キッチン用品のなかでも、料理をする際に欠かせない「まな板」。木やプラスチックなど素材の違いもあれば、長方形や正方形など形もさまざまなので、選ぶ際に迷ってしまいがちです。

そこで今回は、おすすめのまな板を素材別にご紹介します。おすすめのメーカーや選び方のポイントについても解説しているので、参考にして選んでみてください。

まな板の選び方

素材で選ぶ

木製

By: amazon.co.jp

木製のまな板は包丁に優しく、刃こぼれしにくいのがメリット。食材が滑りにくいので高齢の方や子供も安心して使えます。また、切ったときの衝撃を吸収するので腕への負担が少なく、長時間使っても疲れにくいのも魅力です。

木製のまな板を快適に使い続けるためには、使用後のお手入れが重要。使ったらすぐに洗って、風通しのよい場所でしっかり乾かしましょう。万が一、まな板にカビや黒ずみが発生してしまっても、紙やすりやかんなで削ることが可能。木製まな板はほかの素材に比べると高価ですが、長く愛用できます。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

まな板のお手入れを楽に済ませたい方や料理初心者におすすめなのが、プラスチック製のモノ。ポリプロピレンやポリエチレンなどでできているため、漂白剤を使ってのお手入れが可能です。食材の色やニオイが移らないように、こまめに漂白してケアしましょう。価格が安いモノが多いので、汚れや傷が目立ってきたら買い替えやすいのも魅力です。

プラスチック製のまな板は、ほか素材のまな板よりも固く、刃こぼれしやすいのがデメリット。食材やまな板が滑りやすいため、滑り止めのついたモノがおすすめです。

また、プラスチック製のまな板はサイズ・カラー・デザインのバリエーションが豊富なのも特徴。切った食材をこぼさずに鍋に移せる薄いシートタイプのまな板など、使い勝手のよいモノが多数開発されています。

ゴム製

By: amazon.co.jp

ゴム製のまな板は、プラスチック製のモノより包丁が刃こぼれしにくく傷がつきにくいのが特徴。また、木製のまな板よりもお手入れが簡単なのもメリットです。

ゴム素材は復元性に優れており、汚れがこびりつきにくいので洗いやすく、水切れがよいのも魅力。また、漂白剤を使えるので、清潔感を保ちやすい素材です。

ただし、ほかの素材より重いので、大きいサイズのモノだと扱いにくいこともあります。使いやすさに合わせてサイズを選びましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

まな板のサイズは大きい方が便利です。料理をする際、切った野菜を端に寄せておいたりしても、大きいまな板であれば広々と使うことが可能。

ただし、大きければ大きいほどよいわけでもありません。シンクの幅よりも大きなまな板であれば、はみ出てしまって不安定になってしまいます。まな板のサイズは、シンクの幅や使用場所に合わせて選ぶようにしましょう。

形状で選ぶ

まな板は長方形だけでなく、正方形や丸型などさまざまな形状の製品があります。まな板の形状は、収納する場所に合わせて選びましょう。

まな板ラックや引き出しに収納するのであれば、確実に収納できるサイズや形状のまな板を選ぶ必要があります。キッチンの見えるところに置いておく場合は、インテリア性を重視して丸型や正方形などのユニークな形状を選ぶのもおすすめです。

食洗機対応かどうかをチェック

By: amazon.co.jp

まな板のなかには、食洗機対応の製品も販売されています。食洗機でまな板を洗うと、手でゴシゴシと擦るよりも素早く汚れを落とすことが可能。

毎日の家事を楽にするためにも、食洗機が家にある方はまな板も食洗機対応の製品を選ぶのがおすすめです。

まな板のおすすめメーカー

ジョセフジョセフ(Joseph Joseph)

By: amazon.co.jp

「ジョセフジョセフ」は、デザイン性が高く機能的なキッチン用品を製造しているイギリスのメーカーです。ポップなカラーリングの製品がラインナップされているのも魅力。

まな板は「切る」用途以外にも、特徴的な形で調理をサポートするモノもあるのでチェックしてみてください。

エピキュリアン(Epicurean)

