飯台や飯切とも呼ばれる「寿司桶」。美味しい酢飯を作ったり、寿司を豪華に盛り付けたりしたい場合に重宝します。さまざまなサイズが展開されており、耐久性やデザイン性の高いモノが人気。また、便利なフタがセットになっているモノもラインナップされています。

そこで本記事では、選び方のポイントとおすすめの寿司桶をご紹介。木製のモノに加え、樹脂製のモノもピックアップしているので、用途や使いやすさに合わせてチェックしてみてください。

寿司桶の魅力

By: amazon.co.jp

寿司桶は、酢飯の調理や寿司の盛り付けなどに使われます。一般的なボウルに比べると底面が平らで大きいため、酢飯を混ぜやすいのが特徴。また、木製の寿司桶は調湿性が高く、余分な水分を吸収するので、酢飯が水っぽくなりにくいのもメリットです。

さらに、寿司桶は調理容器としてはもちろん、盛り付け容器としても活躍します。手巻き寿司用の酢飯やちらし寿司を調理したあとに、そのまま食卓へ出せるため便利。洗い物の手間も減らせます。

彩り豊かな具材がトッピングされたちらし寿司や、贅沢な握り寿司を盛り付けた寿司桶を食卓に出せば、テーブルをぐんと華やかに演出できるのも魅力。ホームパーティーや誕生日に寿司料理をふるまいたい場合におすすめです。

寿司桶の選び方

使い方に合わせて選ぶ

寿司作りには「塗りなしの木製寿司桶」を

By: amazon.co.jp

木製寿司桶では、塗りなしのモノと塗りのモノが展開されています。塗りなしとは名前の通り、表面に何も塗装をしていない状態のことを指します。塗りなしの木製寿司桶は、余分な水分をしっかり吸収できるため、酢飯が水っぽくなりにくいのが大きなメリット。美味しい寿司を作りたい場合に重宝します。

なお、塗りなしの木製寿司桶は、水質の影響を受けやすく、寿司桶の表面が黒っぽく変化しやすいのが難点。きれいな見た目を保ちたい場合は、黒ずみにレモン汁をかけてから、たわしでこすり落とすのがおすすめです。

盛り付けに使うなら「塗りの寿司桶」を

By: hananoya.jp

塗りの寿司桶は、漆や塗料でコーティングされているのが特徴です。なかでも漆塗りのモノは、美しい色合いとツヤのある質感を楽しめるのが魅力。深みのある色合いで、料理が映えます。ちらし寿司や握り寿司をおしゃれに盛り付けたい場合などにおすすめです。

また、漆には天然の抗菌成分が含まれていることが知られています。雑菌やカビの繁殖を軽減することで、寿司桶を清潔に保ちやすいのがメリットです。長く愛用できるモノを探している方はチェックしてみてください。

素材をチェック

木製寿司桶は「さわら」がおすすめ

By: amazon.co.jp

木製寿司桶の素材には、さわら・杉・もみなどの天然木が使われています。なかでも、さわらは日本特産の針葉樹で、昔から使われている木材のひとつ。油分を多く含むため、耐水性が高いほか、軽くて扱いやすいのがメリットです。

また、さわらには抗菌作用のある成分が含まれるといわれているのもポイント。寿司桶を清潔な状態に保ちやすいのが特徴です。さらに、木の香りが強くないのも魅力。香りが付きすぎないため、酢飯と相性がよいのも人気の理由です。

そのほか、さわら製の寿司桶は収縮しにくく、タガが外れにくいのもメリット。長く使える木製寿司桶を探している方にもおすすめです。

デザインがおしゃれな樹脂製も

By: amazon.co.jp

寿司桶の見た目を重視する方は、樹脂製のモノもおすすめです。松や竹などの縁起のよい絵柄があしらわれているアイテムや、おしゃれなアイテムがラインナップ。漆器のような色合いの高級感がある製品も多いため、寿司を豪華に盛り付けたい場合に活躍します。

なお、樹脂製寿司桶は水分を吸収しないため、酢飯の調理にはやや不向き。盛り付け用の寿司桶としておすすめです。

耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

木製寿司桶を選ぶ際は、耐久性もチェックしておきましょう。耐久性の低いモノは、腐りやすいほか、水分による膨張や収縮により形がゆがみやすい傾向があるため注意が必要です。

耐久性の高さを重視するなら、「赤身」や「柾目材」が使用された木製寿司桶がおすすめ。赤身は「心材」とも呼ばれ、樹木の中心に近い部分を切り抜いた木材のことで、木目が細かく色が濃いのが特徴です。また、抗菌性の成分を多く含むため、腐りにくいといわれています。

