揚げ物を作るのに便利な「天ぷら鍋」。専用の鍋を使うことでおいしく仕上げられるだけでなく、効率よく揚げ物を作れるのがメリットです。しかし、天ぷら鍋には種類が多く、メーカーによって素材や機能が異なるため、どれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、天ぷら鍋の選び方やおすすめ製品をランキング形式でご紹介。一人暮らしの方に適したモノや、オール熱源対応のモノなど、幅広くご紹介します。購入予定のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

天ぷら鍋の選び方

素材をチェック

鉄製

By: amazon.co.jp

鉄製の天ぷら鍋は、熱伝導率が高く、油を適温に保ちやすいのが特徴。油なじみがよく熱にも強いため、高温での調理に適しています。耐久力にも優れているので、きちんとしたお手入れをすれば、長期間使用することが可能です。

デメリットは、水分や汚れを付着したままにしておくと、錆びやすいこと。天ぷら鍋があたたかいうちに洗い、汚れをしっかりと落としておきましょう。また、空焼きして水分を飛ばしてから保管すると、赤錆の発生も対策できます。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製の天ぷら鍋は、鉄製よりも軽く汚れが付きにくいので、簡単にお手入れできるのが特徴。初期の錆び付きであれば、市販の清掃用薬液できれいに落とせます。保温性も高いため、食材を入れた際に油の温度が下がりにくいのも魅力です。

デメリットは、熱伝導率が低いので、鍋の底が焦げ付きやすいこと。調理前には鍋底の汚れをしっかり取り除き、必要以上に大きいガス火で調理しないように注意が必要です。

アルミ製

By: amazon.co.jp

軽くて扱いやすく、比較的手頃な価格で手に入るのが、アルミ製の天ぷら鍋です。アルミは油を劣化させにくい素材なので、一度使用した油を再利用しても、味が落ちにくいのも魅力。経済的に天ぷらを作りたい方は、アルミ製のモノを選ぶようにしましょう。

デメリットは、保温力が弱いため、食材を入れたときに油の温度が下がりやすいこと。保温力が気になる方は、アルミやほかの金属を何層にも重ねた「多層鋼」の天ぷら鍋を購入するのがおすすめです。

銅製

By: amazon.co.jp

家庭用だけでなく、業務用としても広く使われているのが銅製の天ぷら鍋です。銅は熱伝導性に優れているため、火を点けてから短時間で油が適温になります。銅自体に熱を貯め込むので、食材を投入しても油の温度が下がりにくく、カラッと仕上がりやすいのが魅力です。

ただし、酸や塩分に弱く、放置すると変色しやすいのがデメリット。調理後は、すぐに油や食材のカスを取り出しておくことが重要です。中性洗剤とスポンジで汚れを落とし、お湯ですすいでお手入れしましょう。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローとは、鉄やアルミなどの金属にガラスを焼き付けてコーティングした素材のことです。密閉率が高いので、熱を逃がしにくいのが魅力。表面がツルツルしているため、汚れも落としやすく、ニオイが付きにくいのも特徴です。

ただし、衝撃に弱いので、ぶつけたり落としたりすると割れやすいのが懸念点。割れた箇所は錆が発生したり、熱で変形したりする恐れがあるので、そのまま使用すると大変危険です。保管場所や取り扱いには、十分注意しましょう。

サイズと深さをチェック

By: amazon.co.jp

天ぷら鍋を選ぶ際は、サイズもしっかり確認しておきたいポイントです。一人暮らしの方や少量の揚げ物を作りたい方には、16cmくらいのモノが便利。20cm以上の口径があるモノは、食材全体に油がしっかり行き渡ります。揚げ物をカラッと仕上げたい方におすすめです。

また、天ぷら鍋の深さも要チェック。深さのある鍋を使うと油がたっぷり入るため、食材を入れたときに温度が下がりにくくなります。浅すぎるモノだと油がハネてコンロに付いたり、火傷をしたりするリスクもあるので、注意しましょう。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

