古くなった包丁、使い込んだ包丁の切れ味を復活させる「包丁研ぎ器」。買い替えなくても切れ味が蘇る便利なアイテムです。種類や機能性など選ぶ観点が豊富にあるので、どれを選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、包丁研ぎ器のおすすめアイテムをご紹介します。おすすめのメーカーも併せてご紹介するので、参考にしてみてください。包丁の素材に合ったモノを選ぶことで、切れ味が蘇ります。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

包丁研ぎ器と砥石の違い

By: amazon.co.jp

包丁研ぎ器は刃先を鋭く削ることで、包丁の切れ味をよくするアイテムです。砥石は、刃全体を削ることで切れ味を整えるアイテム。そのため、砥石を使った方が切れ味が長持ちするのがポイントです。

包丁研ぎ器は手軽に活用できる一方、砥石は初心者には扱いが難しく手間もかかります。包丁研ぎ器に切れ味の持続性はないものの、誰でも簡単に使えるので、自宅に用意しておくといざというときに便利です。

包丁研ぎ器の選び方

種類で選ぶ

仕上がりにこだわるなら「ロール式」

By: kyocera-kitchen.com

砥石に一番近い仕上がりになるのがロール式。2枚の砥石で刃を挟み、回転しながら研ぐ仕様で鋭い切れ味を生み出します。砥石を使う際と同じように刃に対して縦方向に研ぐのも、切れ味が鋭くなる理由のひとつです。

一方、刃を傷めやすいのがデメリット。過度な使用は避け、月に1〜2回の使用にとどめるよう心掛けましょう。一時的に切れ味がよくなるので、手っ取り早く鋭くしたい方にはおすすめです。

手頃な価格で手に入る「交差式」

By: amazon.co.jp

V字に交差した砥石に挟んで包丁を研ぐ交差式。簡単な構造なので安価で購入できます。コストを重視したい方におすすめです。

しかし、製品によってV字の角度が異なるため、刃先にしか砥石が当たらないモノがあります。この場合は刃先の薄い部分のみが削られるので、かえって切れ味が損なわれる可能性があるのがデメリット。刃先にバリができることもあるため、クオリティ重視の方には不向きです。

素早く研げる「電動式」

By: amazon.co.jp

電池で回転する砥石に包丁を当て、スライドさせることで包丁を研げる電動式。包丁の重みで研げるため力を入れる必要がなく、楽に作業をおこないたい方におすすめです。

一方、動作音が大きいのがデメリット。そのほか、多くの製品は右利き用として作られているので、左利きの方は事前に確認しておきましょう。

包丁以外の刃物にも対応「研ぎ棒」

By: amazon.co.jp

刃先を撫でるようにして使う研ぎ棒。はさみや鎌、スライサーなど包丁以外の刃物への使用も可能です。サイズが小さいので場所を取らないほか、省スペースで収納できます。

力加減や角度など、使い方にはコツが必要。初心者には不向きといえます。

包丁の素材に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

簡単に使用できて便利な包丁研ぎ器ですが、製品によって対応している包丁の素材が異なります。そのため、手持ちの包丁の素材の種類を確認しておくことが大切です。

とくに、セラミック製の包丁や刃が波打っているパン切り包丁は、製品によっては使えない場合も。自宅にある包丁の種類が多い方は、片刃・両刃のどちらにも対応した兼用タイプがあると便利です。

粒度で選ぶ

By: amazon.co.jp

包丁研ぎ器は、主に荒研ぎ・中研ぎ・仕上げ研ぎの3種類があり、粒度の細かさに違いがあるのが特徴。荒砥石は、#80〜220程度、中砥石は、#400〜1500程度、仕上げ砥石は、#3000〜の数字で表します。

中研ぎ・仕上げ研ぎの2タイプ仕様は、日頃のお手入れを簡易的にできるのでおすすめ。荒研ぎは、刃こぼれの大きな包丁を研ぐ際に重宝します。

初心者には滑り止め付きがおすすめ

By: amazon.co.jp

滑り止め付きや重さのある包丁研ぎは、安定感があるので初心者におすすめ。グラつきやズレが起こりにくく、快適に扱えるのがポイントです。

吸盤で固定できる包丁研ぎもラインナップ。ただし、吸盤の強度によっては途中で外れる危険性もあります。より安全性の高いアイテムを検討するなら、据え置き型かつ滑り止め付きの製品がおすすめです。

