揚げ物を作るのに便利なのが「天ぷら鍋」。専用の鍋を使うことでおいしく仕上がるだけでなく、効率よく揚げ物が作れます。しかし、天ぷら鍋にはさまざまな素材や機能があるため、どれを選ぶべきか迷うのが難点です。

そこで今回は、天ぷら鍋の選び方やおすすめ製品をピックアップ。一人暮らしの方向けのタイプやオール熱源に対応するタイプなど、さまざまな製品をご紹介します。購入予定のある方は、参考にしてみてください。

天ぷら鍋の選び方

素材をチェック

鉄製

By: amazon.co.jp

熱伝導率が高く、油を適温に保ちやすいのが鉄製の天ぷら鍋の特徴。油なじみがよく熱にも強いため、高温での調理に適しています。耐久力にも優れているので、きちんとした手入れをすれば、10年以上使うことも可能です。

デメリットは、水分や汚れが付着したままにしておくと、すぐに錆びが出てしまうこと。天ぷら鍋が温かいうちに洗い、汚れをしっかりと落としておきましょう。また、空焼きして水分を飛ばしてから保管すると赤錆の発生も予防できます。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

鉄よりも軽く汚れもつきにくいので、手入れが簡単なのがステンレス製鍋の特徴。初期の錆びつきであれば、市販の清掃用薬液できれいに落とせます。保温性も高いので、食材を入れても油の温度が下がりにくいのも魅力です。

デメリットは、熱伝導率が低いため鍋の底が焦げつきやすいこと。調理前には鍋底の汚れをしっかり取り除き、必要以上に大きなガス火で調理しないように気を付けましょう。

アルミ製

By: amazon.co.jp

軽くて扱いやすく、比較的手頃な価格で手に入るのがアルミ製の天ぷら鍋です。アルミは油を劣化させにくい素材なので、一度使用した油を再利用しても極端に味が落ちないのが魅力。経済的に天ぷらを作りたい方は、アルミ製の天ぷら鍋を選びましょう。

デメリットは、保温力が弱いため食材を入れたときに油の温度が下がりやすいこと。保温力が気になる方は、アルミやほかの金属を何層にも重ねた「多層鋼」の天ぷら鍋を購入するのがおすすめです。

銅製

By: amazon.co.jp

家庭用だけでなく、業務用としても広く使われているのが銅製の天ぷら鍋です。銅は熱伝導性に優れているため、火を点けてからすぐに油が適温になるのが魅力。銅自体にも熱を貯め込んでおけるので、食材を投入しても油の温度が下がりにくくカラッとした食感に仕上がります。

銅製の天ぷら鍋の難点は、酸や塩分に弱く放置しておくと変色してしまうこと。調理後はすぐに油や食材のカスを取り出すのが重要です。中性洗剤とスポンジで汚れを落とし、お湯ですすぎましょう。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローとは、鉄やアルミなどの金属にガラスを焼き付けてコーティングした素材のことです。密閉率が高いので、熱が逃げにくいのが最大の魅力。表面がツルツルしているため、汚れが落としやすく、ニオイもほとんどつきません。

デメリットは、衝撃に弱いのでぶつけたり落としたりすると割れてしまうこと。割れた箇所は錆が発生したり、熱で変形したりする恐れがあり大変危険です。保管場所や取り扱いには十分注意しましょう。

サイズと深さをチェック

By: amazon.co.jp

カラッとした食感の揚げ物を作るためには、天ぷら鍋のサイズも重要なポイント。食材全体に油を行き渡らせるためには、20cm以上の口径がある天ぷら鍋を選ぶようにしましょう。ただし、一人暮らしの方や少量の揚げ物をしたい方は、16cmくらいのモノを選ぶと便利です。

また、天ぷら鍋の深さも必ずチェックしましょう。深さのある鍋を使うと油がたっぷり入るので、食材を入れたときに温度が下がりにくくなります。浅すぎるモノだと油がハネてコンロに付いたり、火傷をしたりするリスクもあるので注意しましょう。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

ご家庭でIHを使用している方は、天ぷら鍋の材質もしっかりチェックしておきましょう。鉄・ステンレス・ホーローなど磁石にくっつく素材であれば、対応できる場合がほとんどです。

それに対して、銅・アルミなど磁石にくっつかない素材で作られた鍋はIHに対応しないことがあります。さまざまな金属を重ねて作られている「多層鍋」も、金属の種類によっては使用できないので注意が必要です。

