料理好きの方がこぞって愛用する「ホーロー鍋」。デザイン性と機能性を両立させている優れた鍋であるといえます。しかし、さまざまな製品が存在するためどれを選べばよいか迷ってしまいがちです。

そこで今回は、おすすめホーロー鍋をご紹介。おすすめ製品の紹介だけでなく、ホーロー鍋の種類やおすすめメーカー、選び方なども合わせて解説します。

ホーロー鍋とは?

ホーロー鍋の特徴

By: amazon.co.jp

ホーロー(琺瑯)とは、鉄やアルミニウムといった金属の表面にガラス質の釉薬(ゆうやく)を焼き付けた素材のこと。ホーロー鍋は内側に釉薬が焼き付けられていて、ほかの素材には出せないおしゃれさが特徴です。錆びやすい金属にガラス質のコーティングを施すことで、錆びにくくなるというメリットもあります。

通常の鍋にはステンレスやアルミニウムなど、琺瑯ではなく金属をそのまま用いたものがあり、扱いやすく壊れにくいのが魅力。気軽に使える鍋を探している方は、ステンレス製やアルミニウム製がおすすめです。

一方、ホーロー鍋はステンレスやアルミの鍋より重量があり、ガラス質のため壊れやすいのが難点。しかし、種類によっては保温性や保湿性に優れており、煮込み料理など長時間加熱する料理に適しています。料理が好きで本格的な鍋を購入したいと考えている方におすすめです。

ホーロー鍋の種類

By: amazon.co.jp

ホーロー鍋には、主に鋳物と鋼板の2種類があります。鋳物ホーロー鍋は、高温で溶かした金属を型に流し入れて加工したもの。ずっしりとした重さがありますが、保温性や保湿性に優れているのが特徴です。じっくりと加熱調理ができる、料理が冷めにくいというメリットがあります。

一方、鋼板ホーロー鍋は、その名のとおり鋼の板から作られたもの。ホーロー鍋のデメリットである重さを抑えて、扱いやすく加工されているのが特徴です。保温力は鋳物ホーロー鍋に劣りますが、熱伝導率が高いので素早く調理したい方におすすめです。

IHでも使える?

By: amazon.co.jp

ホーロー鍋は、底径が12cm以上の製品であればIHで使用できます。IHは特性上、鍋底が一定以上の大きさでなければ利用できないためです。

また、ホーロー鍋の底が平らであることも条件のひとつで、底が平らでないとIHが感知できず加熱もできません。また、ある程度の厚みも必要で、鍋底が薄いと変形してしまう危険性があります。

条件に当てはまるホーロー鍋をIHで使用する場合でも、高温で一気に加熱するとホーロー鍋のガラス質が剥がれる恐れがあるので、高温で過度に加熱するのではなく、時間をかけてじっくり火を通すことを心がけましょう。

ホーロー鍋のおすすめメーカー

ル・クルーゼ(LE CREUSET)

By: amazon.co.jp

おしゃれで機能的なキッチン用品が人気を集めている、ル・クルーゼ。優れた調理器具は、有名なシェフや料理研究家などからも支持されています。

ル・クルーゼの主力製品であるホーロー鍋は、熱と蒸気をコントロールすることで料理を美味しく仕上げられるのが特徴。改良を繰り返すことで耐熱性や耐衝撃性向上させているのもポイントです。

ストウブ(staub)

By: amazon.co.jp

ストウブは、ツヴィリンググループの鋳物ホーロー鍋専門ブランドです。フランスの伝統的な製造方法を守って作られたホーロー鍋は、世界中で人気を集めています。

鋳物ホーロー鍋ならではの保温性・保湿性の高さが魅力。優れた機能を備えるだけでなく、見た目もおしゃれなのがポイントです。細部にこだわったデザインと豊富なカラーバリエーションでキッチンを彩ります。

ダンスク(DANSK)

By: amazon.co.jp

1954年に創立した、ダンスク。社名にはデンマーク風という意味があります。スカンジナビアモダンアートをコンセプトに作られたキッチン用品は、現代的な北欧のおしゃれさが全面に出ているのが特徴です。

ホーロー鍋はおしゃれなだけでなく機能性も良好。煮込み料理にも使える大型のものから一人分の調理に適した小型のものまで、サイズも豊富に展開しています。

バーミキュラ(VERMICULAR)

