日々の調理に欠かせない「包丁」。三徳包丁・牛刀・ペティナイフなど、さまざまな種類があり、用途にあわせて使い分けることで、より調理がしやすくなります。とはいえ、種類が多すぎて何を選べばよいのか迷ってしまう方も少なくありません。

そこで、今回はおすすめの包丁をご紹介します。包丁の種類や選び方についても詳しく解説しているので、購入を考えている方はぜひチェックしてみてください。

家庭用包丁の主な種類

さまざまな用途に使える「三徳包丁」

By: amazon.co.jp

三徳包丁は日本生まれの万能包丁。刃元のあたりは直線で、刃先のほうは緩いカーブを描いているのが特徴です。肉や魚、野菜も切れることから三徳包丁と呼ばれています。専用包丁と比べるとやや効率は落ちますが、汎用性が高いのがメリットです。

家庭用としては、刃渡り約160~180mm程度のモノが取り回しやすくておすすめ。初めての1本を購入する場合、まずは三徳包丁から選んでみてください。

肉を切るのに適した「牛刀」

By: amazon.co.jp

牛刀は刀身が細長く、刃先が鋭いのが特徴。刃渡り180mm以上のモノは肉の塊もスムーズに切ることができます。肉専用の包丁と思われがちですが、海外では「シェフズナイフ」とも呼ばれているように、肉・魚・野菜が切れる万能包丁です。

家庭用としては、刃渡り180~210mm程度のモノがおすすめ。魚をメインに調理する場合は短めのモノも選択肢に入ります。三徳包丁と同じく、初めての1本として選ばれる包丁です。

魚を捌くのに適した「出刃包丁」「柳刃包丁」

By: amazon.co.jp

出刃包丁も柳刃包丁も魚を捌くのに適した包丁ですが、用途は異なります。出刃包丁は刃が分厚いのが特徴。三枚おろしにしたり、ぶつ切りにしたりと、骨がある魚を捌く際に用いられます。

柳刃包丁は、魚の柵の状態から切り身を作る際に用いられる包丁です。刺し身の断面を美しくするためには一度で引き切る必要があるので、細く長い形状をしています。用途にあわせて使い分けてみてください。

小さな果物を切るなら「ペティナイフ」「果物ナイフ」

By: amazon.co.jp

小さな果物をカットする場合はペティナイフや果物ナイフがおすすめです。ペティナイフは牛刀の小型版で、刃渡りは80~150mm程度。刃先が鋭いため、小さな野菜を切ったり、魚の下処理をしたりとさまざまな用途に使えます。

一方、果物ナイフはフルーツに特化しているのが特徴。刃渡りは90mm程度です。皮をむいたり、小さくカットしたりすることはできますが、ペティナイフと比べると切れ味が劣るため、フルーツ以外には不向きです。価格が安いので、フルーツだけ切れれば十分という方はチェックしてみてください。

「中華包丁」や「パン切り包丁」など専用の包丁も

By: amazon.co.jp

包丁は非常に種類が豊富です。骨の付いた肉も叩き切れる中華包丁、パンを押しつぶさずにきれいに切れるパン切り包丁など、さまざまな用途に特化した専用包丁があります。専用に作られているぶん、作業がしやすかったり、きれいに切れたりするのが魅力。ぜひ使ってみてください。

包丁の選び方

刃の素材で選ぶ

錆びにくく価格も安い「ステンレス」

By: amazon.co.jp

包丁で最もスタンダードな素材が「ステンレス」。頑丈で欠けにくく、切れ味が長持ちするのが特徴です。サビにも強いのでお手入れが簡単。さらに価格も安いなど、多くのメリットがあります。

「モリブデンバナジウム鋼」や「ダマスカス鋼」はステンレスの一種。通常のステンレスと比べてやや高価ですが、より耐久性に優れているので長く使えます。お手入れの頻度を減らしたい方におすすめの素材です。

切れ味がよくプロも愛用する「鋼」

By: amazon.co.jp

鉄に炭素を加えた合金が「鋼」です。鋼の包丁は錆びやすいのがデメリット。定期的に研ぐ必要はありますが、ほかの素材と比べて切れ味に優れているのでプロの料理人からも選ばれています。

