普通の鍋よりも短い時間で調理できる「圧力鍋」。肉や魚の煮込み料理はもちろん、炊き込みご飯やスープなどさまざまな料理で活躍するのが特徴です。

そこで、今回は圧力鍋の選び方とおすすめの製品をご紹介。初心者にも使いやすいモノから、多彩な料理を楽しめるモノまで幅広くピックアップしています。気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

圧力鍋の選び方

種類で選ぶ

初心者でも扱いやすい「おもり式」

By: t-fal.co.jp

おもり式とは、蒸気の噴出口におもりがついているタイプ。圧力がかかって蒸気が出始めると、おもりが揺れて独特の音が鳴ります。圧力がかかったタイミングを音で知らせるため、初心者でも扱いやすいのが特徴です。

おもり式の難点は、大きな音と共に蒸気が吹き出すこと。小さな子供がいる家庭や集合住宅に住んでいる方は、音の大きさが気になる場合があるので留意しておきましょう。

静かに調理できる「スプリング式」

By: amazon.co.jp

蒸気口にバネが入っており、バネの力で圧力を調節するのがスプリング式。蒸気や音がほとんど出ないだけでなく、料理の匂いも広がりにくいのが特徴です。圧力がかかるとピンが上がるので、それを見て火を弱めるタイミングを判断します。

スプリング式の難点は、圧力がかかるタイミングが分かりにくいこと。音がほとんど鳴らないため、慣れないうちはつきっきりで圧力鍋を見ておく必要があります。

素材で選ぶ

時短におすすめの「アルミ」

By: amazon.co.jp

アルミは熱伝導率が高いため、鍋全体にすばやく熱が伝わるのが特徴。圧力がかかりやすく、スピーディーな調理を実現します。金属のなかでは比較的軽量なので、力に自信のない方や圧力鍋を気軽に使いたい方におすすめの素材です。

アルミのデメリットは、熱が逃げやすいこと。火を消した後、鍋に残った余熱を利用する料理にはあまり向いていないため留意しておきましょう。

煮込みが得意な「ステンレス」

By: amazon.co.jp

高い圧力に耐えられるモノが多く、煮込み料理が作りやすいのがステンレス製の圧力鍋です。硬い野菜や肉などの食材もしっかりと火が通り、柔らかく仕上がるのが魅力。ステンレスは冷めにくい素材なので、火を消してからも余熱で食材を調理できます。

ステンレスのデメリットは、火をつけてから圧力がかかるまでに時間がかかること。また、アルミよりも重さがあるため持ち運びにくいのも難点です。圧力鍋を洗ったり片づけたりするときに、扱いにくさを感じることもあります。

いいとこ取りの「多層構造」

By: amazon.co.jp/

多層構造とは、アルミとステンレスの両方を組み合わせて作られた圧力鍋のことです。熱を加えると圧力がすぐかかるだけでなく、保温力にも優れているのが特徴。熱が逃げにくいため、余熱を利用した料理にも適しています。

なお、多層構造の圧力鍋には、鍋底だけのタイプと全面タイプの2種類が存在。全面多層構造は、熱源の当たらない側面にもすばやく熱が伝わるのが魅力。保温性も優れているので、調理時間を少なくしたい方は全面多層構造の圧力鍋を選んでみてください。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用圧力鍋のサイズは2〜6Lくらいが一般的ですが、家族の人数によって必要な大きさは異なります。サイズを選ぶときは「家族の人数+1L」を基準に考えましょう。一人暮らしの場合は2〜2.5L、二人暮らしの場合は3〜3.5Lのモノがおすすめです。

ただし、圧力鍋は通常の鍋とは異なり、食材を入れられる量が決まっています。規定量を超えて食材を入れてしまうと、蒸気穴が塞がり圧力がかからなくなることがあるので注意が必要。作り置きをしたい方は、目安のサイズよりもひとまわり大きいモノを選んでみてください。

圧力値をチェック

By: amazon.co.jp

同じ圧力鍋でも、製品によって圧力値(圧力のかかる力)は大きく異なります。圧力値は70〜140kPaほどと幅が広く、圧力が高いモノほど食材に早く火が通すことが可能。調理時間をとにかく短くしたい方は、圧力値の高いモノを選びましょう。

