刺身の柵や肉を切るときに便利な「柳刃包丁」。柳の葉のような細く長い刃が特徴です。食材を薄く切ったり断面を美しく仕上げたりと、家庭で調理を楽しむ際に役立ちます。料理をワンランクアップさせたい方にもおすすめのアイテムです。

本記事では、おすすめの柳刃包丁を厳選してご紹介します。選ぶ際のポイントもお伝えするので、自分にぴったりの1本を見つけてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

柳刃包丁とは?

By: yoshikin.co.jp

柳刃包丁は刺身包丁の一種です。柳の葉のように細長い刃渡りと、鋭く尖った刃先が特徴。主に、魚を薄く切り分ける際に用いられます。1度軽く引くだけでスッと切れるため、切り口が美しくなめらかに仕上がるのが魅力です。

専門的な包丁はプロの道具と思われがちですが、柳刃包丁は刺身だけでなく、ローストビーフなどやわらかい肉を切り出す際にも役立ちます。また、同じ柳刃包丁でも、関西では先端が尖ったモノ、関東では先端が四角いモノが主流です。家庭でも愛用する方が増えているアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

柳刃包丁の選び方

刃の材質をチェック

切れ味重視なら「鋼」

By: kai-group.com

切れ味を重視する方には、鋼の柳刃包丁がおすすめです。プロの料理人や料理上級者にも好まれています。硬度が高いため刃こぼれしにくく、鋭い切れ味が持続しやすいのも大きな魅力です。

一方で、手入れに手間がかかるのが難点。錆びやすいので、調理中であっても水に濡れたまま放置せず、都度刃の水分を拭き取りましょう。また、酸が強い食材を切ると、黒ずんでしまう可能性もあります。鋼の柳刃包丁を選ぶ際は、こまめな手入れを欠かさないことがポイントです。

初心者でも扱いやすい「ステンレス」

By: ichimonji.co.jp

ステンレスの柳刃包丁は、扱いやすさが魅力です。錆びにくく耐久性に優れているため、初心者の方にもおすすめ。リーズナブルな製品が多いのもメリットの1つです。

また、お手入れの手間も少ないので、はじめての柳刃包丁にもぴったり。食材のニオイが移りにくいのも特徴です。ステンレス製の柳刃包丁のなかには、鋭い切れ味を有する製品も存在します。扱いやすさと切れ味を両立したい方は、ぜひチェックしてみてください。

錆びにくい「セラミック」

By: rakuten.co.jp

セラミックは陶器の一種です。そのためセラミックの柳刃包丁は、錆びる心配がありません。耐熱性にも優れており、食洗機で洗えるのもメリット。お手入れが楽ちんです。

さらに、金属特有のニオイがないこともポイント。食材の風味を損なうことなく調理できます。軽量で扱いやすく、手に負担がかからないのも特徴。トマトや玉ねぎなどくっつきやすい食材の切り離れもよいので、料理初心者にもおすすめです。

柄の材質をチェック

耐久性に優れている「ステンレス製」

By: rakuten.co.jp

ステンレス製の柄は、耐久性に優れているのが特徴です。オールステンレスのモノは継ぎ目がないため、汚れが溜まにくいのもメリット。1本の包丁を長く使い続けたい方に適しています。食洗機を使用できる場合が多く、非常に衛生的です。

また、見た目がスタイリッシュなのも魅力の1つ。寒い時期は少々手が冷えますが、おしゃれなキッチンにもなじみます。デザインにこだわりたい方におすすめです。

手になじみやすい「木製」

By: rakuten.co.jp

木製の柄は、持ちやすさを重視する方におすすめです。やわらかな感触で手になじみやすく、すべりにくいのが特徴。あたたかみのある見た目も魅力です。比較的価格が安い傾向があります。

一方で、ほかの素材と比べると耐久性が低いのが難点です。使用後は水気をよくきって保管するなど、日々のお手入れをしっかりおこなうようにしましょう。

水に強い「樹脂製」

By: kai-group.com

樹脂製の柄は、水気に強いのがメリットです。サッと洗いやすいので、お手入れに時間をかけたくない方におすすめ。抗菌仕様のモノが多く、衛生的に保ちやすいのも魅力です。

軽くて扱いやすいのも特徴。包丁さばきに慣れていない料理初心者にも適しています。さらに、カラーバリエーションが豊富なのもポイントです。カラフルな包丁を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

