折りたたみ傘が1本あれば、急な雨の日に重宝します。折りたたみ傘も進化していて、耐久性に優れたタイプや、軽量化したタイプ、ワンタッチで自動開閉する最新モデルなど、バリエーション豊富に展開されているのが特徴です。

そこで今回は、メンズにおすすめの折りたたみ傘をランキング形式でご紹介します。折りたたみ傘で人気のあるブランドも厳選したので、ぜひチェックして最強の1本を手に入れてください。

折りたたみ傘の選び方

①耐久性抜群の丈夫な折りたたみ傘を選ぼう

折りたたみ傘を選ぶときに、重視したいのが耐久性です。耐久性がない折りたたみ傘を選ぶと、雨はしのげても、強風にあおられて壊れてしまう場合も。丈夫で壊れにくい折りたたみ傘を選ぶには、「親骨の素材」「親骨の本数」をチェックするのがポイントです。

親骨の素材

By: rakuten.co.jp

「親骨」とは、傘を開いたときに、傘の中心部から先端までアーチ状に伸びている傘骨のこと。親骨の素材によって、折りたたみ傘の耐久性が変わります。親骨に使われている素材は、主に「アルミニウム」「スチール」「グラスファイバー」「カーボンファイバー」の4つです。

アルミニウムは耐久性は低いものの、軽量な点が魅力。一方、スチールは高い耐久性を誇るものの軽量さに欠ける面があります。

耐久性と軽さを両立させたいなら、親骨の素材がグラスファイバーやカーボンファーバーの折りたたみ傘を選ぶのがおすすめです。ただし、カーボンファイバー素材の折りたたみ傘は、耐久性と軽量さに優れている反面、グラスファイバーよりも高価な傾向にあります。

親骨の本数

By: rakuten.co.jp

折りたたみ傘の親骨は、8本が主流です。親骨の本数が多いほど耐久性は高まりますが、傘の重たさや折りたたむ手間が増してしまうというデメリットも。そこで、耐久性や軽さ、使いやすさなどのバランスを考慮して、親骨が8本程度の折りたたみ傘を選ぶのがおすすめです。

②軽量で持ち運びやすい折りたたみ傘を選ぼう

By: rakuten.co.jp

折りたたみ傘はバッグなどに収納して持ち運ぶことから、できるだけ軽量なタイプを選びたいところ。折りたたみ傘の重さは、300~400gくらいが主流になっています。ビジネス用として常に持ち歩いたり、登山などでアウトドア利用したりする場合には、200gくらいの軽量な折りたたみ傘を選ぶのがおすすめです。

③傘のサイズが大きめの折りたたみ傘を選ぼう

By: rakuten.co.jp

できるだけ大きいサイズを選ぶのも、メンズ用の折りたたみ傘を選ぶ上で重要なポイントです。小さいサイズの折りたたみ傘を選んでしまうと、肩幅がある男性は雨をしのげなくなってしまいます。

傘の「〇〇cmサイズ」というスペックは、親骨の長さに基づいて表示されています。メンズ向けなら、親骨の長さが65cm以上、直径90cmくらいの折りたたみ傘を選ぶと安心です。

④自動開閉などの機能があるとより便利

By: amazon.co.jp

ワンタッチで自動開閉する折りたたみ傘を選べば、便利さが格段にアップ。ボタンを押すだけで傘を自動開閉できるので、片手で操作でき、荷物が多いときや急いでいるときに重宝します。

ただし、便利な機能が付いているモノは通常の折りたたみ傘より重い傾向にあるため、本当に必要な機能であるか検討してから手に入れましょう。

折りたたみ傘のおすすめブランド・メーカー

トーツ(totes)

By: amazon.co.jp

「トーツ」は、1924年にアメリカで創業したレイングッズのメーカー。本国ではレイングッズのシェアNo.1を誇っていて、「トーツといえば折りたたみ傘」といわれるほど認知度の高いブランドです。