ただし、圧力値が高いモノはパワーがある分、柔らかい食材は煮崩れたり溶けてしまったりしやすいのが難点。そういう場合は、低圧と高圧を切り替えられるタイプもチェックしてみてください。低圧に切り替えると火の通りが穏やかになり、食材が煮崩れするリスクを軽減できるのでおすすめです。

自宅のコンロに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

どんなに優れた機能をもつ圧力鍋でも、自宅の熱源に対応していなければ使用できません。購入前に、圧力鍋の対応熱源をしっかりチェックしておくことも大切です。特に価格が安いモノや旧式の場合、IHやハロゲンヒーターなどの熱源に対応していないこともあるので注意しておきましょう。

非対応の熱源で圧力鍋を使ってしまうと、温度センサーが反応せず変形したり発熱したりする可能性があります。引っ越しやキッチンのリフォーム予定がある方は、オール熱源対応のモノを選んでおくのがおすすめです。

レシピ本が充実していると便利

By: amazon.co.jp

圧力鍋を使いこなすためには、火加減や火を止めるタイミングをつかまなければなりません。圧力鍋は製品によって調理方法が少しずつ異なるので、専用のレシピ本が付属しているモノだと便利に調理できます。気になる方は、あわせてチェックしてみてください。

圧力鍋のおすすめ

パール金属(PEARL METAL) 圧力鍋 3.5L IH対応 レシピ付 クイックエコ H-5040

低圧と高圧の2段階に圧力が切り替えられ、幅広い調理に対応できる圧力鍋。低圧の作動圧力は60kPaで、魚や野菜などの煮崩れしやすい食材に適しています。高圧は100kPaあるため、肉の塊なども芯まで熱を通し硬さが残りません。

ステンレスとアルミニウムによる多層構造を採用し、焦げつきにくく保温性に優れているのもポイント。また、レシピ本も付属しているので、初心者でも手順を迷わずに使えます。ガス火だけでなく、IHにも対応しているおすすめの製品です。

パール金属(PEARL METAL) 片手圧力鍋 3.0L IH対応 レシピ付 NEO HB-1734

軽さを追求した使い勝手のよい圧力鍋。本製品の大きさは全長395×幅210×高さ175mmで、一般的な圧力鍋よりもコンパクトです。重さも1.7kgと軽量なので取り回しやすく、洗ったり持ち運んだりするのもスムーズにできます。

ガス火だけでなく、200VのIHやハロゲンヒーターなどオール熱源に対応しているのもポイント。また、字が大きく見やすいレシピブックが付属しており、初心者におすすめの製品です。

パール金属(PEARL METAL) 3層底 ワンタッチレバー 圧力鍋 4.0L H-5388

ワンタッチレバーが付属し、指1本で蓋の開閉が可能な圧力鍋。360°どの方向でも蓋が閉められるので、本体と蓋の位置を細かく合わせる必要がありません。60kPaと100kPaの2段階の圧力調節ができ、煮崩れしやすい魚から硬い肉の塊まで美味しく調理できます。

鍋底はステンレス鋼とアルミニウムの多層構造を採用。焦げつきにくく保温力に優れているため、余熱調理にも適しています。ガス火やIH、ハロゲンヒーターなどオール熱源対応なので、自宅の熱源を気にせずに使用可能です。多機能で価格も安いモノを探している方は、ぜひ検討してみてください。

フィスラー(Fissler) 圧力鍋 コンフォート プラス 91-04-00-511

内部の圧力のかかり具合がひと目で判断できる圧力鍋です。圧力が上がるにつれて、黄・緑・赤の3色が順番に表示されるのが特徴。色で圧力の強さが分かるため、火を弱めたり強めたりするタイミングを誤りにくいのが魅力です。

蓋と本体を溝に合わせるだけで簡単にセッティングできるのもポイント。「クローズ」と書かれた蓋のタブを本体の溝に差し込むだけで、蓋を水平に閉められます。蓋用の取っ手とメインバルブは手で取り外せるので、お手入れも簡単です。

蒸し器と三脚が付属しているため、野菜の下ごしらえや蒸し料理にも対応可能。上下2段で別々の食材を調理できるので、一度で複数の料理が作れます。低圧と高圧の切り替え機能もあり、幅広い料理をこなしたい方におすすめの製品です。

