シーズンを問わず、急な雨に降られた際にあると便利なのが「折りたたみ傘」。最近はコンパクトなタイプも多数ラインナップされており、ストレスなく持ち運べるアイテムが豊富に揃っています。

そこで今回はメンズにおすすめの折りたたみ傘をピックアップ。耐久性の高い製品と軽量性が優れている製品に項目を分けて、それぞれランキング形式でご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

折りたたみ傘の選び方

1. 耐久性抜群の丈夫な折りたたみ傘を選ぼう

豪雨の状況下ならともかく、にわか雨程度であればスマートに対応できるのが折りたたみ傘のメリット。とはいえ、使い続けることを考慮すると選ぶ際には、耐久性が高いほうが便利です。

ポイントはフレームに採用されている素材と骨の本数を確認しておくこと。この部分は折りたたみ傘の強度に関わる部分なので、重要なポイントとなります。

親骨の素材

By: rakuten.co.jp

「親骨」とは、傘を開いたときに、傘の中心部から先端までアーチ状に伸びている傘骨のこと。親骨の素材によって、折りたたみ傘の耐久性が変わります。親骨に使われている素材は、主に「アルミニウム」「スチール」「グラスファイバー」「カーボンファイバー」の4つです。

アルミニウムは耐久性が低いものの、軽量な点が魅力。一方、スチールはその逆で、耐久性が高いものの、やや重さがあります。

耐久性と軽さを両立させたいなら、親骨の素材がグラスファイバーやカーボンファーバーの折りたたみ傘を選ぶのがおすすめ。ちなみに、カーボンファイバー素材の折りたたみ傘は、耐久性と軽量さに優れている反面、グラスファイバーよりも高価な傾向にあります。選ぶ際は使い勝手と価格とのバランスを考慮して判断するようにしましょう。

親骨の本数

By: rakuten.co.jp

折りたたみ傘の耐久性は骨の本数に比例して高くなります。目安としては8本前後がおすすめ。特に親骨の本数が多いほど耐久性は高まりますが、多すぎると本体質量が重くなり持ち運びにストレスを感じることもあるので、注意しておきましょう。

2. 軽量で持ち運びやすい折りたたみ傘を選ぼう

By: rakuten.co.jp

折りたたみ傘の重さは300〜400gが主流。なお、アウトドア向けの製品であれば、200g程度の軽量な折りたたみ傘もリリースされています。軽量重視で選ぶ際はファッションブランドだけでなく、アウドドアメーカーの製品も候補としておきましょう。

3. 傘のサイズが大きめの折りたたみ傘を選ぼう

By: rakuten.co.jp

折りたたみ傘は歩きながら使うモノなので、垂直一方向からだけでなく、多角的に雨を防げたほうが便利。カバーする範囲を考慮して、サイズとしては90〜100cmはほしいところです。なお、余裕があれば、120〜140cmとやや大きめのモノも候補。ユーザー自身の体型も考慮して検討してみましょう。

4. 自動開閉機能や持ちやすさで選ぼう

By: amazon.co.jp

自動開閉機能が備わっている折りたたみ傘は、片手ワンタッチで対応できるので便利。なお、傘の持ち手は真っ直ぐなモノと緩やかなアーチを描いているモノがありますが、後者の方が持ちやすいのでおすすめです。

5. 高撥水素材の製品を選ぼう

撥水性の高い折りたたみ傘は生地に付着した水滴が球状で保たれるのが特徴。水分を吸収することなく弾いてくれるので、使用後すぐにバッグに入れられるというメリットがあります。

折りたたみ傘のおすすめブランド・メーカー

バーバリー(BURBERRY)

By: rakuten.co.jp

1856年にイギリスのロンドンで設立されたラグジュアリーブランドの「バーバリー」。シンプルながらも洗練されたデザインが特徴で、長きにわたって愛され続けています。

なお、国内ではアパレルメーカーの三陽商会とライセンス契約を結んでいましたが、2015年に終了。これにより日本におけるバーバリーの販売は英国本社が日本法人を通じて直営展開しています。

