食材を煮るだけでなく、蒸したり揚げたり、さまざまな調理に対応する「両手鍋」。大きさはもちろん、本体やフタの素材など、モデルによって種類も豊富です。多くの製品がラインナップされているからこそ、いざ購入するとなるとどれを選んだらよいか悩むもの。

そこで今回は、両手鍋の種類や選び方と一緒におすすめのモデルをご紹介。人気ブランドのモノもピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

片手鍋との使い分け方

持ち手がひとつしかない片手鍋に対し、両手鍋は持ち手がふたつあるため、持ち上げたり運んだりするのに便利。鍋自体のサイズが大きめなので、茹でこぼしや分量のあるカレーなどを作るのに適しています。日常的に3人分以上の料理を作る機会が多い方には、容量のある両手鍋がおすすめです。

一方で、片手鍋は片手で簡単に移動できる扱いやすさが特徴。基本的な家庭料理は片手鍋でほぼ対応できるので、1~2人分までの料理を作るなら、片手鍋で十分です。

両手鍋の選び方

鍋の大きさと重量をチェック

By: amazon.co.jp

両手鍋を選ぶときは、鍋の大きさと重量をチェックしましょう。大きさは16~18cm程度なら1人分、18cm程度なら2~3人分、20cm程度なら2~4人分、24cm程度なら4~6人分が目安です。また、保管場所の有無も重要。大きめの鍋を購入したものの、保管場所に困ることもあるので注意しましょう。

重量は鍋に使用されている素材によっても異なりますが、軽量なアルミに対しホーローは重めにできています。両手鍋を毎日のように使う方は、重量もチェックするのがおすすめです。

本体素材をチェック

アルミ

By: amazon.co.jp

アルミの両手鍋には、熱伝導がよいという特徴があります。短時間で鍋全体を温められるため、調理時間の短縮につながるのが魅力。また、アルミ自体が軽いため、扱いやすいのもポイントです。

一方、酸やアルカリに弱いというデメリットがあるので、調理したあとは料理を入れたままにせず、別容器に移し替えて保管しましょう。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス両手鍋のメリットは丈夫なことです。衝撃に強く錆びにくいため、手入れが簡単で扱いやすいといえます。料理を別容器に移し替えずにそのまま保管しても、ステンレスの両手鍋は劣化しにくいため安心です。

熱伝導の悪さが特徴ですが、メリットにもデメリットにもなりえます。一度温まると長時間保温性をキープしてくれるのは魅力ですが、鍋全体が温まるまでに時間がかかるのが難点です。ムラになりやすく、火が通りにくい食材だけ芯が残ったままになることも。火加減や加熱時間に注意しながら調理しましょう。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローは、鉄・銅など金属の表面にガラス質の釉薬を焼き付けたモノです。酸に強いので錆びにくく、多彩な料理に対応できるのが特徴。また、保温性に優れているというメリットもあります。

ホーロー製の両手鍋のデメリットは、衝撃に弱いことです。急激な温度変化に弱いため、加熱後の鍋を急に冷やすと、温度差によって割れてしまいます。また、衝撃に弱く、ヒビが入ったところから錆びやすいので注意が必要です。アルミなどに比べると重いので、気をつけて扱う必要があります。

その他コーティング素材

By: amazon.co.jp

両手鍋本体の素材だけでなく、コーティング素材も重要です。例えば最近人気のあるテフロン加工が施された鍋は、表面にフッ素樹脂が塗られています。焦げ付きにくいため扱いやすく、手入れも簡単にできるのがメリットです。

しかし、金属のヘラを使ったり、必要以上に摩擦を起こしたりするとコーティングが剥げます。コーティングが剥げることにより加工が失われるため、金属の調理器具で擦るのは控えましょう。

