まな板のなかでも包丁が傷みにくいとされる「木製まな板」。カビや汚れが気になる場合もありますが、お手入れのコツさえしっかりとおさえておけば、快適に使えます。

そこで今回は、おすすめの木製まな板をピックアップ。採用されている木材の種類別にアイテムをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

木製まな板のメリット・デメリット

木製まな板のメリット

By: amazon.co.jp

木製まな板の最大のメリットは、包丁を使用したときの刃当たりがよいところ。木肌で刃先をソフトに受け止めるので刃こぼれしにくく、研いだあとの切れ味が長持ちします。

また、ヒノキ・桐・イチョウなどまな板に使用される木材によって、異なる香りが楽しめる点も特徴。食材を切る際の心地よい音も、プラスチック製のまな板にはない魅力です。

木製まな板は使っているうちに少しずつ削れて凹んでくるものですが、表面を削り直して平らにすれば長く使えます。一般的にプラスチック系まな板の寿命は2年程度といわれていますが、木製まな板はお手入れ次第でそれ以上に長持ちさせることが可能です。

木製まな板のデメリット

By: amazon.co.jp

木製まな板のデメリットは、カビ・菌・ニオイが発生しやすい点。木材は水分を吸収しやすいので乾きにくく、使用後に洗わず濡れたまま放置しておくと、カビや菌が繁殖してしまいます。まな板を使用前に水で濡らしておくと、食材の水分などがまな板にしみ込みにくくなるのでおすすめです。

また、まな板の消毒には塩素系や酵素系の漂白剤を使う方は多くいますが、木製まな板はこれらの成分を吸収してしまう可能性があります。木製まな板の消毒は「熱湯消毒」が基本。汚れたまな板をまずは水で洗ってから、最後に熱湯を回しかけるだけなので簡単です。

まな板に吸収された水分は、木の繊維に沿って抜けていくので、乾燥させるときは木材の繊維がタテになる向きでまな板を立てておくとより速く乾燥します。最近は食器乾燥機で使える木製まな板もあるので、チェックしてみてください。

木製まな板の選び方

木材の種類と特徴から選ぶ

ヒノキ

By: amazon.co.jp

木製まな板の素材として最もポピュラーなのがヒノキ。耐水性に優れているので、ほかの木材よりも乾燥が速く、カビや菌などが繁殖しにくいのが特徴です。また、ヒノキ特有の香りがまな板に付着した食材のニオイをカバーするなど、防臭・抗菌作用も期待できます。

刃当たりがやわらかく、お手入れも比較的容易なので、プロの料理人はもちろん料理初心者の方にもおすすめ。最初はヒノキの香りが強いため、気になる方は水でさっと濡らしてから使うようにしましょう。ただし、ニオイに敏感な方やヒノキアレルギーの方は注意してください。

イチョウ

By: amazon.co.jp

イチョウは油分を多く含んでいるため、水はけがよい素材。乾きが速く、汚れやニオイも付きにくいので、まな板の素材に適しています。程よい弾力感で包丁をやわらかく受け止めるので、刃こぼれしにくいだけでなく、手や手首を傷めにくいのも魅力です。

ただし、抗菌作用などはないため、カビ・菌対策として使用後の熱湯消毒と乾燥をしっかり行う必要があります。また、イチョウは反りや歪みが出やすい木材なので、購入の際は厚みのあるまな板を選ぶようにしましょう。

By: rakuten.co.jp

桐の魅力は、なんといっても「軽さ」。軽いのでまな板を洗ったり干したりする作業もラクに行えるほか、まな板の上の食材を直接鍋に入れる動きもスムーズにできます。また、水はけがよく乾きが速いので、カビ・菌が発生しにくい点も魅力。やわらかい木材なので包丁にもやさしく、表面に傷が付きにくい利点も備えています。

ただし、ほかの木材に比べて安定感がない点はデメリットです。カボチャのように重くて軽い食材を押さえ付けて切るときに、まな板がずれてしまう場合があるので注意しましょう。

青森ヒバ

By: amazon.co.jp

青森ヒバは「ヒノキチオール」という抗菌成分を豊富に含んでいます。ヒノキチオールは、カビや雑菌を抑える力を備えており、青森ヒバのまな板は、清潔な状態を保ちやすいのが特徴。耐久性・耐水性・耐腐性に優れているので、実用性の高さが魅力です。

ただし、青森ヒバはヒノキなどと比べて希少な木材。そのぶん値段が高くついてしまうので、その点は留意しましょう。

木目が均一で節(ふし)のないモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

同じ種類の木でも、丸太の木取り方法によって板のランクや性質は異なります。木製まな板に使用される板は主に「柾目(まさめ)」と「板目(いため)」です。年輪に対し直角に近い角度で木取りした「柾目」は、割れや節が少ない上材。年輪に対し並行に近い角度で木取りした「板目」は波型や山型の木目が現れるのが特徴です。

