食材を煮るだけでなく、蒸したり揚げたり、さまざまな調理に対応する「両手鍋」。大きさはもちろん、本体やフタの素材など、モデルによって種類も豊富です。多くの製品がラインナップされているため、どれを選んだらよいか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、両手鍋の種類や選び方と一緒におすすめのモデルをご紹介。人気ブランドのモノもピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

片手鍋との使い分け方

By: amazon.co.jp

持ち手が1つしかない片手鍋に対し、両手鍋は持ち手が2つあるため、持ち上げたり運んだりするのに便利。鍋自体のサイズが大きめなので、茹でこぼしや分量のあるカレーなどを作るのに適しています。日常的に3人分以上の料理を作る機会が多い方には、容量のある両手鍋がおすすめです。

片手鍋は片手で簡単に移動できる扱いやすさが特徴。基本的な家庭料理は片手鍋でほぼ対応できるため、1~2人分までの料理を作るなら片手鍋で十分です。

両手鍋の選び方

鍋の大きさと重量をチェック

By: amazon.co.jp

両手鍋を選ぶときは、鍋の大きさと重量を確認しておくことが大切。大きさは16cm程度なら1人分、18cm程度なら2~3人分、20cm程度なら2~4人分、24cm程度なら4~6人分が目安です。また、保管場所の有無も重要。大きめの鍋を購入しても、保管場所に困ることもあるので注意しておきましょう。

重量は鍋に採用されている素材によっても異なりますが、軽量なアルミに対しホーローは重めに作られています。両手鍋を毎日のように使う方はチェックしておきましょう。

深さをチェック

By: amazon.co.jp

用途に合う両手鍋を選ぶためには、深さも要チェックポイントです。浅型のモノは、中身の確認や料理の盛りつけをしやすいのが特徴。フライパンのように炒める際にも重宝します。

一方、深型のモノは、水量をたっぷりと使えるのでカレーやシチューなどの煮込み料理におすすめ。ダシを取ったりパスタを茹でたりする際にも活躍します。

また、オーバル型のモノは、魚や丸鶏など長さのある食材をそのまま調理できるのが魅力。鍋ごとテーブルにサーブするとインパクトがあり、見た目も華やかなためパーティー料理用の鍋としても人気です。

本体素材をチェック

アルミ

By: amazon.co.jp

アルミの両手鍋には、熱伝導がよいという特徴があります。短時間で鍋全体をあたためられるため、調理時間の短縮につながるのが魅力。また、アルミ自体が軽いので、扱いやすいのもポイントです。

一方、酸やアルカリに弱いというデメリットがあるため、調理したあとは料理を入れたままにせず、別容器に移し替えて保管するようにしましょう。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス両手鍋は丈夫な点がメリットです。衝撃に強く錆びにくいため、お手入れが簡単で扱いやすい素材。料理を別容器に移し替えずにそのまま保管しても、ステンレスの両手鍋は劣化しにくいので安心です。

一方、一度あたたまると長時間保温性をキープできるのは魅力ですが、鍋全体があたたまるまでに時間がかかるのが難点です。火加減や加熱時間に注意しながら調理しましょう。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローは、鉄や銅など、金属の表面にガラス質の釉薬を焼きつけたモノです。酸に強く、多彩な料理に対応できるのが特徴。また、保温性に優れているのもメリットです。

ホーロー製の両手鍋のデメリットは、衝撃に弱いこと。急激な温度変化に弱いため、加熱後の鍋を急に冷やすと温度差によって割れてしまいます。さらに、衝撃に弱く、ヒビが入ったところから錆びやすいので注意が必要です。

その他コーティング素材

By: amazon.co.jp

両手鍋本体の素材だけでなく、コーティング素材も重要。例えば表面にフッ素樹脂が塗られたモノであれば、焦げ付きにくいため扱いやすく、お手入れも簡単にできるのがメリットです。

しかし、金属のヘラを使ったり、必要以上に摩擦を起こしたりするとコーティングが剥げてしまいます。コーティングが剥げると効果がなくなってしまうので、金属の調理器具で擦るのは控えましょう。

フタの素材もチェック

By: amazon.co.jp

フタの素材には、両手鍋と同じ素材で作られているモノとガラス製のモノがあります。ガラス製は料理途中にフタを開けなくても、中の様子を確認できるのがポイント。何度もフタを取って調理の様子を確認しがちな料理初心者の方におすすめです。