刃の長さをチェック

By: amazon.co.jp

柳刃包丁を購入する際は、刃の長さをチェックしましょう。家庭で使うなら180~270mm程度がおすすめ。一般的とされているのは240mmの製品です。家庭で刺身や肉を切り分けるのに適しています。

300mmを超える製品は、大きな魚を引く場合におすすめ。ただし、刃が長すぎると調理スペースが足りなかったり、扱いにくかったりするため注意が必要です。まな板のサイズの確認や収納場所の確保も忘れないようにしましょう。

「片刃」か「両刃」かどうか

By: rakuten.co.jp

「片刃」か「両刃」も、柳刃包丁を選ぶ際に重要なポイントです。片刃包丁は、片側にだけ刃がついているのが特徴。切れ味がよく薄切りに適しているため、おもに和食の調理に使われます。右利き用・左利き用があります。

両刃包丁は、両側に刃がついている包丁です。左右対称のため利き手を問わず使えます。食材を選ばず万能に使用しやすいのがメリット。三徳包丁や牛刀など、一般家庭でよく使われる形状です。

柳刃包丁は片刃のモノがほとんどです。しかし、ラインナップは少ないものの両刃の製品も存在します。用途や重視するポイントを踏まえ、自分にあったタイプを選んでみてください。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

柳刃包丁の重さは、刃や柄の材質によって異なります。140~200g程度が平均的です。少々重みがある方が食材を切りやすい場合もありますが、重すぎると手や指に負担がかかりすぎる可能性があります。

自分にぴったりの重さをチェックするときは、自宅にある包丁と比べるのがおすすめ。普段使っている包丁に近いモノを選んでおくと安心です。刺身やローストビーフを切るシーンを思い浮かべながら、じっくり検討してみてください。

利き手にあったモノを選ぼう

By: rakuten.co.jp

柳刃包丁は和包丁のため、片刃のモノがほとんどです。多くの製品が右利き用に作られています。左利きの方が右利き用の柳刃包丁を選ぶと、扱いにくい可能性があります。数は多くないありませんが左利き用の製品も展開されているので、チェックしてみてください。

また、ラインナップは少なめですが、両刃の製品を選ぶのもおすすめ。柳刃包丁を快適に使いこなすためにも、しっかりと確認したいポイントです。

柳刃包丁のおすすめブランド

貝印

By: kai-group.com

貝印は、創業100年を超える老舗の総合刃物メーカーです。包丁やカミソリ、医療用器具など、さまざまな製品を展開しています。製品の開発や製造だけでなく、販売・物流まで自社で完結しているのも特徴です。

貝印の包丁は、手作りにこだわり実現している高品質が魅力。大量生産でありながら、多くの製品の組み立てや刃付けを手作業でおこなっています。

価格や材質などの選択肢も豊富なため、初心者からプロや料理上級者まで、幅広い層におすすめです。関孫六や旬など、人気の高い包丁も揃っているのでぜひチェックしてみてください。

藤次郎(TOJIRO)

By: rakuten.co.jp

藤次郎は1953年創業。日本を代表する刃物産地である燕三条の刃物メーカーです。一貫製造により、高品質な製品づくりを実現しています。

藤次郎の包丁の特徴は、創業当時からこだわり続けている切れ味のよさです。職人が製造の全工程に目を配り、1本1本丁寧に仕上げています。ラインナップの豊富さも魅力の1つ。和包丁から洋包丁まで、さまざまな種類の刃物を展開しています。

正広(MASAHIRO)

By: rakuten.co.jp

正広は刃物の町として有名な岐阜県関市にある、包丁専門メーカーです。1932年の創業以来、刃物づくりひと筋。よりよい原材料や加工技術の追究をし、切れ味や耐久性に優れた世界品質の包丁を作り続けています。

正広の包丁は、熟練の職人の手仕事から生み出されるたしかな品質が魅力です。素材選びから刃付けまで自社工場で一貫生産することで、長年のノウハウを凝縮した製品づくりを実現しています。

