みそ汁やスープを作ったり、煮物を作ったりする際に便利な「雪平鍋」。さまざまな料理に使えるので、家庭にひとつあると重宝する調理器具です。

一方で、製品は材質やサイズなどが異なり、購入を検討している方にとってはなかなか悩ましいもの。そこで今回はおすすめの雪平鍋をご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

雪平鍋とは?

By: amazon.co.jp

雪平鍋とは、注ぎ口と持ち手のついた小ぶりな片手鍋のこと。汁ものを調理するのはもちろん、炒め物や揚げ物など、さまざまな料理にも対応できる便利なアイテムです。また、フタがないのも雪平鍋の特徴のひとつ。熱伝導率がよく、食材に早く火が通るのも魅力です。

なお、採用されている材質によっては、黒ずんだり焦げ付いたりすることがあるので、購入する際は使い方やお手入れ方法も事前に確認しておきましょう。

雪平鍋の選び方

材質で選ぶ

雪平鍋を選ぶ際にまずチェックしたいのが材質。材質の違いは使い勝手に影響してくる部分なので、しっかりと把握しておきましょう。

1.アルミ

By: amazon.co.jp

雪平鍋の材質でもっともポピュラーなのがアルミ製。比較的価格帯がリーズナブルではあるものの、熱伝導率がよく、食材への火の回りが早いので調理時間が短く済むのがメリットです。一方で、熱伝導率のよさゆえに焦げ付きやすいのがデメリット。この点はぜひ留意しておきましょう。

2.ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス製の雪平鍋は耐久性が高いのが特徴。丈夫なので長く愛用できるほか、サビや焦げ付きにも強く、お手入れが簡単なのもメリットです。蓄熱性に優れているので、煮込み料理に適しています。ただ、熱の通りがやや遅いため、調理に時間がかかってしまうのが懸念点です。

3.銅

By: amazon.co.jp

熱伝導率、蓄熱性ともに優れているのが銅製です。例えば、焼き物なら外はパリッと中はふっくら、煮物なら芯まで柔らかく、素材のよさを存分にいかした調理が可能。頻繁に調理をする方におすすめです。

ただ、やや重さがあるので、片手で取り扱うにはストレスを感じることがあります。また、お手入れや使用方法にもコツがあるため、使用する前にはしっかりと下調べをしておきましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

雪平鍋は、小ぶりなものから30cmほどの大きなものまで、さまざまなサイズが揃っています。選ぶ際には、どんな調理に使うか、何人分の料理に使うかなどを考慮して選ぶのがおすすめです。

例えば、16〜18cmの雪平鍋なら、みそ汁やインスタントラーメンを作るのにちょうどいい大きさです。家族で使うなら、余裕のある20cmくらいのものを選べば、さまざまな料理に対応できます。

対応熱源の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

雪平鍋のなかには、IHクッキングヒーターに対応している製品もあります。なお、アルミ製と銅製の雪平鍋はIHに対応している製品がほとんどないので注意が必要。ぜひ選ぶ際は考慮しておきましょう。

雪平鍋についた黒ずみの落とし方

アルミ製の雪平鍋は、使用していくうちにだんだんと黒ずんでいってしまいます。これは、アルミが酸化することが要因です。

対応策とは、黒ずんだ雪平鍋にクエン酸と水を入れ、火にかけたら、中火でしばらく煮るのがおすすめ方法。たったこれだけで、黒ずみがすっかりキレイになります。ポイントは酸性の液体を使うこと。なお、クエン酸のほかに、お酢やレモン、リンゴなども使えます。酸には雪平鍋の黒ずみを薄くする効果が期待できるので、ぜひ試してみてください。

雪平鍋のおすすめ9選

ヨシカワ 雪平鍋

雪平鍋の定番モデル。ハンドルが木なので加熱した後も熱くならず、優しい手ざわりが使いやすいと評判のアイテムです。注ぎ口が両側にあるため、左利きの方でも安心。汁ものを移す際もこぼしにくく、快適に使えるのもポイントです。

雪平鍋の内部には目盛りがついているので、分量の目安がわかりやすく、みそ汁やスープを作る際にとても便利。ステンレス製なのでお手入れも簡単で、丈夫なので長く愛用できるのも魅力。ガスだけでなくIHにも対応しているため、汎用性の高さも特徴です。

谷口金属 和の職人 深型ゆきひら鍋

日本の職人がひとつひとつ丁寧に仕上げた雪平鍋。2.2mmもの厚みをもたせることにより、蓄熱性と耐久性が高いのが特徴です。

材質はアルミなので熱伝導率がよく、お湯も早く沸かせます。また、表面にアルマイト被膜加工を施してあるため腐食しにくく、長く使い続けられるのもポイントです。

なお、木製のハンドル部分は別途交換することが可能。ハンドル部分の金具と鍋本体は一体化しているので安全性にも配慮しています。使い勝手のよいおすすめの雪平鍋です。

パール金属 雪平鍋

現代的なデザインの雪平鍋。材質はアルミなので軽く、熱伝導率も良好なので、スピーディな調理にもしっかり対応できます。お湯も短時間で沸かせるので、ちょっとした合間に活用する際にも便利です。