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

「モンベル」は1975年に創立された日本の総合アウドドアメーカーです。テントなどのキャンプ製品や登山用具などを数多く手掛けています。

同ブランドが手掛けている折りたたみ傘は、アウトドアシーンで使われることを前提として作られているので、堅牢性・撥水性に優れ、軽量なのが特徴です。

パラチェイス(PARACHASE)

By: rakuten.co.jp

「パラチェイス」は1976年に台湾で設立されたTengtingグループが展開する傘ブランド。同ブランドの折りたたみ傘はファッショナブルで耐久性が高いのが特徴のほか、ワンタッチ開閉にこだわっているのもポイントです。

トーツ(totes)

By: amazon.co.jp

「トーツ」は1924年にアメリカで創業したレイングッズのメーカー。同国ではレイングッズのシェアが高く、「折りたたみ傘と言えばトーツ」と言われるほど認知度の高いブランドです。

1970年にアメリカ初の折りたたみ傘を発売し、1992年には全自動開閉タイプの折りたたみ傘を開発。2000年には折りたたみ傘に関する特許も取得。機能性の高さはもちろん、おしゃれなデザインにも注目が集まっています。

フォックスアンブレラ(FOX UMBRELLAS)

By: amazon.co.jp

「フォックスアンブレラ」は1868年にイギリスのロンドンで創業。業界内においては比較的早く傘のフレームにスチールを使用したほか、世界で初めてナイロン素材の傘を開発したり、現在ではスタンダードになっている「U字断面のスチール」を考案したりと、パイオニアとして知られているブランドです。

クニルプス(Knirps)

By: amazon.co.jp

「クニルプス」は1928年に誕生したドイツの傘ブランド。世界で初めて折りたたみ傘を考案したことで知られており、ドイツ語の辞書では「Knirps」の欄に「折りたたみ傘」が表記されるほど有名な存在です。

耐久性が最強な折りたたみ傘おすすめランキング

第1位 パラチェイス(PARACHASE) 折りたたみ傘 自動開閉 大きい 140cm

傘を開いた時の本体サイズが直径140cmと大きいのが特徴の折りたたみ傘。荷物を持っていてもカバンを背負っていても濡れることがなく、実用性の高いアイテムです。

防水性の高い生地を使用しており、軽く振るだけで水滴が落とせるのも魅力。また、重量が500gと重い点には留意が必要ですが、自動開閉機能を搭載しているのが特徴で、両手が荷物で塞がっていてもワンタッチで傘を開くことが可能です。なお、風に煽られて裏返ってしまってもワンタッチでニュートラルな状態に戻せるのもポイント。機能性重視で折りたたみ傘を選びたい方におすすめです。

第2位 パラチェイス(PARACHASE) 折りたたみ傘 風に強い10本骨

2重構造になっている布地と丈夫な骨を組み合わせた折りたたみ傘。空気の流れを作るための通気孔が備わっているので、強風に煽られても比較的耐えることができます。

傘を開いた時の本体サイズは直径130cmと大きめ。また、親骨は10本使用されており、安心して使えます。また、自動開閉機能を搭載しているので、両手がふさがっていてもワンタッチで開閉できる点も魅力です。

第3位 モンベル(mont-bell) ロングテイル トレッキングアンブレラ

持った際に背中側までしっかりカバーしてくれる折りたたみ傘。リュックサックやバックパックを背負った際でも便利な仕様となっています。

表地にはポルカテックス加工が施されており、撥水性が高いのも魅力。使用後は水滴を弾くだけですぐにカバンの中に収納できます。

傘を開いた時の骨長は前50cm、後58cm。本数は8本ながらもカーボン製を採用しているので、耐久性は良好です。

第4位 トーツ(totes) TITAN 4sec mini aoc

親骨の素材に風速112km/hまで耐えられる「スーパーストロングアルミニウム」を採用している折りたたみ傘。生地には撥水加工が施されており、雨風をしっかりと防いでくれます。自動開閉機能が備わっており、急に雨が降ってきてもスマートに対応できるのが魅力です。

