刺身やローストビーフを作る際に便利な「柳刃包丁」。細身で長い刃が特徴で、切り身を切るのに適しています。しかし、ステンレスやセラミックなど、さまざまな素材の製品が発売されているので、購入時にどれを選んでよいか悩んでしまうことも。

そこで今回は、おすすめの柳刃包丁をご紹介します。選び方のコツも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

柳刃包丁とは?

By: amazon.co.jp

柳刃包丁とは、ブロック状の魚の身を切り分ける際に利用する包丁。細長い刃が特徴で、刺身包丁とも呼ばれます。

刺身を美しく切るには、1方向へ引き切ることが重要。柳刃包丁の刃は、ほかの包丁に比べて長く、引き切りがしやすいよう考慮されているのがポイントです。また、最近では生の魚だけでなく肉類を切る場合にも使われます。

柳刃包丁の選び方

刃の材質をチェック

切れ味のよい「鋼」

By: tukijimasamoto.co.jp

鋼は、不純物を取り除いた鉄に、強度を上げるケイ素やマンガンなどの成分を調節した材質。残っている不純物や成分の量、比率によってさまざまな種類の鋼が存在します。

鋼を使用した柳刃包丁は、研ぐことで切れ味を保てるのがメリット。酸化しやすいので、水に濡れたまま放置したり、酸の強いモノを切った場合には黒ずんでしまうことがありますが、研ぎ直せばキレイな刃に戻せます。

手入れが簡単な「ステンレス」

By: satake-cutlery.com

ステンレスの柳刃包丁は、サビに強いのが特徴です。リーズナブルな価格で購入できる製品が多く、手入れも簡単なので家庭用の柳刃包丁としてもおすすめ。切れ味は鋼製に劣りますが、ステンレス製の柳刃包丁は扱いやすいのがメリットです。

また、比較的食材の匂いが付きにくいのもポイント。コスト重視で選びたい場合はもちろん、気軽に使える柳刃包丁を求めている場合にも適しています。

食材に匂いが付きにくい「セラミック」

By: rakuten.co.jp

セラミックの柳刃包丁は、金属臭がなく食材に臭い移りしないのが特徴。デリケートな食材を切り分ける場合に適しています。ステンレス製に比べると硬度が高く、切れ味を長期間保てるのもポイント。軽量なので、使用時に手にかかる負担が軽いのもメリットです。

耐久性は高くないものの、専用の砥石を利用すれば手入れ可能。サビない柳刃包丁を求めている場合にもおすすめです。

刃渡りをチェック

By: shimomura-kogyo.co.jp

手前から刃先にかけて1方向に引き切るように使う柳刃包丁は、刃渡りが長めにデザインされているのが一般的。家庭用では約18~24cm、プロ用では40cm前後の刃渡りを備えた製品も販売されています。

家庭用として使う場合は、キッチンのスペースを考慮して選択するのがおすすめ。長すぎる柳刃包丁は、引き切りするスペースが確保できない場合があるので注意しましょう。

柄の材質と形状をチェック

By: tojiro.net

柳刃包丁を購入する際は、刃だけでなく柄の素材もチェックしておくのがおすすめ。木製の柄を採用した製品は、握った際の感触が柔らかく手にフィットしやすいメリットがあります。また、食材を切る際に柳刃包丁が滑りにくい点も魅力です。

ステンレス製の柄を採用しているモデルは、汚れを落としやすく清潔に保ちやすいのがポイント。特に継ぎ目のないオールステンレスの製品は、汚れが溜まりにくくおすすめです。

重さをチェック

By: utihamono.com

柳刃包丁を選択する場合は、長さだけでなく重量を確認しておくことも重要です。使用時に手にかかる負担を軽減したい場合は軽量なモデルがおすすめ。力のない方も扱いやすいメリットがあります。

