日本でお米を炊くには炊飯器を使うのが主流ですが、一方で鍋を活用する方もいます。スイッチひとつでオートマチックに炊飯できるわけではなく、火力調節にもコツがいります。しかし、鍋の特性やポテンシャルを活かせるので炊飯にこだわりたい方は試してみるのがおすすめ。

今回は、炊飯におすすめのご飯鍋をピックアップ。土鍋やホーロー鍋、文化鍋をご紹介するので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

ご飯鍋の選び方

炊き方で選ぶ

ご飯鍋を選ぶ前にどのような方法で炊飯するのか、特に使用する熱源をチェックしておきましょう。多くの製品がガスコンロに対応していますが、IHでは使用できないモノもあります。特に人気の高い土鍋は直火専用で、IHには非対応の場合があるので、気になる方はしっかりと確認しておきましょう。

大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

毎日美味しいご飯を味わいたい方はご飯鍋のサイズにもこだわりましょう。多くの土鍋やホーロー鍋の場合は、鍋底を厚めにしているので、大きさによっては3kgを超えるご飯鍋もあります。

また、電子レンジでの炊飯や余ったご飯の温め、冷蔵庫での保存などに使用することも考慮しておきましょう。大きいサイズが欲しいものの、重さが気になるという方は、アルミ製の文化鍋が軽くておすすめです。

種類で選ぶ

土鍋

By: amazon.co.jp

ご飯鍋でも人気が高いのが土鍋。丸みがあり、火の当たる底面が厚くなっているのが特徵です。水とお米の対流がよく、全体に熱が伝わりムラなく加熱できるため、ふっくらと炊き上がります。

土鍋にはいくつか種類があり、萬古焼・伊賀焼・信楽焼などが代表的。萬古焼はツルっとした鍋肌で耐熱性や耐久性が高いのが特徵です。伊賀焼と信楽焼は粗土が使われており、ゴツゴツとした手触り。特性としては熱に強く、保温性にも優れています。いずれも美味しいお米を炊ける反面、重くて割れやすいという点がデメリットです。

ホーロー鍋

By: amazon.co.jp

ホーロー鍋は鉄やアルミニウムなどの表面にガラス質の釉薬(ゆうやく)を焼き付けて作られています。色移りやニオイ残りしにくいのが特徵です。

特に鋳物ホーロー鍋は熱伝導率や密閉度が高いため、みずみずしいご飯が炊けるのがポイント。一方でご飯鍋としては衝撃に弱いほか、ガラス面が剥がれると錆びやすいといったデメリットがあります。

文化鍋

By: rakuten.co.jp

文化鍋はアルミニウム合金を鋳造したモノが大半。ご飯鍋としては土鍋やホーロー鍋に比べ軽くて割れにくく、扱いやすいといった利点があります。

熱が全体に行き渡るため炊きムラがなく、お米のひと粒ひと粒がしっかり立ちふっくら炊き上がります。粘りや甘味のバランスがよいのも特徵。ただ、文化鍋のデメリットとしては、火加減の調節が難しいことです。炊飯の仕上がりがベチャっとなってしまったり、必要以上におこげができてしまったりするので、コツを掴むまでには時間がかかります。

ご飯鍋のおすすめメーカー

長谷園

By: amazon.co.jp

「長谷園」は三重県伊賀市で180年以上に渡り伊賀焼の伝統と技術を継承し続ける老舗。土鍋の「かまどさん」で有名なメーカーです。

「古琵琶湖層」と呼ばれる地層の貴重な土を採用。有機物を多く含み多孔質な生地となるため、蓄熱性が高くて吸湿性が高いのが特徵です。適度に蒸気を逃すため炊き上がったご飯がベタつかず、粒がしっかり立ってふっくらしていると好評。ご飯鍋のなかでも土鍋を探している方は必ずチェックしておきましょう、

ル・クルーゼ(LE CREUSET)