鋼のみを使用した硬度の高い「本焼」と、鋼と軟鉄を組み合わせて研ぎやすくした「合わせ材」、ステンレスで挟んで防錆性を高めた「割込鋼」があります。本焼は研ぐのが難しいため、初めて鋼の包丁を使用する場合は合わせ材、または割込鋼がおすすめです。

子供用にも使われる「セラミック」

By: amazon.co.jp

セラミックは焼き物の一種で、金属のように錆びることがありません。重量も軽いので取り回しやすく、子供用の包丁にも使用されています。

また、セラミックは頑丈な素材で、ほとんど研ぎ直す必要がないのも特徴。お手入れが苦手な方におすすめです。ただし、強い衝撃を与えると欠けてしまったり、折れてしまったりするので扱いには注意しましょう。

柄の素材をチェック

ステンレス

By: amazon.co.jp

包丁の刀身から柄までステンレス一体型になっているタイプ。木製の柄と違って水に触れても腐ることがないので、耐久性に優れています。また、すべて金属のため、簡単に煮沸消毒できるのも特徴です。

デメリットとしては、水に濡れると滑る恐れがある点、寒い時期に柄が冷たくなる点が挙げられます。スタイリッシュなデザインなモノが多いので、おしゃれな包丁を探している方にもおすすめです。

木製

By: amazon.co.jp

木製の柄は手触りがよいのが特徴。水に濡れても滑りにくく、安定してグリップすることが可能です。安価で撥水性に優れた「積層強化木」をはじめ、耐久性が高い「黒檀」、水に強い「朴の木」など、同じ木製でも種類によってさまざまな特徴があります。

ただし、木製の柄は腐ってしまうことがあるので注意。刀身を柄に差して固定する「差し込み式」ならば腐ってしまっても交換できます。一生物の包丁を探している方はチェックしてみてください。

樹脂製

By: amazon.co.jp

包丁の柄に使われる樹脂はさまざまで、種類によって性質が大きく異なります。たとえば汎用プラスチックとして使われる「PP樹脂」は価格が安い一方、キズが付きやすいのがデメリットです。

高級モデルの包丁にはエンジニアリングプラスチックと呼ばれる、高性能な樹脂が柄に使用されています。なかでも「POM樹脂」は強度や耐熱性に優れているほか、見た目も高級感があるのでおすすめ。選ぶ際は、樹脂の種類にも注目してみてください。

包丁のおすすめブランド

藤次郎(TOJIRO)

By: amazon.co.jp

藤次郎は、1953年に日本で創業した包丁・調理用品メーカー。刃物の産地として知られる燕三条に拠点を置き、伝統と革新を融合させた包丁を製造しています。

藤次郎の包丁は切れ味に優れているのが特徴。家庭用からプロ向けまで、さまざまなラインナップを展開しています。自分に合った製品を見つけやすい、おすすめのブランドです。

吉田金属工業

By: amazon.co.jp

1954年、新潟県燕三条地区で洋食器メーカーとしてスタートした吉田金属工業。業界に先駆けてステンレス一体構造の包丁「GLOBAL」を発表したことで知られており、オールステンレス包丁のラインナップが豊富です。

専用の職人が研ぎ直しをしてくれる「研ぎ直しサービス」を行っているのも特徴。切れ味だけではなく、ロゴの再印字や包丁全体のメンテナンスもされるので、購入時のような状態に復活します。長く使える包丁を探している方におすすめです。

貝印

By: amazon.co.jp

貝印は、1908年に創業した刃物総合メーカー。包丁は大量生産ながら手作業にもこだわっており、刀身と柄の組み立て、最終段階で行われる刃先の研磨など、一部の工程が熟練した技術者の手によって行われています。

包丁では、日本を代表する刀匠・関の孫六にちなんで名付けられたブランド「関孫六」が有名。スーパーで販売されているような家庭向けのモノから、プロの料理人が使うモノまで、幅広いモデルがあります。最先端テクノロジーを導入した高級包丁ブランド「旬」もおすすめです。

ツヴィリング(Zwilling)

By: zwilling-shop.com

1731年、古くから刃物の街として有名なドイツ・ゾーリンゲンで誕生した「ツヴィリング」。ナイフを中心としたものづくりで成長し、現在は世界有数の家庭用品ブランドとして知られています。

