PCでFPSやMMOなどのゲームをする際の必須アイテム「ゲーミングマウス」。普通のマウスでも対応はできますが、反応速度には限界があるため、ゲームをする際にストレスとなる場合があります。

そこで今回は、FPSやMMOにおすすめのゲーミングマウスとメーカーをご紹介。選び方もしっかりチェックして、ぜひ自分に合ったマウスを見つけてください。

ゲーミングマウスとは?

ゲーミングマウスの特徴

By: amazon.co.jp

ゲーミングマウスは、ゲームの操作や入力をより快適にするために使用します。自分のパフォーマンスを上げるためにも、ゲーミングマウスの選択は重要です。

反応速度が重要なゲームでは、コンマ1秒の差が勝敗を左右します。また、敵を正確に狙い撃つゲームでは、ポインタの精密性も大切。

そのため、可能な限り入力の遅延や誤差をなくし、レスポンスが高く精密に操作できるのがゲーミングマウスの特徴です。

普通のマウスとゲーミングマウスの違い

ゲーミングマウスには、普通のマウスよりボタンの数が多いモデルがあります。普通の作業では左右のクリックボタンとホイールがあれば十分ですが、ゲームによってはそれだけでは不十分です。

キーボードに加えてゲーミングマウスのボタンにも操作を割り振ることで、ゲームにおけるさまざまな操作がスムーズに行えます。

ボタンには自由にショートカットキーを設定できるので、よく行う操作やキーボードでは押しにくい位置にあるキーの操作をマウスに割り振ることが可能。

ゲーム以外にもExcelなどの仕事でよく使う作業をボタンに設定すれば、効率的に仕事を進められるのでおすすめです。

ゲーミングマウスの種類

カーソルの操作性を重視した「FPS用ゲーミングマウス」

By: amazon.co.jp

FPSではプレイ中にマウスを激しく動かし続けます。FPS用のゲーミングマウスは激しい動作を考慮し、高いトラッキング速度を実現。マウスを素早く動かしても、照準を狙った位置へ正確に移動できます。

マウスを素早く動かすために、本体の重さも軽いモノが主流。より動かしやすく、長時間のプレイでも腕への負担を軽くします。

多機能ボタンを搭載した「MMO用ゲーミングマウス」

By: amazon.co.jp

MMOはポインタを素早く動かす必要は少なく、プレイ中にキーボードを使った迅速な操作が要求されます。MMO用のゲーミングマウスは本体に多くのボタンを搭載し、さまざまな役割を設定可能。

忙しいキーボード操作を簡略化し、マウスだけで多くの動作やスキルの発動が可能になるので、ゲームの操作がよりスムーズに行えます。

ゲーミングマウスの選び方

ケーブルの有無をチェック

By: amazon.co.jp

安定した動作が魅力の「有線」

一般のマウスは無線タイプが主流ですが、ゲーミングマウスでは有線が好まれる傾向があります。その主な理由は動作の安定性です。

ゲームでは一瞬の判断が勝敗を左右することがあります。特にFPSでは目で見た情報を受けてマウスを操作するので、わずかでも遅延が生じると致命的です。しかし、有線マウスは遅延が生じる可能性が少ないので違和感なくプレイできます。

また、マウスの電源をケーブルから供給できるので、プレイ中にバッテリー切れになる心配がありません。少しでもリスクを避けたいという方におすすめです。

ケーブルから解放される「無線」

無線マウスを使うメリットは煩わしいケーブルからの解放です。ケーブルがないのでマウスを動かしても抵抗が少なく、気持ちよくプレイができます。ゲームに集中するために少しでも気になることを排除したいという方におすすめです。

遅延については、最近では無視できるレベルまで抑えられた高性能なタイプも販売されています。さらに、長期間のバッテリー駆動が可能な無線マウスならば、バッテリー切れのリスクも軽減可能。購入前にスペックを確認しておきましょう。

センサーの種類をチェック

By: amazon.co.jp

コスパに優れた「光学式」

赤色のLEDを利用して読み取る方式が「光学式」。多くのマウスに採用され、安く購入できるためコスパに優れています。光沢のある面やガラス製のデスクの上では思うように動作しない場合がありますが、マウスパッドを使用すれば問題ありません。

読み取り性が高い「レーザー式」

目に見えないレーザー光を利用して読み取る方式が「レーザー式」。高い読み取り精度が特徴で、価格も高めです。光沢のある面でも反応しますが、ガラスには対応しないのでマウスパッドが必要。高い精度を求める方におすすめの方式です。

高性能で場所を選ばない「Blue LED式」

青色のLEDを利用しているのが「Blue LED式」です。波長が短い青色光の特徴を活かして、さまざまな面で読み取りができます。場所を選ばずにどこでも快適にマウスを使えるので、マウスパッドが面倒だという方におすすめです。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

