揚げ物を作るのに便利な「天ぷら鍋」。専用の鍋を使うことでおいしく仕上げやすいだけでなく、効率よく揚げ物を作れるのがメリットです。しかし、天ぷら鍋には種類が多く、メーカーによって素材や機能が異なるため、どれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、天ぷら鍋の選び方やおすすめ製品をランキング形式でご紹介。一人暮らしの方に適したモノや、オール熱源対応のモノなど、幅広くご紹介します。購入予定のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

天ぷら鍋の選び方

素材をチェック

鉄製

By: amazon.co.jp

鉄製の天ぷら鍋は、熱伝導率が高く、油を適温に保ちやすいのが特徴。油なじみがよく熱にも強いため、高温での調理に適しています。耐久力にも優れているので、きちんとしたお手入れをすれば、長期間使用することが可能です。

デメリットは、水分や汚れを付着したままにしておくと、錆びてしまいやすいこと。天ぷら鍋があたたかいうちに洗い、汚れをしっかりと落としておきましょう。また、空焼きして水分を飛ばしてから保管すると、赤錆の発生も対策できます。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製の天ぷら鍋は、鉄製よりも軽く汚れが付きにくいので、簡単にお手入れできるのが特徴。初期の錆び付きであれば、市販の清掃用薬液できれいに落とせます。保温性も高いため、食材を入れた際に油の温度が下がりにくいのも魅力です。

デメリットは、熱伝導率が低いので、鍋の底が焦げ付きやすいこと。調理前には鍋底の汚れをしっかり取り除き、必要以上に大きいガス火で調理しないように注意が必要です。

アルミ製

By: amazon.co.jp

軽くて扱いやすく、比較的手頃な価格で手に入るのが、アルミ製の天ぷら鍋です。アルミは油を劣化させにくい素材なので、一度使用した油を再利用しても、味が落ちにくいのも魅力。経済的に天ぷらを作りたい方は、アルミ製のモノを選ぶようにしましょう。

デメリットは、保温力が弱いため、食材を入れたときに油の温度が下がりやすいこと。保温力が気になる方は、アルミやほかの金属を何層にも重ねた「多層鋼」の天ぷら鍋を購入するのがおすすめです。

銅製

By: amazon.co.jp

家庭用だけでなく、業務用としても広く使われているのが銅製の天ぷら鍋です。銅は熱伝導性に優れているため、火を点けてから短時間で油が適温になります。銅自体に熱を貯め込むので、食材を投入しても油の温度が下がりにくく、カラッと仕上がりやすいのが魅力です。

ただし、酸や塩分に弱く、放置すると変色しやすいのがデメリット。調理後は、すぐに油や食材のカスを取り出しておくことが重要です。中性洗剤とスポンジで汚れを落とし、お湯ですすいでお手入れしましょう。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローとは、鉄やアルミなどの金属にガラスを焼き付けてコーティングした素材のことです。密閉率が高いので、熱を逃がしにくいのが魅力。表面がツルツルしているため、汚れも落としやすく、ニオイが付きにくいのも特徴です。

ただし、衝撃に弱いので、ぶつけたり落としたりすると割れやすいのが懸念点。割れた箇所は錆が発生したり、熱で変形したりする恐れがあるので、そのまま使用すると大変危険です。保管場所や取り扱いには、十分注意しましょう。

サイズと深さをチェック

By: amazon.co.jp

天ぷら鍋を選ぶ際は、サイズもしっかり確認しておきたいポイントです。一人暮らしの方や少量の揚げ物を作りたい方には、16cmくらいのモノが便利。20cm以上の口径があるモノは、食材全体に油がしっかり行き渡ります。揚げ物をカラッと仕上げたい方におすすめです。

また、天ぷら鍋の深さも要チェック。深さのある鍋を使うと油がたっぷり入るため、食材を入れたときに温度が下がりにくくなります。浅すぎるモノだと油がハネてコンロに付いたり、火傷をしたりするリスクもあるので、注意しましょう。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