柾目とは、平行に並んだ木目のことです。柾目材は、水分を吸収して膨張したり、乾燥して収縮したりしても、反りにくいのがメリット。寿司桶本来のきれいな形を長く保ちやすいタイプです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

寿司桶は、直径20cm前後の小さいサイズから、直径39cm以上の大きいサイズまで幅広く展開されています。寿司桶に入るご飯の量が表示されている製品が多いので、作りたい酢飯の量に合わせて選んでみてください。

また、ちらし寿司を調理する場合は、あとから具材を追加するため、作りたい酢飯の量よりも1合ほど大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。大きさに余裕がある分、調理がしやすいのがメリット。ご飯を切るようにさっくりと混ぜられます。

寿司桶の素材に合ったタガをチェック

収縮しにくい寿司桶なら耐久性の高い「金属製」のタガを

By: amazon.co.jp

タガとは、木製寿司桶の周りにはめられた輪のこと。水分を吸収して板が膨張しても、タガが締めるので寿司桶がばらばらになるのを予防できます。なかでも、金属製のタガは伸びたり割れたりしにくいため、耐久性が高く長持ちしやすいのがメリットです。

ただし、金属製のタガは縮まないので、寿司桶が収縮すると外れやすいのがデメリット。さわらなどの収縮しにくい木材で作られた寿司桶に適しています。

収縮するかもしれない寿司桶なら「樹脂製」のタガを

By: amazon.co.jp

収縮するかもしれない木材で作られた寿司桶を選ぶ場合は、樹脂製のタガがおすすめです。樹脂製のタガは金属製のタガよりも柔軟性があるため、寿司桶にフィットしやすいのがメリット。木製の素材が収縮した場合に、タガが外れにくいといわれています。

ただし、耐久性は低め。長く使っていると、劣化により変色したり割れやすくなったりする傾向があります。一般的に、樹脂は紫外線が当たると劣化しやすい特性を持っているので、直射日光を避けて寿司桶を保管するのがおすすめです。

「タガなしの削りだし寿司桶」もおすすめ

By: rakuten.co.jp

タガが外れたり劣化したりする心配を少なくしたい方は、タガなしの寿司桶がおすすめです。複数枚の板を組み合わせるのではなく、1枚の板から削りだして作られているのが特徴。継ぎ目がないため、タガを使って締める必要がありません。

また、凹凸が少ないのでお手入れがしやすいのもメリット。底面の角も丸みがあるため、きれいに洗えます。

寿司桶のおすすめ|木製

岡田製樽 結シリーズ 飯台セット 18cm 1合用

ステンレス製のタガが採用された、スタイリッシュなデザインが魅力の寿司桶。モダンな雰囲気を楽しめます。寿司桶の口を薄く滑らかに仕上げることにより、やさしい印象に仕上げられているのが特徴。寿司をおしゃれに盛り付けたい方におすすめです。

寿司桶の素材に、さわらが使用されているのも魅力。酢飯の余分な水分を吸収するため、酢飯の水っぽさを軽減できます。さらに、木の香りが強くないのもメリット。やさしく香る美味しい酢飯作りを楽しめます。

サイズが1合用と小さいため、一人暮らしの方や少量の寿司を作りたい方におすすめ。そのほかのサイズも展開されているので、作りたい寿司の量に合わせて選んでみてください。

フタが付属しているのもうれしいポイント。食べ始めるまで少し時間があるときにフタをしておけば、寿司が乾いたりホコリが付着したりする心配を減らせます。

星野工業 寿司桶 24cm

素材にさわらが使用されており、美味しい酢飯作りを楽しめる寿司桶。さわらが余分な水分を吸収するため、酢飯の水っぽさを軽減して美味しく仕上げられます。24×8.5cmと小さめなので、少ない人数分の酢飯を作りたい場合におすすめです。

収納がしやすいのもメリット。出し入れしやすい場所で保管しておけば、思い立ったときにサッと使用できます。また、収縮しにくい特性を持つ素材で作られた寿司桶なので、収納時にタガが外れる心配を減らせるのも魅力です。

耐久性の高い銅製のタガが搭載されているのもポイント。長く使いたい方にもぴったりの寿司桶です。

ヤマコー 天然木 寿司飯台 27cm

素材に天然の白松が使用された寿司桶です。板が余分な水分を吸収するため、酢飯が水っぽくなりにくいのがメリット。美味しい酢飯や寿司を作りたい場合に活躍します。直径約27cmで、2.5合程度のご飯が入るサイズです。

