まな板のなかでも包丁が傷みにくいとされる「木製まな板」。カビや汚れが気になる場合もありますが、お手入れのコツさえしっかりとおさえておけば、快適に使えます。

そこで今回は、おすすめの木製まな板をピックアップ。採用されている木材の種類別にアイテムをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

木製まな板のメリット・デメリット

木製まな板のメリット

By: amazon.co.jp

木製まな板の最大のメリットは、包丁を使用したときの刃当たりがよいところ。木肌で刃先をソフトに受け止めるので刃こぼれしにくく、研いだあとの切れ味が長持ちします。

また、ヒノキ・桐・イチョウなどまな板に使用される木材によって、異なる香りが楽しめる点も特徴。食材を切る際の「トントントン」という心地よい音も、プラスチック製のまな板にはない魅力です。

木製まな板は使っているうちに少しずつ削れて凹んでくるものですが、表面を削り直して平らにすれば長く使えます。一般的にプラスチック系まな板の寿命は2年程度といわれていますが、木製まな板はお手入れ次第でそれ以上に長持ちさせることが可能です。

木製まな板のデメリット

By: amazon.co.jp

木製まな板のデメリットは、カビ・菌・ニオイが発生しやすい点。木材は水分を吸収しやすいので乾きにくく、使用後に洗わず濡れたまま放置しておくと、カビや菌が繁殖してしまいます。まな板を使用前に水で濡らしておくと、食材の水分などがまな板にしみ込みにくくなるのでおすすめです。

また、まな板の消毒には塩素系や酵素系の漂白剤を使う方が多いと思いますが、木製まな板はこれらの成分を吸収してしまう可能性があります。木製まな板の消毒は「熱湯消毒」が基本。汚れたまな板をまずは水で洗ってから、最後に熱湯をまわしかけるだけなので簡単です。

まな板に吸収された水分は、木の繊維に沿って抜けていくので、乾燥させるときは木材の繊維がタテになる向きでまな板を立てておくとより速く乾燥します。最近は食器乾燥機で使える木製まな板もあるので、チェックしてみてください。

木製まな板の選び方

木材の種類と特徴から選ぶ

ヒノキ

By: amazon.co.jp

木製まな板の素材として最もポピュラーなのがヒノキ。耐水性に優れているので、ほかの木材よりも乾燥が速く、カビや菌などが繁殖しにくいのが特徴です。また、ヒノキ特有の香りがまな板に付着した食材のニオイをカバーするなど、防臭・抗菌作用も期待できます。

刃当たりがやわらかく、お手入れも比較的容易なので、プロの料理人はもちろん木製まな板ビギナーの方にもおすすめ。ただし、最初はヒノキの香りが強いため、気になる方は水でさっと濡らしてから使うようにしましょう。ただし、ニオイに敏感な方やヒノキアレルギーの方は注意してください。

イチョウ

By: amazon.co.jp

イチョウは油分を多く含んでいるため、水はけがよい素材。乾きが速く、汚れやニオイも付きにくいので、まな板の素材として最適です。程よい弾力感で包丁をやわらかく受け止めるので、刃こぼれしにくいだけでなく、手や手首を傷めにくいのも魅力です。

ただし、抗菌作用などはないため、カビ・菌対策として使用後の熱湯消毒と乾燥をしっかり行う必要があります。また、イチョウは反りや歪みが出やすい木材なので、購入の際は厚みのあるまな板を選ぶようにしましょう。

By: amazon.co.jp

桐の魅力は、なんといっても「軽さ」。軽いのでまな板を洗ったり干したりする作業もラクに行えるほか、まな板の上の食材を直接鍋に入れる動きもスムーズにできます。また、水はけがよく乾きが速いので、カビ・菌が発生しにくい点も魅力。やわらかい木材なので包丁にもやさしく、表面に傷が付きにくい利点も備えています。

ただし、ほかの木材に比べて安定感がない点はデメリットです。たとえば、カボチャのように重くて軽い食材を押さえ付けて切るときに、まな板がずれてしまう場合があるので注意しましょう。

木目が均一で節(ふし)のないモノを選ぶ

同じ種類の木でも、丸太の木取り方法によって板のランクや性質は異なります。木製まな板に使用される板は主に「柾目(まさめ)」と「板目(いため)」です。年輪に対し直角に近い角度で木取りした「柾目」は、割れや節が少ない上材。年輪に対し並行に近い角度で木取りした「板目」は波型や山型の木目が現れるのが特徴です。

いずれにしても、木目が美しく均一なモノであれば水はけもよく長持ちします。なお、まな板表面に丸い節(ふし)があるモノは、水分が溜まりやすく、そこから腐朽してしまう場合もあるので注意が必要。木製まな板を選ぶ際は木目が均一であるか、また節の有無もチェックしましょう。

