パソコンゲームを有利且つ快適にプレイするために欠かせないアイテム「ゲーミングマウス」。FPS向けやMMO向けなど、複数のメーカーから多彩なモデルが発売されているので、初めて購入する際はどれを買えばよいか悩んでしまいがちです。

そこで今回はおすすめのゲーミングマウスをご紹介。接続方式やボタンの配置、ゲームジャンルにあうモデルなど選び方のポイントも解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

ゲーミングマウスとは?

By: amazon.co.jp

ゲーミングマウスとは一般的なマウスとは異なり、ゲーム用に設計された製品です。高性能なセンサーが搭載されていたり、手に馴染みやすくつかみやすい形状をしていたりと、快適にゲームがプレイできるように作られています。

ゲーミングマウスの多くは、市販のパソコンに付属しているマウスよりも精度の高い操作ができるので、ゲームを有利に進めたい場合にも最適。ユーザー好みの設定にカスタマイズできる製品が多いのも特徴です。

ゲーミングマウスの選び方

接続方式をチェック

有線

By: razer.com

パソコンや家庭用ゲーム機のUSBポートに、ケーブルで接続するのが「有線タイプ」。USBバスパワーによる電源供給で駆動するので、バッテリー切れの心配がなく、充電をする手間が省けるメリットもあります。また、バッテリーが内蔵されていないので、ワイヤレスタイプよりも軽量な製品が多いのも特徴。

有線タイプのゲーミングマウスは、ワイヤレスタイプのように電波干渉を受けないので、入力遅延が発生しにくいのもメリットです。FPSやTPSなど、素早く精確な操作が必要なゲームにおすすめ。バッテリー切れの心配がない、安定して接続できるマウスを使い方は有線モデルをチェックしておきましょう。

ワイヤレス(無線)

By: razer.com

「ワイヤレスタイプ」は、接続にケーブルを必要としないので、取り回しがよくパソコン周りをすっきりできるメリットがあります。有線タイプに比べると電波干渉を受けやすいですが、最新のモデルは遅延も少なく、ケーブルが断線する心配もないのでおすすめです。

ワイヤレスタイプの接続方法には、Bluetooth接続とUSBレシーバーを利用する2.4GHz接続のモデルが存在。Bluetooth接続の場合はUSBポートを必要としないので、ノートパソコンなど入力端子が限られている端末でゲームをプレイする場合に便利。

2.4GHz接続の製品は、同じメーカーのデバイスであれば、1つのUSBレシーバーでゲーミングマウスとゲーミングキーボードの両方を接続できる場合があります。好みのゲーミングデバイスメーカーが決まっている場合にはおすすめです。

レポートレートをチェック

By: elecom.co.jp

1秒間にマウスがパソコンに送る情報の回数を表すのが「レポートレート」。数値が高いほど、入力した操作をスピーディにパソコンに送信できるので、ゲームを有利に進められます。FPSやTPSでは、オンラインで動き回る敵に照準をあわせて射撃する必要があるので、レポートレートが遅いと不利に。

レポートレートを設定できる製品であれば、操作スピードやプレイするゲームのジャンルにあわせてカスタマイズできるので、より快適にゲームを楽しめます。ただし、レポートレートが高すぎると、手の動きがパソコンに伝わり過ぎてカーソルのブレが生じる場合もあるので注意しましょう。

DPIの調節機能をチェック

By: cougargaming.com

DPIは「dots per inch」の略。マウスを1インチ動かした場合に、画面上のカーソルが何ドット動くのかを表す単位です。例えば10000DPIのゲーミングマウスであれば、マウスを1インチ動かしたときに画面上のカーソルは10000ドット動きます。

DPIの高い製品は、少ないマウスの動きでカーソルを大きく動かせるので、素早い操作が必要なゲームにおすすめ。マウスを動かす距離が短いので手の疲れが軽減できるのもメリットです。一方でDPIの低い製品は、繊細で正確なカーソル操作がしやすい特徴があります。

ゲーミングマウスの多くはDPI調節できるので、自分のプレイするゲームにあわせて設定可能。FPSだけでなくMMOなどもプレイする方はチェックしておきましょう。

重さをチェック

By: razer.com

ゲーミングマウスは製品自体の重さも重要。軽量なモデルであれば、少ない力で素早い操作ができるほか、長時間ゲームをプレイした場合の負担も軽めです。

一方、重さのあるゲーミングマウスは安定性に優れているのがメリット。細かく正確な操作がしやすいので、FPSやTPSで照準をあわせる際に便利です。ワイヤレスタイプのゲーミングマウスは、本体内部にバッテリーを搭載しているので重量が重め。逆に有線タイプは重量の軽い製品が多い傾向にあります。

