フランスの調理器具メーカーが手がける鋳物ホーロー製の「ストウブ鍋」。茹でる・煮る・蒸すといった調理法のほか、ご飯を炊いたりパンを焼いたりと、さまざまな使い方ができます。また、形やサイズ、色のバリエーションが豊富なのも魅力です。

しかし、種類が多いため、いざ購入しようと思ってもどれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ストウブ鍋の選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

ストウブ鍋の魅力

By: amazon.co.jp

ストウブ鍋は、機能性の高さから世界の名立たるレストランやシェフも愛用するキッチンアイテムです。直火・IHに対応しているのはもちろん、蓋をしたままオーブンに入れて調理できたり、ハロゲンヒーターやシーズーヒーターで調理できたりと、さまざまな熱源に対応しています。

また、凹凸形状のマットエマイユ加工によって食材の臭いが移りにくいことや、蓋の裏側にあるピコと呼ばれる突起物によって無水調理ができるのもポイント。ストウブ鍋があるだけで、料理の幅が広がります。

さらに、おしゃれな見た目も魅力。ひとつひとつが砂型を使って成型されているため、同じ製品でもそれぞれ風合いが異なります。そのほか、頑丈な素材で作られているので、キャンプ用品として使用するのもおすすめです。

ストウブ鍋の選び方

形状をチェック

ラウンド

By: amazon.co.jp

幅広い料理に対応しているのがラウンドの特徴です。煮物・焼き物・炒め物・蒸し物・揚げ物はもちろん、無水調理も可能なため、パンやケーキの焼き型にも利用できます。また、熱が鍋全体に行き渡りやすいのも特徴です。

さらに、オーバルと比べると、熱源からの火の当たり方が均一なのもポイント。重ね置きのしやすさや、料理のしやすさを重視したい方はチェックしてみてください。

オーバル

By: amazon.co.jp

オーバルは、ラウンドに比べて長細い形状をしているのが特徴。魚やかたまり肉、長い野菜などをそのまま切らずに調理したい方におすすめです。

また、高さがラウンドに比べて低いため、テーブル上で取り分けやすいのもポイント。パーティーにもぴったりです。一方、直火で調理する場合、火が均一に伝わらない場合がある点には留意しておきましょう。

サイズをチェック|ラウンド

初めてでも手軽な〜18cmのミニサイズ

By: amazon.co.jp

1〜2人分の調理には、10・14・16・18cmのミニサイズがぴったりです。10cmは、1人分のおつまみやスープにちょうどよいサイズ。食卓にそのまま出してもおしゃれなので、ディップソースやチーズフォンデュを作ったり、複数購入してデザートをサーブしたりするのもおすすめの使い方です。

14、16cmのタイプは、1〜2人分の副菜や味噌汁にちょうどよいサイズ。煮物や揚げ物も調理できるほか、0.5〜1合のご飯も美味しく炊けます。また、ラーメンやうどんなどの麺類を調理して、そのまま器として使えるのも魅力です。

18cmのタイプは、2〜3人分の調理におすすめ。メインディッシュと副菜の両方に使える万能タイプで、ひとつ持っていると重宝します。ご飯なら1〜2合炊きで、少人数の家庭であれば、毎日の炊飯や汁物に大活躍。また、ケーキを焼くにもちょうどよいサイズです。

毎日の調理に使うなら20・22cm

By: amazon.co.jp

メイン、副菜ともに使え、毎日の料理シーンで出番が多い20・22cmサイズ。20cmのタイプは、メインディッシュなら2〜3人分、副菜であれば3〜5人分の調理ができます。炊飯は2〜3合が炊け、おかず・炊飯・汁物と、さまざまに活躍するサイズです。

22cmのタイプは、3〜4人分のメインディッシュ、ご飯3〜4合、4〜6人分の副菜にぴったりなサイズ。素材の水分を生かす「ピコ」効果で、カレーやシチューなどの煮込み料理もワンランク上の仕上がりにできます。