IHを使用している家庭の場合は、天ぷら鍋の材質もしっかりチェックしておきましょう。鉄やステンレス、ホーローなど、磁石にくっ付く素材であれば、対応できる場合がほとんどです。

一方、銅やアルミなど、磁石にくっ付かない素材で作られたモノはIHに対応できない場合があります。さまざまな金属を重ねて作られている「多層鍋」も、製品によってはIHで使用できないため、注意が必要です。

また、鍋底の形状によっても、IHで使えない場合があります。鍋底に脚が付いていたり底が丸かったりする天ぷら鍋は、IHのトッププレートに密着しないので、使用できません。IHが異常加熱する原因にもなるため、鍋底の形状を事前に確認してみてください。

温度計が付いているかチェック

By: amazon.co.jp

揚げ物をおいしく仕上げるためには、油の温度が肝心です。油の温度を調べるには、油の中に衣を落としたり、菜箸を入れたりする方法がありますが、揚げ物初心者にとっては難しいもの。また、ちょっと目を離した隙に温度が上昇しすぎると、食材が焦げたり発火したりする危険もあります。

温度計付きの天ぷら鍋を使えば、油の温度を把握しやすく、より安全性に配慮しながら揚げ物作りが可能。特に、揚げ物に慣れていない方や、高齢の方、幼児の世話をしながら揚げ物をしたい方におすすめです。

注ぎ口が付いていると便利

By: amazon.co.jp

揚げ物を作った後に面倒なのが、調理後の油を処分したりオイルポットに移したりする作業。特に、容量が大きい天ぷら鍋は傾けると液だれしやすいので、注意が必要です。

調理後の片付けを楽にしたい方は、油の注ぎ口が備わったモノを選ぶのがおすすめ。液だれしにくく、スムーズに注げます。

天ぷら鍋のおすすめメーカー

パール金属(PEARL METAL)

By: amazon.co.jp

パール金属は、1967年に新潟県三条市で設立した金属製品メーカー。フライパンや圧力鍋などの調理器具を中心に、企画・製造・販売を行っています。毎年多数のオリジナルアイテムを世に送り出している、有名メーカーです。

同社の天ぷら鍋は、優れた性能を有しながら、比較的手頃な価格で購入できるのが魅力。省スペースで保管できるモノや、オール熱源に対応できるモノまで、さまざまな製品がラインナップされています。リーズナブルで使い勝手のよい天ぷら鍋を探している方におすすめです。

和平フレイズ

By: amazon.co.jp

1951年に設立した和平フレイズは、キッチン用品の企画・販売を中心に行うメーカー。製品の開発にあたって、モニタリングや消費者から得た情報を精査しているのが特徴です。

また、同社のルーツである新潟県燕市は、江戸時代から和釘やヤスリ、キセルなどの製造加工技術に長けた町。特にステンレスの加工技術は、世界でもトップレベルとされています。

同社の天ぷら鍋は、培った技術を生かし、使いやすさと品質の高さを追求しているのが魅力。揚げ物の初心者から上級者まで使える便利なアイテムが、豊富にラインナップされています。

ティファール(T-fal)

By: t-fal.co.jp

ティファールは、1956年に設立したフランスの調理器具メーカー。アルミニウムにフッ素樹脂を加工し、世界で初めて「こびりつかない」フライパンを発売したメーカーとして有名です。

フライパンや鍋の取っ手が取れて重ねて収納できる「取っ手のとれるティファール」や、食材を入れるタイミングが分かりやすい「お知らせマーク」付きフライパンなど、画期的な製品を次々と発売しています。

同社のソースパンや深型フライパンなどは、特に人気の製品。揚げ物用の天ぷら鍋として代用する方も多くいます。ただし、250℃以上の高温調理を繰り返すと表面のテフロンが劣化しやすいので、温度計を入れて調理するのがおすすめです。