また、本体にウェイトを搭載して、重さやバランスを変更できる製品もラインナップされています。好みのバランスに調節して、操作のしやすさを追求したい場合におすすめです。

サイドボタンの配置と数をチェック

By: amazon.co.jp

ゲーミングマウスに搭載されているサイドボタンの数は、モデルによってさまざま。2つのサイドボタンが搭載されているシンプルなモデルもありますが、10以上のボタンが配置されているモデルもあります。

親指でクリックして使用するサイドボタンの数や配置場所は、プレイするゲームジャンルにあわせて選択するのが基本。FPSやTPSプレイヤーは、サイドボタン2個搭載のシンプルな製品を使用している方がほとんどです。

多数のサイドボタンを搭載しているゲーミングマウスは、複雑のコマンド入力を行うMMOやMOBAなどのゲームで有効。頻繁に入力するコマンドをサイドボタンにショートカットキーとして設定しておくのが一般的です。

プレイするゲームに合ったモデルを選ぼう

FPS・TPS

By: razer.com

FPSやTPSは精確な操作が要求されるゲームジャンルですが、基本的に多くのボタンを必要としません。左右のクリックにスクロールホイール、2つのサイドボタンが搭載されている製品であれば十分。ボタンの数よりもマウス本体の持ちやすさや、ボタンの配置場所、押しやすさなどを重視するのがおすすめです。

ボタンの数が多すぎると、逆に扱いづらく感じたり、誤入力してしまったりする恐れがあるので注意が必要。ボタン数が少ないシンプルなゲーミングマウスは、多ボタンタイプよりもラインナップが豊富に揃っています。リーズナブルなモデルからプロ仕様のモデルまで、数多くの製品から好みのモデルを選べるのが魅力です。

RPG・MOBA

By: amazon.co.jp

RPGやMOBAなどは使用するキーが多いゲームジャンルです。ボタンを豊富に搭載したゲーミングマウスであれば、入力が簡略化できておすすめ。ボタンの設定は、専用ソフトからユーザーの好みにあわせてカスタマイズできる場合が多く、頻繁に使用するコマンドをショートカットとして割り振るのが一般的です。

ボタンの数は製品によってさまざまですが、サイドボタンを多数搭載しているモデルが多い傾向があります。10以上のサイドボタンを搭載している製品も存在するので、プレイするゲームやボタンに割り振るコマンドの数を考慮して選びましょう。

また、ボタンの数だけでなく、配置場所もチェックしておきたいポイントです。数が多ければ多いほどたくさんの機能を割り振れて便利ですが、はじめてゲーミングマウスを使う場合には慣れが必要。押しやすい位置にサイドボタンが搭載されている製品なら、手に馴染みやすいのでおすすめです。

ゲーミングマウスのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: rakuten.co.jp

パソコン周辺機器メーカーとして有名な「ロジクール」はゲーミングデバイスも数多く製造。「Gシリーズ」や「PROシリーズ」という名称で販売されており、プロゲーマーからパソコンゲーム初心者まで、数多くの方に使用されています。

ゲーミングマウスも有線タイプやワイヤレスタイプ、多ボタンタイプなどラインナップが豊富。ゲーム初心者でも選びやすいのがメリットです。

レイザー(Razer)

By: razer.com

クールなメーカーロゴマークとライティングで人気の「レイザー」。レイザーの製品は、ゲーミングデバイスらしいデザインが好評ですが、搭載されている性能や機能も優れています。ゲーミングマウスでは「DeathAdder」と呼ばれるシリーズが定番ですが、ワイヤレスタイプながら軽量な製品や多ボタン搭載モデルも販売されています。

ロジクールと同じくラインナップが豊富なので、初めてゲーミングマウスを購入する方でも選びやすいメーカーです。

スティールシリーズ(SteelSeries)

By: amazon.co.jp

アメリカのシカゴに本社を構えるゲーミングデバイス専門ブランドの「スティールシリーズ」。ロジクールやレイザーに比べるとラインナップは少なめですが、有線タイプ・ワイヤレスタイプ・多ボタン搭載タイプなど基本的なスペックのゲーミングマウスはラインナップされています。

