コーヒーミルの普及と健康志向の高まりによって活用する方が増えている「お茶ミル」。粉末状にした茶葉で淹れたお茶は、より風味や苦味が堪能できるほか、お茶の出がらしには茶葉に含まれるカテキンなどの栄養素が7割近く残るといわれています。

そこで今回は、お茶ミルのおすすめモデルをご紹介。料理やデザートの味付けや色付けに使う方にも便利なので、興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

お茶ミルとは?

By: amazon.co.jp

お茶ミルとは、茶葉を粉砕して粉末にする製品のこと。粉末のお茶は急須でお茶を淹れたときと比べて、茶葉の栄養素をしっかりと摂取できるのがメリットです。

また、粉末の状態なので調理に活用しやすいのもポイント。普段の料理に少し加えるだけで、お茶の風味を感じられるようになるため、料理のレパートリーを広げたい方にもおすすめです。

お茶ミルの選び方

駆動方式をチェック

電動タイプ

By: rakuten.co.jp

電動タイプのメリットは利便性の高さ。茶葉を入れて電源スイッチを押せば、あっという間に粉茶が作れるので、労力と手間がほとんどかからないのが特徴です。

また、挽き具合の調節もボタン1つで簡単にできるため、料理やスイーツ作りなどの目的に合わせた最適な粉茶を作れるほか、茶葉をきめ細かい粉末にすることも可能です。

デメリットは、内部構造が複雑で使用後はしっかりとお手入れをしなければいけないこと。また、電動タイプは手動タイプよりも摩擦熱が発生しやすい点もデメリットです。茶葉に摩擦熱が伝わるのを減らすために運転中に何度か本体を停止させる構造のモノは、電動タイプであっても茶葉の粉砕にやや時間がかかります。電動タイプを購入する場合は粉砕にかかる時間をチェックしておきましょう。

手動タイプ

By: amazon.co.jp

手動タイプのお茶ミルは手でハンドルを回して茶葉を細かく粉砕するタイプ。本体内は石臼のような構造になっているモノと、ミキサーのようなカッター刃が回転する構造になっているモノがあります。

挽き具合を調節できるモデルがほとんどで、粗く粉砕してお茶を入れたり、細かく粉砕して料理やデザートに活用したりすることも可能です。

手動タイプは、茶葉本来の風味を損なわない石臼式のセラミック刃を採用しているモノが人気。セラミック刃を手動でゆっくり回して粉砕することで摩擦熱が抑えられるので、茶葉の風味だけでなく栄養素も損なわないのがメリットです。

一方、デメリットは粉末にする際に時間がかかること。細かい粉末状にするには数分間ハンドルを回す必要があり、手間を感じることもあります。

用途をチェック

お茶用に特化した「茶葉専用タイプ」

By: amazon.co.jp

抹茶のように細かい粉末を作りたい場合には、お茶用に特化した「茶葉専用タイプ」のお茶ミルを選びましょう。茶葉専用タイプのお茶ミルは茶葉の性質に合わせて設計されているため、多目的タイプと比べてお湯や水に溶けやすい滑らかな粉末に加工できるのが特徴。

ほかのモノは挽けなくてもお茶特有の風味を損ないにくいので、茶葉の風味を保ったまま挽きたい方は茶葉専用タイプを選ぶのがおすすめです。

料理にも役立つ「多目的タイプ」

By: amazon.co.jp

お茶ミルのなかには、コーヒー豆・ゴマ・スパイスなどを細かく粉砕できる多目的タイプのモノがあります。さまざまな料理に対応することが可能で、汎用性の高いキッチングッズを求めている方には便利です。

なお、お茶ミルでコーヒーやスパイスなどの味や匂いが強いモノを粉砕すると、茶葉特有の香りや苦味が損なわれる可能性があります。緑茶だけを楽しみたい方には茶葉専用のお茶ミルを購入するのがおすすめです。

粗さの調節機能をチェック

By: rakuten.co.jp

製品によっては、茶葉を挽く粗さの調節ができるモノもあります。茶葉を粉末茶として楽しみたい場合には細かく、デザートや料理のアクセントに使いたい場合には粗めになど、用途に合わせて調節できるのが魅力。お茶ミルを幅広く使いたいと考えている方は、気になる製品に粗さの調節機能が搭載されているかをチェックしてみてください。

メンテナンスのしやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

使い勝手はもちろん、メンテナンスのしやすさも大切なポイントです。特にお茶ミルのように食材を粉末状にする場合は、細かくなった粒子がパーツの継ぎ目に入り込んでしまいがち。

汚れやゴミが溜まってしまうと不衛生なので、各パーツを分解して洗えるタイプの製品を選ぶのがおすすめです。お茶ミルを選ぶ際は製品の仕様をよく確認し、お手入れが簡単なモノを選びましょう。

