コーヒーミルの普及と健康志向の高まりによって活用する方が増えている「お茶ミル」。粉末状にした茶葉で淹れたお茶は、より風味や苦味が堪能でき、カテキンなどの栄養素も出がらしに残すことなくそのまま摂取できます。

そこで今回は、お茶ミルのおすすめモデルをご紹介。料理やデザートの味付けや色付けに使うのも便利なので、興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

お茶ミルとは?

By: amazon.co.jp

お茶ミルとは、茶葉を粉砕して粉末にする製品のこと。粉末のお茶は急須でお茶を淹れたときと比べて、茶葉の栄養素をしっかりと摂取できるのがメリットです。

また、粉末の状態なので調理に活用しやすいのもポイント。普段の料理に少し加えるだけで、お茶の風味を感じられるようになるため、料理のレパートリーを広げたい方にもおすすめです。

お茶ミルの選び方

駆動方式をチェック

電動タイプ

By: rakuten.co.jp

電動タイプのメリットは利便性の高さ。茶葉を入れて電源スイッチを押せば、あっという間に粉茶が作れるので、労力と手間がほとんどかからないのが特徴です。

また、挽き具合の調節もボタン1つで簡単にできるため、料理やスイーツ作りなどの目的に合わせた粉茶を作れるほか、茶葉をきめ細かい粉末にすることもできます。

デメリットは、内部構造が複雑で使用後はしっかりとお手入れをしなければいけないこと。また、電動タイプは手動タイプよりも摩擦熱が発生しやすい点もデメリットです。茶葉に摩擦熱が伝わるのを減らすために運転中に何度か本体を停止させる構造のモノは、電動タイプであっても茶葉の粉砕にやや時間がかかります。電動タイプを購入する場合は粉砕にかかる時間をチェックしておきましょう。

手動タイプ

By: amazon.co.jp

手動タイプのお茶ミルは、手でハンドルを回して茶葉を細かく粉砕するタイプ。本体内は石臼のような構造になっているモノと、ミキサーのようなカッター刃が回転する構造になっているモノがあります。

挽き具合を調節できるモデルがほとんどで、粗く粉砕してお茶を入れたり、細かく粉砕して料理やデザートに活用したりすることも可能です。

手動タイプは、茶葉本来の風味を損なわない石臼式のセラミック刃を採用しているモノが人気。セラミック刃を手動でゆっくり回して粉砕することで摩擦熱が抑えられるので、茶葉の風味を損なわないのがメリットです。

一方、デメリットは粉末にする際に時間がかかること。細かい粉末状にするには数分間ハンドルを回す必要があり、手間を感じることもあります。

用途をチェック

お茶用に特化した「茶葉専用タイプ」

By: amazon.co.jp

抹茶のように細かい粉末を作りたい場合には、お茶用に特化した「茶葉専用タイプ」のお茶ミルを選びましょう。茶葉専用タイプのお茶ミルは茶葉の性質に合わせて設計されているため、多目的タイプと比べてお湯や水に溶けやすいなめらかな粉末に加工できるのが特徴。

ほかのモノは挽けなくてもお茶特有の風味を損ないにくいので、茶葉の風味を保ったまま挽きたい方は茶葉専用タイプを選ぶのがおすすめです。

料理にも役立つ「多目的タイプ」

By: amazon.co.jp

お茶ミルのなかには、コーヒー豆やゴマ、スパイスなどを細かく粉砕できる多目的タイプのモノがあります。さまざまな料理に対応することが可能で、汎用性の高いキッチングッズを求めている方には便利です。

なお、お茶ミルでコーヒーやスパイスなどの味や匂いが強いモノを粉砕すると、茶葉特有の香りや苦味を損なう可能性があります。緑茶だけを楽しみたい方には茶葉専用のお茶ミルを購入するのがおすすめです。

粗さの調節機能をチェック

By: rakuten.co.jp

製品によっては、茶葉を挽く粗さの調節ができるモノもあります。茶葉を粉末茶として楽しみたい場合には細かく、デザートや料理のアクセントに使いたい場合には粗めになど、用途に合わせて調節できるのが魅力。お茶ミルを幅広く使いたいと考えている方は、気になる製品に粗さの調節機能が搭載されているかをチェックしてみてください。

メンテナンスのしやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

使い勝手はもちろん、メンテナンスのしやすさも大切なポイントです。特にお茶ミルのように食材を粉末状にする場合は、細かくなった粒子がパーツの継ぎ目に入り込んでしまいがち。

汚れやゴミが溜まってしまうと不衛生なので、各パーツを分解して洗えるタイプの製品を選ぶのがおすすめです。お茶ミルを選ぶ際は製品の仕様をよく確認し、お手入れが簡単なモノを選びましょう。

