料理をするときの必須アイテムである包丁は、使用するうちに切れ味が悪くなるため定期的なメンテナンスが必要です。「包丁研ぎ器」を使用することで切れ味が蘇り、料理がより楽しくなります。

最近ではさまざまな包丁研ぎ器が販売されており、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの包丁研ぎ器をご紹介。種類や選び方もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

包丁研ぎ器の選び方

種類で選ぶ

簡易研ぎ器

By: kyocera.co.jp

簡単に使えるのが魅力の「簡易研ぎ器」。V字型の溝に包丁を差し込んでスライドさせることで、刃を研ぐのが特徴です。包丁を前後させたり引いたりと研ぎ方は製品ごとに異なりますが、安全性が高いので初心者にも適しています。

また、軽量でコンパクトな製品が多く、収納や設置する際のスペースを取らないのもメリット。ただし、購入する際はしっかりと握れるサイズのモノを選択しましょう。切れ味の持続性はほかのタイプが優れていますが、比較的リーズナブルな価格で購入できる点も簡易研ぎ器のおすすめポイントです。

簡易シャープナー

By: rakuten.co.jp

包丁の刃を撫でるように使用する「簡易シャープナー」。簡易研ぎ器と同じくコンパクトな製品が多いのが特徴です。使用する際にスペースを取らないだけでなく、収納スペースが限られている場合にも適しています。包丁の切れ味が悪いと感じた際に、気軽に取り出して使えるのが魅力。購入する際はしっかりと握れるサイズのモノを選択しましょう。

簡易シャープナーは刃とシャープナーの位置を適切に保つ必要がありますが、慣れると包丁以外の刃物にも使えます。

電動研ぎ器

By: kyocera.co.jp

砥石が電動で振動、または回転することで刃を研ぐ構造の「電動研ぎ器」。手動タイプのように包丁や研ぎ器を力を入れて動かす必要がなく、負担がかかりにくいのがメリットです。使用する際に動作音がしますが、簡単かつスピーディに包丁を研げるのが魅力。初心者でも使いやすいタイプの包丁研ぎ器です。

ほかの包丁研ぎ器に比べると高価格なモノが多いですが、使い勝手に優れた製品を求める場合に適しています。

砥石

By: amazon.co.jp

砥石に包丁の刃を擦りつけて研ぐ「砥石」。プロの料理人にも使用されるタイプで、研いだあとの切れ味が長期間持続するのがメリットです。本来は粗さの異なる砥石で数回に分けて研いでいくタイプ。ただし、最近では家庭での使いやすさを考慮して、本体両面に粗さの違う砥石を搭載しているモデルが増えています。

研ぐ角度を一定に保つ必要があるので慣れるまで時間が必要ですが、切れ味や切れ味の持続性を重視する場合におすすめのタイプです。

使用している包丁に合わせたモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

包丁には、ステンレスやセラミック、チタンなどさまざまな素材のモノがあります。素材によって使用できる包丁研ぎ器も変わってくるため、購入する前に自宅にある包丁の素材に対応しているかをしっかりと確認しておきましょう。

「三徳包丁」と呼ばれる家庭用の包丁の多くは、ステンレスの両刃タイプですので、両刃に使用できる包丁研ぎ器を選びましょう。

また、素材だけでなく包丁の種類によっても使用できるアイテムが変わってきます。数種類を使い分けている方は、複数のタイプに応用できる砥石やシャープナーを選ぶと重宝します。なお、本格的な仕上がりを求める方や、さまざま種類の包丁に使いたい場合は砥石がおすすめです。

収納のしやすさで選ぶ

家庭で使用する包丁研ぎ器を選ぶ際に重要となるのが、収納のしやすさです。

ほかの調理器具と同様に収納したい方には、コンパクトなタイプが適しています。研ぎ棒などのスリムなモノや細長いタイプの簡易包丁研ぎ器は、キッチンの引出しにも収納しやすいため使い勝手も良好です。

ある程度収納スペースに余裕がある場合は、砥石や電動タイプがおすすめ。簡易研ぎ器よりも重いモノが多いので、収納場所は使用する場所により近い方が出し入れも楽に行えます。