両手鍋と同素材で作られたフタは、密閉性を高めたり、フタ自体に調理機能を高めたりする工夫がされていることがあります。購入する際は、鍋だけでなくフタの素材にも注目して選んでみてください。

表面加工をチェック

By: amazon.co.jp

両手鍋の表面加工には、フッ素樹脂加工やセラミック加工があります。フッ素樹脂やセラミックで鍋の表面を覆うことで食材が焦げ付きにくくなるため、少量の油でも調理可能です。

また、マーブルコートやダイヤモンドコートと呼ばれる加工もフッ素樹脂加工の1種。強度や耐久性を上げるために、大理石やダイヤモンドの粒子をプラスしたモノです。お手入れしやすいので、あわせてチェックしてみてください。

取っ手の持ちやすさをチェック

By: amazon.co.jp

両手鍋をそのまま食卓に並べたり、炒め物をするときに手を添えたりするときのことを想定して、取っ手の持ちやすさをチェックしておきましょう。両手鍋のサイズが大きくなればなるほど、大きな取っ手の方が持ちやすく重さを感じにくいので便利です。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

キッチンの熱源がIHであれば、IHに対応している両手鍋を選ばないと使えません。IH対応のモノか、どちらにも対応しているオール熱源タイプの両手鍋を選びましょう。

ガスとIHの両方を使う場合は、オール熱源タイプがおすすめです。また、引っ越しの機会が多い方は、どちらにも使えるタイプの両手鍋を購入しておくと買い直す手間が省けます。

両手鍋のおすすめメーカー

和平フレイズ

By: amazon.co.jp

和平フレイズは、新潟県燕市に本社を構えるキッチンウェアの企画・販売を行うメーカーです。「調理用品は毎日の生活を楽しくする役割を担うモノ」という考えのもと、1951年の設立以来時代のニーズを的確にとらえた製品を幅広くラインナップしています。

深型フライパンのパイオニア「レミパン」や、料理研究家有元葉子氏プロデュースの「ラバーゼシリーズ」などが有名ですが、機能性にとことんこだわった両手鍋も人気。減圧鍋やまるごとオーブン調理できる鍋など、個性豊かな製品を揃えています。

ル・クルーゼ(LE CREUSET)

By: amazon.co.jp

ル・クルーゼは1925年に設立され、世界で愛される調理器具を製造しているフランスのメーカーです。ホーロー製の鍋を中心に、長年愛用できるこだわりの製品をラインナップしています。

世界各国の料理文化に合わせた製品開発を行っているのも特徴です。日本向けには、鍋物に使える浅めの鍋や、蒸し料理ができるスチーマーなどが販売されています。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

ティファールは、おしゃれなキッチン用品や調理家電で人気のメーカーです。フラインパンや圧力鍋など、シンプルながら使い勝手のよい製品を数多くラインナップしています。

ハンドルが取れるフライパンや鍋のイメージがありますが、両手鍋も人気。こびり付きにくいアイテムもラインナップされており、料理好きの方におすすめです。

ストウブ(staub)

By: amazon.co.jp

ストウブはフランスのブランドで、鋳物ホーロー鍋とセラミック製品を製造しています。特に鋳物ホーロー鍋は、食材のおいしさを逃がさない機能性とプロも認める耐久性、シャープなデザインで人気です。

フランスの美的センスを感じさせるカラーバリエーションも魅力のひとつ。無骨さを感じさせるデザインで、料理好きの男性にも人気です。

両手鍋のおすすめ人気モデル|一人暮らし向け

和平フレイズ 両手鍋 プチなべ PR-8131

コロンと丸いフォルムがかわいらしい深型タイプの両手鍋。シンプルであたたかみのあるデザインで、キッチンに出しっぱなしにしておいてもおしゃれに見えるのが魅力です。

食材のニオイ移りがしにくいホーロー加工が施されており衛生的。酸にも強いため、料理をそのまま保存できます。また、表面がツルツルしており、汚れがこびり付きにくいのでお手入れしやすいのも魅力です。

コンパクトながらも容量は1.8Lとたっぷり入るため、シチューや煮物などさまざまな料理に使えます。さらに、ガスだけでなくIHにも対応可能。カラーラインナップも豊富なおすすめアイテムです。