家庭用からプロ用までラインナップする「ツヴィリング」シリーズ、リーズナブルな価格の「ヘンケルス」シリーズ、日本とドイツの技術を融合させた「MIYABI」シリーズを展開。おしゃれで高性能な包丁を探している方におすすめです。

包丁のおすすめ|三徳包丁・牛刀

藤次郎(TOJIRO) 藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 三徳 170mm F-311

プロ向けの切れ味を家庭で楽しめる三徳包丁です。刃渡りは約170mmと取り回しやすいサイズ。柄の部分には、木の肌触りを残しつつ、耐久性と耐水性を高めた黒積層強化木を採用しています。

芯材には硬度が高い「コバルト合金鋼」を使用。さらに両側から錆びにくい「13クロームステンレス鋼」を挟むことで、業務用レベルの鋭い切れ味と、お手入れの手軽さを両立させています。価格もお手頃なため、初めの1本としておすすめです。

藤次郎(TOJIRO) TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 牛刀 210mm F-889

業務用として定評があるオールステンレスのTOJIRO PROシリーズ。刃渡りは約210mmとやや長めで、肉のかたまりをはじめとした大型の食材も切りやすい牛刀です。芯材に「コバルト合金鋼」、両面に「13クロームステンレス鋼」を複合することにより、切れ味と防錆性を両立しています。

柄の部分は、シリーズの特徴である「トルネード模様」を採用。水や油に濡れてしまってもグリップしやすいため、スムーズに調理を行えます。柄は中空になっており、重すぎず軽すぎない絶妙な重量バランス。メインの1本としておすすめです。

吉田金属工業 三徳 18cm G-46

海外でも高い評価を得ている、オールステンレス一体構造のGLOBALシリーズ。刃とまな板と接触する箇所が長い三徳包丁タイプで、肉や魚のカットはもちろん、野菜の千切りや輪切りもスムーズに行えます。

刀身には、医療用メスにも使われている「モリブデンバナジウム鋼」入りのステンレスを採用。耐食性と耐摩耗性に優れており、さらに錆にも強いのが特徴です。柄の部分には、滑り止め効果があるブラックドットが施されているのもポイント。料理初心者にもおすすめの包丁です。

吉田金属工業 万能 19cm IST-01

日本の食文化に合わせて作られたGLOBAL-ISTシリーズの軸となる包丁です。水砥石と革砥仕上げによって、鋭い切れ味を実現した「エクストラエッジ」を採用。刀身の中央から刃元にかけては直線的で野菜が切りやすく、先端はカーブを描いていて肉の筋切りやスライスがしやすいなど、1本でさまざまな食材に対応できます。

柄は無垢なシルバードット仕様。日々の料理はもちろん、繊細な調理にも対応できるように、握りポジションを変えやすいようにデザインされています。使い勝手に優れたおすすめの万能包丁です。

貝印 匠創 三徳包丁 165mm AB5156

貝印の匠創は、刃先から柄の部分まで継ぎ目がない一体成型のオールステンレス包丁シリーズです。硬度に関わる炭素を多く含んだ鋼材を使用しており、切れ味が長続きするのが特徴。また、刃先を薄く仕上げる「スキ加工」と「スキ加工」によって、食材に切り込みやすいようになっています。

また、柄と刀身のバランスに優れた貝印独自の設計を採用。しっかりと握りやすいように柄の部分が流線型を描いているなど、使い心地も良好です。オールステンレス包丁を初めて購入する方はチェックしてみてください。

貝印 関孫六 茜 牛刀210mm AE2908

高硬度「ステンレス三層鋼」を採用した茜シリーズの牛刀です。刃材には、硬く、切れ味に優れたステンレス刃物鋼を使用。両側面に柔らかいステンレス材が使われており、お手入れがしやすくなっています。

刃渡りは、大きな食材を切るのに適した長めの210mm。耐熱性に優れた「樹脂ハンドル」が採用されていて、食器洗浄機や食器乾燥器に対応しています。日々の家庭料理で気軽に使える包丁を探している方はチェックしてみてください。