雪平鍋の内部にはマーブルフッ素コーティングを施しており、こびりつきにくいのが特徴。煮る以外にも、炒めたり焼いたりといった調理もカバーできます。コーティングは4層構造で耐久性に優れており、金属ヘラも使用も可能。お手入れもスポンジでサッと洗うだけと手間いらずです。気軽に使える雪平鍋を探している方はぜひチェックしておきましょう。

遠藤商事 業務用 雪平鍋

ツヤのある鏡面仕上げの表面とステンレスの持ち手がスタイリッシュな雪平鍋。「キッチン周りはシンプルな調理器具で揃えたい」という方におすすめです。

材質はステンレスですが、内部に熱伝導率に優れた軟鉄を挟んでいるのが特徴。この工夫により、ステンレスの丈夫さやお手入れのしやすさといった長所を生かしつつ、熱伝導の悪さをカバーしています。

ステンレス製の持ち手は、特殊構造により調理中も熱くなりにくのがポイント。木製やプラスチック製の持ち手は長期間使うと劣化が気になりますが、ステンレス製なら安心して使い続けることができます。

雪平鍋の内部には目盛りがついているので、計量カップを使わずとも調理することが可能。サイズのラインナップは16、18、20、22、24cmが揃っています。

宮崎製作所 ジオ 行平鍋

料理評論家としてたびたびメディアに登場する服部幸應氏がスーパーバイザーを務めている「ジオ・プロダクトシリーズ」。本製品は同シリーズの行平鍋(雪平鍋)です。

「全面7層構造」を採用しており、品質は良好。全体にムラなく熱を伝えることができ、少ない熱量で素早く調理することができるのが特徴です。また、材質はステンレスで、オール電化に対応しているのもポイント。電子レンジを除く、ガスやIH、オーブンなどでスムーズに使えます。

フチは液だれしにくいフォルムで、スープなどを移すのも容易。また、フチや鍋底をフラットにすることで、お手入れしやすいように工夫されています。やや価格は高めですが、満足度の高い調理器具を揃えてたい方におすすめです。

北陸アルミニウム ユキヒラ デミプロキッチン

アルミ材質の雪平鍋。軽くて、取り回しが楽にできるのが特徴です。サテン仕上げの鍋肌は高級感があるほか、傷が付いても目立たないので気兼ねなく使えるのもポイント。なお、ワイヤーハンドルはステンレス製です。

鍋内部にはフッ素コーティングを施してあるので、焦げ付きやこびりつきが少ないのも魅力。使用後は、スポンジで簡単に洗い落とすだけなので、手間がかからないのもおすすめしたい点です。

煮る・焼く・茹でるなどの使用方法はもちろん、鍋ごとオーブンに入れられるので使い勝手は良好。価格もリーズナブルなので、お得感の高い雪平鍋を求めている方におすすめです。

和平フレイズ 燕三 雪平鍋

つや消し加工の表面とフラットなデザインが特徴の雪平鍋。シンプルなフォルムで、長く愛用できるスタンダードなアイテムです。

素材はステンレスを使用しており、丈夫でお手入れが簡単。熱伝導に優れ、短時間でお湯を沸かせます。また、鍋底全体に均等に熱が伝わり、食材をムラなく加熱できるため、料理をおいしく、美しく仕上げられるのもポイントです。

板厚はあえて厚めにし、適度な重みをもたせることで安定感も良好。IHにも対応しているので、初めて雪平鍋の購入を検討している方にもおすすめです。

宮崎製作所 オブジェ アルミコア ゆきひら鍋

まるで鏡のようにピカピカに磨き上げられた表面が目を引く雪平鍋。高級感と清潔感があり、キッチンに映えるアイテムです。お手入れには、柔らかいスポンジを使うのがおすすめ。凸凹のないシンプルなフォルムで使いやすさと洗いやすさを両立しているのも特徴です。

素材はステンレスに、熱伝導のよいアルミを挟んだ3層構造。厚みを持たせ、熱の伝わりを優しくすることにより、焦げ付きにくくなっています。IHにも対応しているので、使い勝手は良好です。

汁物などもスムーズに対応できることや取っ手が持ちやすいところもポイント。やや重さはありますが、デザイン重視で選びたい方は要チェックの調理器具です。

ウルシヤマ金属工業 ゆきひら鍋

光沢のある美しい鍋肌と、なめらかなアーチを描く持ち手が印象的な雪平鍋。少し長めに設計された持ち手は、たっぷり料理が入った状態でも重みを感じにくく、取り回しは良好です。

雪平鍋の内部にはテフロン加工を施してあるので、焼き物などにもスムーズに対応することが可能。焼いた後に煮込むような調理も、この雪平鍋ひとつでできるので、洗い物も少なく済みます。

また、内部には目盛りがついているので計量カップを使う手間がないのもポイント。黒い鍋肌に白い目盛りが施されているので見やすさにも配慮しています。

素材は、耐久性と保温性に優れたステンレスを外側に、熱伝導性のよいアルミニウムを内側に使用した2層構造。2つの金属の長所を生かし、食材をすばやく、ムラなく加熱できます。