IHを使用している家庭の場合は、天ぷら鍋の材質もしっかりチェックしておきましょう。鉄やステンレス、ホーローなど、磁石にくっ付く素材であれば、対応できる場合がほとんどです。

一方、銅やアルミなど、磁石にくっ付かない素材で作られたモノはIHに対応できない場合があります。さまざまな金属を重ねて作られている「多層鍋」も、製品によってはIHで使用できないため、注意が必要です。

また、鍋底の形状によっても、IHで使えない場合があります。鍋底に脚が付いていたり底が丸かったりする天ぷら鍋は、IHのトッププレートに密着しないので、使用できません。IHが異常加熱する原因にもなるため、鍋底の形状を事前に確認してみてください。

温度計が付いているかチェック

By: amazon.co.jp

揚げ物をおいしく仕上げるためには、油の温度が肝心です。油の温度を調べるには、油の中に衣を落としたり、菜箸を入れたりする方法がありますが、揚げ物初心者にとっては難しいもの。また、ちょっと目を離した隙に温度が上昇しすぎると、食材が焦げたり発火したりする危険もあります。

温度計付きの天ぷら鍋を使えば、油の温度を把握しやすく、より安全性に配慮しながら揚げ物作りが可能。特に、揚げ物に慣れていない方や、高齢の方、幼児の世話をしながら揚げ物をしたい方におすすめです。

注ぎ口が付いていると便利

By: amazon.co.jp

揚げ物を作った後に面倒なのが、調理後の油を処分したりオイルポットに移したりする作業。特に、容量が大きい天ぷら鍋は傾けると液だれしやすいので、注意が必要です。

調理後の片付けを楽にしたい方は、油の注ぎ口が備わったモノを選ぶのがおすすめ。液だれしにくく、スムーズに注げます。

天ぷら鍋のおすすめメーカー

パール金属(PEARL METAL)

By: amazon.co.jp

パール金属は、1967年に新潟県三条市で設立した金属製品メーカー。フライパンや圧力鍋などの調理器具を中心に、企画・製造・販売を行っています。毎年多数のオリジナルアイテムを世に送り出している、有名メーカーです。

同社の天ぷら鍋は、優れた性能を有しながら、比較的手頃な価格で購入できるのが魅力。省スペースで保管できるモノや、オール熱源に対応できるモノまで、さまざまな製品がラインナップされています。リーズナブルで使い勝手のよい天ぷら鍋を探している方におすすめです。

和平フレイズ

By: amazon.co.jp

1951年に設立した和平フレイズは、キッチン用品の企画・販売を中心に行うメーカー。製品の開発にあたって、モニタリングや消費者から得た情報を精査しているのが特徴です。

また、同社のルーツである新潟県燕市は、江戸時代から和釘やヤスリ、キセルなどの製造加工技術に長けた町。特にステンレスの加工技術は、世界でもトップレベルとされています。

同社の天ぷら鍋は、培った技術を生かし、使いやすさと品質の高さを追求しているのが魅力。揚げ物の初心者から上級者まで使える便利なアイテムが、豊富にラインナップされています。

ティファール(T-fal)

By: t-fal.co.jp

ティファールは、1956年に設立したフランスの調理器具メーカー。アルミニウムにフッ素樹脂を加工し、世界で初めて「こびりつかない」フライパンを発売したメーカーとして有名です。

フライパンや鍋の取っ手が取れて重ねて収納できる「取っ手のとれるティファール」や、食材を入れるタイミングが分かりやすい「お知らせマーク」付きフライパンなど、画期的な製品を次々と発売しています。

同社のソースパンや深型フライパンなどは、特に人気の製品。揚げ物用の天ぷら鍋として代用する方も多くいます。ただし、250℃以上の高温調理を繰り返すと表面のテフロンが劣化しやすいので、温度計を入れて調理するのがおすすめです。