調理スペースに収まるサイズを選ぶ

まな板のサイズも使い勝手を左右する重要なポイントです。まな板はなるべく大きいサイズが理想的。小さなまな板では大きな食材を切る際に、食材がはみ出してしまったり不安定だったりと、使い勝手がよくありません。

とはいえ、あまりにも大きすぎると調理スペースに収まらないほか、調理後の片付けにもストレスを感じます。調理スペースの横幅が狭い場合は、シンクの縦幅に渡せるサイズが便利です。

正方形のまな板なら、少量の食材で十分な1人暮らしのキッチンにも最適。調理スペースの広さに合わせて、サイズを選びましょう。

長く使える一枚板がおすすめ

木製まな板には、木をそのまま切り出した「一枚板」と、複数枚の板をつなぎ合わせた「合板」があります。木製まな板の長所である耐久性という面から考慮すると、やはり一枚板がおすすめです。

板は湿度を自然にコントロールし、伸縮を繰り返す性質があります。一枚板は、途中で繊維が断ち切られていないため、反りにくいのが特徴です。一方、合板は接合部分に水分が入り込みやすく、そこからカビが繁殖したり、腐朽したりすることもあります。

木製まな板のおすすめ|ヒノキ

ダイワ産業 ひのきまな板 スタンド付き 39cm

ダイワ産業 ひのきまな板 スタンド付き 39cm

熱風や熱湯に強い反り防止加工が施されているため、食洗機で洗えるヒノキの木製まな板です。乾ききらずに黒ずみやすい側面がウレタン樹脂加工されているため、防カビ効果が期待できます。

厚みが1.3cmと薄型で、大きなサイズでも重さが軽減されて取り扱いやすいのが特徴です。また、まな板の隅にネジで固定された木片を回すだけで、まな板スタンドになるのがポイント。21~39cmまでサイズ展開があるので、調理スペースの広さや食洗機に収まるサイズなどを考慮して使い勝手のよいモノを選んでみてください。

ウメザワ 東濃ひのきまな板

ウメザワ 東濃ひのきまな板

全国屈指のヒノキの産地である、岐阜県産の上質な「東濃ヒノキ」を使用した木製まな板です。ナチュラルで美しい色合いは、東濃ヒノキだけが持つ特徴。ほかの産地のヒノキと比べて油分を多く含んでいるため、水はけがよく乾きが早いのもポイントです。

厚みが1.5cmと薄くて軽いので、まな板を洗ったり干したりする動作もストレスなく行えます。沿ってしまった場合は蒸らした布で覆い、重石をして一晩置いておくと平らに戻すことが可能です。

土佐龍 まな板 土佐きよら 一枚板 M

土佐龍 まな板 土佐きよら 一枚板 M

樹齢100年以上の「四万十ヒノキ」の一枚板を使用して作られた木製まな板です。木目がきれいなことから「きよら」と名付けられています。四万十ひのきは油分が多いため、水切れがよく耐久性があるのが特徴。細菌の繁殖を抑えるといわれるヤニを多く含んでおり清潔に長く愛用できます。

ヒノキ特有の香りが楽しめるのも魅力。また、ステンレス製の取っ手は洗うときやまな板から鍋に食材を移すときに役立ちます。フックに掛けることもでき、スペースを生かして収納可能です。

土佐龍 まな板 土佐きよら 弧 L

土佐龍 まな板 土佐きよら 弧 L

「四万十ヒノキ」を使用した、木目がきれいな「きよら」シリーズの製品です。厚さ0.8cmの薄型で軽く、取り扱いやすいのが特徴。両サイドにサクラ材を使用することで反りを防いでいます。

色みが違う素材の組み合わせと形でデザイン性を高めたスタイリッシュな見た目が魅力。近代的なシステムキッチンにも馴染みます。まな板スタンドが付属しているため水切りに便利で、収納時にスマートなのもポイントです。

kicoriya 国産ヒノキまな板

kicoriya 国産ヒノキまな板

高級国産ヒノキの一枚板を使用した木製まな板です。約3cm厚みがあるため反りにくいうえ、どっしりとした重みがあり、安定して作業できるのがポイント。

表面の滑りにくさも特徴のため、カボチャなどの固い食材や滑りやすい魚なども切りやすいのが魅力です。洗っても落ちにくい汚れは、付属のサンドペーパーでサッと磨いて削り取ることが可能。作業面の美しい状態が長持ちするので、いつでも気持ちよく使えます。

