毎日使う包丁は刃先が摩耗して徐々に切れ味が悪くなるため、定期的に「包丁研ぎ器」でメンテナンスするのがおすすめです。最近は自宅で楽に包丁を研げる便利なアイテムが多数存在しています。

また、包丁研ぎ器には砥石タイプや電動タイプなど、いくつかの種類があるため、使っている包丁に合わせて選ぶのが重要です。そこで今回は包丁研ぎ器のおすすめ製品をご紹介。合わせて選び方についても解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

包丁研ぎ器の種類

砥石

By: amazon.co.jp

昔から包丁を研ぐ際によく使用されているのが砥石です。砥石でじっくり研いだ包丁は鋭い切れ味が得られるほか、刃先の状態も長時間持続できるため、包丁をいつもベストコンデションに保ちたい方やメンテナンスをしっかり行いたい方に適しています。

砥石は表と裏で表面の粗さが異なり、包丁の状態に合わせて研ぐ必要があるため、何度か使ってコツを掴むことが大切。また、包丁の刃先が見える状態で研ぐのでケガにも注意が必要です。砥石の使い方をきちんと習得して作業すると、包丁にしっかりした切れ味が蘇ります。

簡易研ぎ器

By: amazon.co.jp

包丁研ぎ器を初めて使う方におすすめなのが、V字型の溝に包丁を差し込んでスライドさせて研ぐ簡易研ぎ器です。手で刃先に直接触れることなく包丁を研げるので、初めて使う方でも安心して作業できます。サイズがコンパクトで邪魔にならず、収納しやすいのも魅力です。

包丁の刃先をこするようにして研ぐ簡易シャープナーも簡単に使えるアイテム。簡易研ぎ器に比べて切れ味が持続するため、頻繁に包丁を研ぐ必要がないのがメリットです。細長い形状のモノが多いので、出し入れがしやすく収納場所も取りません。

簡易研ぎ器と簡易シャープナーのデメリットは、砥石に比べると切れ味の持続性が低い点。気づくと包丁の切れ味が悪くなるため、定期的に研ぐ必要があります。初心者でも簡単に使えて収納しやすいモノを探している方におすすめです。

電動研ぎ器

By: amazon.co.jp

できるだけ手間をかけずに包丁を切れ味よく研ぎたい方には電動研ぎ器が適しています。簡易研ぎ器と同様に本体の溝に包丁を差し込んで研ぐタイプですが、電動なのでより快適に研げるのがメリットです。楽して素早く包丁を研ぎたい方に向いています。

電動タイプはほかの包丁研ぎ器と比べて価格がやや高いのがデメリット。本体サイズが大きいモノも多いので、広めの収納場所が必要です。また、電源コードタイプはコンセントの近くで使う必要があります。予想以上に運転音が大きいモノもあるので、使用する環境に適しているかを考慮して選ぶようにしましょう。

包丁研ぎ器の選び方

使用する包丁に合ったモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

包丁研ぎ器を選ぶ前にチェックしたいのが、使用している包丁の種類や材質です。包丁に合わない研ぎ方をすると、切れ味が悪くなり、寿命も短くなってしまいます。包丁研ぎ器の仕様を確認し、研げる包丁の種類・材質・両刃と片刃のどちらに対応しているかを調べてから選びましょう。

家庭用の包丁として出回っている三徳包丁は、ステンレス製の両刃タイプが一般的です。両刃に対応した簡易研ぎ器や電動研ぎ器が使えます。砥石や簡易シャープナーでも研げるので、自分が使いやすいと思うモノでメンテナンスをしましょう。

洋包丁とも呼ばれる牛刀は、刃角を23°に研ぐと優れた切れ味になるとされるため、砥石で片刃ずつ研ぐのがおすすめ。砥石に対して包丁を45°に保って研ぐと左右対称に研げます。セラミック包丁や片刃の出刃包丁などに対応した包丁研ぎ器は少ないので、購入前に対応したモデルかどうかを確認しておきましょう。

収納しやすさも重要

By: amazon.co.jp

包丁研ぎ器を選ぶ際には、収納しやすさも要チェック。せっかく購入しても収納できないのでは邪魔になる可能性があるため、収納場所を予め確保して、適したサイズのモノを選ぶようにしましょう。

