季節を問わず、急な雨の際にあると便利な「折りたたみ傘」。最近は、ストレスなく持ち運べるコンパクトなモデルも多数ラインナップされています。

そこで今回は、メンズにおすすめの折りたたみ傘をピックアップ。耐久性や軽量性に優れたアイテムをランキング形式でご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

折りたたみ傘の選び方

1. 丈夫な折りたたみ傘を選ぶ

豪雨の状況下ならともかく、突然の雨にも対応できるのが折りたたみ傘のメリット。使い続けることを考慮すると、耐久性が高いモデルを選びましょう。

特に、フレームに採用されている素材と親骨の本数にも注目。折りたたみ傘の強度に関わる部分なので、耐久性を重視する方は、必ず確認しましょう。

親骨の素材

By: rakuten.co.jp

「親骨」とは、傘を開いたときに傘の中心部から先端まで、アーチ状に伸びている傘骨のこと。親骨の素材によって折りたたみ傘の耐久性が決まります。親骨に使われている素材は、主にアルミニウム・スチール・グラスファイバー・カーボンファイバーの4つです。

アルミニウムは耐久性が低いものの、軽量な点が魅力。一方、スチールは耐久性が高いものの、やや重さがあります。また、耐久性と軽さを両立させたいなら、グラスファイバーやカーボンファイバーのモノを選ぶのがおすすめです。

ちなみに、カーボンファイバー素材の折りたたみ傘は、耐久性と軽量さに優れている反面、グラスファイバーよりも高価な傾向にあります。選ぶ際は使い勝手と価格とのバランスを考慮して判断するようにしましょう。

親骨の本数

By: amazon.co.jp

折りたたみ傘の耐久性は、親骨の本数に比例して高くなります。目安としては8本前後がおすすめ。特に親骨の本数が多いほど耐久性は高まりますが、多すぎると本体質量が重くなり、持ち運びにストレスを感じることもあるので、注意しましょう。

2. 軽量で持ち運びやすい折りたたみ傘を選ぶ

By: amazon.co.jp

折りたたみ傘の重さは300〜400gが主流です。なお、アウトドア向けの製品であれば、200g以下の軽い折りたたみ傘も発売されています。軽さを重視して選ぶ際はファッションブランドだけでなく、アウトドアメーカーの製品も候補に入れておきましょう。

3. 傘のサイズが大きめの折りたたみ傘を選ぶ

By: rakuten.co.jp

折りたたみ傘は歩きながら使うモノなので、垂直一方向からだけでなく、多角的に雨を防げた方が便利です。カバーする範囲を考慮して、サイズとしては90〜100cmのモデルを選びましょう。なお、携行性より、使いやすさを重視する場合は、120〜140cmとやや大きめのモノも候補に入ります。自分の体型も考慮して検討してみましょう。

4. 自動開閉機能や持ちやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

自動開閉機能が備わっている折りたたみ傘は、片手でワンタッチ操作できるので便利です。片方の手が埋まっている状況では重宝します。また、傘の持ち手は真っ直ぐなモノと緩やかなアーチを描いているモノがありますが、後者の方が手にフィットして持ちやすくなっているのでおすすめです。

5. 高撥水素材の製品を選ぶ

一般的にはポリエステルが多く使用されていますが、ポリエステルでも高撥水素材の折りたたみ傘も増えてきています。撥水性の高い折りたたみ傘は、生地に付着した水滴が球状で保たれるのが特徴。水分を吸収することなく弾くので、使用後すぐにバッグに入れられるというメリットがあります。

折りたたみ傘のおすすめブランド・メーカー

バーバリー(BURBERRY)

By: amazon.co.jp

1856年にイギリスのロンドンで設立されたラグジュアリーブランドの「バーバリー」。シンプルながらも洗練されたデザインが特徴で、長きにわたって愛され続けています。

イギリスの不安定な天候から身を守るため、悪天候にも対応できる生地を開発。当時のレインウェアに革命をもたらしたことでも有名です。

ブランドを象徴するバーバリーチェックを採用したアイテムは、トラッドスタイルと相性良好。機能性とデザイン性に優れたレイングッズを探している方におすすめのブランドです。

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

「モンベル」は1975年に創立された日本の総合アウトドアメーカーです。テントなどのキャンプ用品や登山用具などを数多く手掛けています。

同ブランドが手掛けている折りたたみ傘はアウトドアシーンで使われることを前提として作られているので、堅牢性・撥水性に優れ、軽量なのが特徴です。

パラチェイス(PARACHASE)

By: amazon.co.jp

「パラチェイス」は、1976年に台湾で設立されたTengtingグループが展開する傘ブランド。同ブランドの折りたたみ傘はファッショナブルで耐久性が高いほか、ワンタッチ開閉にこだわっているのも特徴です。

