パソコンゲームを有利かつ快適にプレイするために欠かせないアイテム「ゲーミングマウス」。FPS向けやMMO向けなど、複数のメーカーから多彩なモデルが発売されているので、初めて購入する際はどれを買えばよいか悩んでしまいがちです。

そこで今回はおすすめのゲーミングマウスをご紹介。接続方式やボタンの配置、ゲームジャンルにあうモデルなど選び方のポイントも解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

ゲーミングマウスとは?

By: razer.com

ゲーミングマウスとは一般的なマウスとは異なり、ゲーム用に設計された製品です。高性能なセンサーが搭載されていたり、手に馴染みやすくつかみやすい形状をしていたりと、快適にゲームがプレイできるように作られています。

ゲーミングマウスの多くは、市販のパソコンに付属しているマウスよりも精度の高い操作ができるので、ゲームを有利に進めたい場合にも最適。ユーザー好みの設定にカスタマイズできる製品が多いのも特徴です。

ゲーミングマウスの選び方

接続方式をチェック

有線

By: razer.com

パソコンや家庭用ゲーム機のUSBポートに、ケーブルで接続するのが「有線タイプ」。USBバスパワーによる電源供給で駆動するので、バッテリー切れの心配がなく、充電をする手間が省けるメリットもあります。また、バッテリーが内蔵されていないので、ワイヤレスタイプより軽量な製品が多いのも特徴。

有線タイプのゲーミングマウスは、ワイヤレスタイプのように電波干渉を受けないので、入力遅延が発生しにくいのもメリットです。FPSやTPSなど、素早く正確な操作が必要なゲームにおすすめ。バッテリー切れの心配がない、安定して接続できるマウスを使いたい方は有線モデルをチェックしておきましょう。

ワイヤレス(無線)

By: steelseries.com

「ワイヤレスタイプ」は、接続にケーブルを必要としないので、取り回しがよくパソコン周りをすっきりするメリットがあります。有線タイプに比べると電波干渉を受けやすいですが、最新のモデルは遅延も少なく、ケーブルが断線する心配もないのでおすすめです。

ワイヤレスタイプの接続方法には、Bluetooth接続とUSBレシーバーを利用する2.4GHz接続のモデルが存在。Bluetooth接続の場合はUSBポートを必要としないので、ノートパソコンなど入力端子が限られている端末でゲームをプレイする場合に便利。

2.4GHz接続の製品は、同じメーカーのデバイスであれば、1つのUSBレシーバーでゲーミングマウスとゲーミングキーボードの両方を接続できる場合があります。好みのゲーミングデバイスメーカーが決まっている場合にはおすすめです。

レポートレートをチェック

By: steelseries.com

1秒間にマウスがパソコンに送る情報の回数を表すのが「レポートレート」。数値が高いほど、入力した操作をスピーディにパソコンに送信できるので、ゲームを有利に進められます。FPSやTPSでは、オンラインで動き回る敵に照準をあわせて射撃する必要があるので、レポートレートが遅いと不利に。

レポートレートを設定できる製品であれば、操作スピードやプレイするゲームのジャンルにあわせてカスタマイズできるので、より快適にゲームを楽しめます。ただし、レポートレートが高すぎると、手の動きがパソコンに伝わり過ぎてカーソルのブレが生じる場合もあるので注意しましょう。

DPIの調節機能をチェック

By: logicool.co.jp

DPIは「dots per inch」の略。マウスを1インチ動かした場合に、画面上のカーソルが何ドット動くのかを表す単位です。例えば10000DPIのゲーミングマウスであれば、マウスを1インチ動かしたときに画面上のカーソルは10000ドット動きます。

DPIの高い製品は、少ないマウスの動きでカーソルを大きく動かせるので、素早い操作が必要なゲームにおすすめ。マウスを動かす距離が短いので手の疲れが軽減できるのもメリットです。一方でDPIの低い製品は、繊細で正確なカーソル操作がしやすい特徴があります。