ストウブ(staub) ワナベ 40501-002

フランス・アルザス地方で誕生した「ストウブ」の両手鍋。本製品は日本食にインスピレーションを受けており、日本人が親しみやすく使いやすいデザインに仕上がっているのが特徴です。

底がラウンド型になっているため、中の素材が対流し均一に火が通るのが魅力。フタには「システラ」と呼ばれる突起が付いており、加熱時に出る水蒸気を食材へと滴らせるので、料理がふっくらとジューシーに仕上がります。

表面はホーロー加工が施されており、酸にも強く、食材のニオイが移る心配が少ないため衛生的。耐久性にも優れているので、長期間愛用できるおすすめアイテムです。

パール金属(PEARL METAL) 両手鍋 HB-4400

気軽に購入できるアルミ製の両手鍋。軽くて取り扱いやすく、表面にはフッ素コーティングが施されており、こびり付きにくく料理初心者の方でもスムーズに使用できます。一人暮らしを始める方にもおすすめの両手鍋です。

安定感のある大きな持ち手も特徴のひとつ。また、持ち手にはフェノール樹脂を使用しているため熱くなりにくく、安心して持ち運べます。

調理中に中身が確認しやすい強化ガラス製のフタ付き。ガスだけでなく、IHでも使用できるのが嬉しいコンパクトな両手鍋です。

ビタクラフト(Vita Craft) 両手鍋 Dear 3953

シルバーの本体に、ローズゴールドの持ち手が印象的な両手鍋。つややかな質感で高級感があり、出しっぱなしにしておいてもキッチンのおしゃれなアクセントになります。鍋ごとテーブルに出すのも、食卓が華やぐのでおすすめです。

本体はステンレスとアルミニウムの全面3層構造。熱伝導率と保温性に優れており、食材をムラなく加熱できるのが魅力です。同素材のフタ付きで、素材のおいしさを引き出す無水調理や余熱調理もできます。

オーブンも使用できるため、お肉をローストしたりケーキを焼いたりといったメニューにも対応可能。おしゃれな見た目のモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

宮崎製作所 ジオ 両手鍋 GEO-18T

オールステンレスでスタイリッシュな印象の両手鍋。全面7層構造により熱伝導率や保温性に優れているため、食材にムラなく熱が通りふっくらと仕上げられるのが特徴です。

本体と同じステンレス素材のフタ付き。フタをした鍋を加熱するとフタと鍋との間に水の膜ができ、無水調理・余熱調理が可能です。

ガスをはじめ、IHやハロゲンヒーターなどさまざまな熱源に対応。鍋ごとオーブン調理もできるので、レパートリーが広がります。

鍋のふちは液だれしにくい形状にデザインされているのもポイント。段差が少なく洗いやすいため、お手入れも簡単にできます。耐久性にも優れており、長期間愛用できるおすすめの両手鍋です。

ダンスク(DANSK) コベンスタイル 両手鍋 833297

デンマークのメーカー「ダンスク」の両手鍋です。フタや持ち手などの特徴的なデザインと、キッチンのアクセントになるかわいいカラーが魅力。おしゃれな両手鍋が欲しい方におすすめです。

素地は1.6mmほどの厚みがあり、熱伝導率と保温性に優れているため料理がおいしく仕上がるのがポイント。底が広がったフォルムは容量を増やすだけでなく、熱を効率的に伝える役目も果たしています。

表面にはホーロー加工が施されており、料理のニオイが移りにくく衛生的。段差のないプレス加工で、汚れも落としやすいのでお手入れも簡単です。なお、フタは鍋敷きとしても利用可能。スープやカレー、おでんなどを多めに作りたいときに適した両手鍋です。

下村企販 両手鍋 鍋焼きうどん&よせ鍋 40444

一人用の土鍋のようなデザインが特徴の両手鍋。耐久性に優れたステンレス製で、品質のよい金物を製造することで有名な燕三条で製造されています。

冷凍うどん1玉がぴったり入る小ぶりなサイズ。一人分の鍋焼きうどんや寄せ鍋などの鍋料理が手軽に作れるのが魅力です。

ガスだけでなく、IHなどオール熱源対応。重量は320gと軽く、うっかり落としても割れないため取り扱いも簡単です。ステンレスはサビにも強く、お手入れしやすいので長く愛用できます。