トーツ(totes)

By: amazon.co.jp

「トーツ」は1924年にアメリカで創業したレイングッズのメーカー。同国ではレイングッズのシェアが高く「折りたたみ傘といえばトーツ」といわれるほど認知度の高いブランドです。

1970年にアメリカ初の折りたたみ傘を発売し、1992年には全自動開閉タイプの折りたたみ傘を開発しました。2000年には折りたたみ傘に関する特許も取得。機能性の高さはもちろん、おしゃれなデザインにも注目が集まっています。

フォックスアンブレラ(FOX UMBRELLAS)

By: amazon.co.jp

「フォックスアンブレラ」は1868年にイギリスのロンドンで創業した傘ブランド。業界内においては比較的早く傘のフレームにスチールを使用したことで知られます。また、世界で初めてナイロン素材の傘を開発したり、現在ではスタンダードになっている「U字断面のスチール」を考案したりと、業界のパイオニアとしても有名なブランドです。

クニルプス(Knirps)

By: amazon.co.jp

「クニルプス」は1928年に誕生したドイツの傘ブランド。世界で初めて折りたたみ傘を考案したことで知られており、ドイツ語の辞書では「Knirps」の欄に「折りたたみ傘」が表記されるほど有名な存在です。

折りたたみ傘のおすすめランキング|TOP1〜10位

第1位 パラチェイス(PARACHASE) 折りたたみ傘 JP-K1

パラチェイス(PARACHASE) 折りたたみ傘 JP-K1

体格のよい方やリュックを背負うことが多い方などに、おすすめの折りたたみ傘です。一般的な傘の親骨の長さが60cm程度なのに対して、本製品は約70cmと大きいのが特徴。ワンプッシュで簡単に開閉できるのも魅力のひとつです。荷物が多いときや車から乗り降りする際などに重宝します。

傘骨には、柔軟性に優れたグラスファイバー素材を採用。シャフト(中棒)にはスチール素材を採用することで、耐久性を高めています。また、防水性と防汚性に優れた生地を使用しており、軽く振るだけで水滴を落とせるのもメリット。専用のケースが付いているので、持ち運びにも便利です。

第2位 トーツ(totes) 折り畳み傘 Vented Canopy

トーツ(totes) 折り畳み傘 Vented Canopy

二層構造を採用しており、風を分散してくれるため強風の日でも安心して使える折りたたみ傘。生地に撥水加工が施されているため、水をしっかりと弾いてくれます。傘を広げたときの直径が約124cmと大きいのも魅力です。

自動開閉機能が搭載されているので、持ち手部分に付いているボタンを押すだけで簡単に開閉可能。荷物などで片手が塞がっている状態でも、快適に傘を開いたり閉じたりできます。シンプルな無地をはじめ、カモフラージュ柄やチェック柄などデザインが豊富なので、ぜひ自分好みの1本を選んでみてください。

第3位 クニルプス(Knirps) 折りたたみ傘 T.220

クニルプス(Knirps) 折りたたみ傘 KNT220-1000

ドイツの傘ブランド「クニルプス」のおしゃれで機能的な折りたたみ傘。大きめボタンで誰でも操作しやすいワンタッチ自動開閉式を採用しているのが特徴です。

シャフトを手で押し戻す際に、途中で手を離しても元の長さまで戻ることがない安全機能を搭載。力をかけて一気にシャフトを押し戻す必要がないため、手が雨水で濡れていてもスムーズに傘を閉じられます。

親骨にはグラスファイバーとアルミを採用。柔軟性に富む樹脂素材をジョイント部分に使用することで、風雨による衝撃を逃がして強度を保ちます。出し入れがしやすいジッパー式の専用ケース付きで、持ち運びにも便利です。

第4位 バーバリー(BURBERRY) メンズ チェック 折りたたみ傘

バーバリー(BURBERRY) メンズ チェック 折りたたみ傘

シックなカラーがおしゃれな「バーバリー」の折りたたみ傘。表と裏でデザインの異なる生地を使用しているのが特徴で、憂鬱な雨の日が楽しくなるような、おしゃれな折りたたみ傘を探している方におすすめです。

親骨の長さは折りたたみ傘のなかでは標準的な55cmで、普段使いには十分なサイズ。折りたたみ時のサイズは約24cmとコンパクトで、持ち運びやすいのも魅力です。  

第5位 フルトン(FULTON) Open & Close-17 G819 007822

フルトン(FULTON) Open & Close-17 G819 007822

英国王室御用達の傘ブランドとして知られる「フルトン」の自動開閉式折りたたみ傘。収納時の全長は約28cmとコンパクトにも関わらず、傘を広げた際の直径は約96cmと大きいのが特徴です。

