水を加えず手軽においしい煮込み料理を作れる、無水調理。食材の水分を逃さずじっくりと加熱することで、素材そのものの味を活かした旨味の強い食事を作れます。そのため、料理好きの方はもちろん、料理初心者の方にもおすすめです。

今回は無水調理ができる鍋の人気モデルをご紹介。煮込み料理だけでなく、蒸す・焼く・炊く・炒める・揚げるといったさまざまな調理に活用できるので、ぜひこの機に1台入手してみてください。

無水調理とは?

By: amazon.co.jp

無水調理は、水を使わずに調理をすることです。無水調理に特化した鍋は、フタの密閉性が高いので、加熱によって食材から出た水分を内部にしっかりと閉じ込めて調理を行えます。鍋に水を加える必要がなく、食材の栄養分を逃さず旨味を引き出して調理できるのが特徴です。

サイズや形状、深さの異なるさまざまな製品が販売されており、作りたいメニューやライフスタイルに応じて使いやすいモノを選べます。料理好きの方は、ぜひこの機に検討してみてください。

無水調理ができる鍋の魅力

By: bestpot.jp

無水調理ができる鍋は水を使わずに調理できるため、素材の味が凝縮された栄養豊富な料理を楽しめます。とくに、蒸し煮や蒸し茹で、蒸し焼きなどの調理に向いており、余分な調味料や油をカットできるのもメリットです。

また、炊く・炒める・焼く・揚げるといった調理に対応しているのも魅力。蒸し料理や煮込み料理はもちろん、ふっくらとおいしいご飯を炊いたり、オーブン代わりにパンを焼いたりと便利に活用できます。

さらに、水が不要なのでキャンプなどのアウトドアシーンでも人気。汎用性が高く手軽に使える調理器具として、1台あると重宝するアイテムです。

無水調理ができる鍋の選び方

使い方に適した素材かどうかをチェック

日常使いならアルミ・ステンレス

By: amazon.co.jp

アルミやステンレスの鍋は比較的リーズナブルな製品が多く、耐久性に優れているのが特徴。アルミは熱伝導性が高く、熱が回りやすいので素早く調理を進められます。また、多くの無水調理ができる鍋が厚手でずっしりと重い作りであるのに対し、アルミは軽量なためラクに扱えるのも魅力です。

ステンレスは頑丈で錆びにくく、お手入れしやすいのもメリット。保温性にも優れているので余熱調理にも適しているうえ、IH対応モデルも豊富です。

おしゃれに使いたいならホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローはアルミや鋳物などの金属をガラス質でコーティングした素材です。カラーバリエーションが豊富で、温もりのある見た目を楽しめるため、デザイン性を重視する方にもおすすめ。調理後はそのままテーブルに出すことも可能で、食卓をおしゃれに演出できます。

熱伝導性と保温性に優れているのもポイント。素早くあたたまるうえ冷めにくいので、余熱調理や弱火での調理にも適しています。

また、表面がガラス質でつるつると滑らかに仕上げられているため、汚れが付きにくくお手入れしやすいのも魅力。酸や塩分の腐食にも強く、調理後はそのまま保存することも可能です。

IH対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

自宅のコンロがIHの方は、検討している鍋がIH調理に対応しているかどうか購入前によく確認しておきましょう。無水調理ができる鍋はさまざまな素材でIH対応モデルが販売されているので、豊富なラインナップのなかから好きなモデルを選択可能です。

IH対応の表記がない製品をIHコンロで使うと、エラーが表示されたり思わぬ事故の原因となったりする恐れもあるため注意してください。また、無水調理ができる鍋のなかにはそのままオーブンに投入できるモデルも存在。調理の幅が広がるので、併せてチェックするのがおすすめです。

サイズ・容量をチェック

By: amazon.co.jp

無水調理ができる鍋はさまざまなサイズや容量、形状の製品が存在するため、作りたい料理や家族の人数に合わせて選ぶのがおすすめ。例えば、スタンダードな深い丸型のモデルは煮込み料理をはじめとする幅広いメニューに活用できるので、1台あると便利に使えます。

サイズは2人分なら直径16〜20cm、3〜4人分や鍋料理なら直径20〜24cm程度がおすすめ。5人分以上や作り置きに使うなら直径24cm以上を目安に検討してみてください。また、鍋料理や和食の煮込み料理などをそのまま食卓に並べたい場合は、浅い丸型の鍋もおすすめです。

さらに、楕円型の鍋なら、魚や塊肉といった長さのある食材を丸ごと調理することが可能。ローストチキンや骨付き肉、トウモロコシなどをそのまま投入でき、パーティー向きの華やかな料理も手軽に作れます。