1970年にアメリカ初の折りたたみ傘を発売し、1992年には全自動開閉タイプの折りたたみ傘を開発しました。2000年には、折りたたみ傘をより便利に使用できる「ワイドストラップ」の特許を取得。機能性の高さはもちろん、おしゃれなデザインが人気を呼んで世界中で親しまれているブランドです。

フォックスアンブレラ(FOX UMBRELLAS)

By: amazon.co.jp

「フォックスアンブレラ」は、1868年にイギリスのロンドンで創業した、主に傘を手がけるブランドです。1880年頃まではクジラの骨が主流だった傘のフレームにスチールを利用し、傘の歴史に変革をもたらしました。

また、世界で初めてナイロン素材の傘を開発したり、現在の世界基準となっている「U字断面のスチール」を考案したりと、今でも傘の元祖として君臨し続けています。創業以来、熟練した職人たちによる手づくりにこだわり、実用性はもちろん、美しいフォルムで世界中の人々を魅了しているブランドです。

クニルプス(Knirps)

By: amazon.co.jp

「クニルプス」は、1928年に誕生したドイツの傘ブランド。ブランドの生みの親であるハンス・ハウプト氏は足が悪かったため、杖と傘を一緒に持ち歩くことに不便を感じていました。そこで開発されたのが、世界初となる折りたたみ傘です。1934年には、ハンス氏が考案した折りたたみ傘が特許を取得しました。

ドイツ語の辞書では「Knirps」の欄に「折りたたみ傘」と表記されるほど、ドイツで折りたたみ傘の代名詞になっているクニルプス。展開する折りたたみ傘のフレームには自社開発した製品のみを使用するなど、品質追求を徹底しています。ドイツをはじめ世界中の人々に愛用されているブランドです。

耐久性が最強な折りたたみ傘おすすめランキング

第1位 moonwind ワンタッチ自動開閉折り畳み傘

高密度のPG布を採用した折り畳み傘。特殊な撥水加工を施すことによって、雨粒が布地を滑るように落ちていきます。また、UVカット機能も有しているので真夏のような日差しが強いときは日傘として使うことも可能です。

傘を開いた時の直径は約100cm。一般的な長傘とほとんど同じサイズなので、体が大きい方も安心です。傘骨には、柔軟な繊維素材を使用。強風にあおられても曲がりにくいため、長く使うことができます。濡れている傘をそのまま収納できる傘カバーが付いてくるのもポイント。高性能な折り畳み傘を探している方におすすめです。

第2位 トーツ(totes) 自動開閉 折りたたみ傘 Titan Line 7559

「Titan」は、強風で傘が傷むことを防ぐために、2014年に開発されたトーツの人気シリーズです。時速112kmの強風に耐えられる強度がありながら、傘骨に「スーパーストロングアルミニウム素材」を利用することで軽量化も実現しています。

親骨の長さは60cmというコンパクトサイズながら、開くと傘の直径が108cmまで広がるのもおすすめの理由。また、SPF50+のUV加工が施されているため、晴雨兼用で使えるのも嬉しいメリットです。便利なワンタッチの自動開閉機能も装備しています。

第3位 フォックスアンブレラ(FOX UMBRELLAS) maple telescopic FX-TL1-MC-00-04

ハンドルにメイプル(楓)を使用した、フォックスアンブレラならではの高級感がある折りたたみ傘。親骨が10本あるため耐久性に優れていて、強風をしのぎやすい構造になっています。

折りたたんだ状態でも長さ約45cmと大きめで、開いた際の直径は106cm。折りたたみ傘ながら、面積が広く安心して使用できます。シンプルなデザインと上品な色合い、美しいフォルムが特徴の折りたたみ傘なので、ビジネスシーンにおすすめです。

第4位 クニルプス(Knirps) TS.010

親骨6本、長さ52cmとコンパクトでありながら、傘の中棒である「シャフト」上部を12角にすることで強風に耐えられる構造を得た折りたたみ傘。傘骨にはアルミニウムとグラスファイバーを使用していて、重さ約220gという軽量化が実現しているのもおすすめのポイントです。コンパクトながら、開いたときの直径が約94cmもあるので、男性でも雨の日に安心して利用できます。