包丁研ぎ器のおすすめメーカー

貝印

By: amazon.co.jp

家庭用包丁の国内トップシェアを占める貝印。包丁研ぎ器においては、簡易式から電動式まで幅広く展開しています。波刃が研げる製品などもラインナップ。包丁の種類や用途に合わせて購入できます。

各製品の正しい使い方などを公式サイトで確認できるのも嬉しいポイントです。

京セラ(KYOCERA)

By: kyocera-kitchen.com

セラミック技術を中心としたキッチン用品・日用品などを手掛ける京セラ。包丁研ぎにおいては、持ち手と滑り止めを備えるなど、初心者でも使いやすい製品をラインナップしています。

価格帯も比較的安価でコストを重視する方にもおすすめ。ブラックを基調としたシンプルなデザインを採用しており、出しっぱなしても邪魔にならない点もメリットです。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS)

By: rakuten.co.jp

ドイツ発の刃物メーカーであるヘンケルス。本格的な砥石から研ぎ棒まで幅広いアイテムを展開しています。

なかでも魅力的なのが、シャープニング機能を備えた包丁スタンド。抜き差しする度に刃先をメンテナンス可能です。包丁研ぎの手間を省きたい方におすすめ。機能性だけでなく、デザイン性の高さも魅力です。

ニトリ(NITORI)

By: rakuten.co.jp

低価格で高品質の製品が手に入るニトリ。手軽に使える簡易シャープナーやコンパクトサイズの電動式など、豊富に取り揃えています。据え置き型かつ滑り止め付きの製品は、初心者でも扱いやすいのでおすすめです。

研ぎ部にダイヤモンドを採用し、セラミックやチタンなどの包丁に使える製品もラインナップ。3段階の粒度を選べるモノもあり、刃こぼれしやすい包丁を研ぐ際にも重宝します。

包丁研ぎ器のおすすめ|手動式

貝印 ちょい研ぎシャープナー AP0165

貝印 ちょい研ぎシャープナー AP0165

調理前後のちょっとしたお手入れに活躍する包丁研ぎ器。マグネット付きで冷蔵庫などに貼り付けられます。コンパクトサイズなので、場所を取らないのもメリットです。

一見、包丁研ぎ器には見えないかわいらしいデザインも特徴。インテリアとしても映えるおすすめの製品です。

貝印 関孫六 ダイヤモンド セラミックシャープナー AP0308

貝印 関孫六 ダイヤモンド セラミックシャープナー AP0308

3種類の砥石がセットになった包丁研ぎ器。3ステップで包丁の切れ味が簡単に蘇ります。スライド式の透明カバーが付いているため、研ぎくずが散らかりにくいのもメリットです。

コンパクトサイズなのも特徴。省スペースで収納でき、引き出しのデッドスペースを有効活用できます。

貝印 ダイヤモンドシャープナー AP0540

貝印 ダイヤモンドシャープナー AP0540

数回研ぐだけで切れ味が蘇る包丁研ぎ器。両刃包丁と片刃包丁の両方に対応しています。はさみなどにも使用でき、マルチに活躍します。コンパクトサイズかつ軽量なので、扱いが簡単なのも嬉しいポイントです。

切削能力の高いダイヤモンド砥粒を使用しており、スピーディーに包丁が研げます。幅広い種類の包丁を研ぎたい方は、ぜひチェックしてみてください。先端にフック穴が空いており、吊るして収納ができるのもメリットです。

京セラ(KYOCERA) ロールシャープナー RS-20BKN

京セラ(KYOCERA) ロールシャープナー RS-20BKN

砥石部にファインセラミックスを採用した包丁研ぎ器。研ぎくずが溜まったら水洗いできるのが特徴です。荒砥ぎから仕上げまで1台でこなせるのも嬉しいポイントです。

コンパクトサイズで扱いやすいほか、省スペースで収納可能。ブラックを基調としたシンプルな見た目で、キッチンに馴染みます。なお、本製品は金属製の両刃包丁専用です。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) ツヴィリング シャープニングスチール 32576-231

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) ツヴィリング シャープニングスチール 32576-231

使い慣れるまでにコツが必要なものの、慣れるとスピーディーに活用できる研ぎ棒。脂などが付着して包丁の切れ味が悪くなったときや、刃先の角度を修正をする際に使用します。包丁の角度を一定にして研ぐのがポイントです。

