食材をカットするまな板として使えるのはもちろん、料理を盛りつけるプレートとしても活躍する「カッティングボード」。なかでも木製のカッティングボードは、料理の色を引き立て、食卓をおしゃれに演出できるため、ひとつあると重宝します。

そこで今回は、幅広い用途に使えるおすすめの木製カッティングボードをご紹介。選ぶ際のポイントや長く使用するためのお手入れ方法についても併せて解説します。

カッティングボードとまな板の違いとは?

By: rakuten.co.jp

カッティングボードとまな板は、どちらも食材を切る際に使用するモノ。一見同じに見えますが、用途や材質に大きな違いがあります。カッティングボードは食卓の上に置き、パンやチーズなどを切るときに使うのが一般的です。一方のまな板は、肉や魚、野菜などを切る際に用いられ、主にキッチンで使用します。

また、パン食文化の欧米を中心に普及しているカッティングボードは、ギザギザ刃のブレッドナイフを使用しても傷つきにくいよう、多くが硬い木で作られているのが特徴。それに対して日本のまな板は、包丁で魚や野菜を細かくカットする習慣から、刃こぼれしにくいやわらかい材質の木材やプラスチック板がよく使われます。

カッティングボードの選び方

木材の主な種類と特徴から選ぶ

水はけがよく衛生的に使える「オリーブ材」

By: rakuten.co.jp

表情豊かな木目が魅力のオリーブ材。密度が高く、強度と耐性に優れているため長持ちします。油分を含むため水はけがよいうえ、抗菌性にも優れており、衛生的に使用できるのもポイント。見た目の美しさと使い勝手のよさを兼ね備えたカッティングボードを探している方におすすめです。

衝撃や曲げに強い「アカシア材」

By: amazon.co.jp

濃淡のある独特な木目と重厚な色合いが印象的なアカシア材。堅牢で衝撃に強く、傷みにくいという特徴があり、フローリング材や家具などにも使われています。高級木材のウォールナットに似た風合いを持ちながら、手頃な価格で購入できる点もメリットです。

耐久性に優れた「オーク材」

By: amazon.co.jp

オーク材は、白みがかった明るい色合いと荒い木目が特徴。経年変化によって褐色へと変化し、色味の濃さと深みが増します。ナチュラルな雰囲気でどんな食材とも合わせやすく、幅広いシーンで活躍。堅く重厚感があり、耐久性に優れているのも魅力です。

なめらかな触り心地の「ラバー材」

By: amazon.co.jp

肌触りのよさと白っぽい色味が特徴のラバー材。優しくやわらかい雰囲気で、パンやスイーツなどの盛りつけに適しています。包丁やナイフの刃を傷めにくいため、カッティングボードの素材として人気。使い込むほどに味わいが増し、長く愛用できます。

用途に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

カッティングボードを食器代わりに使用する場合、サイズにもこだわって選びましょう。カッティングボードはフチがないため、ボリュームのある料理を盛りつけたい場合は大きめのモノを選ぶのがおすすめ。オードブルやカナッペなどをのせる場合は、食卓で邪魔になりにくいコンパクトサイズのモノが便利です。

好みの形状を選ぶ

By: amazon.co.jp

角型や丸型を主流に、多種多様な形状が揃うカッティングボード。実用性で選ぶのも大切ですが、キッチンの雰囲気やテーブルウェアとの相性を考慮して選ぶのもひとつの方法です。スタイリッシュな雰囲気に仕上げたい場合は直線的なモノを、あたたかみのあるインテリアには、丸みのあるモノを合わせるのがおすすめです。

表と裏で使い分けできるリバーシブルタイプが便利

By: amazon.co.jp

リバーシブル仕様のカッティングボードは、表面は肉や魚、裏面は野菜やフルーツ用など、食材ごとに使い分けできるのがメリット。肉や魚に付着している雑菌がほかの食材に移るのを防ぎ、衛生的に使用できます。また、片面をまな板、もう一面をプレートとして使い分けるのもおすすめ。プレート面に傷がつくのを防ぎ、長く愛用できます。

カッティングボードのおすすめブランド

ケヴンハウン(KEVNHAUN)

By: amazon.co.jp

デンマークの首都であるコペンハーゲンを意味する「ケヴンハウン」。北欧らしいおしゃれなデザインのキッチンアイテムを扱う、デンマーク発祥のブランドです。デザイン性と機能性を兼ね備えたケヴンハウンの製品は、ヨーロッパで日常的に使われ、愛されています。

ダスホルツ(Das Holz)