傘の生地には撥水加工がされている他、操作が簡単なワンタッチの自動開閉機能も付いているため、機能性もバツグンです。また、出し入れの容易なジッパー付きの専用ケースが付属。収納時には長さ18×幅7cmほどのサイズで、フラットなフォルムになるので、カバンにしまいやすいのも大きな魅力です。

第5位 モンベル(mont-bell) トレッキングアンブレラ 1128550

「モンベル」は、1975年に設立された日本のアウトドア総合メーカー。主に登山用品などを手がけているため、折りたたみ傘の耐久性は折り紙付きです。モンベルの折りたたみ傘には、すべてカーボンファイバーが採用されています。丈夫で耐久性に優れていて、軽量なのが特徴です。

本製品の重さは、なんと約150g。生地には「ポルカテックス加工」を施しており、世界最高レベルの撥水性能を誇ります。撥油性にも優れているため、水だけでなく汚れに強いのが特徴です。

直径98cmのビッグサイズでありながら、専用のケースに収納すれば約27cmとコンパクトになります。ビジネスシーンはもちろん、アウトドアにもおすすめの折りたたみ傘です。

第6位 ウスカイ(Wsky) 折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉

「ウスカイ」は、傘を専門に生産しているメーカー。本製品はグラスファイバーの親骨を10本採用しているため、耐久性が高く強風でも壊れにくいのが特徴です。10本の親骨には「アンチ腐食コーティング加工」が施されているため、サビにくい折りたたみ傘に仕上がっています。

親骨の長さは58cmですが、開くと直径105cmにまで広がるビッグサイズのため、2人用としても利用可能です。

傘の生地には、超高密度の「テフロンポリエステル素材」を採用。撥水性が高く、軽く振るだけで水滴を簡単に落とせます。また、専用の収納ケースやワンタッチの自動開閉機能も備えているので便利。耐久性と機能性に優れた折りたたみ傘です。

第7位 パラチェイス(PARACHASE) 折りたたみ傘 自動開閉

「パラチェイス」は、台北のレイングッズメーカーが展開する傘のブランドです。本製品は親骨の長さが70cmと大きい折りたたみ傘なので、2人用としても利用できます。

素材にはアルミニウムとグラスファイバーを使用していて、風に強く耐久性に優れているのもおすすめのポイント。ワンタッチの自動開閉機能を備えており、風で傘が裏返っても開閉ボタンを押したら元の状態に戻ります。

生地には防水性の高い布を利用しており、傘を振るだけで雨水が落とせるのも魅力。おしゃれな収納ケース付きな点もおすすめの折りたたみ傘です。

第8位 ブラント(BLUNT) XS メトロ A2457

「ブラント」は、1999年に当時エンジニアであったグレイグ・ブレブナー氏の体験をきっかけに誕生しました。強風でひっくり返った多くの傘を目の当たりにし、鋭利な矛先が目を突きそうだと恐怖を覚えたことがブランドの始まりです。その後グレイグ氏は実験を重ね、最高風速117km/hの強風に耐えられる傘を開発しました。

「XS メトロ」は、ブラントが誇る折りたたみ傘シリーズです。ブラントの傘は、骨の先端が隠れている独特のデザインで有名ですが、これは安全性だけでなく耐風性も考慮して設計されたモノ。ブランドが独自に開発した「BLUNT Tips」を使用することで過酷な天候条件でも風を外へ逃がして、傘が裏返らないよう計算されています。ユニークでおしゃれなフォルムでもおすすめの折りたたみ傘です。

第9位 ユーロシルム(EuroSCHIRM) DANTY オートマチック 19570017

「ユーロシルム」は、1919年にドイツで創業した傘メーカー「エベルハルト・ゲーベル」が手がけるブランド。独自の素材やデザインにこだわりぬいており、傘一筋の職人気質あふれる企業です。

「DANTY」は、ワンタッチの自動開閉機能を備えた折りたたみ傘シリーズ。カラーは10色展開されていて、シルバーにはUVカット加工が施されています。また、リフレクトブラックには反射テープが付いているため、夜の帰りが遅いビジネスマンにもおすすめです。