天ぷら鍋おすすめランキング|一人暮らし向け

第1位 和平フレイズ 天ぷら鍋 片手エコルタ ER-8920

鍋の表面にシリコン加工が施され、油汚れがつきにくいのが特徴。熱伝導率がよく使うほどに油馴染みがよくなる鉄を採用しているため、天ぷらやフライ料理にぴったりです。側面には注ぎ口が付いており、オイルポットへの移し替えもスムーズにできます。

鍋の直径は16cmで、一人暮らしの方に適した大きさ。蓋の裏側に揚げ網が付いており、少量の揚げ物の油切りもできます。クッキングヒーター用調理器具のSG認定を受けており、安全性も高い天ぷら鍋です。

第2位 ティファール(T-fal) 片手鍋 C99522

高品質な18-10ステンレスを採用した片手鍋。底面は熱伝導性の高いアルミニウムをステンレスで挟んでおり、食材にムラなく火を通せるように作られています。腐食や破損の原因となる空洞を作らないように加工され、耐久性に優れているのも特徴です。

ガス・電気プレートコイル・セラミックヒーター・IHなど幅広い熱源に対応しているのもポイント。鍋の直径は16cmで高さは14.3cmとコンパクトサイズなので、少量の揚げ物に適しています。また、揚げ物だけでなく煮込み料理やスープなどさまざまな用途もこなせる製品です。

第3位 アーネスト(Arnest) 天ぷら鍋 油ターン A-76826

2つの鍋と網皿がセットになった、コンパクトサイズの天ぷら鍋セット。網で濾してから鍋を重ねれば、オイルポットとして保管できます。取っ手が上を向いているため、収納時に場所を取りにくいのが特徴です。

鍋の素材は、お手入れがしやすく耐食性のあるステンレスを使用。金属加工で有名な新潟県燕市で作られており、耐久性にも優れています。鍋の直径は14cmで、使用する油の量が最小限で済むのも魅力です。

鍋本体の重さは約310gと軽量で、持ち運びやすいのも人気のポイント。熱源はガスだけでなく、IHやハロゲンヒーターなどにも対応しています。お弁当用などに少量の揚げ物を作りたい方におすすめの天ぷら鍋です。

第4位 TKG コージークック ホーロー ミニ天ぷら鍋

少しだけ揚げ物を作りたいときにおすすめの天ぷら鍋。ホーローで作られているため酸や塩分に強く、ニオイも移りにくいので衛生的に使えるのが特徴です。汚れも落としやすいので、後片付けもスムーズにできます。

取り外し可能な半月状の油きり網も付属。シンプルな白のデザインがおしゃれで、インテリアにも映えます。なお、本製品は底面の大きさが約11.5cmと小さめなので、コンロの形状をあらかじめ確認してから購入しましょう。

第5位 高木金属 天ぷら鍋 HO-TP16

本製品は、かわいいイラストがあしらわれたおしゃれな天ぷら鍋です。素材は温度が変わりにくく、腐食やニオイ移りにも強いホーローを採用。蓋の裏側にはステンレス製の網が付属しており、簡易的な天ぷらバットとして使えます。

鍋の直径は16cm、高さは9.8cmとコンパクトサイズで、少量の揚げ物にぴったり。ガスコンロはもちろん、IH200Vにも対応しています。使うのが楽しくなるようなデザインで、プレゼントにもおすすめの製品です。

第6位 杉山金属 ミニミニ天ぷら KS-2861

コンパクトサイズで、少量の揚げ物を作るのに適した鉄製の天ぷら鍋。内側にフッ素樹脂加工が施されているため、汚れがこびりつきにくく作られています。本体の重量は約470gと軽量なため、持ち運びやすいのも魅力です。

持ち手に穴が空いており、フックにかけて壁面収納することも可能。IHにも対応しているため、卓上IHコンロで揚げ物パーティーをするのもおすすめです。少量の揚げ物を気軽に作りたい方は、チェックしてみてください。

