中華料理店の広い厨房で使われているイメージの強い「中華鍋」。小さめのサイズで、扱いやすい製品も充実しており、コンロの大きさや作る分量にあわせて選択すれば、自宅でも使えます。また、幅広い調理法に対応し、本格的な中華料理だけでなく定番の家庭料理にも活用可能です。

そこで今回は、おすすめの中華鍋をご紹介します。種類や選び方についても解説しているので、自分にぴったりのモノを選ぶ参考にしてみてください。

中華鍋の種類

広東鍋

By: rakuten.co.jp

広東鍋は、鍋の持ち手が両側に付いているのが特徴。鍋底の丸みが浅く、左右対称でバランスが取りやすいので、コンロに置いたときに安定感があります。重心が鍋の中央にくることでぐらつきにくく、揚げ物などの調理におすすめです。

また、食材を多く使う炒め物などでは、調理面積が広いことでムラなく均一に火が通ります。持ち手をしっかりと掴み、揺らすように食材を混ぜるので、慣れるまでは少し扱いが難しいかもしれませんが、さまざまな料理に対応できる使い勝手のよい中華鍋です。

北京鍋

By: amazon.co.jp

鍋の丸みに傾斜があるため、広東鍋に比べて鍋底が深く、鍋の持ち手がひとつであることが特徴の北京鍋。フライパンと似た形状なので扱いやすく、はじめて中華鍋を購入する方にもおすすめです。

また、片手で鍋を振れるので、少ない量を調理する場合にも便利。ただし、持ち手に長さがあることでバランスを崩しやすいので、取り扱いには注意しましょう。

中華鍋の選び方

素材で選ぶ

料理の仕上がりを重視するなら鉄製

By: amazon.co.jp

熱伝導率が高く、強火で鍋全体を素早く熱する鉄製の中華鍋は、食材にムラなく火が通せます。そのため、素材の水分が閉じこめられ、炒め物の場合は野菜をシャキッと揚げ物の場合は衣をカリッと仕上げられるのが魅力。

また、鉄製の中華鍋は、お手入れを怠らなければ、使えば使うほど鍋に油がなじみ、食材が焦げ付きにくくなるのもポイントです。こまめなお手入れが必要な製品ですが、自分だけの中華鍋を「育てる」という楽しみも味わえます。

軽さを重視するならチタン製

By: rakuten.co.jp

チタン製は、鉄に比べて軽量なので手首や腕への負担が軽減できます。また、錆びにくくお手入れが簡単なのも魅力。さらに耐熱性が高く、強火の調理にも適しています。

ただし、鉄製に比べて劣るのが熱伝導率と油なじみ。また、チタンは強度が高く、その加工には高度な技術が必要なため、高価なモノが多いというデメリットもあります。とはいえ、丈夫で錆びにくく軽量な中華鍋なので、はじめて使う方にはおすすめです。

サイズと重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

中華鍋は、チャーハンや野菜炒めなど量の多い炒め物に使われることが多い鍋です。そのため、勢いよく鍋を振っても中の具材がこぼれないくらい、ゆとりのあるサイズを選ぶ必要があります。

そこで、中華鍋を選ぶときは通常のフライパンよりもひと回り大きなサイズを選びましょう。2人分の料理を作るなら28〜30cm、3〜5人分であれば30〜33cmがおすすめです。それ以上に大きな中華鍋だと使用していない方のコンロまで塞いでしまうことがあるため、注意しましょう。

また、中華鍋のサイズが大きくなれば、それだけ重量も重くなります。重くなると振るのが大変で腕に負担をかけてしまうため、問題なく振れる重さの中華鍋を選びましょう。一般的に鉄製の中華鍋は重く、チタン製の中華鍋は軽い傾向にあります。

持ち手の形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

中華鍋には、持ち手部分が鍋と同じ素材でできたモノと、持ちやすいよう別の素材で加工されたモノがあります。鍋と同素材の持ち手はぐらつきにくく、長期間使い続けていても安心なのが魅力。鉄製中華鍋の多くはこのタイプで、鍋を熱すると持ち手も熱くなるため、事前に手を守る鍋掴みなどを準備しておきましょう。

一方、持ち手部分に熱を通しにくい素材を使い、素手でも持てる中華鍋もあります。手になじむ素材で使いやすく、利便性を重視する方におすすめ。ただし、長く使い続けることでつなぎ目がゆるみ、ぐらついてしまうほか火傷や事故につながる恐れもあります。その場合は、すぐに持ち手部分を修理するか、早めの買い替えがおすすめです。