お茶ミルのおすすめランキング|電動タイプ

第1位 ツインバード工業(TWINBIRD) お茶ひき器 緑茶美採 GS-4672W

和モダンなデザインがおしゃれな電動タイプのお茶ミルです。初心者でも簡単に扱える操作性が特徴。粒度は、ダイヤル操作で「あらい」から「こまかい」まで、無段階に調節できます。

本体サイズは9.8×11.5×15.5cmで、コンパクトに収納できるのもメリット。また、専用のブラシがついているので、お手入れがしやすいのもポイントです。

付属のレシピ集を見て、抹茶ラテやケーキを作ったり、天ぷら粉を作ったりと、幅広い用途で使えるおすすめアイテムです。

第2位 マリン商事 電動お茶ひき器 Ki-80524

シンプルな電動タイプのお茶ミル。簡単な操作で、いつでも気軽に挽きたてのお茶が味わえます。本体底には滑り止めがついており、茶葉を挽いている間、安定した状態で行えるのも嬉しいポイント。

また、付属の専用ブラシもついているので、掃除も簡単です。毎日、挽きたてのお茶を飲みたい方や、おもてなし用のお茶ミルを探している方は、チェックしてみてください。

第3位 イワタニ(Iwatani) クラッシュミルサー IFM-C20G

大小2つの容器が付属しておりミキサーにもなる電動ミル。小さな容器を使用すれば、粉緑茶や粉だし、きな粉、ふりかけなどの乾燥食品をパウダー状にできます。一方、大きな容器をセットすれば、氷やナッツ、冷凍食品など硬い食品を粉砕可能。ハイパワー仕様で、毎日の料理シーンに幅広く利用できます。

容器とカッターは煮沸消毒ができるので、いつでも衛生的に使用が可能。茶葉だけでなく、硬い食材も砕けるハイパワーな製品を探している方におすすめです。

第4位 シャープ(SHARP) ヘルシオ お茶プレッソ TE-GS10A

日本の文化である茶道の流れをイメージし、「挽く」「沸かす」「点てる」の3役を1台でこなすアイテム。独自に開発したセラミック製の臼によりきめ細やかな、喉ごしのよい粉末茶が仕上がります。

給水タンクに入れた水を沸騰させる際は、カルキ成分を除去すると謳っているのもポイント。「湯ざまし機能」で、85℃か、ぬるめの70℃が選べるのも魅力です。

細かな粉末茶の飛散、付着を防止する「帯電防止樹脂パネル」を前面パネルに採用しているほか、置き台やトレイを外して水洗いできるのでお手入れも簡単。専用ブラシも付属します。

最大容量は約4杯分の560ml。毎日のお茶の時間や、来客時のおもてなしにおすすめです。

第5位 クイジナート(Cuisinart) 粉末ミルグラインダー SG-10BKJ

スタイリッシュなデザインが魅力の電動式のお茶ミル。茶葉やスパイス、コーヒーなどを細かく粉砕できます。上部カバーを押すだけで作動する操作性のよさがポイント。また、安全面にも配慮されており、カバーが正しく取り付けられているときのみ、作動します。

本体と刃は、サビや匂い移りに強いステンレス製。食洗器にも対応しているので、異なる食材を粉砕してもいつでも衛生的に使用できます。おしゃれな電動タイプのお茶ミルを探している方におすすめです。

第6位 Vegetable 電動ミル&ミキサー

1台で、ジュースミキサー・お茶挽き・ミルの3役をこなすアイテムです。ジュースや挽きたてのお茶を楽しんだり、ミルでふりかけや出汁を作ったり、毎日の料理シーンに幅広く対応。切れ味がよく、長く使える「チタンコートカッター」を採用しています。

お茶挽きとミルの容器には蓋がついており、使用後そのまま保存容器として利用できるのも便利。また、本体以外はすべて水洗いできるので、お手入れも簡単です。多目的に使えるお茶ミルを探している方は、チェックしてみてください。

お茶ミルのおすすめランキング|手動タイプ

第1位 ポーレックス(PORLEX) お茶ミル・II

茶葉を約18μ(ミクロン)まで細かく挽ける手動タイプのお茶ミル。一般的に30μを下回ると喉ごしがよいといわれているため、舌ざわりのよい本格的なお茶が自宅で楽しめます。

独自開発したセラミック製の刃を採用しており、金属臭がなく茶葉の香りを損なわずに挽けるのもポイント。「細挽き」「荒挽き」「茶葉」の3段階に粗さを調節できるため、用途に合わせて使い分けができるのも魅力です。

片手で持てるコンパクトサイズかつハンドルホルダーもついているので、収納の際にすっきりとまとまります。また、シンプルな構造のため、分解して掃除するのも簡単です。細かく粉砕できる手動ミルを探している方はチェックしてみてください。