第10位 ハラダ(HARADA) 耐風自動開閉折りたたみ傘 UM-001

グラスファイバーを採用し、強風に耐えられるよう設計された折りたたみ傘。自動開閉機能があるにもかかわらず、約425gと比較的軽量な点が魅力です。骨がジョイントする部分にはゴムとスプリングを採用しているので、折れにくい傘に仕上がっています。

また、ハンドルには溝が作られており、持ちやすい構造になっているのもおすすめのポイント。直径が約100cmと大きいため、メンズ用としても申し分ない大きさの折りたたみ傘です。

第11位 Bodyguard 折り畳み傘 ワンタッチ自動開閉

「Bodyguard」の折りたたみ傘は、丈夫で折れにくいと話題。グラスファイバーの親骨が10本もあるため、風に強く耐久性に優れているのが本製品の特徴です。親骨の長さは58cmとコンパクトでありながら、傘を開くと直径105cmまで広がるのもおすすめのポイント。

生地には超高密度の「テフロンポリエステル」を採用しているため、撥水性が高く豪雨でも濡れにくい作りになっています。ワンタッチ開閉機能が付いていることもあり、重さは約445gありますが、ハンドルに「ラバーペイント」を施しているため、長時間傘をさしていても疲れにくいのが特徴です。

また、専用の収納ケース付きであるにもかかわらずリーズナブルな点も魅力。折りたたみ傘でも強い雨にもしっかりと対応できるモノを探している方におすすめです。

第12位 PLEMO 自動開閉折りたたみ傘

熟練した職人が1本ずつ丁寧に製作し、完成まで90日を費やす「PLEMO」の折りたたみ傘です。傘骨にはグラスファイバーを採用し、丈夫で折れにくい折りたたみ傘に仕上がっています。

傘を開いたときの直径が113cmもあるため、大人2人で利用できるのもおすすめのポイント。撥水性に優れた「210T」の布地を使用しているので、雨水もつるんと流れ落ちます。

また、ワンタッチの自動開閉機能にともない、跳ね返りを防ぐ構造を採用しているため、ケガを予防しやすくなっているのも魅力。ハンドルはゴム製で、滑りにくく疲れにくいのもおすすめのポイントです。

第13位 Flinelife 折りたたみ傘 軽量

「Flinelife」の折りたたみ傘には、「航空アルミ合金傘骨」が使われています。スチールより2倍の強さがあり、軽さは3分の1ほどという贅沢な素材です。そのため、本製品は親骨が8本なのですが、10本のモノよりも豪雨や風に強い設計になっています。また、耐久性が高く軽量なのはもちろん、サビにくいのも嬉しいメリットです。

開くと118cmもの直径がありますが、たためば長さ24cmとコンパクトに収まります。ポリエステル製の生地には撥水とUV加工が施されていて、晴雨兼用で利用できるのも魅力。メンズとレディース兼用の折りたたみ傘なので、一家に1本あると重宝します。

第14位 フルトン(FULTON) Hurricane

「フルトン」は、1956年にイギリスで創立した老舗の傘ブランドです。設立当初から「高品質・技術革新・デザイン性」を追求し、英国王室御用達のブランドとして世界中で親しまれています。

「ハリケーン」は、ネーミングの通り風に強い折りたたみ傘。親骨の長さ53cmで、傘を開いた際の直径は95cm、重さ約266gと、サイズと重さのバランスがよいのも魅力です。指を挟みにくい仕様のため、開閉時のケガを防ぎやすくなっています。

傘生地から骨、ハンドルまで黒一色でまとめたシンプルなデザインの中で、骨のジョイント部分の緑色がおしゃれなアクセントに。さらに、折りたたんだ傘を収納しやすい専用のケースも付いておりおすすめです。