天ぷら鍋おすすめランキング|一人暮らし向け

第1位 和平フレイズ 天ぷら鍋 ER-8920

和平フレイズ 天ぷら鍋 ER-8920

一人暮らしなどの狭いキッチンでも使いやすい、口径約16cmの天ぷら鍋。少量の揚げ物を作るのにちょうどいいサイズで、お弁当作りにも重宝します。裏返したフタに付属の網を乗せれば、揚げ物置きとして使用可能。また、注ぎ口が付いているので、オイルポットへの移し替えもスムーズです。

本体の素材には、使い込むほどに油がなじむ鉄を採用。熱伝導率に優れているため、短時間で油の温度が上がりやすく、スピーディーに調理可能です。また、鉄の表面にはシリコン加工が施されているので、焦げなどが付きにくいのもポイント。使用後のお手入れも簡単です。

本製品は、ガス火はもちろん、200VのIHをはじめとするさまざまな熱源で使用可能。さらに、安全性の基準を表す「SGマーク」を取得しているため、安心して使いやすいのも魅力です。

第2位 パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ フライ鍋 HB-283

パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ フライ鍋 HB-283

忙しい朝のお弁当作りに便利な、ミニサイズの天ぷら鍋です。口径が約16cmと小さく、熱伝導率の高い鉄を採用しているので、油の温度が上がりやすい仕様。上部がややすぼまった形状で、周囲に油が飛び散りにくいのも魅力です。

鉄の表面がシリコン樹脂塗装でコーティングされているため、食材が焦げ付きにくく、使用後のお手入れも簡単。また、フタをするだけで残った油の保管ができて便利です。

丸みのある鍋本体にベージュのフタを合わせた、おしゃれなデザインも魅力。キッチンに出しっぱなしにしておいても、インテリアの邪魔になりにくいのがポイントです。

第3位 m.design お弁当あげもの鍋 MAD-2

m.design お弁当あげもの鍋 MAD-2

便利な網とバットが付属している、コンパクトな天ぷら鍋です。鍋の口径は約16cmで、お弁当やおつまみ用にちょっとしたフライなどを作りたい際に重宝します。少量の油で揚げ物が作れるので、経済的です。

丸型の網とバットは持ち手付きで、置き場がないときも持ったまま作業できます。バットを鍋本体と重ねて、スッキリ収納できるのも魅力。キッチンの収納スペースが少ない場合は、フックに吊るしておくことも可能です。

鍋の内側はシリコン加工済みで、汚れや焦げが付きにくいのもポイント。揚げ物のほか、煮物や汁物、炒め物などさまざまな調理に使えます。

第4位 パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ フライ鍋 HB-285

パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ フライ鍋 HB-285

一人暮らしやお弁当作りなどで、少量の揚げ物を頻繁に作る方におすすめ。揚げ物用の鍋をオイルポットとしても使える、便利なアイテムです。

本製品は、口径約16cmの鍋2個とステンレス製こし器のセット。片方の鍋でフライを作ったら、残った油をもう片方の鍋に移し、そのまま保管できます。次回揚げ物をする際は油の入った鍋を使うので、準備の手間を省くことが可能。最初に使用した鍋は、洗浄後に、オイルポットのフタとして重ねて使います。

本体の素材には、シリコン樹脂加工済みの鉄を採用。焦げ付きにくく、手入れしやすいのがポイントです。さらに、ガス火や200VのIHなど、オール熱源に対応しています。

第5位 アーネスト(Arnest) 天ぷら鍋 A-76826

アーネスト(Arnest) 天ぷら鍋 A-76826

オイルポットとしても使える、便利な天ぷら鍋の2個セットです。口径約14cmとコンパクトなので、少量の油でフライを作れます。また、鍋の深さが約8cmあるため、油ハネで周囲を汚しにくい仕様です。

本製品の特徴は、揚げ物をした後の油を、もう一方の鍋に移して保管できること。付属の「油こし網」にキッチンペーパーなどを敷いて使用すれば、揚げかすなども取り除けます。鍋を重ねた際に、ハンドルが邪魔にならないよう設計されているのもポイント。ハンドルを含めた幅が約19cmとスリム設計なので、省スペースで収納可能です。