収納場所が狭い場合は、コンパクトな簡易研ぎ器か簡易シャープナーを選ぶのがおすすめ。キッチンの引き出しなどにも収納できるサイズなので、出し入れもしやすく快適に使えます。

広めの収納場所がある場合は、砥石や電動研ぎ器がおすすめです。砥石は重さもあるので、使う場所に近い位置に収納したほうが楽に使えます。電動研ぎ器には小さいモノから大きめのモノまであるので、サイズを確認してから購入しましょう。

安全性もチェックしよう

By: amazon.co.jp

包丁を研ぐ作業を安全に行うためにも、包丁研ぎ器に安全性を確保する機能があるかどうかはかなり重要なポイントです。仕様書などを確認し、安全性配慮されているモノを選びましょう。

簡易研ぎ器を選ぶ場合は、包丁がスムーズに動かせるかどうかをチェック。かなり力を入れて包丁を動かして研ぐようなモノでは作業中にケガをする可能性があります。また、本体の裏に滑り止めが付いているかも確認しておきましょう。

砥石は重いので作業中にズレにくいものの、底面に滑り止めのゴムが付いているモノであれば、より安全に作業できます。簡易シャープナーは、手持ちの部分がしっかり握れて滑りにくい材質のモノを選びましょう。

電動研ぎ器を選ぶ際も、作業中にガタガタ動いてしまうと危険なため、滑り止めがあるかどうかを確認しましょう。また、包丁を研ぐ際にボタンを押したままの状態で使うモノより、ボタンを一度押せば研げるモノを選んだほうが、片方の手が空くので安全です。

包丁研ぎ器のおすすめモデル

大谷砥石 超仕上砥石 北山

大谷砥石 超仕上砥石 北山

包丁の切れ味を取り戻したい方におすすめの製品。プロ仕様の本格的な砥石で、高純度のアルミナを配合した超微粒子研磨材を採用しているため、包丁の刃先を鋭く仕上げることが可能です。一度研げばしばらくの間は切れ味が持続します。

砥石を載せる木製の台が付いているため、安定した状態で作業ができます。自宅で本格料理を楽しむ方や、釣ってきた魚を刺身におろす方にもおすすめの砥石です。砥石の表面が滑ってうまく研げないときに砥石をメンテナンスする白名倉の砥石も付属しています。

ツヴィリング(Zwilling) フィニッシングストンプロ 両面砥石 32505-300

ツヴィリング(Zwilling) フィニッシングストンプロ 両面砥石 32505-300

包丁を研ぐことで光沢が出せるツヴィリングの砥石。仕上げ用の粗さなので、ほかの包丁研ぎ器で研いだ後の仕上げに使うと、切れにくかった包丁に良好な切れ味が蘇ります。

プラスチック製のケースに入っているため、棚や引き出しに収納できて便利です。見た目にもおしゃれでスタイリッシュなので、キッチンに生活感を感じさせません。ツヤがなく切れ味が悪くなった包丁を新品同様に生まれ変わらせたい方におすすめの製品です。

zhenzhen 砥石

zhenzhen 砥石

本製品は、荒砥石・中砥石・仕上砥石・超仕上砥石がセットになっており、包丁の状態に合わせて使えるのがポイント。3種類の砥石を使い分けることにより、包丁の刃先を細かく滑らかに整えられるので、古い包丁の切れ味も鋭くできます。

また、竹製の台座と滑り止めのゴム台が付属しているため、砥石をしっかり固定した状態で安全に使うことが可能。角度固定ホルダーを使えば、初心者でも包丁の角度と位置を維持して作業できます。包丁に本格的な切れ味を取り戻したい方におすすめです。

フォーエバー(FOREVER) ダイヤモンドシャープナー D-2D

フォーエバー(FOREVER) ダイヤモンドシャープナー D-2D

本製品は包丁の刃先を数回滑らせるだけで簡単に研げるのが特徴。包丁を研ぐのに最適な15°の角度が保てる台が付属しているので、手振れせずに作業できます。ステンレスだけでなく、チタン・ハガネ・セラミックなども研げるのがポイントです。