フタの素材もチェック

By: amazon.co.jp

フタの素材には、両手鍋と同じ素材で作られているモノとガラス製のモノがあります。ガラス製は料理途中にフタを開けなくても、中の様子が確認できるのがポイント。何度もフタを取って調理の様子を確認したくなる料理初心者の方におすすめです。

両手鍋と同素材で作られたフタは、密閉性を高めたり、フタ自体に調理機能を高めたりするような工夫がされていることがあります。購入する際は、鍋だけでなくフタの素材にも注目して選んでみてください。

表面加工をチェック

By: amazon.co.jp

両手鍋の表面加工には、テフロン加工に代表される「フッ素樹脂加工」「セラミック加工」があります。フッ素樹脂やセラミックで鍋の表面を覆うことで、食材が焦げ付きにくくなるため、少量の油でも調理可能です。

テフロン加工はフッ素樹脂加工のブランド名で、実はマーブルコートやダイヤモンドコートと呼ばれる加工もフッ素樹脂加工の一種。強度や耐久性を上げるために、大理石やダイヤモンドの粒子をプラスしたものです。また、テフロン加工には7段階のグレードがあります。

取っ手の持ちやすさをチェック

By: amazon.co.jp

両手鍋をそのまま食卓に並べたり、炒め物をするときに手を添えたりするときのことを想定して、取っ手の持ちやすさをチェックしましょう。

取っ手に樹脂加工などが施されていると、熱さを感じずにそのまま持つことができますが、加工されていないモノは鍋つかみなどを使用する必要があります。両手鍋のサイズが大きくなればなるほど、大きな取っ手の方が持ちやすく重さを感じにくいのでおすすめです。

IH対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

キッチンの熱源がIHであれば、IHに対応している両手鍋を選ばないと使えません。IH対応のモノか、どちらにも対応しているオール熱源タイプの両手鍋を選びましょう。

ガスとIHの両方を使う場合は、オール熱源タイプがおすすめです。また、引っ越しの機会が多い方は、どちらにも使えるタイプの両手鍋を購入しておくと買い直すなどの手間が省けます。

両手鍋のおすすめメーカー

ル・クルーゼ(LE CREUSET)

ル・クルーゼ(LE CREUSET)

By: amazon.co.jp

ル・クルーゼは、1925年に設立され、世界で愛される調理器具を製造しているフランスのメーカーです。ホーロー製の鍋を中心に、長年愛用できるこだわりの製品をラインナップしています。

世界各国の料理文化に合わせた製品開発を行っているのも特徴です。日本向けには、鍋物に使える浅めの鍋や蒸し料理ができるスチーマーなどが販売されています。

ティファール(T-fal)

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

ティファールは、おしゃれなキッチン用品や調理家電で人気のメーカーです。フラインパンや圧力鍋などシンプルながら使い勝手のよい製品を数多くラインナップしています。

ハンドルが取れるフライパンや鍋のイメージが強いですが、両手鍋もラインナップされており、手軽に使えるのにこびりつきにくいところが料理好きの方から人気です。

パール金属(PEARL METAL)

パール金属(PEARL METAL)

By: amazon.co.jp

鍋やフライパンなど、調理器具の人気が高いパール金属。常に消費者のニーズに応えた製品づくりを心がけているのが特徴です。

両手鍋は素材やコーティングの種類が豊富で、料理にこだわりのある方も納得できるラインナップ。手入れのしやすさや錆びにくさなど、目的に合った製品が見つけられるおすすめメーカーです。

フィスラー(Fissler)

フィスラー(Fissler)

By: amazon.co.jp

フィスラーは、1845年にドイツで創設された調理器具ブランドです。“家事を簡単に楽しくすること”をコンセプトに、時代のニーズに合った鍋やフライパンなどの調理器具を世に送り出しています。

シンプルで使い勝手がよい調理器具は、世界のトップブランドとして世界中の家庭で愛用され、プロコレクションは料理のプロからも定評のあるモデルです。

ストウブ(staub)

ストウブ(staub)