By: amazon.co.jp

1936年に愛知県で創業された鋳造メーカー・愛知ドビーが展開している鋳物ホーロー鍋ブランドがバーミキュラです。メイド・イン・ジャパンならではの高いクオリティを備えた製品を製造販売しています。

バーミキュラのホーロー鍋は、無水調理を可能にする気密性を備えているのが特徴。素材の味を引き出し、いつもの料理をさらに美味しく仕上げられます。

野田琺瑯(NODA HORO)

By: amazon.co.jp

昭和9年から80年以上、ホーロー作りに取り組んできた野田琺瑯。長年ホーロー製品一筋で製品に向き合ってきたため、品質の高さに惚れ込むファンが多く存在します。鍋やケトル、保存容器などあらゆるホーロー製品を製造販売しているのが特徴です。

野田琺瑯のホーロー鍋は、サイズや種類が豊富。使いやすさを考えて作られた製品をラインナップしているので、自身に合ったホーロー鍋を見つけられます。

ホーロー鍋の選び方

持ち手のサイズや形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

ホーロー鍋は壊れやすいですが、食器洗いや料理を移し替えるときに片手で持つ機会も多くあります。そのため、片手でも不安定にならないよう、持ち手のサイズや安定感を重視して選ぶことが重要です。

持ち手が大きいホーロー鍋は、しっかりと握れるので安定感があります。指が4本入るくらい持ち手が大きいものを選んでみてください。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

使いやすいホーロー鍋を購入するためには、世帯人数や用途に合わせたサイズを選ぶことが重要です。1〜2人暮らしであれば、直径16cm程度のホーロー鍋がおすすめ。扱いやすいコンパクトなサイズで、野菜をゆでたりスープを作ったりするときに活躍します。

2〜4人家族なら、直径20cmほどの製品を選びましょう。二人暮らしでも一度に大量の料理を作る家庭であれば、16cmより20cmのホーロー鍋が適しています。

4〜6人家族の場合は、直径24cm程度がおすすめです。重量はずっしりと重いですが、カレーであれば約12皿分をまとめて作れます。煮込み料理を大量に作り置きしたい方にも最適です。

ホーロー鍋のおすすめ

ル・クルーゼ(LE CREUSET) シグニチャー ココット・ロンド 20cm

ル・クルーゼの定番シリーズである、ココット・ロンド。蓋がドーム型になっているため、熱と蒸気を対流させられるのが特徴です。食材を包み込むように加熱することで、中までしっかりと火が通ります。

蓋に3箇所のスチームポイントが作られているのが特徴。余分な蒸気を逃がすことで旨味を引き出し、吹きこぼれも防ぎます。煮込み料理だけでなく、炊飯に使うのもおすすめです。直径20cmなので、2〜4人家族に適しています。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) シグニチャー ココット・オーバル 25cm

肉や魚を丸ごと煮込むなど、サイズの大きい食材を調理するときに活躍する楕円形のホーロー鍋。直径は25cmで、一度に4〜6人分の料理が作れます。大量に作り置きをしたい方にもおすすめです。

持ち手が大きいので、片手でも安定して持てるのがポイント。蓋のつまみは250℃の耐熱性を備えているので、直火やIHだけでなく、オーブンでも使えます。さまざまな料理を作りたい方にもおすすめです。

ストウブ(staub) ピコ・ココット ラウンド 20cm 40510-264-0

ラウンド型のデザインがおしゃれな、直径20cmのホーロー鍋。2〜4人家族の日常使いにおすすめのサイズです。鍋の内部にザラザラとした特殊加工を施しているのが特徴。油の馴染みがよく、食材が焦げ付きにくいというメリットがあります。

蓋の裏側に突起が付いているのもポイント。食材から出た蒸気を鍋の中で循環させ、旨味を閉じ込めながら調理が可能です。保温性が高いので、料理を鍋ごとテーブルに出してもしばらく温かさが持続します。

ストウブ(staub) ピコ・ココット オーバル 23cm 40500-231-0

オーバル型のホーロー鍋。細長い食材もそのまま入れられるので、肉や魚を丸ごと調理する豪快な料理におすすめです。鍋の直径は23cmで、メイン料理を作るのに向いています。大量に調理できるため、作り置きをしたい方にもおすすめです。