By: amazon.co.jp

アメリカのキッチンツールメーカー「エピキュリアン」は、環境に配慮したエコな製品で注目を集めています。

エコなだけでなく、使い勝手のよさも併せ持っているまな板をラインナップ。薄くて軽いまな板は収納場所に困らず、耐水性もあるので手軽に使えます。

ビタクラフト(Vita Craft)

By: amazon.co.jp

1939年に創業されたアメリカのメーカー「ビタクラフト」。創業当時から変わらず、「家族の健康は家庭料理で守っていく」というコンセプトで製品作りを行っています。理念に基づき調理鍋や多彩鍋など、さまざまな料理が作れるキッチンアイテムをラインナップしているのが特徴。

使い心地にもこだわっており、毎日の料理時間を快適にしたい方におすすめです。

土佐龍(TOSARYU)

木製家庭用品を手がけるメーカー「土佐龍」。四万十ヒノキをはじめ、杉や栗、桜などを用いたアイテムを製造しているのが特徴です。木の特性に合わせて製品を作ることで、木の美しさだけでなく使い勝手のよさも兼ね備えた製品をラインナップしています。

まな板には抗菌・抗カビ効果が期待できるヒノキを使用。サイズや形状の種類も豊富なので、木製のまな板を探している方はぜひチェックしてみてください。

まな板のおすすめ|木製

土佐龍(TOSARYU) まな板 土佐きよら 一枚板 L

耐久性の高さが人気のまな板です。四万十ヒノキに含まれる油分には抗菌・抗カビ効果が期待できるため、 水切れがよくまな板として加工するのに適していると謳われています。

42×24cmの使いやすいサイズなのもポイント。ステンレスの取っ手がついており、洗ったり片づけたりしやすいのも特徴です。重さが約1.3kgと、安定感があるのも魅力のひとつ。機能性の高いヒノキのまな板を探している方におすすめの製品です。

ラバーゼ(la base) まな板 LB-009

26×26cmの小さめサイズで手軽に使える木製のまな板。小さな野菜やフルーツを手早く切ったり、食卓でチーズを切ったりするのにも適した大きさです。重さも約1kgと軽くて出し入れしやすく、シンクでも楽に洗えます。

弾力のあるゴムの木を採用しており、刃あたりがよいのも魅力。厚さは25mmで自立できるため、使用後に素早く乾かせます。ワンポイントのロゴがおしゃれなのもポイント。狭いキッチンでも邪魔にならないので、ワンルームで一人暮らしをする方にもおすすめです。

無印良品 ひのき調理板 薄型 大 15254392

木目が美しいまな板。ヒノキのよい香りがキッチンに漂い、使うたびに気持ちが和みます。サイズは36×24cmとやや小さめで、価格も安いのも嬉しいポイント。

まな板の厚さを1.5cmと薄くすることで重さを550gに抑え、重すぎて扱いにくいという問題を解消しています。ヒノキならではの水切れのよさで清潔感があるのも魅力。できるだけ軽くて安いヒノキのまな板を探している方におすすめの製品です。

雅(MIYABI) ヒノキカッティングボード 34535-300

ヒノキ特有の柔軟性と弾力性により、包丁の摩耗を軽減しながら使えるまな板です。油成分を豊富に含んだ四万十ヒノキは水切れのよさや耐久性でも評価が高く、高品質なまな板を求める方に適しています。ヒノキのよい香りを感じられるのも魅力です。

両面で食材をカットできるため、野菜は表面で裏面を肉類などに使い分けることが可能。裏側の面には肉汁などを捉える溝が四辺に彫ってあり、調理台を汚さずに使えます。40×25cmの大きさも使いやすく、肉も野菜も一度に多く切ることが可能です。

市原木工所 まな板 匠 030630

木製のまな板で大きめのモノを探している方におすすめの製品。サイズが60×30cmと大きめで、魚をおろしたり塊肉を切ったりするのもスムーズにできます。ほどよい厚みがあるため、調理台が低くて使いにくい場合に作業しやすい高さで食材を切ることが可能です。

重さが約2.7kgで安定感があるのも魅力のひとつ。力を入れて硬い食材を切っても簡単には動かないので、快適に調理ができます。自分で釣った魚を自宅でさばきたい方にもおすすめのまな板です。