フィスラー(Fissler) 圧力鍋 ビタクイック プラス 4.5L 90-04-00-500

静かに調理できるスプリング式を採用した圧力鍋。低圧と高圧がひと目で分かるシンプルな圧力表示で、火加減の調節がしやすいのが特徴です。鍋底には、アルミニウムとステンレスの多層構造を採用しています。

鍋の内側に目盛りがついており、水や調味料の量がすぐにわかるのもポイント。また、蓋用の取っ手やメインバルブは手で簡単に取り外せるので、細かな部分まで洗えて衛生的です。食洗機にも対応しているため、ほかの食器や調理器具と一緒に洗えてお手入れの手間がかかりません。

ティファール(T-fal) 圧力鍋 6L IH対応 クリプソ ミニット イージーP4620769

普通の鍋と比較し、最大3分の1まで調理時間を短縮できると謳われている圧力鍋。素材そのものの味や栄養素を失いにくいだけでなく、光熱費も節約できます。容量は6Lで、4〜5人家族や作り置きをしたい方におすすめです。

従来品よりも約30%軽いため、取り扱いやすいのも魅力。シンプルな構造なので、お手入れの手間もかかりません。付属のレシピブックには39ものレシピが掲載され、さまざまな料理が楽しめます。また、IHを含むすべての熱源に対応しているのもポイント。圧力鍋を日常的に使う方は、ぜひ検討してみてください。

ティファール(T-fal) タイマー付圧力鍋 4.5L クリプソ ミニット パーフェクト P4620635

本格的な加圧調理が簡単にできるタイマーつき圧力鍋。加圧調理をスタートするタイミングと、加圧調理を終了するタイミングをアラームで知らせます。アラームにあわせて火加減を調節すればよいので、圧力鍋を使い慣れていない方でもスムーズな加圧調理が可能です。

圧力調整おもり・安全弁・パッキングの3箇所から蒸気が排出されるため、圧力のかかり過ぎを予防。従来品よりも約30%軽量化されているので、調理や後片付けがしやすいのも特徴です。

付属のレシピブックには、定番の角煮からデザートまで39レシピを掲載。料理好きな方はもちろん、初心者でも気軽に幅広い料理に挑戦できます。容量が4.5Lあるため、一人暮らしの方からファミリーまで対応できるおすすめの製品です。

ティファール(T-fal) 圧力鍋 3L IH対応 片手鍋 セキュア ネオ P2534045

使いやすさにとことんこだわった圧力鍋です。開閉レバーから指を離すとそのままロックがかかるロック機能を搭載。圧力調整おもりには食材のイラストが書かれており、食材に適した圧力が分かりやすく作られています。

鍋の底部はステンレスとアルミの多層構造を採用し、耐久性と保温性に優れているのもポイント。中かごが付属しているため、蒸し料理や野菜の下ごしらえにも重宝します。容量は3Lで、一人暮らしの方や副菜作りにおすすめの圧力鍋です。

アサヒ軽金属 ゼロ活力なべ

「0分調理」を謳う多層構造の圧力鍋。カレーの場合、沸騰しておもりが振れたら火を止め、そのまま放置しておくだけで食材に熱が通ります。146kPaの調理圧で、素材の旨味を逃さずに高速調理が可能です。

低圧・高圧の2種類のおもりが付属しており、調理内容によって圧力を簡単に切り替えられます。蓋の突起部分におもりを差し込むので、ダイヤル式のように圧力設定を間違いにくいのもポイント。使いやすい工夫が凝らされているため、圧力鍋が初めての方にもおすすめの製品です。

ヴェーエムエフ(WMF) パーフェクトプラス 圧力鍋3.0L W0793116040

スプリング式を採用しており、調理中の蒸気や音が気になりにくい圧力鍋です。急速減圧機能を搭載。レバーを引くだけで圧力を抜けます。好きなタイミングで蓋が開けられるため、入れ忘れた調味料を追加するときに便利です。

本体の素材は錆びにくく耐久性に優れたステンレススティールを採用。3層構造の底面は蓄熱性が高いので、食材に均等に熱が入り余熱調理にも適しています。ダイヤルを回して高圧・低圧を設定できるため、食材によって適した圧力を選べるのもポイントです。