そのほか、長い持ち手の付いた片手鍋タイプのモデルも存在。取り回しがしやすいため、日々のちょっとした調理におすすめです。

無水調理ができる鍋のおすすめメーカー

バーミキュラ(Vermicular)

By: vermicular.jp

バーミキュラは名古屋の老舗鋳造メーカー、愛知ドビーによるブランドです。熟練の職人がひとつひとつ仕上げた鋳物ホーロー製の鍋は、高精度な密閉構造と優れた熱伝導性によって素材の味を最大限に引き出します。

また、公式サイトや専用アプリで豊富なレシピを閲覧できるため、初めて無水調理ができる鍋を使う方にもおすすめ。さらに、「一生使える鍋」としてリペアサービスを提供しているのもポイントです。

ストウブ(staub)

By: staub-online.com

ストウブはフランス・アルザス地方で創業したメーカーで、スタイリッシュかつ高機能な鋳物ホーロー製の無水調理ができる鍋を製造しています。優れた熱伝導性と保温性を備えており、世界中のプロや料理愛好家に愛用されている定番モデルです。

フタの裏に独自の「ピコ」と呼ばれる突起を設けているのも特徴。食材の水分が水蒸気となって内部で対流したのち、ピコが水蒸気を水滴に変える「アロマレイン」構造によって、食材をふっくらとおいしく調理できます。

また、2〜3層のエマイユ加工が施されており、鮮やかなカラーリングを楽しめるのも魅力。サイズと形状のバリエーションも豊富で、幅広い用途に適した無水調理ができる鍋を見つけられるおすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマの無水調理ができる鍋は、リーズナブルで気軽に入手できるのが魅力です。初めて使う方や、試しに使ってみたいと考えている方にもおすすめ。また、素材にアルミニウム合金を使用したモデルが多く、無水調理ができる鍋のなかでは軽量で扱いやすいのもメリットです。

多くのモデルがガス火だけでなく、IHコンロやオーブン、ラジエントヒーターなどの幅広い熱源に対応しているのもポイント。引っ越しや友人宅での調理にも対応しやすく便利です。お手頃価格で購入したい方は、ぜひチェックしてみてください。

無水調理ができる鍋のおすすめモデル

モラトウーラ(MOLATURA) bestpot 20cm

カラフルな色合いとかわいらしい形状が魅力の無水調理ができる鍋です。萬古焼の土鍋と鋳物のフタを組み合わせた製品で、和食と洋食のどちらにも合わせやすいデザインが特徴。サイズは直径20cm、深さは約10cmで、2〜4人分の煮込み料理を作れます。

熱が対流しやすい2重構造の羽釜形状を採用しているのもポイント。優れた保温性を備えているため、強火で加熱したのち火を止めて蓄熱調理も行えます。また、表面には鉄分を多く含む阿蘇山の火山灰を釉薬として採用。遠赤外線効果により、短時間で食材に火を通すことが可能です。

さらに、0.001mmの精度でフタと鍋を削り合わせており、高い密閉性を備えているのもメリット。素材の旨味を逃さず手軽に無水調理を行えます。日本製のハイクオリティな無水調理ができる鍋としておすすめです。

バーミキュラ(Vermicular) オーブンポットラウンド 18cm

国内メーカーによる人気の鋳物ホーロー製の鍋です。直径18cmの深い丸型で、2人分の調理におすすめ。フタと鍋の接合部を0.01mmの精度で削り合わせることで気密性を高めており、手軽に無水調理を行えるのが魅力です。

独自の「トリプルサーモテクノロジー」を採用しているのもポイント。食材への過剰な加熱を防ぐ「リブ底」、遠赤外線を発生させる「3層ホーローコーティング」、蒸気を閉じ込め対流させる「テーパーエアタイト構造」によって、理想的な無水調理を行えます。

また、フタと鍋の両方に取っ手を搭載した「ダブルハンドル」により、扱いやすく設計されているのもメリット。IHコンロでの調理にも対応しており、機能性に優れたおすすめアイテムです。

ストウブ(staub) ピコ・ココット ラウンド 22cm

人気シリーズのスタンダードな無水調理ができる鍋です。直径22cmの深い丸型で、メインの料理や作り置きにおすすめ。職人によるハンドメイドの鋳物ホーロー鍋で、熱伝導性と保温性に優れているのが魅力です。熱の回りがよいため、無水調理や火を止めての余熱調理にも役立ちます。