お茶ミルのおすすめランキング|電動タイプ

第1位 ツインバード工業(TWINBIRD) お茶ひき器 緑茶美採 GS-4671DG

ツインバード工業(TWINBIRD) お茶ひき器 緑茶美採 GS-4671DG

茶葉専用の電動式お茶ミル。茶筒型の伝統的な和テイストと現代的なデザインが融合し、イマドキのキッチンやダイニングに馴染む和モダンな製品に仕上がっています。幅98×奥行き115×高さ155mmほどのコンパクトなサイズで、収納しやすいのもおすすめのポイントです。

お茶ミル初心者でも簡単に使えるシンプルな構造を採用。ダイヤルを回すだけで、挽き加減を「あらい」から「こまかい」まで無段階に調節できます。細かく挽いて緑茶ラテを作ったり、ケーキや天ぷらの衣に入れたりと、茶葉の楽しみ方が広がるのが魅力。専用ブラシ付きで、お手入れしやすいのも便利です。

第2位 シャープ(SHARP) ヘルシオ お茶プレッソ TE-TS56V

シャープ(SHARP) ヘルシオ お茶プレッソ TE-TS56V

茶道で使われる道具をモデルに、「挽く・沸かす・点てる」の工程を一台に凝縮した製品。「お茶うす」で茶葉を挽いたあと、沸かしたお湯と粉末茶をかき混ぜることで、まろやかで深みのあるお茶が完成します。

「お茶うす」は、抹茶を作るときに用いる石臼を模倣して開発したセラミック製のモノを採用。カテキンなどの栄養素をキープしながら粒度が細かい粉末茶ができあがります。水を沸騰する際にカルキ成分を除去できると謳っているのもポイント。お茶容器には回転式のハネを取り入れ、茶せんで点てたような味わい深いお茶が完成します。

「湯ざまし機能」が付いており、温度調節ができるのもメリット。お茶臼で挽いた粉末茶は、料理やお菓子の食材としても使用可能です。別売りのお茶臼を入手すれば、ほうじ茶や紅茶用など茶葉ごとに容器を使い分けできるのもおすすめ。置き台やつゆ受けトレイを、取り外して丸洗いできるのも便利です。

第3位 ヤマゼン(YAMAZEN) ミルミキサー MR-280

ヤマゼン(YAMAZEN) ミルミキサー MR-280

一台で、ミキサー・ミル・お茶挽きの3用途に使える製品。サイズの異なる3つの容器が付属し、ジューサーとして使ったり、食材を粉末にしたりと汎用性が高いのが特徴です。茶葉をパウダー状まで粉砕できるので、料理やスイーツなどの材料にしやすいのも魅力。保存用の容器フタには開閉式のふりかけ口を設置し、フタを閉めたまま粉末茶を湯のみなどに注げます。

本体以外の各パーツは分解して手洗いできるため、衛生的な状態に保ちやすいのもメリット。本体下部にはコード巻きスペースを設け、電気コードを巻き付けて収納できます。カッター刃には耐久性が高いチタンを採用し、長く愛用できるのもおすすめのポイントです。

第4位 イワタニ(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-C20G

イワタニ(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-C20G

大小2つの容器が付属した電動式のミル。小容器を使用すれば、茶葉などの乾燥食品を粉砕してパウダー状にできます。大容器を使用すれば、氷・冷凍食品・ナッツ類を粉砕可能。ジュースはもちろん、シャーベット・フローズンドリンクも簡単に手作りできます。レンジに対応したガラス容器のため、粉砕後のドリンクを加熱してポタージュにすることも可能です。

食材が直接触れる容器とカッターユニットは、丸ごと煮沸消毒可能。簡単にお手入れができ、衛生的な状態をキープできます。モノトーンでまとめたスタイリッシュなデザインを採用しており、キッチンやダイニングのおしゃれなアクセントとしてもおすすめです。

第5位 クイジナート(Cuisinart) 粉末ミルグラインダー SG-10BKJ

クイジナート(Cuisinart) 粉末ミルグラインダー SG-10BKJ

茶葉・コーヒー豆・スパイスなどを粉砕できる電動タイプのミル。多彩な食材を粉末状にできるため、料理の幅が広がります。操作性がよく、容器の上に取り付けられたカバーを押すだけで作動。カバーを付けないと作動しないので、安全面に配慮されているのもポイントです。

カッターと容器にはステンレス素材を採用。ステンレスならではの素材感で、キッチンやダイニングをスタイリッシュに彩ります。サビと匂い移りに強く、容器内を清潔に維持しやすいのもメリット。食器洗浄乾燥器に対応しており、ラクにお手入れできるのもおすすめのポイントです。

