中華料理店の広い厨房で使われているイメージの強い「中華鍋」。小さめのサイズで、扱いやすい製品も充実しており、コンロの大きさや作る分量にあわせて選択すれば、自宅でも使えます。また、幅広い調理法に対応し、本格的な中華料理だけでなく定番の家庭料理にも活用可能です。

そこで今回は、おすすめの中華鍋をご紹介します。種類や選び方についても解説しているので、自分にぴったりのモノを選ぶ参考にしてみてください。

中華鍋の種類

広東鍋

By: amazon.co.jp

広東鍋は、鍋の持ち手が両側に付いているのが特徴。左右対称でバランスが取りやすく、鍋底の丸みが浅いのでコンロに置いたときに安定感があります。また、鍋の中央に重心があるためぐらつきにくく、揚げ物などの調理におすすめです。

調理面積が広いので、食材を多く使う炒め物などにもムラなく均一に火が通せます。食材を混ぜるには、持ち手を掴んで揺らすようにするため慣れが必要ですが、さまざまな料理に対応できる使い勝手のよい中華鍋です。

北京鍋

By: amazon.co.jp

北京鍋は鍋の丸みに傾斜があるため、広東鍋に比べて鍋底が深く、鍋の持ち手がひとつなのが特徴。フライパンと似た形状なので扱いやすく、はじめて中華鍋を購入する方にもおすすめです。

片手で鍋を振れるので、少ない量を調理する場合にも便利。ただし、持ち手が長いためバランスを崩しやすく、取り扱いには注意が必要です。

中華鍋の選び方

素材で選ぶ

料理の仕上がりを重視するなら鉄製

By: amazon.co.jp

熱伝導率が高く、強火で鍋全体を素早く熱する鉄製の中華鍋は、食材にムラなく火が通せます。そのため、素材の水分が閉じこめられ、炒め物の場合は野菜をシャキッと、揚げ物の場合は衣をカリッと仕上げられるのが魅力です。

鉄製の中華鍋は、お手入れを怠らなければ、使えば使うほど鍋に油がなじみ、食材が焦げ付きにくくなるのもポイント。こまめなお手入れが必要ですが、自分だけの中華鍋を「育てる」という楽しみも味わえます。

軽さを重視するならチタン製

By: amazon.co.jp

チタン製は、鉄に比べて軽量なので手首や腕への負担を軽減可能です。錆びにくく手入れが簡単なのも魅力。また、耐熱性が高いため強火の調理にも適しています。

鉄製に比べて劣るのが熱伝導率と油なじみ。また、チタンは強度が高いので加工には高度な技術を必要とし、高価なモノが多いというデメリットもあります。

丈夫で錆びにくく軽量な中華鍋なので、はじめて使う方におすすめです。

サイズと重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

中華鍋は、チャーハンや野菜炒めなど量の多い炒め物に使われることが多い鍋です。そのため、勢いよく鍋を振っても中の具材がこぼれないように、ゆとりのあるサイズを選ぶ必要があります。

2人分の料理を作るなら28〜30cm、3〜5人分であれば30〜33cmがおすすめです。それ以上に大きな中華鍋では隣のコンロを塞いでしまうことがあるため、注意しましょう。

また、中華鍋のサイズが大きくなれば、それだけ重量も重くなります。重くなると振るのが大変で腕に負担をかけてしまうため、問題なく振れる重さの中華鍋を選びましょう。一般的に鉄製の中華鍋は重く、チタン製の中華鍋は軽い傾向にあります。

持ち手の素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

中華鍋には、持ち手部分が鍋と同じ素材でできたモノと、持ちやすいよう別の素材で加工されたモノがあります。鍋と同じ素材の持ち手はぐらつきにくく、長期間使い続けていても安心。鉄製中華鍋の多くはこのタイプですが、鍋を熱すると持ち手も熱くなるため、事前に手を守る鍋掴みなどを準備しておきましょう。