独自の「セルフ・ベイスティング・システム」もポイント。水蒸気が水滴となって食材に降り注ぐ「アロマレイン」によって、食材の旨味を引き出すことが可能です。鍋内部は「黒マットエマイユ加工」が施されており、油馴染みがよく焦げ付きにくいのでお手入れも容易に行えます。

さらに、ガス火だけでなくIHコンロやオーブン、ハロゲンヒーターなどさまざまな熱源に対応。フタをしたまま丸ごとオーブンにも入れられるので、料理の幅が広がります。

ストウブ(staub) ピコ・ココット オーバル 23cm

無水調理ができる鍋の楕円型モデルです。本体サイズは幅23×深さ9.5cmで、魚や骨付き肉などを丸ごと投入できるのが魅力。食材を丸々使用した本格的な料理や、パーティー向けの華やかな料理を作りたい方にもおすすめです。

素材は鋳物ホーローを採用。独自の「セルフ・ベイスティング・システム」によって食材の旨味を引き出し、ふっくらと仕上げられます。また、IHコンロやオーブン、シーズヒーター、ハロゲンヒーターなど、幅広い熱源に対応しているのもメリットです。スタイリッシュなオーバル型の鍋として、ぜひ検討してみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) KITCHEN CHEF 無加水鍋 24cm 深型 MKS-P24D

お手頃価格で入手できる大容量の無水調理ができる鍋です。直径24cmの深い丸型で、大人数の食事をまとめて作りたい方におすすめ。素材にはアルミニウム合金を採用しており、大容量ながら重量が約2kgと軽いため、女性でも容易に扱うことが可能です。

フタの密閉性が高く、鍋との接合部に水蒸気の膜ができるよう設計されているのもポイント。フタの裏面には多数の突起が設けられており、水蒸気を効率よく対流させて簡単に無水調理を行えます。

内部に遠赤外線効果のあるセラミックコーティングを施しているのもメリット。弱火でも熱の回りがよく、短時間で調理を完了できます。また、食材がこびり付きにくくなるので、お手入れも容易です。

さらに、ガス火だけでなく、IHコンロやオーブンにも対応しているのもメリット。コストを抑えて無水調理ができる鍋を購入したい方におすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) KITCHEN CHEF 無加水鍋 24cm 浅型 MKS-P24S

リーズナブルな浅い丸型の無水調理ができる鍋です。直径は24cmで、食卓に煮込み料理やローストチキンなどをそのまま並べやすいのが魅力。素材にはアルミニウム合金を採用しており、軽量性にも優れています。

内側の表面にはセラミックコーティングを施しているため、食材が焦げ付きにくいのもメリット。調理やお手入れをスムーズに行えます。また、ガス火のほかにIHコンロやオーブン、ラジエントヒーターなどの幅広い熱源に対応しているのもポイントです。

さらに、レシピブックやシリコン製の取っ手も付属。無水調理はもちろん、焼いたり炒めたりといった多彩な調理を行いやすい浅型タイプのおすすめモデルです。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) シグニチャー ココット・ロンド 20cm

人気ブランドによるベストセラーモデルの無水調理ができる鍋です。サイズは直径20cmで、2〜4人分の調理に便利。素材は鋳物ホーロー製であり、ムラなく熱が全体に回るため煮込み料理や炊飯に活躍します。直火はもちろん、IHコンロでの調理に対応しているのも魅力です。

ハンドルは大きめに設計されており、ラクに持ち上げることが可能。おしゃれな無水調理ができる鍋を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

HALムスイ KING無水鍋20

国内メーカーによるロングセラーモデルの無水鍋です。素材にアルミニウム合金鋳物を採用した厚手鍋で、鍋底の厚さが6.5mmと厚めに設計されています。耐久性が高いうえムラなく熱が回るため、本格的な調理にも活用できるのが魅力です。

直径20cmのサイズに対して重量が約1.6kgと軽いのもポイント。熱伝導性にも優れているので、短時間で素早く食材に火を通すことが可能です。また、高い保温性も備えているため、余熱調理でおいしい煮込み料理を簡単に作れます。

フタの密閉性が高く、接合部に水の膜ができる「ウォーターシール効果」によって手軽に無水調理を行えるのもメリット。さらに、IHコンロやオーブンでの調理にも対応しています。