ハンドルの先端にフック穴がついており、吊り下げて収納可能。手軽に使える包丁研ぎ器を求める方は、ぜひチェックしてみてください。

ニトリ(NITORI) 2段式ダブルシャープナー sharp 8972351

ニトリ(NITORI) 2段式ダブルシャープナー sharp 8972351

手前に引くだけで簡単に砥げる包丁研ぎ器。両刃のステンレスをはじめ、はがね製・セラミック製・チタン製の包丁に使用可能です。1つ持っておくと幅広い場面で重宝します。

本体はABS樹脂で作られており、70℃の耐熱温度に対応。底面には滑り止めが施されているので、安全かつスムーズに使えます。価格も安価でコスパを重視する方にも適しています。

アズマ(Azuma) クレバー シャープ KS-A1-RE

アズマ(Azuma) クレバー シャープ KS-A1-RE

金属製の波刃包丁に対応する包丁研ぎ器。数回砥石に通すだけで切れ味が復活します。シンプルな構造により、リーズナブルな価格を実現。コストを重視する方にもおすすめです。

底面には、しっかり固定できるパワーグリップを採用。机のほか、冷蔵庫などにも吸着可能です。片手で使用できるのも便利。コンパクトサイズで収納時もスペースを取りません。

協和工業(KYOWA MANUFACTURING) バウンディングハートシャープナー BHS21

協和工業(KYOWA MANUFACTURING) バウンディングハートシャープナー BHS21

ハートの形をした交差式の包丁研ぎ器です。パン切り包丁やギザ刃など、さまざまな包丁に使用できます。包丁の厚みや形状に合わせてすき間なくフィットするのが特徴。研ぎたい包丁の形にそってバウンドするため、鋭く研げます。

ステンレス素材で安定感があるのもポイント。持ち手を刃先より高く持って手前へ数回引き抜くと荒研ぎ、刃を台と水平に置いて前後に動かすと仕上げ研ぎです。

セラミックの包丁には使用できません。サイズは、幅110×奥行き85×高さ142mm。用途によって包丁を使い分けている方におすすめの包丁研ぎ器です。

吉田金属工業 GLOBALシャープナープラス GSS-04

吉田金属工業 GLOBALシャープナープラス GSS-04

GLOBAL・GLOBAL-ISTシリーズの両刃に適した包丁研ぎ器です。軽微な刃こぼれが修正できる機能が付いているのがポイント。軸受けにスプリングを搭載しているため、はじめてでも均一な刃先に仕上げられます。

切れ味を持続させるため、刃先を研磨して刃返りを除去する構造です。砥石は、研磨用・刃返り除去用・仕上げ調節用の3種類。水を入れて研ぐ仕組みなので、砥石の目詰まり防止にも効果的です。

使い方は、バネが沈む程度に包丁を押し込み、前後に10回ほど動かすだけ。縦置き・横置きに対応しているため、使用後の水切りや省スペースで保管できます。サイズは、縦6.5×横25.0×高さ6.5cm。GLOBALシリーズの包丁を愛用している方におすすめの包丁研ぎ器です。

マイヤージャパン シャープナー プラス PM-DSHR

マイヤージャパン シャープナー プラス PM-DSHR

3種類の砥ぎ口を搭載した包丁研ぎ器です。素早く手軽に切れ味がよくなるのがポイント。内側から、荒研ぎ面・細研ぎ面・仕上げ面が設置されています。研ぎ方は、包丁を溝に差し込み手前へ引くだけです。

荒研ぎ面・細研ぎ面は10回ずつ、仕上げ面は2~3回引いて仕上げます。サイズは、全長180×奥行き48×高さ60mmです。重さ300g。マイヤーの包丁を利用している方にぴったりな包丁研ぎ器です。

ブレーメン 恵比寿刃 純正 シャープナー

ブレーメン 恵比寿刃 純正 シャープナー

家庭用の包丁専用に製造した包丁研ぎ器。握りやすいグリップと滑り止め付きの土台により、安定した使用感を実現しています。バリ取り付きで、小さなかけも整えられる包丁研ぎ器です。

使い方は、ナイフを差し込み前後するだけ。普段使いには荒研ぎと仕上げ研ぎを使い、バリがあるときはセラミックのバリ取りを使います。サイズは、横220×奥行き45×高さ70mm。はじめて包丁研ぎ器を使う方におすすめです。