持ちやすさとデザイン性を兼ね備えたスクエアフォルムの持ち手もポイント。スリット入りで収納しやすい専用ケースが付属するのも魅力です。

第6位 マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY) バーブレラ

マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY) バーブレラ

重さ約110gの超軽量折りたたみ傘「バーブレラ」。英国を代表する老舗ブランド「マッキントッシュ」のセカンドラインとして誕生した「マッキントッシュフィロソフィー」の人気アイテムです。

紫外線防止素材を採用しており、日傘としても使用可能。クラシカルなチェック柄の生地を用いており、性別を問わず使用できます。カラーバリエーション豊富で、大切な方へのプレゼントにもおすすめです。

第7位 パール金属 折りたたみ傘 N-7547

パール金属 折りたたみ傘 N-7547

約100gの超軽量ボディが魅力的な折りたたみ傘。カバンのなかに入れていてもあまり負担にならないため、持ち運びやすい折りたたみ傘を探している方に最適です。傘の親骨と受け骨は、それぞれ軽量ながら耐久性に優れているカーボン素材を採用しています。

撥水加工が施された生地を用いており、水滴をしっかり弾いてくれるのもポイント。シンプルで扱いやすいおすすめの1本です。

第8位 フォックスアンブレラズ(FOX UMBRELLAS) 折りたたみ傘

フォックスアンブレラズ(FOX UMBRELLAS) 折りたたみ傘

イギリスの高級傘ブランド「フォックスアンブレラズ」の折りたたみ傘。竹製のハンドルは職人が1本1本加工を施しており、使い込むほどに手に馴染みます。

本体重量は約420gと適度な重さがあるため、風にあおられにくいのがメリット。高級感のあるデザインで、普段使いはもちろん、フォーマルシーンでも活躍します。

第9位 Wsky 折りたたみ傘 HK-SW-ASY31

Wsky 折りたたみ傘 HK-SW-ASY31

片手で簡単に操作できる自動開閉式の折りたたみ傘。撥水性に優れた高密度ファブリックを使用しているため水滴を振り払いやすく、使用後はさっとバッグに収納できます。生地には紫外線カット加工が施されており、晴雨兼用で使用可能。一年中活躍するおすすめのアイテムです。

高強度グラスファイバー製の親骨とステンレス製のシャフトにより、耐風性を高めているのもポイント。万が一、強風で傘がひっくり返ってしまっても、開閉ボタンを押せば簡単に元に戻せます。

使用時の直径は約105cmと、体全体を十分に覆える大きさ。高級感のあるビニールレザーの収納ケース付きで携帯にも便利です。

第10位 スノーピーク(snow peak) アンブレラUL

スノーピーク(snow peak) アンブレラUL

日本を代表する総合アウトドアメーカー「スノーピーク」の折りたたみ傘。収納時のサイズは22cmと非常にコンパクトなのに加えて、重量はわずか150gと軽く、携帯性に優れているのが特徴です。

生地には、テフロン撥水加工とUVカット加工が施された30Dポリエステルを使用。防水性に優れた縫製方法で作られており、雨水が染み込みにくいのも魅力です。8本の親骨と受骨により、耐久性を高めているのもポイント。

持ち運びやすさはもちろん、機能性や耐久性の高さも重視したいという方におすすめの折りたたみ傘です。

折りたたみ傘のおすすめランキング|TOP11〜20位

第11位 パラチェイス(PARACHASE) 折りたたみ傘 JP-3236

パラチェイス(PARACHASE) 折りたたみ傘 JP-3236

木製の持ち手がおしゃれな折りたたみ傘。自動開閉式で片手でも操作しやすいのが魅力です。親骨の長さは約65cm。広げると約130cmと非常に大きく、体格のよい方でも快適に使用できます。

親骨には、強度の高いグラスファイバーと軽量なアルミを採用。層のすき間を風が通り抜ける独自の2重構造設計で、防風性を高めているのもポイントです。上品なデザインで、大人の男性におすすめの折りたたみ傘です。

第12位 TAIKUU 折りたたみ傘 T8

TAIKUU 折りたたみ傘 T8

約235gと軽量ながらも、強風にあおられても壊れにくい丈夫な折りたたみ傘。グラスファイバーとアルミ合金を組み合わせた親骨が、優れた柔軟性と耐久性を発揮します。

撥水性に優れた超高密度テフロンポリエステル生地を採用。軽く振るだけで簡単に水滴を落とせます。また、吸水性に優れた生地を使用した傘ケースが付属するため、使用後すぐにカバンにしまえて便利。軽さと頑丈さを兼ね備えたおすすめの折りたたみ傘です。

第13位 Bodyguard 折りたたみ傘

Bodyguard 折りたたみ傘

グラスファイバー製の親骨を10本備えた、耐風性の高さが特徴の折りたたみ傘。超高密度のテフロンポリエステル素材を使用しており、傘に水滴が残りにくいのが魅力です。シワになりにくいため、フォーマルシーンでの使用にも適しています。