ツヴィリング(Zwilling) ツヴィリング フィット 三徳包丁 180 mm 32987-181

ツヴィリングではエントリーモデルに位置する三徳包丁です。本モデルは、エルゴノミック設計によるアーチ型の柄が特徴。シンプルデザインながら計算されたシルエットにより、手にしっかりとフィットします。

刀身には、ツヴィリング独自の配合による特殊ステンレス鋼材「スペシャルフォーミュラスチール」を採用。錆に強く、切れ味も長続きするのでメンテナンスの手間を軽減できます。気軽に使えるおすすめの包丁です。

ツヴィリング(Zwilling) ツイン セルマックス M66 シェフナイフ 200 mm 30861-200

プレゼントにもおすすめのツヴィリング最高級モデルです。手に馴染みやすいアーチ型ハンドルを採用。綿や麻などを樹脂で固めた「マイカルタ」素材が使われており、木のような手触りを残しつつ、耐熱性・耐衝撃性に優れているのが特徴です。

刀身には、ツヴィリング史上で最高硬度の「MC66パウダースチール」を合金化した3層プレートを採用。高い切れ味が長続きするので、こまめに研ぎ直す必要がありません。高性能なだけではなく、デザインもおしゃれな牛刀です。

ティファール(T-fal) エバーシャープ 三徳ナイフ 16.5cm K255S2

切れ味をキープできるエバーシャープシリーズの包丁です。肉・魚・野菜をカットしやすい三徳包丁に、研磨機能付きのカバーが付属しているのが特徴。包丁を収納および取り出すときに刃が研がれるので、いつでもシャープな切り心地で調理できます。

カバーには「セイフティーナイフロッキングシステム」を搭載。包丁を収納すると自動的にロックがかかるので、子供がいる家庭でも安心して使えます。柄を持って押し下げるとリリースされるため、使い心地も良好。お手入れが苦手な方はチェックしてみてください。

京セラ(KYOCERA) 三徳ナイフ 14cm FKR-140

金属よりも硬いセラミックを刀身に使用した三徳包丁です。本モデルは、靭性値と強度が高い「強靭性セラミックス」を採用。従来ではデメリットとされていた刃こぼれや欠けといったリスクが気になる方にもおすすめです。

柄の部分は、手にフィットしやすい丸みを帯びたデザイン。握りやすいのはもちろん、切る動作に適したフォルムとなっています。刃渡りは140mmと三徳包丁としてはやや短め。小型のキッチンで使いやすいサイズです。


包丁のおすすめ|出刃包丁・柳刃包丁

藤次郎(TOJIRO) TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼2層複合 出刃 165mm F-636

基本性能が高いTOJIRO PROシリーズの出刃包丁です。芯材には業務用レベルの切れ味をもつ「コバルト合金鋼」を採用。刃渡り165mmと家庭用の出刃包丁としてはやや長めですが、三徳包丁と近いサイズ感なので、初めて使用する方にもぴったりです。

柄の部分は、和包丁の握り心地を再現した「左右非対称ハンドル」。片面にはグリップしやすいようにトルネード模様が施されており、水に濡れても手が滑りにくいようになっています。見た目はもちろん、使い勝手にも優れたおすすめの包丁です。

下村工業 ヴェルダン 出刃包丁150mm OVD-15

切れ味と使いやすさが追求されたヴェルダンシリーズの出刃包丁です。モリブデンとバナジウムを混合させて切れ味を長続きさせた「ステンレス刃物鋼」を採用。オールステンレスなので、魚をさばいた後に丸ごと熱湯消毒できるのが便利です。

刃渡りは150mmと、出刃包丁としては平均的な長さ。アジやサンマなど、家庭でよく食べられる大衆魚ならば十分対応できます。取り回しやすいサイズ感なので、初めて出刃包丁を購入する方におすすめです。

吉田金属工業 小出刃 12cm IST-05

国内だけで限定販売されているGLOBAL-ISTシリーズの出刃包丁です。刃渡り120mmと短い、いわゆる小出刃包丁と呼ばれるタイプ。アジやサバといった魚をさばくのにぴったりなサイズです。小ぶりで扱いやすいため、三枚おろしもスムーズに行えます。

小型ながらしっかりと柄を握れるようにデザインされており、魚の頭を落としたり、骨を切断したりと、力を入れる作業にも対応可能。小魚用として1本持っておきたい包丁です。