By: amazon.co.jp

1925年に設立され、世界で愛される調理器具を製造しているフランスのメーカー「ル・クルーゼ」。ホーロー製の鍋を中心に、長年愛用できるこだわりの製品をラインナップしています。

世界各国の料理文化に合わせた製品開発を行っているのも特徴。日本向けには鍋物に使える浅めの鍋や蒸し料理ができるスチーマーなどが販売されています。ホーロー鍋をご飯鍋として使いたい方は要チェックです。

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

創業当時から一貫して耐熱ガラスの製造・販売を行っている「ハリオ」。土鍋・ご飯釜・雪平鍋の3種類を取り扱っており、すべての鍋製品で耐熱ガラス蓋を採用しています。ご飯鍋としては炊飯時に鍋の内部の様子が見えるため、使い慣れていない初心者の方でも調理しやすいと人気です。

ご飯鍋のおすすめモデル|IH対応

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ココット エブリィ 18

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ココット エブリィ 18

深型でいろいろな調理に活躍できる、IH対応の製品。日本の食卓に欠かせないご飯や煮物料理に適した形状が魅力の鋳物ホーローご飯鍋です。適度な深さと丸みを帯びた鍋底、ドーム型のフタで理想的な対流を作り上げ、米が踊るように炊き上がります。

外径はコンパクトながらも、十分な深さによって汁物から少量の揚げ物にも重宝するのがポイント。鍋の内側にはマットホーロー加工が施され、焦げ付きにくいのも魅力です。キッチンに出しっぱなしにしていてもサマになる、おしゃれなご飯鍋を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO) フタがガラスのIH対応ご飯釜 雪平 3合用 GIS-200

ハリオ(HARIO) フタがガラスのIH対応ご飯釜 雪平 3合用 GIS-200

IHをはじめ、ガスコンロなどあらゆる熱源に対応する雪平タイプのご飯鍋。高さのある耐熱ガラス製のフタは、調理の様子が目視しやすいのが特徴です。フタ上部にあるホイッスルが、火を止めるタイミングを知らせてくれるので、鍋につきっきりになる手間も省けます。

鍋本体は、ステンレスとアルミの4層仕上げ。鍋内側にはフッ素コート加工が施され、ご飯のこびりつきや焦げつきが少なく、ふっくら炊きムラのないご飯に仕上がります。難しい火加減の調節も不要で、初めて鍋でご飯を炊く方にもおすすめです。

ティファール(T-fal) キャストライン ライスポット 3合炊き C76595

ティファール(T-fal) キャストライン ライスポット 3合炊き C76595

使い勝手がよくセンスのよい調理家電が数多く揃うティファール。本製品は、鋳鉄の優れた蓄熱性とアルミの軽さを両立させたハイブリッドなご飯鍋です。火力がガス火より調節しづらいとされるIHでもお米がムラなく対流し、じっくりと火を通すためふっくらとしたご飯が炊き上がります。

ほかの素材に比べ熱伝導率が優れているため、時短で炊飯できることも魅力です。鍋全体にノンスティック加工を施してあるため、汚れが落ちやすくお手入れが楽なことも見逃せません。少しでも調理や後片付けの時間を短縮したい方におすすめです。

ストウブ(staub) ラ・ココット de GOHAN 40511-560

ストウブ(staub) ラ・ココット de GOHAN 40511-560

日本で古くから使われている「羽釜」のカタチをモチーフにした、鋳物ホーロー製のご飯鍋。本製品は、美味しいご飯を炊くために開発された、ストウブのジャポネスクシリーズです。高い蓄熱性で米がひと粒ひと粒立ち上がるようなツヤのあるご飯に炊き上げます。

フタの裏には「システラ」と呼ばれる独自の突起を採用。突起についた蒸気が水滴となって食材に降り注ぐことで、ふっくらみずみずしく仕上がります。深さを生かして、炊飯のほか煮物や汁物作りにも最適。IHのほかにガス火やオーブンと、万能に使えるご飯鍋を探している方におすすめです。