また、鍋底の形状によってはIHが使えないことがあります。鍋底に脚が付いていたり、底が丸かったりする天ぷら鍋は、トッププレートに密着させられないので使用できません。IHが異常加熱する原因にもなるため、鍋底の形状は必ず確認しましょう。

注ぎ口が付いていると便利

By: amazon.co.jp

揚げ物を作ったあとに大変なのが、調理後の油を処分したりオイルポットに移したりすること。特に天ぷら鍋の容量が大きいタイプだと、傾けたときに液だれしやすいので注意が必要です。

調理後の油の処理を楽にしたい方は、注ぎ口が付いているモノを選ぶのがおすすめ。油を処分したり、オイルポットに油を移したりするときも液だれしにくくスムーズに注げます。

天ぷら鍋のおすすめメーカー

パール金属(PEARL METAL)

By: p-life-house.jp

パール金属は、1967年に新潟県三条市で設立。フライパンや圧力鍋などの調理器具を中心に企画・製造・販売を行っています。年間2000ものオリジナルアイテムを世に送り出している有名メーカーです。

優れた性能を有しながら、比較的手頃な価格で購入できるのが魅力。省スペースで保管できるモノや、オール熱源に対応できるモノまでさまざまな天ぷら鍋があります。リーズナブルで使い勝手のよい天ぷら鍋を探している方におすすめです。

和平フレイズ

By: amazon.co.jp

1951年に設立した和平フレイズは、キッチン用品の企画・販売を中心に行うメーカーです。製品の開発にあたっては、モニタリングや消費者から得た情報を精査。生活に役立つ製品を企画・販売しています。

和平フレイズのルーツである新潟県燕市は、江戸時代から和釘・ヤスリ・キセルなどの製造加工技術に長けた町です。特にステンレスの加工技術は、世界でもトップレベルとされています。

これまでに培われた技術を生かし、使いやすさと品質の高さを追求しているのが和平フレイズの天ぷら鍋の特徴。揚げ物の初心者から上級者まで使える、豊富なラインナップが魅力のメーカーです。

ティファール(T-fal)

By: t-fal.co.jp

ティファールは、1956年に設立したフランスの調理器具メーカーです。アルミニウムにフッ素樹脂を加工し、世界で初めて「こびりつかない」フライパンを発売したメーカーとして知られています。

1996年には、フライパンや鍋の取っ手が取れて重ねて収納できる「取っ手のとれるティファール」を発売。2000年には、食材を入れるタイミングを知らせる「お知らせマーク」つきフライパンなど画期的な製品を次々と発売しています。

ティファールには揚げ物専用の天ぷら鍋はありませんが、ソースパンや深型のフライパンなどで代用が可能。ただし、250℃以上の高温調理を繰り返すと表面のテフロンがすぐに劣化してしまうので、温度計を入れて調理するのがおすすめです。

天ぷら鍋のおすすめ

パール金属(PEARL METAL) 天ぷら鍋 AZ-5038 16cm

パール金属(PEARL METAL) 天ぷら鍋 AZ-5038 16cm

一人暮らしの方や少量の揚げ物を作りたい方におすすめの16cmサイズの天ぷら鍋。収納スペースが限られていても、ほとんど幅を取らずに保管できるのもポイントです。専用の蓋が付属しているので、オイルポットとしても使用できます。

ガス火だけでなく、200VのIHやハロゲンヒーターなどオール熱源に対応可能。注ぎ口が付いているため、液だれを起こさずに油の処理ができます。シンプルかつ実用的なデザインで、世代を選ばず人気の製品です。

パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ HB-285 16cm

パール金属(PEARL METAL) オベ・フラ HB-285 16cm

揚げ物鍋をそのままオイルポットとして使えるのが本製品の特徴。一方の鍋で揚げ物をしたあとは、もう一方の鍋で油を濾します。次の揚げ物のときは濾した油で揚げ物ができるので、準備の手間がかかりません。

本体は揚げ物に最適な鉄製で、表面にシリコン加工がされているため手入れも簡単にできます。鍋のサイズは16cmで、少量の揚げ物をしたい方や一人暮らしの方におすすめの天ぷら鍋です。

和平フレイズ 天ぷら鍋 エコルタ ER-8920 16cm

和平フレイズ 天ぷら鍋 エコルタ ER-8920 16cm

本体の重量が740gと比較的軽いので、片手でも扱いやすいのが魅力の天ぷら鍋です。蓋の裏側には油切り用の網が付属。少量の揚げ物であれば、網やトレーなどを用意する必要がありません。

天ぷら鍋の内側と外側にはシリコン加工が施されており、汚れがこびりつきにくく手入れも簡単。注ぎ口が付属しており、オイルポットへの移し替えも片手でできます。使うほどに油がなじむ鉄製の天ぷら鍋なので、天ぷらや揚げ物作りに適した製品です。