樹脂製のタガが採用されているのも特徴。寿司桶が収縮した場合に、タガが外れにくいのがメリットです。また、価格が比較的安いため、手に取りやすいのもうれしいポイント。寿司桶を初めて試してみたい方や価格重視の方はチェックしてみてください。

東屋 飯台 二合

タガをはめる部分に溝が付いており、タガ落ちを予防できる寿司桶です。また、素材に「木曽さわら」の柾目材が使用されているのも魅力。耐水性が高いほか、収縮したり変形したりしにくいため、長く愛用したい方におすすめです。

塗りが施されておらず、吸水性が高いのも特徴。余分な水分をしっかり吸い取るので、水っぽくなりにくく美味しい酢飯に仕上げられます。2合用の小さめサイズで、1~2人分の酢飯やちらし寿司作りにおすすめです。

小ぶりでお手入れがしやすいほか、収納場所に困りにくいのもポイント。手軽に使いやすいモノを求めている方にもおすすめの寿司桶です。

山一 楕円の飯台 小

楕円形のモダンなデザインが魅力の寿司桶。ちらし寿司などを盛り付けて食卓に出せば、テーブルをおしゃれに演出できます。また、幅があるため、長方形のテーブルの真ん中に置いた際、寿司桶に手が届きやすいのもメリットです。

約34×23×7.5cmと小さめなのがポイント。少人数用にちょうどよい寿司桶を探している方などにおすすめです。大きめサイズも展開しているので、作りたい酢飯や寿司の量に合わせてチェックしてみてください。

素材には、良質な木材として知られる高齢樹の「木曽さわら」を使用。耐久性が高いため、長く愛用したい方にもおすすめの寿司桶です。

志水木材産業 蓋付き 寿司桶 33cm SU33FC

厳選された赤身の柾目材で作られた寿司桶です。また、「木曽さわら」が使用されているのも特徴。耐久性が高いため、長く愛用したい方におすすめです。収縮しにくい素材なので、タガが外れる心配を減らせます。

寿司桶が余分な水分を吸収するため、水っぽくなく美味しい酢飯が作れるのも魅力です。約5合のご飯が入る大きめサイズで、6~7人分を調理可能。家族で手巻き寿司を楽しんだり、ホームパーティーでちらし寿司をふるまったりと、幅広く活用できます。

フタが付属しているのもおすすめポイント。食べ始めるまで少し時間がある場合に、乾燥やホコリの付着を避けて酢飯を常温保存しておけるので便利です。

古家木工 寿司桶 12号サイズ

1枚の板から削りだして作られた寿司桶。継ぎ目がなく、ナチュラルな木目を楽しめます。また、高野山の自然のなかで育った杉の天然木が使用されているのもポイント。2年以上かけてしっかり板を乾燥させることにより、強度が高められているのが魅力です。

塗りが施されていないため、酢飯の余分な水分を吸収しやすいのも特徴。美味しい寿司料理を作りたい方におすすめです。4~5合のご飯が入るサイズなので、人数の多い家庭やホームパーティー用の寿司料理を作りたい方に適しています。

底面の角に丸みがあるため、汚れをすっきり落としやすいのもメリット。お手入れのしやすさを重視する方にもおすすめの寿司桶です。

梅沢木材工芸社 木曽さわらの飯台 36cm

樹齢200年を超す「木曽さわら」の柾目材で作られた寿司桶。木目の密度が非常に高い上に油分が豊富に含まれており、耐水性と耐久性に優れています。また、カンナにより表面を滑らかに仕上げているのもポイント。ペーパー仕上げよりも木材の性質を活かせるのがメリットです。

さらに、さわらは収縮しにくいため、タガが外れにくいのも特徴。長持ちする寿司桶を探している方におすすめです。

寿司桶が余分な水分を吸収するので、ほどよく水分が飛んだ美味しい酢飯を作れるのもメリット。約7合のご飯が入るサイズなので、ホームパーティー用の酢飯やちらし寿司を作りたい方にもおすすめの寿司桶です。

小柳産業 蓋付き さわら材の飯台 直径39cm

約1升分のご飯が入る大きめサイズで、1度に酢飯をたくさん作りたい方におすすめの寿司桶。ホームパーティー用のちらし寿司を盛り付けたい場合にも向いています。また、フタが付属しており、食べ始めるまで酢飯が乾燥しにくいのも魅力です。

素材にさわらが使用されているのも特徴。寿司桶が余分な水分を吸収するので、水っぽさの少ない美味しい酢飯に仕上げられます。さらに、木の香りが強くないため、酢飯や寿司に香りが付くのを最小限にしたい方にもおすすめです。