使用後の手入れは水洗いだけで取り扱いが簡単なのも魅力。包丁以外にも、はさみやカッターを研げるので1つ持っていると重宝します。コンパクトなのでキッチンの引き出しにも収納可能。コスパがよく手軽に使える簡易シャープナーです。

ツヴィリング(Zwilling) ツインシャープ32576-231

ツヴィリング(Zwilling) ツインシャープ32576-231

簡易シャープナーで安全に使えるモノを探している方におすすめの製品。グリップ部分は樹脂製で滑りにくく、しっかりホールドできるので安全に包丁を研ぐことが可能です。シャープナーの先端は丸みがある形状なので、安全に出し入れができます。

本製品は包丁の刃先を軽く滑らすだけで研げるため、調理中に素早く包丁を研ぎたい方に最適。質量が215gと軽いので、手に負担をかけずに作業できます。安全設計の簡易シャープナーで簡単に包丁を研ぎたい方におすすめの製品です。

貝印 ダイヤモンドシャープナー AP2456

貝印(Kai Corporation) ダイヤモンドシャープナー AP2456

本製品は両刃にも片刃にも対応しているのがポイント。切れ味の悪くなった刃先に当てて数回滑らせるだけで研げるので、面倒な作業が苦手な方に適しています。食器洗い機で洗えるため、使用後の手入れも楽にできるのが魅力のひとつです。

本体の長さは26cm、幅は3.3cmとスリムなので、キッチンのちょっとしたスペースに収納することが可能。重さも120gと軽いので、楽に取り回しできます。価格が安いのもポイント。手入れがしやすく扱いやすいモノを探している方におすすめです。

片岡製作所 包丁とぎ器 ウォーターシャープIII M151

片岡製作所 包丁とぎ器 ウォーターシャープIII M151

本製品はグリップ部分がしっかり握れるように設計されているのが特徴の簡易研ぎ器。包丁を研ぐ際に手でしっかり固定できるので、滑ることなく安全に作業できます。コンパクトサイズなので、キッチンの引き出しなどにも収納することが可能です。

砥石は荒砥・中砥・仕上砥の3種類が組み込まれており、両刃包丁の状態に合わせてメンテナンスできます。透明の蓋を開けて丸洗いできるのもポイント。切れ味の悪くなった包丁を手早く蘇らせたい方におすすめの製品です。

ツヴィリング(Zwilling) ツインシャープ セレクト 32601-000

ツヴィリング(Zwilling) ツインシャープ セレクト 32601-000

本製品は粗研ぎと仕上げ研ぎの2種類を使い分けできるのが特徴。包丁の状態に合った研ぎ方ができるので、大切な包丁に適切なメンテナンスをしたい方におすすめです。両面砥石のため、包丁を差し込んで手前に3~5回引くだけで切れ味がよくなります。

スリムでコンパクトなサイズなので、収納場所にも困らないのが魅力。メタリックなデザインでおしゃれに見えるのもポイントです。ツヴィリングの包丁にも対応しています。使いやすさとおしゃれなデザインを兼ね備えた簡易研ぎ器です。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) HI包丁研ぎ器 11299-004

ヘンケルス(Henckels) HI包丁研ぎ器 11299-004

本製品はドイツでさまざまなキッチンツールを扱うヘンケルスの製品。包丁を研ぐ溝は1つだけですが、荒砥と仕上げが一体になった砥石が入っているので、簡単に包丁の刃をベストな状態に整えられます。初めて包丁研ぎ器を使う方にもおすすめです。

本体の一部が握りやすい形状のグリップになっているため、手でしっかり固定して安全に包丁を研ぐことが可能。本体裏面はラバー仕様になっており、滑りにくいので安心して作業できます。コスパのよさも魅力の使いやすい包丁研ぎ器です。

Foneso 包丁研ぎ器

Foneso 包丁研ぎ器

本製品はコンパクトな本体に粗研ぎ・細研ぎ・仕上げ研磨の砥石が組み込まれているのが特徴。3段階の研ぎ方ができるため、包丁の状態や材質に合わせて使い分けができます。砥石の部分は取り外して水洗いができるので、清潔に使うことが可能です。

本体の材質にはステンレスと高品質ABSを採用しており、耐久性が高いため長期間愛用できます。本体の底には滑り止め加工が施されており、しっかり安定した状態で作業することが可能。ハンドルは人間工学に基づいて設計されており、滑りにくいのも魅力です。