本体の素材には、汚れやニオイが付きにくいステンレスを採用しています。そのほか、ガスとIHの両方に対応しているのも魅力です。

第6位 和平フレイズ 天ぷら鍋 KR-8265

和平フレイズ 天ぷら鍋 KR-8265

ブラックの本体にレッドの持ち手が配置された、かわいいミニサイズの天ぷら鍋です。口径約16cmと小型のため、少量の油で揚げ物を作れるのが特徴。温度も短時間で上がるので、忙しい朝のお弁当作りに重宝します。ガスとIHの両方で使用可能です。

鍋のフチにかけて使える、便利な揚げ網が付属しているのも魅力。少量の揚げ物なら、わざわざバットを用意する手間が省けます。また、鍋のフチに注ぎ口が付いているため、オイルポットなどへの移し替えもスムーズです。さらに、鍋の内側にはシリコン樹脂加工済み。汚れが付きにくく、お手入れしやすいアイテムです。

第7位 パール金属(PEARL METAL) プチクック ホーロー天ぷら鍋 HB-1680

パール金属(PEARL METAL) プチクック ホーロー天ぷら鍋 HB-1680

口径約16cmのミニ天ぷら鍋です。高さ約10.5cmのつぼ型形状で、油が飛び散りにくい設計。一人分の唐揚げやお弁当用のフライなど、少しだけ揚げ物を作りにたいときに便利なサイズです。

鍋の外側は、シックなブラウンでカラーリングされています。内側はホワイトで、食材の揚がり具合をチェックしやすい仕様です。また、本体はホーロー製なので、ニオイが付きにくく、お手入れしやすいのも魅力。ガス火やIH、ハロゲンヒーターなどオール熱源で使用できます。

第8位 パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ フライ鍋 HB-284

パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ フライ鍋 HB-284

楕円形のコンパクトなフライ鍋です。一般的なミニ天ぷら鍋では揚げにくい、長さのある春巻きやエビフライも調理できるのが魅力。少人数の家庭やお弁当作り用におすすめです。

油の使用量を抑えられる、傾斜をかけたスリム形状もポイント。また、鍋のフチにセッティングして使える揚げ網が付属しており、揚げた食材を一時置きできて便利です。ガス火や200VのIH、ハロゲンヒーターなどで使えます。

第9位 ティファール(T-fal) ソースパン C99522

ティファール(T-fal) ソースパン C99522

口径約16cmのステンレス製ソースパン。煮物や汁物はもちろん、揚げ物を作る際にも活用できます。扱いやすいサイズで、一人暮らしの方におすすめです。

同社のステンレス鍋は底面の熱伝導率を重視した構造で、全体をムラなくスピーディーに加熱できるのが特徴。揚げ油の温度も短時間で上がりやすく、忙しいときも手早く揚げ物を作れます。

ステンレスの美しさを活かした、シンプルなデザインも魅力。ガスやIHのほか、電気プレートコイル、ハロゲンヒーター、セラミックヒーターなどで使えます。

天ぷら鍋おすすめランキング|家族向け

第1位 タクミジャパン(TakumiJAPAN) マグマプレート 天ぷら鍋 MGTE24

タクミジャパン(TakumiJAPAN) マグマプレート 天ぷら鍋 MGTE24

日本製の鉄材を使用した天ぷら鍋です。一度に大量の揚げ物を作れる、口径約24cmの大きめサイズ。耐久性に優れているのが特徴で、揚げ物を強火でカラッと仕上げられます。

また、熱伝導率の高さも魅力です。表面に細かい凹凸を設けて表面積を増やした「マグマプレート」を採用することにより、スピーディーな高温加熱を実現。食材の芯まで一気に過熱し、うま味を閉じ込めます。