安全性の高さで選ぶ

初心者の方が包丁研ぎ器を選ぶうえで最も重要視したいポイントが、安全性の高さです。包丁の切れ味をよりよくするモノなので、不慣れな場合は怪我をする恐れがあります。安全面に配慮されたアイテムであれば、安心して使用可能です。

初めて購入する方は、挿し込んでスライドするだけの簡易包丁研ぎ器や、動かす必要がない電動の包丁研ぎ器がおすすめ。また、作業中に本体がズレないよう、滑り予防対策がとられているモノを選びましょう。

作業にコツが必要なプロ仕様の砥石は、十分に慣れてから使用するのがおすすめ。初心者の方は滑り止めや作業補助具などが付属しているモノを選ぶと、比較的使いやすいのでチェックしてみてください。

包丁研ぎ器のおすすめモデル|簡易研ぎ器

京セラ(KYOCERA) ダイヤモンドロールシャープナー DS20S

包丁を手前にゆっくりと引くだけで研げる包丁研ぎ器です。ダイヤモンド砥石を備えたV字型の溝に包丁の刃を差し込み、数回手前に引くだけなので簡単。余分な力を吸収するバネを砥石下に内蔵しており、包丁の刃が傷ついてしまうトラブルを予防できる点もおすすめです。

本製品は、セラミック・ステンレス・鋼・チタンなど、さまざまな種類の包丁に対応できる点も魅力。リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、汎用性にも優れています。

使用後はまるごと水洗いが可能。分解する必要がなく、お手入れに手間がかからない点もおすすめです。

京セラ(KYOCERA) ロールシャープナー RS-20-FP

荒研ぎと仕上げ研ぎが1度にできる京セラの包丁研ぎ器です。セラミックホイールが搭載されたV字型の溝に包丁の刃を差し込み、前後に10回ほど動かすだけなので簡単。回転するセラミックのホイールは、荒研ぎする溝の面と仕上げ研ぎする平らな面が交互に包丁に接する仕様です。

また、板砥石のように包丁を縦方向に研磨できるのもメリット。研いだあとの切れ味にこだわりたい場合にも適しています。底部にはシリコーンゴムを搭載。使用する際に本体が滑ってしまうトラブルを抑制できるのもポイントです。砥石部分はカバーを開いて丸洗いが可能。お手入れに手間をかけたくない場合にもおすすめです。

本体のサイズは197×58×70mmとコンパクト。収納場所を取らないだけでなく、狭いスペースでも使いやすいのも魅力です。

ティファール(T-fal) インジニオ シャープナー K25805

3種類の異なる硬度の砥石を備えた包丁研ぎ器です。取っ手の取れるフライパンや電気ケトルで有名なティファールが製造。コンパクトで使いやすく、デザイン性に優れている点が魅力です。

切れ味が落ちた包丁にはダイヤモンド砥石、定期的なお手入れにはタングステン鋼砥石、仕上げにはセラミック砥石と3つのV字型の溝を使い分けて包丁を研ぎます。グリップ部は人間工学に基づいたデザインを採用。握りやすく力を入れやすいのが特徴です。

また、底面にストッパーがついており、使用中の滑りを予防できるのもポイント。安全に利用できる点もおすすめです。

貝印 関孫六 ダイヤモンド&セラミックシャープナー AP0308

性質の異なる3種類の砥石を搭載した両刃専用の包丁研ぎ器です。研削能力に優れたダイヤモンド砥石に加えて、刃先を薄くして切れ味をアップするタイプと滑らかに整えるタイプの2種類のセラミック砥石を搭載。3つの砥石を順番に使用することで、包丁の切れ味が簡単に復活します。

本体サイズは141×51×55mmとコンパクト。収納スペースが限られている場合にも便利です。また、本体を覆うスライド式の透明カバーがついているのもポイント。包丁を研いだ際に出る金属の粉が収納時にこぼれてしまうトラブルも予防できます。

底面には滑り止めのゴムも搭載。しっかりと固定して使える点もおすすめです。

貝印 Nyammy ニャミー ねこの包丁研ぎ AP5182

片手でも簡単に使えるのが魅力の包丁研ぎ器です。丸い球体に猫のプリントが施されたかわいらしいデザインを採用しているのがポイント。底面についている吸盤でしっかりと固定できるので、片手で包丁を握って手軽に使用できます。