髙儀 ダイヤモンド+セラミックシャープナー

髙儀 ダイヤモンド+セラミックシャープナー

チタンやセラミックの包丁にも使える両刃用の包丁研ぎ器です。2種類の砥石で手軽に切れ味がよみがえります。さまざまな包丁に使えるダイヤモンドロール砥石と、切れ味よく仕上げるセラミック砥石を搭載。研ぎ方は、溝へ入れて包丁を手前に10回程度引くだけです。

全面に滑り止めが付いているため、安定した使用感が魅力。サイズは、高さ177×幅43×奥行き50mmです。重さ90gで、軽量なのもポイント。持ち運びに便利な包丁研ぎ器を探している方におすすめです。

ファイン らくらくトゲルノ FIN-790

ファイン らくらくトゲルノ FIN-790

鋼やステンレス、チタン素材の両刃に対応した包丁研ぎ器。溝に通すだけで誰でも手軽に研げるのが特徴です。硬度の高いタングステン鋼鉄を使用。底にワンタッチレバーで固定する吸盤が付属しています。

冷蔵庫や流し台の壁などに固定できるため、収納しやすいのが魅力。使い方は、包丁を溝に差し込んで手前に3~5回引き抜くだけです。レバーを解除した状態のサイズは、約直径6×高さ7cm。手軽さと収納性のある包丁研ぎ器が欲しい方におすすめです。

末広 イージーシャープニング HDK-8S

末広 イージーシャープニング HDK-8S

砥石専門メーカーが手がける包丁研ぎ器です。本格的な仕上がりと失敗の少ない簡単さが特徴。素早く刃をつけるための「ダイヤモンド#500」と、刃先をなめらかにしてバリを取り除く「極妙#8000」の2面構造です。

研ぎ方は、専用の研ぎ台に包丁をセットし、上から棒をジグザグにこするだけ。ダイヤモンド#500面で約10~15回本研ぎ、極妙#8000面で約5~6回仕上げ研ぎ、裏面を極妙#8000面でバリを取ります。

専用の研ぎ台は磁石を内蔵しているため、刃物をしっかり固定できるのもポイント。ダイヤモンド#500面は、セラミック包丁の研ぎにも適しています。研ぎ棒・研ぎ台・ペティナイフ用アタッチメント・スプレー容器のセット。手軽に本格的な仕上がりを求める方におすすめの包丁研ぎ器です。

ヴェストマルク(Westmark) ルビー スチール棒

ヴェストマルク(Westmark) ルビー スチール棒

右利き左利きにかかわらず仕上げられる研ぎ棒式の包丁研ぎ器。摩耗への耐性が強く、長く使用できるのが特徴です。スチール棒に対して20倍の固さがあるルビーを使用。耐久性があるため、傷がなくシャープな仕上がりです。

フィンガーガードが付いた六角形のハンドルで、安全面にも配慮しています。シャープナー部分の長さは28cm。仕上げ用に適した包丁研ぎ器です。

包丁研ぎ器のおすすめ|電動式

貝印 コンパクト電動シャープナー AP0543

貝印 コンパクト電動シャープナー AP0543

特許技術のワンスリットを採用した包丁研ぎ器。荒砥石と仕上げ砥石を一直線に並べることで、余計なスペースを省いています。また、稼働音が静かで夜間の使用も安心。シンプルなデザインでキッチン周りに馴染みます。

コードレスで使う場所を選ばないほか、コンパクトサイズで場所を取らないのもメリット。収納時も便利です。

貝印 ワンストロークシャープナー AP0541

貝印 ワンストロークシャープナー AP0541

鋼・ステンレス・割り込み包丁に使える電動包丁研ぎ器です。溝に1回通すだけで切れ味が戻るのが特徴。三徳包丁や牛刀に対応する両刃用、出刃包丁と刺身包丁などに対応した片刃用のカートリッジ付きです。

カートリッジは、着脱して水洗いが可能。使い方は、電源を入れた状態で包丁を挿入口へ挿し、真っすぐ1回引き抜きます。挿入口は、刃元の形状によって異なるので注意してみてください。

研ぎムラを防ぐためには、刃を垂直に保ち、一定のスピードで包丁を引くのがポイントです。サイズは、長さ138×幅111×高さ105mm。手早く包丁を研ぎたいときにおすすめの包丁研ぎ器です。

京セラ(KYOCERA) 電動ダイヤモンドシャープナー DS-38

京セラ(KYOCERA) 電動ダイヤモンドシャープナー DS-38

電動パワーとダイヤモンド砥石で、ステンレス・鋼・セラミックスなどの包丁を研げる包丁研ぎ器。複数種類の包丁を所持している方におすすめです。研磨角度を一定に保つガイドスロットが付いているのも嬉しいポイントです。