和平フレイズ IH対応ご飯鍋 16cm 2合炊 RA-9761

和平フレイズ IH対応ご飯鍋 16cm 2合炊 RA-9761

アルミ製のコンパクトなご飯鍋。ほかの素材に比べ軽量なので、女性や年配の方にも扱いやすくおすすめです。2合炊きなので一人暮らしの方にも嬉しいサイズ。IH・ガス火ともに使えるため、引越しなどで熱源が変わっても長く愛用できるのが魅力です。

フタを二重にすることで鍋内に圧力がかかり、もっちりとした美味しいご飯が炊き上がります。内面にはフッ素樹脂加工を採用。食材のこびりつきを防ぎお手入れが楽なこともポイントです。アルミ製ながら土鍋風なデザインもおしゃれ。少量炊きに適したおすすめのご飯鍋です。

盛栄堂 南部ごはん釜 3合炊 F-414

盛栄堂 南部ごはん釜 3合炊 F-414

コロンとしたフォルムが可愛らしい鋳鉄製のご飯鍋。水の対流が起こりやすい丸型の鍋底を採用することで一気に米が舞い踊り、IH調理器具を使ってもわずか20分ほどで美味しいご飯が炊き上がります。

鍋の内側には目盛りがついているため、温度や米の状態によって細かく水の量を設定したい方にもおすすめです。火加減によっては、鍋底にきれいなおこげを作ることも可能。レシピ付きで炊飯のほか、さまざまな料理にトライできます。本格的な南部鉄器をIHで使ってみたい方はぜひチェックしてください。

宮崎製作所 ライスポット 炊飯鍋 RP-2T

宮崎製作所 ライスポット 炊飯鍋 RP-2T

ご飯を美味しく炊き上げることだけを追求し誕生したご飯鍋。チタン・アルミ・ステンレスの3層からなるハイブリッドな素材を採用することで、熱伝導性と保温性を高め時短で炊飯することが可能です。

また、純チタンは金属イオンが溶け出す心配がないため、金属臭のにおい移りもなく、米本来の繊細な旨みを味わうことができます。鍋のフチが高めに設計されており、吹きこぼれにくいのも魅力です。サビにくくお手入れが簡単であることも嬉しいポイント。長く使い続けられるおすすめのご飯鍋です。

ambai 土鍋 SNK-54001

ambai 土鍋 SNK-54001

四日市で有名な萬古焼のご飯鍋。土鍋といえばIHには不向きな素材ですが、本製品は鍋底の外側にIHに反応する磁気を搭載しているため、熱源を選ばず使えるのが特徴です。土鍋の優れた蓄熱性を生かし、米の芯までじっくりと火を通せます。

フタは鍋の内側にすっぽりと入り込む仕様で、沸騰しても吹きこぼれにくいのがポイント。適度に鍋内に圧力がかかるため、ふっくらと米が立った状態で炊き上がります。付属の木フタに変えれば「おひつ」としても活躍。IHでも使えるおしゃれなご飯鍋を探している方におすすめです。

バーミキュラ(Vermicular) オーブンポットラウンド 18cm

バーミキュラ(Vermicular) オーブンポットラウンド 18cm

日本の職人技が生きるバーミキュラ渾身の鋳物ホーロー製ご飯鍋です。オープンポットラウンドの最大の特徴は「無水調理」も可能な高い気密性。水を一切使わず食材の水分だけで調理する煮物料理をはじめ、シンプルな炊飯にも最適です。

フタと本体の接地面を増やし、密閉性を高めることで蒸気がムラなく対流。米本来の旨みを逃さずふっくらとした炊き上がりを実現します。手になじみやすい小ぶりなサイズで、米なら3合まで炊飯が可能です。