広げたときのサイズは直径約105cm。折りたたみ時の全長は約32cmで、ビジネスバッグにも無理なく収納できます。骨部分にはサビを防ぐコーティングが施されており、長く愛用できるのもメリットです。

第14位 Agedate 折りたたみ傘 BT-T9

Agedate 折りたたみ傘 BT-T9

12本の親骨により、耐風性と耐久性を向上させた折りたたみ傘。親骨の素材には、柔軟性と強度を併せ持つグラスファイバー素材を採用しており、強風にあおられても折れたり曲がったりしにくいのが魅力です。

ワンプッシュ自動開閉タイプで操作しやすいのもポイント。生地には超撥水のテフロン加工が施されており、表面水滴を簡単に振り落せます。シンプルなデザインで、ビジネススーツにもカジュアルコーデにもマッチするおすすめの折りたたみ傘です。

第15位 KOLER 折りたたみ傘

KOLER 折りたたみ傘

二層構造の生地を採用することで耐風性を高めた折りたたみ傘。層の隙間から風が抜けるため、強風にあおられても壊れにくいのが魅力です。

広げた際のサイズは118cmと大人ふたりが入れるほどの大きさにも関わらず、折りたたみ時のサイズは30cmとコンパクト。持ち運びに便利な折りたたみ傘です。

自動開閉式なので、片手でも簡単に操作可能。生地にはUV加工が施されており、日傘としても使用できます。

第16位 ワールドパーティー(Wpc.) KiU AIR-LIGHT UMBRELLA K34

ワールドパーティー(Wpc.) KiU 折りたたみ傘 K34

シャフトの一部にカーボン素材を使用することで、軽さと丈夫さを両立させた折りたたみ傘。本体重量はおよそ90gと一般的なスマホよりも軽く、持ち運びに適しています。

親骨の長さは折りたたみ傘として一般的な50cmを確保しており、使い勝手も良好。爽やかなボーダーやカジュアルなカモフラワーなど全12柄を展開しているので、好みやファッションに合わせて選べるのも魅力です。UVカット加工が施されており、日差しの強い日には日傘としても使用できます。

第17位 アンヌレラ by WPC 『濡らさない傘』Folding Umbrella

アンヌレラ by WPC 『濡らさない傘』メンズ自動開閉折りたたみ傘

日本発のレイングッズブランド「Wpc.」の折りたたみ傘。自動開閉式なので、片手でラクラク操作できます。

世界的に有名なアパレルブランドに生地を提供するファブリックメーカー「小松精練」と共同開発した、超高密度繊維を採用。軽い生地でありながらも高い撥水力を持っており、ひと振りで雨粒を払い落とせます。

服装を選ばないシンプルなデザインで、普段使いに適しているのもメリット。優れた防水性能を備えたおすすめの折りたたみ傘です。

第18位 クニルプス(Knirps) FLOYD Duomatic KNFY806

クニルプス(Knirps) 折りたたみ傘 FLOYD Duomatic KNFY806

指を入れてしっかりと握れるハンドルが特徴の折りたたみ傘。リング部分には柔らかいエラストマー素材を採用しており、長時間握っても痛くなりにくいのが魅ポイントです。

親骨には、柔軟性に優れたグラスファイバーと軽くて丈夫なアルミを採用。シャフトにもアルミを使用し、耐久性を高めつつ軽量化を実現しています。自動開閉式なので、荷物の多い日や車の乗り降りなどに便利。8色展開とカラーバリエーションが豊富で、好みの色を探しやすいのも魅力です。

第19位 小川(Ogawa) innovator 晴雨兼用 折りたたみ傘

小川(Ogawa) innovator 晴雨兼用 折りたたみ傘

ボタンを押すだけで半自動で傘を閉じられる、便利な機能を搭載した折りたたみ傘。傘をまとめるバンド部分には光を反射するリフレクター素材を使用しており、夜間使用時の視認性を高めます。

UVカット率99%以上を誇るポリウレタンコーティングを施した生地を内側に採用しているので、晴雨兼用で使えるおすすめの折りたたみ傘です。

第20位 CAILYN 折りたたみ傘

CAILYN 折りたたみ傘 Model Number

濡れた面が内側に折りたたまれる逆折設計が特徴の折りたたみ傘。電車やバスの中などで、周囲に迷惑をかける心配が少ないのが魅力です。シャフトには丈夫なアルミニウム合金を採用。親骨にはガラスファイバーとスチールを組み合わせることで、耐久性を向上させています。

開閉は便利なワンプッシュ式。重さは約348g、たたんだときの長さは約32cmで、持ち歩く際に負担になりにくいのもポイントです。