振動機能や最新のテクノロジーが搭載されている製品など、ハイエンドモデルも展開しており、ゲーム上級者にもおすすめのメーカーです。

FPS・TPS向けゲーミングマウスのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) G Pro Wireless G-PPD-002WL

ロジクール(Logicool) PROシリーズ PROワイヤレス ゲーミング マウス G-PPD-002WL

50人以上のプロゲーマーの協力を得て開発されたワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。「HERO 16K」と呼ばれる高性能センサーは100~16000の間でDPI調節が可能。ワイヤレス接続ながら、ラグが少なく安定した操作性を実現しています。

本体内部にバッテリーを搭載しているにも関わらず、重量は80gほど。フル充電時には、60時間以上もバッテリー駆動できるのがポイントです。左右に2個ずつサイドボタンが搭載されているので、右利き左利きを問わず使用できるのもメリット。

ボタン設定は「Logicool G HUB」を利用して自分好みにカスタマイズできます。また、プロファイルを本体に保存しておけるオンボードメモリが搭載されている点もおすすめです。

ロジクール(Logicool) Gシリーズ G203 LIGHTSYNC

ロジクール(Logicool) Gシリーズ G203 LIGHTSYNC

比較的リーズナブルな価格で購入できる有線タイプのゲーミングマウスです。200~8000の間でDPI調節可能なセンサーを搭載。サイドに2つのボタンを配置したシンプルでクラシカルなデザインが人気です。

「LIGHTSYNC RGBカラーウェーブ」に対応しており、約1680万色から好みのカラーウェーブをプログラミング可能。「Logicool G HUB」を利用すればボタン設定も簡単にでき、最大5個のプリセットを保存しておけます。

左右のクリックには、ロジクールG独自の金属バネによる「ボタンテンショニングシステム」が搭載されているので、精確なボタン動作を実現。できるだけ予算を抑えてゲーミングマウスを購入したい方におすすめです。

レイザー(Razer) RAZER VIPER ULTIMATE RZ01-03050100-R3A1

レイザー(Razer) RAZER VIPER ULTIMATE RZ01-03050100-R3A1

充電スタンドが付属したワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。本体重量が約74gなので、素早い操作が可能。長時間ゲームを楽しんでも手にかかる負担が軽く済むのが魅力です。

センサーは、最大20000DPIを誇る「Razer Focus+」を搭載。接続にはレイザー独自の高速無線通信技術「Razer HyperSpeed」が採用されており、遅延の少ない安定した接続を実現しています。

一度フル充電しておけば最大70時間のバッテリー駆動が可能。デザインもシンプルかつクールに仕上がっているので、ゲーミングデバイスの見た目重視で探している方にもおすすめのモデルです。

スティールシリーズ(SteelSeries) RIVAL 3 62513

スティールシリーズ(SteelSeries) RIVAL 3 62513

リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、基本性能をしっかりと搭載した有線タイプのゲーミングマウスです。スティールシリーズとPixArtのコラボによって開発されたセンサー「TrueMove Core」を搭載。

100~8500DPIの間で調節が行え、精確なカーソル操作ができる点が人気です。高耐久なポリマー素材にハイエンドモデルと同じ6000万回のクリックに耐えるスイッチを採用。重量約77gと軽いのも魅力です。

DPI設定が可能なオンボードメモリも搭載されており、「SteelSeries Engine」と呼ばれる専用ソフトでプロファイルの設定が可能。外出先で使用するゲーミングマウスとしてもおすすめです。

キングストン(Kingston) Pulsefire Core RGBゲーミングマウス HX-MC004B

キングストン(Kingston) Pulsefire Core RGBゲーミングマウス HX-MC004B

低価格ながら高い堅牢性を誇る有線タイプのゲーミングマウスです。「Pixart 3327」と呼ばれる光学式のセンサーを採用。正確なトラッキングができるので、照準をあわせやすいのが特徴です。

サイドグリップはテキスチャー加工が施されており、滑りにくい仕様。人間工学に基づいたデザインなので、長時間のゲームプレイでも疲れにくいメリットがあります。最大2000万回のクリックに耐えられ、心地よい感触が得られる高品質スイッチを搭載。

