緑茶などの茶葉を粉末にする「お茶ミル」は、茶葉の栄養を余すところなく楽しめるため、健康志向の方に人気のアイテムです。また、急須でお茶を入れるよりも必要な茶葉の量が少なく済むので、たくさんお茶を飲む方にとっては経済的なメリットがあります。手動のお茶ミルも数多く市場に出ていますが、おすすめはスイッチひとつで手軽に楽しめて挽き加減も調節できる電動のお茶ミルです。

そこで今回は、人気の電動お茶ミルをランキング形式でご紹介。合わせて選び方も解説しますので、興味がある方や製品選定でお悩みの方は要チェックです。

お茶ミルとは?

お茶ミルとは、緑茶などの茶葉を粉末状にするモノ。茶葉を粉末状にすれば、インスタントコーヒーなどと同じようにお湯に溶かすだけで飲むことができます。

自分の好きな茶葉を買ってきて、お湯を注ぐだけで簡単に飲めるようになるのがお茶ミルの魅力。なお、お茶ミルで粉末にした茶葉でお茶を入れるメリットとして、「茶葉からでは抽出しきれない栄養を余すところなく吸収できる」や「1回に使用する茶葉の量が節約できる」、「後片付けが手間にならない」、「茶葉の粉末を料理にも使える」などが挙げられます。

電動お茶ミルの選び方

電動お茶ミルは手動のモノと比較して、手間がかからないことはもちろん、粉末をより細かくできるというメリットがあります。

使用後のお手入れしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

電動お茶ミルは、大量の茶葉を簡単に粉末にできるのが特長。しかし、そこでお茶ミルの使用後のお手入れが大変だとストレスとなり、使い続けることに手間を感じてしまいます。

選び方としては、直接水洗いできるかどうかがポイント。中には食洗器対応のモデルもあるのでしっかりとチェックしましょう。また、各パーツを分解できる製品の場合は、手順が複雑でないかも確認しておくことが重要です。

湯沸かし機能で選ぶ

電動お茶ミルの中には、茶葉を粉末にするだけではなく、お湯を沸かす機能を搭載している製品もあります。エスプレッソマシンのお茶バージョンだと考えるとイメージしやすいでしょう。このような機能があれば、1日に何杯もお茶を飲む方にとっては非常に便利です。

一方、茶葉の粉末を大量にストックしておくだけなら、通常の電動お茶ミルでも十分。購入する際は利用シーンを想定して最適なモノを選ぶようにしてください。

お茶の種類で選ぶ

電動お茶ミルの中には、特定の茶葉に特化した製品があります。例えば「緑茶専用」と謳っているモデルがそれです。やはり専用というだけあって、より風味を活かして茶葉を粉末にしてくれます。自分が飲む茶葉の種類が決まっているなら専用機種、いろいろな茶葉を試したいなら通常の電動お茶ミルがおすすめです。

人気の電動お茶ミルおすすめランキング

第1位 ツインバード工業(TWINBIRD) お茶ひき器 緑茶美採 GS-4671DG

ツインバードのお茶ひきシリーズにおける3代目が「緑茶美採」です。和モダンのデザインですので、違和感なくお茶を楽しむことができます。

お茶の挽き加減を「あらい」から「こまかい」まで調整すること可能で、自分好みの味わいを堪能できます。なお、専用のブラシが付属していますので、使用後のお手入れも簡単です。

第2位 シャープ ヘルシオお茶プレッソ TE-TS56V

お茶の粉末を作るだけではなく、挽く、沸かす、点(た)てるを1台に凝縮したのが「ヘルシオお茶プレッソ」。エスプレッソマシンのようにお茶を楽しみたい方におすすめです。

茶葉を余すことなく利用するので、通常の急須で入れるお茶と比較して約2倍のカテキンが含まれます。また、同じ茶葉の量で急須の3倍のお茶を入れることができるなど経済的です。

お手入れすべき部分は簡単に取り外せて、水で丸洗いするだけ。臼に残った粉末も、専用のブラシを使えば掃除できます。なお、別売り品の茶筒を活用すれば、茶葉ごとに分けやすく、味が混ざるのを防ぐことができるのでおすすめです。

緑茶だけではなくほうじ茶や紅茶などの多くの茶葉にも対応。製品を使いこなすための「飲み物・お料理レシピ」が付属しているので、より健康志向の方におすすめの電動お茶ミルです。

第3位 ドウシシャ(DOSHISHA) OTONA お茶っ葉ミル DTM-14

お手軽な電動お茶ミルが欲しい方には「OTONA お茶っ葉ミル」がおすすめ。一見しただけではお茶ミルとわからない形状で、キッチンに置いていても違和感がないデザインです。

操作方法が簡単なのもポイント。本体の上部から茶葉を入れて、後はキャップをかぶせてスライドするだけとお手軽です。なお、「粉茶満喫レシピ」付きなので、お茶の楽しみ方が広がるアイテムです。

第4位 クイジナート(Cuisinart) 粉末ミルグラインダー SG-10BKJ

電動お茶ミルは試してみたいけど、お茶専用じゃなくていろいろなモノを粉末にしたいという方におすすめなのが「粉末ミルグラインダー」です。本製品はコーヒーやスパイス、自家製ふりかけなど、さまざまなものを粉末にして楽しめます。

カバーをしていないときは動作しない安全設計も魅力。小さな子どものいる家庭でも安心して使用できます。本体にはサビや臭いに強いステンレス製を採用しているので、長く使い続けられる1台です。

第5位 パナソニック(Panasonic) 家庭用臼式 お茶粉末器 まるごと抹茶 EU6802

茶葉は熱に反応するので、粉末にする際にカッターのスピードが速すぎると味の劣化に関係してきます。そこで、電動お茶ミルを使う際出会っても丁寧に茶葉を挽きたい方には「家庭用臼式 お茶粉末器 まるごと抹茶」がおすすめです。

風味を豊かにする「うす式」で茶葉を挽くのがポイント。また、茶葉に熱が伝わらないように1分間の回転数がに50~60程度に抑えられています。なお、タイマーが搭載されているため、使い勝手も良好の電動お茶ミルです。

第6位 パナソニック(Panasonic) 家庭用臼式 お茶粉末器 まるごと緑茶 EU6820

電動お茶ミルの中ではハイエンドクラスのモデル。パナソニックが独自に開発した「セラミック平うす」を採用しているので、抹茶レベルの微粉末にすることが可能です。2段階のすりかた調節機能がついているので、自分の好みに合わせたお茶が飲めます。

5gあたりのすりあがり時間は、細かい挽き方で約10分、粗い挽き方で約5分。玉露・煎茶・てん茶・茎茶の緑茶専用だからこそできる、至高ののお茶を楽しんでみてください。

第7位 イワタニ(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-C20G

商品価格 ¥ 6,525

お茶だけでなく、氷やナッツのように硬い食材も破砕できる高性能ミルミキサー。お茶だけでなく他の料理にも使えるため、汎用性の高い電動お茶ミルをお探しの方におすすめです。容器やカッターは煮沸による消毒が可能なので衛生面も配慮。容器は電子レンジにも対応します。

第8位 タイガー ミル SKR-M070-SF

茶葉に限らずさまざまなものを粉末にすることができるミルミキサー。上部スイッチ式を採用しているので、カッターに手が巻き込まれる心配がない安全設計がポイントです。使用しないときは、不要なコードが本体下部に収納されるようになっているので、コンパクトに収納できます。