第7位 万年 m.design お弁当あげもの鍋 MAD-2

コンパクトな16cmの鍋に、油切り網と丸型バットが付属。バットには持ち手が付いており、揚げ物をサッと持ち運べます。すべてのアイテムを重ねられるので、省スペースで保管できるのも魅力です。

鍋の素材は、耐久性に優れ熱を逃しにくい鉄を使用。内側にはシリコンコートが施してあるため、汚れがこびりつきにくくお手入れがしやすく作られています。キッチンの収納スペースが限られている方や、片付けの手間をなるべくかけたくない方におすすめの製品です。

第8位 ヒロショウ ミニミニ天ぷら鍋 角型 MTS-SB3

天ぷら鍋だけでなく、ステンレス製バットが3枚付属している製品。バットに小麦粉・卵・パン粉が入れられるため、コロッケやヒレカツなどを作るのに適しています。キッチンペーパーや網を敷けば、油切りバットとしても使用可能です。

天ぷら鍋は角型のミニサイズなので、ほかの鍋やフライパンにぶつかりにくいのもポイント。丸鍋では揚げにくいアスパラやエビフライなど長さのある食材も、きれいに調理できます。鍋の内側にはフッ素樹脂加工が施され、後片付けのしやすいのも魅力の製品です。

第9位 ヨシカワ 栗原はるみ 天ぷら鍋 ダブルフライヤー HK10167

2つの揚げ鍋を順番に使える天ぷら鍋セット。一方をオイルポットとして使う場合は、もう一方を蓋として保管しておける仕様です。次回使用する際には、オイルを入れた鍋をそのまま火にかけられます。

鍋の内側には200・400・600mlに刻印が入っているので、油を入れる量がひと目で判断可能。鍋の両側に注ぎ口が付いているため、利き手を選ばずに使えます。揚げ網と濾し網も付属しており、初心者から料理好きの方まで幅広い層におすすめです。

第10位 岩鋳(IWACHU) フォンデュ兼用ミニ天ぷら鍋 南部鉄器 25011

職人たちがひとつずつ丁寧に作り上げた南部鉄器の天ぷら鍋。蓄えた熱を効率よく食材に伝え、食材を入れても油の温度が下がりにくいのが特徴です。鉄分が調理時に溶け出すので、鉄分不足が気になる方にも適しています。

しっかりとした重さがあるため、ガタつきにくく安定感も良好。独特の形状をした蓋を被せれば、油のはねを抑えつつ串カツなど棒状の食材を調理できます。なお、本製品はIHで揚げ物を作ることはできないので注意しましょう。

第11位 富士ホーロー(FUJIHORO) 2WAY ホーロー 片手 天ぷら鍋

油はねを抑えるリングを取り外せば、片手鍋としても使える天ぷら鍋。揚げ物以外にも、汁物や煮物などさまざまな料理を作りたい方におすすめです。鍋の直径は16cmで、1〜2人分の料理を作るのに適しています。

温度計が付属しているため、油の温度がひと目で判断可能。鍋の素材は白いホーローで作られており、食材の揚げ具合もしっかり分かります。鍋の持ち手と蓋のツマミが木で作られており、おしゃれなデザインも魅力です。

天ぷら鍋おすすめランキング|家族向け

第1位 パール金属(PEARL METAL) 天ぷら鍋 HB-1891

新潟県燕三条で作られたシンプルな鉄製天ぷら鍋。独自開発された幅広の注ぎ口は油を注いだときに液だれしにくく、油切れもよいのが特徴です。油切りに便利な網が付属しており、調理した揚げ物をサッと置いておけます。

鍋の直径は22cmで高さは12.5cmあり、3〜4人分の揚げ物が作りやすい大きさ。ガスはもちろん200VのIHやハロゲンヒーターなどオール熱源に対応しているのもポイントです。シンプルで使いやすいモノが欲しい方は、チェックしてみてください。