ゲーミングマウスの多くはDPI調節できるので、自分のプレイするゲームにあわせて設定可能。FPSだけでなくMMOなどもプレイする方はチェックしておきましょう。

重さをチェック

ゲーミングマウスは製品自体の重さも重要。軽量なモデルであれば、少ない力で素早い操作ができるほか、長時間ゲームをプレイした場合の負担も軽めです。

一方、重さのあるゲーミングマウスは安定性に優れているのがメリット。細かく正確な操作がしやすいので、FPSやTPSで照準をあわせる際に便利です。ワイヤレスタイプのゲーミングマウスは、本体内部にバッテリーを搭載しているので重量が重め。逆に有線タイプは重量の軽い製品が多い傾向にあります。

また、本体にウェイトを搭載して、重さやバランスを変更できる製品もラインナップされています。好みのバランスに調節して、操作のしやすさを追求したい場合におすすめです。

サイドボタンの配置と数をチェック

By: logicool.co.jp

ゲーミングマウスに搭載されているサイドボタンの数は、モデルによってさまざま。2つのサイドボタンが搭載されているシンプルなモデルもありますが、10以上のボタンが配置されているモデルもあります。

親指でクリックして使用するサイドボタンの数や配置場所は、プレイするゲームジャンルにあわせて選択するのが基本。FPSやTPSプレイヤーは、サイドボタン2個搭載のシンプルな製品を使用している方がほとんどです。

多数のサイドボタンを搭載しているゲーミングマウスは、複雑のコマンド入力を行うMMOやMOBAなどのゲームで有効。頻繁に入力するコマンドをサイドボタンにショートカットキーとして設定しておくのが一般的です。

プレイするゲームにあったモデルを選ぼう

FPS・TPS

By: logicool.co.jp

FPSやTPSをプレイする場合は、レポートレートに注目してモデルを選ぶのがおすすめです。FPSやTPSは連射や速射で相手を圧倒するのが醍醐味のひとつです。レポートレートの数値が高いほどゲームを有利に進められます。

また、DPIが調節できるかどうかもチェックしておきましょう。ローセンシにすれば正確な動作が可能になり、ハイセンシにすれば素早い動きが実現できます。

MMO・MOBA

By: logicool.co.jp

MMOやMOBAをよくプレイする方は、マウスに搭載されているボタンの数でゲーミングマウスを選ぶのがおすすめです。MMOやMOBAはFPSとは違って複雑な操作が多いため、ショートカットが多く登録できるモデルの方がゲームを有利に進められます。

また、ボタンの数とあわせて確認しておきたいのが、ボタンの搭載されている位置です。ショートカットが多く登録できるモデルであっても、クリックしやすい位置になければ意味がありません。自身がクリックしやすい位置にボタンがあるかどうかを確認するのも重要です。

ゲーミングマウスのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: rakuten.co.jp

パソコン周辺機器メーカーとして有名な「ロジクール」はゲーミングデバイスも数多く製造。「Gシリーズ」や「PROシリーズ」という名称で発売されており、パソコンゲーム初心者からプロゲーマーまで、数多くの方に使用されています。

ゲーミングマウスも有線タイプやワイヤレスタイプ、多ボタンタイプなどラインナップが豊富。ゲーム初心者でも選びやすいのがメリットです。

レイザー(Razer)

By: amazon.co.jp

クールなロゴマークとライティングで人気の「レイザー」。レイザーの製品は、ゲーミングデバイスらしいデザインが好評ですが、搭載されている性能や機能も優れています。ゲーミングマウスでは「DeathAdder」と呼ばれるシリーズが定番です。ワイヤレスタイプながら軽量な製品や、多ボタン搭載モデルも販売されています。

ロジクールと同じくラインナップが豊富なので、初めてゲーミングマウスを購入する方でも選びやすいメーカーです。

スティールシリーズ(SteelSeries)