一方、持ち手部分に熱を通しにくい素材を使い、素手で持てる中華鍋もあります。手になじむ素材で使いやすく、利便性を重視する方におすすめ。ただし、長く使い続けるとつなぎ目がゆるんだり、ぐらついたりして、火傷や事故につながる恐れもあります。その場合は、すぐに持ち手部分を修理するか、早めの買い替えがおすすめです。

また、持ち手部分が先に劣化したら、取り替え可能なモノも販売されています。使う頻度と安全性を考慮したうえで、好みのタイプを選択しましょう。

IH対応かどうかチェック

By: amazon.co.jp

中華鍋は底が丸くなっているため、基本的にIHコンロでは使用できません。しかし、最近ではIHコンロでも使える底が平らな中華鍋が登場しており、IHで使用したい方は購入する前に対応熱源を確認しておきましょう。

ただし、IH兼用の中華鍋はガス火専用の中華鍋のような使い方ができないことがあります。ガス火メインで使いたい方にはガス火専用の製品がおすすめです。

中華鍋のおすすめ

山田工業所 鉄 打出 中華両手鍋 30cm

国内で唯一「打ち出し式」で鉄鍋づくりをしているメーカー「山田工業所」の鉄製中華鍋です。「打ち出し式」とは、職人の手仕事により鉄をハンマーで数千回叩いて成型する製法のこと。丈夫で軽く、熱伝導に優れた使いやすい鍋に仕上げられるのが特徴です。

本製品は、30cmサイズの広東鍋タイプ。打ち出しで生じる鍋表面の細かい凹凸に油がなじんで、使うほどに焦げ付きにくい鉄鍋に育てられます。プロ仕様の本格的な中華鍋を探している方はぜひチェックしてみてください。

本間製作所 仔犬印 鉄中華鍋33cm 12833

ホテルやレストランなど、プロ向けの調理器具も手掛けている本間製作所「仔犬印」の鉄製広東鍋です。耐食性に優れた「黒皮鋼板」でつくられているため、サビにくく扱いやすいのが特徴。

持ち手や引っ掛け金具には高級感のある素材を採用し、キッチンで映えるスタイリッシュなデザインに仕上げられています。33cmの大きめサイズなので、たっぷりの食材を一気に調理するのに活躍。

高品質ながら比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスが高いのも魅力です。

岩鋳(IWACHU) 中華鍋深型(中) 直火用 南部鉄器 21052

岩手県盛岡市の伝統工芸品である「南部鉄器」の広東鍋。明治35年創業の老舗メーカー「岩鋳」が、400年以上にもわたって受け継がれる伝統を守り、1点ずつ丹念につくり上げている上質な製品です。

板厚が4mmと厚く、高い蓄熱性を備えているのが特徴。家庭用コンロの弱い火力でも食材に効率よく熱が伝わり、素材の味が引き出されます。調理した食材には鍋から溶け出した鉄分が含まれているため、健康を気遣う方にもおすすめです。

鍋肌が細かい凹凸で覆われているので、油なじみがよく、使うほどに焦げ付きにくくなるのもポイント。使用前には油をしっかりなじませ、使用後には水分を乾燥させて保管するなど、丁寧にお手入れすれば一生モノの道具として育てていけます。

機能美を追求した、シンプルかつスタイリッシュなフォルムも人気。機能性とデザイン性を兼ね備えたワンランク上の中華鍋を探している方はぜひチェックしてみてください。

池永鉄工 新中お華鍋木蓋付 30cm 114363

高い蓄熱性を有する南部鉄器の広東鍋。食材を入れても温度が下がりにくく、さまざまな料理をおいしくスピーディーに仕上げる優れモノです。

使うほどに油がなじんで、焦げ付きにくい鉄鍋へと育てていけるのもポイント。また、木蓋が付いているので、炒め物や揚げ物にはもちろん、鍋料理や煮込み料理などを作る際にも便利に使えます。