FPS用ゲーミングマウスを選ぶ上で大切なポイントは重量。FPSゲームではエイミングのために素早く正確にマウスを動かす必要があるので、重量が軽いほど素早くマウスを動かせます。

一方、スナイパーとして精密射撃を行う際は、狙ったところでマウスをしっかり止めることが重要で、その場合は重いマウスの方が制御しやすくなります。自分のプレイスタイルにあった重さのゲーミングマウスを選んでみてください。

ボタン数をチェック

By: amazon.co.jp

MMOでは多種多様なスキルがありますが、キーボードのみでは使用するキーが広範囲に広がってしまいます。戦闘中など、瞬時にスキルを発動しなければいけないシーンではキーボード単体だと不便です。

そんなときにゲーミングマウスのボタンにもスキルを割り当てると、右手だけでさまざまなスキルが発動可能になります。親指で素早くクリックできるサイドボタンがあれば便利です。

マウス解像度(DPI・CPI)をチェック

By: amazon.co.jp

ゲーミングマウスを選ぶ際の重要なスペックがマウス解像度。DPIまたはCPIという単位で表記され、マウスのセンサーが1インチ動いたときに、画面上のマウスカーソルが何ドット動くかを表しています。

DPIの数値が高いとマウスを少し動かしただけでマウスカーソルが大きく動き、低いと精密に動かせます。製品ごとに設定できる解像度に幅があるのでチェックしておきましょう。

また、マウスによってはゲーム中にDPIをボタンで切り替えられるものもあります。ゲームのシーンに応じて変更できる便利な機能なのでおすすめです。

設定用ソフトの有無をチェック

一般のマウスと違い、ゲーミングマウスは細かい設定ができる製品があります。メリットは、ゲームの種類に応じてゲーマーが機能を自由に設定できること。付属のソフトでハイセンシにしてトラッキング速度を上げたり、レポートレートを最適な反映速度に合わせたり、ゲームの種類によって細かく設定ができます。ライバルと同じマウスを使っていても、設定方法によって自分専用のカスタマイズができる便利な機能です。

その他便利機能をチェック

By: amazon.co.jp

マウスに設定を保存できる「オンボードメモリ機能」

ゲーミングマウスの設定はパソコンで行いますが、オンボードメモリ機能があれば設定内容をマウス本体に保存できます。メリットは、別のパソコンでマウスを使うときに設定をし直す必要がないことです。複数のパソコンでゲームをするという方なら、オンボードメモリ機能が搭載されたゲーミングマウスを選ぶと便利です。

複数の動作を1ボタンに集約できる「マクロ機能」

ゲーミングマウスのボタンに特定の操作手順を記憶できるのが「マクロ機能」です。ゲーム中に発生する、複数のキーを押す操作や、繰り返して行うマウス操作をあらかじめ設定しておけば、ボタンを押すだけで実行されます。

ゲーマーの工夫次第で複雑なマクロを組めて、ゲームを有利に進められる機能です。ゲーム以外でも、例えば”Ctrl+C”などのショートカットキーを割り当てれば仕事で便利に使えます。

ゲーミングマウスのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

「Gシリーズ」というブランドを確立させ、PCでゲームをするユーザーに合わせて多くのゲーミングマウスを生み出してきたメーカーです。ゲーミングマウスの定番ともいえる存在で、製品のラインナップも豊富。ゲーム初心者から上級者まで幅広い愛用者がいます。

レイザー(Razer)

By: amazon.co.jp

ゲーミングマウスをはじめ、ヘッドセットやメカニカルキーボードなどのゲーミングデバイスを数多くリリースしているメーカー。ゲーミングマウスでは、人気シリーズの「DeathAdder」と「Naga」が有名です。高性能ながらコスパよいモデルが揃っています。

スティールシリーズ(SteelSeries)

By: amazon.co.jp

アメリカのゲーミングデバイスメーカー。「Rival 700」と呼ばれる振動機能をはじめ、最新技術を次々と開発しています。傾向としてはハイエンドモデルを多く展開しているメーカーのため、ゲーム上級者におすすめのメーカーです。

ゲーミングマウスのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) オプティカル ゲーミングマウス G300s

ゲーム初心者でも使いやすいおすすめのゲーミングマウス。ボタンの配置を含めて左右対称のシンメトリーデザインなので、左利きの方でも使用できます。本体には9つのボタンを搭載し、付属のソフトでショートカットキーなどを簡単に設定可能。オンボードメモリ機能が備わっているので設定内容はマウスに保存され、どのパソコンでもいつも通りにプレイできます。