栗原はるみ 木製丸まな板 (大) スタンド式

栗原はるみ 木製丸まな板 (大) スタンド式

料理家の栗原はるみ氏がプロデュースした直径35cmの木製まな板です。本体には「四万十ヒノキ」、スタンド部分には「サクラ材」を使用。丸型は作業面に奥行きがあり広く使えるため、みじん切りなどで切ったモノが周囲に落ちにくいのが魅力。回しながら使うことで、切ったモノを乗せたまま次の食材を切れます。

フックに掛けられる丸穴と、まな板と一体化したスタンド付き。立てて乾かしたり、吊り下げて収納したり、スペースに合わせて自由な使い方ができます。

木製まな板のおすすめ|イチョウ

かたじ屋(katajiya) いちょう無垢一枚物 まな板 Mサイズ

かたじ屋(katajiya) いちょう無垢一枚物 まな板 Mサイズ

国産のイチョウ無垢材を使用した木製まな板です。群馬県の山あいにある工房で、ハンドメイド加工されています。量産せずに一枚一枚丁寧に作られているため、エッジ部分の面取りなど細かいところまで行き届いた品質のよさが特徴です。

油分を多く含むため水はけがよいのが特徴。大切に手入れし風合いを楽しみながら、長持ちさせたい名品です。

双葉商店 イチョウまな板 23

双葉商店 イチョウまな板 23

福井県で昭和21年に創業し、イチョウ材専門店としてさまざまな調理器具を製造している双葉商店の木製まな板です。素材には越前の山奥から切り出されたイチョウが使用されています。

水はけがよいうえに、弾力がある材質で調理する際の腕や包丁に負担がかからないのが特徴。きちんとした手入れが必要ですが、独特の刃当たりは評価が高く、料理好きな方におすすめです。まな板の表と裏にそれぞれ野菜と魚のマークが焼印されているので、使い分けの目印になります。

木製まな板のおすすめ|桐

藤次郎 桐まな板 スクエア F-349

藤次郎 桐まな板 スクエア F-349

スクエア型がおしゃれな桐製の木製まな板。35×33cmの大きなサイズにもかかわらず、桐素材のため軽量で扱いやすいのがポイントです。

まな板を出し入れしたり、洗ったり、切った食材を直接鍋に入れたりといった一連の作業をストレスなくスムーズに進められるのでおすすめ。水はけがよく乾きが早いため、清潔に保てます。

カクセー(Kakusee) 中村孝明 桐のまな板 L NKL-11

カクセー 中村孝明 桐のまな板 L NKL-11

料理人の中村孝明がプロデュースした、桐の木製まな板です。価格が安いので手に入れやすく、桐のまな板を試してみたい方におすすめ。横の長さのわりに奥行きが短いタイプなので、キッチン台の奥のほうを作業スペースとして広く空けておきたい方にもぴったりです。

桐の最大の魅力は軽さですが、そのほかにも水はけのよさや素材のやわらかさが挙げられます。カビや菌が発生しにくく衛生的で、包丁にやさしく長持ちするのがポイント。軽い分、安定感に欠けることがあるので、硬いモノや滑りやすいモノを切るときには注意が必要です。

木製まな板のおすすめ|その他

前川榧碁盤店 榧(かや)のまな板 角丸 大

前川榧碁盤店 榧(かや)のまな板 角丸 大

カヤを使用した碁盤や将棋盤を製造するメーカーが作る木製まな板です。樹齢200年以上にもなる天然カヤの一枚板を使用し、職人が手作りした名品です。

カヤはきめが細かく、ほどよい硬さで弾力があるため、包丁の入り具合がよいのが特徴。まな板素材としては珍しいので、プレゼントにもおすすめです。

健美クラブ 青森ヒバ まな板 NCB-L

健美クラブ 青森ヒバ まな板 NCB-L

「青森ヒバ」の一枚板を丁寧に研磨して仕上げたまな板。水に強いことに加え、カビや菌に対して抗菌性があるため、衛生的に使えます。木肌のキメが細かいので見た目の美しさが楽しめることも魅力です。

ヒバ油の油分を多く含むので、水はけがよく汚れが落ちやすいのもポイント。表面に付いた傷はヤスリで磨くとキレイな状態に戻せるので、長く愛用できます。

HOLYMOOD 竹製まな板 ミニサイズ ZB2808

HOLYMOOD 竹製まな板 ミニサイズ ZB2808

竹素材を使用した木製まな板です。水をはじく性質があるため乾きやすく、汚れが落ちやすいのが魅力。軽い素材で扱いやすいため、食材をそのまま鍋に入れる際に便利です。

キャンプやバーベキューなどアウトドアでの持ち運びにも最適。狭いキッチンスペースでの使用にも向いているので、一人暮らし用の調理器具としてもおすすめです。