いずれにしても、木目が美しく均一なモノであれば水はけもよく長持ちします。なお、まな板表面に丸い節(ふし)があるモノは、水分が溜まりやすく、そこから腐朽してしまう場合もあるので注意が必要。木製まな板を選ぶ際は木目が均一であるか、また節の有無もチェックしましょう。

調理スペースに収まるサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

まな板のサイズも使い勝手を左右する重要なポイントです。まな板はなるべく大きいサイズが理想的。小さなまな板では大きな食材を切る際に、食材がはみ出してしまったり不安定だったりと、使い勝手がよくありません。

とはいえ、あまりにも大きすぎると調理スペースに収まらないほか、調理後の片付けにもストレスを感じます。調理スペースの横幅が狭い場合は、シンクの縦幅に渡せるサイズが便利です。調理スペースの広さに合わせて、サイズを選びましょう。

長く使える一枚板がおすすめ

By: amazon.co.jp

木製まな板には、木をそのまま切り出した「一枚板」と、複数枚の板をつなぎ合わせた「合板」があります。木製まな板の長所である物持ちのよさという面から考慮すると、やはり一枚板がおすすめです。

板は湿度を自然にコントロールし、伸縮を繰り返す性質があります。一枚板は、途中で繊維が断ち切られていないため、反りにくいのが特徴です。ただし、板目の場合は、表と裏で収縮率が異なるため反りやすいため注意しましょう。

一方、合板は木を圧縮して接着しているため反りにくいのがメリット。ただし、接合部分に水分が入り込みやすく、そこからカビが繁殖したり、腐朽したりすることもあるため注意が必要です。

木製まな板のおすすめ|ヒノキ

無印良品 ひのき調理板 薄型

シンプルながら衛生的で使いやすいアイテム

シンプルなヒノキのまな板です。サイズは、約36×24×1.5cm。軽くて薄いのが特徴で、取り扱いやすく、使い勝手に優れています。

水はけがよく、すぐに乾くので、衛生面でも安心。サイズは大小の2サイズがラインナップされています。シンプルなモノが欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。

貝印 関孫六 桧 まな板

食材をカットしやすく包丁を痛めにくいまな板

刃当たりが優しく、包丁の刃が傷みにくいまな板です。本体サイズは、45×30cm。厚みが2cmあり、安定感に優れているのが特徴です。食材が滑りにくく、きれいにカットできます。

側面に樹脂加工が施されてあり、速乾性があるほか、雑菌や黒ずみを抑えられるのも嬉しいポイント。シンプルで、使い勝手に優れたヒノキのまな板を探している方におすすめです。

池川木材工業 桧 薄型まな板

食品によって使い分けしやすいまな板

厚さが約15mmと、薄くて軽いまな板。まな板から切った食材を直接鍋に入れたり、料理の合間にさっと洗ったり、取り扱いやすいのが特徴です。

高知県産のヒノキで作られており、高品質。まな板の両面には、「魚・肉」と「野菜」のイラストが焼き印されているので、衛生的に使用できるのもポイントです。

価格もリーズナブルで、初めての木製まな板におすすめ。S~Lサイズまでラインナップされているので、調理スペースなどを考慮して使い勝手のよいモノを選んでみてください。

ダイワ産業 ヒノキまな板 スタンド付き

反りやゆがみが出にくいまな板

食洗機に対応したヒノキのまな板。側面に独自の加工技術を施しているため、黒ずみやカビが発生しにくいのが特徴です。

反り防止加工も施されているので、反りやゆがみが出にくいのも嬉しいポイント。付属のスタンドを使うと自立し、乾かすときや収納の際に便利です。

サイズは、30×18×1.3cm。重さが352gと軽量で、取り扱いやすいのもメリットです。食洗機に対応している木製のまな板を探している方は、ぜひ検討してみてください。

パワーオブザウッド(Power of the Wood) 国産一枚板 ヒノキのまな板 A型

厚みがあり、安定感に優れた一枚板のまな板

国産のヒノキの木から切り出した、一枚板のまな板です。サイズは、42×23×3cm。厚みがあり、安定感に優れているため、食材がカットしやすいのが特徴。刃当たりが優しく、包丁が長持ちしやすいです。

