パソコン周辺機器における代表的アイテム「マウス」。有線か無線などの接続方法はもちろん、底面にある読み取り方式の違いなどもあり、さまざまな製品がリリースされています。

そこで今回は、マウスの選び方のポイントとおすすめ製品をご紹介。ぜひ、お気に入りとなるベストバイマウスを見つけてください。

マウスの選び方:接続方式

ワイヤレスマウスの選び方

By: amazon.co.jp

ワイヤレスマウスは、ケーブルなしでパソコンと接続できるタイプのマウス。モバイル機器ではお馴染みのBluetooth方式と、パソコン本体にレシーバーを取り付けて通信するUSBレシーバー方式の2種類があります。ケーブルがないために使い勝手はよいですが、ケーブルから電源供給できないため電池が必要です。

ワイヤレスマウスであれば、スマホやタブレット、ほとんどのノートパソコンなどはBluetoothを搭載した機器とは簡単に接続できます。Bluetoothを搭載していないパソコンでも、USBにBluetoothレシーバーを接続すれば、Bluetoothマウスを使うことが可能です。

USBレシーバー方式は最大10mまで無線通信が可能な2.4GHz周波数帯を採用し、リビングなどでのパソコン操作も、距離や位置を気にせず使用可能。パソコンとの接続にはマウスに同梱のUSBレシーバーを用います。

ノートパソコンでの選び方は、元々USBコネクタの数が少ないのでBluetoothを搭載していればBluetooth方式を選択するのがおすすめ。USBレシーバー方式を選択するとUSBコネクタの数が足りなくなるケースもあります。また、デスクトップパソコンでの選び方は、基本的にはノートパソコンと同じですが、元々USBコネクタの数は多いのであまり無線形式にこだわる必要がありません。

有線マウスの選び方

By: amazon.co.jp

パソコンとケーブルを接続して使うタイプのマウス。ケーブルで接続するのでマウスからの信号が安定し、同時にパソコンから電源供給を行うため、電池が不要というメリットがあります。また、電池を内蔵しないためワイヤレスに比べ軽量です。パソコンとの接続や初期設定が簡単なのもポイント。

接続端子としては、以前は先端が丸いPS/2が主流でしたが、現在は、ほとんどのマウスがUSBです。ワイヤレスタイプのマウスに比べ価格が安いのも特長。

有線マウスの選び方のポイントはケーブルの長さです。ノートパソコンで使うことを想定した短いケーブルのマウスやケーブル巻き取り式マウスなどがあるので、利用シーンを想定しておきましょう。また、逆に短いケーブルでは届かない場合は延長ケーブルがあります。安定した動作を重視する方には有線マウスがおすすめです。

ワイヤレス・有線両対応マウスの選び方

By: amazon.co.jp

ワイヤレスマウスか有線マウス、どちらか一方を選べないという方にはワイヤレスと有線の両方に対応したマウスがおすすめ。マウスにケーブルを挿すことで有線操作が可能で、バッテリー内蔵のマウスは充電もできます。また、機種によっては有線・無線の両方を使用しパソコンを2台操作することも可能です。

マウスの選び方:用途

ゲーミング用マウスの選び方

By: amazon.co.jp

オンラインゲームなどゲームで使用するマウスの選び方のポイントは重量です。軽いマウスは機敏に操作できますが、逆にブレやすく、思った場所でポインターを止めることができません。ある程度重量があるマウスを選びましょう。

また、ゲーミング用のマウスではボタンの数も重要です。ボタンには機能を割り付けたり、一連の動きを自動で実行するマクロなどを設定できます。これによりマウス操作だけで有利にゲームをプレイ可能です。

耐久性も選び方のポイントのひとつ。一般的な操作に比べ、ゲーム中はマウスを激しく動かします。各メーカーもさまざまな試験を重ねて耐久性をアピールしているので、他の製品と比較してみましょう。

有線orワイヤレスのどちらを選ぶかも大きな問題。ワイヤレスは電波干渉により遅延が発生しやすく、ゲーム用としては有線の方がよいと言われてきましたが、現在ではあまり変わりなくなっています。ただし、無線の場合はバッテリー切れのリスクなどもあるので、依然として有線の方がおすすめです。

ビジネス用マウスの選び方

ビジネスで使用するマウスの選び方のポイントはクリック音です。静かな職場などではクリック音の大きさを気にする方もいます。クリックする際に発生する音を抑えながらも、通常のモデルに近いクリック感の静音設計によるマウスがおすすめです。

また、チルトホイールも選び方のポイントです。通常は縦に回転させるだけのスクロールホイールですが、チルトホイールは左右に傾けることができます。ホイールを左右に傾けると、横方向にスクロールすることができるため、Excelなどで横長のデータを取り扱う方に便利です。

プライベート用マウスの選び方

プライベートで使用するマウスの選び方のポイントはどこの場所で使うかということです。いろいろ場所で使うことが前提なら、持ち運びがしやすい小型マウスがおすすめ。また、通常モデルでは読み取りができないガラスや起伏のある面でも使えるブルーLED方式のマウスもおすすめです。

次の選び方のポイントはボタンの数です。ネットサーフィンでは5つ以上のボタンを搭載したマウスが便利。戻る・進む・新しいタブを開く・右のタブに移動・左のタブに移動・タブを閉じるなど、さまざまな動作を割り当てられるので、マウスだけでネットサーフィンが楽しめます。

