料理シーンでは欠かすことのできない「包丁」。シンプルな調理器具ですが、刃の素材や形状が変わるだけでも使い勝手が大きく異なります。自分に合った包丁を使えば、食材の旨味を逃さずに切れるだけでなく、調理速度もアップするので、料理をするならばこだわりたいものです。

そこで今回は、包丁の人気ブランドとおすすめの製品をご紹介します。包丁の種類や選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

包丁の種類

三徳包丁

By: amazon.co.jp

三徳包丁とは肉・魚介・野菜とオールマイティーに使える包丁です。その汎用性の高さから、最初の一本にふさわしい包丁といえるでしょう。

ただし、あくまでさまざまな食材に対応できるというだけで、魚ならば出刃包丁のほうがさばきやすく、野菜を千切りにするのならば菜切包丁のほうが便利です。まずは三徳包丁を買い揃え、その次のステップアップとして専門性の高い包丁の購入を検討してみましょう。

牛刀包丁

By: amazon.co.jp

牛刀包丁とはヨーロッパから伝わった洋包丁のこと。名前からするに牛肉専用と思われがちですが、別名「シェフズナイフ」と呼ばれるように野菜をきざんだり魚をさばいたり、果物もカットできる万能包丁です。

刃渡りが短いものから長いものまでバリエーションに富んでいるため、自分に合ったサイズを選びやすいのもポイント。三徳包丁と同じく、初めての一本としておすすめの包丁です。

出刃包丁

By: amazon.co.jp

出刃包丁とは刃元が分厚く、刃先は薄く鋭い包丁のこと。主に魚を解体するのに適した包丁と言われています。三徳包丁より頑丈なところが特徴です。

カボチャや骨付き肉といった硬い食材も切断することが可能。家庭用ならば小型の出刃包丁、いわゆる「アジ切り包丁」がおすすめです。

包丁の選び方

素材で選ぶ

By: tojiro.net

包丁は刀身に使われている素材によって性質が大きく異なります。もっともメジャーなのは「炭素鋼」と「ステンレス」です。いずれも一長一短なので、利用シーンや調理スタイルに応じて選ぶようにしましょう。

炭素鋼

By: kai-group.com

炭素鋼とは鉄におおよそ2%以下の炭素を含んだ金属。日本刀と同じように”焼き入れ”という工程を挟むことで、硬度を高められるのが特徴です。頑丈で、切れ味がよく、そして研ぎやすいことからプロの料理人にも愛用されています。

ただし、炭素鋼はサビやすいのがデメリット。定期的に砥石で磨かなくてはならないので、お手入れには手間がかかります。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレスとは鉄に10%以上のクロムを含んだ金属のことです。サビに強く、お手入れも簡単。気軽に調理したいという方におすすめの包丁です。

ただし、通常の砥石では研ぎにくいことから、切れ味を維持しづらいというデメリットがあります。

最近では、研ぎやすい炭素鋼とサビにくいステンレスの性質をあわせ持った高級ステンレス包丁も登場。長く使えるものを探しているのならば、1万円以上の製品がおすすめです。

刃渡り

By: kai-group.com

理想の刃渡りは厨房の広さによって異なります。一般家庭のキッチンならば刃渡り15~18cm程度、プロ用キッチンならば20cm前後のものがおすすめ。ただし、包丁がまな板からはみ出してしまうと周囲のものにぶつかってしまうので、大変危険です。刃渡りがまな板のサイズよりも大きくならないように注意しましょう。

刃の厚み

By: amazon.co.jp

刃が厚い包丁は頑丈で、曲がりにくく、欠けづらいのが特徴。厚いぶん重みがあり、少ない力で食材を切ることが可能です。

一方、刃が薄い包丁は薄ければ薄いほど、切れ味がよくなります。そのぶん、曲がったり折れたりするリスクがあるので、取り扱いには十分注意しましょう。

包丁のおすすめ人気ブランド

貝印

貝印は刃物の街として知られる岐阜県関市の老舗刃物メーカー。調理から美容や医療の分野まで幅広い種類の製品を製造し、世界レベルでシェアを広げています。「折れず、曲がらず、よく切れる」と評価されてきた関の刃物の伝統を継承しつつ、ニーズに合わせた製品づくりをしているが特徴です。