By: amazon.co.jp

アメリカのシカゴに本社を構えるゲーミングデバイス専門ブランドの「スティールシリーズ」。ロジクールやレイザーに比べるとラインナップは少なめですが、有線タイプやワイヤレスタイプ、多ボタン搭載タイプなど基本的なスペックのゲーミングマウスがラインナップされています。

振動機能や最新のテクノロジーが搭載されている製品など、ハイエンドモデルも展開しており、ゲーム上級者にもおすすめのメーカーです。

ゲーミングマウスのおすすめモデル|有線

ロジクール(Logicool) HEROハイパフォーマンスゲーミングマウス G502RGBhr

プレイするゲームのジャンルやスタイルにあわせて重量を調節できる有線タイプのゲーミングマウス。3.6gのウェイトが5個付属しており、ボディ中央や前後左右へ自由に配置できるのが特徴です。

ケーブルの長さは210cmあり、パソコンから離れた位置からでもゲームを楽しめます。また、パソコン画面と連動して約1680万色のなかから色が変化する「LIGHTSYNC RGB」が備わっているので、没入感を味わえるのもポイントです。

11個の「プログラマブルボタン」が搭載されており、自由にショートカットを登録することが可能。オンボードメモリに設定を保存しておけば、外出先でも普段通りのプレイが楽しめます。また、ワンタッチでDPIをシフトできるボタンが備わっているので、さまざまなゲームにおすすめです。

ロジクール(Logicool) MMOゲーミングマウス G600t

MMOやMOBAをプレイするゲーマーにおすすめの有線式ゲーミングマウスです。ボディサイドに12個のサムボタンを搭載。プレイに適した設定があらかじめされているので、購入してすぐに使い始められるのが魅力です。

DPIやショートカットの登録など、オリジナル設定のプロファイルが3つまで作成できるのが特徴。使用の度に設定し直す必要はありません。また、メモリに直接保存が可能なので、外出先でも普段通りの設定でゲームが楽しめます。

ボディに搭載されている3つのマウスボタンがすべて2000万回のクリック耐久テストをクリアしているのもポイント。マウスフィートも250kmの使用テストが実施されており、高い耐久性を備えています。1つのモデルを長く使い続けたい方におすすめのアイテムです。

レイザー(Razer) Basilisk V2 RZ01-03160100-R3M1

ボディ底面のダイヤルからスクロールホイールの抵抗度が変更できる有線タイプのゲーミングマウス。好みのタクタイル感が楽しめるよう自由に調節できるのが魅力です。武器の交換など、スクロールホイールを使うコマンドがスムーズに実行できます。

スイッチには赤外線を使用してクリックするオプティカルスイッチを採用。1秒あたり0.2mmという素早い応答時間を実現しています。また、信号の送信に物理的な接触を必要としないため誤入力が少なく、正確なプレイが楽しめます。

20000DPIの解像度と650IPS追跡速度が備わっているので、素早い入力が求められるFPSなどのゲームにおすすめ。ケーブルには弾性に優れたモノが採用されているので、プレイの邪魔になりにくいのがポイントです。

レイザー(Razer) DeathAdder V2 RZ01-03210100-R3M1

耐久性の高いラバーサイドグリップを用いた有線タイプのゲーミングマウスです。本体重量はケーブルを除いて82g。手に馴染みやすいエルゴノミックデザインを採用しているので、長時間のプレイでも手に負担がかかりにくいのが特徴です。

ボディ中央にはゲーミンググレードのタクタイルスクロールホイールを搭載。バニーホップなどの操作がスムーズに行えます。また、1680万色のカラーオプションを備えているので、没入感を味わいながらゲームが楽しめます。

400・800・1600・2400・3200と5段階のクイックDPI調節機能が搭載されているのもポイントです。耐クリック回数7000万回のオプティカルスイッチを備えているのも特徴。耐久性に優れ、長く愛用できるアイテムを探している方におすすめです。

スティールシリーズ(SteelSeries) RIVAL 600

ボディサイドに4gの重りを計8個まで搭載できる有線タイプのゲーミングマウス。重さを96~128gの間で変更可能なので、ゲームジャンルやプレイスタイルにあわせて適した重さに設定できます。