解像度は250〜2500DPIまで設定可能。マウスホイールの上下に配置されたボタンでプレイ中に解像度を切り替えられるので、ゲームのシーンに応じて最適な設定を選べます。

本製品は「PUBG JAPAN SERIES 2018」の推奨ギアに指定されているのも特徴。また、マクロ機能を備え、本体デザインも落ち着いているので、オフィスで便利に使用できるおすすめのゲーミングマウスです。

レイザー(Razer) DeathAdder Elite RZ01-02010100-R3A1

最大16000DPIの解像度を備えたFPSにおすすめのゲーミングマウス。解像度はゲームシーンに合わせて100~16000DPIまで100DPI刻みで設定でき、プレイ中も切り替えボタンで変更できます。

本体は人間工学に基づくデザインで、長時間プレイを続けても疲れにくくパフォーマンスの低下を防止。両サイドのラバーはホールド感がよく、激しくマウスを動かしてもしっかりとグリップします。

左右のクリックボタンはスイッチの分野で世界市場をリードするオムロンと共同で開発。最速の反応速度を実現し、遅延が少なくチャンスを的確に捕えます。また、5000万クリックに耐える耐久性があるので故障のリスクも少なく安心です。

付属のソフトでボタンの割り当てと、本体のLEDイルミネーションの挙動を設定可能。高解像度でクリック感に優れたFPSゲーマーにおすすめのゲーミングマウスです。

スティールシリーズ(SteelSeries) ゲーミングマウス Rival 700

バイブレーション機能を搭載したユニークなゲーミングマウス。ゲーム中にキャラクターが衝撃を受けるとマウスが同時に振動し、プレイヤー自身がゲーム内にいるような臨場感を味わえます。振動はスマートフォンのバイブ程度の微振動なので、プレイの妨げになりません。

さらに特徴的なのが、本体の側面に設置された有機ELパネル。ゲームスタッツや所属チームのロゴを表示させるなど、創意工夫を楽しめます。マクロ機能が備わったボタンも7つ搭載。オンボードメモリ機能があるので、どのパソコンでマウスを使用しても設定を引き継げるので便利です。

パソコンとつなぐUSBケーブルは約2.1mと約1.1mの2種類が付属。プレイ環境に合わせてケーブルが邪魔にならない長さを選べます。ゲーミングマウスを入力ツールとしてだけでなく、さまざまなギミックでも楽しみたいという方におすすめです。

ロジクール(Logicool) MMO ゲーミングマウス G600t

MMOゲーマーが快適にプレイできるおすすめのゲーミングマウス。20個の”Gキー”を搭載し、プレイヤーがゲームに最適な割り当てをプログラミングできます。設定した情報はマウス本体に最大3種類保存できるので、他のパソコンでも設定そのままでプレイ可能です。

マウスのボタンが多いと対戦相手に対して優位に立てる反面、押し間違えることもあります。本製品はMMOゲーマーの意見を取り入れて配置を工夫。親指の下に配置された12個のボタンは前後2グループに分けられて、直観的に正確な操作ができてミスを防ぎます。

解像度は200〜8200DPIまで幅広く設定可能。マウスホイールの上下に配置されたボタンで解像度を瞬時に切り替えられるので、ゲームの場面に合わせて最適な戦略を立てられます。

左右のボタンは2000万クリックに耐えるスイッチを採用し、長く使い続けて多ボタン操作に慣れることが可能。ボタンを積極的に活用してプレイを有利に進めたいという方におすすめのゲーミングマウスです。

ロジクール(Logicool) PRO ワイヤレスゲーミングマウス G-PPD-002WL

無線タイプのおすすめゲーミングマウスです。有線タイプと比べて遅延が気になりますが、高速にデータを処理する技術により安定した接続を確立。応答時間1/1000秒のレポートレート接続を実現し、有線のような安定した性能を備えます。

プログラム可能なボタンを6個搭載。オンボードメモリ機能も備えているので、自宅で設定した内容をゲーム会場のパソコンでそのまま使えます。1回の充電で最大60時間の使用が可能。バッテリーを内蔵していますが重量は80gと軽量で、プロのeスポーツプレイヤーのアドバイスに基づいたグリップしやすいデザインです。

左右対称のデザインで左利きの方も使用可能な無線タイプのゲーミングマウス。ケーブルのない快適さを求める方におすすめです。

ロジクール(Logicool) チューナブル ゲーミングマウス G502 RGB

話題のフォートナイトをプレイするなら本製品がおすすめ。著名なプレイヤーも使用していたことで知られるゲーミングマウスで、視点を激しく動かす必要のあるゲームに最適です。

解像度は200〜12000DPIまでの5段階をボタンで切り替えられます。ボタンは全部で11個搭載され、それぞれに役割を設定可能。すべて付属のソフトで簡単にプログラミングができます。