ホーローが傷んだらカラー変更やリペアしてくれるのも嬉しいポイント。キッチンのパートナーとして長く愛用できる、おすすめのご飯鍋です。

ビタクラフト(Vita Craft) ごはん鍋 3850

ビタクラフト(Vita Craft) ごはん鍋 3850

無水鍋でおなじみのビタクラフト。本製品は、優れた多層構造の機能を生かして作られたご飯鍋です。全面をステンレスとアルミの5層にすることで熱効率がよく、蒸らし時間を合わせても約20分でご飯が炊き上がります。

しっかりと米とお湯が対流する丸型のフォルムを採用。また、水蒸気の力で本体とフタを密閉させるため、蒸気を外に逃すことなく旨みを閉じ込めます。

たわしでゴシゴシこすっても傷がつきにくく、お手入れが楽なことも魅力。ほかのご飯鍋に比べるとやや高価ですが、光熱費や時間が節約できるため、長く付き合っていけるエコな1台です。

ご飯鍋のおすすめモデル|ガスコンロのみ

長谷園 かまどさん三合炊 CT-01

長谷園 かまどさん三合炊 CT-01

日本有数の古陶でもある伊賀焼のご飯鍋。多孔質な目の粗い陶土を使用することで、炊いたご飯の水分を適度に吸収し、ベタつくことなくふっくらと仕上がります。ガスの中強火で加熱し蒸らすだけなので、細かい火力調節が苦手な方にもぴったりです。

ポイントとしては、上フタと中フタに空いた穴が直角になるようにセット。こうすることで鍋内にほどよい圧力がかかり、お米のひと粒ひと粒にしっかりと旨みを閉じ込めます。炊き上げ時間や水の量を変えることで、白米だけでなく美味しいおこげや炊き込みご飯、玄米までも美味しく味わえるおすすめのご飯鍋です。

ハリオ(HARIO) フタがガラスのご飯釜 1合用 GNN-150B

ハリオ(HARIO) フタがガラスのご飯釜 1合用 GNN-150B

1合用のコンパクトなご飯鍋。ガス火でも少量の美味しいご飯が炊けるので、1人暮らしのキッチンにもぴったりです。ハリオ独自のドーム型耐熱ガラス製のフタで、調理の様子が確認しやすいほか、フタ上部に搭載されたホイッスルで炊き上がりのベストなタイミングを知らせてくれるのも魅力です。

本体は、三重県四日市で生産される萬古焼。なめらかな質感とマットな風合いが、モダンなインテリアにもよくなじみます。少量でも手軽にご飯鍋で毎日米を炊いてみたい、という方におすすめです。

ノーリツ(NORITZ) 温調機能用炊飯鍋 LP0149

ノーリツ(NORITZ) 温調機能用炊飯鍋 LP0149

ガスにまつわる住宅設備機器が有名なノーリツが販売するご飯鍋。炊飯器が普及する以前に、炊飯用の鍋として一般的に広く使われていたアルミ製の「文化鍋」は、軽量で扱いやすいのが特徴です。ガス火との相性もよく熱伝導率が高いため、一気に早く炊き上げられるのも魅力。

本製品は鍋内側にフッ素加工を施すほか、ご飯やおかゆ作りにちょうどよい水位目盛りをつけるなど、従来の文化鍋をさらに使いやすくした工夫が集約されています。また、吹きこぼれにくいという利点もあるので、コンロを汚さず後片付けに手間がかからないご飯鍋を探している方は、ぜひチェックしてください。

パロマ 炊飯鍋 PRN31

パロマ 炊飯鍋 PRN31

まるで土鍋のような「セラミックコート」加工を施した、アルミ製のご飯鍋。内径が約18cmとコンパクトなため、省スペースで収納できることも魅力です。「土鍋は重くて扱いにくい」という方でも、軽々持てるうえ汚れもサッと落とせるので後片付けも楽。

3合炊くなら火を止めるまでに15分、蒸らし時間を合わせても30分と短時間でごはんが炊けるので、朝の忙しい時間にも重宝します。家族の好みに合わせて白米や玄米、五穀米など炊き分けしている家庭にもおすすめのご飯鍋です。