「HyperX NGenuity」ソフトを利用して、ライティング・DPI設定・ボタンのプログラミングが行えるのもポイント。使い勝手に優れたゲーミングマウスを探している方におすすめです。

エイスース(ASUS) TUF Gaming M3

エイスース(ASUS) TUF Gaming M3

パソコンメーカーとして有名なエイスースが製造する有線タイプのゲーミングマウス。7000DPIを誇る光学式センサーを採用しており、2つのDPIボタンで簡単に感度調整が可能。本体は耐久性を高める特殊コーティングが施されており、2000万回のクリックに耐えるスイッチを搭載しています。

「ASUS Aura Sync RGBライティング」に対応しているので、好みのイルミネーションライティングもカスタマイズ可能。「Armory II」と呼ばれるドライバーに基づくソフトを利用すれば、プロファイルの作成やボタンのマッピングも簡単に行えます。

リーズナブルな価格で販売されているので、ゲーミングマウス初心者にもおすすめです。

クーガー(COUGER) 700M EVO 16000 DPI Optical Gaming Mouse

クーガー(COUGER) 700M EVO 16000 DPI Optical Gaming Mouse

軽さと耐久性を兼ね備えたアルミフレームを採用した有線タイプのゲーミングマウスです。高い精度を誇る光学センサー「Pixart PMW3389」を採用。人間工学に基づいたカンチレバー構造を採用しているので、手にかかる負担が軽く、ゲームプレイによる疲れを軽減できます。

高さ調節が可能な交換用パームレストが付属。工具なしで位置を調節できるのもポイントです。8つのボタンには最大27機能の設定が可能。DPIレベルを表示するLEDライトが付いている点も魅力です。

重量調節用のウェイトが4つ付属しているので、マウスの重量やバランスを細かく設定したい方にもおすすめ。ゲーミングマウスらしいデザインを備えているので、見た目重視の方も検討してみてください。

東プレ(Topre) REALFORCE MOUSE / RFM01U11

東プレ(Topre) REALFORCE MOUSE / RFM01U11

静電容量無接点式のキーボードで有名なREALFORCEのマウスバージョン。世界で初めてマウスの左右ボタンに静電容量無接点方式のスイッチを採用しています。チャタリングを起こさない構造と5000万回以上の高耐久性を誇るだけでなく、静音性の高い優しいクリック感が得られる点が人気です。

クリック時に反発力や振動が起こらないので、指にかかる負担が軽いのも特徴。センサーには、プロゲーマーからの人気も高い「PixArt PMW3360」を採用しています。レポートレートは125・500・1000の3段階で切り替え可能。

DPIは、400・800・1600・3200の4段階で切り替えられ、専用ソフトを利用すれば、100~12000DPIの範囲で調節できます。品質管理が徹底されており、設計開発から生産までを一貫して日本の工場で行っているおすすめのゲーミングマウスです。

MMO向けゲーミングマウスのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) Gシリーズ G502 LIGHTSPEED WIRELESS GAMING MOUSE

ロジクール(Logicool) Gシリーズ G502 LIGHTSPEED WIRELESS GAMING MOUSE

付属のウェイトで重量調節が行えるワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。センサーには、最大16000DPIを誇る「HERO 16K」を採用。「POWERPLAYワイヤレス充電」に対応しており、専用のマウスパッドと併用すれば継続的に充電でき、バッテリーの心配をする必要がありません。

プログラミング可能なボタンは11個搭載。頻繁に使用するコマンド入力をショートカットキーとしてボタンに設定して使用できます。2gのウェイトが4個と4gのウェイトが2個付属しており、好みの重量やバランスに調節可能。初心者の方でも使いやすいおすすめのゲーミングマウスです。

ロジクール(Logicool) Gシリーズ G600 MMOゲーミング マウス

ロジクール(Logicool) Gシリーズ G600 MMOゲーミング マウス

手頃な価格で購入できるコスパに優れた有線タイプのゲーミングマウスです。サイドに12個のボタンが配置されたMMO向けの製品。合計で20個のボタンが搭載されているだけでなく、1個の「Gシフトボタン」とほかのボタンを組み合わせて使用すれば、より多くのショートカットキーを設定しておけます。

12個のサイドボタンは、2組ずつになる配置で正確に押せる仕様。押下圧が適切に調節されているのもポイントです。また、本体にオンボードメモリが搭載されているので、最大3個までのプロファイルを保存可能。

