチ式」を採用しており、使いやすいのもポイント。価格もリーズナブルなので、コスパがよく、ハイパワー仕様のグリル鍋を探している方におすすめです。

レコルト(recolte) ポットデュオ フェット

レコルト(recolte) ポットデュオ フェット

1台で煮る・炊く・蒸す・焼く・揚げるの5役をこなす、おしゃれなグリル鍋。セラミックボウル・グリルプレート・蒸し料理用アミ・揚げものカバー・レシピブックの5つが付属しており、パーツを取り換えることでさまざまな料理を楽しめます。

セラミックボウルは、直径17.5×深さ5.5cmのコンパクトサイズ。2~3人分の毎日の食卓でも、パーティーの1品にもちょうどよい大きさです。卓上で天ぷらやアシージョ、チーズフォンデュなどが楽しめ、パーティーシーンでも活躍します。

また、付属しているパーツはすべてスタッキングして収納できるのもポイント。総重量も約1.6kgと軽いため、出し入れも楽です。カラーバリエーションも豊富なので、お気に入りのカラーを選んで毎日の食卓を華やかに演出してみてください。

山善(YAMAZEN) キャセロール グリル鍋 YGC-800

山善(YAMAZEN) キャセロール グリル鍋 YGC-800

キッチンに置いてもインテリア映えするグリル鍋です。内鍋のサイズは直径23×深さ6.8cm、容量2.8Lで、2~3人分の調理に最適。また、内鍋は取り外して丸洗いでき、お手入れが楽なのも魅力です。

温度は、最高220℃まで設定可能。素材にあわせて調理温度が設定できるため、幅広い料理が楽しめます。おしゃれで、扱いやすいグリル鍋を探している方におすすめ。価格もリーズナブルなので、ぜひチェックしてみてください。

ブルーノ(BRUNO) グリルポット BOE029

ブルーノ(BRUNO) グリルポット BOE029

煮る・焼く・蒸す・揚げるを1台でこなす、おしゃれなグリル鍋。「蒸し網」と「揚げ物カバー」が付属しており、蒸し料理を楽しんだり、汚れを気にせず揚げ物ができたりとマルチで活躍します。鍋はセラミックコーティングが施されており、汚れやキズがつきにくく、お手入れが簡単なのもポイントです。

最高210℃まで温度調節ができるほか、直火で使える2way仕様も魅力のひとつ。時短調理ができ、利用シーンに応じた使い方ができます。

鍋のサイズは幅約31cmとコンパクトながら、容量は3~4人で楽しめる2L。家族の食卓からパーティーシーンまで楽しめます。デザインと機能性を備えた、おすすめのグリル鍋です。

グリル鍋のおすすめ|4人以上

象印マホービン(ZOJIRUSHI) グリルなべ あじまる EP-RD20

象印マホービン(ZOJIRUSHI) グリルなべ あじまる EP-RD20

「土鍋風大型なべ」と「遠赤平面プレート」が付属しているグリル鍋。鍋は内径30.4cm、容量は5.3Lと大型で、大人数を囲んで鍋やおでんなどを楽しめます。コンセント式のほか、直火でも使える2way仕様なのも魅力です。

鍋料理のほか、「遠赤平面プレート」を使ってすき焼きやお好み焼き、焼きそばなど、さまざまな料理を楽しめるのも魅力。また、取っ手は火元から離れているため熱くなりにくく、持ち運びがしやすいのもポイントです。大容量で、シンプルなグリル鍋を探している方はチェックしてみてください。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) グリルなべ あじまる EP-PX30

象印マホービン(ZOJIRUSHI) グリルなべ あじまる EP-PX30

「土鍋風なべ」「遠赤すき焼きなべ」「平面スペースつき溝つき遠赤焼肉プレート」の3点が付属しているグリル鍋です。土鍋風鍋は直火にも対応しているので、下ごしらえもスピーディー。取っ手つきで、テーブルとキッチンの間もスムーズに移動できます。

焼肉プレートは、余分な脂を落とす設計でヘルシー調理が可能。また、すき焼きなべは深さが4cmあるため使いやすく、焼き物やお好み焼き、焼きそばなども作りやすい仕様です。

マグネットプラグと、熱くなったプレートに直接手がふれないよう「本体ガード」を採用しており、安全面にもしっかりと配慮。容量は約3.7Lで、ファミリーユースにぴったりです。

タイガー魔法瓶(TIGER) グリル鍋 CQD-B300-TH

タイガー魔法瓶(TIGER) グリル鍋 CQD-B300-TH

深なべ・穴あき波形プレート・たこ焼きプレートが付属しているグリル鍋。直径約4cmのたこ焼きが一度に21個作れるので、大人数でのたこ焼きパーティーでも活躍します。

深なべは、遠赤外線効果で素材の旨味をじっくりと引き出すのが特徴。表面にコーティング加工が施されており、耐久性が高く、長く愛用できるのもポイントです。

洗いやすくお手入れが簡単なほか、マグネット式のプラグ設計により安全面も配慮されています。深なべの容量は約5L。大勢で鍋料理が楽しめるおすすめのグリル鍋です。

テスコム(TESCOM) グリルなべ GP9100

テスコム(TESCOM) グリルなべ GP9100

深なべの容量が3.4Lで、4~5人の調理におすすめのグリル鍋です。煮る・蒸す・焼くの3役をこなし、1台あると重宝するアイテム。深なべや溝つきプレートのほか、たこ焼きプレートが付属しているのもポイントです。

1300Wのハイパワー設計なのも魅力。最高250℃まで、調理にあわせた温度設定が可能です。また、直火にもかけられる2way仕様で、使い勝手がよいのも魅力のひとつ。さらに、深なべと各プレートはフッ素加工が施されているため、汚れがつきにくく、丸洗いできるので使い勝手も良好です。

マグネット式プラグコードの採用により、安全面にもしっかりと配慮。使いやすいファミリーサイズのグリル鍋を探している方におすすめです。

コイズミ(Koizumi) IHクッキングヒーター KIH-1411-R

コイズミ(Koizumi) IHクッキングヒーター KIH-1411-R

IH調理器に、鍋・平面プレート・波型プレートがセットになったアイテムです。「カレー」と「煮込み」がボタンが付属しており、ワンタッチ操作で調理できるのが特徴。また、卓上IH調理器具としても使えるのも魅力です。

保温から急速モードまで温度が簡単に設定できるほか、大型の液晶表示により操作性に優れています。さらに、ガラス天板を採用しており、お手入れしやすいのも特徴のひとつ。さまざまな使い方ができるアイテムなので、気になる方はぜひ検討してみてください。

グリル鍋のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

グリル鍋のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。