By: amazon.co.jp

ストウブはフランスのブランドで、鋳物ホーロー鍋とセラミック製品を製造しています。とくに鋳物ホーロー鍋は、食材の美味しさを逃がさない機能性とプロも認める耐久性、シャープなデザインで人気です。

フランスの美的センスを感じさせるカラーバリエーションも魅力のひとつ。無骨さを感じさせるデザインは、料理好きの男性にも愛用者が多いのが特徴です。

両手鍋のおすすめ人気モデル|一人暮らし向け

高木金属 ホーローあじわい鍋 弥生 18cm

高木金属 ホーローあじわい鍋 弥生 18cm

オール熱源に対応した、ホーロー製の両手鍋です。表面がガラス質でコーティングされているので、カレーや鍋でも色やにおいが付きにくい特徴があります。また、ガラス製のフタは中身が確認できて便利です。

1人分のラーメンや鍋を作るのにちょうどいい大きさのため、卓上でIH電磁調理器を使用すれば、熱々の料理が楽しめます。

クリステル(CRISTEL) グラフィット 両手鍋深型 16cm

クリステル(CRISTEL) グラフィット 両手鍋深型 16cm

フランスのブランド、クリステルのオール熱源に対応したステンレス製両手鍋です。そのなかでもグラフィットは、創業以来の定番モデル。底面はアルミをステンレスで挟んだ三層構造で蓄熱性が高く、煮る・炊く・ゆでる・蒸す・焼く・揚げるなどほとんどの加熱調理が可能です。

シンプルな形状はスタイリッシュなだけでなく、機能性も抜群。そのまますっきりオーブンに入れることができ、食洗機にもきれいに収まります。

別売りのハンドルとグリップを取り付けることも可能。小回りがきく16cmサイズは一人暮らしにはもちろん、家族分の料理の下茹でやお菓子作りに使う鍋としてもおすすめです。

宮﨑製作所 ジオ 両手鍋 16cm

宮﨑製作所 ジオ 両手鍋 16cm

ジオプロダクトシリーズは、スーパーバイザーに食育の第一人者である服部幸應氏を迎え、世代を超えて愛されることを目標に作られた国産品です。こちらの両手鍋は全面7層構造で、熱伝導率がよく保温性も高いため、余熱調理や無油調理も可能。経済的なうえに時短ができ、ヘルシーも叶います。

ステンレス性なので、鍋ごとオーブンで調理可能です。フチは注ぎやすく液ダレしにくい形状で、ハンドルは大きめで持ちやすく、シンプルでお手入れしやすい設計。使い勝手のよい小ぶりの両手鍋をお探しの方におすすめです。

和平フレイズ 両手鍋 16cm

和平フレイズ 両手鍋 16cm

ホーロー加工のオール熱源に対応した、カラフルな日本製の両手鍋です。深さがあるので少量の煮込み料理にも対応可能。ホーロー加工は色やにおいの付着を気にせず使え、錆びにくいのでお手入れも簡単です。

鍋の中が白色なので、料理そのものが美味しく見える効果が期待でき、外面のポップなカラーリングは、調理中や鍋料理を食べるときに気分を上げてくれます。手頃な価格でキッチンに彩りを添えたい方におすすめです。

バッラリーニ(Ballarini) セルヴィンターヴォラ キャセロール 11cm

バッラリーニ(Ballarini) セルヴィンターヴォラ キャセロール 11cm

バッラリーニは、フッ素樹脂加工のアイテムで知られるイタリアのクックウェアブランドです。日本ではあまり知名度がありませんが、ヨーロッパでは最大級の生産量を誇ります。

セルヴィンターヴォラは、バッラリーニのなかではサポートアイテムとして扱われ、食卓で食器代わりにも使えるミニチュアサイズのシリーズ。キャセロールのほかにも、そのままサーブしたら映画のワンシーンになりそうなフライパンやサービングパンなどのラインナップがあります。