また、安定感に優れた柳刃包丁を求めている場合には、ある程度の重さを備えた製品が便利。包丁自体の重さを利用して食材をスムーズに切れます。

利き手に合ったモノを選ぶ

By: shimomura-kogyo.co.jp

柳刃包丁の多くは、刃の片側のみが鋭利に設計されている片刃タイプを採用しています。右手で包丁を扱う場合には右利き用、左手で包丁を扱う場合には左利き用の製品を選択しましょう。

なかには、刃の両面が鋭利にデザインされている両刃タイプの柳刃包丁もあります。ラインナップは少なめですが、利き手を選ばず使えるのがメリットです。

柳刃包丁のおすすめ

下村工業 Verdun 柳刃包丁 210mm OVD-16

メンテナンスしやすく、切れ味も良好

手入れがしやすいステンレスの柳刃包丁です。刃と柄の間に継ぎ目がなく、汚れを落としやすいのが特徴。清潔に使用したい場合にはもちろん、使用後の手入れを楽にしたい場合にも適しています。

本製品は、職人の手によって刃付けが行われているのもポイント。切れ味に優れているのがメリットです。また、手に馴染みやすい流れるようなフォルムで、握りやすくしっかりと力を入れられる点も魅力。一般的な家庭で使いやすい21cmの刃渡りを採用しているのも特徴です。

金属加工で有名な新潟県の燕三条で製造されているにも関わらず、比較的リーズナブルな価格で購入可能。コスパに優れた柳刃包丁を求めている方にもおすすめです。

築地正本 本霞柳刃庖刀 AMS38024

目的に合わせてサイズを選べる。高品質で買い替えにも

「白紙1号」と呼ばれる鋼を使用した柳刃包丁です。含有される炭素量が多く、高い硬度を備えているのが特徴。鋭い切れ味の柳刃包丁を求めている場合におすすめです。

本製品の刃渡りは24cmですが、27cmなどのサイズ違いもラインナップ。使用するスペースや食材の大きさに合わせて選択できるのもポイントです。初めて柳刃包丁を購入する方はもちろん、買い替えを考えている上級者にも適しています。

吉田金属(YOSHIDA METAL INDUSTRY) GLOBAL-IST 柳刃 24cm IST-06

日本食に適した仕様で、家庭用にぴったり

日本の食文化に合わせて作られたシリーズ「GLOBAL-IST」の柳刃包丁です。日本の家庭で使われることを想定し、刃付け・刃渡り・柄の形状・重量などを設計。鋭い切れ味を有しているだけでなく、扱いやすい点も魅力です。

細粒度の水砥石と革砥ぎによる仕上げを行い、滑らかな刃先を実現しているのもポイント。優れた切れ味と耐久性を備えています。刃の素材には、モリブデンバナジウム入りのステンレスを採用し、刃渡りは24cm。右利き用と同価格で左利き用が選択できる点もおすすめです。

貝印 関孫六 銀寿本鋼 和包丁 刺身210mm AK5207

比較的リーズナブルな価格で購入できる点が魅力の人気柳刃包丁です。本体重量は122gと比較的軽量なので、力に自信のない方にもおすすめ。使用時に手にかかる負担を軽減したい場合にも便利です。

刃の素材には切れ味に優れた炭素鋼を採用。柄には天然木が使われているため、しっかりとしたフィット感が得られます。手仕上げ刃付けを採用しており、切れ味も良好です。本製品の刃渡りは21cmですが、18cmや24cmのモデルもラインナップ。21cmの左利き用柳刃包丁が用意されている点も魅力です。

藤次郎(TOJIRO) PRO SDモリブデンバナジウム鋼 柳刃 210mm F-621

サビに強く耐摩耗性に優れた「モリブデンバナジウム鋼」を使用した柳刃包丁。1丁ずつ職人の手作業によって刃が付けられているのがポイントです。

ハンドル部には、和包丁の握り心地を再現した左右非対称デザインを採用。片面にトルネード模様が施されており、水や油で手が汚れている状態でも滑りにくいのが特徴です。また、中空設計を採用している点も魅力。重量バランスに優れており、快適に操作できます。