ボディ左右には高耐久のメカニカルスイッチを搭載。耐久性に優れ、長く愛用できます。また、クローグリップとパームグリップ、どちらの持ち方でもクリックしやすい設計になっているのも特徴です。

最小0.5mmのリフトオフディスタンスを実現した光学深度センサーを搭載。マウスを持ち上げて移動させても無駄なカーソルの動きが発生しにくく、ゲームを有利に進められます。本格的にeスポーツを始めたい方におすすめのアイテムです。

スティールシリーズ(SteelSeries) SENSEI TEN

シンメトリーな作りの有線タイプのゲーミングマウス。右利きの方でも左利きの方でも使いやすいのが特徴です。ボディ底面には高性能センサーを搭載。あらゆるマウスパッドの上で高いパフォーマンスを発揮します。

18000CPIの解像度と450IPSのトラッキング速度を実現。追尾性に優れているので、素早い動きが求められるゲームにおすすめです。また、50Gの最大加速度も備わっているので、正確な動作を行うのにも適しています。

6000万回のクリックが可能と謳うメカニカルスイッチを搭載。本体の材料には高純度ポリマーが採用されており、高い耐久度と耐摩耗性を備えています。FPSやTPSなど動きの激しいゲームにもおすすめのアイテムです。

コルセア(Corsair) SCIMITAR PRO RGB

MOBAとMMOのプレイにおすすめの有線式ゲーミングマウス。ボディサイドに12個のサムボタンが搭載されており、多くのショートカットが登録できます。ボタンには滑り止め加工が施されているので、安定した入力が行えます。

解像度は最大16000DPI。1DPI刻みで変更できるので、好みのスピードに設定できます。また、マウスパッドの表面にあわせてチューニングできるのもポイント。高いカスタマイズ性を備えた、自由度の高いアイテムです。

キングストン(Kingston) HyperX Pulsefire FPS Pro HX-MC003B

高性能な「Pixart 3389センサー」を搭載した有線タイプのゲーミングマウス。最大16000DPIの解像度を誇り、素早く正確に相手プレイヤーを迎撃可能です。ボディサイドには滑り止めが付いているので、安定したプレイが楽しめます。

ボディにはカスタマイズ可能な6つのボタンを搭載。好みにあわせてショートカットをプログラムできます。また、セットアップは最大3つまでマウスに保存可能。主にFPSやTPSで遊ぶ方におすすめのアイテムです。

ゲーミングマウスのおすすめモデル|ワイヤレス対応

ロジクール(Logicool) PROワイヤレス ゲーミングマウス G-PPD-002WLr

本体重量が80gと軽量なワイヤレス対応ゲーミングマウス。手への負担が少ないので、長時間のプレイにおすすめです。ロジクールが独自に開発した「HERO 16K」センサーを搭載。400IPSを超えるスピードでも正確に認識されます。

レポートレートは1msと速く、遅延の少ない安定したパフォーマンスが発揮できるので、FPSや格闘ゲームなどの素早い入力が求められるゲームにおすすめ。また、DPIは100~16000の間で調節が行えます。

ボディサイドに設けられたボタンは取り外し可能で、右利き左利きどちらにも対応しているのがポイント。8つのボタンにショートカットが登録できます。また、表面に耐久性とグリップ性に優れた素材によるコーティングが施されており、長く愛用できるのも魅力です。

ロジクール(Logicool) LIGHTSPEED WIRELESS GAMING MOUSE G502WL

DPIが100から最大16000まで設定できるワイヤレス対応ゲーミングマウス。ゲームやシーンに応じて素早く動かしたり精密に動かしたりと自由に調節できます。また、一度のフル充電で、最大60時間プレイできるのが特徴です。

本体重量は114g。ボディサイドにはラバーグリップが搭載されており、軽い力で動かせます。ボディ中央にあるホイールは引っ掛かりにくく、高速スクロールに対応しているのもポイント。ノッチスクロールへの設定も可能です。