アルミ製でガス火専用のため、IHでは使えない点がデメリット。海外の厨房を連想させるフォルムがおしゃれなので、ガス火のコンロがある一人暮らしの方におすすめの製品です。

両手鍋のおすすめ人気モデル|二人暮らし向け

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ココット・ロンド 20cm

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ココット・ロンド 20cm

ル・クルーゼの看板アイテムです。熱伝導性に優れ、ドーム型のフタで蒸気の対流を起こして食材にじっくりと火を通します。フタの重みで吹きこぼれしにくいのも嬉しいポイント。時短で簡単な料理作りに活躍します。

両手鍋の内側に施されたエナメルコーティングは、汚れが落ちやすくお手入れも簡単で、剥がれにくい加工です。長く愛用できる両手鍋をお探しの方におすすめ。カラー・サイズ展開も豊富で、料理家のなかでも愛用者が多い両手鍋です。

ティファール(T-fal) コンフォートマックス IHステンレス シチューパン 20cm

ティファール(T-fal) コンフォートマックス IHステンレス シチューパン 20cm

世界で初めてこびりつかないフッ素樹脂加工のフライパンを生んだ、フランスのティファール。コンフォートマックスは耐久性と使いやすさを追究したシリーズです。底面の3層構造はパワーの強いIHで起こりがちな鍋の変形を防ぎながら、均一に熱を伝えます。

取っ手やフタのつまみは調理中でも熱くならない樹脂製なので、鍋つかみを使う必要がありません。フタはガラス製で中が見やすく、吹きこぼれを防ぐ蒸気孔が付いています。シンプルで長持ちするステンレス製両手鍋をお探しの方におすすめです。

ストウブ(staub) ピコ・ココットラウンド 20cm

ストウブ(staub) ピコ・ココットラウンド 20cm

ストウブを代表する鋳物鍋です。ストウブは密閉性が高いので、無水調理が可能。食材から出た旨みを含んだ蒸気がフタの裏に並んだ突起に集まって、鍋の中に落ちていくので美味しさを逃しません。

内面は独自のザラザラ加工が施されており、焦げ付きを防ぎます。熱伝導がよく、調理時間が短縮できて経済的。保温性が高いので、そのまま食卓に出せば温かさを保てます。

レトロで深みのある色合いなので、鍋ごとサーブすればおしゃれなテーブルコーディネートを演出できます。無骨な雰囲気もあるので、料理男子にもおすすめの両手鍋です。

シャスール(CHASSEUR) ラウンドキャセロール 20cm

シャスール(CHASSEUR) ラウンドキャセロール 20cm

シャスールは、フランスにある鋳物製造の老舗メーカーです。鋳物なのでフタに重量もありますが、その重みで密閉性を高めて旨みを逃がさず保温します。またフタ裏のラインは、調理時の蒸気の対流と落ちる水滴のバランスを整え、食材の美味しさを最大限に引き出すことが可能です。

IH・直火の両方に対応しており、オーブン料理や米を炊く際にも活用できます。人気のピンクをはじめ、淡い色合いのカラーバリエーションが特徴。かわいらしいカラーの両手鍋をお探しの方におすすめです。

ダンスク(DANSK) コベンスタイルII 両手鍋 18cm

ダンスク(DANSK) コベンスタイルII 両手鍋 18cm

ダンスクはデンマークのブランドで、機能的でポップなカラーの北欧デザインが魅力です。コベンスタイル2は1956年に発表されたコベンスタイルの復刻版。一際目を引くクロスデザインのフタは鍋敷きにもなる優れもので、そのまま食卓にサーブするときに便利です。

ホーローは熱伝導率がよいので、忙しいときには大きめの素材をゴロゴロ入れて煮込むだけの時短料理が可能。鍋ごと食卓にサーブするだけで、手の込んだ料理のように見せてくれます。