本体重量はケーブルを含めて168g。ゲーミングマウスはプレイヤーによって好みの重さが異なりますが、3.6gのウエイトが5個付属しているので微調整して最適な重さに変更できます。細かいチューニングができるので、あらゆるプレイスタイルに合わせられておすすめです。

スティールシリーズ(SteelSeries) ゲーミングマウス SteelSeries Rival 110

ゲーミングマウスは一般的なマウスと比べるとサイズが大きい傾向があります。手が小さめの方で使いにくいと感じていたら、本製品がおすすめ。本体サイズが縦12.1×幅6.8×厚さ3.8cmとコンパクトで、つかみ、かぶせなどのさまざまな持ち方に対応できます。重量約87.5gの軽量設計なので、長時間のプレイでも快適です。

軽量ですが、左右のメインボタンは3000万クリックの耐久性があります。全6ボタン搭載し、付属ソフトでそれぞれにプログラム可能。オンボードメモリ機能によってマウス本体に設定を保存できて便利です。

解像度は200〜7200DPIの間で100DPI刻みに変更できます。特徴的なのは、オリジナルセンサー「TrueMove1」を採用している点。マウス移動量と画面内のマウスカーソルの移動量がまったく同じになる機能で、これによって正確な操作が可能です。

本体カラーはブラック・ホワイト・グレーの3種類。小型高性能でコスパに優れた、初心者にもおすすめのゲーミングマウスです。

ロキャット(ROCCAT) ゲーミングマウス Nyth ROC-11-900-AS

ボタンの数や位置を自由に組み替えられるゲーミングマウスです。左サイドには標準で12個のボタンが搭載されていますが、予備で形の異なるボタンが用意されています。合計33個のサイドボタンを組み合わせることによって18369通りのレイアウトが可能。さらに、3Dプリンター用のデータが公開されているので、自分だけのオリジナルボタンも作成できます。

本製品はボタンだけでなく右サイドグリップも交換可能。パーム型とクローグ型の2種類があり、ゲームの種類やプレイスタイルによって快適なグリップを選べます。

ギミックが目を引きますが、解像度も12000DPIと高性能。付属のソフトで解像度などの細かい設定が行えます。予備ボタンやサイドグリップを収納できる専用キャリーケースもあり、スタイリッシュにゲーム会場へ持ち込み可能。他のプレイヤーに対して個性を発揮しながら、ゲーミングマウスを使いやすくカスタマイズしたい方におすすめです。

レイザー(Razer) Naga Trinity RZ01-02410100-R3M1

左サイドをプレートごと交換できるゲーミングマウス。2・7・12ボタンの構成を選べるので、ゲームの種類に応じて最適なボタンに付け替えられます。

12ボタンを選べばMMOにおいてアドバンテージを発揮。MOBA向けの7ボタンタイプでは円を描くようにボタンが配置され、クリックミスを防ぐと同時に素早い操作が可能です。2ボタンなら通常マウスとして日常でも違和感なく使えます。それぞれのボタンは付属ソフトで個別にプログラム可能です。

解像度は最大で16000DPIに対応した、光学センサータイプ。サイドグリップには強化ゴムを採用し、グリップの安定性と耐久性を兼ね備えています。1台3役で幅広く活用できるおすすめのゲーミングマウスです。

Zelotes 7ボタン ゲーミングマウス

低価格ですが、基本的な機能を備えたゲーミングマウス。本体サイズが大きめで、鋭角的なデザインが特徴です。両サイドの広がりは、指を乗せられて長時間のプレイで疲労を軽減する効果があります。

本体には7ボタンを搭載し、付属ソフトでそれぞれにプログラミングが可能。解像度は「DPIボタン」を押して、1000〜5500DPIまで5段階に調整できます。手軽に安く購入できる、一般のマウスとは違った性能を試してみたいという初心者の方におすすめです。

スティールシリーズ(SteelSeries) ゲーミングマウス Rival 600

重量バランスを調整できるゲーミングマウスです。本体重量は96gですが4gの重りが8個付属し、ボディの左右にそれぞれ4個まで取り付け可能。これによって全体の重さだけでなく左右のバランスも変更ができ、マウスを激しく動かすときに最適な重さに微調整したい方におすすめです。

本製品に搭載された深度センサーは最短で0.5mm。プレイ中にマウスパッドの端までマウスを動かしても、本体を軽く浮かせただけでセンサーに反応させずに位置を戻せます。解像度は100〜12000DPIまで100DPI刻みで設定可能。ゲーミングマウスを少しでもスムーズに動かすために、重さのバランスまでカスタマイズしたい方におすすめです。

ゲーミングマウスのAmazonランキングをチェック

ゲーミングマウスのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。