一枚板を採用しながらも、良心的な価格も魅力。シンプルで、重厚感のある一枚板の木製まな板を探している方におすすめです。

イーオクト(e.oct) 四万十ひのきのまな板スタンド式

水をはじく性質があり、速乾性に優れたまな板

油脂分が豊富な、高知県四万十川流域のヒノキで作られたまな板です。水をはじく性質があるので、速乾性に優れており、高い抗菌・抗カビ効果を期待できるのが特徴。包丁の当たりを柔らかく吸収するので、切れ味がよく、包丁が傷みにくいのもポイントです。

黒ずみが発生しやすい箇所に、防水加工が施してあるほか、スタンドとビス付きで、地面から浮かせた状態で乾かせるのもメリット。便利なフック付きのため、収納スペースもとりません。

サイズは22×13×1.5cm、重さが200gと軽量なのも魅力。軽くてコンパクトな木製まな板を探している方におすすめです。

木製まな板のおすすめ|イチョウ

双葉商店 イチョウまな板

本格仕様のまな板を探している方におすすめ

福井県にあるイチョウ材の老舗専門店、双葉商店のまな板。素材には、越前の山奥から切り出されたイチョウを使用しています。

油分を含み水はけがよく、速乾性に優れているほか、匂いや色がつきにくいのが特徴。適度な弾力があるので包丁の刃を傷めにくく、腕に負担がかかりにくいのもポイントです。

まな板の裏に刻印されている魚と野菜のマークは、使い分けるときに便利。料理好きな方や、本格仕様のまな板を探している方におすすめです。サイズは、21×12×2cmの小サイズ。サイズ違いで中、大サイズがラインナップされています。

かたじ屋(katajiya) イチョウ無垢一枚物 まな板

手作りによるこだわりが感じられる木製まな板

国産のイチョウ無垢一枚板を使用したまな板です。群馬県にある工房で、熟練の技を持つ職人がひとつひとつ、丁寧に作っています。

エッジ部分は大きめの面取り加工が施されており、手作りによるこだわりが感じられるアイテム。水はけがよくお手入れが簡単なほか、柔らかい刃当たりで包丁も長く使えます。

サイズは、45×27×3cmの大型サイズ。料理が好きな方や、本格仕様の木製まな板を探している方におすすめです。

ウッドペッカー(woodpecker) いちょうの木のまな板

ユニークな形がおしゃれなまな板。国産イチョウの一枚板を使用したアイテムです。野菜を切ったりするのはもちろん、チーズやパンを切ってそのままテーブルにサーブしたり、さまざまな使い方ができます。

柔らかく弾力があるため、使い心地も良好。「トントン」という心地よい音とともに、毎日の料理が楽しめます。また、水はけがよく乾きが速いため、お手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

長時間使っても腕の負担が軽く、一度使うと手放せないアイテム。プレゼントにもおすすめの木製まな板です。

木製まな板のおすすめ|桐

カクセー(Kakusee) 中村孝明 桐のまな板

料理人の中村孝明氏とのコラボにより生まれた桐のまな板です。サイズは、42.3×23.5×2cm。桐を使用しているため重さ560gと軽く、扱いやすいのが特徴です。

適度な柔らかさがあるので、刃やまな板の表面に傷がつきにくいのもポイント。また、乾きが早く雑菌が繁殖しにくいため、いつでも衛生的に使えるのもメリットです。

リーズナブルな価格も魅力。木製まな板の使い心地を試してみたい方におすすめです。

ホクリク総業(Hoxo) 桐子モダン まな板

伝統的工芸品の桐たんすで有名な町、新潟県加茂市で作られているまな板。桐の無垢材を使い、ひとつひとつ職人の手によって丁寧に仕上げられています。

刃当たりが優しく、ソフトな使い心地が特徴。軽く取り扱いが簡単なうえに、速乾性と防虫・抗菌効果も期待できます。よい柾目の部分を集めた「巾はぎ」という方法で作られており、美しい木目も魅力。また、角が丸く仕上げられており、柔らかな手触りもポイントです。上質な桐のまな板を探している方は、ぜひ検討してみてください。

藤次郎 桐まな板 テーブルサイズ

27×19×2cmとコンパクトサイズのまな板です。重さも285gと軽く、扱いやすいのが特徴。食材を切ってそのまま鍋に入れる、といった一連の流れをスムーズに行えます。

水はけがよいので黒ずみや雑菌が発生しにくく、清潔に保てるのが特徴。また、弾力性に富んでいるため、刃当たりが優しく、腕や肩への負担が少ないのも嬉しいポイントです。

軽量コンパクトな木製まな板を探している方はチェックしてみてください。

木製まな板のおすすめ|青森ヒバ

ウメザワ 木製まな板 青森ひば

ヒバに含まれているヒノキチオールの作用により、抗菌効果が期待できるまな板。防虫効果のほかに、消臭効果も備えているので、衛生的に使用できるのが特徴です。

水はけもよくすぐに乾き、カビが発生しにくいのもメリット。約40×22×1.8cmで、使い勝手に優れたサイズ感です。質がよく、長く愛用できる木製まな板を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ワンドリーム(ONE DREAM) 青森天然ヒバ まな板