TKG 最高級光触媒セラミック 刺身庖丁 美セラ CL-19

刀身に「ジルコニアセラミック」を採用した柳刃包丁です。無臭な素材であるセラミックを採用しており、食材に臭い移りしないのが特徴。サビないので、清潔に使えるのもメリットです。また、刃の表面の粗さを低減しており、長期間切れ味が持続します。

価格は高めですが、ダイヤモンドシャープナーを用意してメンテナンスすれば、長く愛用することが可能。使い勝手がよく、臭い移りもしにくい柳刃包丁を求めている方におすすめです。

土佐打刃物屋 柳刃包丁 黒打ち 両刃

高い硬度を有した白鋼を使用した柳刃包丁です。炭素が多く含まれた安来鋼の白鋼2号を使用。切れ味は鋭く、研ぎやすいのも魅力です。また、刃がまっすぐに食材に入りやすい両刃を採用しているのもポイント。柄は右利き用なので、左利きの方は注意が必要です。

刃の表面は、黒い部分を残した「黒打」仕上げ。製造過程で黒くなった部分は残して刃の部分だけを研いでおり、一般的な鋼製の柳刃包丁よりもサビに強いとされています。本製品の刃渡りは24cmですが、18cmや21cmなども選択可能。柳刃包丁初級者から上級者まで、幅広い層が使いやすい製品です。

實光 刺身包丁 上作 刺身 240mm

大阪府堺市の刃物メーカー「實光」の柳刃包丁です。刃には、切れ味に優れた「白鋼2号」を使用。10000番の砥石で丁寧に仕上げており、切れ味が落ちた場合でも研ぎ直しやすいのがメリットです。

刃部分だけでなく、水牛の角を使ったハンドル部も職人の手仕事で製造。切れ味が優れているだけでなく、柄の握り心地がよい点もおすすめです。

築地有次 別打柳刃包丁 008

耐久性に優れた鋼製の柳刃包丁です。硬度の高い「青鋼2号」を使用。切れ味の持続性に優れているのが特徴です。デザインは刃がまっすぐで先のとがった関西型を採用しているのもポイント。

本製品の刃渡りは27cmですが、21cmや24cm、大きいモノでは36cmもラインナップされています。大きめの柳刃包丁を探している方は、チェックしてみてください。

佐竹産業(SATAKE) 柳刃 刺身 包丁

リーズナブルに購入できる柳刃包丁です。本製品は、刃と柄の間に継ぎ目がないオールステンレス製。汚れが落としやすいだけでなく、防水性・耐食性・耐久性が高い点もメリットです。

刃渡りは20cmで、重量は約100gと軽量。清潔に使えるだけでなく、扱いやすさにも優れています。初めて柳刃包丁を購入する方にもおすすめの製品です。

瀬戸金型刃物工業 伊勢屋包丁 I-7 鍛造ダマスカス 刺身 210m/m

独特な木目縞文様が美しい柳刃包丁です。「武生特殊鋼材製33層VG10ニッケルダマスカス鋼材」を使用。芯金には「ステンレス系鋼材V金10号」が採用されており、サビに強いのが特徴です。また、靱性も優れているので、切れ味が長期間持続します。

本製品の刃渡りは21cm、重量は約125gと軽量で、一般的な家庭で扱うのにおすすめのサイズです。

スミカマ(SUMIKAMA) 霞KASUMI ダマスカス 21cm 刺身包丁 85021

刃物用として特別に作られた「超硬質合金鋼V金10号」を使用した柳刃包丁です。刃の両側に32枚のステンレス層を重ね合わせて本鍛造されているのが特徴。刀身に美しい霞模様が打ち出されているのがポイントです。

切れ味の持続性に優れており、長期間使用できるのも魅力。ハンドル部にも、丈夫な黒積層強化木が採用されています。本製品は家庭用として使いやすい刃渡り21cmのモデルですが、24cmや30cmの製品もラインナップ。使用する食材やスペースに合わせて刃の長さが選べます。

柳刃包丁のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

柳刃包丁のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。