貝印 関孫六 ダイヤモンドセラミックシャープナー AP0308

貝印(Kai Corporation) 関孫六 ダイヤモンドセラミックシャープナー AP0308

本製品は刀匠の金子孫六氏が手がける包丁をシリーズ化している貝印の製品。関孫六の包丁だけでなく他メーカーのステンレス製両刃包丁にも使うことが可能です。1台に3つの溝があり、摩耗した刃先を削る粗刃付け、切れ味を向上させる角刃落とし、刃先を滑らかにする仕上げ刃付けができます。

包丁を研ぐ部分は透明カバーの中に収納することが可能。コンパクトサイズなので収納場所にも困りません。底面には滑り止めのゴムが付いており、安定した状態で作業できます。小さくてコスパがよいのも魅力の簡易包丁研ぎ器です。

Felimoa シャープナー

Felimoa シャープナー

自宅で使用するだけでなく、キャンプなどのアウトドアでも使えるモノを探している方におすすめの製品。サイズが幅134×高さ42×奥行き33mmとコンパクトで重さも192g と軽いので携帯に適しています。キッチンに収納する場合も場所を取りません。

包丁だけでなくナイフやハサミを研げるのも魅力のひとつ。白い砥石の中央に細い溝があるため、釣り針も研げます。グリップ部分には滑り止めが付いており、手でしっかり固定できるのもポイント。さまざまなシチュエーションで使える便利な製品です。

京セラ(KYOCERA) 電動包丁研ぎ器 DS-38

京セラ(KYOCERA) 電動包丁研ぎ器 DS-38

本製品は内部にダイヤモンド砥石が組み込まれており、電動で素早く鋭く両刃包丁を研げるのが特徴。ガイドスロットに包丁を差し込んで手前に引くだけで簡単に作業できるので、手動の包丁研ぎ器がうまく扱えない方にもおすすめです。

ステンレスの包丁だけでなく、チタンやセラミック製のモノも研げるのが魅力のひとつ。乾電池式なので好きな場所で作業できます。動作状態やバッテリーパワーはランプで確認することが可能。手軽に扱える電動式のモノを探している方におすすめです。

貝印 ワンストロークシャープナー SELECT100 AP0133

貝印(Kai Corporation) ワンストロークシャープナー SELECT100 AP0133

両刃包丁も片刃包丁も研げる電動式のモノを探している方におすすめの製品。両刃用と片刃用の2つのカートリッジが付属しており、差し替えることでどちらにも対応できます。自宅で数種類の包丁を使って調理している方に最適です。

砥石カートリッジは着脱式のため、取り外して水洗いすることが可能。包丁の削りカスを洗浄できるので、清潔に使用できます。電源コードは本体に格納できるので、収納時に邪魔になりません。両刃も片刃も研げる電動式の便利な包丁研ぎ器です。

シェフスチョイス ハイブリットシャープナー Model 270

シェフスチョイス ハイブリットシャープナー Model 270

本製品はアメリカのエッジクラフト社が世界各国で展開している、シャープナーブランドのシェフスチョイスの製品。電動式スロットと手動式スロットの両方を搭載しており、包丁の状態に合わせて使い分けることができる優れものです。

荒研ぎと中研ぎが電動式で仕上げ研ぎが手動式なので、3段階の研ぎ方で大切な包丁をメンテナンスできます。包丁を差し込み、一定速度で手前に引くだけで研ぐことが可能。数段階の研ぎ方ができる電動式のモノを探している方におすすめです。

TKS 電動多目的シャープナー Swifty Sharp

TKS 電動多目的シャープナー Swifty Sharp

安価な電動式の包丁研ぎ器を探している方におすすめの製品。包丁を差し込んでボタンを押すと高速回転するセラミック砥石が素早く刃先を研ぐため、簡単に作業できるのがポイントです。包丁から出るカスを受けるトレーも付いているため、周囲を汚さずに使えます。

ドライバーで砥石の幅を調節できるため、ステンレス包丁だけでなくハサミやナイフが研げるのも魅力のひとつ。電池式でコンパクトなので、場所を取らずに使えます。さまざまなモノを研げるコスパのよい製品です。