ウルシヤマ金属工業 謹製 釜炊き三昧 3合炊き 21207

ウルシヤマ金属工業 謹製 釜炊き三昧 3合炊き 21207

昔ながらの「かまど炊き」が楽しめるユニークなご飯鍋。かまど風の台に鍋本体をのせるようにしてガス台にセットすれば、熱が効率よく回ります。本体は純度の高いアルミ製。卓越した職人がひとつひとつ丁寧に鋳造した日本製です。

熱を加えると、鍋底の丸みによって米がきれいに対流。ステンレス製の圧力フタをのせることで、米の芯までふっくらとしたご飯に仕上がります。万が一吹きこぼれても、かまどの「吹きこぼれ受け」がコンロまわりの汚れを防いでくれるので安心。自宅で本格的なかまど炊きにチャレンジしてみたい方におすすめです。

銀峯陶器 菊花ごはん土鍋 3合炊き

銀峯陶器 菊花ごはん土鍋 3合炊き

本格土鍋で美味しくご飯が炊ける萬古焼のご飯鍋。一般的な土鍋に比べ、鍋全体が厚みを帯び、蓄熱性に優れているのが特徴です。じっくりと熱を通すため、冷めてもふっくらとみずみずしい美味しいご飯に仕上がります。

二重フタで鍋内に圧力がかかりやすく、沸騰してすぐ火を消しても余熱でごはんが炊けることから、光熱費の節約効果も抜群です。直火のほか電子レンジも使用できるため、あまったごはんの温め直しにも最適。豊富なカラーバリエーションや容量のなかから、お気に入りのご飯鍋を見つけてみてください。

かもしか道具店 ごはんの鍋 3合

かもしか道具店 ごはんの鍋 3合

おしゃれな陶器をリリースしている、かもしか道具店のご飯鍋。本製品に使用される土には「ペタライト」と呼ばれる鉱物を混ぜ込んでいます。これにより直火にも強い耐熱性を強化。

フタには蒸気を逃す穴をあえて作らないことも本製品のこだわりです。鍋内の蒸気を循環させ米にまとわせることで、しっとりと旨みが凝縮されたご飯に炊き上がります。鍋のフチを高く設計しているため、吹きこぼれも心配無用。

食卓にそのまま置けばおひつ代わりにも使用できます。さらに、あまったご飯は鍋ごと冷蔵庫で保管し、電子レンジで温め直しができるなど、ライフスタイルに合わせた使い方ができるおすすめのご飯鍋です。

三鈴陶器 ご飯土鍋 5合炊き M4807

三鈴陶器 ご飯土鍋 5合炊き M4807

5合炊き用の大型ご飯鍋は、羽釜に似た丸い鍋底が特徴。理想的な米の対流を促してくれるため、一度にたくさんの量を炊いても、まるでかまど炊きのようなふっくらとしたご飯に仕上がります。

沸騰してから蒸らし終わりまで鍋内が高温を保ち続けるため、米のデンプンが分解され甘みが増すのも大きなポイント。蓄熱性が高く、おひつとして活用しても温かさをキープします。温かみのある素朴な質感も魅力。大家族でも本格的な土鍋ご飯を毎日食べたいという家庭におすすめです。

NEWマスタークック 3合炊飯用土鍋

NEWマスタークック 3合炊飯用土鍋

本製品はセラミック製を採用しているため、高い遠赤外線放射力で栄養素を損なうことなくじっくり加熱できるのが特徴。白米よりも炊きにくいとされる玄米も、米の芯から柔らかくふっくらと美味しく炊き上がります。

優れた保温効果で、ご飯を入れっぱなしにしていても、すぐに冷めてパサパサになりにくいのも魅力。万が一空焚きになっても割れにくい、優れた耐熱性もポイントです。

炊飯のほか、煮る・炒る・ゆでる・蒸す・焼くといったあらゆる調理が可能。鉛やカドミウムも一切使用されていない、健康的なご飯鍋です。