第15位 前原光榮商店 紳士用雨傘 折り畳み

「前原光榮商店」は、1948年に東京の下町で創業した日本を代表する傘メーカー。職人技を生かしたメイドインジャパンにこだわり、皇室や著名人にも広く愛用されています。現在は3代目となる前原慎史氏が創業時のコンセプトを受け継ぎ、大量生産ではない国産の傘を提供しているブランドです。

本製品は生地にシャンブレーを採用しており、角度によって変化する色合いを楽しめます。ハンドルには前原光榮商店ならではの金具がデザインされていて、高級感あふれる仕上がりになっているのも魅力。上品な折りたたみ傘なので、ビジネスシーンでも長く愛用できます。

第16位 ラムダ(Ramuda) ピンストライプ 自動開閉 折りたたみ傘 20NM215302

「ラムダ」は、1946年に創業した東京・日本橋に工房を構える傘専門のブランド。「ていねい」「うつくしい」をコンセプトに、熟練した職人が1本ずつ手作りした国産傘を提供しています。

本製品の親骨はグラスファイバーとスチール製で、ワンタッチの自動開閉スイッチを内蔵していながら約385gという軽量化を叶えています。また、生地には富士山麓の湧き水で染め上げた「甲州織」を採用し、美しい発色とハリが魅力。高級感がありおしゃれなストライプ柄の折りたたみ傘なので、贈り物としてもおすすめです。

軽量で持ち運びに便利な折りたたみ傘おすすめランキング

第1位 マブ(mabu) 超軽量折りたたみ傘 hane MBU-LMH

「マブ」は、雨の日も楽しめるレイングッズなどを展開しているブランド。折りたたみ傘「hane」シリーズは、重さ約77gという驚愕の超軽量。なんと、iPhone7 Plus半分程度の重さしかありません。折りたたんだときの長さも約22cmとコンパクトでありながら、直径は約91cmなのでメンズ用としても申し分ないサイズです。

長さ約55cmの親骨には「カーボンファイバー」を採用しており、5本骨にもかかわらず耐久性に優れています。また、紫外線の遮蔽率95%以上なので、日傘としても利用できるのも魅力。バッグに入れっぱなしでも気にならないほど軽量なので常に携帯すれば、急な雨に降られてビニール傘を買う必要がありません。

第2位 ハンズプラス(hands+) 17 超軽量折りたたみ傘

「ハンズプラス」は、東急ハンズが手がけているオリジナルのブランド。撥水効果が高いタイプや自動開閉式のモデルなど、幅広い折りたたみ傘を提供しています。本製品は重さわずか約99gの軽量タイプです。

超軽量ながら撥水加工も施されていて、紫外線の遮蔽率も90%以上なので雨晴兼用できます。10色展開という豊富なカラーバリエーションも魅力の折りたたみ傘です。

第3位 ユビオン(UVION) 超軽量3段ミニ折傘 8803

「ユビオン」は、1949年に東京の日本橋で創業した「東京丸惣(まるそう)」が手がける傘ブランド。「驚きの製品を世界に。」をコンセプトに、アイデアに満ちあふれる斬新な折りたたみ傘などを提供しています。

本製品は、風船で浮いてしまうほど軽量な傘で、重さはわずか約109g。親骨にはカーボンファイバーを採用し、6本ながらも丈夫で壊れにくい構造になっています。また、たたむと21cmとコンパクトになるため、カバンに常備しておくのもおすすめです。

第4位 小宮商店 カーボンミニ楽々開閉式

「小宮商店」は、1930年に東京で創業した老舗の傘メーカー。コンセプトに「品質、信頼、改革」を掲げ、修理やメンテナンスに柔軟に対応するなど傘専門メーカーとしての信念とプライドを守り続けています。

本製品の親骨はカーボンファイバーで作られていて、耐久性と軽量化を両立。親骨の長さは60cm、開いたときの直径は109cmとメンズ用としては申し分ないサイズにもかかわらず、約175gという軽さが魅力です。

骨が集まっている「ロクロ」部分を上下するだけで、簡単に開閉するのも特徴。また、テフロン加工されているので、撥水性や防汚機能にも優れています。カーボンファイバーを利用した傘は一般的に高価な傾向にありますが、本製品はリーズナブルなのもおすすめのポイントです。