また、日本だけでなく、海外の料理人からの人気が高いことも特徴。包丁専門メーカーならではの優れた品質を実感したい方は、ぜひチェックしてみてください。

柳刃包丁のおすすめ|初心者向け

貝印 関孫六 碧寿ST 和包丁 刺身 210mm AK5076

貝印 関孫六 碧寿ST 和包丁 刺身 210mm AK5076

根強い人気を有する「関孫六」シリーズの柳刃包丁です。ステンレス製の刃を採用しているので錆びにくく、耐久性に優れています。刃渡り210mm、重さ約95gと軽くて扱いやすいサイズ感も特徴。手が疲れにくいため、初心者にもぴったりです。

さらに、樹脂製の柄を採用しているのもポイント。食器洗浄機や食器乾燥機の使用も可能なため、衛生的に保ちやすく安心です。はじめての柳刃包丁に適した手頃な価格も魅力。コスパを重視する方にもおすすめの1本です。

貝印 関孫六 匠創 刺身 240mm AK1135

貝印 関孫六 匠創 刺身 240mm AK1135

人気の「関孫六」シリーズの、オールステンレス製の柳刃包丁です。刃と柄に継ぎ目がないため、汚れが溜まりにくく衛生的。堅牢製にも優れており、ガタつにくいのが特徴です。長く使える柳刃包丁を探している方に適しています。

さらに、グリップ感が高いのもポイント。指がかけやすい流線型のハンドルを採用し、扱いやすさを実現しています。また、スタイリッシュな見た目も魅力の1つ。おしゃれなキッチンにもぴったりです。

正広(MASAHIRO) ステンレス和庖丁 柳刃 20cm 10612

正広(MASAHIRO) ステンレス和庖丁 柳刃 20cm 10612

包丁専門メーカー・正広の柳刃包丁です。日本刀鍛錬の技術を活かした本格派。職人の手で丁寧に刃付けを施し、鋭い切れ味を実現しています。ステンレス製のため耐久性が高く、錆びにくいのもポイントです。ハンドルには、積層強化木を採用。樹脂を含浸することで耐久性・耐水性を高めています。

また、刃渡り200mmと扱いやすいサイズも魅力です。家庭のキッチンでも扱いやすい大きさ。専門メーカーの包丁ならではの、高品質な製品を求めている方におすすめです。

下村工業 ヴェルダン 柳刃包丁 210mm OVD-16

下村工業 ヴェルダン 柳刃包丁 210mm OVD-16

スタイリッシュなデザインが目を引く柳刃包丁。錆びに強く耐久性に優れたオールステンレス製です。刃とハンドルに継ぎ目がないので、汚れが溜まりにくく衛生的。食洗機対応のため、お手入れに手間がかからないモノを探している方にもおすすめです。

流れるようなフォルムも特徴の1つ。丸みのあるハンドルが、手にやさしくなじみます。握り心地がよく扱いやすいため、細かな作業にもぴったりです。また、日本有数の刃物産地・燕三条の職人が仕上げたなめらかな刃先もポイント。軽い力で切り込みやすく、はじめての柳刃包丁にも適しています。

KEENSUN 包丁 正夫 鏡面柳刃包丁 刃渡り270mm

KEENSUN 包丁 正夫 鏡面柳刃包丁 刃渡り270mm

鏡面仕上げが美しい柳刃包丁です。クオリティの高いAUS-8ステンレス鋼を使用しているのが特徴。錆びにくくお手入れに手間がかかりません。耐食性・耐摩耗性に優れたハンドルを採用しているのもポイント。人間工学に基づき設計されているためすべりにくく、使い心地も快適です。

刃渡りは約270mm。大きめの食材の切り分けにも適しています。高級感のあるギフトケースに入っているので、家族や友人への贈り物を探している方にもおすすめです。

漁川 刺身包丁 柳刃包丁 6Cr16MoV鋼 刃渡240

漁川 刺身包丁 柳刃包丁 6Cr16MoV鋼 刃渡240

片刃の右利き用柳刃包丁です。刀身には、6Cr16MoVステンレス鋼を使用。耐久性に優れており、丈夫なのが魅力です。お手入れにかかる手間が少ないため、はじめての柳刃包丁にも適しています。