貝印 関孫六 金寿本鋼 和包丁 刺身240mm AK5220

本格的な柳刃包丁を探している方におすすめの製品です。刀身には炭素鋼と軟鉄をあわせた「ハガネ複合材」を採用。熟練の職人による手仕上げの本格刃付けが行われており、鋭い切れ味を実現しています。

柄は水に強い天然木「朴」で、耐久性も良好。また、口金部は高級感がある「水牛の角」が採用されています。プロ向けの本格仕様ながら価格が安いため、コスパ重視の方もチェックしてみてください。

正広 正広作ステン 柳刃240mm 10613

素材の選定から仕上げに至るまで、ほぼすべての工程が本社工場で行われているメイド・イン・ジャパンの柳刃包丁です。刃渡りは家庭用の柳刃包丁としてはスタンダードな240mm。一度の引き切りで刺し身を切れるため、美しい断面に仕上がります。

刀身には錆びにくいステンレスが使われており、細かいメンテナンスは不要です。和包丁は刀身を柄に差し込むタイプが一般的ですが、本製品は洋包丁と同じで刀身と柄を固定した構造を採用しています。刀身が緩みにくいので耐久性も良好。長く使えるおすすめの柳刃包丁です。

下村工業 ネオヴェルダン 柳刃包丁 180mm NVD-07

初心者でも扱いやすい短めの柳刃包丁です。刀身と柄につなぎ目のないオールステンレス一体構造。ネオヴェルダンシリーズはストレートハンドルを採用しているのが特徴で、太い柄尻によってしっかりと握ることができます。

刃渡りは柳刃包丁のなかでは短めの180mmです。スーパーなどで売られている魚の短冊を切り身にするには丁度よいサイズ感。家庭用キッチンでも取り回しやすい長さのため、初めて柳刃包丁を使う方におすすめです。


包丁のおすすめ|ペティナイフ・果物ナイフ

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) HIスタイル ペティナイフ 130mm 16710-431

高品質ステンレスによる切れ味と、おしゃれなデザインを兼ね備えたHIスタイルシリーズの包丁です。柄には、人間工学に基づいて作られたエルゴノミックハンドルを採用。コンパクトサイズながらしっかりとグリップできるのが魅力です。

職人によって研ぎ上げられた刃は「レイザーエッジ」と呼ばれ、上位モデルと変わらない高い切れ味を楽しめます。コスパに優れたペティナイフを探している方におすすめです。

貝印 関孫六 ダマスカス ペティーナイフ 120mm AE5202

関孫六の高級ラインに位置するペティナイフです。刀身には、異なるステンレス素材を32層に折り重ねた「ステンレス複合材」を使用。いわゆるダマスカス模様と呼ばれる独特の美しい縞模様が描かれているのが特徴です。

手にフィットしやすいように逆三角形状の柄を採用。また、口金と刀身を溶接することで隙間から水分が入りにくいようになっているなど、高級ラインならではの細かい配慮がされています。プロのニーズにも対応できるおすすめの包丁です。

ミソノ(Misono) 440シリーズ ぺティナイフ 130 mm No.832

業務用包丁メーカーとして有名なミソノのペティナイフです。包丁で一般的に使用されている13クロムステンレスと比べて、より錆に強い「16クロムハイステンレスモリブデン鋼」を使用しているのが特徴。プロ品質の包丁を家庭でも楽しめます。

ハンドル部分は柄尻まで鋼材が入っている「本通し」を採用。洋包丁における3つの固定方式のなかでは特に強度に優れている方式です。刃渡りは130 mmと小さめの野菜や果物のカットに適したサイズ感。コスパ重視の方にもおすすめです。

ビクトリノックス(VICTORINOX) ペティーナイフ 6.7701E

スイス生まれの高コスパなペティナイフです。刃渡りは100mmとやや短めのサイズ。小さめの野菜や果物の皮むきはもちろん、先端が鋭く尖っているので種を取り除いたり、飾り切りをしたりと繊細な作業にも対応できます。

柄には、軽くてグリップ性能に優れた「ポリプロピレンハンドル」を採用。安価な素材を使用していつつも安っぽさがない、おしゃれなデザインも魅力です。ちょっとした調理ならメイン包丁としても使えます。

