一人暮らしのキッチンに欠かせない調理器具といえば片手鍋。料理に使うのはもちろん、少量のお湯を沸かしたり、レトルト食品を温めたりする際にも重宝します。そんな片手鍋ですが、素材やサイズ、価格、デザインは多種多様。いざ買おうとしても違いがわからず、どれを買えばよいのかと迷ってしまう方も少なくありません。

そこで今回は、使いやすい片手鍋の選び方や、一人暮らしにおすすめの片手鍋ランキングをご紹介します。買い替えや新調を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

片手鍋の選び方

IH対応の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

キッチンのコンロがガス火ならどんな片手鍋でも問題ありませんが、IHの場合は必ずIH対応のものを購入してください。なお、IH対応であっても、直径14cm以下の小さな片手鍋の場合、IHの機種によってはセンサーが反応せず使用できないこともあります。小型の片手鍋を購入する際は、しっかり確認しておくことをおすすめします。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

一人暮らしの方におすすめの片手鍋のサイズは、直径16cm・深さ7cm程度のもの。このくらいなら少量のお湯を沸かすときにも便利。また、味噌汁を作ったり野菜を茹でたりするのにもちょうどよいサイズです。1人分の炒め物や目玉焼きも調理可能。あまり料理をしない方なら、このサイズの片手鍋がひとつあるだけで十分です。

一方、毎日自炊しているという方には、直径20cm・深さ11cm程度の片手鍋がおすすめ。煮物やカレーなども無理なく作れるサイズなので重宝します。大小2種類の片手鍋があるとよりスムーズに調理可能です。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

これから片手鍋を新調するという方は、ぜひ素材にも着目して選んでみてください。お手入れが簡単なもの、熱伝導率が高いものなど、素材が違えば使い勝手も変わってきます。自分のライフスタイルに合った素材の片手鍋を見つけましょう。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレスは、耐久性が高く、お手入れしやすいのが魅力。スチールたわしで強くこすっても傷つきにくいので、汚れをしっかり落とせます。また錆びにも強いので、購入後何年経っても美しく清潔な状態で使用可能。ステンレスは保温性が高いので、特に煮込み料理におすすめ。また、素材にムラなく火が通るので手早く調理できます。

ただし、ステンレスには熱伝導率があまりよくないのがデメリット。そのため、一般的に販売されているステンレス製の片手鍋は、ステンレスの間にアルミや鉄などを挟み込んで熱伝導率を高めた「多重構造」のものがほとんどです。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローとは、アルミや鉄などの表面をガラス質の釉薬でコーティングして高温で焼きつけたもの。腐食や摩耗にも強い素材なので比較的長く愛用できますが、落としたりぶつけたりすると割れてしまうこともあるので注意が必要です。

ホーロー製の片手鍋の魅力は、なんといっても見た目のおしゃれさ。カラフルなものが多く、キッチンに出しっぱなしにしておいても様になる片手鍋が多くあります。

また、ホーローは熱伝導率が高く、蓄熱性に優れた素材。食材を入れても温度が下がりにくいので揚げ物の調理や、じっくり火を通したい煮込み料理にもおすすめ。さらに、ニオイが残りにくいのも特徴です。

アルミ

By: rakuten.co.jp

アルミは、熱伝導率に優れた素材。お湯を沸かす、ゆで卵を作る、スープなどの汁物を作ることが多い方には、アルミ製の片手鍋がおすすめです。アルミは軽い素材なので片手でラクに扱えるほか、狭いキッチンで収納がない場合は壁などに吊るしておけば場所もとりません。

ただし、高温に弱いので、炒め物などをすると食材がこびりついてしまうこともあります。また、アルカリや酸にも弱いため、食材を長時間漬け込む調理には向いていません。

フッ素樹脂コーティング

By: amazon.co.jp

フッ素樹脂コーティングとは、鍋やフライパンの表面によく使用される加工のことで、テフロン加工としても知られています。アルミにフッ素樹脂をコーティングしたもので、火の通りが早く、軽いのが特徴。また、コーティングのおかげで食材が焦げつきにくく、汚れ落ちもよいのでお手入れも簡単です。