また、持ち手部分が先に劣化することを想定し、取り替え可能なモノもリリースされています。使う頻度と安全性を考慮したうえで、好みのタイプを選択しましょう。

IH対応かどうかチェック

By: amazon.co.jp

中華鍋は底が丸くなっているため、基本的にIHコンロでは使用できません。しかし、最近ではIHコンロでも使える底が平らな中華鍋が登場しているため、IHで使用したい方は購入する前に対応熱源を確認しておきましょう。

ただし、IH兼用の中華鍋を使用すると通常の中華鍋のような使い方ができないことがあります。ガス火メインで使いたい方にはガス火専用の製品がおすすめです。

中華鍋のおすすめ

山田工業所 鉄打出 両手中華鍋 30cm

山田工業所 鉄打出 両手中華鍋 30cm

ガス火専用の鉄製中華鍋。両手で使う広東鍋で、本格的な中華料理を自宅で楽しみたい方に向いています。

鉄を叩き出して仕上げる打ち出し式を採用しているのが特徴。中華鍋の底は厚く、側面は薄く作られているため、火に接する面の厚さを変えながら中身全体に熱を伝えられます。

また、細かい凸凹があるため油なじみがよく、焦げ付きにくいのもポイント。本格的な中華鍋をはじめて購入される方にもおすすめです。

パール金属(PEARL METAL) 中華鍋 30cm H-8985

パール金属(PEARL METAL) 中華鍋 30cm H-8985

ガス火専用、広東鍋タイプの中華鍋。やや底が浅いため振りやすく、本格的な中華料理のほか大人数の炒め物を作るときにも活躍します。手頃な価格で購入できるため、はじめて中華鍋を購入する方にもおすすめです。

鉄製なので油なじみがよく、高温調理に適しています。長く使い続けることで使いやすさが高まるので、長年料理のパートナーとなってくれる中華鍋の購入を考えている方はチェックしてみてください。

イービーエム(EBM) 鉄ブルーテンパー プレス 中華両手鍋 30cm

イービーエム(EBM) 鉄ブルーテンパー プレス 中華両手鍋 30cm

表面にショット加工が施された、鉄製の中華鍋。広東鍋表面に凹凸があることで、油が素早くなじみます。サイズは30cmで大きすぎず、大人数の炒め物やチャーハンを一気に仕上げられるのが特徴です。

また、フライパンなどを作るために開発されたブルーテンパー材を素材に採用しているのもポイント。鉄製ながら錆びにくく、長年快適に使い続けられます。中華鍋や鉄製の鍋を使ったことがない初心者にもおすすめです。

イービーエム(EBM) 純チタン 中華両手鍋 30cm

イービーエム(EBM) 純チタン 中華両手鍋 30cm

チタン製の広東鍋。通常900g〜1kg前後になる鉄製の中華鍋に比べ、300g程度軽いのが特徴です。強火にしながら鍋を大きく動かす中華料理の調理でも、腕に負担をかけにくいというメリットがあります。なるべく軽い中華鍋を購入したい方におすすめです。

また、耐食性に優れているのもポイント。錆びにくく清潔に使えるため、長く使える中華鍋を探している方にも適しています。表面にショット加工が施されていることで、油なじみがよいのも魅力です。

クリステル(CRISTEL) ノンスティック中華鍋 28cm WOKT28QE

クリステル(CRISTEL) ノンスティック中華鍋 28cm WOKT28QE

アルミニウムやステンレスの表面に、ノンスティックコーティングを施した広東鍋。熱伝導性が高く、食材に熱を均一に伝えるため料理を美味しく仕上げられます。深さがあるので炒め物だけでなく、揚げ物にも活用可能。あらゆる料理に使える中華鍋を探している方におすすめです。

また、サイズが28cmとコンパクトなのもポイント。隣のコンロに侵入せず快適に使えるので、一人暮らしの方にもおすすめ。表面にコーティングされているため、お手入れしやすい中華鍋です。

岩鋳(IWACHU) 南部鉄器 中華鍋 28cm 21053

岩鋳(IWACHU) 南部鉄器 中華鍋 28cm 21053

しっかりと分厚く作られているのが特徴的な、鋳鉄製の広東鍋。厚みがある分ずっしりとした重さがありますが、中華鍋全体が熱を抱えて高温状態をキープするので、激しく振らなくても食材から余分な水分を出さずに調理できます。