なお、本製品は30cmサイズで重量約3.7kgとずっしり重みがあることに留意が必要です。

藤田金属(FUJITA KINZOKU) 匠の技 鉄なべ深型28cm 064703

ガス火とIHの両方に対応した、使いやすい鉄製広東鍋です。優れた熱伝導性と保温性を有しているため、焼いたり炒めたりする調理と好相性。食材の旨みをギュッと閉じ込めて、ふっくらジューシーにおいしく焼き上げます。

使うほどに油がなじんで焦げ付きにくくなるため、愛着を持って育てていけるのも魅力。持ち手の素材に、熱くなりにくいステンレスを採用しているのも魅力です。

遠藤商事 純チタン 中華鍋 33cm ATY-62 8-0405-0202

純チタン製の広東鍋です。33cmサイズで重量約0.66kgと、鉄製のモノに比べて軽量なのが最大の魅力。腕や手首にかかる負担を軽減できるので、中華鍋を頻繁に使用する方や初心者の方におすすめです。

純チタンは熱容量が小さいのが特徴。家庭の弱い火力でも容易に温度が上昇するため、素材の旨みを閉じ込めてスピーディーに調理できます。

耐腐食性に優れており、衛生的に使えるのもうれしいポイント。軽さと使いやすさが両立した、デイリーユースにぴったりな中華鍋を探している方におすすめです。

クリステル(CRISTEL) ノンスティック中華鍋 28cm WOKT28QE

ガス火とIHの両方で使える、フランス生まれのスタイリッシュな広東鍋です。本体全面に、アルミをステンレスで挟み込んだ独自の3層構造を採用。蓄熱性が高く、底面と側面の両面から食材にムラなく熱が通ります。

約9cmと深さがあるので、具材たっぷりの炒め物や揚げ物を作る際にも大活躍。内面にはノンスティックコーティングが施されており、少ない油で調理できます。また、食材がこびり付きにくく、使用後のお手入れを簡単に済ませられるのも魅力です。

山田工業所 鉄 打出 中華片手鍋 30cm

業務用に販売されている、「山田工業所」の北京鍋です。約1.6mmと厚めの板厚を採用しているのが特徴。優れた蓄熱性と保温性により、食材の旨みを閉じ込めて、料理をおいしく仕上げます。

職人がハンマーで叩いて形づくる「打ち出し式」を採用しているため、丈夫で軽く、使いやすいのも魅力。表面にできた細かい凹凸に油がなじんで、使うほどに焦げ付きにくくなるのもポイントです。

また、持ち手と鍋本体が一体構造で劣化しにくいため、長期間の使用も安心。愛着を持って長く使える、シンプルかつ上質な中華鍋を探している方はぜひチェックしてみてください。

若林工業(WAKATECH) 鉄製北京鍋 30cm

日本を代表する金属加工の街、新潟県燕市のメーカー「若林工業」が手がける鉄製北京鍋です。本体はプレス加工、持ち手は溶接で仕上げられているのが特徴。業務用の本格仕様ながら、比較的リーズナブルでコストパフォーマンスに優れた1台です。

約10cmと十分な深さがあるので、炒める・揚げる・煮る・蒸す・焼く・茹でるなど1台でさまざまな調理に活躍。30cmサイズで重量約1.1kgと、鉄製中華鍋としてスタンダードなタイプのため、入門用としてもおすすめです。

タマハシ 陳 建一 IH200V対応 北京鍋 28cm CK-322R

中華の鉄人として知られる人気料理人、陳建一氏プロデュースの北京鍋。鉄製中華鍋の特性を活かしつつ、家庭用に軽めで扱いやすく仕上げられた1台です。

鉄の優れた熱伝導により、家庭の弱い火力でもスピーディーに調理できるのが魅力。さらに、本体内面に施されたシリコン樹脂塗装により、焦げ付きにくさとお手入れのしやすさを実現させた優れモノです。

ガス火とIHの両方に対応しているため、引っ越しなどで熱源が変わってしまう場合も安心。また、天然木を採用した持ち手は調理中に熱くなりにくく、高級感があります。

リバーライト(RIVER LIGHT) 極JAPAN 炒め鍋 中華鍋 28cm 8130-000222

扱いやすさとデザイン性の高さで人気の「極JAPAN」シリーズの北京鍋。鉄板の表面に特殊な熱処理を施し、鉄の性能を有したまま、サビにくさと丈夫さを実現させた1台です。