フッ素樹脂コーティングの片手鍋はとても扱いやすいですが、表面のコーティングが数年で剥がれてしまうというデメリットがあります。数年後には必ず買い替えが必要なので 、消耗品だと割り切って購入しましょう。

By: rakuten.co.jp

鉄は、熱伝導率に優れた素材。タワシなどでこすり洗いをしても傷つく心配がなく、 使用後に油をなじませておけば錆がつきにくくなり長持ちします。ただし、鉄はその他の素材に比べると重いため、大きなサイズのものを選ぶと片手で持てなくなる恐れがあるので 注意してください。

フタの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

一人暮らしにおすすめなのは、フタのついている片手鍋。お湯を沸かすときにフタをすれば沸くまでの時間を短縮でき、ガス代もしくは電気代の節約にもなります。シチューなどじっくり煮込みたい料理にもフタは欠かせません。また、ホコリを防いでくれるので、残った料理を冷蔵庫などで保存するときにも重宝します。

購入したあとで、片手鍋にぴったりのフタを探すのは面倒なので、最初からフタと一緒に購入することをおすすめします。

作りたい料理で選ぶ

By: amazon.co.jp

どんな片手鍋を選ぶべきか迷ったときは、どんな風に使いたいか、どんな料理が作りたいかといった視点で考えてみましょう。ほとんど料理をしないという方には、16cm以下のホーロー製の片手鍋がおすすめ。ホーロー製ならマグカップ1杯分のお湯を短時間で沸かせます。

ちょっとした炒め物をしたり、パスタやうどんを茹でたりするという方や、しっかり自炊したいという方は、フッ素樹脂加工もしくはステンレス製の片手鍋を選ぶとよいでしょう。料理が好きな方の場合、大小2サイズの片手鍋を持っていると調理効率がアップします。

一人暮らしでもたまに鍋料理を楽しんだり、パエリアなどのパーティー料理を作ったりしたいという方には、取っ手が取り外せるタイプの片手鍋がおすすめ。そのまま食卓に出せて便利です。また、おしゃれなホーロー製片手鍋があれば、チーズフォンデュも楽しめます。

片手鍋のおすすめメーカー・ブランド

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

ティファールは、1954年に世界で初めて「こびりつかない」フッ素樹脂加工のフライパンを発売したフランスのメーカー。取っ手を取り外してコンパクトに収納できる鍋シリーズや、スピーディーに湯を沸かせる電気ケトルでも有名です。ティファールの片手鍋は、フッ素樹脂加工のほかに、10年保証付きの高品質なステンレス製のものも人気があります。

ビタクラフト(Vita Craft)

By: amazon.co.jp

ビタクラフトは、「家族の健康は、まいにちの家庭料理で守っていく」という考えのもと、1939年に創業されたアメリカのメーカー。ロケットの開発技術を応用して作られたビタクラフトの鍋は、素材の水分や油分を活かして調理できるのが一番の特徴。その高い機能性と使い勝手のよさは片手鍋にも応用され、世界中の家庭で長く愛用され続けています。

ニトリ

By: nitori-net.jp

ニトリは、リーズナブルで実用的な家具・インテリアの量販店です。機能性やデザイン性に力を入れ、「安かろう悪かろう」ではなく、「ねだん以上」の価値を提供。近年は、キッチン用品や調理器具が充実しつつあり、SNSなどでもよく話題になっています。ニトリの片手鍋は素材・サイズの種類が豊富。安価・シンプルなデザイン・使いやすさの3拍子揃った片手鍋が見つかります。

パール金属(PEARL METAL)