本製品は、粗目と仕上げの2ステップで研ぐシャープナー。研ぐ方向が、猫のイラストに矢印で記されている点もおしゃれでおすすめです。

吉田金属(YOSHIKIN) GLOBALスピードシャープナー GSS-01

シンプルかつスタイリッシュなデザインが人気の両刃ステンレス包丁用研ぎ器です。本体の素材にはステンレスを採用。本体サイズは縦15×横105×高さ25mmとコンパクトで、食器棚やシンク下にスッキリと収納できます。

研ぎ部にはアルミナセラミックスを使用。切れ味の鈍った包丁を差し込み、手前に6~10回引くだけで包丁を研磨できます。砥石で包丁を研ぐのに比べて、手軽に使える点が魅力。日常使い用の包丁研ぎ器としてもおすすめです。

スエヒロ(Suehiro) トリプルシャープナー プロ KC-303

幅広い種類の包丁に対応できる包丁研ぎ器です。V字型の溝を3つ備えており、ステンレス包丁・出刃包丁・柳刃包丁・鋼包丁などに使用可能。内蔵されているローラー式の砥石にはサスペンション機能が搭載されており、均一な力で包丁が研げます。

また、交換用の砥石ローラーが別売りされている点もメリット。用途に応じて種類の異なる砥石に付け替えられるのが魅力です。本製品は水研ぎ式を採用。タンクに水を入れてフタを閉めたら、V字型の溝に包丁の刃を差し込んで、前後に10回ほど動かすだけで簡単に切れ味を復活できます。

ツヴィリング(Zwilling) ヘンケルス 包丁研ぎ器 11299-004-0

ステンレス両刃包丁専用の包丁研ぎ器です。本体の素材にはABS樹脂、研ぎ部にはセラミックと特殊スチールを使用。スチールによる荒研ぎと、セラミックによる仕上げ研ぎが1度に行えるのが特徴です。

本体サイズはコンパクトながら、人間工学に基づいた設計によりしっかりと握れるのがポイント。底面には滑り止めのラバーがついているので、安定した状態で包丁が研げます。

デザインはシンプルながらスタイリッシュ。持ち手にはワンポイントでヘンケルスのロゴが記されています。

ダイレクトテレショップ バイエルンエッジ

機能性だけでなく、デザイン性にも優れた包丁研ぎ器です。2つのスプリングシャープナーに数回通すだけで簡単に包丁を研げるのが特徴。シャープナー部分には耐久性の高いタングステン鋼が使われており、長期間使用できます。

本体サイズは約120×80×160mmと比較的コンパクト。金属製のスタイリッシュな外観を有しており、キッチンに設置しておけば包丁の切れ味が落ちた際にすぐ利用できます。本製品は、包丁の刃先を下に向けて引き抜けば荒研ぎが可能。刃先を上に向けて引けば細研ぎ、水平に向けて動かせば仕上げ研磨が可能です。

包丁研ぎ器のおすすめモデル|簡易シャープナー

貝印 ダイヤモンドシャープナー スティックタイプ AP0540

数回研ぐだけで包丁の切れ味を復活できるスティックタイプの包丁研ぎ器です。切削能力に優れたダイヤモンド砥粒を使用しているのがポイント。両刃包丁や片刃包丁だけでなく、ハサミにも使えます。

本体サイズは265×33×21mmとコンパクト。包丁の切れ味が落ちた際に気軽に使用できるだけでなく、すっきりと収納できる点もおすすめです。

エコー金属 ハンディシャープナー 0359593

リーズナブルな価格で購入できる点が魅力的な包丁研ぎ器です。本体サイズは175×22×40mm。研ぎ部にはダイヤモンド粒子が配合されており、包丁の刃先をなぞるだけで簡単に研げるのが魅力です。

グリップ部は細身のデザインが採用されており、しっかりと握れる点もメリット。持ちやすい簡単シャープナーを探している方にもおすすめです。

カクセー(Kakusee) Albana アルバーナ ダイヤモンドシャープナー やわらか ABN-03

研ぎ部の表面と裏面で粗さが異なる包丁研ぎ器です。#400の表面は包丁・ハサミ・鎌などの研磨に利用可能。#800の裏面はスライサーの仕上げ磨きに適しています。本体サイズは188×24×18mm。研ぎ部が薄くやわらかいので、スライサーの刃にも利用できるのが特徴です。

