まな板のなかでも包丁に優しいと評判の「木製まな板」。カビや汚れが気になる場合もありますが、お手入れのコツさえしっかりとおさえておけば、快適に使い続けることができます。

そこで今回は、おすすめの木製まな板をピックアップ。採用されている木材の種類別にアイテムをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

木製まな板のメリット・デメリット

木製まな板のメリット

By: amazon.co.jp

木製まな板の最大のメリットは、包丁を使用したときの刃当たりがよいところ。木肌で刃先をソフトに受け止めるので刃こぼれしにくく、研いだあとの切れ味が長持ちします。

また、ヒノキ・桐・イチョウなどまな板に使用される木材によって、異なる香りが楽しめる点も特徴。食材を切る際の「トントントン」という心地よい音も、プラスチック系のまな板にはない魅力です。

木製まな板は使っているうちに少しずつ削れて凹んでくるものですが、表面を削り直して平らにすれば長く使えます。一般的にプラスチック系まな板の寿命は2年程度といわれていますが、木製まな板はお手入れ次第でそれ以上に長持ちさせることが可能です。

木製まな板のデメリット

By: amazon.co.jp

木製まな板のデメリットは、カビ・菌・ニオイが発生しやすい点。木材は水分を吸収しやすいので乾きにくく、使用後に洗わず濡れたまま放置しておくと、カビや菌が繁殖してしまいます。まな板を使用前に水で濡らしておくと、食材の水分などがまな板にしみ込みにくくなるのでおすすめです。

また、まな板の消毒には塩素系や酵素系の漂白剤を使う方が多いと思いますが、木製まな板はこれらの成分を吸収してしまう可能性があります。木製まな板の消毒は、「熱湯消毒」が基本。汚れたまな板をまずは水で洗ってから、最後に熱湯をまわしかけるだけなので簡単です。

まな板に吸収された水分は、木の繊維に沿って抜けていくので、乾燥させるときは木材の繊維がタテになる向きでまな板を立てておくとより速く乾燥させられます。最近は食器乾燥機で使える木製まな板もあるので、使い勝手に合わせて選んでください。

木製まな板の選び方

木材の種類と特徴から選ぶ

ヒノキ

By: amazon.co.jp

木製まな板の素材として最もポピュラーなのがヒノキ。耐水性に優れているので、ほかの木材よりも乾燥が速く、カビ・菌などが繁殖しにくいのが特徴です。また、ヒノキ特有の香りがまな板に付着した食材のニオイをカバーするなど、防臭・抗菌作用も期待できます。

刃当たりがやわらかく、お手入れも比較的容易なので、プロの料理人はもちろん木製まな板ビギナーの方にもおすすめ。ただし、最初はヒノキのにおいが強いため、においに敏感な方やヒノキアレルギーの方は注意してください。

イチョウ

By: amazon.co.jp

イチョウは油分を多く含んでいるため、水はけがよい素材。乾きが速く、汚れやにおいも付きにくいので、まな板の素材として最適です。程よい弾力感で包丁をやわらかく受け止めるので、刃こぼれしにくいだけでなく、手や手首を傷めにくいのも魅力です。

ただし、抗菌作用などはないため、カビ・菌対策として使用後の熱湯消毒と乾燥をしっかり行う必要があります。また、イチョウは反りや歪みが出やすい木材なので、購入の際は厚みのあるまな板を選ぶようにしましょう。

By: amazon.co.jp

桐の魅力は、なんといってもその「軽さ」。軽いのでまな板を洗ったり干したりする作業もラクに行えるほか、まな板の上の食材を直接鍋に入れる動きもスムーズにできます。また、水はけがよく乾きが速いので、カビ・菌が発生しにくい点も魅力。やわらかい木材なので包丁にもやさしく、表面に傷がつきにくいという利点も備えています。

ただし、ほかの木材に比べて安定感がない点はデメリットです。たとえば、カボチャのように重くて軽い食材を押さえつけて切るときに、まな板がずれてしまう場合があるので注意しましょう。