第5位 ウォーターフロント(waterfront) 極軽カーボン三折

「ウォーターフロント」は、傘の国内シェアNo.1を誇るブランドです。多彩なデザインやカタチの傘を展開していて、男女問わず幅広い年齢層からの支持を集めています。

本製品は、軽さと大きさを追求した折りたたみ傘。カーボンファイバーを使用しているため、親骨の長さ65cmのサイズがありながら、約200gという軽量化を実現しています。

カラーは、黒・紺・グレーとビジネスにおすすめのラインナップ。三つ折タイプなのでたたみやすく、おしゃれなブランドロゴ入りのケースが付いている点も魅力の軽量折り畳み傘です。

第6位 マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY) 超軽量ミニ傘 バーブレラ

「マッキントッシュ フィロソフィー」は、イギリスの老舗ブランド「マッキントッシュ」のセカンドラインとして誕生しました。上質なモノ作りとクラシックなデザインで、ビジネスにもおすすめの上品なアイテムを提供しています。

ブランドが誇る「バーブレラ」は、軽さとファッション性を兼ね備えたニュータイプの折りたたみ傘。親骨の長さは50cmと55cmの2サイズが展開されていて、55cmでも約94gという軽量化を実現しています。カーボンファイバーを使用しているため、耐久性に優れているのもおすすめのポイントです。

また、カラーバリエーションが豊富なので、ビジネスからアウトドアまで幅広くマッチします。性別を問わないスタイリッシュなデザインで、家族との兼用やギフトにもおすすめです。

第7位 シートゥサミット(SEA TO SUMMIT) トラベリングライト ポケットアンブレラ

「シートゥサミット」は、1990年にオーストラリアのパースで誕生したブランドです。ネーミングの通り「海から山頂まで」利用できる幅広いギアを展開していて、使い勝手のよいアイテムが豊富にそろっています。

ブランドが誇る「ポケットアンブレラ」は、約150gと軽量でコンパクトに収納できる折りたたみ傘。折りたたむと長さ16cmほどのサイズにまとまります。超小型・軽量な折りたたみ傘なので、日常だけでなく旅行用などとしてもおすすめです。

第8位 ドップラー(doppler) ウルトラライト折りたたみ傘 HAVANA

「ドップラー」は、1947年にオーストリアで創業したヨーロッパ随一の傘ブランドです。現在まで傘一筋にブランドを展開していて、定番のモデルからスタイリッシュなタイプまで、幅広いアイテムを提供しています。

本製品は傘骨にグラスファイバーを採用しているため、約140gと軽量でありながら耐久性に優れているのが特徴です。デザインもシンプルでスタイリッシュなので、ビジネスシーンで利用する折りたたみ傘としてもおすすめします。

第9位 トラディショナルウェザーウェア(Traditional Weatherwear) 折りたたみ傘

イギリスのデイリーウェアブランド「トラディショナルウェザーウェア」が手がける折りたたみ傘。ワンタッチで傘が開くので、荷物が多いときにも便利です。

また、折りたたむと長さ約29cmとコンパクトになる点や、生地と同色の専用ケースが付いている点も魅力。カラーも定番の黒からグリーンやレッドまでそろっていて、TPOに合わせて好みの折りたたみ傘を選べます。

第10位 シップス(SHIPS) 折り畳み傘

「シップス」は、1975年に設立された日本の老舗セレクトショップ。オリジナル商品、通称”セレオリ”もコスパが高く、おしゃれなアイテムがそろっています。

シップスオリジナルの折りたたみ傘は、ワンタッチで傘が伸びて、ツータッチで傘だけ閉じるという優秀アイテム。折りたたむとコンパクトで長さも約29cmなので、持ち歩くのに最適です。

黒やネイビー、グレーといった定番カラーを採用した無地の傘は、ビジネスシーンでの利用におすすめ。シンプルな折りたたみ傘なので、メンズだけでなくレディース用としても利用できます。

折りたたみ傘のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

折りたたみ傘のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。