レモンなど酸を含んだ食材を入れても錆びることがなく、臭い移りもしないので、割れないように注意すれば長年料理のパートナーとして使えます。毎日の料理にこだわりたい方や、長く使える鍋を探している方におすすめです。

ダンスク(DANSK) CASSEROLE 2QT 両手鍋 18cm

おしゃれな北欧デザインで人気を集めている、ダンスクのホーロー鍋。細部までおしゃれさにこだわったデザインで、調理後そのまま出しても食卓に彩りを与えてくれます。直径18cmで、メイン料理にも副菜にも活躍するサイズです。

クロスデザインの蓋は見た目のよさだけでなく、掴みやすいというメリットもあります。さらに、クロスしている部分は鍋敷きとしても使用可能。おしゃれさと使い勝手のよさを両立したホーロー鍋を探している方におすすめです。

バーミキュラ(VERMICULAR) オーブンポットラウンド 22cm BRN22R

日本の職人が細部にまでこだわり抜いて作り上げたホーロー鍋。水分を加えずに調理する無水調理を可能にするほどの気密性が魅力です。食材から出る水分を循環させることで、旨味を閉じ込めて調理できます。素材の味を活かした料理を作りたい方におすすめです。

鍋本体だけでなく蓋にも持ち手が付いているため、安定して持ち運べます。直径22cmというサイズはカレーであれば約8皿分作れるので、作り置きにも最適です。

野田琺瑯(NODA HORO) NOMAKU キャセロール 20cm

日本製ならではの品質のよさが魅力のホーロー鍋。鍋本体だけでなく蓋もホーローのみで作られているため、高い保温性・保湿性を備えます。シンプルながら洗練された美しさがあり、おしゃれさと機能性を両立させたホーロー鍋を探している方におすすめです。

持ち手が太いので、料理中も洗い物中も安定して持てます。直径20cmというサイズは、メイン料理にも副菜にも使える丁度よい大きさなので、毎日使えるホーロー鍋を購入したい方におすすめです。

野田琺瑯(NODA HORO) LUKE 深型キャセロール 25cm

使いやすさにこだわって作られたホーロー鍋。大きめの持ち手はミトンを使用していても握りやすく、安定して持てます。ヘラを使って混ぜやすいように角度が調整されているのも特徴。細部にまでこだわっているホーロー鍋を探している方におすすめです。

深めの両手鍋で、大量の煮込み料理や蒸し料理を一度に作れます。4〜6人以上の家族におすすめです。使いやすさを重視した大きめのホーロー鍋を探している方に向いています。

富士ホーロー(FUJIHORO) ソリッド キャセロール 22cm

シンプルなデザインのホーロー鍋。持ち手が大きいので安定感があり、芯材に鉄を使用しているので効率よく加熱できるのも魅力のひとつ。保温性が高く冷めにくいため、じっくりと調理できます。

IHやガス、オーブンなどあらゆる熱源に対応しているのもポイントです。家のキッチンでIH調理に使いつつ、キャンプ時にはガスで調理することも可能。さまざまなシーンで使えるホーロー鍋を探している方におすすめです。

和平フレイズ(WAHEI FREIZ) リボンナ ホーロー両手鍋 22cm

直径22cmとやや大きめなホーロー鍋。4人分程度の煮込み料理や蒸し料理を一度に作れます。鋼板タイプなので、鋳物タイプよりも軽く扱いやすいのがポイント。毎日手軽に使えるホーロー鍋を探している方におすすめです。

調理後そのまま食卓に出せる華やかなデザインも魅力で、食事中のテーブルを彩ってくれます。デザインと扱いやすさにこだわったホーロー鍋を探している方におすすめです。

ホーロー鍋の焦げ付きを取る方法

ホーロー鍋は火にかけすぎると、焦げ付いてしまうことがあります。焦げ付きが気になるときは、重曹を使って落としましょう。

ホーロー鍋に焦げ付きが隠れる量のぬるま湯を入れ、重曹を溶かします。重曹は水1Lに対して大さじ1ほどが目安。ホーロー鍋を中火にかけ、沸騰したら火を止めましょう。お湯が冷めるまで1時間ほど置くと、汚れが浮かんできます。

鍋のお湯を捨てて、柔らかいスポンジを使って洗えば完了です。頑固な焦げ付きが落とせない場合は、複数回繰り返してみてください。