収縮しにくい素材で作られている上、耐久性の高い銅製のタガが搭載されているのもポイント。長持ちしやすいおすすめの寿司桶です。

立花容器 蓋付き 寿司桶 SPシリーズ 直径約39cm

もみの木から作られた寿司桶です。白い色合いが特徴。ほぼ無臭の素材なので、寿司に木の香りを付けたくない方におすすめです。塗りが施されていないタイプで余分な水分を吸収するため、ほどよく水分が飛んだ美味しい酢飯作りを楽しめます。

約1升のご飯が入る大きめサイズなので、1度にたくさんの酢飯を作れます。家族の人数が多い場合や、ホームパーティーで寿司をふるまう場合などにぴったり。また、フタが付属しており、食べ始めるまでに酢飯が乾きにくいのも便利です。

ポリプロピレン製のタガが搭載されているのもポイント。寿司桶が乾燥して収縮した場合に、タガが外れにくいのがメリットです。さらに、大きめサイズながら、価格が比較的安いのも魅力。コスパ重視の方にもおすすめの寿司桶です。

花野屋 寿司桶 茜 七寸 sushi_tub_000r

漆塗りが施されており、高級感のある外観を楽しめる寿司桶です。深みのあるワインレッドカラーで、盛り付けた寿司の色が映えやすいのが魅力。また、耐水性が高いため、寿司だけではなく、そうめんやうどんなどの盛り付けにも活躍します。

漆の抗菌作用により、清潔に保ちやすいのもメリット。約1合のご飯が入る小さめサイズで、少人数分の料理を盛り付けたい場合におすすめです。

素材に「木曽さわら」が使用されており、寿司桶が収縮しにくいのもポイント。漆塗りにより一層収縮しにくく仕上げているので、タガ落ちの心配を減らせます。長く使いたい方にもおすすめの寿司桶です。

寿司桶のおすすめ|樹脂製

福井クラフト デラックス富士桶 梨地老松 7寸 3-715-71

直径約21.6cmと小さめで、1人分の寿司を盛り付けたい場合におすすめの寿司桶です。不老長寿などの意味がある縁起物として知られる「松」の絵柄が描かれているのも特徴。誕生日のお祝いに、寿司を豪華に盛り付けてふるまいたい場合などに適しています。

お手頃価格ながら、高級感のある色合いを楽しめるのもメリット。内側が黒色なので、寿司の色がきれいに映えます。素材には、衝撃に強いABS樹脂を使用。割れにくく耐久性が高いため、長く使いたい方にもおすすめです。

表面に凹凸が少なく、きれいに汚れを落としやすいのも魅力。デザイン性と使いやすさを重視する方におすすめの寿司桶です。

イサジ(Isaji) 寿司桶 日月 27cm

丸みのあるおしゃれなデザインが魅力の寿司桶。金色と銀色の日月があしらわれており、モダンな雰囲気を楽しめます。食卓を華やかに演出したい方や、握り寿司やちらし寿司を豪華に盛り付けたい方などにおすすめです。

直径27cmの小さめサイズで、少人数の料理を盛り付けたい場合に適しています。素材には、耐熱ABS樹脂を採用。食洗機に対応しており、楽にお手入れできます。おしゃれで使いやすい寿司桶を探している方は、チェックしてみてください。

せともの本舗 寿司 桶型尺2寸朱に竹 7-475-21

直径34.8cmの大きめサイズで、家族分の握り寿司を盛り付けたい場合に活躍する寿司桶です。縁起物として知られる「竹」の絵柄がプリントされているのが特徴。正月や誕生日などに、豪華に寿司を盛り付けて祝いたい方にもおすすめです。

素材には、耐衝撃性に優れたABS樹脂を使用。さらに、大きめサイズながら、価格がお手頃なのもうれしいポイントです。価格重視で選びたい方は、ぜひチェックしてみてください。

パール金属(PEARL METAL) すしパーティー 漆器風手巻き ちらし寿司4点セット D-513

3本のしゃもじが付属し、家族や友達と寿司パーティーを楽しめる寿司桶セット。黒色の漆器風にデザインされており、酢飯や寿司の色が映えやすいのが特徴です。約5合のご飯が入るサイズなので、たっぷりの酢飯やちらし寿司を盛り付けられます。

樹脂製のため軽量で、扱いやすいのもメリット。また、形状がシンプルなのでお手入れも簡単です。手軽に使える寿司桶を探している方にも適しています。

さらに、比較的リーズナブルで、手に取りやすいのもポイント。安くて使いやすい寿司桶を探している方は、チェックしてみてください。