レポートレートは1ms。11個のプログラマブルボタンが搭載されているので、多くのショートカットが登録できます。FPSやMMOなど、幅広いゲームにおすすめのアイテムです。

レイザー(Razer) Basilisk Ultimate RZ01-03170100-R3A1

eスポーツで活躍するゲーマーからも認められているワイヤレス対応ゲーミングマウス。最大20000DPIの解像度と650IPSのトラッキング速度を誇り、FPSやTPSなどの素早い操作が求められるゲームにおすすめです。

11個のプログラムボタンが搭載されており、ショートカットが自由に登録可能。感度も800・1800・4000・9000・20000の5段階に調節できます。設定は5つまで保存が可能。素早く有効化できるのも特徴です。

最大100時間のバッテリー持続時間があり、スタミナは良好。耐クリック回数7000万回のオプティカルスイッチが搭載されているなど高い耐久性を備えています。ハイエンドモデルを探している方におすすめのアイテムです。

レイザー(Razer) Viper Ultimate RZ01-03050100-R3A1

本体重量が74gの軽量デザインで、手に負担がかかりにくいワイヤレス対応ゲーミングマウスです。70時間のバッテリー寿命を備えており、長時間のプレイにおすすめ。また、左右どちらの手でも使用できる形状なのが特徴です。

650IPSの追跡速度と、20000DPIと高い解像度を実現。レイザー独自の「RAZER HYPERSPEEDワイヤレス技術」が採用されており、素早い入力が必要なゲームにおすすめです。

8個のプログラムボタンが搭載されており、よく使用する動作やコマンドを登録しておけるのがポイント。また、耐クリック回数7000万回のオプティカルスイッチを搭載しています。機能性・利便性・耐久性の3つを兼ね備えるアイテムを探している方におすすめです。

スティールシリーズ(SteelSeries) RIVAL 650 WIRELESS

スティールシリーズ独自のワイヤレステクノロジー「Quantum Wireless」を搭載しているゲーミングマウス。1msのレポートレートを実現しており、遅延の少ない安定したプレイが楽しめます。

4gのウェイトが8つ付属しており、重量を121~153gの間で256パターンに調節できるのが特徴。ゲームのジャンルやプレイスタイルに応じて重心も変更できます。

CPIは可変式で、100~12000の間で調節が可能。リフトオフディスタンスも0.5~2mmで設定できます。また、15分の高速充電で10時間以上プレイできるなどスタミナも良好。カスタマイズ性の高いアイテムです。

エイスース(ASUS) ROG Pugio II

有線・2.4GHz・Bluetoothと3種類の接続方法を持つゲーミングマウス。使用状況や好みなどに応じてケーブルを繋げたり無線にしたりできるのが特徴です。また、2.4GHzとBluetoothが切り替えられるスイッチも備わっています。

ソフトウェアなしでDPIが変更できる「DPI On-The-Scroll機能」を搭載。DPIボタンを押しながらホイールを回すと100~16000の間でDPIの調節が自由に行えます。好みのスピードや精度へ素早くアプローチできるのが魅力です。

アクセサリーケースが付属し、追加のスイッチやピンセットなどを収納可能。外出先で使用する場合でもメンテナンスを行えます。あらゆる場所でゲームを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ロキャット(ROCCAT) Kain 200 AIMO

「ハイブリッド耐摩耗コーティング」が施されているワイヤレス対応ゲーミングマウス。耐久性や防汚性に優れているので、1つのモデルを長く愛用したい方におすすめです。また、高いグリップ性も兼ね備えているので、長時間のプレイに適しています。

解像度16000DPIのオプティカルセンサーを搭載。400IPSと40Gの最大加速度をあわせ持ちます。また、可動時間は最長50時間とスタミナも良好。FPSやTPSを長時間楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ゲーミングマウスのAmazonランキングをチェック

ゲーミングマウスのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。