第2位 和平フレイズ 天ぷら鍋 燕三条発いいもの小路 TM-9090

蓋の裏に油切り用のワイヤーが付属し、揚げ物の油が切れる天ぷら鍋。調理後はそのまま蓋を閉じれば、油の保存容器としても使えます。鍋の周りに油はねカードが付いているので油が飛びにくく、後片付けがしやすいのも魅力です。

サイズは24cmで、たくさんの揚げ物を一度に作りたいときに便利な大きさ。温度計が付属しているため、揚げ物に適した温度がひと目で分かるのもポイントです。不必要なときは、温度計を外すこともできます。

鍋は熱伝導率の高い鉄で作られており、食材をカラッと揚げやすいのも魅力。ガスコンロだけでなく、IHにも対応しています。使い勝手のよさが追求されているため、揚げ物を作り慣れていない方にもおすすめの製品です。

第3位 富士ホーロー(FUJIHORO) 天ぷら鍋 ガラス蓋セット

おしゃれなデザインが魅力の天ぷら鍋。ホーローで作られているため鍋の内側が白く、食材の揚がる様子が見やすいのが特徴です。ガラス製の蓋が付属しており、揚げ物だけでなく鍋料理にも使えます。

鍋にオイルガードを取り付けられば、油の飛び跳ねを軽減可能。注ぎ口が付いているため、調理後の油の移し替えもスムーズにできます。付属の温度計は取り外しでき、汚れが気になるときは水洗いもでき衛生的です。

ガス・IH・ハロゲン・ラジエントヒーターなどの熱源に対応し、さまざまな調理環境で使用できるのもポイント。デザイン性だけでなく機能性も高いため、プレゼントにもおすすめの製品です。

第4位 田辺金具 からっと 銅のあげなべ 4000

新潟県燕三条の熟練の職人が作るこだわりの天ぷら鍋。熱伝導性に優れた銅を採用し、食材にまんべんなく熱を加えられるのが特徴です。カラッとした仕上がりにこだわりたい方や、揚げ上がりの色の美しさにこだわりたい方に適しています。

直径は20cmで、3〜4人分くらいまでの揚げ物が作りやすい大きさ。注ぎ口が付いているため、使用後の油の処理もスムーズにできます。たくさんの食材を入れても温度が下がりにくく、初心者にもおすすめの製品です。

第5位 ヨシカワ 味楽亭II フタ付き天ぷら鍋 SJ1024

揚げ物初心者でも調理しやすい工夫が凝らされている天ぷら鍋。蓋の裏に網が付属しており、天ぷらバットを使わなくても余分な油をカットできます。蓋にストッパーが付いているため天ぷらを載せてもひっくり返りにくく、安定感も良好です。

200℃まで測れる温度計が付いており、油の温度がひと目で分かるのもポイント。鍋に注ぎ口があるため、調理後の油の処理もスムーズにできます。蓋と本体は取り外せるので隅々まで洗いやすく、衛生面が気になる方も安心です。

IHも含めあらゆる熱源に対応しており、調理環境を選ばずに使えます。製品安全協会によるSGマークも取得しているため、安全性が高いのも魅力です。

第6位 ヨシカワ あげた亭 温度計付天ぷら鍋 SH9257

200℃まで測れる温度計と油を飛びにくくするガードが付いた天ぷら鍋。ガードには揚げ油の適温が食材のイラストと一緒に描かれており、初心者にも揚げ物を作りやすいのが特徴です。油はねガードと温度計は取り外せるので、お手入れのしやすさにも配慮されています。

注ぎ口が付いているため、調理後の油を移し替えやすいのも魅力。ガスコンロだけでなく、IHやハロゲンヒーターなどの電気調理器にも対応しています。揚げ物を作る機会の多い方から初心者まで幅広い層におすすめの製品です。

第7位 フジノス エレックマスタープロ 天ぷら鍋 116567

プロの料理人のアドバイスにより開発された200VIH対応の天ぷら鍋です。IHクッキングヒーターに触れる外側面は熱伝導性の高い18-0ステンレスを採用。発生した熱は内部のアルミがすばやく全体に伝えるため、短時間で適温に達します。