木目が均一で節(ふし)のないモノを選ぶ

同じ種類の木でも、丸太の木取り方法によって板のランクや性質は異なります。木製まな板に使用される板は主に「柾目(まさめ)」と「板目(いため)」です。年輪に対し直角に近い角度で木取りした「柾目」は、割れや節が少ない上材。年輪に対し並行に近い角度で木取りした「板目」は波型や山型の木目が現れるのが特徴です。

いずれにしても、木目が美しく均一なものであれば水はけもよく長持ちします。なお、まな板表面に丸い節(ふし)があるモノは、水分が溜まりやすく、そこから腐朽してしまう場合もあります。木製まな板を選ぶ際は、木目が均一であるか、また節の有無もチェックしましょう。

調理スペースに収まるサイズを選ぶ

まな板のサイズも使い勝手を左右する重要なポイントです。まな板はなるべく大きいサイズが理想的。小さなまな板では大きな食材を切る際に、食材がはみ出してしまったり不安定だったりと、使い勝手がよくありません。

とはいえ、あまりにも大きすぎると調理スペースに収まらないほか、調理後の片付けにもストレスを感じます。調理スペースの横幅が狭い場合は、シンクの縦幅に渡せるサイズが便利です。

正方形のまな板なら、少量の食材で十分な1人暮らしのキッチンにも最適。調理スペースの広さに合わせて、サイズを選びましょう。

長く使える一枚板がおすすめ

木製まな板には、木をそのまま切り出した「一枚板」と、複数枚の板をつなぎ合わせた「合板」があります。木製まな板の長所である耐久性という面から考慮すると、やはり一枚板がおすすめです。

板は湿度を自然にコントロールし、伸縮を繰り返す性質があります。一枚板は、途中で繊維が断ち切られていないため、反りにくいのが特徴です。一方、合板は接合部分に水分が入り込みやすく、そこからカビが繁殖したり、腐朽したりすることもあります。

木製まな板のおすすめ

土佐龍 調理用まな板 AZA-040

土佐龍 調理用まな板 AZA-040

樹齢70~80年の国産ヒノキを使用した、一枚板のまな板です。高知県の清流・四万十川流域で育つ四万十ヒノキは、油分が多く水切れがよいのが特徴。カビや菌が繁殖するリスクを抑えられます。また、抗菌・抗カビ・殺菌作用も期待できるので、木製まな板初心者にもおすすめです。

さらに、刃当たりもよく、包丁の切れ味が長持ちする点も魅力です。まな板側面の木口部分には、口に入れても安心なポリマーコーティングを施し、黒ずみによる劣化を防止。年月を経ても清潔感あふれる見た目を保てます。まな板を自立させられるスタンドは、乾燥や収納に便利です。

ダイワ産業(Daiwasangyo) ひのきまな板 4150232

ダイワ産業(Daiwasangyo) ひのきまな板 4150232

食器洗い乾燥機に対応している、ヒノキ素材の木製まな板。厚さ1.3cmと薄型ですが、反りを防止する加工が施されているので、熱風や熱湯にさらしても変形したり歪んだりすることがありません。木製まな板に憧れているけど、お手入れに自信がないという方にもおすすめです。

黒ずみが出やすいまな板の側面部分は、ウレタン樹脂塗装で加工。乾きを早められ、カビや黒ずみの発生を低減できます。また、まな板の片面だけにシンプルな焼き印を入れているので、表裏の使い分けも簡単です。まな板の一部分をまわすとスタンドになる仕様なので、乾燥時や収納時にまな板を自立させることができます。

藤次郎 桐まな板 スクエア F-349

藤次郎 桐まな板 スクエア F-349

世界的な包丁メーカー「藤次郎」が作った、桐のまな板です。日本産にこだわり、新潟県加茂市の桐を材料に使用しています。軽いので女性でも扱いやすいのが特徴。また、水分を吸収しにくいので、乾きが速く、カビ・菌・黒ずみが発生しにくいという利点も備えています。

桐は柔軟性・弾力性に優れているので、包丁にもやさしい素材。小さな傷なら復元できる性質があり、長く使っても比較的キレイな見た目を保てます。また、本製品は350×330×20mmの使いやすいスクエアタイプ。狭いキッチンでも便利に使え、サブのまな板としてもおすすめです。