また、天然木製のハンドルを採用しているのも特徴。高級感のあるおしゃれなデザインに仕上げています。持ちやすさを重視している方にもおすすめです。刃渡りは約238mm。家庭のキッチンでも邪魔になりにくく、扱いやすい大きさです。

フォーエバー(FOREVER) 最高級光触媒セラミック 刺身包丁 美セラCL-19

フォーエバー(FOREVER) 最高級光触媒セラミック 刺身包丁 美セラCL-19

刀身にジルコニアセラミックを採用した柳刃包丁です。切れ味が長持ちしやすいのが特徴。金属製ではないため錆びる心配もなく、水洗いで簡単にお手入れが完了します。食洗機にも対応可能です。

また、ニオイ移りしにくいのも魅力。食材の風味を壊しにくく安心です。刃渡り約190mm、重さ約88gの扱いやすいサイズ感もポイント。手の力に自信がない方にもおすすめです。なお、刃を研ぐ際は、ダイヤモンドシャープナー「D-2D」の使用が推奨されています。併せてチェックしてみてください。

藤次郎(TOJIRO) モリブデンバナジウム鋼 和包丁 柳刃 270mm F-1058

藤次郎(TOJIRO) モリブデンバナジウム鋼 和包丁 柳刃 270mm F-1058

藤次郎の柳刃包丁です。刀身には、モリブデンバナジウム鋼を使用。耐摩耗性に優れているのが特徴です。錆にも強いためお手入れしやすく、はじめて柳刃包丁を購入する方にも適しています。握り心地のよい木製ハンドルを採用しているのもポイントです。

職人が1本ずつ丁寧に刃付けをおこなっているのも魅力。鋭い切れ味を実現しています。270mmと長めの刃渡りのため、大きな魚を引きたい方にもぴったり。料理の幅を広げたい方におすすめです。

吉田金属(YOSHIDA METAL INDUSTRY) GLOBAL-IST 柳刃 24cm IST-06

吉田金属(YOSHIDA METAL INDUSTRY) GLOBAL-IST 柳刃 24cm IST-06

刃渡りが240mmの柳刃包丁です。家庭のキッチンに適したサイズ。引き切り・そぎ切り・皮引きと、さまざまな用途で活躍します。スタイリッシュな見た目も特徴。オールステンレス製のため、衛生的に保ちやすく安心です。

また、右利き用・左利き用が選べるのも魅力。価格に差がないのもうれしいポイントです。刺身やローストビーフの切り口を美しく仕上げ、家庭料理をランクアップさせたい方に適しています。

関兼次刃物 関兼次 アルミハンドル和包丁 刺身包丁 270mm 8023

関兼次刃物 関兼次 アルミハンドル和包丁 刺身包丁 270mm 8023

アルミと樹脂で作られた、ハンドルが特徴の柳刃包丁です。独自比率の七角形のデザインが手になじみやすく、細かな作業に適しています。

刀身には、大同特殊鋼製モリブデン・バナジウム・ステンレスを採用。優れた耐食性・耐久性を備えています。煮沸消毒にも対応しており、衛生的に保ちやすいのもポイントです。モダンでシャープな見た目も魅力。スタイリッシュでおしゃれな1本です。

柳刃包丁のおすすめ|プロ・上級者向け

貝印 関孫六 金寿本鋼 和包丁 刺身 240mm AK5220

貝印 関孫六 金寿本鋼 和包丁 刺身 240mm AK5220

伝統的な鍛造製法で仕上げた、人気の関孫六シリーズの鋼製柳刃包丁です。軟鉄をあわせて叩き上げ、強靭な刃身を実現。鋼ならではの切れ味のよさが魅力で、研ぎやすさにも優れています。

柄の材質には天然木を採用。手になじみやすく高級感があります。口金は高い耐久性と耐水性を備えた最高級素材の水牛製で水を吸うと締まる性質があるため、刃が抜けにくく安心。はじめて鋼製の柳刃包丁を購入する方にもおすすめです。

藤次郎(TOJIRO) TOJIRO PRO 和包丁 柳刃 300mm F-624

藤次郎(TOJIRO) TOJIRO PRO 和包丁 柳刃 300mm F-624

錆びにくく耐久性に優れたオールステンレス製の柳刃包丁です。刀身にモリブデンバナジウム鋼、ハンドルに18-8ステンレス鋼を使用。刀とハンドルに継ぎ目がないので、衛生的に保ちやすいのが特徴です。