包丁のシリーズとしてはプロ向け高級包丁の「旬」と、リーズナブルなものから高価なものまで幅広い価格帯が魅力の「関孫六」が有名で、用途や好み、予算によって製品を選べます。

貝印 関孫六 ダマスカス 三徳包丁

貝印 関孫六 ダマスカス 三徳包丁

ダマスカスは関孫六の中でも最上位のシリーズ。32層の異なるステンレスを折り重ねて作ることで生まれる、刃表面の美しいダマスカス模様が特徴です。切れ味が持続し、研ぎやすいというメリットがあります。

柄は強化木をステンレスでさらに強化しているので、心地よく手にフィットするうえに頑丈。力が入れやすくデザイン性にも優れた逆三角形のフォルムもポイントです。重厚な和の雰囲気を漂わすダマスカスは、使い勝手がよく長持ちするのも魅力。和包丁をお探しの方におすすめです。

貝印 関孫六 10000CL 牛刀

貝印 関孫六 10000CL 牛刀

関孫六の「10000CL」は複数の鋼材を特殊な技術で接合するコンポジット技術を採用したシリーズです。それぞれの素材を適材適所に使用することで、鋭い切れ味や耐久性、研ぎやすさなどが魅力。高品質な鋼材を使用しながらも、価格は1万円以下と良心的です。

刃に見える波型の模様が美しく、柄には白合板を採用して全体的にやさしくエレガントな印象に仕上がっているのも魅力。コスパのよい包丁をお探しの方におすすめです。

貝印 関孫六 銀寿ST 和包丁 出刃

貝印 関孫六 銀寿ST 和包丁 出刃

「銀寿」はサビにくく硬くて切れ味が鋭い、モリブデンバナジウムステンレス刃物鋼を使用したシリーズです。分厚い刃元で骨などの硬い部分を切ることができ、刃先の鋭い部分で細かい作業をすることができます。

柄には天然木を使用していますが、水に強く耐久性もあるので安心。初めて和包丁を使う方でもお手入れしやすいほか、和食の料理人を思わせるシンプルなフォルムも魅力です。

刃渡りは105~180mmまで4種類あるので、キッチンの大きさや使う方の体の大きさ、調理の用途などに合わせてお好みで選べます。自宅での魚さばきにチャレンジしようと思っている方におすすめです。

吉田金属

吉田金属は新潟県燕市で洋食器メーカーとして創業しましたが、ステンレス包丁の「文明銀丁」シリーズを発表して以降、包丁関連用品を中心に製造しています。

培ったステンレス加工の技術とテーブルナイフの製造ノウハウを駆使して作り上げた、オールステンレス包丁の「GLOBAL」シリーズは世界の包丁業界に衝撃を与え、現在でも高い評価を得ている高品質な包丁です。

吉田金属 グローバル GLOBAL 三徳 18cm

吉田金属 グローバル(GLOBAL) 三徳 18cm

グローバルシリーズの特徴は柄と刃が一体になったデザイン。柄と刃の間に隙間がないので衛生面に優れています。また、オールステンレスの材質と柄の部分のドット柄がマッチして、スタイリッシュに仕上がっているのもポイントです。

本シリーズは切れ味のよさに定評があり、しかも本製品は肉・魚・野菜とオールマイティーに使える三徳包丁。突き切りに最適な形状で、食材の刃離れがよい「はまぐり刃」と呼ばれる形状を採用しているので、キャベツの千切りやきゅうりの輪切りなどもスムーズにできます。最初の一本となる包丁を買い求めている方におすすめです。

吉田金属 グローバル GLOBAL 牛刀 18cm

吉田金属 グローバル(GLOBAL) 牛刀 18cm

グローバルシリーズの牛刀は、手首のスナップをきかせて刃先のカーブを利用する押し切りに最適。刃幅が狭く切っ先が尖っているのでどんな食材にも対応しやすく、多くのユーザーに好まれています。