ひのきまな板の美吉野キッチン ひのきまな板 manaita500270

ひのきまな板の美吉野キッチン ひのきまな板 manaita500270

ヒノキまな板の専門店が作った、ビッグサイズのまな板です。国産ヒノキの一大産地である奈良県・吉野でも、まな板に使えるほどの大きな一枚板がとれる原木は大変貴重。本製品は500×270×30mmと大きいので、大量の食材や大きな魚をさばくのにもおすすめです。

ヒノキは寺社仏閣の構造材としても使われるほど丈夫な木材ですが、表面は適度なやわらかさがあるので、包丁の刃先をソフトに受け止めます。また、ヒノキ特有の香りが、魚臭さなど食材のニオイをカバーしてくれる点も魅力です。

天然木を用いているので、お手入れを怠ると黒ずみ・反りが出る可能性があるので注意が必要。刃当たりのよさと見た目の美しさを実感できる1枚です。

池川木材 まな板 ひのき 4901851212368

池川木材 まな板 ひのき 4901851212368

軽くて使いやすい、厚さ1.5cmの薄型ヒノキまな板。軽いので出し入れがしやすく、洗う作業もラクに行えるので日常使いにおすすめです。使用している木材は、天然の抗菌効果があるといわれている高知県産の国産ヒノキ。

表裏の使い分けがしやすいよう、まな板の片面には「Fish & Meat(魚肉)」、もう片面には「Vegetables(野菜)」の焼き印が入っています。本製品は48×29cmのLサイズですが、ほかにもS・Mサイズも展開しているので、キッチンの広さや使い勝手に合わせて最適なまな板を選べます。

貝印 まな板 AP5220

貝印 まな板 AP5220

刃物を中心にさまざまな調理用品を開発しているメーカー「貝印」の木製まな板。天然のヒノキ複数枚を圧縮して接着した合板なので、一枚板より反りにくいという利点があります。

やわらかい木肌が包丁の刃先をソフトに受け止めるので、刃が傷みにくいのも特徴。包丁を研ぐ回数を減らせる上、包丁自体も長持ちさせられます。また、食材が滑りにくいので、切る作業もスムーズです。側面部分には樹脂加工を施しており、水分をしみ込みにくく、乾燥を速めるので、黒ずみの発生を低減できます。

双葉商店 いちょうのまな板 1200008000af0079s

双葉商店 いちょうのまな板 1200008000af0079s

「双葉商店」は明治21年に福井県で創業した、日本で唯一のイチョウ材専門店。イチョウの特性を知り尽くした双葉商店の木製まな板は、越前の雪深い山奥から切り出されたイチョウの木を使い、職人が1枚1枚手仕事で作っています。自然のままの木目や色合いを生かしたイチョウの一枚板が魅力です。

表面に「茄子」と「魚」のイラストが焼き印で入っているので、まな板の両面を野菜と肉魚で使い分けることができます。サイズはヨコ42×タテ24×厚さ3cmで、メインのまな板として使いやすい大きさ。価格は少々高めですが、使用後にしっかり乾燥させれば何年も使うことができるのでおすすめです。別売りで専用のまな板立ても販売されています。

セラストーン(CeraStone) カッティングボード CSKRWCBL

セラストーン(CeraStone) カッティングボード CSKRWCBL

おしゃれなデザインの木製まな板を探している方におすすめ。ニューヨーク発の調理器具ブランド「セラストーン」と、大分県の桐製品職人がコラボした桐のまな板です。ニューヨーカーのライフスタイルにマッチするデザインをコンセプトに、職人が1枚1枚ていねいに手作りで仕上げています。

デザイン性の高さだけでなく、桐製まな板ならではの軽さも魅力。抗菌作用に優れ、乾燥も速いので衛生的に使えます。やわらかい木肌は刃当たりがいいので、包丁を傷めにくい点もポイント。日常使いにはもちろん、ギフトアイテムとしてもおすすめのまな板です。