ティファール(T-fal) IHルビー・エクセレンス ソースパン C62223 18cm

ティファール(T-fal)  IHルビー・エクセレンス ソースパン C62223 18cm

4層の「チタン・エクストラ」コーティングにより、優れた耐久力をもつソースパンです。ガスコンロだけでなくIHにも対応しているので、調理設備を選ばずに使用できます。

中面だけでなく外面もフッ素樹脂加工が施されているので、汚れがこびりつきにくく手入れも簡単。握りやすく改良された取っ手は、高温調理でも熱くなりません。口径は18cmで、取り回しもしやすいのが魅力の製品です。

宮崎製作所 オブジェ ザ・テンプラ両手鍋 OJ-43 18cm

宮崎製作所 オブジェザ・天ぷら両手鍋 OJ-43 18cm

本製品の特徴は、ステンレスで鉄を挟んだ全面鉄芯三層鋼で、熱がムラなく伝わること。錆びにくく焦げつきにくいステンレスを表面に用いているので、手入れも簡単にできます。

ガス・ハロゲンヒーター・クッキングヒーター・IHなどさまざまな熱源に対応可能。左右の持ち手はしっくりと手になじむ形状なので、安定して持ち運べます。使いやすさと確かな品質をもつ日本製の天ぷら鍋です。

オークス ameiro 両手鍋 COS8005 18cm

オークス ameiro 両手鍋 COS8005 18cm

食材を入れても油の温度が下がりにくく、揚げ物がサクッと仕上がる銅製の天ぷら鍋。金属の加工産地として有名な新潟県の燕三条で製造されており、すべての行程を職人が手作業で仕上げています。ムラなく均等に熱が加えられるため、煮込み料理にもおすすめです。

取っ手にはレザーカバーが付けられ、熱から手を優しく保護。また、レザーカバーはヌメ革を採用しているので、飴色に風合いが変化する行程も楽しめます。機能性はもちろんデザイン性にも優れているため、おしゃれな天ぷら鍋を探している方にもおすすめの製品です。

和平フレイズ 天ぷら鍋 アミ付 AR-7003 20cm

和平フレイズ 天ぷら鍋 アミ付 AR-7003 20cm

油切りに便利な半月状の揚げ網が付属している鉄製の天ぷら鍋。口径は約20cmで、1~2人分の揚げ物作りにちょうどよい大きさです。表面にはシリコン加工が施されており、空焼きせずにすぐに調理できます。

本体の重さは約562gで、鉄製の天ぷら鍋としては軽量。注ぎ口が付いているため、別の容器への移し替えも簡単にできます。天ぷら鍋として十分な機能がありながら、価格が安いのも魅力の製品です。

ヨシカワ(Yoshikawa) 天ぷら鍋 あげた亭 SH9257 20cm

ヨシカワ(Yoshikawa) 天ぷら鍋 あげた亭 SH9257 20cm

ガスコンロはもちろん、200Vハイパワー熱源にも対応する天ぷら鍋です。油ハネを防ぐガードには、揚げ物の種類に応じた適温がイラスト付きで記載。天ぷらだけでなく、フライドポテトや唐揚げなどの適温も分かります。

本製品には200℃まで測れる温度計も付属しているので、油の温度が一目瞭然。注ぎ口が付いているため、調理後の油の処理も手間がかかりません。初心者にはもちろん、揚げ物を作る機会の多い方におすすめの製品です。

サミット工業 IHたっぷり深型揚げ鍋 20cm

サミット工業 IHたっぷり深型揚げ鍋 20cm

熱吸収性に優れており、油を適温に保ちやすい鉄製の天ぷら鍋。しっかりとした深さがあるため食材が底にくっつきにくく、揚げ物全体に均一に熱が通ります。IHはもちろん、さまざまな熱源に対応可能です。

専用の蓋が付属しており、保管中にホコリや汚れが鍋の中に付くのを予防します。また、左右の取っ手は縦に取り付けられているため、収納の幅を取りません。国内のデザインコンクールで受賞歴があるほどスタイリッシュな見た目も魅力の天ぷら鍋です。

アーネスト 天ぷら鍋 油ターン A-76940 20cm

アーネスト 天ぷら鍋 油ターン A-76940 20cm

新潟県燕市で製造されたステンレス製の天ぷら鍋です。本製品の特徴は、オイルポットとしても揚げ鍋としても使える鍋が2つセットになっていること。鍋は重ねられるので、収納時も幅を取りません。