By: amazon.co.jp

パール金属は、キッチン・リビング用品やアウトドア・キャンプ用品を中心にさまざまな製品を開発製造している日本のメーカー。片手鍋のほかにも便利なキッチングッズを開発するなど、ユーザーのニーズをくみとった製品づくりを得意としています。パール金属の片手鍋は、日常生活で気軽に使える手頃な価格帯のものが多く、シンプルで使いやすいと多くの方に評価されています。

和平フレイズ

By: amazon.co.jp

和平フレイズは、「食卓からココロ豊かに」をコンセプトに、キッチン用品や調理用品を企画・開発する日本のメーカー。料理愛好家の平野レミさんが監修する”レミパン”が有名。和平フレイズの片手鍋は種類が多く、素材・サイズ・使い勝手に合わせて選べます。また、どれもリーズナブルなので、初めて一人暮らしを始める学生や新社会人の方にもおすすめです。

ダンスク(DANSK)

By: amazon.co.jp

ダンスクは、「スカンジナビアモダンアート」をコンセプトにしたキッチン用品のメーカー。北欧を中心としたデザイナーたちが開発した食器やカトラリーは、デザイン性だけでなく機能性にも優れ、そのほとんどがオーブン・電子レンジ・食洗機に対応しています。ダンスクの片手鍋はカラフルなホーロー製で、鍋敷きとしても使えるフタの形状が特徴 。4種類のサイズから選べます。

月兎印

By: amazon.co.jp

「月兎印」は、大正15年に誕生したホーロー製品シリーズで、キッチン用品の専門商社である株式会社フジイのオリジナルブランド。製造は野田琺瑯で、どの製品もひとつひとつ職人によって丁寧に仕上げられています。月兎印の片手鍋は品質が高く、レトロな雰囲気の漂うシンプルなデザインが美しいと人気。長く愛用できる片手鍋を探している方におすすめのブランドです。

柳宗理

By: amazon.co.jp

柳宗理は、20世紀の日本を代表するインダストリアルデザイナー。ユニークさと実用性を兼ね備えた作品は世界中で認められ、ニューヨーク近代美術館やルーブル美術館にも多くの作品が収蔵されています。キッチンウェア・シリーズも人気が高く、中でもステンレス製の片手鍋やケトル、カトラリーは使いやすさを追求したデザインで今なお多くの方に愛され続けています。

宮崎製作所

By: amazon.co.jp

宮崎製作所は1960年の創業以来、「日本製」にこだわり続ける調理器具メーカー。プロ仕様から家庭用に至るまで、さまざまな調理器具の企画・製作・生産・出荷を一貫して行っているうえ、アフターメンテナンスにもしっかり対応してくれます。片手鍋のおすすめは、ロングセラーの「オブジェ」シリーズのもの。口コミ評価が高く、使いやすさに定評があります。

片手鍋のおすすめ人気ランキング

第1位 宮崎製作所 ジオ 片手鍋 18cm GEO-18N

宮崎製作所 ジオ 片手鍋 18cm GEO-18N

熱伝導率に優れた、全面7層構造のステンレス片手鍋。少ない熱量でもムラなく火が伝わり、煮込み料理も短時間で仕上がります。無水調理にも適しており、わずか50ccの水でゆで卵が作れるほか、野菜も水なしで栄養素を損なわずに茹でることが可能です。

無駄のない実用的なフォルムも魅力。たわしでゴシゴシこすっても傷がつきにくいので、購入後何年経っても美しさをキープできるのも魅力です。補助ハンドルが付いているので、テーブルにそのままサーブしたい時にも便利。どんな熱源にも使用でき、キッチンのスタイルに左右されず長く愛用できるおすすめの製品です。

第2位 ニトリ ふきこぼれにくい片手鍋 16cm 8941888

ニトリ ふきこぼれにくい片手鍋 16cm 8941888

お手入れが簡単なダイヤモンドコーティングを施した片手鍋。ふきこぼれを防ぐために、鍋のフチが高めに設計されているのが特徴です。味噌汁の温めや煮物作りで、コンロ周りを汚してしまう失敗も軽減できます。