青森天然ヒバの一枚板を使ったまな板です。サイズは36×24.5cm×3cm。厚みがあるので、安定感に優れているほか、表面に傷が目立ってきたら紙ヤスリなどで磨くことで、長く愛用できます。

優れた抗菌作用を持ち、カビや雑菌を抑えて衛生的な状態を保てるのもメリット。水はけがよく、汚れもさっと落とせるので、毎日のお手入れが簡単なのも魅力です。

角には丁寧にトリミング処理が施されています。青森ヒバを使った一枚板のまな板を探している方におすすめです。

梅沢木材工芸社 青森ひば丸型まな板

青森ヒバの柾目板を使ったまな板。便利な円形で、コンパクトでキッチンが広く使えるほか、回転しながら使うことで、薬味などのさまざまな食材を一度にカット可能です。

まな板として使うのはもちろん、食材を切ってそのままオードブルとしてテーブルに出したり、お皿として活用したり、さまざまなシーンでマルチに活躍します。また、底辺は直線なので、立てて置けるのも便利なポイント。丸いデザインは台所に置くだけでもかわいらしく、キッチンインテリアを楽しめます。

サイズは、直径約35×厚さ2cm。使い勝手に優れた円形のまな板を探している方におすすめです。

木曽工芸 ヒバまな板

サイズが48×26×3cmと大型の木製まな板。シンクに渡して使え、キッチンが狭い方におすすめのアイテムです。

両側に丸い棒の板が付いており、安定感がありながらも、まな板を浮かせて利用できるのが特徴。まな板の裏側が汚れないため、洗わなくても裏返してそのまま食材をカットできます。使い勝手に優れた木製まな板を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

木製まな板のおすすめ|その他

Boumbi 香りのクスノキのまな板

熊本県のくすの木を使用したまな板。木目が美しく、まな板として活用するのはもちろん、お皿としてそのままサーブしたり、キッチンにさりげなく置いたりしてもおしゃれなアイテムです。

本体の表面はオイル仕上げで、水はけがよく、耐腐性に優れているのが特徴。くすの木の一枚板を使用しているため、長く愛用できるのも嬉しいポイントです。

角側が丸く研磨されており、柔らかな曲線を帯びたフォルムも魅力。おしゃれな木製まな板を探している方におすすめです。

ケヴンハウン(KEVNHAUN) カッティングボード&モーニングトレイ

アカシア材のボード部分に、鉄製の取手が付いたおしゃれな木製まな板です。サイズは、18.8×35×2cmとコンパクト。まな板として使用するほか、ワンプレートトレイにしてもちょうどよいサイズ感で、家族やカップルで購入して食事を楽しむのもおすすめです。

アカシア材は、強度が強く、反りにくいのが特徴。軽くて衝撃にも強いので、子供でも気軽に使えます。コンパクトな木製まな板を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

トラモンティーナ(Tramontina) 木製まな板

美しい木目がおしゃれなまな板。素材は、軽くて耐久性を持つチーク材を使用しています。亀裂や反りにも強く、長く愛用できるアイテムです。

まな板には、独自開発の抗菌加工が施されているため、雑菌やカビが繁殖しにくいのが特徴。さらに、表面はミネラルオイル保湿コーティングが採用されているので、速乾性に優れているほか、汚れが落ちやすく、毎日のお手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

サイズは、28×19×1.8cm。優れた耐火性も備えているので、室内だけでなくアウトドアシーンでも利用できます。抗菌作用が高く、きれいな状態でまな板を使いたい方におすすめです。

スカイライト(SKY LIGHT) 天然竹製 木製まな板

厳選した高山竹を使用したまな板です。2%の含水率を備えており、カビや雑菌に強く、いつでも衛生的に使えるのが特徴。また、圧縮技術の採用により、頑丈でひび割れにくく、長く愛用できます。適度な弾力を持ち、刃当たりが柔らかく腕に負担が少ないのもメリットです。

ラウンドエッジ加工と微研磨が施されており、ソフトな触り心地もポイント。また、肉汁などが流れるのを防ぐ溝が設けられており、キッチンのお掃除も簡単に済みます。

サイズは、43×30×2cm。長く愛用できる頑丈なまな板を探している方におすすめです。