ブロック肉の切り分けにも応用できるので、食卓で使う際に美しいシャープなデザインでその場を華やかにしてくれるのもポイント。18cmのほかに20cmもラインナップしています。

吉田金属 グローバルイスト GLOBAL-IST 小出刃 12cm

吉田金属 グローバルイスト(GLOBAL-IST) 小出刃 12cm

グローバルシリーズを、さらに日本人の使い勝手に合うように進化させて展開されているのが「グローバルイスト」。小出刃は刃渡り12cmのコンパクトサイズの出刃包丁で、アジやサバ、イカなどをさばく際にも使い勝手は良好です。

刃先が鋭いエクストラエッジを採用しているので、狙ったところに刃先が入りやすく、三枚おろしなどにぴったり。柄は太くて握りやすいので安定感があり、オールステンレス一体型の包丁なので柄と刃部分に継ぎ目がなく、清潔に使えます。手軽に使える出刃包丁をお探しの方におすすめです。

ツヴィリングJ.A.ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS)

ツヴィリングJ.A.ヘンケルスは、ドイツの調理器具メーカーです。代表的な取り扱いブランドには、双子マークのツヴィリング(ZWILLING)と一人マークのヘンケルス(J.A. HENCKELS INTERNATIONAL)の2つがあります。

日本国内では両ブランドともにヘンケルスの名前で親しまれていますが、ツヴィリングよりもヘンケルスの方が流行を取り入れたカジュアルなブランドで、比較的リーズナブルに購入できるのが特徴です。

ヘンケルス(J.A. HENCKELS INTERNATIONAL) ロストフライ 三徳包丁

ヘンケルス(J.A. HENCKELS INTERNATIONAL) ロストフライ 三徳包丁

発売から1200万本を超えるベストセラーのロストフライシリーズの三徳包丁。リーズナブルな価格帯が魅力のアイテムです。

刃には丈夫な特殊ステンレス刃物鋼を使用。柄には重厚感がある触感と耐久性のあるPOM樹脂を使った高品質な製品です。ヘンケルスの包丁を一度試してみたいという方にもぴったり。クラシカルなデザインで、オーソドックスな包丁を探している方におすすめです。

ヘンケルス(J.A. HENCKELS INTERNATIONAL) HIスタイルエリート ブラック洋包丁

ヘンケルス(J.A. HENCKELS INTERNATIONAL) HIスタイルエリート ブラック洋包丁

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインによる牛刀包丁。持ちやすいハンドルを採用しているのが魅力です。美しいカーブを描いたハンドルはスタイリッシュで、ハンドルエンドのヘンケルスの刻印がワンポイントでおしゃれ。ほどよい重さで手にしっくり馴染みます。

ハンドルには8色のカラー展開があり、キッチンの雰囲気に合わせて選べるのもポイント。HIスタイルエリートシリーズには、テレビタレントの速水もこみち氏がプロデュースしたカラフルなラインもあり、毎日の料理を楽しい気分に盛り上げるのにひと役買ってくれます。

料理初心者でも気軽に手が届く価格帯も魅力。おしゃれでお手頃な牛刀包丁を探している方におすすめの一本です。

藤次郎

日本を代表する刃物の産地として有名な新潟県燕市。藤次郎は同市で知られているメーカーで、包丁の出荷額は全国有数、その切れ味は多くのプロから支持されています。

切れ味のよい包丁がお手頃な価格で手に入るのが特徴。オールステンレスでデザイン性に優れた包丁から、昔ながらの和包丁までラインナップも豊富に揃っています。

藤次郎 TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 三徳 170mm

藤次郎 TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 三徳 170mm

By: tojiro.shop

TOJIRO PROはオールステンレス包丁のシリーズです。オールステンレスのメリットはお手入れが簡単で、衛生的に使えること。コバルト合金鋼を採用することで鋭い切れ味を目指し、一方でステンレス鋼を採用することによってお手入れのしやすさにも配慮しています。