By: amazon.co.jp

福岡県大川市にて木材加工を行う「ダスホルツ」。アメリカやカナダ産の木材を一枚板から加工しており、美しい木目を活かした継ぎ目のない仕上がりが特徴です。木材本来の質感や風合いを活かしたシンプルなデザインのカッティングボードは、日常の幅広いシーンで活躍します。

アルテレニョ(Arte Legno)

By: amazon.co.jp

イタリアに工房を持ち、樹齢200〜300年のオリーブ材を使用したハンドメイド製品を手掛ける「アルテレニョ」。厳選されたオリーブ材を使用したカッティングボードは非常に強固で、包丁やナイフなどの傷がつきにくく、長く愛用できます。天然素材ならではの、自然な風合いも魅力です。

カッティングボードのおすすめ

ケヴンハウン(KEVNHAUN) カッティングボード モーニングトレイ KDS139

ケヴンハウン(KEVNHAUN) カッティングボード モーニングトレイ KDS139

まな板とプレート、ふた通りの使い方ができるリバーシブル仕様。アカシア材特有の濃淡がはっきりした美しい木目が高級感を醸し出します。ハンドルつきで持ち運びもラクラク。衝撃や曲げにも強く、キャンプなどのアウトドアシーンにも適しています。

熱伝導率が低いため、盛りつけた料理が冷めにくく、最後まであたたかいまま食べられるのもメリット。ひとつあると便利なカッティングボードです。

ケヴンハウン(KEVNHAUN) ラウンドカッティングボード モーニングトレイ KDS1923

ケヴンハウン(KEVNHAUN) ラウンドカッティングボード モーニングトレイ KDS1923

ピザやホールケーキなどの盛りつけに便利なアカシア製の丸型カッティングボード。片面は食材を切るまな板として、もう一面は料理を盛りつけるプレートとして使える2WAYタイプで、幅広いシーンで活躍します。

全長40cmで一人用のワンプレートにちょうどよいサイズ。主食に加えてメイン、デザートまで盛りつければ、自宅でカフェ気分を味わえます。持ち手には革紐がついており、インテリア感覚でキッチンに吊るして収納できるのもポイントです。

ケヴンハウン(KEVNHAUN) フルーツカッティングボード KDS.1406

ケヴンハウン(KEVNHAUN) フルーツカッティングボード KDS.1406

ちょっとした1品を出す際などに活躍する、コンパクトサイズのカッティングボード。深みのある色合いが特徴のアカシア材を用いており、盛りつける料理を華やかな印象に見せてくれます。持ち手つきでキッチンから食卓への移動も簡単。

食卓に置いても邪魔にならず、気軽に使えるカッティングボードを探している方に適しています。

ダスホルツ(Das Holz) カッティングボードB

ダスホルツ(Das Holz) カッティングボードB

長い食材の切り分けや盛りつけに活躍する、スリムデザインのカッティングボード。テーブルの上で幅をとらないため、気軽に使用できるのが魅力です。

キッチンや食卓の雰囲気に合わせて、ブラックウォルナット・ハードメープル・ブラックチェリーの3種類から木材を選べます。

テーブルから持ち上げやすいように片方の端に傾斜をつけるなど、使い勝手のよさを追求した工夫が随所に散りばめられているのもポイント。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめのカッティングボードです。

アルテレニョ(Arte Legno) カッティングボード NOV77.1

アルテレニョ(Arte Legno) カッティングボード NOV77.1

天然素材ならではの自然な形状や風合いを活かした、オリーブ材のカッティングボード。個性的な見た目で、大人数が集まるパーティーなどでメイン料理の盛りつけに使用すれば、食卓が一気に華やぎます。

オリーブ材は密度が高く非常に硬いため、包丁やナイフなどの傷がつきにくいのもポイント。長く愛用できるカッティングボードを探している方におすすめです。

不二貿易 カッティングボード 30519

不二貿易 カッティングボード 30519

パンやフルーツの盛りつけに適した、コンパクトサイズのカッティングボード。食材をカットしてそのまま盛りつけるだけで、食卓がおしゃれに仕上がります。長めの持ち手つきで移動もラクラク。フックに引っ掛けて見せる収納も楽しめます。

模様や色合いがひとつひとつ異なる天然のアカシア材を使用。耐久性が高く、正しいお手入れをすれば長く使い続けられます。

D&S エンドグレインカッティングボード MP.1621-L

D&S エンドグレインカッティングボード  MP.1621-L

アカシア材ならではの濃淡のある色合いを活かした、モザイク柄のカッティングボード。衝撃力や曲げに強いため多少雑に扱っても壊れにくく、日常使いに適しています。幅39.8×奥行24.7×高さ3.8cmの大きめサイズで、ボリュームのあるメイン料理の盛りつけにおすすめ。