コーディング加工のように剥がれる心配がないので、金属ツールの使用や強火での調理も可能。鉄の優れた熱伝導により、炒め物はシャキシャキに、焼き物はふっくら香ばしく仕上げられます。

使えば使うほどに油がなじんで、焦げ付きにくい鉄鍋へと育てていけるのも魅力。使用前の油返しや使用後の油ひきなど、お手入れのコツを押さえれば一生モノの道具にすることが可能です。

持ち手には別売りのスペアが用意されているため、持ち手が摩耗してしまった場合も安心。愛着を持って長く使える、上質な中華鍋を探している方におすすめです。

スキャンパン(SCANPAN) CTX ウォック 32cm 65303200

デンマーク生まれの老舗調理器具メーカー「スキャンパン」が手がける北京鍋です。本体には、アルミニウム・ステンレス・チタン合金などを組み合わせた全面7層構造を採用。

表面には丈夫で長持ちする独自のフッ素樹脂加工を施し、優れた熱伝導性・保温性、焦げ付きにくさを実現しています。ガス火やIHはもちろん、オーブンなどの熱源にも対応しており使い勝手も良好。キッチンでおしゃれに映える、洗練されたデザインも魅力です。

イービーエム(EBM) 鉄ブルーテンパー プレス 中華片手鍋 33cm

丈夫でサビに強く、油なじみもよい素材「ブルーテンパー」を採用した鉄製北京鍋です。耐久性が高く強火調理も可能なため、野菜はシャキシャキに、お肉はふんわりジューシーに仕上げられるのが特徴。

熱伝導にも優れており、家庭の弱い火力でもスピーディーに調理ができるのもうれしいポイントです。本製品は3~5人程度に適した33cmサイズですが、少人数用の小型なモノからプロ仕様の大型なモノまでサイズもバリエーションが豊富。

用途や好みにぴったり合う1台をセレクトしてみてください。

遠藤商事 業務用 プレス北京鍋 30cm APK11030

プレス加工で仕上げた、プロ仕様のリーズナブルな鉄製北京鍋です。素材には、油なじみがよく、熱効率にも優れた「黒皮鋼板」を採用。炒める・揚げる・煮る・蒸す・焼く・茹でると、さまざまな調理シーンで活躍する使い勝手のよい1台です。

大きさは、3~5人程度に適した30cmサイズ。コストパフォーマンスのよい中華鍋を探している方や鉄製中華鍋初心者の方などにおすすめです。

ビタクラフト(Vita Craft) スーパー鉄 ウォックパン 28cm No.2006

アメリカで誕生したステンレス調理器具メーカー「ビタクラフト」の鉄製北京鍋です。鉄の内部に窒素を浸透させる独自の「窒化4層加工」により高い表面強度を実現しています。

鉄の特性を存分に発揮しながら弱点であるサビにくさを克服し、炒める・焼く・煮る・蒸すとマルチに活躍する優れモノ。窒素加工によって生じた表面の細かい凹凸に効率よく油がなじみ、使うほどに焦げ付きにくい鉄鍋へと育てていけるのも特徴です。

一般的な鉄鍋のように使用前後のお手入れが不要で扱いやすいのもうれしいポイント。また、高級感あふれるステンレス製持ち手を採用するなどスタイリッシュにデザインされています。

和平フレイズ enzo 鉄中華鍋 28cm IH・ガス対応 en-013

日本有数のハウスウェア生産地、新潟県燕三条地域で生み出される「enzo」シリーズの鉄製北京鍋です。28cmサイズで重量約1.1kgと、鉄のメリットを残しつつ、できる限り軽さを追求したモデル。

薄い仕上がりながら、本体表面に施された槌目模様の特殊加工によって、変形しにくい優れた強度を実現させています。ガス火はもちろんIHにも対応しており、使い勝手も良好。