キントー(KINTO) TAKU サービングボード 27738

カットした食材をまな板のまま食卓に出せるおしゃれなデザインが魅力の製品です。まな板の素材には刃あたりのよい竹の集積材を採用しており、食材を快適にカットできます。

まな板の四隅にはほどよい傾斜があり、調理台やテーブルから持ち上げる際に指をかけやすい設計。サイズは30×15cmとスリムなので、狭いキッチンでも場所を取らずに使えます。

HHXRISE まな板 NT-6GTZ-0XY1

3つのコンパーメントにカットした食材を分けて入れられるまな板です。食材を切り終わったら皿に移さずそのまま鍋やフライパンに投入できるので便利。まな板の材質は表面が滑らかで、手触りがよい100%天然竹で快適に扱えます。

サイズは43×32cmで、大きめの食材もカットしやすいのも特徴。まな板の端には肉汁やフルーツの汁などを捉える溝があり、調理台を汚さずに作業ができます。裏面の2か所にある凹みを掴んで持ち上げられるので、洗ったり片づけたりしやすいのも魅力です。

エピキュリアン(Epicurean) オールインワンボード M 505-120901002-Y

天然木の繊維を合成して作られた、耐久性が高く刃あたりのよいまな板です。表面は非多孔性で細菌が侵入しにくいため清潔に使用しやすいと謳われています。

四隅にはゴムのグリップがついており、安定した状態で食材を切ることが可能。グリップは脱着式なので、洗いやすいのも特徴です。食洗機にも対応しています。フチには溝があり、水分の多いモノを切る際に便利。サイズは29×22.7cmと小さめで使いやすくなっています。

まな板のおすすめ|プラスチック製

ジョセフジョセフ(Joseph Joseph) ネストチョップ まな板 60122

食材の大きさや種類によって複数枚のまな板を使い分けたい方におすすめの製品。色と大きさが異なる3枚のまな板がセットになっており、一目で使い分けられるので快適に使えます。まな板表面には凹凸加工が施されており、刃に優しいだけでなく滑りにくいのが特徴です。

まな板の一辺の角が立ち上がった形状で3枚を重ねて立てることが可能。3色の美しいグラデーションが見せる収納になり、キッチンインテリアを引き立てます。裏面には滑り止めがあり、安全性にも配慮しているのがポイント。まな板のカーブで食材を寄せ集めて鍋に投入できるので食材を落としにくいのも魅力です。

トンボ(TONBO) まな板 スウィーツパレット S

パッと取り出して使えるコンパクトで軽いまな板です。21×21cmと小さめで、重さは197gと非常に軽いため、フルーツなどを切るのに適しています。朝食やお弁当を作るときに、サブのまな板として使うのもおすすめです。

角を丸めた四角いデザインで指が掛かりやすく、扱いやすいのもポイント。両面が使用できるため、食材によって使い分けることが可能です。汚れた場合は塩素系漂白剤で漂白できます。軽くてコスパがよいため、アウトドア用のまな板としてもおすすめです。

トンボ(TONBO) ラバー付き耐熱抗菌まな板 L

左右に滑り止めのラバーがついたまな板です。抗菌製品技術評議会(SIAA)が定める抗菌性能を満たしているため、清潔を保ちやすいと謳われています。価格も安いので2枚目として購入したり、キャンプで使用したりするのもおすすめ。シンプルなデザインでキッチンにマッチします。

耐熱100℃なので熱湯消毒が可能。肉や魚を切った後に熱湯をかけて手入れができます。37×22.5cmの使いやすいサイズで食洗器にも対応しており、重さが520gと軽いのもポイント。扱いやすくてコスパのよいまな板です。

ツヴィリング(Zwilling) カッティングボード Mサイズ 35012-101

表と裏で色が違うまな板。食材によって使う面を変えやすい製品です。両面に滑り止めのゴムがついており、硬くて重い食材を切ってもしっかり安定します。サイズは36×20cmで大きすぎず小さすぎないのがポイント。

ツヴィリングのロゴが入ったスタイリッシュなデザインは、モノトーンカラーでまとめたキッチンにもよく合います。安定感のあるプラスチック製のまな板を探している方に適した製品です。

ハッピー・ライフ(Happylife) プラスチックまな板

子ブタのデザインが個性的でおしゃれなまな板。コンパクトかつ軽量なので、出し入れしやすく洗いやすいのがポイントです。子ブタのしっぽ部分をフックに掛けられるので、まな板置き場がなくても吊り下げて収納可能。