さらに、凹凸があることで、油なじみがよいのもポイント。使い込むほどに焦げ付きにくくなります。

第2位 ヨシカワ(Yoshikawa) フタ付き天ぷら鍋 味楽亭II SJ1024

ヨシカワ(Yoshikawa) フタ付き天ぷら鍋 味楽亭II SJ1024

揚げ物初心者でも簡単に仕上げられる、温度計付きの天ぷら鍋。揚げ頃が把握しやすく、便利です。

鍋のフタ裏には網が備わっており、フタを開けて油切りバットのように使うことも可能。フタが鍋に対して斜めに設計されているため、揚げ物から落ちた油が鍋に戻る仕組みです。また、フタに天ぷらやフライを乗せてもひっくり返らないよう、ストッパーが付いています。

さらに、鍋のフチには「ハネ防止用ガード」が搭載されているので、油の飛び散りを抑えられるのも魅力。使用後はフタや温度計などを分解できるため、お手入れがしやすく、清潔に使えます。

本製品は、ガスや200VのIHなど、さまざまな熱源で使用可能。「クッキングヒータ用SG基準」にも認定されているので、安心して使いやすいアイテムです。

第3位 高木金属(Takagi-metal) ホーロー天ぷら鍋 TP-24R-BW

高木金属(Takagi-metal) ホーロー天ぷら鍋 TP-24R-BW

温度変化が少なく、揚げ物が作りやすいホーロー製の天ぷら鍋。内側の色はホワイトで、揚げ加減や油の汚れ具合が分かりやすい仕様です。

口径は約24cmと大きいので、一度にたくさんのフライを作れます。串揚げや春巻きのような長い食材を揚げるのにもおすすめです。また、本体のフチにかけられる網が付属しており、バットや皿に移す前に食材の油切りが可能。カラッとした仕上がりをキープします。

天ぷら鍋には珍しい、スタイリッシュなデザインも魅力。おしゃれなキッチンにもマッチします。

第4位 ヨシカワ(Yoshikawa) 天ぷら鍋 あげた亭 SH9257

ヨシカワ(Yoshikawa) 天ぷら鍋 あげた亭 SH9257

揚げ物調理が苦手な方におすすめの天ぷら鍋。油の温度がひと目でわかる温度計付きで、レシピに合わせた適温で調理できます。

また、鍋の上部には油ハネを防ぐガード付き。ガードには、「フライドポテト150~160℃」「かきあげ170~180℃」のように、食材ごとの目安温度が分かりやすく印字されています。

温度計とガードを鍋から取り外して洗えるほか、注ぎ口付きでオイルをこぼさず移し替えることが可能。使用後のお手入れや処理も、スムーズに行える天ぷら鍋です。

第5位 パール金属(PEARL METAL) BLKP 天ぷら鍋 AZ-5037

パール金属(PEARL METAL) BLKP 天ぷら鍋 AZ-5037

パール金属の「BLKP」は、生活感の出やすいキッチングッズをブラックで統一したスタイリッシュな人気シリーズ。温度計付きの鉄製天ぷら鍋です。熱伝導率に優れているのが特徴。短時間で油の温度が上がり、スピーディーに調理できます。

また、油の温度が分かりやすい温度計や、油ハネを軽減するフードが備わっているのも魅力。見た目だけでなく、使い勝手にもこだわったアイテムです。ガス火のほか、200VのIH、ハロゲンヒーターなどさまざまな熱源で使えます。

第6位 和平フレイズ 天ぷら鍋 TM-9467

和平フレイズ 天ぷら鍋 TM-9467

鍋のフタを油切りとして使える天ぷら鍋です。油切り用のバットなどを準備しなくても揚げ物が作れるので、急いでいるときや、作業台が散らかっているときに重宝します。

フタは本体に対して斜めに設けられており、食材から落ちた油がそのまま鍋に戻る仕組み。使用後はフタを閉じれば、オイルポットとして油を保存できます。油の適温が分かりやすい温度計を備えているのも、魅力のひとつです。