天然木にステンレス製のフラットバーを組み合わせた、おしゃれで握りやすい持ち手も魅力です。

エポラス(Eporasu) ファンシア 鉄製木柄北京鍋 30cm お玉付き FAN-30P

専用のお玉が付いた、コストパフォーマンスの高い鉄製北京鍋です。独自の「スーパースピン加工」によって、鍋底から側面にかけての余計な厚みを取り除き、30cmサイズで重量約0.835kgの軽量化を実現。

鉄鍋ならではの優れた熱伝導性と保温性により、食材にムラなく火を通して、さまざまな料理をシャキッとジューシーに仕上げます。持ち手に天然木が採用されているため、握りやすく熱くなりにくいのもポイント。

リーズナブルなので、鉄製の中華鍋を試してみたい方にもおすすめです。

イービーエム(EBM) 純チタン 超軽量 中華片手鍋 30cm

レストランなどの業務用に製造されているチタン製北京鍋です。30cmサイズで重量約0.6kgの超軽量設計が魅力。手首や腕にかかる負担を軽減できるので、頻繁に中華鍋を使用している方や中華鍋初心者の方にもおすすめです。

また、チタンは昇温速度が速いため、炒め物や焼き物などをスピーディーに仕上げられるのも特徴。素材の旨みを逃がさずに、時短でおいしく焼き上げます。「ショット加工」により鍋表面に凹凸が施されており、油なじみも良好。

本体と持ち手は同一素材で一体成型されているので、丈夫なうえ、衛生的に使えるのもうれしいポイントです。

ティファール(T-fal) IHハードチタニウム・プラス ウォックパン 28cm C63019

「取っ手のとれる」シリーズで人気の「ティファール」が手がけるIH対応の北京鍋です。本体内面に6層の「チタン・エクセレンス」コーティングを施し、優れた耐久性を実現しています。

使いはじめのこびり付きにくさや焦げ付きにくさが長持ちするので、デイリーユースにぴったりです。また、本体外面にフッ素樹脂加工が施されているため、汚れが落ちやすく、調理後のお手入れを簡単に済ませられるのも魅力。

食材投入のベストなタイミングを知らせる「お知らせマーク」により、理想的な温度で調理を開始できるのもうれしいポイントです。

ホリエ(HORIE) 3層チタン鍋 TIARA ティアラ 27cm

新潟県燕市に本社を構えるチタン専門メーカー「ホリエ」が展開する人気の北京鍋です。アルミをチタンで挟み込む独自の3層構造を採用し、軽さと高い熱伝導を両立させた1台。

食材に効率よく熱が伝わるので、炒め物はシャキッと焼き物はジューシーに、煮物や蒸し物も旨みや食感を損なわずスピーディーに仕上げます。27cmサイズで重量約0.38kgと片手でも扱えるほどの軽量設計で、手首や腕の負担を軽減できるのも魅力。

サビに強いうえ、焦げ付きにくいなど扱いやすいのもうれしいポイントです。

北陸アルミニウム(HOKUA) ウー・ウェンパン プラス ガス用28cm

高い熱伝導性と蓄熱性を有するアルミキャスト製の北京鍋です。1台で、炒める・焼く・煮る・茹でる・蒸す・揚げる・無水調理とマルチに活躍する優れモノ。独自の「特底厚」設計で食材にムラなく火を通し、料理をおいしく仕上げます。

本体内面には、耐久性に優れたハイグレードな「テフロンプラチナプラス加工」を採用。少ない油で調理しても食材がこびり付きにくく、焦げや汚れも付着しにくいので使用後のお手入れも簡単です。

また、蒸し料理などで重宝するスチームトレーとスチームコントローラ付きのドーム蓋が付属しているのもうれしいポイント。

本製品はガス火対応の28cmモデルですが、24cmサイズのモノやIHに対応したモノもラインナップされています。用途に合わせて、ぴったりの1台をセレクトしてみてください。