傘を開いた時の本体サイズは直径100cm。収納時には24cmとコンパクトになるので携行性にも優れています。また、UV加工が施されているのもポイント。フレキシブルに使える便利なアイテムです。

第5位 トーツ(totes) Vented Canopy 3 sec AOC

風の影響を受けにくい折りたたみ傘。二層構造を採用することによって風を分散させるので、風が強い日でも安心して使用できます。

傘を開いた時の本体サイズは直径124cmと大きく、成人男性でもしっかりカバーできるのがポイント。自動開閉機能が備わっているおりワンタッチで開閉できるのも便利です。

持ち手の素材には樹脂を採用。雨で濡れていても滑ることなくがっちりと掴めるのが魅力です。表地には撥水加工が施されており、少し振っただけで水滴を払えるので使い勝手は良好。堅牢性と携帯性を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

第6位 フォックスアンブレラ(FOX UMBRELLAS) メイプル テレスコピック

折りたたみ傘であっても長傘のような感覚で使いたいというユーザーの声を反映して作られた製品。親骨が10本あるため堅牢性に優れ、折りたたみ傘特有の脆弱さを感じさせない仕様になっています。

持ち手の素材には楓が採用されており、持ちやすいのも魅力。傘を開いた時の本体サイズは直径106cmとまずまず広く、折りたたんだ状態では45cmまで小さくなるので、持ち運びにも便利です。落ち着いた色合いで洗練されているので、ビジネスシーンで気兼ねなく使える折りたたみ傘を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

第7位 クニルプス(Knirps) T.220

シャフトの不意な飛び出しを防ぐ「セーフティー・システム」を搭載した折りたたみ傘。自動開閉機能付きなのでワンタッチで開閉することが可能なほか、ボタンも大きいので、操作しやすいのが特徴です。

傘の骨にはアルミニウムとスチールを採用したしており耐久性は良好。また、持ち手はABS樹脂が施されており、骨の柔軟性にも寄与しています。収納時は29cmとコンパクトながらも、使用時には97cmまで広がるのもポイント。使いやすい折りたたみ傘を求めている方におすすめです。

第8位 ウスカイ(Wsky) 折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉

風に強く、丈夫な折りたたみ傘。親骨の素材には軽量で耐久性のあるグラスファイバーを採用しているほか、「アンチ腐食コーティング加工」が施されており、強い風を受けても壊れにくく、雨にもしっかりと耐えられるのが魅力です。

生地にはテフロンポリエステルを採用。撥水性に優れ、水滴を簡単に落とせるのも魅力です。傘を開いた時の本体サイズが直径105cm。安心して使えるおすすめの折りたたみ傘です。

第9位 HOVAKORO 折りたたみ傘

耐久性と柔軟性に優れた折りたたみ傘。親骨10本に頑丈でよくしなるガラスファイバーを採用しており、風に強く、折れにくいのが特徴です。また、サビにくいのもポイント。開閉はスムーズで、しっかりと作り込まれている製品です。

傘を開いた時の本体サイズは直径105cm。収納時には33cmに収まるので大きさとしてはまずまずですが、重量は約480gとやや重いのでその点は留意しておきましょう。

撥水性は高く、水滴をしっかりと弾いてくれるのは魅力。スタイリッシュなデザインなので、ビジネスシーンにおすすめのアイテムです。

第10位 バーバリー(BURBERRY) ヴィンテージチェックディテール フォールディングアンブレラ

同ブランドの特徴とも言えるチェック柄を全面にプリントした折りたたみ傘。生地には乾きやすくて丈夫なポリエステルが採用されています。撥水性に優れているので水滴をしっかり弾き、使わなくなったらスムーズに収納できるのも魅力です。