第6位 山本電気 NEWよめっこさん Y-308B

山本電気 NEWよめっこさん Y-308B

茶葉・ゴマ・煮干しなど多目的に使える電動タイプのミル。220Wのモーターを搭載し、静音ながら強いパワーで食材を粉砕できます。大豆や米などの固い食材も粉砕できるため、料理のレパートリーが増えるのも嬉しいポイントです。

容器内部には、ステンレス素材を使用。耐久性に優れ、容器内を清潔にキープしやすいのが特徴です。粉砕カッターは取り外しでき、お手入れしやすいのもおすすめ。

安全面に配慮し、容器やフタを定位置にセットしないと電源が入らない仕組みを採用。モーターも回転しないため、誤作動などによるケガを防ぎやすいのもメリットです。

第7位 KYG 電動ミル

KYG 電動ミル

茶葉・コーヒー豆・スパイスなどの乾燥した食材を粉砕できる製品。300Wの強力なモーターとプロペラ式の2枚刃を搭載し、穀物やナッツなどの固い食材を短時間で均一に粉砕できます。

操作性がよく、スイッチを押すだけで作動し挽き加減も調節可能。フタが完全に閉まらないとモーターが回転しないため、子供が近くにいても安心して使用できます。透明のフタを採用し、食材の挽き具合を目視できるのも便利です。

コンパクトなサイズで、トレイにのせて運んだり収納したりしやすいのもポイント。高性能ながら、リーズナブルな価格で入手できるのもおすすめです。

第8位 CHULUX 電動ミル

CHULUX 電動ミル

グラインダーカップ・チョッパーカップの2つを付属したモデル。2枚羽根のグラインダーカップを使用すれば、茶葉・コーヒー豆・ナッツなどの乾燥した食材を粉砕できます。また、4枚羽根のチョッパーカップなら、ニンニク・野菜・果物などの水分がある食材を簡単に挽くことが可能です。

カバーを押すだけで作動する簡単操作を採用。カバーが開いた状態で作動しないため、誤作動を防ぎやすいのもメリットです。本体底面には、4ヶ所の滑り止めを設置。過熱保護機能も付いており、安心して使用できます。

容器にはステンレス素材を採用。容器・フタ・カバーは食洗器に対応し、簡単にお手入れできるのもおすすめです。

お茶ミルのおすすめランキング|手動タイプ

第1位 ポーレックス(PORLEX) お茶ミルII

ポーレックス(PORLEX) お茶ミルII

乾燥茶葉用に開発された、手動タイプのお茶ミル。とにかく細かく茶葉を挽けるのが特徴です。石臼型のセラミック刃は、角度や長さなどを計算して作られているので、乾燥茶葉を細かく挽けます。

セラミック刃は匂いが移りにくいため、茶葉本来の香りを存分に楽しめるメリットも。また、茶葉の粗さを調節する機能が付いているので、用途に応じて細かさを変えられるのもポイント。粉茶として飲むときも料理に使用するときも、最適な挽き方を選べます。

本体にはハンドルホルダーが付いており、ハンドルを畳んでコンパクトに収納できるのも魅力です。食器棚やキッチンの空きスペースにサッと収納できてかさばりません。

第2位 京セラ(KYOCERA) セラミックお茶ミル CM-50GT

京セラ(KYOCERA) セラミックお茶ミル CM-50GT

上部でハンドルをぐるぐると回して茶葉を挽く手動タイプのお茶ミル。茶葉の粗さを調節するツマミが付いており、用途によって細かさを変えられます。昔から使用されている石臼の方式を取り入れたセラミック臼を採用することで、きめ細やかな粉茶を作れるのが特徴です。

セラミックは金属臭がないため、お茶本来の風味を楽しめます。錆びにくく摩耗しにくいため、長く使い続けられるのも嬉しいポイント。お茶ミルのなかでも低価格なので、初めて購入する方にもおすすめです。

本体下部が広く作られているため、置いたままでも安定してお茶を挽けます。さらに、ハンドルを折り畳んで収納できるコンパクト設計のお茶ミルで、収納場所に困りません。

第3位 川﨑合成樹脂(KAWASAKI PLASTICS) MILLU お茶ミル ピュア MI-014

川﨑合成樹脂(KAWASAKI PLASTICS) MILLU お茶ミル ピュア MI-014

本体が透明なので、中身を確認しながらお茶を挽ける手動タイプのお茶ミル。初めてお茶ミルを購入する方も、どのように茶葉を挽いているのかチェックしながら安心して使用可能です。

石臼型のセラミック刃を採用しているのもおすすめポイント。摩擦熱が発生しにくく、茶葉に余分な熱が加わらず酸化を防げます。さらに、セラミックは摩耗しにくいため、切れ味が劣化しにくくいつでも快適な挽き心地を楽しめるのが魅力です。