本製品は、水を使わず包丁の刃をなぞるだけで研げます。気軽に使える点もおすすめです。

ウミ(Umi) 包丁 とぎ棒

高硬度のカーボンスチールを使用した包丁研ぎ器です。ニッケル・クロームメッキ仕上げが施されており、耐摩耗性に優れているのが特徴。研磨能力も高く、包丁の刃を260mmの研ぎ部にあててやさしくスライドさせるだけで研げるのがポイントです。

本製品は磁性を帯びており、包丁を研いだ際に出る金属のカスを本体に引き寄せられるのがメリット。食品や食器、キッチン用品などに金属カスが付着してしまうトラブルを予防できる点もおすすめです。

また、シンプルでスタイリッシュなデザインが採用されている点も魅力。外観にこだわりたい方にも適しています。

ツヴィリング(Zwilling) シャープニングスチール 32576-231-0

包丁やナイフ、フライパンなどを製造するツヴィリングの包丁研ぎ器です。包丁の切れ味が落ちた場合だけでなく、刃先に脂がついた場合や刃先の角度を修正したい場合にも使用できるのがポイント。本製品の側面部分と包丁の刃先を10~20°の角度で合わせ、弧を描くように研ぐのがコツです。

ヨーロッパで主流の研ぎのスタイルで、一定の角度を保って研ぐのに慣れる必要はありますが、比較的コンパクトで気軽に使えるのでおすすめです。

包丁研ぎ器のおすすめモデル|電動研ぎ器

京セラ(KYOCERA) 電動ダイヤモンドシャープナー DS-38

電動のパワーとダイヤモンド砥石によって、しっかりと研げるのが魅力の電動包丁研ぎ器です。研磨角度を保つ「ナイフガイドスロット」が搭載されており、簡単に研げるのが特徴。金属のカスが飛び散りにくいシャッター構造を採用している点や集塵用のファンを搭載している点もメリットです。

給電にはアルカリ単3乾電池×4本を使用。お知らせランプが搭載されているので、動作やバッテリーのパワーは一目で確認できます。本体サイズは155×98×73mmと電動タイプながら比較的コンパクト。底面には滑り止めのシリコーンゴムがついており、しっかりと固定して使えます。

本製品の砥石は、工業用のダイヤモンドを使用。セラミックス・ステンレス・鋼・チタンなど、幅広い種類の包丁に対応できる点もおすすめです。

京セラ(KYOCERA) ファインシャープナー SS-30

音波振動の力を利用した電動の包丁研ぎ器です。ファインセラミックスの砥石を音波振動によって1秒間に約150往復させるのが特徴。一般的な包丁研ぎ器に比べて、スピーディに包丁を研げるのがメリットです。

また、板砥石のように縦方向に研磨できるのも魅力。本製品で研いだ包丁は切れ味が鋭く、食材を気持ちよくカットできます。包丁研ぎ用ガイドを外せば、幅広い刃物の研磨にも対応が可能。アウトドアやガーデ二ング、DIYなど、さまざまなシーンで利用できます。

給電にはアルカリ単3乾電池×2本を使用。約60本の包丁が研げるので、ランニングコストを抑えたい場合にもおすすめです。

貝印 ワンストロークシャープナー AP0541

包丁を1回溝に通すだけと簡単に研げる電動の包丁研ぎ器です。本体サイズは111×138×105mmと大きめながら、ハイパワーモーターを搭載しておりスピーディに包丁を研げるのが魅力。貝印独自の砥石構造が採用されているので、刃先を鋭く研磨できます。

砥石カートリッジは簡単に取り外しが可能。水洗いにも対応しており、お手入れも手軽に行えます。

貝印 コンパクト電動シャープナー AP0543

電動タイプながらコンパクトな設計の電動包丁研ぎ器です。本体サイズは157×60×46mm。収納場所や使用する際のスペースが限られている場合にも便利です。本製品は作動音が小さく、静かに利用できるのも魅力。大きな作動音にストレスを感じてしまう場合にもおすすめです。

給電には、アルカリ単3乾電池×4本を使用。コードレスで場所を選ばず使用できる点もメリットです。

シェフスチョイス(Chef’sChoice) Chef’sChoice Model 120 3-Stage Professional Electric Knife Sharpener 120N