フレームの素材には軽量性に優れたアルミニウムと強度の高いガラスファイバーが使われており、軽さと耐久性を兼ね備えているのもポイント。また、持ち手にはレザーを採用しており、高級感があるのも魅力です。

第11位 ブラント(BLUNT) XS メトロ A2457

風を受け流す構造を採用している折りたたみ傘。最大で風速72km/hまで耐えられると謳う製品で、安心感が高いのが特徴です。

本製品はジャンプ式で、ワンタッチで開けるのもポイント。布地には撥水性の高いポリエステルを採用しており、しっかりと水滴を弾いてくれるので、使い勝手は良好です。

また、安全性に配慮し、各部位の先端が丸くなっているのもポイント。カラーは8色をラインナップしています。

軽量で持ち運びに便利な折りたたみ傘おすすめランキング

第1位 マブ(mabu) 超軽量折りたたみ傘 hane MBU-LMH

本体重量約80gと軽量さがウリの折りたたみ傘。傘を開いた時の本体サイズは直径91cmで、同サイズでは軽量なクラスです。

親骨には軽くて丈夫なカーボンファイバーを採用。骨の本数が5本とやや少ないのは懸念事項ですが、耐久性はまずまずです。また、表地にはUVカット加工を施しているのもポイント。「とりあえず折りたたみ傘がほしい」という方におすすめのアイテムです。

第2位 ユビオン(UVION) 超軽量3段ミニ折傘

コンパクト仕様の折りたたみ傘。本体重量は約109gと軽く、収納時には21cmと小さくなるので、手軽に持ち運びできるのが特徴です。

傘を開いた時の本体サイズは直径90cm。親骨には旅客機の「ボーイング777」の尾翼に用いられる「東レ長繊維カーボン」を採用。軽さと頑丈さを兼ね備えています。また、生地にはテフロン加工が施されており、撥水性が高いのもポイント。折りたたみ傘を常にカバンの中に入れておきたいユーザーにおすすめです。

第3位 モンベル(mont-bell) U.L.トレッキングアンブレラ

10デニールと薄くて軽量な生地を使用し、コンパクトさと携行性に特化した折りたたみ傘。本体重量は128g、収納時の全長は26cmと持ち運びに便利なアイテムです。

表地にはポルカテックス加工が施されており、撥水性も良好。使わなくなったらすぐにカバンに収納できるのもポイントです。

生地の素材には耐久性を備えながらも軽量性と薄さが魅力の「バリスティックエアライト」という特殊素材を採用。傘を開いた時の本体サイズは直径88cmとやや小さいですが、軽さを重視したいという方におすすめの製品です。

第4位 モンベル(mont-bell) トレッキングアンブレラ

その名の通りトレッキング用の折りたたみ傘として便利なアイテム。親骨は8本とオーソドックスな作りながらも素材には丈夫なカーボンが採用されているため、耐久性は良好です。

傘を開いた時の本体サイズは直径98cm、収納時の全長は27cm。重量は約150gと軽さにも配慮しています。生地にはポルカテックス撥水加工が施されており、カバンへの収納もスムーズ。カラーは6色をラインナップしています。

第5位 小宮商店 カーボンミニ楽々開閉式

旅客機などにも使われるカーボンファイバーを親骨の素材に採用した折りたたみ傘。本体重量約175gという軽さながらも堅牢さも兼ね備えている製品です。収納時のサイズが25cmとコンパクトながらも、開くと109cmまで広がり、男性でも安心して使用できます。

生地にはテフロン加工が施されており、高い撥水性と防汚性を兼ね備えているのもポイント。機能性や材質にこだわっていながらも価格はリーズナブルなので、お得感の高い折りたたみ傘を求めている方におすすめです。