ネジを調節することで、茶葉の粗さを変えられます。お茶を飲むときは細かく、料理に使うときは粗くというように、用途に応じて挽き方を変えられるのがメリットです。

第4位 川﨑合成樹脂(KAWASAKI PLASTICS) MILLU セラミックステンレスお茶ミル 槌目

川﨑合成樹脂(KAWASAKI PLASTICS) MILLU セラミックステンレスお茶ミル 槌目

表面に押し出された凹凸が印象的なお茶ミル。上部に付いたハンドルをクルクルと回して茶葉を挽く手動タイプです。本体とハンドルにはステンレスが使われているので、耐久性に優れています。丈夫なお茶ミルを長く使い続けたい方におすすめです。

また、ハンドルには天然木のグリップが付いているのもポイント。グリップが手に馴染みやすいので、ハンドルをしっかりと回せます。ステンレスと天然木のシンプルで落ち着きのあるデザインは、キッチンにそのまま置いてもおしゃれです。

刃にはセラミックを採用しているため、錆びにくく匂いが移りにくい特徴があります。お茶のよい香りを楽しみながら使い続けられるお茶ミルです。

第5位 貝印 セレクト100GL お茶ミル DH3136

貝印 セレクト100GL お茶ミル DH3136

シンプルなデザインでどんなキッチンにも合うお茶ミル。上部にハンドルが付いた手動タイプで、クルクルと回すだけで茶葉を挽けます。均一な細かさで茶葉を挽ける機構を採用しているのが特徴です。

さらに、茶葉の細かさを調節できるので、用途に合わせた粗さの茶葉を作れます。ハンドルを本体に沿うような形で収納できるため、コンパクトに片付けられるのもおすすめポイント。お茶ミルのなかでも低価格で、初めて購入する方にもおすすめです。

第6位 ハリオ(HARIO) お茶ミル チャコ OMC-1-SG

ハリオ(HARIO) お茶ミル チャコ OMC-1-SG

手動タイプのお茶ミル。挽いた茶葉を受ける容器の上に、「粉ふりメッシュ」が取り付けられているのが特徴です。挽き残った粗い茶葉を取り除き、細かい茶葉のみを使用できます。

また、「粉ふりメッシュ」を使えば料理に粉末状のお茶を簡単にふりかけられるのが魅力。お茶にはもちろん、細かく挽いて料理にも活用したい方におすすめです。

蓋や挽いた茶葉を受ける容器は透明なので、挽いている様子がひと目でわかるのもポイント。お茶を味わうだけでなく、挽く過程も楽しめます。利便性を高める細かい工夫が施されたお茶ミルを探している方におすすめです。

第7位 東京商工社(TOKYO SHOKOSHA) ポータブルお茶ミル するる

東京商工社(TOKYO SHOKOSHA) ポータブルお茶ミル するる

コンパクトサイズのお茶ミル。かさばらず持ち運びに適しているので、家でも仕事場でも挽きたてのお茶を楽しめます。ハンドルは本体に沿うように折り畳めるため、バッグの中やデスクの上でも邪魔になりません。乾燥茶葉を入れてハンドルをクルクルと回す手動タイプのお茶ミルなので、電源不要で手軽に使えます。

容器や蓋など各パーツを分解できるため、細部まで綺麗に洗えるのがおすすめポイント。汚れが溜まりにくく、清潔に使い続けられます。石臼型のセラミック刃を採用しており、お茶の風味を損なわずに挽けるのも魅力です。

第8位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) お茶ミル UW-3504

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) お茶ミル UW-3504

金属臭がなく茶葉本来の風味を損ないにくいセラミック刃を採用したお茶ミル。摩耗しにくく使い始めたときの挽き味を長くキープできるのが魅力です。

一度に約52gの茶葉を入れられるので、一気にたくさんの粉末茶ストックを作っておきたいときに便利。また、粗さ調節ネジを搭載しているため、粒の大きさを調節できるのもポイントです。

セラミック刃は取り外し可能で簡単に水洗いでき、いつでも清潔に使えます。使い勝手のよいお茶ミルを探している方におすすめの製品です。

第9位 ヨシカワ クラフトタナカ 一茶 TM-40

ヨシカワ(Yoshikawa) クラフトタナカ 一茶 TM-40

茶葉約40gを一度に挽けるお茶ミル。細挽きから粗挽きまで調節ネジで好みの挽き加減を選べるので、用途に合わせた使い方をできるのが魅力です。

石臼のようにゆっくりとすりつぶす形で茶葉を挽くため、お茶特有の栄養素や風味を損ないにくいのが特徴。金属が茶葉に触れないので酸化を防げるのもポイントです。

0.5gの計量スプーンやお茶ミルを使った料理レシピも付属。お茶ミルの活用方法がわからない方でも使いやすい製品です。