京セラ(KYOCERA) フルーツナイフ FKR-110

刀身に高硬度のファインセラミックスを使用した果物ナイフです。セラミックは焼き物の一種で、食材を切るときに金属臭が移ることがありません。フルーツ本来の風味を楽しみたい方におすすめです。

また、本製品はレッド・イエロー・ブルー・グリーンなど、カラーラインナップが豊富に用意されているのもポイント。おしゃれな包丁を探している方はもちろん、メインの包丁と色を分けたい方もぜひチェックしてみてください。

貝印 木ザヤ フルーツナイフ DH7173

コンパクトサイズで使いやすい果物ナイフです。本製品はサヤが付属しているので、より安全に収納することが可能。柄やサヤには桜の天然木が採用されており、リーズナブルながら高級感のある見た目となっています。

小ぶりなのでペティナイフのように使うことはできませんが、リンゴや梨の皮を向いたり、切り分けたりするには丁度よい大きさ。ピクニックやキャンプなど、アウトドアシーンでフルーツをカットしたい方にもおすすめです。

包丁のおすすめ|セット

下村工業 ネオヴェルダン 三徳 ペティナイフ 2本セット VCN-50

フラットハンドルを搭載したオールステンレス一体型の包丁セットです。肉・魚・野菜と幅広く対応できる刃渡り165mmの三徳包丁と、小さめの食材をカットするのに便利な刃渡り125mmのペティナイフがセットになっており、大抵の食材は2本でカットできます。

刀身には、切れ味が落ちにくいモリブデンとバナジウムを含んだ「ステンレス刃物鋼」を採用。こまめに研ぎ直す必要がないので気軽に使えます。価格が安いため、初めて一人暮らしをする方にもおすすめです。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) HIスタイル スターターセット ナイフセット 16717-002

キッチンにあると便利な三徳包丁とペティナイフのセットです。柄には、人間工学に基づいてデザインされたエルゴノミックハンドルを採用。エンドキャップにはブランドロゴが刻印されており、高級感があります。

刀身には、切れ味と耐久性に優れた「特殊ステンレス刃物鋼」を使用。食洗機にも対応しているので、ちょっとした食材のカットなどにも気軽に使用できます。新生活用として、ワンランク上の包丁セットを探している方におすすめです。

吉田金属工業 三徳3点セット GST-B46

GLOBALシリーズの国内定番品をセットにした製品です。大きめの食材もカットしやすい刃渡り180mmの三徳包丁と、小型包丁として使える刃渡り130mmのペティナイフ、そして簡易シャープナーの計3点がセットになっています。

簡易シャープナーは、包丁をセットしてから6~10回程度引くことで、切れ味を一時的に復活させられます。研ぎ部にはセラミックが採用されているので、錆びることはありません。GLOBALシリーズの入門用としてはもちろん、プレゼントとしてもおすすめです。

包丁のおすすめ|その他専用包丁

下村工業 ヴェルダン パンスライサー 225mm OVD-17

おしゃれなオールステンレス一体型のパンスライサーです。本製品は、刃が波刃状になっているのが特徴。柔らかい食パンから、表面がサクサクのフランスパンまで、ふわっと滑らかにカットすることができます。

また、刃渡り225mmと長めの刀身によって、少ない往復で切れるのもポイント。大きめのパンをきれいに切りたい場合にぴったりです。専用包丁としては価格も安いので、パン派の方はぜひチェックしてみてください。

貝印 関孫六 匠創 中華包丁 165mm AB5165

初心者にも扱いやすい入門用の中華包丁です。刃の厚みが2mmある、中華包丁ではいわゆる薄口と呼ばれるタイプ。プロ用と違って太い骨を断つことはできませんが、柔らかい肉・魚・野菜などに幅広く対応できます。

また、重量は中華包丁としては軽い205g。刃渡りも165mmと短いため、家庭のキッチンでも取り回しやすいサイズ感となっています。最初に手に取る中華包丁としておすすめです。

吉田金属工業 菜切り 18cm G-5

オールステンレスのGLOBALシリーズから展開されている菜切包丁です。古くから日本で使われてきた和包丁は片刃がほとんどですが、菜切包丁は和包丁ながら両刃なのが特徴。刃先が直線的でまっすぐ切れることから、千切りや桂むきをするのに便利です。