使い勝手のよさやお手入れのしやすさ、華やかなカラーとデザイン性で、結婚や引っ越しのお祝いにもおすすめです。

マイヤー(MEYER) スターシェフ 両手鍋 20cm

マイヤー(MEYER) スターシェフ 両手鍋 20cm

マイヤーはアメリカの調理器具メーカーで、スターシェフは機能性を追求したシンプルなIH対応シリーズです。ほかのメーカーのものに比べて、持ち手ががっしりと太いのが特徴的。ステンレス製で熱伝導に優れ、内面はフッ素樹脂加工で焦げ付きにくさがあります。

フタのつまみが可動式なので、調理時はつまみを起こし、使わないときは倒すことですっきりと収納可能。丸みのないスタイリッシュなフォルムなので、洗練された雰囲気が好みの方におすすめです。

バーミキュラ(Vermicular) オーブンポットラウンド 18cm

バーミキュラ(Vermicular) オーブンポットラウンド 18cm

バーミキュラは、愛知県名古屋市にある老舗鋳造メーカーのブランドです。日本から世界に羽ばたく製品を作りたいという思いで製造された鋳物ホーロー鍋は、数々の工夫により素材本来の旨みを引き出す無水調理を可能にしました。

鍋底を凹凸のあるリブ状にすることで食材に熱が過剰に伝わるのを防ぎ、3層コーティングのホーローの遠赤外線で食材を内側から加熱、高い密閉性で旨みを閉じ込めて美味しく仕上げます。

フタと本体にそれぞれ取っ手が付いたダブルハンドルも特徴。持ちやすく、重さを感じにくい形状です。18cmサイズはカレー4皿分ほどの調理が可能。二人暮らしにおすすめの小ぶりな両手鍋です。

野田琺瑯(NODA HORO) キャセロール ポーチカ 20cm

野田琺瑯(NODA HORO) キャセロール ポーチカ 20cm

栃木県に工場を構える野田琺瑯は、創業80年を超える老舗ホーローメーカー。ステンレスやプラスチックなどの素材が市場を賑わした間もホーローのみを作り続け、今でもホーロー作りの全行程を自社で行っています。

大部分の製造過程を人の手で行うため手間がかかっていますが、安価で手に入るのが嬉しいポイントです。愛らしいコロンとしたフォルムと飾り気のない素朴さに、木製のつまみがアクセント。

IHにも対応しており、お手頃かつレトロでかわいい両手鍋をお探しの方におすすめです。

両手鍋のおすすめ人気モデル|ファミリー向け

パール金属(PEARL METAL) マルチテイスト IH対応 二食鍋 26cm

パール金属(PEARL METAL) マルチテイスト IH対応 二食鍋 26cm

ふたつの味を同時に楽しみたいときに活躍する、日本製の二食鍋です。内面は、ダイヤモンド粒子を配合した4層構造のフッ素樹脂加工で焦げ付きにくく、オール熱源に対応。ガラス製のフタなので中の様子が確認でき、フタのつまみには菜箸を置ける凹みが付いています。

水炊き・キムチなど、味の違う鍋を同時に楽しめるのはもちろん、鍋の締めがうどん派と雑炊派に分かれたときにも便利。家族や友達との鍋パーティーでのわがままを叶える鍋を探している方におすすめです。

ヨシカワ ステンレス槌目鍋 両手 22cm

ヨシカワ ステンレス槌目鍋 両手 22cm

金属加工で有名な新潟県で製造された両手鍋です。鍋側面とフタは凹凸のある槌目デザインで、高級感とともに温かみが感じられます。オールステンレス製なので丈夫で錆びにくく、耐久性があるのが特徴です。

ガス火でもIHでも使用できるので、引っ越しの機会が多い方でも安心。槌目模様には和風の雰囲気もあり珍しいデザインなので、和テイストが好みの方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 無加水鍋 24cm 深型