柄の部分のトルネード模様はデザイン性が高いだけではなく、水や油がついた手でも滑りにくいのがポイントです。柄の形状も持ったときにしっくり手に馴染むようなカーブを描いています。切れ味を求める方におすすめの三徳包丁です。

藤次郎 TOJIRO PRO ニッケルダマスカス鋼鍛造 牛刀 210mm

藤次郎 TOJIRO PRO ニッケルダマスカス鋼鍛造 牛刀 210mm

By: tojiro.shop

ニッケル配合率が異なるステンレス鋼を重ねた牛刀包丁。波型のダマスカス模様を採用しているのが特徴です。超硬質合金鋼を使用しているので、切れ味は良好。TOJIRO PROシリーズのなかでもハイエンドクラスの包丁と言えます。

少し長めの刃渡りの割には取り扱いやすく、ほどよい重量により少ない力で切ることができるのがポイント。高価ですがその分満足度は高く、スタイリッシュに仕上がっているのも魅力です。ワンランク上の牛刀包丁をお探しの方はぜひチェックしておきましょう。

藤次郎 白紙鋼 樹脂桂柄 出刃 150mm

藤次郎 白紙鋼 樹脂桂柄 出刃 150mm

藤次郎シリーズにおける昔ながらの出刃包丁。刃には研ぎやすく鋭い切れ味が魅力の白紙鋼を使用し、柄には耐水性に優れた手触りのよい朴木を使用しています。上質な鋼が生み出す切れ味は上々で、魚の頭を丸ごと落としたり、骨ごとたたき切ったりすることも容易です。

和包丁らしい伝統的なフォルムもポイント。家庭で魚をさばく機会が多い方はぜひ注目してほしいおすすめの出刃包丁です。

安田刃物

安田刃物は刃物の街として知られる岐阜県関市の包丁メーカー。「関虎徹」という包丁ブランドはプロでも愛用者が多く、知る人ぞ知るアイテムです。

家庭用としては、切れ味のよいものが多いたけでなく、お手頃価格で手に入るのもポイント。コスパ重視で包丁を選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

安田刃物 関虎徹 V金10号 鍔付 三徳包丁 180mm

安田刃物 関虎徹 V金10号 鍔付 三徳包丁 180mm

切れ味が長持ちする「V金10号」という鋼を使用した関虎徹の三徳包丁です。コバルトを添加した本製品は刃が硬く刃先が摩耗しにくいため、鋭い切れ味が長持ちします。刀のようなフォルムと昔ながらの武骨なデザインを採用しているのもポイント。男性からの人気が高い製品です。

関虎徹の三徳包丁は、三徳包丁には珍しく切っ先が尖っているのが特徴。汎用性の高い包丁を使いたいと考える方におすすめです。

安田刃物 源虎徹 本刃付け スウェーデン鋼 牛刀 180mm

安田刃物 源虎徹 本刃付け スウェーデン鋼 牛刀 180mm

同メーカーのなかでも繊細な作りに定評がある源虎徹シリーズ。本製品は世界的に有名なスウェーデンの高級ステンレスを輸入し、日本で三層構造に加工した包丁です。

サブゼロ処理という焼き入れ後の冷却処理により、刃は硬く、錆びにくいのが特徴。鋭い切れ味を最大限に生かすために、口金のデザインや柄のグリップ加工など細かい点までこだわった製品です。デザイン性にこだわりたい方は少し価格が上がりますが、同シリーズに、刃におしゃれなダマスカス模様が見える牛刀もあります。

ミソノ刃物(Misono)

ミソノ刃物は岐阜県関市の刃物メーカーで、プロに愛用者が多いことで知られます。家庭用よりも業務用としてのイメージが強いブランドですが、品質は良好です。

EU製の高純度ピュアステンレス鋼を使用した最高級モデルの「UX10」をはじめ、錆びにくく粘りが強い16クロムステンレス鋼を使用した高品質の「440」はプロ仕様の包丁として高い評価を受けています。