IHはもちろん、ラジエントヒーターやハロゲンヒーターなどの電気調理器にも対応。SGマークを取得しており、安全性にこだわりたい方にもおすすめです。電気調理器でおいしく揚げ物を作りたい方はチェックしてみてください。

第8位 匠JAPAN 日本製 天ぷら鍋 MGTE24

内側と外側の両面に細かな凹凸を付けた独自開発の「マグマプレート」を採用。凹凸により表面積が増えるため、鍋全体にすばやく熱が通ります。また、使うほどに油馴染みがよくなり、食材が焦げ付きにくくなるのも魅力です。

鍋から鉄分が溶け出すため、食材と一緒に鉄分が摂取できるのもポイント。鍋の直径は24cmで高さも15cmあるため、一度にたっぷりの揚げ物が作れます。揚げ物を作る機会の多い方や耐久性に優れた天ぷら鍋が欲しい方は、チェックしてみてください。

第9位 中尾製作所 アルミ 打出 揚鍋

業務用アルミニウム・ステンレス調理器具を扱う「中尾製作所」の天ぷら鍋。アルミを叩いて圧縮させているため、通常の1.5〜2倍の強度があると謳われています。表面積が増えるので熱伝導率も高くなり、食材にすばやく熱を通せるのが特徴です。

鍋の直径は24cmと大型サイズながら、約0.8kgと軽量で取り扱いやすいのも魅力。打ち出しのデザインは高級感があり、プロ仕様の道具で揚げ物を作りたい方におすすめです。

第10位 ウルシヤマ金属 揚げ鍋 アミ付 12141

側面は薄く底面は厚く作られた、特殊形状のステンレス製天ぷら鍋です。ステンレスの保温力で油の熱が下がりにくく、食材をカラッと揚げられるのが特徴。ガス・IH・シーズヒーターなどさまざまな熱源にも対応しています。

付属の油切り網は、耐熱性と耐久性に優れた鉄を採用。簡単に取り外せるので、お手入れがしやすいのも魅力です。シンプルで使いやすいモノが欲しい方は、チェックしてみてください。

第11位 サミット工業 IHたっぷり深型揚げ鍋 フタ付き

15cmの深さがあるため、たっぷりの油で揚げられるのが特徴。食材を入れても油の温度が下がりにくいため、カラッとおいしく揚げられます。ガスやIHなどさまざまな熱源で使えるのもポイントです。

素材は蓄熱性と伝導性が高い鉄を採用。表面にシリコン加工が施されているため、使用前の空焚きが必要ありません。汚れがこびりつきにくいので、調理後の後片付けもスムーズにできます。シンプルで使いやすい天ぷら鍋が欲しい方におすすめの製品です。

天ぷら鍋の洗い方

By: amazon.co.jp

天ぷら鍋を長持ちさせるためには、使用後の丁寧なお手入れが大切です。まず、鍋の油をオイルポットに注ぐなどで、すべて取り出します。その後、キッチンペーパーで鍋に残った油を吸い取りながら、鍋内部を拭きましょう。

何度かペーパーを取り換えて油を拭き取ったら、後はぬるま湯に浸けて食器用洗剤で洗うだけ。鉄製の場合は、油なじみが重要なので、洗浄・乾燥後に少量の油を付けたペーパーで鍋内部をなぞっておくのがおすすめです。

また、天ぷら鍋が焦げ付いてしまった場合は、重曹を使ったお手入れも検討してみてください。重曹はアルカリ性のため、酸性の油汚れを落としやすくします。やり方は、天ぷら鍋に大さじ4杯程度の重曹を振り入れて、10分後にお湯で洗浄するだけです。焦げ付きがひどいときは、重曹とお湯を入れて沸騰させ、冷めてからスポンジでこすると落としやすくなります。