作り置きや大人数用なら24cm

By: amazon.co.jp

家族の毎日の料理を作りたい方は、ファミリー向けの24cmをチョイスしましょう。4〜6人分のメインディッシュにちょうどよいサイズで、カレーやシチュー、おでんなどにぴったり。4〜5合のご飯を炊飯できます。

たっぷり作って週末の作り置きにもおすすめ。また、食卓にそのまま出してもおしゃれなので、パーティーシーンに重宝します。あらゆるシーンで使えるおすすめのサイズです。

サイズをチェック|オーバル

長い食材などに便利な〜17cm

By: amazon.co.jp

食材を切らずにすみ、1〜2人分の調理にぴったりな11・15・17cmのコンパクトサイズ。11cmのタイプは、スープ、アヒージョなどの1人分の調理に向いています。

15、17cmは1〜2人分のメインディッシュにも使えるサイズで、ソーセージグリル、アスパラやいんげんの蒸し煮などの調理におすすめ。また、煮物や揚げ物はもちろん、そのままオーブントースターにも入れられるので、グラタンを作れるのもポイントです。

グリルやご飯にぴったりの23・27cm

By: amazon.co.jp

23cmのサイズは2〜4人分、27cmのサイズは3〜6人分のメインディッシュにぴったり。かたまり肉や魚もそのまま入るので、ローストビーフ・煮魚・アクアパッツァも美味しく作れます。また、3合ほどの炊飯もできるので、鯛をそのまま入れて鯛めしを作るのもおすすめ。メインディッシュ、副菜ともにオールラウンドで活躍し、使い勝手のよいおすすめのサイズです。

丸鶏にもおすすめの29cm以上

By: amazon.co.jp

家族が多い方や、大人数のパーティーのおもてなし調理にぴったりなのが29cm以上のサイズ。鶏が丸ごと1匹入るサイズで、ローストチキンも美味しく仕上がります。

ブイヤベースやポトフ、おでんなども一度にたくさん調理が可能。ラウンドより高さが低いので、パーティーでそのままテーブルに出して、みんなで取り分けて食べられるのも魅力です。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

ストウブ鍋は基本的にどの熱源にも対応していますが、サイズによってはIHの調理器具で使用できない場合があります。IHは鍋底12〜18cm、もしくは12〜26cmに対応しているのが主流で、鍋底が小さすぎると検知できないことがあるため注意しましょう。

ラウンドは10・12・14cm、オーバルは11cmのモノがIHで使えない場合があります。購入前に、自宅のIH調理器具の使用可能範囲とストウブ鍋の大きさをチェックしておきましょう。

カラーは好みにあわせて

By: amazon.co.jp

ストウブ鍋は、カラーバリエーションが豊富なのも魅力。例えば黒は、クールかつスタイリッシュな見た目から、レストランなどで多数使われています。

ほかにも、和食器とのコーディネートにもマッチするグラファイトグレーや、料理を美味しそうに見せるマスタードなど、キッチンやテーブルをどのような雰囲気にしたいかによって色を選ぶのがポイントです。

ストウブ鍋のおすすめモデル|ラウンド

ストウブ(STAUB) ミニ ココット ラウンド ブラック 10cm

一人暮らしの方におすすめのストウブ鍋。サイズは10cmで、1人分のおつまみやちょっとした副菜、アイスやプリンなどのデザートにもちょうどよいサイズのモデルです。

20cm前後のスタンダードサイズのストウブ鍋を持っている方は、次のステップとして複数買いをするのもおすすめ。ストウブ鍋でテーブルコーディネートをすれば、より華やかな雰囲気を演出できます。

ストウブ(STAUB) ココット ラウンド ブルーベリー 14cm

爽やかなブルーがおしゃれなストウブ鍋。数量限定の人気モデルで、真っ白なテーブルクロスとシルバーのカトラリーをあわせれば、おしゃれなテーブルコーディネートが完成します。