第2位 貝印 SELECT100 お茶ミル DH3136

茶葉を均一の粗さで挽ける「フィックスグラインド機構」を採用した手動タイプのミル。ざらつきが少なく、喉ごしのよいおいしいお茶を楽しめます。

挽き具合は、「粗目」と「細目」の2段階に調節でき、使い勝手に優れているのもポイント。また、使わないときはハンドルを本体に取り付けられるので、すっきりと収納できます。シンプルで使いやすい手動のお茶ミルを探している方におすすめです。

第3位 川崎合成樹脂 セラミックお茶ミル MI-001

摩擦と熱が発生しにくいセラミック製刃を採用し、茶葉本来の香りや味をそのまま楽しめるお茶ミルです。挽き具合は、「粗い」から「細かい」まで、ネジを回すことで調節できます。

容器の底には滑り止めが加工されているため、安定した状態で挽けるのもポイント。また、セラミック刃は取り外して水洗いできるので、いつでも清潔な状態で使用が可能です。レシピ集もついているため、ドリンクから料理まで幅広いメニューを楽しめます。

第4位 ハリオ(HARIO) お茶ミル チャコ OMC-1-SG

細かな茶葉のみフィルタリングするメッシュの蓋がついており、よりなめらかな舌触りの茶葉が楽しめるお茶ミル。挽いた後はそのまま茶葉を料理にふりかけられるので、一連の動作がスムーズに行えるのが魅力です。

くびれたフォルムは手で握りやすいほか、粉受けには粉末茶がすくいやすい「すり鉢形状」を採用しています。また、蓋が透明のため、挽き加減が確認しやすく、使い勝手に優れているのも嬉しいポイント。価格も比較的リーズナブルなので、はじめてのお茶ミルにおすすめです。

第5位 ポーレックス(PORLEX) お茶ミル

最大約8gの茶葉が挽ける手動タイプのお茶ミル。茶葉の風味を損なわないセラミック製の刃を採用しており、お手入れが簡単なほか、長く愛用できるのが特徴です。

粒度はツマミを回すことで調節が可能。パウダー状の茶葉から粗挽きまで、好みの茶葉に仕上がります。性能がよく、コスパの高いお茶ミルを探している方におすすめです。

第6位 クラフトタナカ お茶ミル 一茶 TM-40

リーズナブルな価格が魅力の、手動タイプのお茶ミル。約40gの茶葉が挽けるので、粉末茶をストックしておきたい方や、こまめに挽くのが手間だと感じる方にもおすすめです。

0.5gの軽量スプーンがついているのも便利。レシピ集も付属しているので、ドリンクのほかに緑茶を使った料理も楽しめ、料理のレパートリーが広がります。お茶ミルの使い勝手を試してみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第7位 東京商工社 ポータブルお茶ミル Sururu(するる)

手が小さめの方でも持ちやすいコンパクトボディのお茶ミル。ハンドル部分は本体にすっきりと収まり、付属の収納袋に入れて気軽に持ち歩けます。

粉の飛び散りや、粉モレ防止に配慮されているのも嬉しいポイント。周囲を汚すことなく、直接コップに粉末茶を入れられます。紅茶やほうじ茶にも使えるので、その日の気分によって茶葉を変えることも可能です。

注ぎ口はペットボトルにも直接入れられるサイズのため、出先でも挽きたてのお茶が味わえるのもメリット。パステルカラーを基調とした外観もおしゃれなので、プレゼントにもおすすめです。

第8位 京セラ(KYOCERA) セラミックお茶ミル CM-50GT

石臼式のセラミック刃を採用し、きめの細かい粉末茶が挽けるお茶ミル。「粗さ調節ツマミ」を備えているので、簡単に好みの大きさの茶葉が挽けます。

ハンドルを本体にすっきりと収納できるのも嬉しいポイント。また、本体底が広がっており、床に置いた状態で安定して茶葉を挽けます。分解できてお手入れも簡単なので、初めてのお茶ミルにおすすめです。

第9位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) お茶ミル UW-3504

石臼状のセラミック刃を採用し、茶葉の香りと風味をそのまま楽しめるお茶ミル。刃は取り外して水洗いができるほか、サビにくいため、いつでも清潔に使えます。

一度に52gの茶葉が入るので、ストックを作って置いておきたい方にもおすすめ。粗さの調節もダイヤル操作で、自由に調節が可能です。

アウトドア部門の総合ブランドであるキャプテンスタッグからラインナップされているお茶ミル。自宅はもちろん、キャンプ先で挽きたてのお茶を楽しめる、おすすめのお茶ミルです。

第10位 浅田漆器工芸 お茶ミル あかね AS07-04-01

日本文化を感じられる漆器のお茶ミル。石川県加賀市に工房を構えており、伝統工芸職人によってひとつひとつ丁寧に作られています。

また、お茶ミルの棒で手のひらのツボをマッサージする使い方も可能。素材に天然木を採用しているため、取り扱いには注意が必要ですが、本格志向の方や、市販されている手動ミルでは物足りない方におすすめです。

お茶ミルのAmazonランキングをチェック

お茶ミルのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。