左右非対称ハンドルも特徴の1つ。和包丁ならではの握り心地を再現しています。さらに、片面にトルネード模様が施されているため、調理で汚れた手でもすべりにくく快適。300mmと長めの刃渡りで、大きな食材を扱うのにもおすすめです。

スタイリッシュな見た目も魅力。2000年度にはグッドデザイン賞を受賞しています。切れ味がよくおしゃれな柳刃包丁を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

正広(MASAHIRO) 正広作特上 柳刃270mm 15820

正広(MASAHIRO) 正広作特上 柳刃270mm 15820

刀身に最高級の鋼を使用した本格派の柳刃包丁です。素材選びから仕上げまで自社で一貫生産することで、たしかな品質を実現しています。こまめに正しくお手入れすれば、優れた切れ味が長持ちします。

ハンドルの材質には、朴ノ木を採用。手になじみやすく快適な使い心地が期待できます。刃渡りは、家庭のキッチンでも使いやすい270mm。プロから料理上級者の方までおすすめの1本です。

青木刃物製作所 堺孝行 霞研 正夫 30cm 06005

青木刃物製作所 堺孝行 霞研 正夫 30cm 06005

和包丁らしいシンプルなデザインの鋼製柳刃包丁です。刃渡りは長めの300mm。大きな魚を切り分けるなど、本格調理を楽しみたい方にもおすすめです。

価格を抑えながらも安来白三鋼にこだわり、高品質を実現しているのが魅力。優れた切れ味をもつ、手頃な価格の鋼製柳刃包丁を探している方にぴったりです。

實光刃物(JIKKO) 刺身包丁 上作 刺身 240mm 17552

實光刃物(JIKKO) 刺身包丁 上作 刺身 240mm 17552

右利き片刃タイプの鋼製柳刃包丁です。刀の材質には白鋼2号を使用し、美しく仕上げています。鋼ならではの鋭い切れ味が魅力で、角立ちがよくおいしい刺身料理を作りたい方におすすめです。

柄にはほおの木、口輪には耐久性の高い水牛柄を採用。高級感のある見た目も魅力の1本です。刃渡り240mmと家庭のキッチンでも扱いやすいサイズのため、自宅用の柳刃包丁にも適しています。

正本総本店 本霞 玉白鋼 柳刃庖丁 27cm KS0427

正本総本店 本霞 玉白鋼 柳刃庖丁 27cm KS0427

料理のプロに向けて作られた片刃の高級柳刃包丁です。刀の材質には玉白鋼を使用。ソフトな使い心地と、酷使に耐えうる優れた耐久性が魅力です。

刃渡りは270mm。さまざまな調理に対応しやすく、バランスがよいサイズです。長く使い続けるための、特別な1本を探している方に適しています。

ほんまもん 刺身包丁 240mm 青紙二号 桜柄 柳刃包丁

ほんまもん 刺身包丁 240mm 青紙二号 桜柄 柳刃包丁

リーズナブルな価格が魅力の鋼製柳刃包丁です。刀の材質には、高級刃物炭素鋼である安来鋼青紙2号を使用。見た目も美しく、シャープな切れ味が体感できます。

また、桜柄を採用しているのもポイント。優れた耐食性を備えているため、傷などにも強く衛生的に使えます。手頃な価格の、鋼製柳刃包丁を探している方にもおすすめの1本です。

堺一文字光秀 白銀 霞研 柳刃包丁 サヤ付き 1s5-270

堺一文字光秀 白銀 霞研 柳刃包丁 サヤ付き 1s5-270

全工程を熟練の職人が作り上げる、ワンランク上のステンレス製柳刃包丁です。刃の材質には、銀三鋼を採用しています。切れ味がよく、錆びに強いのが大きな特徴です。

また、材質の硬度が高く、切れ味が長持ちしやすいのも魅力。料理の回数が多い方に適しています。鋭い切れ味とお手入れの簡単さを両立したい方におすすめの1本です。

柳刃包丁の売れ筋ランキングをチェック

柳刃包丁のランキングをチェックしたい方はこちら。