両手鍋のおすすめ人気モデル|二人暮らし向け

ティファール(T-fal) 両手鍋 キャストライン アロマ シチューポット E22144

アルミキャスト製の両手鍋。軽くて持ち運びやすいのが特徴の製品です。アルミキャストは熱伝導率に優れており、食材をスピーディに調理できるのが魅力。また、蓄熱性にも優れているので、素材のうまみをじっくり引き出す煮込み料理にも適しています。

表面には丈夫なフッ素コーティングを施しているため、食材がこびり付きにくく、スムーズに調理が可能。中央には予熱完了を知らせるお知らせマーク付きです。

調理中に中の様子を確認しやすいガラス製のフタが付いているのも魅力。特徴的なフォルムのツマミは持ちやすいうえ、自立するのでフタの置き場所にも困りません。

ティファール(T-fal) 両手鍋 コンフォートマックスIH ステンレス シチューパン C99544

腐食しにくい18‐10ステンレスを採用している両手鍋。サビにくく、長く愛用できるモノを探している方におすすめです。

底には熱伝導率のよいアルミを挟み込んでおり、熱まわりがよく食材をムラなく加熱。底に厚みを持たせているため変形しにくく、安定感がある使い心地が長持ちするのもポイントです。

持ちやすいよう工夫されたデザインの持ち手も魅力。ソフトな手ざわりで握りやすく、使い勝手に優れています。

パール金属(PEARL METAL) 両手鍋 NEW風情 HB-4023

軽くて取り扱いやすいアルミ製の両手鍋。落としても割れる心配がなく、気軽に持ち運べるのが特徴です。食卓に運んでみんなで鍋料理を楽しんだり、通常の鍋として煮物や汁物を作ったりと、さまざまな使い方ができます。

表面はブルーシャイントップコート・プリントコート・プライマーコーティングの3層コーティング。汚れがこびり付きにくいため、トマト鍋やカレー鍋のようなメニューでもスムーズにお手入れができます。

ガスをはじめ、IHやハロゲンヒーターなどオール熱源で使用可能。底にはステンレスを貼り付けてあるうえ、2.6mmの厚みを持たせているので熱変形しにくく、安定感のある使い心地が味わえます。

調理中に中の様子が確認しやすい強化ガラス製のフタ付き。フタのツマミ部分には菜箸やおたまが置けるよう凹みが付いているなど、便利に使える工夫が施された両手鍋です。

宮崎製作所 オブジェ 両手鍋 OJ-6

シルバーとブラックを組み合わせたシンプルな両手鍋です。本体はステンレスで鉄心を挟んだ3層構造。熱伝導率と保温性に優れており、食材にムラなく熱を通します。

ガスやIH、ハロゲンヒーターなどすべての熱源に対応。熱源を選ばないため、引っ越しなどがあっても長く使い続けられるのが魅力です。また、オーブン調理もできるのでレパートリーが広がります。

持ちやすい大きな持ち手とツマミもポイント。凹凸の少ないデザインでお手入れしやすく、衛生的に使用できるおすすめの両手鍋です。

フィスラー (Fissler) 両手鍋 プロコレクション・シチューポット 084-123-20-000

直線的でスタイリッシュなデザインが特徴の両手鍋です。耐久性に優れ、衛生的に使えるステンレスを採用。底部分はアルミをステンレスで挟んだ3層構造になっており、底に厚みを持たせているのが特徴です。

本体とぴったりフィットするフタ付きで、無水調理が可能。食材の持つ栄養を逃がさず、おいしさを存分に引き出します。

大きくて持ちやすい持ち手を採用しているのもポイント。さらに、食洗機の使用も可能で、気軽にお手入れできる両手鍋です。

アルキューブ 両手鍋 デミプロファミリー スープポット S-1041

すっきりとしたシンプルなデザインが特徴の両手鍋。表面は高級感があるサテン仕上げで、キッチンをスタイリッシュに演出します。

本体には軽くて取り扱いやすいアルミを採用。熱伝導率がよく、食材をスピーディに調理できます。持ち手には丈夫なステンレスを採用しており、安定感のある使い心地を味わえるのがポイントです。