第6位 モンベル(mont-bell) サンブロックアンブレラ

遮熱性能が高く、UVカット率99.7%と謳う折りたたみ傘。裏地を黒くすることで遮光性を向上されているのが特徴で、夏の日差しの強い日に差せば日焼けを防ぐことも可能。熱中症対策にもなる便利なアイテムです。

傘を開いた時の本体サイズは直径98cm、本体の重量は200g。表地には75デニールと分厚いポリウレタンを採用しているほか、耐久撥水加工が施されており、汚れに強いのも魅力です。

第7位 クニルプス(Knirps) TS.010

軽量性と耐久性を兼ね備えた折りたたみ傘。親骨は6本と少ないですが、風によるねじれに配慮しているのが特徴です。素材にはアルミニウムとガラスファイバーを採用。重さは220gです。

表地には撥水加工がされており、軽く振っただけで水滴が落とせるのも魅力。また、自動開閉機能が備わっており、ワンタッチで開閉できるなど機能性も良好です。収納時には18cmにまで小さくなるので、スマートにカバン内に収納することができます。

第8位 トーツ(totes) totes Line Mini Manual

本体の重量は240gながら、収納時には15cmにまでコンパクトになる折りたたみ傘。カバンに入れておいても荷物にならず、使用時にサッと取り出せるのが魅力です。

生地には撥水性の高いポリエステルが使われており、親骨にはサビに強くて丈夫なステンレスが採用されているので、耐久性も良好。なお、本製品はラインナップが豊富で、17種類から選ぶことができるので、まとめ買いする際にもおすすめです。

第9位 シートゥサミット(SEA TO SUMMIT) トラベリングライト ポケットアンブレラ 1700438

常備用に適している折りたたみ傘。本体重量150g、収納時の長さ16cmと非常にコンパクトにまとまるので、カバンの中に入れっぱなしにしていてもストレスにならないのが魅力です。

親骨の素材にはアルミニウムを採用し、生地には70デニールのナイロンを用いているのが特徴。サビに強く、耐久性にも優れます。雨が降るたびにコンビニでビニール傘を購入している方はぜひチェックしておきましょう。

第10位 TAIKUU 折りたたみ傘

軽量性、実用性、耐久性のトータルバランスに優れた折りたたみ傘。本体重量は280g、収納時の本体サイズは28cmとコンパクトながらも、使用時には直径110cmにまで広がるのが特徴です。

本骨10本は強化グラスファイバー素材を採用。風にあおられてひっくり返っても簡単に元に戻せる構造で、最大で風速43.2km/hに耐えられると謳うほどタフな作りになっています。生地の素材には210T超高密度のテフロンポリエステルを採用しているのもポイント。撥水性が高く、傘を閉じて2〜3回振るだけで簡単に水滴が落とせるので、使い勝手は良好です。

第11位 ドップラー社(doppler) オーストリア

軽量ながらも頑丈な折りたたみ傘。本体重量は316gで、最大風速100km/hに耐えられると謳う堅牢性が特徴です。

傘を開いた時の本体サイズは直径100cm。収納時には28cmとスペックとしては及第点。持ち手の素材にはラバー加工が施された樹脂が採用されており、グリップ性は良好。ワンタッチかつスムーズに開閉できるので、特にビジネスシーンでは重宝するアイテムです。

第12位 Corrdirec 折りたたみ傘

自動開閉機能が備わっている折りたたみ傘。手がふさがっていてもワンタッチで開閉することが可能で、傘がひっくり返ってしまってもボタンを押せばスマートにまとまります。本体重量は322g、収納時の大きさは30.5cmとやや大きめですが、開くと103cmまで広がるので、使い勝手はまずまずです。

親骨の素材にはアルミニウム合金を使用。また、表地にはテフロン加工が施されているので、耐久性と撥水性をしっかり兼ね備えています。価格もリーズナブルなので、お得感の高い折りたたみ傘を探している方はぜひチェックしておきましょう。