柄の部分は同シリーズのなかでは太めのデザインを採用。刃渡り180mmとやや長めですが、バランスが取れていて扱いやすいのが魅力です。葉物野菜や根菜類をよく調理する方はチェックしてみてください。

藤次郎(TOJIRO) TOJIRO Color モリブデンバナジウム鋼 骨スキ 150mm F-252

骨付き肉から肉を切り剥がす際に用いられる骨スキ包丁。骨に当たっても欠けないように、牛刀と比べて刃に厚みがあるのが特徴です。肉専用というわけではなく、魚をさばいたり、エビやカニなどの殻を剥がしたりすることもできます。

本製品は、錆びにくい「モリブデンバナジウム鋼」を刀身に採用。柄の部分は耐久性に優れた「エラストマー樹脂」で、抗菌加工が施されているため、衛生的に使用できます。リーズナブルな骨スキ包丁を探している方におすすめです。

ツヴィリング(Zwilling) TWIN Fin II スライサー 筋引包丁 230mm 30910-231

大きな肉のかたまりを筋に沿って切るための筋引包丁。魚を切る柳刃包丁と似たフォルムですが、筋引包丁は両刃なのが特徴です。真っ直ぐに切れることから、ローストビーフやハムなど、柔らかい肉を薄くスライスすることもできます。

本製品は刃渡り230mmの長い刀身を使い、一度で切り落とすことによって、美しい断面で肉をカット可能。刃こぼれしにくい新鋼材「N 60ステンレススチール」を採用しているため、日々のお手入れも簡単に行えます。柳刃包丁の代わりとしても使えるのでおすすめです。

包丁のおすすめ|子供用

富士カトラリー(FUJI CUTLERY) こども用包丁 グーテ FC-790

子供の調理デビューにおすすめの製品です。本製品は、包丁側面に動物のかわいいイラストが描かれているのが特徴。包丁を握った手と反対の手でグータッチをすることで、自然と安全な手の添え方を学べます。

安全性に配慮して、切れすぎず切れなさすぎない絶妙な切れ味を実現。また、包丁の先端とアゴが丸くなっており、怪我のリスクを軽減しているのもポイントです。ねこ・うさぎ・しろくまがラインナップされているので、好きな動物から選んでみてください。

貝印 リトル・シェフクラブ 包丁 刃付 FG5000

本格刃付きの子供用包丁です。子供でも握りやすいコンパクトサイズながら、通常の包丁と同じようにしっかりと研がれているのでよく切れます。野菜を切ったり、果物の皮をむいたりと、本格的な調理を教える際にぴったりです。

刀身には頑丈なステンレスを採用。また、先端とアゴが丸まっているため、万が一、包丁を落としてしまった際に怪我をするリスクを軽減できます。上級者向けの子供用包丁を探している方におすすめです。

ツヴィリング(Zwilling) ツヴィリング ツウィニー 子ども向け包丁 36550-101

安全性に配慮されたおすすめの子供用包丁です。先端が刺さらないように大きく丸められているほか、ハンドルでアゴの部分がガードされているのが特徴。さらに、収納ケースはフィンガーガードとしても使用できるので、初めて包丁を扱う子供も安心です。

本製品には、親子で調理を楽しめるミニレシピブックが付属。本をモチーフにしたかわいらしいパッケージデザインのため、プレゼントにもぴったりです。入門用の子供用包丁を探している方はぜひチェックしてみてください。

包丁の楽天市場ランキングをチェック

包丁の楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

包丁は砥石を使ったお手入れが大切

By: amazon.co.jp

どんなに耐久性の高い包丁でも、食材やまな板に刃が当たるうちに次第と切れ味は落ちていってしまいます。トマトを切る際に潰れてしまったり、玉ねぎを切る際に涙が出てきたりしたら、切れ味が落ちているサインです。

簡易砥石と呼ばれるシャープナーでも包丁を研ぐことはできますが、刃を荒くして食材に引っかかりやすくしているだけで、効果は一時的なものです。切れ味を復活させるためには砥石によって研ぐ必要があります。いずれは必要になるので、包丁とあわせてチェックしてみてください。