内部にはフッ素コーティングを施しているため、食材がこびり付きにくくスムーズに調理が可能。汚れも落ちやすく、お手入れも簡単です。

ガスだけでなく、IHやオーブンでの調理も可能。スープや煮物だけでなく、ローストやケーキなどさまざまなメニューに対応できるおすすめの両手鍋です。

両手鍋のおすすめ人気モデル|ファミリー向け

和平フレイズ たっぷり煮物鍋 おおらか鍋 RA-9144

おでんなどの煮物やシチューのような汁物をたっぷりと作りたい方におすすめの両手鍋。45.7×32.4×27cmのワイドサイズで、多くの食材も余裕を入れられます。

本体には軽く、熱伝導率に優れたアルミを採用。表面にはフッ素コーティングを施しているため、食材がこびり付きにくいのも魅力です。また、汚れが落ちやすいのでお手入れも簡単にできます。さらに、中の様子を確認しやすい強化ガラス製のフタも付属。調理しやすい両手鍋を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

和平フレイズ 両手鍋 ノルディーズ NR-7975

あたたかみのある木製の取っ手とツマミがノルディックな雰囲気の両手鍋。調理中にも熱くなりにくく、手になじむため持ちやすいのが魅力です。

本体には軽く熱伝導率に優れたアルミを採用。表面には、耐摩耗性に優れた「ポリゴ・エバーモイスト」という特殊フッ素樹脂加工を施しており、こびり付きにくいのも魅力です。また、ガスコンロはもちろん、IHにも対応しています。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) シグニチャー ココット・オーバル

珍しいオーバル型の両手鍋。魚など長細い形の食材も調理しやすいうえ、料理ができあがったらそのままテーブルに出せば食卓が華やぐのも魅力です。

熱ムラが少なく、食材に均等に熱が伝わるため料理がおいしく仕上がるのもポイント。保温性にも優れているので、料理のあたたかさが長持ちします。

ホーロー製で料理のニオイが移りにくく、衛生的に使用可能。汚れがこびり付きにくいためお手入れも簡単にできます。耐久性にも優れており、長く愛用できる両手鍋です。

パール金属(PEARL METAL) マルチテイスト IH対応ガラス蓋付二食鍋26cm HB-4013

一度に2種類の味を楽しめる、仕切りの付いたユニークな両手鍋。片方には大人用に辛いキムチ鍋、もう片方には子供用にチーズたっぷりのトマト鍋など、家族構成や好みに合わせて自由にアレンジできる優れモノです。

本体内面には、4層の強力なマーブルダイヤモンドコートを施しているので、こびり付きにくくお手入れしやすいのがポイント。また、取っ手にくぼみが設けられているため、菜箸を置いたりお玉を置いたりと便利に使えます。

直径26cmと大型サイズながらお手頃価格なのも魅力。家族でにぎやかに囲める両手鍋を探している方におすすめです。

SKY LIGHT 両手鍋

独特なデザインの取っ手が目を引く両手鍋。大きくて持ちやすく、たくさん料理が入っていてもスムーズに持ち運べます。加熱中にも熱くなりにくいABS樹脂を採用しているのもポイントです。

本体は、優れた強度を持つアルミダイカスト製。熱伝導率に優れており、食材にムラなく熱を伝えます。内側にはノンスティックコーティング、外側には高温耐性コーティングを施しているため汚れがこびり付きにくく、お手入れしやすいのも魅力です。

割れにくい強化ガラス製のフタ付き。調理中に中の様子が確認しやすいので、料理初心者にもおすすめです。ガスコンロをはじめ、IHやハロゲンヒーターなどさまざまな熱源にも対応しています。

富士ホーロー(FUJIHORO) 両手鍋 オールインワン BMP-27FW-Y

ややすぼまったフォルムがかわいらしい両手鍋。深さがあるため、煮込み料理はもちろん茹でる・蒸す・揚げるなど、さまざまな調理方法に対応しているのが特徴です。

汚れがこびり付きにくいうえ、ニオイも移りにくいホーローを採用しており衛生的。また、熱伝導率や保温性に優れており、食材がムラなく加熱されるので料理がおいしく仕上がるのも魅力です。カラーバリエーションも豊富で、キッチンのさりげないアクセントになります。

京セラ(KYOCERA) 両手鍋 セラブリッド CN-G24B-WPK

内部にセラミック加工を施している両手鍋。遠赤外線効果で料理がふっくらと仕上がります。熱まわりがよく、中火以下でも調理できるので省エネ。光熱費が気になる方にもおすすめです。

セラミックは硬度に優れているため、金属ヘラの使用も可能。表面がツルツルで汚れがこびり付きにくいので、お手入れもスムーズにできます。ガスコンロをはじめ、IHやハロゲンヒーターなどさまざまな熱源に対応しており、便利に使える両手鍋です。