重い中華鍋をたくさん振るのが疲れるという方や、ベチャベチャしない野菜炒めやパラパラのチャーハンを作りたい方におすすめです。また、中華鍋表面に鋳鉄ならではの細かい凸凹があるのもポイント。油なじみをよくして、食材の焦げ付きを防ぎます。

後藤金属工業 鉄人シリーズ 中華鍋 33cm

後藤金属工業 鉄人シリーズ 中華鍋 33cm

丈夫な鉄製の広東鍋。十分な深さがあるので、炒め物だけでなく揚げ物も難なく調理できます。33cmと大きめのサイズで、3〜5人分のチャーハンや野菜炒めもこぼさず調理できるのが特徴。大人数用の調理を頻繁にする方におすすめの中華鍋です。

ハンドルは中華鍋と異なる素材でできていますが、中華鍋のサイズに応じて最適な太さのハンドルを複数のカシメで留めているので、ぐらつきにくいのが魅力。強度が高く、長期間快適に使えます。

南部鉄器 中華鍋 30cm

南部鉄器 中華鍋 30cm

蓄熱性に優れた南部鉄器製の広東鍋。素早く食材に火を通すことに加え、予熱調理もできます。炒め物・揚げ物・煮物・蒸し物などに幅広く対応できるのがポイント。高温調理が欠かせない中華料理を本格的に仕上げたい方や、あらゆる料理に使える万能な中華鍋を探している方におすすめです。

ガス火だけでなく、IHに対応しているのも魅力のひとつ。IHのキッチンでも使える中華鍋を購入したいと考えている方に向いています。

山田工業所 鉄打出片手中華鍋 33cm

山田工業所 鉄打出片手中華鍋 33cm

鉄製鍋で人気を集める山田工業所の北京鍋。フライパンと似た形状で、はじめて中華鍋を購入する方でも使いやすいのが特徴です。職人が約5000回も叩き上げることで作り上げているのがポイント。丈夫で中華鍋表面の凸凹によって油がよくなじみます。

また、熱伝導がよいため食材に素早く均一に火が通るのもポイント。食材から余分な水分が出る前に調理を終えられるので、野菜炒めやチャーハンもベチャベチャしません。しっかりと深さがあり、33cmと大きめサイズの中華鍋なので、大人数分の炒め物もこぼさず作れます。

遠藤商事 プレス北京鍋 30cm APK12030

遠藤商事 プレス北京鍋 30cm APK12030

30cmと大きすぎず小さすぎないサイズで、あらゆる人数の調理に対応できる鉄製の北京鍋。十分な深さがあるので、炒め物・煮物・蒸し物・揚げ物など幅広い料理に使用できます。料理のレパートリーを広げるパートナーとなる中華鍋を探している方におすすめです。

手によくなじむ木製のハンドルを採用しているのもポイント。握りやすいため振りやすく、快適な調理をサポートしてくれます。扱いやすさを重視して中華鍋を選びたい方におすすめです。

エポラス(Eporasu) ファンシア 鉄製木柄北京鍋 30cm お玉付き FAN-30P

エポラス(Eporasu) ファンシア 鉄製木柄北京鍋 30cm お玉付き FAN-30P

900g〜1kgある一般的な鉄製中華鍋に比べ、835gという軽量設計を実現した北京鍋。余分な厚みを排除することで、軽くしています。腕に負担をかけにくく、疲れやすい方でも調理を楽しめるのが魅力。

中華鍋本体と同じ鉄を採用したお玉が付いているのもポイントです。熱に強く、高温調理でも快適に使用できます。中華鍋もお玉もハンドルに天然木を採用しているため、握りやすいのもメリット。使い勝手のよさを追求した中華鍋です。

バッラリーニ(Ballarini) アルバ ウォック 30cm 75001-879

バッラリーニ(Ballarini) アルバ ウォック 30cm 75001-879

30cmと大きすぎず小さすぎないサイズの北京鍋。深さがあるので、大人数分の炒め物をするときもこぼさず使えます。アルミニウムやステンレスを採用しているため、油が少なくても食材が焦げ付きにくい中華鍋です。

ガス火はもちろん、IHなどあらゆる熱源に対応しているのも嬉しいポイント。IHだからと中華鍋の使用を諦めていた方でも、安心して使えます。ハンドルにはステンレスを採用し、熱くなりにくいよう設計されているのもおすすめできる理由です。

和平フレイズ 鉄製北京鍋 27cm AD-656

和平フレイズ 鉄製北京鍋 27cm AD-656

一般的な鉄製の中華鍋よりも100〜150gほど軽い北京鍋。持ち上げやすく振りやすいため、腕が疲れやすい方におすすめの中華鍋です。はじめて中華鍋を購入する方にも向いています。