DPIは、250~8200までの間で切り替えできます。プレイ中に最大5つのDPI設定を選択可能。MMOやMOBAなどでさまざまなボタンで技を出したい時に活躍するモデルです。

レイザー(Razer) RAZER NAGA TRINITY RZ01-02410100-R3M1

レイザー(Razer) RAZER NAGA TRINITY RZ01-02410100-R3M1

サイドパネルを付け替えられる有線タイプのゲーミングマウスです。2・7・12個のサイドボタンが配置されたプレートを、ゲームジャンルや好みにあわせて変更可能。RPGやMMOをプレイする場合には、12個のサイドボタンを配置し、FPSプレイ時には2個のサイドボタンに付け替えるなどの使い方ができます。

各ボタンは専用ソフトでカスタマイズが可能。「Razer Chroma」に対応しているので、1680万色のライティングも楽しめます。センサーには、最大16000DPIを誇る5Gオプティカルセンサーを採用。

5000万回のクリックに耐える「Razerメカニカル マウススイッチ」が採用されており、耐久性が高い点も魅力です。

レイザー(Razer) RAZER BASILISK ULTIMATE RZ01-03170100-R3A1

レイザー(Razer) RAZER BASILISK ULTIMATE RZ01-03170100-R3A1

プログラム可能な11個のボタンを搭載したワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。ボタンだけでなく、ホイールの荷重やライティングもカスタマイズ可能。細かいセッティングを行って、好みのマウスを作り上げたい方におすすめの製品です。

高速無線通信技術「Razer HyperSpeed」が採用されており、遅延を抑えた安定した接続が可能。最大20000DPIを誇る高性能センサー「Razer Focus+」が採用されているのもポイントです。マウス単体でも購入できますが、充電ドッグ「Razer マウスドッグ」が付属しているモデルが人気。使い勝手に優れている、おすすめのゲーミングマウスです。

エレコム(ELECOM) DUX MMOゲーミングマウス 14ボタンチルトホイール M-DUX50

エレコム(ELECOM) DUX MMOゲーミングマウス 14ボタンチルトホイール M-DUX50

リーズナブルな価格で購入できる点が魅力の有線式ゲーミングマウスです。MMO向けに設計されており、計14個のプログラミング可能なボタンを搭載。チルトホイールにも好みの機能を割り当てられるので、最大18ヶ所にショートカットキーを設定できます。

本製品はオンボードメモリを搭載しているので、最大5つのボタン設定と4つのDPI設定を本体に保存可能。センサーには高性能な「Pixart PMW3320DB」が採用されており、1000レポート/秒を備えています。

断線しにくい布ケーブルやオムロンの高耐久性スイッチが採用されているなど、低価格ながら多彩な機能が搭載されているコスパの高さもおすすめです。

コルセア(Corsair) SCIMITAR RGB ELITE 光学式 ゲーミングマウス CH-9304211-AP

コルセア(Corsair) SCIMITAR RGB ELITE 光学式 ゲーミングマウス CH-9304211-AP

17個のプログラミング可能なボタンを搭載した有線タイプのゲーミングマウスです。特許取得済みの「Key Slider コントロールシステム」によって、12個のサイドボタンを自分の好みのフィット感に調節可能。

センサーには「PixArt PMW3391」を採用。最大18000DPIを誇り、1DPI刻みで調節できます。高耐久なオムロンのスイッチや編み込みケーブルが採用されているので、ハードなゲームプレイにも耐えられる仕様。

統合管理ソフトである「iCUE」で、ボタン設定やDPI設定、ライティングなどをまとめてカスタマイズできる点もおすすめです。

ロキャット(ROCCAT) Kone AIMO Remastered ROC-11-820

ロキャット(ROCCAT) Kone AIMO Remastered ROC-11-820

シフトキー機能が搭載された有線タイプのゲーミングマウスです。物理的なボタンの数は少なめですが、サイドに「Easy-Shift[+]」が配置されており、ほかのボタンと同時押しすれば二次的な機能を付与できます。

センサーには「Owl-Eye 光学センサー 16K」を採用。Pixartの「PMW3389」を基にロキャット独自でカスタマイズが施された高い精度をもつセンサーです。本体は手に馴染むようなエルゴノミクスデザイン。高耐久ハイブリッドコーティングによって、グリップ力が高められているのも魅力です。

ゲーミングマウスのAmazonランキングをチェック

ゲーミングマウスのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。