マウスの選び方:その他ポイント

読み取り方式での選び方

By: amazon.co.jp

意外と知らない選び方のポイントが読み取り方式です。読み取り方式はいくつかありますが、マウスを使用する面の素材によって得意不得意があります。

マウスの仕組みは、底面から発する光線で動きを読み取り、パソコン画面のポインターに動きを反映させるというもの。光線はレーザー方式・ブルーLED方式・IR LED方式・光学式の4タイプが主流です。それぞれマウスが接する物の素材や仕上げにより、読み取り精度が変わります。

レザー方式はレーザー光を利用したマウス。高い読み取り性能で、光沢面や布の上でも読み取り可能ですが、ガラスなどの透明な面を苦手としています。

ブルーLED方式は青色LEDを利用したマウス。周波数の短い青色光線は、拡張率が高くわずかなホコリや凹凸を感知するほど高い読み取り性能があります。4つのなかで最も高い読み取り性能なので、あらゆる場所での操作が可能です。

IR LED方式は赤外線LEDを利用したマウス。動作電圧の小さい赤外線LEDのため消費電力が低く、面倒な電池交換の頻度が下がりワイヤレス接続に最適です。しかし、光沢面や白い面での読み取りを苦手とします。

光学式は赤色LEDを利用したマウス。光沢面や白い面では反応しない場合がありますが、一般的な木目調や光沢のない金属デスク、プラスチック素材では問題ありません。価格がリーズナブルで製品数も多いので、エントリーモデルとしてもおすすめです。

読み取り性能の高さだけを見れば、「ブルーLED式>レザー式>IR LED式>光学式」となります。また、以前普及していた内蔵ボールで動きを読み取るボール式マウスは、現在ではほとんど見かけませんが、ボールを指で動かすトラックボールマウスは人気です。トラックボールマウスは、そもそもマウス自体を動かす必要がないので狭い空間でマウスを使いたい方におすすめ。

マウスの大きさでの選び方

By: amazon.co.jp

マウスの大きさも選び方のポイントのひとつです。一般的にマウスの大きさは、大型・標準型・中型・小型の4つ。もちろん適したサイズは手の大きさによっても変わりますが、何を重視するかによっても異なります。

大型マウスは手全体で覆うような持ち方になり、密着感を重視する方におすすめです。標準型マウスは完全に覆い被さることがないサイズで、人差し指と中指はやや隙間ができる状態。メーカーのパソコンに付属しているマウスはほとんどがこのタイプです。

中型マウスは人差し指と中指は完全に離れている状態ですが、小柄な女性や子供などには最適なサイズ。小型マウスは指でつまんで持つようなサイズで、長時間の使用には耐えられませんが、ノートパソコンを外出先で使う時に必ずマウスを使う方におすすめです。

解像度での選び方

By: amazon.co.jp

マウスのスペックには読み取り解像度と呼ばれるものがあります。別の言い方ではカウントとも言われ、単位はdpi。これは、マウス本体が1インチ移動した際に、画面上のポインターがどれだけ移動するかを示した数値です。一般使用には800~1600dpiあれば十分ですが、ゲーマー向けとして10000dpiを超える超高解像度マウスもあります。

解像度が高いほど少ない操作でポインターを大きく移動させることが可能。細かな動きが要求されるゲームは高解像度マウスが必要ですが、ネットサーフィンやビジネスシーンではあまり高解像度マウスを使用してもあまりメリットはないでしょう。

また、マウスによっては本体で解像度を切り替えるボタンを搭載しており、用途にあわせて解像度を2段階以上に切り替えることが可能です。これにより、ゲームやネットサーフィン、ビジネス文書ごとに最適な解像度で作業できます。一般的にはあまり選び方の重要ポイントではありませんが、ゲームをメインでする方はチェックしておきましょう。

イチオシのマウス

エレコム(ELECOM) M-MK1UBS

エレコムの巻き取り式有線マウス。マウス本体内にケーブルを収納できる巻き取り式のリールを装備し、持ち運びに適したマウスです。ケーブルは最長63cmで長さ調節も可能。読み取りセンサーは性能の高いブルーLEDを採用しています。持ち運びに便利な優先マウスを探している方には特におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) BSMBW500M

実勢価格2000円程度とリーズナブルなバッファローのワイヤレスマウス。メインの左右ボタンとホイールボタンにクリック音を低減する静音スイッチを採用しています。

Webブラウザの戻る・進むなどに対応したサイドボタンを搭載。選び方のポイントはUSBレシーバー方式・ブルーLED・静音設計・チルトホイール・カウント切り替えの5つで、ビジネス用途で探している方におすすめです。

レイザー(Razer) Lancehead RZ01-02120100-R3A1

レイザーのワイヤレスゲーミングマウス。独自の無線技術を搭載し、正確なデータ転送を高速行うことでワイヤレス操作でのタイムラグを極限まで抑えています。

付属のケーブルで有線マウスとしても使用可能。選び方のポイントは独自の無線技術・レザー方式・16000dpiの高解像度・9つのボタン・5000万回のクリック耐久性の5つで、ゲーム用のマウスを探している方におすすめです。

ロジクール(Logicool) Wireless Trackball MX ERGO MXTB1s

手首への負担を大きく軽減したトラックボールマウス。最大の特徴は、自然な手の向きに近い最大傾斜角20度の形状です。選び方のポイントはUSBレシーバーとBluetoothのワイヤレス両対応・ボタン数8個・カウント切り替えの3つで、長時間マウス操作をされる方におすすめです。