また、黒皮鋼板を素材に採用しているので、赤錆びを防ぎやすいのもポイント。耐久性に優れているため、きちんとお手入れすることで長く快適に使い続けられます。

さらに、多孔質なので油なじみがよく、食材全体に油を行き渡らせることが可能。中華鍋に食材が焦げ付きにくいモデルを探している方におすすめです。

イービーエム(EBM) 純チタン 中華片手鍋 27cm

イービーエム(EBM) 純チタン 中華片手鍋 27cm

純チタン製の北京鍋です。460gと非常に軽く、鉄製の中華鍋と比べると約半分の重量。手首や腕全体に負担をかけずに使えるので、重い中華鍋を振るのが難しい方や、手軽に使えるチタン製の中華鍋を探している方におすすめです。

中華鍋表面にはショット加工が施されているため、凸凹によって油なじみがよくなり、食材全体に油を行き渡らせます。ハンドルが中華鍋本体と一体化しているので、劣化して壊れることなく使い続けられるのもおすすめポイントです。

エポラス(Eporasu) 陳 健一 共柄北京鍋 26cm CK-424

エポラス(Eporasu) 陳 健一 共柄北京鍋 26cm CK-424

中華の鉄人御用達の北京鍋。約740gと鉄製中華鍋のなかでも非常に軽い設計です。腕に負担をかけずに中華鍋を振れるため、快適に調理できます。鉄の丈夫さや熱伝導のよさは魅力的だけど、重い中華鍋は使いにくいと考えている方におすすめです。

表面にシリコン焼き付け塗装を施しているのもポイント。面倒な鉄製中華鍋の空焼きをしなくても、使い続けることによって自然と塗装が摩耗し、油なじみがよくなっていきます。人体に影響がない塗装を施しているのも嬉しいポイントです。

タマハシ 魚菜 共柄北京鍋 27cm 60808

タマハシ 魚菜 共柄北京鍋 27cm 60808

厚さを抑えることで、通常の鉄製中華鍋よりも軽い790gという軽量を実現した北京鍋。27cmとややコンパクトなサイズで、コンロを圧迫せず1〜2人分の炒め物や揚げ物を作れます。しっかりと深さがあるので、揚げ物にも対応可能。なるべく小さくて軽い中華鍋を選びたい方におすすめです。

ハンドルが中華鍋と一体化しているので、強度が高く壊れにくいのもポイント。耐久性の高さを重視したい方におすすめです。

スキャンパン(SCANPAN) CTX ウォック 32cm

スキャンパン(SCANPAN) CTX ウォック 32cm

32cmと大きめサイズの北京鍋。3〜5人分の料理も一度に作れるサイズです。ステンレスやアルミニウム、チタン合金などを素材に採用しているため、ガス火だけでなく、IHやオーブンなどあらゆる熱源に対応しているのがポイント。IHで使える中華鍋を探している方におすすめです。

中華鍋表面にはフッ素樹脂加工が施されているので、油を使わなくても快適に調理可能。熱伝導性と保温性の両方に優れているため、素早く食材に熱を与えて料理を美味しく仕上げられます。

フジノス フジIH中華鍋DX 31cm 106476

フジノス フジIH中華鍋DX 31cm 106476

ハンドルと反対側にサポート用のコンパクトなハンドルがついた北京鍋。料理中はフライパンのように、そして盛り付けや食器洗いのときは両手鍋のように持てます。使い勝手にこだわった中華鍋を探している方におすすめです。

ガス火はもちろん、IHやハロゲンヒーターといったあらゆる熱源に対応しているのがポイント。IHだからと中華鍋の使用を諦めていた方も安心して使えます。油が少なくても食材が焦げ付きにくく、快適に調理可能な中華鍋です。

北陸アルミニウム(HOKUA) IH ウー・ウェンパン 28cm

北陸アルミニウム(HOKUA) IH ウー・ウェンパン 28cm

アルミニウム合金を素材に採用した北京鍋。中華鍋の内面にテフロン加工を施しているので、食材がこびりつきにくく、食器洗いの際も簡単にお手入れできます。底面には鉄も採用しているため、素早い熱伝導と保温性の高さを両立させているのが特徴です。

また、ハンドルに天然木を採用することで、握りやすいのもおすすめポイント。中華鍋を持ち上げたり振ったりしても、ハンドルが手になじんで安全に使えます。動かすことで蒸気の量を調整できる蓋が付属し、あらゆる料理に使えるのも魅力です。