サイズは14cmで、1〜2人分の副菜にちょうどよいモデル。耐熱性が高いため、揚げ物や煮物もすばやく調理できます。0.5〜1合のご飯も炊けるほか、1人分のラーメンや煮込みうどんなどの主食にもぴったり。保温性もよく、そのままテーブルに出して使えるのも嬉しいポイントです。一人暮らしの方や、少人数の家庭におすすめのストウブ鍋です。

ストウブ(STAUB) ラ ココット de GOHAN ロイヤルブルー 16cm

美味しいご飯が炊けるストウブ鍋を探している方におすすめのアイテム。炊飯時の対流を考慮した丸みのあるフォルムと、フタの裏にとりつけた「システラ」が特徴で、熱と水分をむらなく行き渡らせ、お米を一気に炊き上げます。

サイズは16cm。2合炊きのモデルですが、1合からでもふっくらとしたツヤのある美味しいご飯が炊けます。炊飯のほかにも、2人分のおかずを作るのにぴったりのサイズ。さまざまなシーンで利用できる、おすすめのストウブ鍋です。

ストウブ(STAUB) Wa-NABE グレナディンレッド 18cm

和食が好きな方におすすめしたいストウブ鍋です。鍋底からの対流を促す丸みのあるフォルムで、出汁がしっかり取れるのが特徴。食材に味が染み込みやすいので、煮物などの和食におすすめです。

サイズは2〜3人用の18cmで、メインディッシュと副菜が作りやすいのもメリット。また、IH・ガス・オーブンに対応しているほか、熱伝導率も高いため、雪平鍋のような使い心地も得られます。

和食に似合う落ち着いた色合いで、テーブルコーディネートの楽しみが広がるのもポイント。美味しい和食が作れるストウブ鍋を探している方は、ぜひ検討してみてください。

ストウブ(STAUB) ココット ラウンド チェリー 20cm

はじめてのストウブ鍋におすすめのモデルです。サイズは20cmで、メインディッシュなら2〜3人、副菜なら3〜5人分が作れる万能サイズが嬉しいポイント。煮物や揚げ物、炒め物までさまざまな調理に使用できるほか、家族の人数が変わっても長く愛用できるおすすめのストウブ鍋です。

鮮やかな色合いもおしゃれで、テーブルにサーブすれば食卓が一気に華やかになります。毎日の食卓からパーティーシーンまで活用できるので、ストウブ鍋の購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ストウブ(STAUB) ココット ラウンド カンパーニュ 22cm

ストウブ鍋のなかでも、使い勝手がよく人気の高い22cmのモデル。素材が持つ水分を生かす「ピコ」の効果で、カレーやシチュー、煮込みハンバーグなどの煮込み料理を美味しく仕上げます。

メインディッシュなら3〜4人分、副菜なら4〜6人分の調理にぴったり。また、3〜4合の炊飯ができます。IH・ガス・オーブン調理にも対応しているので、毎日の料理シーンにマルチで活躍するストウブ鍋です。

飽きがこないシンプルカラーで、和食と洋食のどちらにもマッチするので、長く愛用できるのも魅力のひとつ。ストウブ鍋の使い勝手のよさを感じやすいおすすめモデルです。

ストウブ(STAUB) ルースターココット ラウンド グレー 24cm

フタにフランスの国鳥のルースターがデザインされているストウブ鍋。フランスやアメリカでも販売されており、人気のあるモデルです。重厚なフタと、フタの裏についているシステラで、素材が持つ本来の旨みを逃さず、ふっくらと美味しく料理を仕上げます。

サイズは24cm。4〜5人分のメインディッシュや、4〜5合のご飯が炊飯できます。週末の作り置きを調理したり、一度にたくさんの料理を作ってパーティーにサーブしたりと、ひとつ持っていると便利なアイテム。デザインもおしゃれなので、プレゼントにおすすめのストウブ鍋です。