本体重量は1.465kgと重めですが、底に滑り止めのラバーが取りつけられているため安定感があり、安心して使用できます。側面には、持ちやすいように窪みが設けられているのもポイントです。

ダルトン(Dulton) カッティングボード M5030

ダルトン(Dulton) カッティングボード M5030

高級感漂う深みのある色合いが特徴のカッティングボード。天然のアカシア材を切り出して作られており、木目や色の濃淡など、ひとつとして同じモノはないのが魅力です。

幅51.5×奥行き20.3×高さ1.2cmの大きめサイズで、サラダや肉料理といったボリュームのある料理も盛りつけ可能。大人数が集まるホームパーティーでも活躍する、おすすめのアイテムです。

menu(メニュー) カッティングエッジボード MN4788039

menu(メニュー) カッティングエッジボード MN4788039

実用性を追求したミニマルデザインに定評があるデンマーク発のブランド「メニュー」が手掛けるカッティングボード。直線と曲線が混在した独特なフォルムが目を引きます。

食卓に華やかさをプラスする明るい色合いが特徴のオーク材を使用。ナチュラルな雰囲気でどんな料理とも相性がよく、幅広いシーンで活躍するおすすめアイテムです。

ル・クルーゼ(Le Creuset) ウッド ツール メープルウッド・カッティングボード

ル・クルーゼ(Le Creuset)  ウッド ツール メープルウッド・カッティングボード

フランス発のキッチンウェアブランド「ル・クルーゼ」のカッティングボードです。真っ直ぐな木目と明るい色合いが特徴の北米産ハードメープルを使用しており、鮮やかな料理の色をより一層引き立てます。

ハードメープルは高い強度と耐久性を持ち、長く使用できるのも魅力。使い込むほどに手に馴染み、味わいが増していきます。表面にはコーティングが施されており、お手入れも簡単。同社のカラフルなお鍋やストーンウェアとも相性がよく、セットでのギフトもおすすめです。

パール金属(PEARL METAL) カッティングボード スタイルプレート C-9138

パール金属(PEARL METAL) カッティングボード スタイルプレート C-9138

美しい木目と肌触りのよさが特徴のラバー材を使用。フチに溝が彫られており、水分を多く含む食材のカットや盛りつけに使えるおすすめの1枚です。厚みがあるため包丁の当たりがやわらかく、切り心地も良好。

天然木を使ってハンドメイドで作られており、ひとつひとつ色味や木目が異なるのも魅力です。使い込むほどに味わいが増し、愛着を感じる道具に育ちます。

不二貿易 木製 カッティングボード ボヌール 94380

不二貿易 木製 カッティングボード ボヌール 94380

刃当たりが優しく、包丁やナイフを傷めにくいラバーウッド材のカッティングボード。フルーツやパンをカットしてそのまま盛りつけるだけで、カフェのようなおしゃれな雰囲気を演出できます。

移動や引っ掛け収納に便利な持ち手を備えているのもポイント。清潔感のある明るい色合いでキッチンとの相性も良好。濡れても乾きやすいため、清潔に使えます。

番外編|カッティングボードの活用例

ワンプレートでカフェ風に

By: amazon.co.jp

料理を盛りつけるだけで様になる、木製のカッティングボード。大きめのカッティングボードに主食と複数のおかずを盛りつければ、カフェのランチメニューなどでよく見かけるおしゃれなワンプレートご飯を再現できます。

おつまみを盛りつけてバル気分

By: rakuten.co.jp

晩酌の気分を変えたいときは、小さめのカッティングボードにチーズや生ハムなどのおつまみを少量ずつ盛りつけるのがおすすめ。おしゃれな雰囲気に仕上がり、お店にいるような気分が味わえます。

鍋敷きとしても使える

By: amazon.co.jp

木製のカッティングボードは、食材のカットや盛りつけはもちろん、鍋敷きにも使えます。また、急須やポットなどを乗せるトレーとしても使用可能。アイデア次第で、さまざまな使い方ができます。

番外編|カッティングボードのお手入れ方法

By: amazon.co.jp

使用後は速やかに水洗いし、水気を払って乾燥させます。汚れがひどい場合を除き、なるべく洗剤なしで洗うのがおすすめ。洗剤を使用する際は優しくなでるように洗い、水でしっかり洗い流しましょう。

カビが発生するのを防ぐため、水洗い後は乾いた布でよく水分を拭き取り、しっかり乾燥させるのが重要。素材によっては変形する恐れがあるので、直射日光に当てすぎるのは避けましょう。

表面のかさつきが気になる場合は、オリーブオイルなどの植物性の油を塗るとツヤが復活します。仕上げに乾いた布で余分な油分を拭き取り、乾燥させればお手入れ完了です。