押すとオン、離すとオフになる安全スイッチ構造も特徴。そのほか、動作状況が一目でわかるランプが付いています。研ぎくずが飛び散りにくい工夫が施されているのも魅力。安全面に配慮した電動式の製品が欲しい方は、チェックしてみてください。

京セラ(KYOCERA) ファインシャープナー SS-30

京セラ(KYOCERA) ファインシャープナー SS-30

包丁だけでなく、彫刻刀・はさみなどが研げる包丁研ぎ器。1秒間に約150往復の音波振動で素早く研げるのが特徴です。専用のカバーを付ければ適切な角度を保って研げます。包丁の研ぎ方は、専用カバーのガイドに沿って包丁を動かすだけ。片刃・両刃どちらも使用可能です。

はさみや彫刻刀などは、刃の角度に合わせて砥石をあてて研ぎ器を動かします。使用するためには、別売りのアルカリ単3電池が2本必要。大きさは202×38×57mmです。重さは135gのハンディタイプ。持ち運びに便利な包丁研ぎ器です。

ナカトミ 卓上刃物とぎ器 YCS-125N

ナカトミ 卓上刃物とぎ器 YCS-125N

包丁をはじめ、はさみ・カンナ・ノミなどあらゆる刃物に対応する包丁研ぎ器。刃物ガイドにより安定して研げるのが特徴です。注水ホッパーと排水チューブが付属し、水を出しながら研げます。

三徳包丁・ペティナイフなどの両刃と、出刃包丁・柳刃包丁などの片刃に対応。セラミックやチタンコーティングは使用不可のため注意が必要です。砥石は#800の中目砥石が付属しています。

別売りで#180の粗目砥石をラインナップ。本体の大きさは幅170×奥行き220×高さ210mmです。質量は約3kg。包丁に加えてDIYアイテムも研ぎたいときにおすすめの包丁研ぎ器です。

パオック 両面電着ダイヤモンド刃物グラインダ

パオック 両面電着ダイヤモンド刃物グラインダ

包丁・はさみ・ノミなどあらゆる刃物が研げる包丁研ぎ器。縦研ぎと面研ぎができるため、彫刻刀やドリル刃などにも対応しているのが特徴です。砥石にダイヤモンド粒子を電着コーティング。鋼やステンレス、セラミック包丁などあらゆる材質の刃物が研げます。

砥石の粒度は#400です。別売りで#600の細目砥石をラインナップ。高速・低速2種類の回転速度を選択できます。サイズは、幅140×奥行き160×高さ150mmです。本体の質量は2000g。工具や包丁などあらゆる刃物を扱うときにおすすめの包丁研ぎ器です。

シェフスチョイス(Chef’s Choice) 電動式包丁研ぎ器 120N

シェフスチョイス(Chef’s Choice) 電動式包丁研ぎ器 120N

両刃・片刃・波刃などに対応できる包丁研ぎ器。研ぎブレ対策機能により、安定して使えるのが特徴です。荒研ぎと中研ぎの研磨剤は、ダイヤモンドを採用。仕上げ研ぎは、酸化アルミニウムポリマーを使った特許取得済みのストロッピングディスクを搭載しています。

手早くなめらかに仕上がるのも魅力。研ぎ方は、溝へ包丁を差し込むだけです。ストロッピングディスクは、直刃ナイフや鋸歯状ナイフの研磨にも利用可能。用途によって包丁を使い分けている方におすすめの包丁研ぎ器です。

包丁研ぎ器の売れ筋ランキングをチェック

包丁研ぎ器のランキングをチェックしたい方はこちら。

包丁研ぎ器の使い方

By: amazon.co.jp

包丁研ぎ器の使い方は、据え置き型・研ぎ棒とで異なります。据え置き型で複数の研ぎ部があるモノは、粗目・中間・仕上げなどの順に使用。押し引きするのではなく、一定方向に引く動作のみを繰り返すのがポイントです。

研ぎ棒は、刃を当てて根元から刃先まで研ぎながら包丁をスライドさせます。刃と棒の角度が15°前後になるよう意識するのがコツです。初めて使う方や慣れない場合は、机に研ぎ棒の先端を立てると角度が付きやすく、比較的簡単に研ぐことができます。