こげつきにくいため、一人暮らしの方なら炒め物や目玉焼き作りにも活躍。ガス火・IHどちらにも対応しており、引越しの際も熱源を選ばず使用できます。リーズナブルでありながら、使い勝手のよいおすすめの片手鍋です。

第3位 ティファール(T-fal) IHルビー・エクセレンス ソースパン 18cm C62223

ティファール(T-fal) IHルビー・エクセレンス ソースパン 18cm C62223

4層のチタンコーティングを施した片手鍋です。従来品に比べ3倍ほど高耐久なので金属ヘラも使用できるうえ、こびりつきにくいのが特徴。中面だけでなく外面にもフッ素樹脂加工を施しているため、汚れもサッと落ちて毎日のお手入れも簡単です。

また、食材を入れるベストなタイミングが一目でわかる「お知らせマーク」を搭載しており、余熱完了や適温のタイミングを見逃さないのも嬉しいポイント。片手鍋を焼き物にも使用したいという方におすすめの機能です。IHを含むすべての熱源で使用できます。

第4位 月兎印 ソースパン 16cm 050-06615

月兎印 ソースパン 16cm 050-06615

職人が1点1点手作業で作り上げている国産ホーロー片手鍋。非常に繊細な作業が多く、大量生産はできませんが、使い込むほどに愛着がわいてくる魅力あるキッチンアイテムです。16cmの片手鍋は、少量のスープを作ったりラーメンを煮込んだりするのにもちょうどよいサイズ。

キッチンに出しっぱなしでもおしゃれなデザインなので、収納の少ないワンルームのキッチンにもおすすめです。調理してそのままテーブルにサーブしてもセンスよく食卓をコーディネートできます。

第5位 柳宗理 ステンレス 片手鍋 18cm 311150

柳宗理 ステンレス 片手鍋 18cm 311150

日本におけるプロダクトデザインの第一人者、柳宗理が手がけるステンレス片手鍋。大きく左右に張り出した注ぎ口は、柳宗理の代表的デザインであるとともに、利き手を問わず器に料理を注ぎやすいのが特徴です。

専用のフタは、回転させると鍋との間にすき間ができ、湯切りも簡単。また、蒸気を逃しやすいのでふきこぼれも防げます。ハンドルは、炎との距離をしっかり計算した長さでグリップ力も抜群。経年劣化しにくく、美しさが保てる片手鍋を探している方にもおすすめです。

第6位 ダンスク(DANSK) コベンスタイル 片手鍋 18cm 851832

ダンスク(DANSK) コベンスタイル 片手鍋 18cm 851832

北欧のモダンデザインがおしゃれな、ダンスクのホーロー片手鍋。鮮やかな色合いとコロンとしたフォルムが可愛らしいのはもちろん、とくに注目したいのが、クロス形状になったフタのつまみ部分です。フタをなべ敷きとして使うほか、フタをした鍋の上に重ねて収納もできるので機能性も抜群。

また、ホーロー鍋は熱伝導率が高く蓄熱性に優れているため、煮込み料理におすすめです。温もりあふれる木製のハンドルも、調理中に熱くなる心配がありません。豊富なカラーの中からキッチンのインテリアに合ったものを選べるのも魅力です。

第7位 パール金属(PEARL METAL) 片手鍋 18cm H-4236

パール金属(PEARL METAL) 片手鍋 18cm H-4236

金属ヘラも使えるマーブル加工の片手鍋。マーブル加工とは「大理石」の粉末をフッ素樹脂に混ぜてコーティングしたものです。通常のフッ素樹脂だけの鍋よりも耐久性が高く、傷や汚れに強いのが特徴。

煮込み料理やスープの調理だけでなく、金属ヘラを使う焼き物や煮崩れしやすい煮魚調理にもおすすめです。調理中の様子が見える透明フタや、ハンドルに熱が伝わりにくいワイヤー金具など、使い勝手のよいポイントが満載。どんな熱源にも対応し、ひとつあると何かと重宝するおすすめの片手鍋です。