ミソノ刃物(Misono) 440 三徳庖丁 No.881 180mm

ミソノ刃物(Misono) 440 三徳庖丁 No.881 180mm

16クロムステンレス鋼を使用した440シリーズの三徳包丁です。16クロムステンレス鋼は粘りがある素材のため、研ぐ際に刃を傷つけにくく研ぎやすいのが特徴。錆びにくい点も高く評価され、プロの料理人からも人気があります。

包丁は使ううちにどうしても切れ味が鈍くなってくるものですが、本製品は研ぎやすさを考慮。汎用性の高い三徳包丁を探している方はぜひチェックしておきましょう。

ミソノ刃物(Misono) UX10 牛刀 No.711 180mm

ミソノ刃物(Misono) UX10 牛刀 No.711 180mm

「UX10」はミソノ刃物の包丁のなかでも最上級のシリーズ。EU製の高純度ピュアステンレス鋼を使用しているので、非常に切れ味がよく、研ぎやすいのが特徴です。

プロ仕様として人気があるのは240mmの牛刀ですが、家庭で使うなら細かい作業までオールマイティーで使える180mmがおすすめ。シャープな切れ味とメンテナンスのしやすさも魅力。長く使える牛刀包丁を探している方におすすめです。

ミソノ刃物(Misono) モリブデン鋼 洋出刃 No.550 165mm

ミソノ刃物(Misono) モリブデン鋼 洋出刃 No.550 165mm

13クロムとステンレスにモリブデン鋼を加えて作った出刃包丁。モリブデン鋼のメリットは切れ味が長持ちすることと研ぎやすいことで、家庭用として使いやすいのがポイントです。

業務用として切れ味には定評があるミソノ刃物の出刃包丁は、硬い魚の骨を切ったり、骨付き肉を調理したりするのにぴったり。魚釣りが趣味の方や、ダイナミックな料理をする方におすすめの製品です。

下村工業

下村工業は新潟県三条市の刃物メーカー。刃物を使った産業用機器からキッチン用品までさまざまな製品をリリースしています。三条刃物の技術を駆使しているのもポイント。「ヴェルダン」をはじめとする包丁ブランドを複数用意しています。

下村工業 雲竜(UN-RYU) 三徳包丁

下村工業 雲竜(UN-RYU) 三徳包丁

「雲竜」は質が異なるステンレスを交互に鍛造することで作られる霞模様が特徴の下村工業の包丁ブランドです。コバルトを配合した「V金10号」を使用しているので、刃が硬く切れ味が長持ちします。

職人の手による水砥刃付けにより、刃先の仕上がりはなめらか。また、軽い力で切ることができ、切れ離れのよさも良好です。刃の波型の模様と柄の木目が和風すぎず、スタイリッシュすぎないのもポイント。和モダンな雰囲気が魅力の包丁です。

下村工業 角馬9000 牛刀包丁 180mm

下村工業 角馬9000 牛刀包丁 180mm

「角馬」はプロにも人気のロングセラーブランドで、刃先が鋭角に作られているのが特徴。最終工程まで完全水砥刃付のため、切れ味が長持ちし使い勝手がよい牛刀包丁です。

モリブデン鋼を使用していることで研ぎやすくなっており、家庭用でメンテナンスしやすいのもポイント。お手頃価格なので、初めて牛刀包丁を購入する方にもおすすめです。

下村工業 ヴェルダン(Verdun) 出刃包丁 150mm

下村工業 ヴェルダン(Verdun) 出刃包丁 150mm

「ヴェルダン」はつるんとしたフラットフォルムが特徴。オールステンレスの包丁は刃と柄の間に継ぎ目がないのが魅力ですが、同シリーズは柄の部分にも模様がありません。いつも清潔に保つことができ、衛生面に優れています。

魚をさばいたり、硬い食材をダイナミックに切ったりする際も汚れが付きにくく、スマートに対応することが可能。食洗機の使用が可能なほか、価格もリーズナブルです。刃渡り別に製品がラインナップされているのもポイント。まとめ買いを検討している方にもおすすめです。