そのほか、フタは直火にかけて単体でフライパンとして使えるので、アウトドアにもおすすめ。軽量で扱いやすい無水鍋として、ぜひチェックしてみてください。

HALムスイ HAL片手無水鍋16.5

コンパクトで汎用性に優れた片手鍋タイプの無水鍋です。直径16.5cmの深鍋と浅鍋、ガラス製のフタがセットになった製品で、少量調理や一人暮らしの方におすすめ。深鍋にフタとして浅鍋をかぶせることで、ウォーターシール効果による無水調理を行えます。

深鍋の容量は1.8L。口が狭く深さのある形状なので、少ない煮汁で煮豚などの煮込み料理を作れます。浅鍋にはフッ素樹脂加工が施されており、小さなフライパンとして活用できるのもポイント。焼き調理や炒め調理を手軽に行えるため便利です。

深鍋と浅鍋の両方が直火とIHコンロに対応しているのもメリット。1台でさまざまな調理を行える利便性の高い無水鍋です。

ビタクラフト(Vita Craft) ウルトラ 両手ナベ 3.2L

アメリカ製の高機能な無水調理ができる鍋です。底面と側面の全面がステンレスとアルミニウムの9層構造になっており、熱伝導性に優れているのが特徴。底面の熱が側面に素早く回り、高い保温性によって全体の熱が保たれるので、快適に調理を進められます。

フタと鍋の接合部に水蒸気の膜ができるよう設計されているのもポイント。内部の温度と圧力を一定に保ち、スムーズに無水調理を行えます。また、熱が鍋全体にムラなく回るため、油を使わずに肉や魚を調理することも可能。油分やカロリーが気になる方にもおすすめです。

サイズは直径21cmで、深さは9cm。重量は約1.7kgと軽く、取り回しやすいのもメリット。IHコンロでも使えるステンレス仕上げ鍋としておすすめです。

cotta 無水調理鍋 20cm

アルミダイキャストを採用したリーズナブルな無水調理ができる鍋。直径20cmの深い丸型で、容量は約2.5L。2〜3人分の調理におすすめです。フッ素コーティングが施されているため食材が焦げ付きにくく、手軽に無水調理を行えます。

フタを単体でフライパンとして活用できるのもメリット。鍋・フタはガス火だけでなく、IHコンロでも使えます。お手頃価格で汎用性の高い無水調理ができる鍋としてチェックしてみてください。

無水調理ができる鍋で作れるおすすめレシピ

カレー

By: vermicular.jp

煮込み料理の定番であるカレーも、無水調理ができる鍋を使えば水を加えずに濃厚に仕上げることが可能です。水分の多い玉ねぎやトマトを通常よりも多めに入れることで、野菜の水分だけで旨味の強いカレーを作れます。

作り方は、まず湯むきしたトマトをザク切り、玉ねぎをみじん切りにして投入。次に、好みの野菜と鳥もも肉を一口大にカットして入れ、フタをして弱火で約60分加熱します。十分に水分が出て具材がしんなりとしていたら、火を止めてルーを溶かし、10分程度余熱で馴染ませると完成です。

野菜の甘みがしっかりと引き出されるため、普段よりも辛いルーを使うのもおすすめ。また、お好みでバナナ・リンゴ・ヨーグルト・はちみつといった隠し味を加えると、より本格的な味わいを楽しめます。

肉じゃが

By: lecreuset.jp

水を加えず食材の水分で作る肉じゃがは、シンプルな調味料で仕上げることでより素材の味が引き立ちます。まず、無水調理ができる鍋を中火で3分ほど予熱し、薄切りの豚バラ肉を炒め、ジャガイモ・玉ねぎ・人参・しらたきなどの具材を投入。醤油とみりんを回しかけ軽く混ぜ合わせて、フタをして弱火で25分ほど加熱します。

次に、インゲンを彩りとして加え、フタをして弱火で5分ほど加熱。最後に、火を消して軽く混ぜ余熱で10分程度味を馴染ませると完成です。豚肉の旨味と人参の甘さ、ジャガイモのホクホクとした食感といった食材のおいしさを最大限に味わえるので、ぜひ一度試してみてください。

ちぎりパン

By: cotta.jp

無水調理ができる鍋を使えば、オーブンがなくても自宅で手軽においしいパンを作ることが可能。まず、鍋に強力粉とバター、砂糖、塩、ドライイースト、牛乳などを入れて混ぜ、発酵させて生地を作ります。

よくこねたら手のひらサイズに分割して丸め、クッキングシートを敷いた鍋に並べましょう。そのまま弱火で15分程度加熱し、クッキングシートごと生地を裏返してさらに弱火で10分程度加熱すると完成です。生地の材料や分量、手順を変えることでさまざまなパンを楽しめるので、ぜひ好みの生地で作ってみてください。