第7位 サミット工業 IHたっぷり深型揚げ鍋 AAG4201

サミット工業 IHたっぷり深型揚げ鍋 AAG4201

熱吸収性のよい鉄製の揚げ鍋です。油の温度を一定に保ちやすく、カラッと揚げられるのが特徴。2~3人家族分のフライを一度に作れる容量を備えています。

使用後の油は、付属のフタを閉めるだけで保存可能。鍋とフタには、「シリコン焼き付け塗装」が施された鉄を採用しているので、焦げ付きにくく、お手入れが簡単なのもポイントです。

第8位 富士ホーロー(Fuji Horo) 天ぷら鍋 TPY-24

富士ホーロー(Fuji Horo) 天ぷら鍋 TPY-24

家族数が多い家庭にぴったりの、口径約24cmの天ぷら鍋。鉄にガラスコーティングを施したホーロー製で熱伝導率がよく、揚げ物をカラッと仕上げられます。温度が上昇しやすいのも特徴です。

温度計を搭載しているのもポイント。高温で二度揚げしたいときなども、簡単に温度管理が行えます。また、鍋上部にはオイルガード付き。油ハネを軽減できるので、コンロ掃除の手間を減らせるのも魅力です。

第9位 和平フレイズ 天ぷら鍋エコルタ ER-8921

和平フレイズ 天ぷら鍋エコルタ ER-8921

ガス火はもちろん200VのIHでも使える、口径約22cmの天ぷら鍋。鍋のフチにかけて使える、半月型の油切り網が付属しています。また、注ぎ口も備わっているので、残った油を移し替える作業もスムーズです。

鍋の深さが約10.7cmあるため、油が飛び散りにくいのもポイント。表面はシリコン加工済みで、焦げや汚れがこびり付きにくく、使用後のお手入れも簡単です。

第10位 ラバーゼ(La Base) 揚げ鍋 LB-099

ラバーゼ(La Base) 揚げ鍋 LB-099

「ラバーゼ」は、料理研究家の有本葉子氏がプロデュースしたキッチンブランドです。本製品は、揚げ物調理のストレスを軽減するアイデアが活かされた揚げ鍋。揚げカゴと、油ハネを防ぐネットも付属しています。

本体の素材には、熱伝導性と蓄熱性に優れた鉄を採用。カラッと仕上げやすいのが特徴です。食材が揚がったら揚げカゴで一気に取り出せるので、時間差でおいしさが変わってしまうのを防ぎます。また、揚げカゴは鍋の取っ手に引っ掛けて、そのまま油切りすることも可能です。

さらに、ネットを装着すれば、油ハネも軽減できます。ネットには黒いメッシュを採用しており、ネット越しでも揚げ物の状態が確認しやすい仕様。揚げ物初心者の方はもちろん、「揚げ物が面倒」と感じている方にもおすすめのアイテムです。

天ぷら鍋の洗い方

By: amazon.co.jp

天ぷら鍋を長持ちさせるためには、使用後の丁寧なお手入れが大切です。まず、鍋の油をオイルポットに注ぐなどで、すべて取り出します。その後、キッチンペーパーで鍋に残った油を吸い取りながら、鍋内部を拭きましょう。

何度かペーパーを取り換えて油を拭き取ったら、後はぬるま湯に浸けて食器用洗剤で洗うだけ。鉄製の場合は、油なじみが重要なので、洗浄・乾燥後に少量の油を付けたペーパーで鍋内部をなぞっておくのがおすすめです。

また、天ぷら鍋が焦げ付いてしまった場合は、重曹を使ったお手入れも検討してみてください。重曹はアルカリ性のため、酸性の油汚れを落としやすくします。やり方は、天ぷら鍋に大さじ4杯程度の重曹を振り入れて、10分後にお湯で洗浄するだけです。焦げ付きがひどいときは、重曹とお湯を入れて沸騰させ、冷めてからスポンジでこすると落としやすくなります。