第8位 和平フレイズ マルチポット Lサイズ SRA-9474

和平フレイズ マルチポット Lサイズ SRA-9474

和平フレイズのフッ素加工片手鍋は、コロンとした可愛らしいフォルムが魅力なだけでなく、機能性も優秀。内側にはフッ素加工が施されており、炊く・揚げる・炒める・煮る・茹でる・沸かすとマルチに活躍します。3合までならご飯も炊けてしまうので便利。

ハンドルの形状が下向きに設計されているため、余った料理を冷蔵庫に鍋ごと入れる際にも重宝します。キッチンが狭く、収納スペースが限られているという方にもおすすめです。

第9位 谷口金属 深型ゆきひら片手鍋 16cm

谷口金属 深型ゆきひら片手鍋 16cm

職人がひとつひとつ丁寧に仕上げた、日本製のゆきひら片手鍋。板厚2.2mmのアルミ表面には、強度を増すための本格的な槌目(つちめ)加工が施されています。熱伝導率に優れたアルミ製の片手鍋は、お湯を短時間で沸かしたいときにも便利。

内側には、インスタントラーメン作りに便利な目盛りと注ぎ口がついているため、一人暮らしで本格的な調理はしないという方も、これさえ持っておけば何かと重宝します。木製のハンドルは、古くなったら別売りのハンドルに付け替えられるのも大きなポイント。長く愛用できるアルミ片手鍋を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第10位 及源(OIGEN) 南部鉄器 ちょこっと鍋 F-466

及源(OIGEN) 南部鉄器 ちょこっと鍋 F-466

片手鍋は丸型が主流ですが本製品は四角い形が特徴。南部鉄器の四角い片手鍋は、その形状を利用して煮込み調理はもちろん、オーブンに入れてパンケーキなどの焼き物調理にも重宝します。さらに、ハンドルが取外せるため、食卓にアツアツの料理をそのままサーブするのにも便利。

蓄熱性や余熱に優れた鉄は、煮物・焼き物・揚げ物とどんな調理法とも相性抜群です。IH調理器でも使えるのもポイント。アウトドアなど屋外でも大活躍してくれる、おすすめの片手鍋です。

第11位 ビタクラフト(Vita Craft) アリゾナ 片手ナベ 17cm No.8545

ビタクラフト(Vita Craft) アリゾナ 片手ナベ 17cm No.8545

アルミニウムとステンレスの全面多重構造を採用し、熱伝導性と保温性を両立させた片手鍋。熱が速く伝わるので時短調理はもちろん、素材から出る油分のみでヘルシーな料理が作れます。また、フタの密閉率が高く低圧がかかるため、素材の水分だけで調理する無水調理にも最適です。

どんな熱源とも相性がよく、一度鍋が温まれば余熱調理も可能。万が一焦げ付いても、たわしでゴシゴシ洗えるのでお手入れにも手間取りません。省エネと健康面を気づかう方におすすめの製品です。

第12位 野田琺瑯(NODA HORO) ソースパン ポーチカ 15cm PO-15S

野田琺瑯(NODA HORO) ソースパン ポーチカ 15cm PO-15S

ホーロー製品の老舗メーカー「野田琺瑯」の片手鍋です。ポーチカとはロシア語で「つぼみ」という意味。その名の通り、ぽってりとした可愛らしいフォルムが魅力です。15cmと小ぶりなので少人数の調理や下ごしらえにちょうどよいサイズ感。ホワイトカラーが料理を引き立てます。

ハンドルとフタのつまみ部分は、熱くなりにくいナチュラルな天然木を使用。どの角度から見ても角ばったラインがなく、フレンチテイストのキッチンにもよく映えます。テーブルにそのままサーブして、チーズフォンデュを楽しむのもおしゃれ。IH100・200Vに対応しています。