握りやすく持ちやすいデザインのハンドルを採用しているのも魅力。ワンタッチで着脱できお手入れしやすいので、衛生面が気になる方にも安心です。使いやすい工夫が凝らされているため、圧力鍋を初めて使う方はぜひ検討してみてください。

ワンダーシェフ あなたと私の圧力魔法鍋 片手 3L ZASA30

140kPaの高圧力で、一般的な圧力鍋よりも短時間での調理が可能な圧力鍋。角煮なら8分、カレーなら30秒の加圧時間で食材に火が通ります。鍋底の3層構造により食材が焦げつきにくく、余熱調理に適しているのが特徴です。

おもり式を採用しているため、圧力のかかるタイミングが分かりやすいのもポイント。おもりはネジで装着するタイプなので、蒸気の勢いがかかっても外れにくく作られています。

ノズルフィルターがついているため、食材のつまりによる圧力の上がり過ぎを予防。おもりやノズルを掃除するピンも付属しているので、詰まりのチェックも気軽にできます。専用のレシピ本に100通りのレシピが記載されているので、多彩な料理を楽しみたい方におすすめの圧力鍋です。

ワンダーシェフ 両手圧力鍋 IH対応 オースプラス 3.5L 670045

スタイリッシュなデザインが特徴的な圧力鍋。プッシュボタンを押すだけで蓋が開閉できるのが特徴。蓋と本体の位置を細かく合わせる必要がありません。

80kPaと140kPaの2種類の圧力に切り替えられるので、幅広い調理が楽しめるのも魅力。高圧モードでは126℃の調理温度で食材に熱が加わるため、骨つき肉や硬い野菜などの調理に適しています。最大炊飯量は約4合あるので、3〜4人分のご飯を短時間で炊きたいときにも便利な製品です。

北陸アルミニウム(HOKUA) リブロン 圧力鍋 4.5L アルミニウム合金 AAT4902

国内で1つずつ手作業により鋳造されている圧力鍋。低温と高温の2種類のおもりが付属し、幅広い料理に対応できるのが特徴です。106ページに渡る専用の料理ブックが付属しているため、初心者でもすぐに圧力鍋を活用できます。

ノズルから蒸気の排出がスムーズにいかなくなったときには、自動的に蒸気を逃がす安全装置を搭載。さらに、安全装置が正常に作動しなかった場合は、パッキンが蓋から外れ蒸気が排出されるように作られています。

本製品は4.5Lの容量があるにも関わらず、2.2kgと軽量なのもポイント。使い勝手のよさにとことんこだわって作られており、初心者から料理好きの方まで重宝するおすすめの製品です。

ビタクラフト(Vita Craft) 圧力鍋 片手 IH対応 スーパー アルファ 3.5L 0623

全面5層構造を採用し、優れた熱伝導性と熱吸収性を有する圧力鍋。鍋底の熱が鍋全体にすばやく伝わるので、肉や魚など素材の油だけで調理できます。余分な油を使わないため、ヘルシーな料理が気軽に作れるのが魅力です。

必要以上に圧力がかるのを予防したり、蓋が外れた状態で蒸気圧が発生したりしない安全装置を5つ搭載。ガス火やIH、ハロゲンヒーターなど、あらゆる熱源にも対応しています。機能性だけでなく安全面にも配慮されており、初心者でも使いやすい製品です。

ヘイワ アルミ 片手 圧力鍋 PC-60A

アルミ鋳物で作られており、ムラのない熱周りと高い保温性を実現した圧力鍋。食材にすばやく熱が入るため、煮る・蒸す・茹でる・炊くの4つの調理が短時間で可能です。重さの異なる2種類のおもりが付属しているので、食材にあわせて圧力を調節できます。

容量は6Lで、4〜5人分の食材を一気に調理可能。約6合の炊飯ができるため、スピーディーにたくさんのご飯を炊きたいときにも重宝するおすすめの製品です。

D&S 圧力鍋 4.5L IH対応 DSPC6027

2段階の圧力設定ができ、幅広い料理に対応可能な圧力鍋。鍋底はアルミニウムとステンレスの多層構造を採用しており、短時間で食材に熱が入ります。鍋の内側に最大調理量が表示されているのもポイントです。

容量は4.5L。熱源はガス火やIH、ラジエントヒーターなどに対応しています。また、付属のレシピブックには50品目のレシピを掲載。さまざまな料理に挑戦したい方におすすめです。