デザイン違いでかぼちゃとクジラもあり、キッチンのイメージに合わせて選べます。プラスチック製で水切れがよく乾きやすいのも嬉しいポイント。適度な硬さで刃あたりがよく、スムーズに食材をカットすることが可能です。

ヨシカワ まな板 HK116

料理家の栗原はるみ氏が監修したまな板です。個性的な丸形デザインが特徴。裏面はホワイトのツートンカラーで、食材によって使い分ける際に便利です。

直径30cmの使いやすいサイズで奥行きもあるため、切った食材を落とさず快適にカット可能。まな板を回転させながら切る場所を変えて使えば、数種類の食材をまとめてカットできます。丸い形で角がなくシンクの中で洗いやすいのもポイント。デザイン性と機能性を兼ね備えたアイテムです。

まな板のおすすめ|ゴム製

ビタクラフト(Vita Craft) 抗菌まな板 小

熱を加えると軟化し、冷却するとゴム状に戻るエラストマーで作られたまな板。表面に弾力性があり傷つきにくいため、長く使えます。刃あたりもソフトで食材のカットしやすいのが特徴です。

食洗器対応なのも魅力のひとつ。耐熱温度が130℃のため、刺身などを切る前に熱湯消毒も可能です。特殊な抗菌剤を練りこむことで、大腸菌やブドウ球菌が付着しても働きを抑制できると謳っています。まな板をなるべく清潔に保ちたい方におすすめの製品です。

貝印 ねこのやわらかまな板 Nyammy AP5180

ネコをモチーフにしたかわいらしいデザインのまな板。30×22cmの小さめサイズで、フルーツや小さい食材をカットするのに適しています。上部には1cm刻みのメモリがついており、食材を同じ長さにカットする際に便利です。

素材にエラストマーを採用し耐熱温度100℃と高いため、肉や野菜を切った後に熱湯消毒ができます。フックに掛けられる穴も開いており、干したり収納したりするのに便利。価格も安いのでキャンプ用に購入するのもおすすめです。

ミノミ化学 まな板 2187006

食品衛生法に適合したエラストマー製のまな板。無機系抗菌剤を練りこんでいるため、抗菌効果が高く衛生的に使えると謳っています。表面に弾力性で刃あたりがよいのがポイントです。

まな板の表面には滑り止めの加工が施されており、硬い食材も安定した状態でカットできます。水切れがよいため食材から出る水分もサッと拭くだけできれいにすることが可能。27×17cmの小さめサイズで、場所を取らずに使えるのも魅力です。

Latuna ノンスリップカッティングボード RA-747

大根やニンニクのすりおろしもできるまな板。中央にある凹凸部分を使って、食材を切りながらすりおろしもできるので時短調理におすすめです。側面には滑り止めのゴムがついており、調理台が濡れていてもしっかり安定するので快適に作業できます。

フチの部分が高いため、切った食材が落ちにくく肉汁などもしっかり捉えることが可能。傷がつきにくく水切れもよいので清潔に使えます。裏面も使用可能なので食材の種類によって使い分けられます。使いやすいサイズで価格も安いまな板です。

マック(MAC) オール抗菌まな板

軽くて丈夫なまな板を探している方におすすめの製品。素材は特殊エストラマーで、傷がつきにくいのがポイントです。まな板の表面には職人の手作業による凹凸が彫りこまれているため、食材が滑りにくく快適に作業できます。

重さが330gと軽くて扱いやすく、洗ったり出し入れしたりしやすいのもポイント。耐熱温度が130℃で食洗器に対応しており、煮沸消毒もできます。37×24cmのほどよいサイズで使いやすく人気がある製品です。

パーカーアサヒ アサヒクッキンカット ソフトゴムまな板 A-K1

50×30cmの大きめなゴム製まな板。厚さが8mmと薄くて滑りにくいのが特徴です。ゴム製で弾力があるので、刺身などを切るのにも適しています。

刃あたりがよくスムーズにカットでき、人参などの色が濃い食材を切っても色移りしにくいのがポイント。食材によって木製やプラスチック製のまな板とゴム製のモノを使い分けたい方にもおすすめの製品です。

まな板のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

まな板のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。