ストウブ鍋のおすすめモデル|オーバル

ストウブ(STAUB) ミニ ココット オーバル ブラック 11cm

1人分のおつまみにちょうどよい11cmのモデル。ガスとオーブンに対応しており、小さいながらもストウブ鍋で作る料理の美味しさを実感でき、ソーセージグリルやオニオングランタンスープもワンランク上の味に仕上げます。

おつまみだけでなく、冷たいデザートやプリンを作ってデザートメニューに使うのもおすすめ。食事の最後にストウブ鍋でデザートをサーブすれば、おしゃれで贅沢な時間を楽しめます。

ストウブ(STAUB) ピギー ココット グレー 17cm

17cmのコンパクトなサイズで、フタの上にブタが乗ったデザインのストウブ鍋。ガス・オーブン・IHに対応しており、メイン料理から副菜まで、あらゆるシーンで活躍します。

メインディッシュなら1〜2人分、小さなおかずなら2人分の調理にぴったり。炊飯や煮物、揚げ物はもちろん、そのままオーブンに入れてグラタンも調理できます。

野菜や魚を丸ごと調理しやすいサイズなのも嬉しいポイント。人とは違ったデザインのストウブ鍋を探している方は、要チェックのアイテムです。

ストウブ(STAUB) オーバル ホットプレート ブラック 23cm

ブラックの本体に、真鍮のツマミがおしゃれなホーロー製のストウブ鍋です。ガスやオーブン、IHの熱源に対応しているほか、高さ9.5cmと薄型設計なので、魚焼き機のグリルに入れられるのも便利なポイント。グラタンの表面に焼き色をつけたり、ダッチオーブンのように調理したりできる、おすすめのストウブ鍋です。

サイズは23cmで、2〜4人分のメインディッシュにぴったり。副菜にも使え、家族の人数が変わっても長く愛用できます。

ストウブ(STAUB) ココット オーバル バジルグリーン 27cm

主張しすぎない、落ち着いたグリーンがおしゃれなストウブ鍋。家族の食卓でも使いやすいほか、白いテーブルクロスや小さな観葉植物とコーディネートして、おしゃれなおもてなしの空間を演出できます。

オーバルシリーズならではの楕円形を生かして、チキンや魚、とうもろこしなどを丸ごと調理できるのが魅力。大きな魚も切らずに入れられるので、アクアパッツアを作る際も便利。ピコの効果によって、プロの味に仕上げられます。

ストウブ(STAUB) ピコ・ココット オーバル マスタード 29cm

ビタミンカラーがかわいい、29cmのストウブ鍋。鶏が丸ごと調理でき、家族の多い方や大人数のおもてなしにぴったりです。

食材の旨みを凝縮するピコの効果を実感できるビッグサイズで、ローストチキンやブイヤベースなどにおすすめ。大きなストウブ鍋を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ストウブ鍋のおすすめレシピ

カレー

野菜の水分だけで、味の濃いおいしいカレーを作ることが可能。好みの具材を適度な大きさにカットして鍋に入れて蒸し炒めし、軽く火が通ったら水の代わりにトマト缶を加えます。最後に市販のカレールーを入れて煮込んだら完成。野菜を蒸し炒めする際、焦げ付かないようにときどき全体をかき混ぜるのがポイントです。

肉じゃが

ストウブ鍋を使えば、肉じゃがも無水で調理できます。鍋にカットした野菜と肉を入れたら、しょうゆ・みりん・酒・砂糖をかけ、フタをして40分ほど加熱するだけと非常に簡単。水を入れなくても野菜から出る水分で具材を煮込めるため、食材の旨みや栄養の詰まった肉じゃがに仕上がります。

焼き芋

ストウブ鍋を使用すれば、オーブンやトースター不要で手軽に焼き芋を作れます。鍋にオーブンシートまたはアルミホイルを敷き、水洗いしたサツマイモを入れたらフタをして強めの中火で加熱。鍋があたたまったら火を弱めて15分、裏返してさらに15分加熱し、火を止めて15分放置すれば完成です。