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 無加水鍋 24cm 深型

日本製のお手頃な無加水鍋です。底面を厚くすることで熱変形を防ぎ、側面を薄くすることで女性にも持ちやすい軽量化を実現。セラミックコーティングされたアルミ合金製で、熱伝導率がよく耐久性があり、汚れも落ちやすい設計です。

ガス火でもIHでも使用でき、素材の旨みを閉じ込めた美味しい料理が簡単に作れます。カラーもポップでかわいらしく、深さがあり取っ手と本体が一体化している珍しい形状です。変わった形の両手鍋を探している方や、価格を抑えた無加水両手鍋を探している方におすすめです。

フィスラー(Fissler) プロコレクション シチューポッド 24cm

フィスラー(Fissler) プロコレクション シチューポッド 24cm

プロコレクションは、ドイツのフィスラーがプロのために細部までこだわって製造したシリーズです。底面は三層構造で、加熱したときのアルミとステンレスの膨張率の違いまで考慮して設計されています。

ほかにも取っ手が熱くなりにくい構造や、フタが取っ手にかけられる設計、液だれしにくく鍋から直接容器に移せる工夫など嬉しいポイントがたくさん。高価ですが、納得の高機能と安心の耐久性で、料理好きな方におすすめの両手鍋です。

ビタクラフト(Vita Craft) アリゾナ 両手鍋 24cm

ビタクラフト(Vita Craft) アリゾナ 両手鍋 24cm

アメリカのビタクラフトの社名が、「ビタミン(ビタ)を逃さない手作り(クラフト)の鍋」に由来していることからも分かるように、無水調理が得意な両手鍋です。

また、もうひとつの特徴が全面多層構造。熱しやすく冷めやすいアルミと、熱しにくく冷めにくいステンレスを何層も重ねることで、熱効率がよく保温性の高い鍋になっています。

アリゾナは全面5層構造。優れた熱効率と保温力で調理時間を短縮可能。また、水蒸気の膜が鍋とフタの隙間を埋めるように設計されているので、少ない水分でも調理が可能です。

富士ホーロー(FUJIHORO) ビームス オールインワン 24cm

富士ホーロー(FUJIHORO) ビームス オールインワン 24cm

日本製の特殊な形状のホーロー鍋で、ガス火でもIHでも効率よく加熱できます。においや汚れが付きにくいのもメリット。内側が白いので料理の色も鮮やかに見え、揚げ物をするときに揚げ具合の確認がしやすいのもポイントです。

保温性も優れているほか、付属のスノコを使用すれば茶碗蒸しなどの蒸し料理も可能。ひとつあれば、ほとんどの調理が可能なので重宝します。かわいらしいデザインで大容量の両手鍋を、安価な価格でお探しの方におすすめです。

HALムスイ KING 無水鍋 24cm

HALムスイ KING 無水鍋 24cm

広島県で職人の手によりひとつずつ手作りされている、国産のアルミ鋳物鍋です。ガスでも羽釜のようなご飯が炊けるようにと1953年に生まれた鍋は、時代が移り変わるなか、無水で素材の旨みを引き出す鍋へとニーズを変えて生き残りました。

すべてを削ぎ落としたような、懐かしさもあり近未来的でもあるデザインで、グッドデザイン賞を受賞しています。素材の旨みを引き出し、濃厚な味わいとなる無水調理をはじめ、煮る・焼く・蒸す・揚げる・炊くなどすべての調理が可能。

厚手の鍋の長所とアルミ素材の軽さを兼ね備えたKINGの無水鍋は、両手鍋の重さをストレスに感じる方にもおすすめです。

ライターからヒトコト

両手鍋は、あらゆる料理に使える便利な調理器具です。使いこなせば煮物・焼き物・揚げ物など、料理のレパートリーを増やすことができます。素材や大きさの種類が豊富なので、利用シーンや家族の人数に合わせて最適な製品を選んでみてください。

記事内容について連絡
  • 急にインクが切れた時でも安心!はじめての大容量プリンターはブラザー「ファーストタンク」