さらに、本製品には揚げ物の油切りや油の濾過ができる網皿と、枠皿も付属。枠皿を鍋側に取り付ければ、油ハネガードとしても使用できます。ガス火だけでなくIHにも対応でき、使い勝手のよさにこだわって作られた製品です。

中尾アルミ製作所 アルミ 打出 揚鍋 21cm

中尾アルミ製作所 アルミ 打出 揚鍋 21cm

アルミ専門の製作所で作られており、業務用商品として販売されている天ぷら鍋。重さは640gと天ぷら鍋としては軽量で、力に自信のない方でも楽に扱えます。軽量ながらぐらつきにくく、しっかりとした安定感があるのも特徴です。

天ぷら鍋の内径は21cmで、深さは8cmあるので2~3人分の揚げ物調理におすすめ。保温性にも優れており、食材を入れても温度が下がりにくいので揚げ物がサクッと仕上がります。軽くて取り扱いやすい天ぷら鍋を探している方におすすめの製品です。

パール金属(PEARL METAL) ジーヴォ ホーロー 温度計付天ぷら鍋 HB-1719 23cm

パール金属(PEARL METAL) ジーヴォ ホーロー 温度計付天ぷら鍋  HB-1719 23cm

内面が白いので、揚がり具合がひと目で分かるホーロー製の天ぷら鍋です。表面がガラスで作られているため、ニオイが移りにくく衛生的に使用可能。油がハネにくいようフードが付いており、油の飛沫を予防します。

温度計が付属しているため、揚げ物に慣れていない方も安心。ガスコンロだけでなく、100VまでのIHやハロゲンヒーターなどオール熱源に対応しています。天ぷら鍋の大きさは23cmあるので、一度にたくさんの揚げ物を作りたい方におすすめです。

カクセー(Kakusee) オダジマ 揚げてお仕舞 ステンレス天ぷら鍋

カクセー(Kakusee) オダジマ 揚げてお仕舞 ステンレス天ぷら鍋

本製品の特徴は、オイルポットと天ぷら鍋がセットになっていること。調理した揚げ物はオイルポットの網へ乗せて油切りができます。天ぷら鍋とオイルポットは重ねて収納できるので、保管場所も取りません。

付属の油飛びガードを鍋の上にかざして使えば、油の飛沫を防ぎ安全に調理が可能。温度計も付属しているので、揚げ物の初心者でもひと目で適温が分かります。天ぷら鍋はステンレスで作られており、手入れが簡単にできるのも人気の製品です。

和平フレイズ 天ぷら鍋 TM-9090 24cm

和平フレイズ 天ぷら鍋 TM-9090 24cm

本製品の特徴は、蓋の裏に油切り用のワイヤーが付いていることです。揚げ物をワイヤーに置けば、場所を取らずに油切りが可能。調理後は蓋を閉じられるので、油の保存容器としても使えます。

温度計が付属しており、初心者でも適温がひと目で判別可能。油ハネ防止ガードが付いているため、コンロが汚れたり手にハネたりするリスクを軽減します。鉄製の天ぷら鍋なので、ガスコンロはもちろんIHにも使える製品です。

ヨシカワ(Yoshikawa) 天ぷら鍋 網付き SH9160 24cm

ヨシカワ(Yoshikawa) 天ぷら鍋 網付き SH9160 24cm

新潟県中央部で作られた素材のみを使用した日本製の天ぷら鍋。底部に施された打ち出し加工が熱による歪みを抑制します。200VのIH・ハロゲンヒーター・シーズヒーターなど幅広い熱源に対応し、調理設備を選びません。

油切り用の網が付属しているので、トレーを用意せずとも揚げ物の油を切れます。中央部分には注ぎ口が付いており、油の処理中に液だれをしにくい設計。内径が24cmあり、大きなトンカツやかき揚げなども揚げやすい天ぷら鍋です。

高木金属 天ぷら鍋 TP-24R-BW 24cm

高木金属 天ぷら鍋 TP-24R-BW 24cm

本体の内側が白く、揚げ加減や鍋の汚れが分かりやすいホーローの天ぷら鍋です。口径は24cmと大きいので、食材同士がくっつきにくいのも魅力。油切り用のアミが内側に付いているため、油切りの場所も取りません。

ガス火はもちろん、IHヒーター・シーズヒーター・ハロゲンヒーターなどオール熱源に対応。注ぎ口が付いているため、調理後の油の処理も簡単にできます。天ぷら鍋の口が広く洗いやすいので、後片付けの手間を少なくしたい方におすすめの製品です。