3つのスロットを備えたプロ仕様の電動包丁研ぎ器です。刃こぼれがひどい場合に便利な荒研ぎや刃全体にバリを作る中研ぎ、刃先を滑らかに研げる仕上げ研ぎなど、種類の違うスロットを3種類搭載。使用目的に合わせてスロットを使い分けできるのが魅力です。

使用方法は、スイッチを入れたら包丁をスロットに差し込んで一定の速度で手前に引くだけ。価格は高めですが、簡単に使えるので初心者にもおすすめです。

新興製作所 ホームスカッター STD-180E

正逆回転機能を搭載した電動の包丁研ぎ器です。スイッチを右に押せば右回転、左に押せば左回転するのがポイント。使用する際は透明のタンクに水を入れ、刃物ガイドの角度を設定してから包丁を砥石にあてます。

水量調節ダイヤルがついているので、とぎ汁の量も調節が可能。排水ホースを取りつけておけば、研磨に使用した水をシンクや受け皿に排出できます。本製品に標準で付属している砥石は、#1000の中砥石。別売りですが、#180の荒砥石や#6000の仕上砥石が取りつけできる点もおすすめです。

包丁研ぎ器のおすすめモデル|砥石

貝印 コンビ砥石セット #400・#1000 AP0305

包丁も製造する貝印が設計した本格的な包丁研ぎ器です。砥石で包丁を研ぐ場合には、目の粗いモノから順番に使用するのが一般的。本製品は荒砥石と中仕上砥石が裏表に搭載されており、1台で包丁の切れ味を復活できます。

付属している受け皿の底面には合成ゴムのリブを搭載。使用時の滑りを抑制し、安定した作業を行えるのが魅力です。また、受け皿に砥石にかけた水をキャッチする溝がついているのも本製品のポイント。砥石はホルダーにセットしたまま水切りや乾燥ができるので、とぎ汁でキッチンを汚したくない場合にもおすすめです。

シャプトン(SHAPTON) 刃の黒幕 KUROMAKU

研台として利用できる収納ケースが付属した包丁研ぎ器です。出刃・洋出刃・鮭切・そば切など、幅広い種類の包丁に対応できるのが魅力。ノミやカンナ、ハサミなど、包丁以外の刃物を研磨したい場合にも使えます。

本製品はオレンジカラーの#1000中砥石ですが、粗さの異なる#2000や#1500などの砥石も選択が可能。粗さによって色分けされており、購入時に確認しやすい点もおすすめです。

包丁どっとこむ砥石 両面コンビ砥石 京都二条

中砥石と仕上砥石の2種類が裏表にセットされた包丁研ぎ器です。ホワイトの中砥石は#1000、イエローの仕上砥石は#4000。色分けされているので、一目で確認できます。本体サイズは205×63×35mmで、包丁を研ぎやすいサイズが採用されています。

また、比較的手頃な価格で購入できるのも本製品の魅力。コスパに優れた砥石を探している方にもおすすめです。

三養商会 三面砥石

三角形の木製土台に3種類の砥石を搭載した包丁研ぎ器です。荒研ぎ・中研ぎ・仕上げ研ぎ用それぞれの砥石を備えているのが特徴。包丁が刃こぼれした際は荒砥石、刃先を滑らかに仕上げたい場合には中砥石を使用します。また、最後に仕上砥石を利用すれば切れ味を長期間持続可能。ステンレスだけでなく、鋼製の包丁にも使えます。

砥石棒を支える土台底面には滑り止めを搭載。しっかりと固定して使える点もおすすめです。

ツヴィリング(Zwilling) ツイン ストンプロ 両面砥石 32505-100-0

日常的な包丁の研ぎ直しだけでなく、プロ仕様の切れ味を求める場合にも適した包丁研ぎ器です。粒度250と1000の2種類の砥石を備えているのが特徴。表面と裏面の砥石を利用すれば本製品1台で荒研ぎと中研ぎができ、包丁の切れ味を復活できるのが魅力です。

付属の収納ケース底面にラバーを搭載しているのもメリット。ケースを研ぎ台として利用でき、しっかりと固定して使えるのがポイントです。